商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「Be daring, Be first, Be different」について

f0070004_19190166.jpg
第29回売場大賞「父の日」エントリー募集いたしまします!
締切りは7月10日

売場大賞公式HPはこちらから






やる気と感動の祭典24エントリー募集いたします!

■エントリー募集内容
― スーパーマーケット様
「お客様に喜んでいただいた」ことはもちろん…
「こんなチラシ、当たりました!」「こんな企画、当たりました!」
といった成功事例
― メーカー・卸・問屋様
スーパーマーケットとの「お取り組み」での成功事例

締切は9/1
ぜひエントリーをお願いいたします

やる気と感動の祭典 公式ホームページはこちらから



f0070004_17430160.jpg

今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
7/5更新
水元仁志の「売場クリニック」
2018年9月号 鮮魚部門 前編



今月は鮮魚部門のクリニック。

アニサキス問題や相場高で苦戦している鮮魚部門。
これまで通りの売場づくり・商品化では頭打ちとなることは明らか。

この状況下で、いかにしてお客様からの支持を得るのか。
そして、売上・利益を高めていくのか。
その具体的な手法をご紹介。

商人伝道師こと水元仁志が売場をクリニックしながら具体的な戦略・戦術を伝授します。

個人会員登録はこちら




今日は朝4時30分起床。
Blogを書いて…
身支度して…
空港へ。
今日は島根県出雲へ…



さて、まずは昨日の、アメリカセミナーの「重要なお知らせ」に対し、
ビックリされた方が多かったと思います。
すみません。
本当に苦渋の選択でした。
予定を変更するというのは、絶対にやってはいけないことと思っています。
しかしながら…
考えていた想定をはるかに超える事態が起きてしまったのです。
その想定外をまずはご説明します。


一つは、アメリカの好景気
「コンベンション」とぶつかることはよくあります。
しかし、これほどまでにホテルの手配のできないことは初めてでした。
そして、「需要と供給」によって価格が変わるのはホテル業界の“常識”。(泣)
ものすごい「価格」を提示してきました。
宿泊するホテルがすべて空港近くという最悪の状態。
それくらい、今、アメリカは景気がいいんです。
びっくりするくらい良いのだと思います。
これが、10月に変更した一つ目の理由です。


二つ目が、「稔子・ウィルソン」先生のスケジュール
このBlogなどで「稔子・ウィルソン先生」のすばらしさを紹介しているためか…
ものすごくオファーが多い。
9月に行うということで、去年の秋のセミナーが終了した段階でオファーを出したのですが…
それでも、9月はいっぱい
実は、当初は9月下旬を計画していたのですが、
稔子先生のスケジュールが一杯のため…
断念し、9月中旬に計画を変更しました。
しかし、今度は「コンベンション」とどうしてもぶつかると分かり、断念。

今回…
「グローサラント」
「ミールキット」
「カーブサイド・ピックアップ」
「ハードディスカウントの闘い」
「ウェグマンズVSパブリックス」
「サスティナブル」
「AmazonGo」

など、視察する“目的”がはっきりしていたので…
しっかりと“アポイント”を取っていただける方でないとダメなんです。
どうしても、稔子先生でないとダメだったんです。
10月7日~14日 または 10月8日~15日
このように変更したのは、そのためです。


三つ目が、「料金の高さ」です。
「コンベンション」と重なっているため…
バス料金
航空運賃
ホテル代

など、すべてが通常よりもものすごく高い料金で提示されました。
「一人でも多くの方々をアメリカに連れていきたい!!」
「最高のセミナーをしたい!!」

という想いが商人伝道師にはあります。
しかし、日程を優先したら…
とんでもない「募集料金」になってしまったのです。
それは、商人伝道師の“志”に反すると思い…
10月に変更させていただきました。



一番「10月開催」を嫌がっていたのは…
他でもありません。
商人伝道師本人です。
すごく悩みました。
凄く苦しみました。
凄く考えました。
しかし…
「100年に一度の大変化しているアメリカを視察させないと後悔する」
ということで、日程変更を決断しました。

なにとぞ、このあたりをご理解いただき、
ぜひご参加していただけませんか…


「考えすぎじゃない?」
と思われるかもしれません。
しかし、本当に「これからの小売業のために…」
「地方のスーパーマーケットが生き残ってほしい」という強い想いから…
いつも…いつも…
とても悩みます…。
考えます…。

「シカゴ~ニューヨーク」でいいか…とか
「ダラス~シアトル」でいいか…
と考えるなら、楽です。

しかし、今回のように…

アメリカの潮流「グローサラント」は、
シカゴに行かないと、その“本流”は分からないのです。

「ピックアップサービス」や「ミールキット」は、
一番熱心に取り組んでいるクローガーの、本部のあるシンシナティに行かないと分からないのです。

日本でも必ず登場してくる「ハードディスカウンター」
その「ハードディスカウンター」とはどういうものなのかを見るには、「リッチモンド」しかないのです。
「リドル」と「アルディ」がガチンコ勝負しているからです。
さらに、その「ハードディスカウンター」にどのように対策しているのかを学ぶのも、「リッチモンド」しかありません。

そして、あのスーパーマーケットの双璧「ウェグマンズ」と「パブリックス」のガチンコ対決は絶対に視察しなければいけない。
そのためには、「リッチモンド」しかないのです。

また、「キャッシュレス」の流れは日本にも来る。
ならば、

“一早く”

見ておく必要がある。
そうなると、「シアトル」しかないのです。

このような理由から、こんなに都市を回ることにしました。
たぶん、“ここ近年では最高レベルのアメリカセミナー”になると自負しています。
「業界へのご恩返し」のために行っている商人伝道師しか企画できない、
そう思います。
商人伝道師の“苦渋”の決断の理由をご理解いただき…
ぜひ、参加をご検討いただけませんか…

特に、メーカーや卸のみなさまにぜひ参加していただきたい。
「ホールフーズマーケット」や「トレーダージョー」の時代ではないことが分かります。
“恐ろしい”時代が到来することがわかります。
それにどう対処していくか…
それを考えさせられるセミナーだと思っています。
ぜひ、参加をご検討くださいませ。





そして、今日は「Be daring, Be first, Be different」について…

「Be daring, Be first, Be different」

この言葉は、商人伝道師の“座右の銘”です。
会社にもでかでかと飾ってあります。
f0070004_16084521.jpg

この言葉は、マクドナルドの創始者「レイ・クロック」の言葉。
「勇気をもって、誰よりも早く、人と違ったことをする」
という意味です。


「勇気」
言葉としては簡単に使えるが…
いざとなると、尻込みする。
支えるものが大きければ大きいほど、
この「勇気」をだすことを拒む。
でも…
「後で振り返って、勇気をもって行ったことで失敗することは公開しない」
 後悔するのは、やらなかったことだけである」

だから、「やっての失敗」よりも…
「やらないことの後悔」のほうが、人生を無駄なものにしてしまうと商人伝道師は思っています。
ですから、いろんな“未来の世界”に挑戦しています。


そして、「スピード」です。
「Be first」
この「Be first」から、「ファーストリテイリング」という社名をつけたと言われているのが、
ユニクロの柳井会長兼社長。

「常に“結果”を先に考えるのではなく、“まず行動”してみる」
「常に行動は“スピード!スピード!スピード!”である」

これは、商人ねっとの行動指針の一つです。
この「Be first」から考えたものです。


「Be different」
「人と違ったことをする」
“差別化”です。(笑)
「誰もやらなかったこと」
「日本初!業界初!にこだわれ!!」

これはいつも商人ねっとのアソシエイトに言っていることです。
今回の「第20回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」もそうです。
「リッチモンド」や「シンシナティ」なんて、普通は行きません。
でも、みんな行かないから行くんです。
これが商人伝道師並びに商人ねっとの“考え方”だからです。
このことは、お手伝いしている企業様にいつも言います。
「誰も扱ってないからこそ、誰よりも早く扱いなさい」
「そういう文化がないからこそ、取り組む意味があるのではないか」
「売りづらいからこそ、挑戦する意味があるのではないか」

と…
これからの時代、
こういうことを考えてやっていかないと、淘汰されるのかもしれません。
今までの「成功体験」が通用しない時代がやってきます。
そういう時に大切なこと。
それは…
「Be daring, Be first, Be different」
だと思う。

そのためには、“半歩先”を学ばないといけない。
それが、10月の「第20回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」だと確信しています。

「最も強い者が生き残るのではなく、
 最も賢い者が生き延びるわけでもない。
 唯一生き残るのは変化できる者である。」

(チャールズ・ダーウィン)

一社でも多く生き残ってほしい。
そのお手伝いができれば、商人伝道師の人生、“悔いなし”です。



そして、「今日の一言」
「他人の失敗から学びなさい。
 あなたは全ての失敗ができるほど長くは生きられないのだから。」
(エレノア・ルーズベルト)




by akindonet | 2018-07-05 18:00 | Comments(0)