商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「基準とやる気」について…


流通業専門インターネット教育TV「商人ねっと」
サイトリニューアルのお知らせ



2018年6月より
学びたい番組まで素早くたどり着けるよう
サイト構造の改善・Webデザインを刷新いたしました



◆今回のリニューアルのポイントは下記の通りです◆
①800以上の番組コンテンツがより探しやすくなります
②スマホ・タブレットでご覧になる場合も、より探しやすく・より見やすく最適化しております
③「コミュニケーション機能」や「外国語対応」などの新たな機能を今後積極的に追加していきます


トップページのURL(www.akindonet.com)の変更はございません。
すでに会員登録されているお客様はこれまで通り使用することができます。


【お問い合わせ先】商人ねっと株式会社
support@akindonet.com

社員教育に最適!800を超える教育番組が見放題の法人会員制度についてはコチラから資料請求できます



f0070004_19190166.jpg
第29回売場大賞「父の日」エントリー募集いたしまします!
締切りは7月10日

売場大賞公式HPはこちらから





f0070004_17430160.jpg

今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は、朝5時起床。

身支度して…

すぐに新幹線に飛び乗る。

今日は兵庫県姫路へ…





さて、5月の業績が上場企業を中心に発表されているが…

さすがに悪いですね。


4月ぐらいからすごく悪い。

客数が伸びない。

買い上げ点数も伸びない。


唯一、伸びているのが客単価。


これが今のスーパーマーケットの現状か…

この「不振」をどう脱却していくか…

これからの“重要課題”である。





そこで、今日は「基準とやる気」について…



時短や働き方改革などで、この業界の“仕事”が中途半端になっているような気がしている。

昨日もお話したのですが…



「売上目標や予算に対しての店長のコミットメント(約束)が低い」


「よって、部下も関心がどんどんなくなっている」


「1日の売上の半分にあたる時間帯でミーティングしている?!」


「このままで、今日は予算を達成できますか?と部下に問ただしている?!」


「問いたださないと、予算なんていかないよ。」と…




「売上予算」を何が何でも達成するという達成がすごく希薄になっている感じがする。

これが今の業界全体の低迷につながっているのでは…と思う。


いわゆる“店の中に予算を達成するぞ!!”という気迫みたいな“空気”がない。


「今日は雨がふったから仕方ないな~」とか…

「今日はチラシの効果がないな~」とか…


なんか外的要因を理由にして達成できないことを正当化しているのではないかと…


「売上の高い火曜日の次の水曜日。

 売上対策は“売上予算を100%達成する”こと。

 まずは、売上予算を達成するにはどうしたらよいかを店のみんなと考える。

 それが一番の効果だと思う。」


こういうことって、大事だと思いませんか…。




また、「異常値販売」についてもそう。


「異常値」の対義語は…


「正常値」ではない。


血圧ではないのだから…



「経験値」

ですよね。


この経験値を上げきれていない。

例えば…


「100円で5ケース売れる」という経験値を持っている担当者が…

10ケースに挑戦した。


すると、なんとかかんとか10ケース完売した。

しかし、ここからが進化しない。


その後の発注は、ずっと10ケース。


15ケースに挑戦しない。


これを自分の“販売の基準”を上げる為に…

自分の“ギネス”に挑戦し続ける。


そういうことを“文化”にした企業は強くなる。




すると、いつのまにか1年後には「10ケースしか売らなかった自分が50ケース売る自分」に成長している。


それが、「店全体の底上げ(売上UP)につながる」のです。


しかし、今はどの企業も「異常値販売」の基準をあげようとしていない。

だから、売上が低迷しているのではないでしょうか…


それをすごく感じている。




また、今、流行の…(笑)


「一丁目一番地」(笑)


この「一丁目一番地」ってカテゴリーによって…

商品によって…


場所が違うと思うんです。

シーズンによって違うと思うんです。


今のシーズンだと…


「削り節」は和日配の平ケースサイドの場所

これが「一丁目一番地売場」


「夏休み」前だと…


「シリアルフレーク」は、洋日配の平ケースのサイドかもしれない。


このように「一丁目一番地」が違う。

また、店全体を見回すと…


店の中での“一丁目一番地”売場が…

「メーカーセールス」の商品で全て抑えてしまったりしていることが多い。


だから「利益」が出ないんですよね。



「売れて儲かる」とは…

「売れる」ということは常に異常値販売に挑戦すること。


「儲かる」とは…

部門平均粗利益率より10%以上高い商品を…

売上構成比10%にすることを目指すこと。


これを常に目指す。

これが「儲かる」ことにつながるのでは…

と考えています。



売上が低迷しているからこそ、こういう「基本」を徹底することが

大事であると思う今日この頃です。






そして、「今日の一言」…


頑張る人間 夢語る

サボる人間 愚痴る


(森脇健児)










by akindonet | 2018-06-27 18:00 | スーパーマーケット | Comments(0)