商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「ルールが変わる」について…

f0070004_17430160.jpg

東京会場 第5期・名古屋会場 第3期・仙台会場 第2期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



「鮮魚セミナー第2期」「惣菜の主食セミナー」会員企業募集中!
f0070004_20123809.jpg
相場高の鮮魚部門で「安売り」することなく売上・利益UPのための
「商品・売場・作業効率・販促・相乗積」を学ぶ実践型セミナー

鮮魚のイノベーションセミナー 第2期

東京・大阪にて4月より開講!(全6回)
詳細はこちら

f0070004_20252372.jpg
商品開発の基礎~応用・有名企業の店舗視察・実践報告あり!
弁当・丼・寿司 惣菜の主食強化セミナー

●東京・大阪にて全8回開催●

詳細はこちら




f0070004_18203497.jpg

売場大賞エントリー募集いたしまします!
締切りは6月10日

売場大賞公式HPはこちらから





今日は朝5時希少。
Blogを書いて…
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の番組、
「商売繁盛虎の巻」の原稿を書いて…
身支度して…
「スーパーマーケット実践会 in 大阪」へ。


さて、「スーパーマーケット実践会」では…
「同時ライブ配信サービス」を行っています。
凄く画像が鮮明で…
その場にいるみたいという言葉をいただいています。

多少、声が聞き取れないという指摘をいただいています。
それは改善中です。
現場の人たち全ての方々が学ぶことが出来る…
そんな画期的なしくみ。

「同時ライブ配信サービス」
f0070004_09584044.jpg
f0070004_09584901.jpg
f0070004_09585805.jpg

ぜひ「スーパーマーケット実践会」に参加されて…
この「業界初!」「日本初!」のセミナーで学び、実践シて下さい。
それが商人伝道師の望む…

「業界の地位向上」と…
「地域の食文化を守る」

ことに繋がると思っています。
お申込み、心よりお待ちしております。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡、各会場ともに
「スーパーマーケット実践会」公式サイトからお申込みできます。


そして、今日は「ルールが変わる」について…


昨日の「日本経済新聞」を読んでいたら…
2つの興味深い記事が載っていたので、それを紹介します。

1つめが…
トヨタの豊田社長の記事。
「テクノロジーカンパニーは我々の数倍のスピード、豊富な資金で新技術に投資を続けている」
とのこと。

まずは、このグラフを見て下さい。

f0070004_10033228.jpg

自動車業界なのに…
「研究開発費」が一番多いのが…
なんと、「グーグル」

そのグーグル。
アメリカで、無人自動車での「地球200周分の公道テスト」を終えているとか…
そして、年内にも世界初の「無人輸送サービス」をスタートする予定。

さらに…
中国ではIT企業の「百度(バイドゥ)」が独ダイムラーなど
世界企業約50社と組んで自動運転開発を進めている。


まさしく「ルールが変わる」時に来ている。
こうなると「開発にどれだけのお金を使えるか!」の勝負になる。
トヨタは流石です。

「現金創出力(營業キャッシュフロー)」が自動車業界ダントツの…
「365億ドル(日本円で約3.9兆円)

しかし…
IT業界はその上を行く。

グーグルは「391億ドル(日本円で約4.2兆円)
アップルにいたっては「674億ドル(日本円で約7.3兆円)

ということは近い将来…
自動車業界の上位は、ほとんど今のIT企業となるということか…。


豊田社長いわく…
「100年に1年の大チャンスと捉え、これまでにない発想でチャレンジする」とのこと。

しかし…
100年に1年の“パラダイムシフト”の時は、異業種がすべて
そのチャンスをモノにしてしまうのが歴史が教えてくれている。
それぐらい凄いことになっている。
「世界の自動車業界」は…


さらに、2つ目が…
「ウォルマートがインド通販最大手を買収」
“リアル店舗の雄”ウォルマートがネット通販のインド最大手を買収した。

f0070004_10065163.jpg

凄い時代である。
あのアマゾンが唯一シェアーを奪えない国がある。
それが「中国」

なんといっても「アリババ」がいる。
中国では、さすがのアマゾンも…
ウォルマートも…
太刀打ちできない。
ならば、「インド」となる。

しかし、このインド。
「小売業の外資規制」が厳しい。
よって、ウォルマートでさえ「外資系の卸売業」として展開している。
そうこうしているうちに、「ネット通販」でアマゾンがどんどん進出してきた。
そこで、ウォルマートはインド最大手企業を買収することに…

「世界の小売業」は…

完全に「ウォルマートVSアマゾン」の構造に…。


このように「ルールがどんどん変わってきている」のです。
これは人ごとではありません。

「セブンイレブン」が“宅配”を本格的にスタートする。
「スマホで注文すれば2時間以内に配達する」

とのこと。
これも、「アマゾン対策」
我々はこの「新ルール」で勝負ができるのであろうか…
そう考えてしまう。


「あのトヨタが…」
「あのウォルマートが…」

グーグルや…
アマゾンの…

対策に必死になっている。
本当に世の中の流れをしっかりとキャッチし…
対策を打っていかないと…

昨日まで「野球のルール」で行ってきたのが…
今日から「サッカーのルール」で行います

ということになりかねない。
そう感じる、世界の動きでした。
皆さんはどう感じられますか…。


そして、「今日の一言」…。
新しい技術への挑戦というリスクを取らない方がリスクは大きい。
この世界では、何もしないことが一番大きなリスクになる
ラリー・エリソン

by akindonet | 2018-05-11 18:00 | Comments(0)