商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

調達の情報力

f0070004_17430160.jpg

東京会場 第5期・名古屋会場 第3期・仙台会場 第2期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



「鮮魚セミナー第2期」「惣菜の主食セミナー」会員企業募集中!
f0070004_20123809.jpg
相場高の鮮魚部門で「安売り」することなく売上・利益UPのための
「商品・売場・作業効率・販促・相乗積」を学ぶ実践型セミナー

鮮魚のイノベーションセミナー 第2期

東京・大阪にて4月より開講!(全6回)
詳細はこちら

f0070004_20252372.jpg
商品開発の基礎~応用・有名企業の店舗視察・実践報告あり!
弁当・丼・寿司 惣菜の主食強化セミナー

●東京・大阪にて全8回開催●

詳細はこちら





今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
羽田空港へ。
羽田空港のラウンジで、
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の原稿づくり。
今日は北陸へ…



さて、「スーパーマーケット実践会」では…
今期より、「同時ライブ配信」をスタートしました。
会場でのセミナー内容を…
お店にいながら視聴できるというものです。

これが意外と、会場と遜色なく視聴できるんだそうです。
f0070004_14230314.jpg

この仕組みって、すごいと思うんです。
ぜひ、活用してみてください。
ぜひ、参加してみてください。
ぜひ、学んでみてください。


スーパーマーケット実践会の詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。

無料で参加をお試しいただける、「オブザーバー制度」もご用意しておりますので、
お気軽にお問い合わせください。




そして、今日は「調達の情報力」について…

昔、「情報は金なり!」という言葉が流行りました。
これが、インターネットが出現し…
「情報はタダなり!!」
になってしまった。(笑)

しかし、本当は、
「情報が金なり!!」がインターネットが普及することにより高まっているような気がする。
問題は、この“情報”をどのようにして活用していくかだと思うんです。

例えば…
「Line」とかでの情報の交換。
やる感で発表いただいた奈良のヤマトーさんの“Lineの活動”以来、
「やる気と感動の祭典」参加企業は、
Lineを使った「お取り組み様」との情報交換を頻繁にやっておられる企業が多い。
特に、「アウトレット」商品や「こだわり」商品の調達にはかなりの効果が出ている。
「アウトレット」商品は、スピードが命!!
「この商品、○○円で○○%あるんですけどどうですか…」
と言われて、躊躇してたら他企業に持っていかれる。
「即断即決」
が要求される。
そういう意味からすると、Lineとかの情報ツールは効果あり。



そうこう思ううちに、商人伝道師が今思っていること。
それが…
産地との情報交換
これに、なんとかこの「インターネット」やSNSを活用できないかと考えている。

というのも…
「第23回 やる気と感動の祭典」の時。
東武の千葉社長や中標津地方魚菜の久本社長から…
「今、にしんが大豊漁なんです」
ということを聞いた。
それにすぐ反応したのが、山梨の「いちやまマート」。
鮮魚の橋爪部長に聞いてみると…
ほとんどタダみたいで、物流費のみが原価!!
というような感じらしい。
でも、誰も知らないんですよね。
こういう情報。


この表を見てください。
f0070004_14410638.png

「特三漁港」の一つ、銚子漁港の取り扱い平均単価と、
築地市場の取り扱い平均単価。
築地が1000円/kgほどに対して、
銚子は100円/kgほど。
銚子の単価の安さにはビックリですよね。
「魚がない」のではなく、「情報」がない!!
のかもしれない。

先ほどの「にしん」の件にしても…
銚子漁港の単価の安さにしても…

です。
鮮魚は「情報力」が全くないから、「魚がない!!」と言っているのかもしれない。
これは青果物にもいえるかもと…


「第23回 やる気と感動の祭典」。
「無選別仕入れ」
「リユース物流」

などが提案された。
今までの「仕入れ方法」や「物流」とは全く異なる仕入れの考え方である。
今年の6月。
アメリカの「農場」や「牧場」の視察に行く。
このアメリカの生鮮食品の物流の仕組みを日本で実現できないかと思い…。
「ハイリスク・ハイリターン」仕入れをすると、恐ろしい利益が生み出せそうだからです。


また、先日紹介した「三崎のマグロ」でもそうですよね。
三崎のマグロは「バチマグロ」中心。
それも「冷凍」
“一艘買い”して…
「この部位はネギトロに…」
「この部位は切り落としに…」
「この部位は寿司ネタに…」

と、量を売る企業はこういう仕入れができる。
「冷凍マグロ」だから、ロスの心配はない。
そして、「三崎マグロ」というブランドを手に入れることができる。
でも、今までの帳合先とのしがらみがあるので…
誰も動かない。


鮮魚の問題点はここにあるような気がする。(笑)
産地は「大豊漁」でも…
“伝える情報”の仕組みがないから…

地元で「二束三文」で取引される。
情報がないから…
物流がないから…
「マグロ」などもっと儲かる商品なのに…
「リスク」を取りたくないから…
今までの「帳合先」があるから…
「ハイリスク」なチャレンジはしない。
「情報化」社会なのに…

もっと生鮮商品も…
「情報力」の活用が必要ではないかと思う。
「にしんが大量に獲れている」
ことなど、ほとんど知らない。
なぜなら、漁港や産地が情報を発信していないから…
そのために「宝の山」を見つけることができない。
だから、鮮魚は売れない!!
鮮魚は儲からない!!
のかもしれない。



「リアルな情報」を仕入れて、動いた企業
大きな利益をつかむことができる時代になってきた。
でも、仕入れや調達における「情報の仕組み化」が遅れているのがこの業界の現状。
店舗の「情報力」や「情報システム」はどんどん進んでいるのに…
仕入れや調達の「情報力」は全く進んでいない。
これでは儲からないよね。
そう感じる今日この頃です。



そして、「今日の一言」
「先入観は罪。固定観念は悪 」
(野村克也)



by akindonet | 2018-04-19 18:00 | Comments(0)