商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「社会構造の変化への対応」について

f0070004_17430160.jpg

東京会場 第5期・名古屋会場 第3期・仙台会場 第2期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



「鮮魚セミナー第2期」「惣菜の主食セミナー」会員企業募集中!
f0070004_20123809.jpg
相場高の鮮魚部門で「安売り」することなく売上・利益UPのための
「商品・売場・作業効率・販促・相乗積」を学ぶ実践型セミナー

鮮魚のイノベーションセミナー 第2期

東京・大阪にて4月より開講!(全6回)
詳細はこちら

f0070004_20252372.jpg
商品開発の基礎~応用・有名企業の店舗視察・実践報告あり!
弁当・丼・寿司 惣菜の主食強化セミナー

●東京・大阪にて全8回開催●

詳細はこちら






今日は、朝5時起床。
4時に起きる予定が…
起きれなかった…
Blogを書いて…
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の商売繁盛虎の巻の原稿を書いて…
身支度して…
「スーパーマーケット実践会in仙台」の会場へ。
今日から「第二期」スタートします。
参加企業はかなり少ないけど…
でも、やると決めたらやるので…
頑張ります。


さて、「第23回やる気と感動の祭典」で発表者が使用した…
パワーポイント。
前回から希望企業様のみにお配りするというスタイルに変えました。
昨日こんなFaxをお送りしました。
f0070004_11261135.jpg
記入していただき、Faxかメールで送ってください。
こちらから用紙のダウンロードができます

ただし、当たり前のことですが…
「第23回やる気と感動の祭典」参加企業のみです。(笑)
当たり前のことを当たり前にできない企業が多いので…
また、メーカー様や問屋様は「自社内のみ使用」の誓約書を書いていただいた企業様のみ送らせていただきます。
よろしくお願いします。



そして、今日は「社会構造の変化への対応」について…

2016年時点で、20~64歳女性の就業率が70%を超えてしまった
80%を超えるのも時間の問題と言われている。
アメリカでは20~64歳女性の就業率が80%を超えた瞬間、新たな、マーケットがスタートしたといわれる。
それが、「ワイン」
就業率が80%を超えたころから「ワイン」の購買率がすごく上がった。
それも、「低価格ワイン」

いわゆる「デイリーワイン化」である。
日本でも同じ動きになっており…
商人伝道師の推測でしかないが…
5年以内に「日本酒」の売上げ構成比を「ワイン」が抜くのではないかとみている
ということは「ワイン」は戦略カテゴリーに入ってくるということ。
「売れて儲かる」カテゴリーとして、注目してくるであろう。


そして、「サプリメント」
このカテゴリーも女性の就業率が80%を超えたあたりから急激に伸びたカテゴリー。
日本はまだまだ感はあるが…
確実に伸びている感あり。
今後、注目のカテゴリーになると思っている。


さらに、注目なのが…
「冷凍食品」
しかし、今までのような”弁当商材”などの商品でなく…。
「本格ディナー」商品「冷凍野菜」などが伸びた。
今後、日本も大きく品揃えを変更せざるおえない時が来ると思うんです。
いや、もう来ているのかもしれない。
ちなみに…
セブンイレブンの新レイアウト。
f0070004_11294796.jpg

写真は流通ニュースより
https://www.ryutsuu.biz/store/k040943.html

「冷凍食品」売場を拡大したところも…
「平均日販」が変更後「+1.5万円」伸びたといわれている。
今後は商品の入れ替えを進めていけばますます伸びると…
フランスの「ピカール」や…
アメリカの「トレーダージョー」のような…
冷凍食品のニーズがますます高まってくる気がしている。


さらに、社会構造の変化で注目しなければいけないことが…
「単身・二人世帯」の伸びである。
なんと…
「単身・二人世帯」の構成比が「65.9%」になっている。
日本の総世帯の半数以上が「単身・二人世帯」。
ますます伸びる傾向にある。

だからといって、「少量パックだ!!」というとそうでもない。
この「単身・二人世帯」の内訳をみると…
「高齢者」
「結婚しないで親と同居」
「共働き世帯」

というように、いろいろなパターンがある。
商圏内でどのような「単身・二人世帯」が多いのか…
を調べる必要性があると思っている。

例えば、「共働き世帯」の多い地域では…
「ステーキが売れる」
「ワインの構成比が10%以上」
「メガパックが売れる」

の傾向が高い。
このように、同じ「単身・二人世帯」が多いという中でも…
売れ筋が変わる。

なぜ、こんなことを書くかというと…
「社会構造の変化」にマーチャンダイジングがおいついていないのではないかと…

たとえば、「チョコは売れてますが、米菓が全く売れない」
とかよくきく。
みなさんのお店もそうではないですか…
「社会構造の変化」がこのような状況を生み出しているのではないかと…

近ごろ、商人伝道師もこのあたりを言い出している
「社会構造の変化」
が売れ筋を変えてきているのではかいかと…
ということは「アップトレンドカテゴリー」をもっとフェース拡大している必要があると…
少しづつではあるが…
そう感じている。
「20~64歳」の女性の就業率が70%をはるかに超えてきているんですもん。
客数をのばせないですよね。
「単身・二人世帯」の構成比が「65.9%」ということは…
明らかにマーチャンダイジングを変えていかないとね…
そうしないと「ニーズ」がない商品を「安売り」する方法しかないかもしれませんね(笑)。
みなさんはどうおもわれますか…

そして、「今日の一言」…
「変化こそ、機会の母である」(中内功)









by akindonet | 2018-04-18 18:00 | Comments(0)