商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

第23回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1



今日は朝5時起床。
というより、色々と選考したり…
考え事をしたり…
していたら、ほとんど寝れず…
毎回このような感じ。
回を追うごとに、この苦しみが増しているのはなぜなんでしょうか…。
今回も、物凄く悩みました。


では、「第23回 やる気と感動の祭典」
発表企業と発表者を紹介します。
では、まず「発表者紹介ビデオ」をどうぞ!!




以上…
10企業の発表者とともに4月10日~11日の
「第23回 やる気と感動の祭典」当日まで準備してまいります。
ぜひ、みなさん!!
参加してみて下さい。
参加費用の「何十倍」の利益をもたらすセミナーにしますので…
今回も凄い内容となっています。
では、発表企業と発表者を紹介しましょう。



まずは「青果部門」
発表企業と発表者は…。

株式会社キョーエイ(本社:徳島県徳島市)

徳島の「キョーエイ」さん
昨年は怒涛の「競合出店ラッシュ」
こんなに出店したんです。
f0070004_16040703.jpg


12店舗のオープン&リニューアル。
物凄い窮地に追い込まれた。
でも、「昨対比96~98%」で耐え抜いたんですよ。
立派ですよね。
そんな中、埴渕社長から1つの“大命令”が下された。

「仕入れ改革せよ!!」
「食のSPA化を目指せ!!」

というもの。
そこで、瀬尾常務を中心に青果チームが動いた。
まずは「無選別仕入れ」
これをご覧ください。
「第一次産業」の平均年齢。
f0070004_16050067.jpg

「農家はつくることは出来る。
しかし、それを選別したり箱詰めしたりすることが難儀なんだ。
その部分を省略して仕入れよう!!」

ということで、「無選別仕入れ」をスタートした。
これが「大ヒット」

「安く売って!チラシ特売して!
粗利益率40%取れ!!」

これは埴渕社長・瀬尾常務からの指示。
では、どのように、この「無選別仕入れ」を行っているかは当日発表してくれます。


次に「リユース物流」
ダンボール箱でなく、何回も使用できる「コンテナ物流」に切り替えた。
それにより、コストが下がるはずだという考えから…
これが「売れて儲かる」商品に早変わり。
詳しくは、当日の発表を期待しておいて下さい。


その他にも…
生産者直売コーナー「すきとく市」の生産者からの
直納(直接仕入れ)」への変更。
「すきとく市」のブランディング化
「雪の下リンゴ」などの差別化商品の開拓など…

あれだけの競合が出店してきた訳ですから…
色んなことを行いました。
それを発表してくれます。


「青果部門=集客部門=低粗利益率」
これは業界の常識。
しかし、この常識を打ち破ろうとしている。
それが「キョーエイ」

まだ、スタートしたばかり。
でも、発表することで全国にその輪を広げていけば…
他の全国のスーパーマーケットから逆に「こんなのありますよ~」と紹介が来るはず。

「エコプラザ」
「すきとく市」
「とくし丸」

などなど…
イノベーションを続けている「キョーエイ」
しかし、今までの中で、最高のイノベーションになるかもしれない、、、。
それが「仕入れ改革」

こう、御期待!!
経営者・青果担当者のみなさん必聴の発表になること間違い無しです。
絶対に参加してみて下さい。



次に「精肉部門」
発表企業と発表者は…

紅屋商事株式会社

(本社:青森県青森市

「第3回やる気と感動の祭典」の株式会社いちやまマートの勝俣千恵子さん以来の
女性の“メイン発表者”。
23回目にして2回目。
杉山さんは紅屋商事さんには「ショートタイム」のパートタイマー社員として入社。

その後、自らの努力と精進によって、「ロングタイム」のパートタイマー正社員精肉チーフを経て…
「紅屋商事株式会社精肉部門トレーナー」までのぼり詰めた女性。

そしてすごいのは、この紅屋商事さん
能力の高い女性なら、どんどん“評価”する。
そして、どんどん“地位やポジション”を与える。
こういう企業姿勢が“優秀な人財”を輩出しているのかもしれない。

今回、商人伝道師が紅屋商事さんに目を付けた理由は…
ズバリ!!
「商品化」・「商品づくり」
精肉部門はどの企業も順調。
順調なために、商品化や商品づくりの進化が止まった。
これではいつか、売り上げが止まる。
前回は「相対的安さ」や「スポット仕入れ」、「メガパック」など…
“安さ”にフォーカスした。
今回は「付加価値」にフォーカスします。
なぜなら、「インスタ(SNS)映え」が流行語になるくらいです。
“見た目”がすごく大事になってくるのです。

今、商人伝道師が見る限り、“日本でトップクラスの商品力”を持っている。
その商品力を一つ一つ開発しているのが彼女であり、紅谷商事精肉チームなのです。
その一例を紹介しましょう。
f0070004_16070152.jpg
滅多に褒めない秦社長が絶賛した商品化。
「手羽元開き」に「豚バラスライス」に「つくね」に野菜…
とてもオシャレ感あり。

「商売のヒントは他部門にあり」ということで…
f0070004_16070001.jpg
f0070004_16070044.jpg

「インスタ映え」も忘れない。
f0070004_16070024.jpg

その他にもこんなにあります。
f0070004_16070119.jpg

まあ、発表する2名に期待してください。
「やる感史上最高」の商品化・商品づくり提案をしてみせます。
もちろん、「異常値販売」の例もガンガン発表してくれることでしょう。
商人伝道師が自信をもって選出しました。
精肉部門の方々は全員参加すべし。



次は「鮮魚部門」
この部門は2社の発表。
まず1社目が…

株式会社ファミリーストアさとう
(本社:岐阜県高山市

なんと、「海のない県」からの選出。
「ご当地スーパー」日本一!!
の称号をもらった「ファミリーストアさとう」
あの“マツコ・デラックス”さんが絶賛したスーパーマーケット。
しかし、魚は“ご当地商品”がほとんどない(笑)
魚がないからこそ、鮮魚部門は努力した。

商人ねっと主催の「鮮魚のイノベーションセミナー」の大阪会場に参加。
片道4~5時間かかるんです。
大阪までは…
そんな中、どんどん堀内先生のノウハウを吸収していった。
その一例を紹介しましょう。

f0070004_16125052.jpg
f0070004_16125014.jpg

すごくきれいな商品化ですよね。
セミナーで学んだことを一つ一つ担当者に説明して…
売り場で実現する。
そうすると。異常値につながる。

f0070004_16130530.jpg
12月25日の月曜日まで含めての…
昨対比120%は立派。

堀内先生から学んだ「盛り合わせ」や「サーモン」は良い。
「昨対比130%以上」
「正しいことを学び、正しいことを実践する」
とこういう結果になるのです。
その他にもこの「鮮魚のイノベーションセミナー」で学んだことを実践しています。
それをいっぱい紹介してくれるはずです。

さらに、この企業。
Aランク商品の戦略がすごく長けている。
ちょっと一例を紹介しましょう。

f0070004_16132144.jpg
f0070004_16132144.jpg
f0070004_16132127.jpg
f0070004_16132168.jpg
f0070004_16132249.jpg

「塩ブリ」という飛騨独特の商品があります。
でも、これって全国で売れると思うんです。
商人伝道師おすすめの一品。
こういう“看板商品”を戦略化するのがうまい。
その他にも…

f0070004_16140699.jpg
f0070004_16140694.jpg
f0070004_16140603.jpg
f0070004_16140654.jpg

立派な数字ですよね。
今回はこういう「Aランク商品」の看板化もちょっと発表してもらおうと思っている。
売上げが低迷している「鮮魚部門」
その中、絶好調の「ファミリーストアさとう」の海産部門。
「正しいことを学び、正しく実践する」
ことの大切さを発表してくれることでしょう。
“必聴中の必聴!!”の発表・
こう、ご期待!!
この発表は勉強になりますよ。

そして、もう1社が…
株式会社山成水産
(本部:石川県七尾市)

石川の「山成商事」の系列の水産会社。
今回「能登 ならびに 石川・北陸の海産商品」を紹介してもらいます。


北陸は「氷見ブリ」・「越前がに」・「カラスミ」・「富山のホタルイカ」など…
海産物の宝庫。
その中でも「能登半島」には生の海産物だけでなく…
塩干物や貝類・海藻などもたくさんある。
しかし、物流面の問題でなかなか有名になってない。


有名でないということは“差別化”商品になるということ。
そこで、今回は「山成商事(どんたく)」さんと「山成水産」に、
「能登の色んな食材」を紹介してもらう発表をしてもらいます。

これは前回の「エムケーコーポレーション」さんや「中標津地方魚菜」さんの発表に匹敵する発表になること間違い無し。
ぜひ、鮮魚部門のバイヤーは参加してみて下さい。
「必聴の価値200%」です!!


by akindonet | 2018-02-17 19:30 | Comments(0)