商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「不(負)の解消」について

f0070004_16155061.png
 【第23回やる気と感動の祭典 発表者決定の発表日が変更となりました】

2月15日(木) → 2月17日(土)
    
発表企業様宛には当日(17日)、午後1時にFAXをお送り致します。
セミナー参加受付開始は17日から





やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php





今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
午前中の「鮮魚のイノベーションセミナー」の講演資料をまとめ…
身支度して…
飯田橋へ…
午前中は、「鮮魚のイノベーションセミナー」で約2時間話す。
f0070004_17491114.jpg


その後、急いで幕張へ…
「スーパーマーケットトレードショー」へ。
午後さらっと見て回る。
その合間
も…
「第23回 やる気と感動の祭典」の選考。
正直、頭の中は「やる気と感動の祭典」の発表者選考でいっぱい。
逃げ出したくなるぐらい…
悩む。
今回は、今開催されている…
「平昌オリンピック」と同じ、
「第23回」
平昌は「第23回 冬季オリンピック」。
どうでもいいことだけど…
何か“運命”を感じる(笑)なんてね…


さて、「第23回 やる気と感動の祭典」。
今回も「ボランティア」を募集します。
詳しいことは、下記をクリックしてください
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php
この「やる気と感動の祭典」。
ボランティアさんがおられないと、
開催できません。
ボランティアの“特典”はこんな感じでしょうか。
1. ボランティアの仲間と何度となくコミュニケーションを図り、
自分たちみずから一つ一ついろんなことを創り上げる経験を持てる
2. 人生で経験できない多くの人数の誘導やサポートをすることで、自分に自信がつく
3. 「ありがとう」と参加者の方々から“星の数”ほど言われる。
“利他の心”とはこういうことかと実感できる
4. リーダーシップとはこういうこと、を学ぶことができる
5. 「お役立ち」とはこういうことなんだ、を学べる
6. 発表者以外に舞台に立てるのはボランティアのみ(笑)
7. 商人伝道師と酒が飲める(笑)
8. “スパコディ純ちゃん”のスパルタ教育を受けられる(笑)

以上です。
ぜひ、参加してみてください。
応募をお待ちしております。




そして、今日は「不(負)の解消」について…

今日の午前中の「鮮魚のイノベーションセミナー」の原稿を見ながら…
思ったことがあったんです。
それが、「商売って、不(負)の解消なんだなー」ということ。
お客様の不満や負担を解消してあげること。
それこそが商売なんだろうなーと。

お客様は「商品」を買っているのではなく…
「不満」や「負担」を解消してくれるモノを買っていただいているんだなーと。
そういう意味からすると…
「鮮魚」って不満や負担が多い部門だと感じている。
魚料理はとにかく“調理”に時間がかかる。
“失敗”することも多い。
また、“技術”が必要になる。

その点、肉料理は楽。
料理が簡単。
時間も短い。
そして、なにより家族が大好き
ときたもんだ…(笑)


よって、魚はいかに「不(負)の解消」をしていくかを考えていく必要性があると思うんです。
料理が簡単な“焼魚”はいい。
しかし、煮魚は、料理は難しいし、失敗もある。
ならば、“店が作ってー”となるかもしれない。
だから、「魚惣菜」の伸びがすごい
本格的に行っている企業は、「売上構成比10%」を超えてきた。
今後、寿司まで加えると、「鮮魚の売上構成比30%越え」も夢ではない。
なんか「将来が明るい部門」だなーと思っている。

問題は“海産資源の枯渇”
乱獲により、海産資源が明らかに少なくなっている。
「一年間禁漁」にすれば、この海産資源も復活するらしいが…
しかし、隣国がそれをしないので同じか…
日本は世界有数の“漁場”をたくさん持っているのだが…
国レベルで考えていかないと…
大変なことになる。


よく、「魚を食べなくなった」と言われるが…
それはない!!と商人伝道師は断言する。
なぜなら、商人伝道師の周りを見渡すと…
みんな食べているから…
その食べ方が変わっているだけ…

近頃、商人伝道師が言うことがある。
それは…
「焼魚に!煮魚に!ムニエルに!!」のコトPOPは禁止。
それしか知らないのかーと思われるぞ!!

と…
また…
「アヒージョやアクアパッツァに!!」もダメ。
エッーと思いますよね。
「今日はご自宅で地中海料理はいかがですか?
 アクアパッツァで」とか…
「今日はワインとともにスペイン料理はいかがですか…
 アヒージョでも…」

といった提案でなければいけないと思う。
アヒージョやアクアパッツァを食べたいのでなく…
「地中海料理」や「スペイン料理」を食べたいんだよ、と…

「もっと食べ方がオシャレになれば、魚料理は食卓に上がるよ」とも…
お客様の「不」はそこにあるような気がする。
みなさんはどう思いますか…

「商売は不(負)の解消を提案することだなー」
と思う今日この頃です。
鮮魚担当の皆さんはどう思う…。



そして、「今日の一言」
「『出来ない』。そんな答えはない。」
(松下幸之助)





by akindonet | 2018-02-14 18:00 | Comments(0)