商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

商人伝道師から見たヤマダストアーのチラシの真意

さて、とうとう“社会現象”になった…
一枚のチラシ。
f0070004_10583824.jpg

f0070004_21225076.jpg

地上波のTVまで取り上げるまでに…

ここで、まずは商人伝道師なりの“ヤマダストアーの真意”をお伝えします。
コンサルティング先として、10年以上お手伝いしていますので…


まずは、「マスコミ受けをねらったもの」ではないということ。
しっかりと学んでいるからこういうチラシを打てるのです。
昨年秋の「第22回 やる気と感動の祭典」。
商人伝道師が基調講演に選んだのが…
「食品ロス」の専門家「井出留美」先生。
f0070004_15193252.jpg

欧米をベンチマークしていると分かることがあるんです。商人伝道師として…

それは、「食品ロス」に対する意識の高さ。
必ずや、日本もそうなると思い…
昨年の夏は、わざわざオーストラリアまで出向いて、
「世界初の無料スーパーマーケット」まで視察したぐらいです…
f0070004_15522705.jpg

f0070004_16000046.jpg

しかし、井出先生のお話を聞くまではみんな半信半疑だった。
ヤマダストアーの山田社長はじめ、参加した社員さんも同じく…
それが…
「食品ロス」に対する国民の関心の高さ…
「食品ロス」の金額の多さ…

にビックリしたのです。
そこで、これからは「食品ロス」に対して、今まで以上に前向きに対処していこうとなったわけです。
その一つのあらわれが今回の「チラシ」となりました。



2つ目に、「昨年対比」を無視しているというわけではないのです。
ヤマダストアーも、例外なく「人手不足」。
そんな中、「数を追いかけること」はできない。
「海産資源」も大切ですけど、「人的資源」も大切にしていかねばなりません。
これは、創業以来の忘己利他 の経営理念に現れています。

例えば、無理な早出や残業を強制し、挙句の果ては売れ残って廃棄となったら、
働いている人の“苦労”が報われません。
そこで、社員さんに無理させることなく、しっかりと売り切ることによって、「売り切った喜び、達成感」を与えることも「海産資源」を守ることと同様に、ヤマダストアーは大事にしているのです。
ですから、今回は商人伝道師の方からも…

「価値を上げて数を追うな!!」

という指示が出ています。
そのことの表現が「今年は全店、昨年実績で作ります」になったのです。


ヤマダストアーも「昨年対比」は重視してます。
なぜなら「昨年対比」は“自分たちの成長の証”だからです。
しかし、安売りなどしての数字合わせなどしないのです。

しっかりと、商品開発・開拓し、お客様から「おひねり(ご満足料)」をいただけるように頑張る。
その「結果」の証として“昨年対比”で比較します。


最後にヤマダストアーを第三者的に見て…
先程、申し上げたように創業以来「忘己利他」の精神のもと、従業員をとても大切にする会社です。

はたから見ると、甘やかし過ぎじゃないかというぐらいです(笑)
一人ひとりの「個性」を最大限伸ばす環境を作ろうとしています。
8店舗だからできることだと思います。

そして、「お取り引き様」や「地域のお客様」もとても大切にしています。
お取り引き様から「リベート」などほとんど要求しない会社です。
「安くしろ!!」と強要しない変わった会社です(笑)

「地域のお客様」も大切にしています。
1つエピソードを紹介しましょう。

以前、お客様から、ある担当者はこっぴどく叱られたそうです。
こういう風に…

「こんなもんを置くな。こんな商品なら近くの○○○にあるわい!!
ヤマダはこんなもんを置いちゃあいかん!!
ヤマダにこんなもんを買いにきてんじゃないで!!」

と…
こんなスーパーマーケット聞いたことありません。
こんな「ヤマダストアー」を10年以上もお手伝いできていることを誇りに思います。


ですから、、、、。
ヤマダストアーとしては「当たり前」のことを「当たり前」にやっただけです。
特別なことをしているのでなく…
他のスーパーマーケットを批判しているわけでもないのです。
「ヤマダストアーのスタンス」なのです。
まだまだ8店舗の企業です。

日本の小売業に影響を及ぼすような企業レベルではありません。
お客様に御支持いただき、ボチボチ社員さんと共に…成長して…
影響力のある企業になるまで心温かく見守って上げて下さい。


同業他社の方々にも御願いです。
ネットやTVでは「一石を投じた!!」と報道されてますが…
それは間違いです。
コンサルティングしている身だからわかります。

今回のチラシは「ヤマダストアーの考え方」であり…
「ヤマダストアーのスタンス」を書いただけです。
「一石を投じる」など、おこがましいです。
もっともっと同業他社の皆さんと一緒に“正しいことを学び”“正しく実践”していきますので、今後共一緒に勉強させて下さい。
よろしくお願いします。
以上です。


商人伝道師こと
水元 仁志

by akindonet | 2018-02-06 19:45 | Comments(0)