商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「青果の相場高に思うこと」について

日本経営コンサルタント株式会社・商人ねっと株式会社 主催
「新春特別セミナー2018」
参加お申込み受付中
締切まであと3日


日時:2018年1月23日(火)
場所:新横浜国際ホテル

f0070004_1485353.jpg
◆登壇講師◆
FOOD TRENDS-US LLC. 稔子.T.ウィルソン
「Mart」編集長 大給近憲
NPOランチェスター協会常務理事 名和田 竜
㈱IDプラスアイ 鈴木 聖一
日本経営コンサルタント㈱代表 水元仁志


セミナー詳細・お申込みはこちら
http://www.akindonet.com/seminar/shinshun/




第25回売場大賞「Xmas~年末・年始商戦」
エントリー募集いたします
f0070004_14452569.jpg

もうすぐ一年に一度の大イベント!
xmas・年末年始商戦!!
ぜひ、その取り組み写真をお送りください!


売場大賞公式サイトはこちらからどうぞ



f0070004_17461025.jpg

やる気と感動の祭典23 発表者エントリー募集

実践こそ真実!!
これが「やる気と感動の祭典」。
エントリーしないということは、「競合企業が参加できない」という特権を“放棄した!”とみなされる。
全社!全部門!のエントリーを期待する。
エントリー締切日、2月10日!!
残り26日


by 商人伝道師


詳細はやる気と感動の祭典 公式ウェブサイトまで



今日は朝4時30分起床。
サクラを散歩させ…
身支度して…
新横浜駅へ…
今日は長野県伊那市へ…


さて、1月23日に開催される
「新春特別セミナー2018」。
締切日まであと3日。
日本初…
業界初…
「同時ライブ配信」というサービス付き。
参加された企業様は…
全ての講師の講演を視聴できる。
こんな画期的なこと普通はできません。
商人伝道師だから…
商人ねっとだから…
できること。

「これからどう変わっていくのか…」

それを全社員さんで学んで下さい。
お申込み心よりお待ちしております。



そして、今日は「青果の相場高に思うこと」について…

今、とんでもない相場になっている野菜。
TVでは「買える価格ではない!!」という主婦の声…。
新聞でも「昨年と比べて3倍!!」とかの相対的高さのアピール。
たしかに高いけど…
ほんとうはこれぐらいの価格でないと…
生産者が潤わないですよね。
「高齢化対策」
これはお客様だけに対する対策だけではない。
農家の「高齢化対策」をしていかないと…
スーパーマーケットは野菜が入ってこなくなる。
近い将来…
そうなると一番困るのは消費者。

しかし、少しでも相場高になると…
「高い!高い!!」のオンパレード。
高い!!

「高い!高い!!」といいながら…
まだ十分使えるスマホはどんどん買い替える。(笑)
そっちの方がもっと高いよ!!(笑)


日本の農家の従事者の平均年齢は…
「70歳」になろうとしている。
なぜ、若者は農業を志さないのか…
それは…
「安定収入がない」
「休みがない」

などがあげられるという。


商人伝道師は思うんです。
「年収1000万円以上」
に農家の収入をしないかぎり、日本の未来はないと思う。
その為にはどうしたらよいか…

「販売する場所を提供してあげる」
「つくった商品をを引き受ける受け皿を用意してあげる」

ことだと思う。

そして…
「基準」をなくす。
選別などしなくてよい。
つくった農作物を全て販売できる仕組みづくりする。
そうすれば、「年収1000万円以上」も夢ではない。

これからのスーパーマーケットは…
もっともっと「農家とのお取組み」を強化していかないといけない。
そうでないと、つくる人がいなくなる。
つくる人がいなくなったら、スーパーマーケットは売るものがなくなる。
これは先のことの話ではない。
近い未来に訪れる


もっと、消費者も含めて…
農家を育てていくぞ!!
という気持ちが必要だと思うんです。
そういう気持ちがないから…

「1円戦争」
など、バカげたことをする。
消費者も悪い。
こういうことをする企業ほど、抗議するべきである。
「農家を育てる」
それが長い目でみて…
スーパーマーケットも…
消費者も…
「WIN」なのだから…



それはともあれ…
この「相場高」対策を…

まずは…
「高い売価を見せない!!」
「大根1/2サイズ」
「レタス1/2カット」
「ほうれん草3/2・小分け」

などして…
できるだけ、200円以上の売価を見せない

二つ目が…
「相場が上がっていない」商品をアピールする。
キラーPOPなどで…
「この商品売価据え置き!!」
「この商品、例年より割安!!」

など、相場の上がっていない野菜をアピールする。

三つ目が…
「鍋物セット」などをつくる
「~人前」表示してセット化する。
ムダがないから、お客様も喜ばれる。
こういう努力をしない企業が多い。

四つ目が…
単品の安さより、「均一セール」など…
統一売価でアイテムを増やす
そうすれば、買い上げ点数が上がる。

こういう地道なことをする。
決して、原価をきって“目玉商品”なるものをチラシ出さない。
なぜならその商品のみ購入されていくから…
赤字のタレ流し。


これが商人伝道師流「相場対策」。
相場高。

でも商人伝道師は…
「これぐらいの売価でいいのでは…」
と想う。
そうでないと、みんなが不幸になる。
農家の「高齢化対策」
それは生活者(消費者)も…小売側も…
「育てる!!」
ことをしなければいけない。
そう感じる…
近ごろの「野菜の相場高」でした。


そして、「今日の一言」…
「自分から先に協力してあげれば、その人も自分に協力してくれるようになる。」
(ナポレオン・ヒル)

by akindonet | 2018-01-16 18:00 | Comments(0)