商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「値ごろが上がっている」について・・・

日本経営コンサルタント株式会社・商人ねっと株式会社 主催
「新春特別セミナー2018」
参加お申込み受付中


日時:2018年1月23日(火)
場所:新横浜国際ホテル

f0070004_1485353.jpg
◆登壇講師◆
FOOD TRENDS-US LLC. 稔子.T.ウィルソン
「Mart」編集長 大給近憲
NPOランチェスター協会常務理事 名和田 竜
㈱IDプラスアイ 鈴木 聖一
日本経営コンサルタント㈱代表 水元仁志


セミナー詳細・お申込みはこちら
http://www.akindonet.com/seminar/shinshun/




第25回売場大賞「Xmas~年末・年始商戦」
エントリー募集いたします
f0070004_14452569.jpg

もうすぐ一年に一度の大イベント!
xmas・年末年始商戦!!
ぜひ、その取り組み写真をお送りください!


売場大賞公式サイトはこちらからどうぞ



商人ねっと会報「執念」 vol.17 2017冬

発行しました
Webからもダウンロードできますので、ぜひご覧ください。

2017/5~2017/10 商人ねっと 番組視聴ランキングもあります



今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて・・・
サクラを散歩させて・・・
ジムに行って・・・
会社に入ります。
出張がないと・・・
体調を崩しそうです。(笑)
出張することによって、節制しますもんね・・・(笑)。

さて、今年もあと5日
本格的な「年末商戦」がスタートしました。
今年は「短期・集中」型。
「パッと盛り上がって、パッと終わる!!」
よって、いかに早く仕掛けるかだと思うし・・・
いかに「日常」を追い求めるか・・・
だと思っています。
相反することかもしれませんが・・・
この「二律性」のバランスが大事だと思うのです。
結果を残して、エントリーしてください。

f0070004_13314583.jpg
f0070004_16014745.jpg
f0070004_16015710.jpg
f0070004_16020213.jpg


エントリーすることにより、自分の基準が上がります。
エントリーすることにより、会社の基準が上がります。
皆さんの勇気ある行動に期待します。

そして今日は、「値ごろがアップしている」について・・・

近頃思うことがある。
「お客様の値ごろが上がったなー」
ということ。
先日、終了した「Xmasケーキ」の値ごろが上がった。
「1000円ぐらい、値ごろが上がったのではないでしょうか・・・」
「4000円台のケーキからXmasケーキの予約が終了しているんです。」

という声が、あちらこちらで聞こえてくる。

また、こんな声も・・・
「メガパックと自分たちは思っているけど・・・
これがお客様にとってはちょうどよい量なのかもしれない。」
「1P1000円超えても、お客様は躊躇なく買っていかれる」
「1P5000円~6000円のタラバガニが売れているんです。」

こんな声が聞かれる。

明らかに、「自由に使えるお金」
いわゆる「可処分所得」が増えているのだと思うんです。
高額商品を買うほど増えていない。
しかし、確実に賃金が上がっているので・・・
「自由に使えるお金」が増えている
そのお金はどこに・・・
明らかに「日常」に使われている。
これを捕まえることができるかどうかである。

来年も、その傾向は高まってくることでしょう。
すると、ますます「賢消費」が高まる。
どこで買っても同じ商品は1円でも安さを求める。
その反面、自分にとって価値のある商品は少々高くても買う。

この傾向がますます高まる。

ということは、“中途半端”なポジションの企業は苦しくなる。
「定番改革元年だよ!2018年は・・・」
商人伝道師は言う。
「定番の品揃えを変えていかないと・・・」
「特にグロッサリ―・日配・菓子・酒は・・・」
なぜなら、このカテゴリーの最大の競合はドラッグストアーだから・・・」
スーパーマーケットの今までの品揃えではダメ!!
勇気をもって、特長のある商品構成に変えないと・・・」

そしないと、ジリ貧になり、気づいた時にはもう手遅れということが起きるかも・・・
と、そう感じている。

昨日も惣菜のコンサルタントである「成田廣文」先生とお話しさせていただいた。
その席で・・・
「来年は弁当・丼・寿司などの主食を中心としたセミナーをしていただけませんか・・・」
「スチコンやブラストチラーを活用した“おかず”のセミナーが今まで・・・。」
「来年からは弁当・丼・寿司といった主食の“看板(名物)化”を目指したいのです。」
「398円弁当も必要。しかし、これだけ人件費が上がってきているんです。
500円弁当で看板化できると思うんです。」
「生寿司(握り寿司)がケの日に売れない。
ここにメスを入れたいのです。このセミナーをしたいのです。」

とお願いした。

「吉野家」や「すき家」でも値上げした。
それでも売り上げが全く落ちない。
スーパーマーケットの弁当もそろそろ「500円弁当」で看板化したいものである。
いや、理想を言うと、「580円弁当」で看板化したい。


アメリカのスーパーマーケットを視察するといつも思うこと。
それが「アメリカのランチは高いなー」と。
「一食1000円~1200円くらいするね」って・・・
それに比べると日本は“安すぎ”
しかし、日本は外食がそれ以上に安いので・・・
なかなか値ごろを上げられなかった。
しかし、外食も値上げし始めた。
来年はスーパーマーケットの“主食”も値ごろを上げていく時だと実感している。
来年がその「元年」になると確信している。
みなさん、「値ごろ」が上がっていることに気づきませんか・・・
もしも、「そうかも・・・」と思われているなら・・・
今年の年末商戦。
「値ごろ」を上げてみてはどうですか・・・

そして「今日の一言」・・・
私はたえず喜びを求めながら生きている。
そのための苦労には精一ぱいに耐える努力を惜しまない
(本田宗一郎)



by akindonet | 2017-12-26 18:00 | Comments(0)