商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

第20回やる気と感動の祭典 青果部門発表者のご紹介


第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
グロッサリー&お取り組み部門


発表テーマ
「“取り引き”から“お取り組み”へ
それが“Win-Win”の成長戦略につながる」


国分フードクリエイト株式会社
マーケティング部 企画課 主任MD
水木 健太郎 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!




新着動画情報
チャレンジャー あくなき挑戦者たち
取材企業:株式会社いちい

f0070004_18124379.jpg

大人気シリーズが約2年ぶりに復活!
今回登場するのは「第19回やる気と感動の祭典」の店長部門で発表した
株式会社いちい 蓬莱店店長 平子成人
ニューマネジメントによる様々な仕掛けで圧倒的地域1番店を作る店長術にカメラが密着!
男がたどりついた最強の店舗!その真実とは?


チャレンジャー あくなき挑戦者たち
視聴ページへ




今日は朝5時起床。
Blogを書いて…。
身支度して…。
大阪・伊丹空港へ…。
今日は山陰です。
帰国しても走り回っています。


さて、最後の「お願い」です。
「第20回 やる気と感動の祭典」のボランティアさんの募集。
まだ、現在たったの6名しかボランティアさんが集まっていません。
最低あと2名。できれば4名は欲しいのです。


関西・中四国・北陸・中部のみなさん。
「利他の心」のある方々…。
または「人間力」を高めたい方…。

過去に「やる気と感動の祭典」で発表された方。
「第20回記念大会」です。
今度は、「裏方であの舞台に立ちませんか?」。

絶対に「第20回 やる気と感動の祭典」のボランティアをして良かった!!と思えるはずです。
ボランティアに挑戦してみませんか…。
よろしくお願いします。
詳しくは…。
下記をクリックして下さい。

http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php


そして、本日公開されました「発表者紹介VTR」
今回は「グロッサリー&お取り組み企業部門」
発表者は
国分フードクリエイト株式会社
マーケティング部 企画課 主任MD
水木 健太郎さん


いわゆる「卸売業」の企業様。
スーパーマーケットと「お取り組み」をしたことで、どう結果が変わるのか…。
どういった「お取り組み」を行っているのか…。
その一端が知れる映像となっています。


「第20回やる気と感動の祭典」は、ぜひ「お取り組み企業様」と参加してみてください。
周りを巻き込んでいく。
「社外にどれだけ考え方を理解したバイヤー」
を作るかが、これからのポイント。
それがこれからの戦略になることがわかる発表になります。

ぜひ、お取り組み企業様と一緒に参加してみてください。

そして、ご覧下さい。






そして、今日は「第20回 やる気と感動の祭典」青果部門の発表者紹介です。
発表者は…。

株式会社文化堂
商品統括部 生鮮部 生鮮1課 課長
大沼 正幸 氏


f0070004_113238100.jpg



なぜ、「文化堂」さんを選出したのか…。
それは「ハイパーローカル戦略で大成功を収めているからです」
全店レベルで2桁アップをずっと続けています。


相場に左右されやすい部門の中で安定的に2桁アップし続けている(2年以上)
という最大の要因が「ハイパーローカル戦略」なのです。
なぜ、「ハイパーローカル戦略」が業績に関係するのか…。
それは今の時代。
いや、インターネットの時代がもたらした「マーケティング」が影響しています。


昔の「マーケティングの4P」というと…。

Product(商品)
Price(価格)
Place(流通経路・物流・売場)
Promotion(販促・プロモーション)


という4つの「P」が大事と言われてました。


しかし、今はこの「4つのP」が大事だと言われています。

Product(商品)
Price(価格)
Promise(信頼)
Personal(個性・個人)


という「4つのP」です。


要するにインターネットが発達し、お客様の購買が変わり…。
お客様の心理が変わってきたのです。
「Place(物流や流通経路)」は必要なくなりました。
商品はインターネットで取り寄せることができる…世界中から…。

「Promotion」も必要なくなりました。
今は「SNS」などによる“お客様同士”の情報の共有化によって、モノは売れるようになってくるのですから…。


そこで、注目されているのが…。

「Promise(信頼)」

なんです。

「Personal(個性・個人)」

なんです。

ですから、「生産者の顔の見える」野菜や果物は大ヒットするわけです。
でも、なんでもかんでも「生産者の顔」を見せれば売れるか…
というものではありません。


そこには「信頼」が必要なのです。
例えば、過去2回(18回・19回)で、この「やる気と感動の祭典」で
商人伝道師が参加者に「特栽(特別栽培)野菜」の重要性を示唆しました。

これも、「信頼」という新しいマーケティングの考え方に基づいてます。

それにより、一気に「特栽」での“差別化”がスタートした。

これはある一定の結果を生み出した。
しかし…。
ここで、大きな問題点が出てきた。
そうです…。

「競争力の低下」

です。
もっと言うと…。
「安さ」が出なくなった。


「競争力のないハイパーローカル」では今後生き残れない。
そこで、「第20回 やる気と感動の祭典」では…。
「競争力のあるハイパーローカル戦略」にフォーカスしていこうと考えた末に選出したのが「文化堂」さんなんです。


この企業の「ハイパーローカル」農産物は決して高くない。
いや、むしろ「安い」くらい。
なぜ、そういうことができるのか…。

f0070004_11513539.jpg

f0070004_11514937.jpg

f0070004_11521379.jpg


それは当日発表してくれる。


そして、実に「ハイパーローカル」をアピールしたPOPが上手い!!

f0070004_1153791.jpg

f0070004_11532384.jpg

f0070004_11533252.jpg

f0070004_11534333.jpg


商人伝道師の言葉でいうと…。

「つかみ」(キャッチコピー)が上手い!!

だから、お客様を引きつける。
どのようにしたら、このキャッチコピーが出来るのか…
も当日、紹介してくれることでしょう。


もちろん、「ハイパーローカル」戦略だけで2桁アップしたわけではない。
その他の“効率的な仕掛け”も発表してくれる。
売り場面積が400坪いないの店が多いので…。
すごく参加者は参考になると思う。
これは、当日までのお楽しみにしておきます。


アメリカのスーパーマーケットでは「オーガニック」は当たり前のレベル。
ウォルマートでも積極的に行っている。
「オーガニック」では差別化にならなくなった。
日本では、まだまだですが…。
この流れは必ず訪れる。


では、今の「差別化」とは…。
それが…。

「ハイパーローカル」なんです。
「ローカルから「ハイパーローカル」へ。
「ハイパーローカル」から「ハイパーローカル&ルーツ」へ

と進んでいる。


こういうことを学んでおかないと…。

「青果部門=集客部門」

ということで、単なる“安売り”部門になる。
今後、「人件費」などのコストは上昇するばかり…。
「低粗利益率」の青果部門を改善していかないと、そんでもないことになる。
そこで、今回、その「収益改善」や「差別化戦略」の一つとして…。

「競争力のあるハイパーローカル戦略」


を参加者に学んでもらおうと思い、文化堂さんを選出しました。


ぜひ、青果バイヤーや青果担当者を参加させてみて下さい。
物凄い「財産」を掴み取ることが出来ると思います。
それぐらい凄い発表にします。


青果部門の「差別化戦略」を学べるのは…。
この「やる気と感動の祭典」しかありません。
ですから、ぜひ参加することをオススメします。
「生き残り」たければ…。


そして、最後に改めて「第20回 やる気と感動の祭典」の
青果部門の発表者を紹介しましょう。


株式会社文化堂
商品統括部 生鮮部 生鮮1課 課長
大沼 正幸 氏


f0070004_113238100.jpg


楽しみにしておいて下さい。


そして、「今日の一言」…。
「誠実でなければ、人を動かすことはできない。
人を感動させるには、自分が心の底から感動しなければならない。
自分が涙を流さなければ、人の涙を誘うことはできない。
自分が信じなければ、人を信じさせることはできない。」
(ウィンストン・チャーチル)

by akindonet | 2016-09-30 18:00 | Comments(0)