商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

第20回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1






今日は朝3時起床。
というより寝てないかも…(笑)
「第20回 やる気と感動の祭典」
発表者発表の日。


「第20回」というプレッシャーを自らに課しながら…。
色んなことを…。
色んなシーンを…。
色んなストーリーを…。

考えながら「第20回 やる気と感動の祭典」の発表者を選出しました。
なんと、全て決まったのは…。
「発表者選出の御案内」を送る13時前…。


まずは…
「第20回やる気と感動の祭典」の発表者選出のポイントをお話します。
今年の秋以降、間違いなく「消費マインドが低下」してくると言われています。
世の中では「節約消費」と言われています。
商人伝道師は「賢消費」と言っていますが…。
そんな中で、「業績を伸ばすにはどうすれば良いか…」
と考えて選考しました。


さらに、「人件費」などのコストが青天井のように上昇してくることが予想されます。
今まで以上に「利益に対する意識」が大切になってくる。
いわゆる「売れて儲かる商品」の異常値販売です。


「人口減」・「消費マインド減」の中、豊富な資金力のもと価格軸の企業を中心に「出店ラッシュ」が続く。
そんな中、業績を上げてその地域において「無くてはならないお店」になる為には、利益を出し続けなければならない。
どのようにすれば良いかを示唆できるセミナーにしたいということで選考しました。


そして、これからの“成長戦略”の肝である「女子力」「ヤングパワー」の活用。
そこにも「フォーカス」したセミナーにしたいと思い今回は選考しました。


では、まずは映像で…
「第20回 やる気と感動の祭典」の発表者
を紹介します。









いかがだったでしょうか…。
では、「発表者を紹介」します。
f0070004_20534669.jpg






まずは、「青果部門」

株式会社文化堂
商品統括部 生鮮部 生鮮1課 課長
大沼 正幸 氏



「ハイパーローカル」戦略
これは商人伝道師の造語。
“レッドオーシャン”になりやすい青果部門において…。
「切り札」になる戦略と思い、“特栽野菜”戦略とともに推し進めてきました。

しかし、ここに大きな“問題”が生じたのです。
「生産者の顔が見える」農産物を重視するあまり…。
「競争力を失った商品」
になってしまったのです。
これではダメだ!!と思い…。

「ハイパーローカル戦略で、青果部門で…
ここ数年ずっと“全店規模で2ケタ増”を実現している企業を選出し…。

「競争力のあるハイパーローカル戦略」について発表してもらいます。

「仕入れ(調達)」はどのようにするのか…。
「販売」はどのようにするのか…。
「POP」はどのようにつくるのか…。
「競争力」をつけるにはどうするのか…。


を発表させます。


「競争力のあるハイパーローカル戦略」
「消費マインドの低下」する中…
「価格軸の企業の出店時」の差別化戦略として…

絶対に取り組まなければいけないことを参加される企業様や担当者に提案させてもらいます。

「第20回やる気と感動の祭典」の“大看板”の一つです。

日本のスーパーマーケットの“新しい戦略”を学んで下さい。




次に「精肉部門」
発表者は…

株式会社いちやまマート
本部 ミート部トレーナー
田村 将則 氏

岡谷店 ミート部課長
小澤 純氏


正直、皆さんから「またか…」と言われるのを覚悟で選出しました。
なぜなら…
今、日本中のスーパーマーケットの「精肉部門」は大苦戦中。
「暗黒時代」
と言っても良い。

「売上げ減」「粗利益減」という“ダブル減”となっている。
相場高が続く中、どうしたら良いかわからない。
というのが本音。


それなら、確実に実績を上げている“レジェンド”企業に発表させようと考え「またか…」の批判を覚悟で選出した。

「またか…」「凄い…」・「結果が物凄く変わりました…」・「ありがとうございます…」に変える発表にしてみせます。

牛肉も…豚肉も…
相場は今後も高騰が予想される。
だからといって、とり肉は相場低迷で単品ダウンで全くダメ。
加工品(ハムソーセージ)においては、ドラックストアーなどのEDLPで“どん底”状態。

そんな中…
「新しいマーケット」
「新しい価値」
「新しいニーズ」

を展開しないと売上げや粗利益を上げることはできない。
それを提案できるのは、この企業しかありません。

「第20回やる気と感動の祭典」は「消費マインド低下」「競争激化」の中…
業績を上げられるセミナーにしたい!!
という商人伝道師の“強い想い”から…
「またか…」の批判覚悟で選出しました。

絶対に「すごい…」「結果がすごく変わりました…」「ありがとうございます…」
に変える発表にしてみせます。

精肉部門で苦労されている…悩んでいる…企業様はぜひ参加してみて下さい。

日本のスーパーマーケットに“ミートイノベーション”

を起こさせる」伝説の発表にさせます。


その2へ続きます

by akindonet | 2016-09-07 20:00 | Comments(0)