商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「土用丑の日」の取り組みpart4


やる気と感動の祭典は全国の皆さまの「エントリー」から発表者を選出しています。
やる気と感動の祭典20 発表者エントリー募集中!
エントリー締切まであと9日


エントリー締切:9月3日(土)24時

「エントリーを行うぞ!」という意識を持って取り組むだけでも
モチベーションUP、結果へと繋がります。

特に第19回に参加された企業様は「必ず」エントリーお願いします!
前回学んだこと、それをエントリーという形で実践・報告ください。
実践し、エントリーするまでがやる感です。

全ての方に“チャンス”があります!
皆様のエントリーお待ちしております!


発表者エントリーに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ






今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…。
久しぶりにゆっくりと朝食をとって…。
セミナー会場へ…。

「離職率改善セミナー」を今日は大阪で開催します。
参加企業25社。参加人数34名
東京よりかなり多い。

f0070004_13171640.jpg

f0070004_13165993.jpg

f0070004_13173186.jpg



なぜなんでしょうね…。
危機感の違いか…。
わかりません。
もちろん、商人伝道師も学びます。
「商人ねっと」にとっても、大きな問題だからです。

自ら学ぶ!!

今日は「インプット」の日とします。


さて、「第20回 やる気と感動の祭典」
エントリー締切日まで、あと9日。

f0070004_18332275.jpg

発表者エントリーに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ

いつも申しますが…。
「やる気と感動の祭典」には、厳格な基準があります。
それは…。

「エントリーしないということは、競合企業が参加できない!!
という“権利”を放棄することになる!!」


ということです。


毎回、申し上げています。
なぜ、こんな厳格な基準を設けているのか…。
それは…。

「参加して、実践しなければなんにもならない!!」
「実践こそ真実!!」


という考え方からです。


そして、もう一つ。

「実践しない企業が“権利”を主張するような“生ぬるい”セミナーにしたくない!!」
「実践しない企業はどんどん切り捨てていく!!」


これが商人伝道師の“強い意思”でもあります。
冷酷かもしれませんが…。

実践しない…。
エントリーしない…。

企業と付き合っている暇はありません。


どんどん前に進んでいかないと…。
大手企業に木っ端微塵にやられてしまうからです。


地方のスーパーマーケットを一社でも救いたい!!
中小のスーパーマーケットを一社でも救いたい!!
スーパーマーケットの地位を少しでも上げたい!!


この一心で、「やる気と感動の祭典」を開催しています。


ですから、厳しいのです。
“心を鬼にして”このセミナーは行っています。
ですから…。

「エントリーお待ちしています!!」


そして、今日は「第15売場大賞」のエントリー企業紹介3日目
なんと、今日は6社いっきに御紹介します。

トップバッターは…。
株式会社山彦さんのエントリー。

f0070004_17513251.jpg


「ご存じですか?」とお客様の目を引くようなPOP。
そして、きちんと「不の解消」や「提案」をしているのがいいですね。

f0070004_17514321.jpg


そして、レシピ提案やうなぎに関わりのあるものの関連販売。

f0070004_1752137.jpg


なんと、「うなぎおにぎり」
押し寿司などの展開は増えてきたが、おにぎりの展開は珍しい。
「ちょっとだけでいいのよ…」というお客様には嬉しい商品ですね。


次は、株式会社タイヨーさん。
精肉部の方のエントリー

f0070004_13395216.jpg


こちらでも欠かさず展開していますね「土用の牛」
それを大々的にアピールしつつ、肉のバイキングという取り組み。
この売場からちょっと引いて見ると…

f0070004_1340567.jpg


凄い数の吊り降ろしPOP!
うなぎを買いに来たお客様もついつい精肉売場に寄ってしまいますよね…。

f0070004_13401491.jpg

f0070004_1340249.jpg


そして、品数や価格・売場展開も流石ですね。
さらに、こんな展開まで…。

f0070004_13403589.jpg

f0070004_13404552.jpg


鶏肉の蒲焼き。
うなぎが苦手だけど雰囲気だけでも…
鶏肉でヘルシーに済ませたい…
などなど…
需要はとても多いでしょうね。


3社目は株式会社いちいさん。

f0070004_13422485.jpg

f0070004_13424245.jpg

f0070004_13425992.jpg



食べ方提案をしながら、それを競わせるという展開。
面白いですね。

f0070004_1344488.jpg


そして、土用しじみの展開。
謂れや効能の見える化だけでなく、
「目利き人」の見える化もきちんと行っている。
すばらしいですね…。

f0070004_13442983.jpg


そして「ちょっとが嬉しい」商品も忘れていない。
うなぎというと、どうしても「うな重」や「蒲焼き」など
量が多かったりや味が濃くなったりしてしまう展開が多い。
そんな中できちんと提案できているのはお客様にとって嬉しいことでしょう。


4社目は株式会社ニチエーさん。

f0070004_13445836.jpg


うなぎの蒲焼きの展開。
ここで注目して欲しいのは右の発泡スチロール。
これ、なんだと思いますか…。

f0070004_13451153.jpg


なんと、「うなぎの一尾売り」を行っている。
これはお客様の注目度も高いですよね…。

f0070004_13452324.jpg


そして、惣菜。
うな重やうな丼の展開が多いなか、
曲げわっぱを使ったお弁当を揃えている。
中身もさることながら、この曲げわっぱで目を引くことでしょう。

f0070004_13453934.jpg


うなぎを使用した握り寿司や、太巻きの展開も欠かさない。


5つ目はピアゴ布袋店さんのエントリー。

こちらのエントリーでも店頭焼きがありましたが、
他の企業とはひと味違いました…。

f0070004_13461117.jpg

f0070004_13461722.jpg

f0070004_13462370.jpg


店頭焼きではあるが、ライブ販売ではない。
一種のブースというか見世物のようになっている。
これはお子さんとかはワクワクしながら眺めるでしょうね。

f0070004_13464667.jpg

f0070004_13465387.jpg


そして、店内ではきちんと事前告知や案内をしていました。
商品力も大事ですがこういった丁寧な取り組みも欠かせないですよね。


6社目は丸正総本店さん。
水産部の方のエントリー内容。

f0070004_17525527.jpg


土用しじみの効用の見える化してる企業は多いが…
きちんと「1人前」も見える化している。
ここで、しじみのg売りや
商品に何g入っているのか見える化なども行っていけば
さらに良い展開となりそうですね。

f0070004_13481033.jpg


そして忘れてはいけない「目利き人・漁師の見える化」

f0070004_13482076.jpg


さらに「オススメの理由の見える化」
抗生物質や抗菌剤未使用という「安心・安全」なうなぎ。
多少高く感じても、お客様は安心して購入されていきますよね…。

f0070004_13483031.jpg


そして、値ごろ感のある展開も忘れていない。
なぜ安いのか?どれくらい安いのか?
をきちんとPOPで見える化している。
「この理由とお値段なら…」と手に取るお客様は多いことでしょう。



いかがだったでしょうか。

「学び」はウソをつかない。
「学び」は企業を変える。誰もわからないけど…。
周りが行動する。
「学び」は人間を確実に成長させる。

だから、「学び」はこれていいや!!
ということはない。


商人伝道師の好きな言葉で…


「他人との比較で勝ち負けを決めるな!
人と比べるのではなく、過去の自分と競争しよう!
自己ベストを出した人はみんな“勝者”だ!!」


「昨日までは取り戻せないが、
未来は青天井。
現時点での決意いかんでどうにでもなる」


というのがあります。


凄く良い言葉だと思いませんか…。
自己ベストに挑戦する。
これを続けていけば、必ず企業も…。個人も…。
成長する。


「過去と他人は変えられない。
唯一変えられるのは…。
未来と自分だけなのだから…」



チャレンジしていきましょう。
「二度と無い人生」なのだから…。


そして、「今日の一言」…。
「20歳だろうが80歳だろうが、
とにかく学ぶことをやめてしまったものは老人である。
学び続ける者は、みな若い。
人生において一番大切なことは、頭を若く保つことだ。」
(ヘンリー・フォード)




今後の売場大賞開催スケジュールのお知らせ

次回は「お盆」!

「21世紀は情報を発信した者が全ての情報を独り占めする」時代。
エントリーいただいた企業様には全エントリーが入った「特別ディスク」プレゼント!
さらに、受賞企業には「やる気と感動の祭典」参加無料チケットプレゼント!

応募締切:9月10日(土)

詳細はこちら

by akindonet | 2016-08-26 18:00 | Comments(0)