商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

心のオアシス


やる気と感動の祭典は全国の皆さまの「エントリー」から発表者を選出しています。
やる気と感動の祭典20 発表者エントリー募集!


エントリー締切:9月3日(土)24時

「エントリーを行うぞ!」という意識を持って取り組むだけでも
モチベーションUP、結果へと繋がります。

特に第19回に参加された企業様は「必ず」エントリーお願いします!
前回学んだこと、それをエントリーという形で実践・報告ください。
実践し、エントリーするまでがやる感です。

全ての方に“チャンス”があります!
皆様のエントリーお待ちしております!


発表者エントリーに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ


締め切り間近です!
パートタイマー社員向けの
効果的募集方法&離職率改善セミナー
対象:経営者・人事総務・運営ライン責任者様
日時:8月23日(火)東京会場
   8月26日(金)大阪会場


・どんどん応募してくる“奇跡の募集方法”とは…

・「即辞め防止」&「定着率UP」できる具体的方法

・「教える先輩パートタイマー」の育成方法や現場配備の方法


▽詳しくはこちらのページへ▽
http://www.akindonet.com/seminor/ninhanseminor/




今日は、朝5時30分起床。
サクラと散歩して…
ジムに出かけて、汗を流し…。
お風呂に入って、身支度し...。
コンサルティングの仕事へ。

今日も、元気に仕事します。(笑)
今日は、元気な企業のコンサルティング。

「正しく学び、正しく実践する。」
そうすればいかなる環境下でも、結果を変えられると信じて...。


そして、今日は日曜日
「心のオアシスの日」。

今日は…

「親の恩は返せるものではない」
真宗大谷派淨信寺副住職 西端春枝


私の場合は母が八十五歳で先に亡くなりまして、
最後は私が看取りました。

いまでもよく覚えていますが、母が息を引き取った時、父に

「何も親孝行らしいことができなくて、申し訳なかった」

と言いましたら、

「おまえ、何か思い違いをしていないか。
親に恩を返せたというのは人間の思い上がりや。
終生返せるもんやない。だから、親が生きていようがいまいが、
おまえが生きていく上での縁のあった周りの人たちに、
恩を一つひとつ返していきなさい」

と諭してくれました。

受けた恩を次の世代に繋いでいく恩送りの生き方こそ
私たちに必要なのかもしれませんね。


私には、結婚を望み心からお慕い申し上げた方がありました。
父も母も大反対でした。
私は何と言われようと頑強に考えを曲げず、随分と親を苦しめました。

ある時、母が私に申しました。

「春枝、あなたは間違っている。諦めなさい。
ただし、今後のことでお父さんの言われたことを言っておきます。
心して聞き、お父さんに謝りなさい」

父の言葉とは、次のようなものでした。

「私は大学時代、京都で随分勝手気ままな生活をしていた。
あの時、父は子供に裏切られ、どれほど悲しかったか。
今、しみじみと思っている。
春枝を責められない。因果とはかくなることであろう」

そう母に申したそうでした。

今回対談させていただき、
返すことなき父母の恩に涙が溢れ、それが私を人間に戻してくれそうです。
「ごめんなさい、でもありがとう」と心から伝えたいです。

2016年致知9月号「恩を送る生き方」より


いかがだったでしょうか?
今日の「心のオアシス」。

西端春枝先生は、旦那様の「西端行雄物語」作品を作らせていただいたご縁で、
親しくさせていただいています。
西端先生のお話はいつも心が洗われる思いがします。

商人伝道師には、もう両親はいませんがこのお言葉を心に刻んでいます。

みなさんもぜひ、心の片隅に刻んでいただけたら幸いです。


さて、今週ぐらいから「第20回やる気と感動の祭典」のエントリーが到着するかな????

期待してますよ。みなさん...。

そして、「今日の一言」
「人間っていうのは汚い心、きれいな心半分ずつや。
その中でも私らはきれいな心を見て生きていこうや。」
(西端春枝)



今後の売場大賞開催スケジュールのお知らせ

次回は「お盆」!

「21世紀は情報を発信した者が全ての情報を独り占めする」時代。
エントリーいただいた企業様には全エントリーが入った「特別ディスク」プレゼント!
さらに、受賞企業には「やる気と感動の祭典」参加無料チケットプレゼント!

応募締切:9月10日(土)

詳細はこちら

by akindonet | 2016-08-21 18:00 | Comments(0)