商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

イータリー トリノ本店を視察して…


やる気と感動の祭典は全国の皆さまの「エントリー」から発表者を選出しています。
やる気と感動の祭典20 発表者エントリー募集!


エントリー締切:9月3日(土)24時

「エントリーを行うぞ!」という意識を持って取り組むだけでも
モチベーションUP、結果へと繋がります。

特に第19回に参加された企業様は「必ず」エントリーお願いします!
前回学んだこと、それをエントリーという形で実践・報告ください。
実践し、エントリーするまでがやる感です。

全ての方に“チャンス”があります!
皆様のエントリーお待ちしております!


発表者エントリーに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ


締め切り間近です!
パートタイマー社員向けの
効果的募集方法&離職率改善セミナー
対象:経営者・人事総務・運営ライン責任者様
日時:8月23日(火)東京会場
   8月26日(金)大阪会場


・どんどん応募してくる“奇跡の募集方法”とは…

・「即辞め防止」&「定着率UP」できる具体的方法

・「教える先輩パートタイマー」の育成方法や現場配備の方法


▽詳しくはこちらのページへ▽
http://www.akindonet.com/seminor/ninhanseminor/




今日は朝4時30分起床。
身支度して…
ローマ国際空港へ向かう。
ローマを離れてトリノへ…。

飛行機で約1時間15分かかるんですけど…
飛行機の料金っていくらだと思います??
1人これぐらいの料金なんです。
f0070004_12054133.jpg


なんと、「一人1,400円」。
サービス料や税金の方が高い。(笑)
へたな国内旅行より割安。

ちなみに、今日宿泊するホテル。
税金サービス料込で「約18,000円」。
4人で宿泊しますので…
「1人あたり4,500円」(笑)
部屋の広さは「80㎡」ぐらい。

日本人は海外に出なくなったといいます。
でも、今はインターネットを使って
ものすごく安く海外に行ける時代です。
ぜひ、家族で行かれてみてはいかがでしょうか…。
ほんとうに安く行けますよ。




そして、今日は「イータリー トリノ本店を視察して…」について

スイスとの国境に近い「トリノ」。
観光地ではないので、日本人はほとんどいかない地。
中心街から約3kmぐらい離れた場所に「イータリー」はあります。
ファサードはこんな感じです。


f0070004_12054163.jpg

f0070004_12054261.jpg

空から見ると、ほとんどの家が「エンジ色」の屋根。
この地方の“文化”なんでしょうね。
よって、「イータリー」もエンジ色のファサード。

入り口では店内を、このように案内しています。
f0070004_12054235.jpg



f0070004_12054230.jpg

オシャレですよね。
そして、店内。
店内に入ってすぐがプロモーションコーナーだと思う。
こんな感じです。


f0070004_12054335.jpg

そして、本屋さんがあります。
なぜ、スーパーマーケットの一等地に本屋が...。
その謎が解けました。
「イータリー」はこんなコンセプトを持っているんです。
f0070004_12054474.jpg



「買い物をして」
「食べてみて」
「商品について学んで下さい」

です。

ですから、食の本がものすごく多くありました。
コンセプトと、啓蒙の大切さを学ぶ。
すごく参考になりました。
因みに、一階の店の雰囲気はこんな感じです。
f0070004_12054493.jpg

f0070004_12054531.jpg



アメリカの「ウェグマンズ」みたいな雰囲気。
というより、ウェグマンズがモデリングしたのかもしれません。
ただ、こちらはレストランやコーヒーショップ、ワインバーなど
飲食する場が10ヶ所ほどあるので…
「マルシェ」というより「一つの街」という感じです。



まずは、青果売場。
f0070004_12054581.jpg

f0070004_12121955.jpg



あまり強化していない感じですが、とてもオシャレな売場。
ローマの本店の方がアイテムが多かったです。



次に、鮮魚売場。
ものすごい品揃えでした。
f0070004_12121956.jpg

f0070004_12121921.jpg



もちろん、「レストラン併設」
f0070004_12122018.jpg





精肉売場「ドライエイジング」や「ケージフリーのたまご」
一緒に販売している。
f0070004_12122036.jpg

f0070004_12122122.jpg



さらに、「生ハム」と「チーズ」売場。
まちがいなく“世界一”の売場だと思う。
f0070004_12122164.jpg

f0070004_12122243.jpg



すごい品揃えでした。
もちろん、「レストラン併設」。



「パスタ」コーナー“生パスタ”の対面販売
f0070004_12122343.jpg

f0070004_12122342.jpg


この写真はローマ本店
その横で「ベーカリー」コーナー。
全て「スクラッチ」
f0070004_12232235.jpg



その他も“サプライズ”の連続。



しかし、地下はもっと凄かった。
まずは、ワインの「バルク販売」。
f0070004_12232390.jpg



「コトパネル」も忘れない。
f0070004_12232486.jpg



あまりにも広いので、手書きのレイアウト。
f0070004_12232413.jpg


因みに、ワイン売場はこんな感じです。
f0070004_12273449.jpg

f0070004_12273558.jpg

f0070004_12273506.jpg


こんな、ワインコーナー見たことない。
凄かった。


そして、なんと「チーズ」の貯蔵場もあった。
f0070004_12232424.jpg



バルク販売しているんです。
「なんなの、このお店―!!」
という感じ。


いかがだったでしょうか。
少しは感じをつかめましたでしょうか。


25年ぐらい前に「スチューレオナード」を見た時の衝撃。
オースティンの「ホールフーズマーケット」を見た時の衝撃、
ロチェスターの「ウェグマンズ」も衝撃的でした。
もちろん、シカゴの「イータリー」も…

それを上回る衝撃が「イータリー トリノ本店」にはありました。
スーパーマーケットとは言えない領域です。
ですから、モデリングは難しいと思います。
しかし、経営者は一度はこの「イータリー トリノ本店」を見るべきです。
「イータリー ローマ本店」が本当にちゃっちぃー感じなのですから…
「イータリーニューヨーク店」は、おもちゃみたいに感じる。

経営者の方と一緒に行きたいなーと思うのですが…
イータリー以外に見るところがない。(笑)
というより、ろくなスーパーがない。視察にならない。(泣)
どうしたらいいのかなーと悩む。
それぐらい、一度は見てほしい店なんです。

時間とお金をかけてトリノまで来てよかったです。
商人伝道師の「感性」がワンランク上がったような気がします。
「商人ねっとのアソシエイト」はぜひともつれてこようと思った店になりました。
「トリノ」
「イータリー」がなかったら、訪れることはなかっただろう。
しかし、とてもいい街でした。
f0070004_12273625.jpg

f0070004_12273737.jpg

f0070004_12273789.jpg




そして、「今日の一言」…。
「大いなる苦悩なくしては、
如何なる完成せる才能もあり得ない。」
(レオナルド・ダ・ヴィンチ)






今後の売場大賞開催スケジュールのお知らせ

次回は「お盆」!

「21世紀は情報を発信した者が全ての情報を独り占めする」時代。
エントリーいただいた企業様には全エントリーが入った「特別ディスク」プレゼント!
さらに、受賞企業には「やる気と感動の祭典」参加無料チケットプレゼント!

応募締切:9月10日(土)

詳細はこちら



by akindonet | 2016-08-13 18:00 | Comments(0)