人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「“売る”から“伝える”」時代へ

商人ねっと新番組
「商売繁盛虎の巻」X'mas・年末年始特大号
一挙14本公開!売場写真200枚以上ご紹介!
f0070004_14374480.jpg
遂に迎える最大商戦!
これまでと同じことをしていたら同じ結果しか出ない!

現在のトレンドを踏まえた最新戦略を徹底的解説!
昨年の成功事例写真も水元の解説付きでご紹介!

X'mas商戦編の視聴はコチラから
年末年始商戦編の視聴はコチラから

流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)





今日は朝5時起床。
Blogを書いて…。
サクラと軽くジョギング。
その後、筋トレ。
身支度して、小商人伝道師を学校へ送る。
そのご、ずっとレストランで原稿書き。
昼からお休みいただく。

さて、今年もあと1ヶ月あまりとなりました。
今週~来週が、今年最後の“新店Open”ラッシュですね。
みなさん、業績が良いせいか、新規出店が多い。
もちろん、既存店のリニューアルOpenも多い。
商人伝道師が携わっている方々も、なんか11月ぐらいから…
毎週どこかでOpenしている感じです。
つくづく多いなーと感じています。
成功を心より願っています。


あ、そうそう…。
「第19回やる気と感動の祭典」の“エントリーポスター”が
もうできあがりました。
早いでしょ!
素晴らしいポスターとなりました。
こういう感じです。
f0070004_18121257.jpg


作成者は「映像チーム」の工藤 恵理佳。
コンセプトは…

「イメージは“春=芽吹く”。
そして、芽が出るには豊かな土壌が大切です。
スーパーマーケットで例えるなら、
その豊かな土壌(肥やし)の一部が
“やる気と感動の祭典”であったら嬉しいなーというイメージで作りました、
土は生命の源だと思います」


だそうです。

毎回、毎回、「エントリーポスター」を作成していますが…
実はこのように毎回「コンセプト」をつくって作成しています。
こういう社員がいることを誇りにおもう。

みなさん、いかがでしょうか…
「第19回やる気と感動の祭典」のエントリーポスター。
みなさまの手元にお届けしますので、会議室などに貼っておいて下さい。




そして、今日は「“売る”から“伝える”」時代へ…。

ディスカウントやドラッグストアーなどの出店が相次ぐ中。
どの企業も「価格軸」から「商品軸」へ
マーチャンダイジングをシフトしようとしている。
これ自体はすごく良いことですが…

「商品軸」の商品を品揃えしたい!!で終わっている企業が多い。
「これでは売れないな-!」
という光景をよく目にする。

また、昨日お伺いした「山成商事」さんでもそうですが…
競合店が出店してきて“対抗”を意識するあまり、
“対抗”ばかりに目がいってしまったり…
“対抗商品”の陳列で精一杯で、本来、しっかり売り込まなければいけない
「商品軸」商品がおざなりになってしまっている。

よって、「価値を伝える」ことが全くできていない。
“対抗”時に必ず起きる現象。
そこで、みんなに申したのが…。
「売る!のでなく、伝える!ことを意識しろ!!」
買っていただけるかどうかはお客様にお任せする。
販売側としては「伝える」ことを必死に行いなさいと…。

例えば、ある「お豆腐」。
「1丁268円」もする。
「至高の◯◯トーフ」

「プライスカード」がついているだけ。
これでは「1丁48円」のトーフに価格で負ける。
でも、この「トーフ」には想いがある。

「ここの社長が結婚した当初、これから生まれてくるであろう自分の子どもに
安心して食べさせることができるトーフを作りたい。」
という強い気持ちでつくったトーフがこのトーフなんです。
こういうトーフをどんたくもお客様に食べていただきたいと思い、
品揃えしてみました。

と書いてしまったらどうだろうか…。
「想いが安さを上回る」ことができるのではないか…。

「対抗」商品を売ることにあまり力を入れず…。
こういう「想い」のある商品に力を入れる。
そうすれば「想い」に共感したお客様が「関係性」をもって
集まってくれる。
このことを昨日も伝えていた。

「安い!高い!」だけでなく…
「価値がある!」ことを伝える。
そうすれば、お客様に支持される。

「店いっぱいに、“想い”の花を咲かせなさい!!」
“想い”の甘い蜜をもとめてお客様にお越しいただけるよ…。

今、大手企業も含めて「商品軸」の商品を数多く品揃えしはじめています。
すごく良いことだと感じています。
しかし、残念ながら「品揃え」しているだけ。
「伝える」行為を行っていない。
これでは売れない。


「商品軸」での差別化のポイントは…
この「伝える」ことだと思っている。



この「POP」を見て下さい。
f0070004_1233072.jpg

f0070004_1233938.jpg


兵庫県姫路市の「ヤマダストアー」のPOP。
「売り込み」が全くない。
想いがお客様にみごとに伝わっている。
こういうPOPが店いっぱいにある。
こういうことが大事なんですよ。
みなさん…。

「伝える」


近ごろ、商人伝道師が言い続けていること、
商人伝道師が“伝えたいこと”。
伝わりましたか…。


そして、今日の一言
「100%を伝えるためには、100%の思いを込めて話をする。
しかし、実際にはその程度の思いでもあかんのやな。
思いがまだ足りん。」
(松下幸之助)

by akindonet | 2015-11-28 18:00 | Comments(0)