商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2020年までの「対応」と「対策」について…


「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」

~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

今こそ、“アメリカのスーパーマーケットの取組み”を「実感」させる時。
目で見て実感させ…
肌で体感させる…

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

あの「ガイアの夜明け」で放送されました…
(3/3放送「売れる地域スーパー!驚きの新戦略」)
「美味安心」と「とくし丸」

前回第16回において、
デリカ部門にていちやまマート様に「糖質カット弁当」を
新規事業部門にてフクヤ様に「とくし丸」の取り組みについてご発表いただきました。

これからも「やる気と感動の祭典」では、
このような「実践的」な内容が満載のセミナーとしていきます!
さらに今回第17回では、「即効性&結果にこだわる」をテーマとし、
ご参加いただいた皆様がすぐモデリングでき、すぐに結果につながる内容といたします!
ぜひご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



「第17回やる気と感動の祭典」ボランティア募集

「600名」以上の参加者を“自らリーダー”となって運営してみませんか…

また「新入社員教育」としてご活用されてみませんか…

日常の業務では体験できない“非日常”を体験することにより、
「人間力」を高めることができます。
ぜひボランティアに挑戦して下さい。

応募はこちらから





今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…。
身支度して…。
金沢へ…。
金沢でコンサルティング後、夜、帰京。

明日だったら、「北陸新幹線」開通の日に変えれたのに…。
まぁ、乗れないからよかったかもしれない。



さて、「第13回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の
参加は御検討頂いてるでしょうか…。

日本にも「新しいマーケット創造」しなければいけない時がやってきました。
今から地道にやっていかないと間に合わない。
「こんなマーケットが?!」と顕在化した時にはもう遅い。


その為には顕在化していない今こそ、“顕在化している”アメリカの
スーパーマーケットを視察し、どのように日本でその「新しいマーケット」を
創造しなければいけないのか…を学ぶ唯一のセミナーです。


ぜひ、店長やバイヤー、将来期待している社員さんを参加させてみてください。

商人伝道師と稔子・ウィルソン先生が責任を持って“新しいマーケット”に対する
対策を学ばせますので…。
心より、お申込み、お待ちしております。

f0070004_1575936.jpg

f0070004_1582788.jpg

f0070004_1584132.jpg

f0070004_1585665.jpg



そして、今日はさっそく本題へ…。


今日は「対応と対策」について…。

先週、終わりました「食品表示対策セミナー」
この字の如く「対策」セミナーでした。


普通はみなさん「食品表示対応セミナー」なんです。
食品「機能性表示」が解禁になる。

「どのような表現まで大丈夫なのか…」

「どれがNGなのか…」


のいわゆる“対応”を知りたい。
しかし、これはあくまでも“対応”なんです。


この「対応」をしたから、これからの「健康マーケット」に対する対策が出来た!!
と考えられる方が多い。
これは全く間違っていると思う。


ですから、小生からは…。

1.「日本再興戦略」から見たマーケットの可能性

2.「新しいマーケット」が誕生する理由

3.「新しいマーケット創造」の使命

4.「新しいマーケット」へ向けての対策


を話させて頂きました。
詳しくは参加された企業様の「特権」なのでシークレットです。


小生からのお話は「目から鱗…」の部分もあったと思います。
「使命感」さえ感じることがあったと思います。


しかし、ほとんどの小売業の方々は“目先”のことだけ考えて対応しようとされている。

「どこまで機能性は表示できるのか…」
この一点にフォーカスされる。
これでは、「健康マーケット」という新しいマーケットを創造することなんて100%できません。
参加された企業様は気づかれましたよね…。


これと同じことが言えるのが今回の「食品表示法」の改訂。
完全施行までの猶予期間が…。
「2020年までの5年間」
ある…。

「カロリー表示」・「添加物表示」・「主要栄養素表示」などが完全表示義務化されます。


ここでみんな関心があるのは…。
「どのように表示するのか…」
もちろんこれも大事。
しかし、みなさん。
考えてみてください。

「みなさんのお弁当や丼にカロリー表示したらどうなりますか…」

恐ろしい「カロリー」になるのではないですか…。

「添加物表示」においても、物凄い添加物を表示しなくてはいけないのではないですか…。


昨日も申し上げたのですが…。
「あなたたち惣菜の寿命はこのままいったらあと5年だよ!!」
「5年以内に“健効デリカ”へシフトしていかないと大変なことになるよ!!」

といっています。


しかし、誰も気づいていない。
そこで、「第17回 やる気と感動の祭典」ではこのことについて“提案”するのです。

「健効デリカ」

これは商人伝道師の“造語”
しかし、これからのデリカの“キーワード”と思っています。


これに本格的に取り組んでいるのは、商人伝道師が知る限り…。
静岡の「知久屋」さんと…。
山梨の「いちやまマート」さん
この2社のみ。


失礼だが、他の企業はあまり考えておられない気がする。

みなさんの惣菜の食品に「カロリー表示」する。
「添加物を多く使っている順に表示する」
「炭水化物」・「たんぱく質」・「脂質」・「ナトリウム」がどれくらい入っているかを
表示する、となった時にお客様の反応はどうなりますか…。

1日の「塩分」の適正な摂取量基準知っていますか…。
たったの5gですよ…。(WHO基準)

それを考えると、みなさんの米飯は…。
デリカは…。


考えただけで“ゾ~ッ”としませんか…。
だから、その「対策」が必要なんです。
今から…。

だから、その為には“気付き”が必要。
よって…。

「第17回 やる気と感動の祭典」のデリカ発表で、この「健効デリカ」について
“提案”します。


「第13回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」にデリカバイヤーは
できれば参加して欲しいのです。
日本の“5年後”があるからです。

こういうことを考えて…。
「やる気と感動の祭典」のデリカ部門はプログラミングしています。
「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」はプログラミングしています。


「表示」は、栄養士を採用し“カロリーアンサー”を導入すれば…。
「明日からでも表示」できます。

でも、現実は…。
「できない!!」
のです。
いや…。
「恐ろしくて‥!お客様の反応が…!!だからしたくないのです!!」

でも、問題提起しないと、この問題を先延ばしにするだけ…。
多分、何の対策もしないでしょう。


よって、物凄い“危機感”をもっている商人伝道師が…。

「第17回 やる気と感動の祭典」のデリカで“提案”させます。

「対応」と「対策」

まだまだ間違っている。
よく、小生は言います。

「戦略・戦術・戦闘」は違う。

「対応・対策・対抗」は違う。


と…。
しかし、これを一緒くたにされている企業が多い。
だから、うまくいかない。
おわかりでしょうか…。

「対策」

「やる気と感動の祭典」や「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」に参加して、
本格的に学んでみませんか…。


そして、「今日の一言」…。
「時代の流行りとは関係なく、いつの世も変わらずお客さまが望んでおられるものがあります。
それは、心からの気持ちよいサービスを得られることです。

伊藤雅俊(イトーヨーカ堂創業者)」


by akindonet | 2015-03-13 18:00 | Comments(0)