商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「視野を広げる」について



やる気と感動の祭典 16



エントリー締切まであと6日!
締切日:9月5日(金)

エントリー準備は進んでいらっしゃいますか?
スーパーはもちろんメーカー、問屋、卸…
店長、バイヤー、売場担当者、パート社員…
誰にでもエントリーの権利はあります!
行動なくして結果なし。

「エントリーを行うぞ!」という意識を持って取り組むだけでも
モチベーションUP、結果へと繋がります。

第15回に参加された企業様、「必ず」エントリーお願いします!
また、自社で“社員・パートをもっと伸ばしたい!”と思って
らっしゃる方は、是非エントリーに「挑戦」させてみてください。
挑戦させることで、人は必ず成長します。

全国のスーパーマーケット関係者の
エントリー、期待しております!

やる気と感動の祭典16 公式ページへ



f0070004_1324163.png

第12回 USA視察セミナー
(経営戦略Specialコース)




日時: 1113日(木)~19日(水)視察地: オースティンウェーコダラスボストンの4都市費用: 398,000円 (※ダントツの業界最安値!!)


競合が「価格軸」で攻めているのに、
同じ「価格軸」で対抗しようとすると
同質化競争を避けられない
「商品軸」戦略をとることが、「価格軸」の
競合に対する効果的な対策となる。

その方法は、「商品軸」と「価格軸」の企業が
“強存強栄”
しているアメリカで学べます。

「価格軸」「商品軸」それぞれの“戦略・戦術”を
自社に取り込み、“尖り”で対策するためのセミナーが
「第12回USA視察セミナー(経営戦略Specialコース)」なのです。

人数だけの確保でも構いません。
是非、参加をご検討下さい。

詳細は以下より!
第12回 USA視察セミナー(経営戦略Specialコース) 詳細
お申込み用紙はこちらから







【最新情報】
シリーズ歳事・お盆商戦編2014
主婦の店尾鷲「BY在庫ゼロへの挑戦!」



三重県南部で6店舗展開している「株式会社主婦の店」

ここで実践されているのが・・・
「毎日のバックヤード在庫ゼロの取り組み」!
その日仕入れたものはその日に売り切る!
在庫ゼロ!
欠品ゼロ!


「お盆商戦」最終日の8月17日、商人ねっとがその現場を密着取材!
いかにしてバックヤード在庫ゼロを実現させているのか
その考え方・実践方法に迫ります!

シリーズ歳事・お盆商戦編2014
主婦の店尾鷲「BY在庫ゼロへの挑戦!」
のご視聴はコチラから






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!




4時30分起床。身じたくして、またまた羽田空港。
朝7時台で北海道「女満別空港」へ…
今日から2日間、「東武」さんのコンサルティング。
3~4ヶ月に1回の割合でスタートする。
冬は行きません。(笑)
空港は、千葉社長と太田専務がお迎えに来ていただいている。
今日は、北見市の「東武イーストモール端野店」のコンサルティング。
なぜか「1日子供店長」に“小商人伝道師”が抜擢されている(笑)
f0070004_19361151.jpg

f0070004_1936888.jpg


小生は、ひたすらコンサルティング。
夕方15時終了。
その後、「中標津町」へ移動。
約2時間ぐらい移動にかかる。
北海道の広さを感じる時。
いろんなことを“元気印”の企業にお話します。


ちなみに、この「東武」さん。
秋の「USA視察セミナー」に参加されます。
このクラスの企業ですと、日本で“モデリング”できる企業が少ない。
店舗スケールからいうと、完全にアメリカサイズ。
よって、アメリカの店づくりはすごく参考になる。

というより、アメリカのスーパーマーケットを“ベンチマーク”しているから、
こんな「3000坪」「6000坪」の発想が生まれたのかもしれない。


だから、定期的な「ベンチマーク」って必要なんです



さて、「お盆商戦&土用の丑の日売場写真」はお送りいただいたでしょうか。

「お盆商戦」は自社運営だけで精一杯。
他社の視察をするなんて、全くできない。
ましてや、他県の企業なんて…


なら、「情報の共有化」しましょうというもの。

「21世紀は、情報を発信し続けたものが情報を独占できる時代」

情報を発信し、すべての企業の情報を入手しましょう。
締め切りを8/30までとしていましたが、特別に1週間ほど延長します。
みなさんの「お盆商戦&土用の丑の日」の写真をお送りしていただけること、期待しています。
詳細は…
お盆商戦&土用の丑の日売場写真大募集中!!



そして、「第16回 やる気と感動の祭典」のエントリー締切日まで、あと6日。
とうとう1週間を切りました。
ラストスパートです。
再度、申し上げます。
こういう方々のエントリーも大歓迎ですということ…

1.菓子の女性バイヤーや女性担当者で結果を変えている方。
消費増税後、“女性の感性”で売上げも、利益も出しているという方がおられたらエントリーしてほしい。
2.グロッサリーで「定番の活性化」で消費増税後、売上や利益をV字回復したバイヤーや担当者。
3.日用品、家庭用品、ドラッグ部門など、非フード部門で“人間力”や“コト力”などで消費増税後V字回復したバイヤーや担当者。(パート社員大歓迎)
4.「新しさ」と「高質さ」と「健康」などのキーワードで、デイリー(日配品)部門の売上も利益も消費増税後アップしているバイヤーや担当者。(女性やパート社員大歓迎)
5.「新しいカテゴリー」や「新商品」。もしくは「生鮮とのコラボ」での商品化で、売上も利益も伸ばしているデリカバイヤーや担当者。
6.「スイーツ」以外の新しい取り組みで、売上や利益を伸ばしているベーカリーバイヤーや担当者。
7.「肉のおどろき市」でものすごく特徴的な取組みをしているミート部門のバイヤーか担当者。
8.「肉のおどろき市」以外の取り組みで、売上も利益も大胆に伸ばしているミート部門のバイヤーや担当者&女性チーフ。
9.「丸魚マーチャンダイジング」など今までの常識とは違うとりくみで、鮮魚部門の売上、利益を大幅に伸ばしている鮮魚部門のバイヤーや担当者。
10.「産直や朝どれ」などの差別や「ニューへの挑戦で」圧倒的な独自化を果たし、売上も利益も伸ばしている青果部門のバイヤーや担当者。
11.アッと言わせる「女子力」で店の活性化や地域のコミュニティ活動に貢献している“なでしこ(女性チーム)”チームのエントリー。
12.「食育活動」でおどろくべき成果を出している“食育チーム”。
13.「レジチェッカー」の“売上げ貢献”や“サービスの最大化・差別化・独自化”を行っている“レジチェッカー”チームのエントリー。
14.競合店出店後、消費増税後、「ファイブウェイマーケティング戦略」のうち1つを尖り、1つを差別化して、売上げ、利益を伸ばしている店長のエントリー。
15.とにかく“イベント大好き!!”。管理型でなく、モチベーション型の店長のエントリー。
16.「取引き」でなく、「取組み」関係を築き、結果を変えているメーカー、問屋様。
17.「ファイブウェイマーケティング戦略」のうち、1つを尖り、1つを差別化して、スーパーマーケット企業と「取組み」関係しているメーカー、問屋様。
18.「クッキングサポート」でお客様とのコミュニケーションやメニュー提案でものすごい実績を出している女性担当者。


要するに、“ガンバッテいる人”をどんどんエントリーしてください!!ということ。
「ガンバッテいる」人を表舞台に出すこともトップの仕事ではないでしょうかね…
エントリー締切日まで、あと6日。
みなさんのエントリー、心よりお待ちしております。

第16回 やる気と感動の祭典 公式ページ



そして、今日は「視野を広げる」について…
人間はとにかく「気の合う」人間とよくからむ。
すごく居心地がよいから…
しかし、それが自分の基準アップを止めてしまうことに繋がることも少なくない。
特に、若い人たちはこのようなことがないように願う。
小生は、約10年前にあるメンターからきつく言われました。

「自分の夢を実現したければ、その夢を実現している人に近づけ!」
「自分の夢を話して、“やめとけ!”という人間とは付き合うな!!」
「クソー!負けてなるか!!と自分を奮いたたせる人間と常に付き合え!!
自分が優越感を持つ相手なら付き合うのをやめる!」

と…

そのことを聞いて、
「なんて非情な人なんだろう――」と正直思った。
しかし、“変わりたかったから…”。変われるために、“当時”非情を思うことを実行しました。
だから、その当時の「友人」はほとんどいなくなりました。
不思議なものです。
その後、自分の人生が劇的に変わってきました。
そのメンターの言われる通りでした。

「自分よりも基準の高い人間と付き合う」
「クソッー!負けている!もっと頑張らなければ…。という人間と付き合う」

これを自分の“人生の友達基準”にしています。

佐藤勝人先生しかり…
大石益代トレーナーしかり…
日野佳恵子社長しかり…

自分を常に奮い立たせてくれます。


そして、もう一つ、そのメンターから言われたことがありました。

「視野を広げる!!」

「とにかく外国に行け!色んな物を見よ!!」
「スーパーマーケットなら、アメリカのスーパーマーケットを徹底的に見に行け!
 先進国は先進国。学ぶべきところが必ずある」
「本を読め。哲学書・歴史書は特に読め!業界の本ばかり読むな!」
「芸術に触れろ!美を見て感動せざるは心が眠っているせい。芸術は感動なり。」


要するに、こういうことだと…
「器を大きくせよ!そうすればいくらでも水が入ってくるぞ!!
水と知恵は同質だ…」

と言われました。

だから、今の「若手経営者」や「将来を担う店長やバイヤー」には
「自分を奮いたたせる人脈作り」
「視野を広げて欲しい」

と願う。
商人伝道師はこれで人生を大きく変えてきました…

小生は…
別に「業界誌」に居たわけでもありません
別に「大手流通業」に居たわけでもありません
別に「名門(一流)大学」を卒業したわけでもありません
いわゆる“たたき上げ”のコンサルタント。
これも、メンターの言われた「人脈作り」「視野拡大」のおかげと感謝しています。

ですから、「やる気と感動の祭典」は…
「パートタイマー社員」さんも…
「管理職ではない社員」さんも…
経営者の方々と一緒に参加してほしいとお願いしています。
パートタイマー社員の方々は、他企業の方々との交流の場ってないですよね。
管理職ではない社員さんも、同じ立場の他企業の社員さんと交流する場なんてないですよね。
だから、そういう“交流の場”として、
「懇親会」を用意しているのです。
ちなみに、ビールは「約1000本」出ます。
ジュースも「約500本」ぐらい出ます(笑)

でも、こういう「交流の場」を提供されたパートタイマー社員さんや管理職でない社員さんはその後ガンバリますよね。
刺激になりますもん。
これこそ「人間力」ですよね。
ですから、「やる気と感動の祭典」は「懇親会」を続けているのです。
「人脈」「視野拡大」の為に…

小生が“人生を変えた”ことをみなさんと共有したいから…
こんななんのとりえのない人間でも、ここまでなれたのですから…



これは、今回の「USA視察セミナー(経営戦略Specialコース)」でも同じです。
今回、経営者の方はもちろんのこと。
「次期経営者」「将来を背負って立つ店長やバイヤー・販促担当」の参加を促しています。
「管理職以上」にターゲットを絞ったのも、「人脈作り」にこのアメリカ視察セミナーを活用してほしいと願っているからです。
おかげさまで、商人伝道師の“考え方”に賛同していただき、「経営者」の方はもちろんのこと、「次期経営者」や「若手経営者」ならびに「将来を担う店長やバイヤー・販促担当」の方々が多く申し込まれています。
しかし、まだまだ参加してほしい人がいっぱい居ます。
実践会メンバーややる感情連メンバー企業、直接コンサルティングしている企業などだけでも…

紅屋商事の秦日配バイヤー
ジャパンミート境社長
ジャパンデリカ境本部長
しまむらの島村専務
高橋商店の高橋果物バイヤー
ベニースーパーの赤津本部長
九州屋の小林社長
ヴェルジェの川島社長・川島本部長
ヤオマサの生鮮バイヤーたち
不二屋の成瀬副社長
ファミリーストアさとうの佐藤社長
三河屋のか川口商品部長
いちいの伊藤本部長以下ご兄弟
山信商店の本田部長
フレスコキクチの若手バイヤー・店長たち
ホーマス・キリンヤの南販促・食育担当
不二商事の若手バイヤーたち
ニチエーの古志店舗部長
ウシオの牛屋専務
ユアーズ・バリューの吉武専務
サングリーンの野村社長
廣甚の若手店長
知久屋の知久専務
杏林堂の若手経営陣
タイヨーの若手幹部陣
JBtoBの奥島社長や若手社員さん
リスパックの大松専務および経営幹部の方


ぱっとあげただけで、こんなにいます。
「7日間、同じ釜の飯を食べる」んです。
「24時間、一緒に過ごす」んです。
今までの「人脈」も必要です。しかし、もっともっと基準の高い「人脈作り」も必要ではないでしょうか。

今回、このような「次世代を担う人財」が参加できるように、「参加費用」もギリギリまで押さえました。
通常なら「500,000円」以上してもおかしくないです。
それを「398,000円」ですからね。
もう“破格値”ですよ(笑)

昨年、「ヤオコー東大和店」が視察の大ブームを起こしました。
多分、これは小生の「推測」ですが…。
「ヤオコー東大和店」のモデルは「ウェグマンズ」です。
その「ウェグマンズ」の最新店を視察に行くんです。
それも「プロトタイプ」「ダウンサイジングタイプ」。ボストンまで行って…
「視野を広げてもらいたい」ために…。



さて、まとめです。
みなさんは、

「自分を奮いたたせる友人がいますか…」

それとも…

「グチを言い合える友人ですか…」

どちらかで人生が大きく変わりますよ。
そして…

「視野を広げてますか…」。

“専門バカ”になってはいけませんよ。本を読んだり…、芸術に触れたり…
する必要がありますよ。
「器」を大きくすれば、その器に見合う水(知識)が入るのですから…



そして、「今日の一言」。
「私たちのまわりには、ごく僅かだが「火種のような人」がいる。
その人のそばにいると、火花がふりかかり、熱気が伝わってくる。
実は職場や仕事をグイグイ引っ張っているのはそんな人だ。」
土光 敏夫(エンジニア・実業家、東芝社長)




<追伸>
昨日、流通業専門インターネットTV「商人ねっと」でオンエアーされた
『主婦の店尾鷲「BY在庫ゼロへの挑戦!」』
これ!みなさん、すごいですよ…。

「BY在庫ゼロ」。
夢のような話を実現している企業の「考え方」や「ノウハウ」が学べる番組となっています。
ぜひ、ぜひ、ぜひ!!視聴してみてください


サンプル動画


本編はこちら!
by akindonet | 2014-08-30 18:00 | Comments(0)