商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「ローカル」について


お詫びとお礼

2014年9月18日(木)~19日(金)開催の
「第2回 店舗視察&最強ミートセミナー」
9月10日を締め切りとさせて頂いておりましたが、大変申し訳ございません。
弊社の予想をはるかに超える好評を頂きまして、締め切り前ではございますが、
定員に達したため募集を締め切らせて頂きました。
これから申し込みをされようとしておりました方々や
社内稟議中の方々に於かれましては誠に申し訳ございません。
次回、また新たな視察セミナー等の開催も計画致しておりますので、
そちらで皆様にお会いできますことをお待ち申し上げてまります。
ありがとうございました。




f0070004_1324163.png

第12回 USA視察セミナー
(経営戦略Specialコース)


日時: 
1113日(木)~19日(水)
視察地: 
オースティンウェーコダラスボストンの4都市
費用: 
398,000円 (※ダントツの業界最安値!!)

経営者の皆様へ
「価格軸」で今後進むのか…
「商品軸」で今後進むのか…

選択しなければならない時が迫ってきています。

進化するアメリカのスーパーマーケット。
明確に「軸」を打ち出し、異なる差別化尖りで勝負している。
できなかった企業は、どんどん淘汰されている…

変化の波が目の前までやってきた時、
皆様は何を選択しますか?


皆様のスーパーマーケットの未来の為に、
商人伝道師が苦心して、最高のセミナーに仕上げました。
人数だけの確保でも構いません。
是非、参加をご検討下さい。

詳細は以下より!
第12回 USA視察セミナー(経営戦略Specialコース) 詳細
お申込み用紙はこちらから





やる気と感動の祭典 16

エントリー締切まであと14日!
締切日9月5日(金)

エントリー準備進んでいらっしゃいますか?
エントリーという「実践」が、実際に多くの皆様の結果を変えています。
行動なくして結果なし。
まずはエントリーを!


今回は「関西」開催。
「関西」「中四国」「北陸」「東海」の企業のみなさん、
エントリーとても期待しています!


やる気と感動の祭典16 公式ページへ






【最新情報】
SM向け単品管理活用
paragraph① 「単品管理の基本的考え方 小売とは…」



「仕入れて、並べて、売る」
という「小売業の本質」は昔から変わらない。

重要なポイントは、
周りのお客様のニーズにあった商品を仕入れること、
わかりやすいように陳列すること、
売り込む努力をすること。


株式会社 ビリーブアップ 信田洋二氏が
小売業の本質を語る。

SM向け単品管理活用
paragraph① 「単品管理の基本的考え方 小売とは…」
のご視聴はコチラから





f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 





今日は朝5時起床。
久しぶりにジョギングする。
その後、身じたくして、東京駅へ…

今日は「スーパーマーケット実践会in東京」です。
会場は…
京橋の「TKP東京駅京橋ビジネスセンター」。
すごく素敵な会議室です。
参加企業7社。今日も各部門50名ぐらいの参加者になっています。
朝8時30分から「個別企業相談」。
朝9時30分から「セミナー」。
今日は「日配品」「グロッサリー」「デリカ」部門です。
「1部門1時間30分」
参加企業は、この「スーパーマーケット実践会」に参加するようになり、
ものすごく業績が良くなりました。

商人伝道師マジック
とみんな呼んでいますが、マジックでもなんでもない。
みんなが「実践」しているから結果は変われるのです。

毎回、こういう発表する場があります。
f0070004_14523173.jpg

f0070004_14523461.jpg

f0070004_14523938.jpg


「情報の共有化」して、どんどんお互いが基準を上げてほしいと願う。
夕方5時まで。
その後、1時間、
「個別企業相談」。
午前8時30分から夕方6時まで話しっぱなし。
楽しんでいます。

その後、浜松町へ…
ブルーチップの宮本社長や幹部の方々との打ち合わせ。
今年から「ブルーチップ様とコラボ展開」していくかもしれません。
Facebookを見ていると…
ブルーチップさんと「とくし丸」がフランチャイズ契約を結ぶ…
現在、全国で20社ほどが関心を持たれているとのこと。
すばらしいことです。
頑張ってもらいたい。
「とくし丸」と「ブルーチップ」さんの出会いは、今年の「新春特別セミナー」だったのですから…

しかし、近頃、なんだかわからないぐらい動いています。
そして、楽しんでいます(笑)



さて、みなさん!!
この「商人伝道師一日一言」のBlogのデザインを一新してみました。
いかがでしょうか…
「第15回 やる気と感動の祭典」で、日野佳恵子さんから「男!男!だ~!!」と言われたので…
ちょっと「女性」らしい、やわらかいデザインにしてみました(笑)
イメージ的にどうでしょうか…。
なんか「商人伝道師っぽくない…」という声が聞こえてきますが…
ちょっと続けていこうと思います(笑)
「優しい感じ」のBlogとして、内容も優しくしていきます(笑)



そして、今日は「ローカル」について…。
昨日の「東北勉強会」でも…
今日の「スーパーマーケット実践会in東京」でも…
この「ローカル」について、話しました。

「地方のスーパーマーケットの“商品”による“尖り”の一つのキーワードが“ローカル”である」と…
しかし、みんなこれを「履き違えて」解釈する。

というのも、「ローカル = 地元のメーカーや商品を品揃えする」ことと考えているから…。
これは間違いです。
みなさんがたも、そう思っていた…???
それは間違いですからね。
「ローカル戦略」とは、そんなに生易しいものではないのです。
「ローカルだからできること」を考えること。
お店や本部(センター)に近いからできることってあるよね…ということ。

例えば…
店や本部に近いから、今日の朝作ったばかりの商品を販売できるのではないか…
菓子のつくりたて。揚げ物(天ぷら)のつくりたて。朝びきの鶏など…
遠ければ出来ないことを近いからできるようにすることこそ、「ローカル」なんです。


また、近いからこそ、「バルク(バラ)」で仕入れることも可能。
それを「自社」の“値ごろ”で販売できるような量目に変更して
“売れて儲かる商品”にして、売り込む。

これも「ローカル」だからできること。
そうすることにより、「値ごろ」が出て、なおかつ値ごろがあるから量が売れる。
量が売れるということは、地元のメーカーさんも喜ぶということ。
もちろんお客様も喜んでいただけるし、販売側も儲かる。
そうです。
「三方良し」が実現できますよね…。


さらに、地元に人気の有名店の商品の品揃えを強化する。
もちろん、有名店ですから、センターまで持ってきてくれません。
自ら取りに行かねばなりません。
だから、大手は行いませんよね。
自ら取りに行って、自ら掘り分けたり、配送したりする。
「チェーンストアー理論」からいったら、タブーですよね。
タブーだからこそ、「差別化」になるのです。


こういうことを行うことが、「ローカル戦略」なのです。
ローカルの商品をかたっぱしから品揃えすることではありません。
しかし、この「ローカル戦略」を
自社のものにしたら大きな戦力になりますよね。

地元という信頼感
地元という安心感
地元という愛情の芽生え
地元という応援の心


は確実に消費者は感じるはずです。
そうです。
「サスティナブル戦略」そのものなのです。
これを徹底的に推し進めようと考えています。
なぜなら、十分に商品での“尖り”になりうるからです。
昨日もこのBlogで書きましたですよね…

「価格軸」を目指すか…
「商品軸」を目指すか…


この「商品軸」の一つの柱が「ローカル」だと思っているからです。
しかし、まだまだ「地元の商品やメーカー」を品揃えしているだけで満足している。
ですから、昨日も“カミナリ”が小生から落ちる。
「ローカルって、そんなに簡単なモノではないんだよー!!」と。

「ローカルは、足で稼いで、頭を下げて入れてもらう」
「こんな『地道なこと』をして、育てていくものなの。」
「“最強の戦略”と思って、とことんやってみろ!!」


とハッパをかける。
必ず「最強の切り札」となる。

「ローカル戦略」。

これを学べるのが…
「第12回 USA視察セミナー(経営戦略Specialコース)」です。
日本に実際に行っている企業がないから、アメリカまで学びに行く。
わからなければ、今回の「第12回 USA視察セミナー(経営戦略Specialコース)」に参加すべきと思うのだが…
そこまで「本気」に考えてないか…(笑)
本気でこの「ローカル戦略」を行ってほしいと願っているのは他でもない…
この「商人伝道師」である。
「ローカル戦略」を“本気”で自社のものにしてほしい!!と願っている。
今日は小生が密かに“最強の戦略”の一つと考えている「ローカル戦略」についてでした。



そして、今日の一言。
「あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、諦めずに頑張れば、うまく行くのです。そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう」
ヘレン・ケラー

by akindonet | 2014-08-22 18:00 | Comments(0)