商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

エントリー企業様のご紹介…「ウシオ」さん、「丸正小室」さん、「高橋商店」さん



「生き残りへの道」

「第12回 やる気と感動の祭典」のテーマ。
本気で“生き残り”のヒントを学びたい企業や人間は参加すべし!
そのヒントがこの“セミナー”の中にあります。

詳細はコチラ



ボランティアスタッフも募集しています!

沢山の「やる気」と「感動」が待っています。
「新入社員研修」にも最適です。



ボランティア募集はこちらから!


「行動こそ真実!!」
皆様の御参加を心よりお待ちしております。

デリカ部門発表の御紹介

発表者
株式会社東武
商品部長 大沼 彰弘様




販促・MDブルーオーシャンセミナー開催のお知らせ

今回のコンセプトは
「絶対ヒットするアップトレンド商品展開と販促事例提案!」

・商人伝道師こと水元均による、現場の実践から生まれた
 必ず売れる売場展開・商品展開の方法
・株式会社アットテーブル様による、POSデータや食卓動向といった
 データベースを活用してトレンドに落としこむ方法

をお教え致します。

データが価値を持っていた時代は既に去り、
データを“活用”する時代へと変遷を遂げる…
日々進化するニーズに対応するためのデータ活用術を
知りたい方必見の内容となっています!


対象:経営者・販促担当者・商品部長・各部門バイヤー様向け
日程:2012年10月11日(水)10:00~17:00(予定)
場所:東京都内
↓詳細はこちら↓
http://akindonet.com/seminor/trendseminor/




今日は朝4時起床。
Blogを書いて‥
原稿修正して…
羽田空港へ。
今日から四国。
急に涼しくなり体表を崩しそうになる。
こういう時こそ「~不足」はダメですよね。
注意していきましょうね。

さて、今日も「第12回やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介です。
今日は3社。
まずは好調を維持している「ウシオ(グッディー)」さん。

果物部門
f0070004_15113616.jpg

f0070004_15114938.jpg

f0070004_151223.jpg

f0070004_15121392.jpg

計画の作り方がすごくうまくなりました。
よって「結果」も大きく変わっている。

野菜部門
f0070004_1512454.jpg

f0070004_15125730.jpg

f0070004_1513731.jpg

f0070004_15131635.jpg


「販売シュミレーション」を元にしての売り場展開。
これからのキーワードである「仮設計画」がうまくなりました。

鮮魚部門

f0070004_15134196.jpg

f0070004_15135316.jpg

f0070004_1514714.jpg


で寿司カテゴリー「昨対比143.7%」

すごい!

f0070004_15141972.jpg

f0070004_15143065.jpg


「手巻き寿司種セット」や、なんと「鮭児1尾35.000円」の販売。
こういうことに挑戦しているので…
「昨対比107.1%」達成。
「鮮魚部門」の発表者に前日までしようと思った。
それぐらい素晴らしい取り組みでした。

和日配部門

f0070004_15144976.jpg

f0070004_1515140.jpg

f0070004_15151216.jpg


新米のバイヤー
まだ何がなんだかわからない状態でも頑張っている。
いや、何もわからないからいいのかもしれない。
そして、洋日配部門

f0070004_15162082.jpg

f0070004_15163278.jpg


この企業は「地元スイーツ、和菓子屋」さんとのコラボを徹底する。
ですから、「ハレの日」はものすごい集客をする。
そして、「食品部門」「菓子部門」

f0070004_15293525.jpg

f0070004_151787.jpg

f0070004_15172016.jpg

f0070004_15173281.jpg


「計画」に基づいた売場づくり。
それも、「仮設計画」。
これからのキーワード。
よくできていると思います。
f0070004_15295618.jpg

f0070004_151879.jpg

f0070004_15181891.jpg


この部門も同じ。
皆さんおわかりですか…。
この企業がなぜ業績を上げ続けているか…

それは「販売計画」でなく「販売シュミレーション」を基準としているからです。

それによって、“圧倒的な結果”を叩き出している。
これがポイントです。

この他にも「店長部門」があるのですが、それは後日…。

でも、何かが足りない。
今回、発表する企業と何かが…。

それ「第12回やる気と感動の祭典」にあります。

今までの色んな“膿”が吹き出してきたウシオさん。
「第2の創業」と思い、ここで「第12回やる気と感動の祭典」に皆で参加し、
モチベーションアップしてみてはいかがでしょうか。

「外部の刺激」に触れる。
社内での盛り上げりはあるが、なんか「井の中の蛙」になるような…。

今、この企業が大切にしなければいけないこと。
それは、“更なる基準アップ!!”です。

次は「丸正小室」さん。

f0070004_15334395.jpg

f0070004_15341222.jpg

f0070004_15342446.jpg


しっかりと、「ステーキまつり」のモデリングしている。
これも「第11回やる気と感動の祭典」に参加しないとなかったこと。
大きいですよね。

f0070004_1534419.jpg

f0070004_23543241.jpg

f0070004_1535888.jpg

f0070004_15352327.jpg

f0070004_15353817.jpg

すごく、良い取り組みをしていますね。
こういう取り組みも、全て「やる気と感動の祭典」に参加しているから…。
今、「丸正グループ」は、「総本店」を中心に変わろうとしている。

ここで、「丸正グループ」全体で「第12回やる気と感動の祭典」に参加されると…
「名門復活」
となるのだが…

どうなるんでしょうね。
“真剣さ!!”が問われる「第12回やる気と感動の祭典」への参加。

一時のブームで終わるか…。
それとも、これを「きっかけ」にするか…

丸正グループの本気度が試される時だと思う。


期待してます。

最後は、「高橋商店(T-MART)」さん。
まずは、青果部門

f0070004_15363540.jpg

f0070004_15371963.jpg

f0070004_153732100.jpg

f0070004_15374541.jpg


すごく良い感じ。すごく成長してきています。
そして、鮮魚部門

f0070004_1538896.jpg

f0070004_15382062.jpg


まだまだ…。“挑戦”が弱い。
さらに、精肉部門

f0070004_15384031.jpg

f0070004_15385281.jpg

f0070004_15391228.jpg


ものすごく伸びてきている部門。
本当に、変わってきたと思う。

そして、惣菜・寿司部門

f0070004_15395295.jpg

f0070004_1540104.jpg


なんとか、前年比「100.3%」達成。

f0070004_15405276.jpg

f0070004_1541432.jpg


あと少し。
結果はあとでついてくる。
最後に、日配・グロッサリー部門

f0070004_1541271.jpg

f0070004_15414390.jpg

f0070004_15415730.jpg


よくなってきています。
この企業は1店舗しかありません。
しかし、千葉県ではかなり有名なお店。

その企業が、「スーパーマーケット実践会」参加後、どんどん成長してきている。
多分、あと1~2年くらいすると、「激戦区市原での台風の目」となるかもしれない。

「しまむら」さんより早く「やる気と感動の祭典」の舞台には、
この企業が立つと思っていたのですが…
やはり、何かが足りないんです。

「第12回やる気と感動の祭典」に、ぜひその“何か?”を発見しにきて下さい。
すごく成長している企業。
すごく楽しみな企業。
だから、この“成長”を止めないで欲しい。
そう願う。

今日も3社紹介しました。
いたるところで、「第11回やる気と感動の祭典」のモデリングをされています。
そして、大きく売上げを伸ばしています。

「費用対効果」バツグンですよね。
「商売のヒント」がたくさんあります。
それを知ることができるだけでも参加する価値があります。


特に、今回は、「即!実践!!」できるものばかり。
参加しないと“大損”することばかり。

「売れないな~!」と悩まれている企業には是非参加してもらいたい。
しかし、そのように悩まれている企業ほど参加しない。
不思議なものです。(笑)

皆さんのご参加期待しています。

そして、「今日の一言」…

誰かに「ダメだ」と言われたとしても、それは最初の一歩にすぎない。
習得しなければならないのは、その「ダメだ」と言うことばに打ち勝つことだ。

(海軍士官)


<追伸>

f0070004_18144382.jpg


「第12回やる気と感動の祭典」のボランティアに応募してみませんか?!

やる気と感動の祭典に参加されるボランティアは皆「基準の高い」人達ばかり。
そんな基準の高い人達に触れるだけでも、得られるものがあるのではないでしょうか。

「自らプレッシャーのかかる場所に飛び込む」には、もの凄く勇気がいる。
しかし、やる気と感動の祭典のボランティアを
やり遂げたという経験は後々大きな自信に変わる。

1000人弱のセミナーの運営に携わる経験は普通なかなかできません。
あなたも、そんな感動を与えられる側の人になりませんか?

自薦、他薦は問いません!
私、水元均があなたの、社員様の、成長を約束いたします!


詳しくは以下を御覧ください。


ボランティア応募はこちらから!

by akindonet | 2012-09-24 18:00 | Comments(0)