商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

キュレーションについて考える

第2回GW~子供の日~母の日売場大賞」のお知らせ


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」

という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。y
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!

締切まであと3日

詳細はこちらから



今週のおすすめ情報

新着動画

ライフ・ウェザーMD入門
第10回 「秋たけなわ期の商売」

旬の食材が多く出回り、特別に何かしなくても売上は上がっていくこの時期。
企画・提案力が欠けてしまいがちなこの季節の売場展開はとても重要である。

ポイントはお客様の体の状態から起こる顧客心理。
この季節にお客様が何を感じているのかを学び、
それに合わせたイベント展開をすることがとても大切になってくる。



今月のセミナー案内
鮮魚セミナーは大好評につき満席となりました!

惣菜部門特別公開セミナー
対象:店長・惣菜担当者・惣菜バイヤー様
日時:7月21日
場所:東京都内
コラボレーションセミナー第2段!
商人伝道師と成田廣文先生のコラボレーションセミナー!!
秋商戦に向けての考え方と商品化提案について…。
3つのノウリョクで人間力アップ!

▽詳しくはこちらのページへ▽
http://www.akindonet.com/seminor/souzaiseminor/



今日は、朝4時40分起床。

Blogを書いて…。
鮮魚セミナーのP.P.をつくって…。
羽田空港へ・・。

今日から四国。


日曜日は、久しぶりにゆっくりしたのですごくリフレッシュ出来ました。
ちょっと、リフレッシュしすぎました。

休みをちょっと無駄に過ごした感じです(笑)

まぁ、そういう時も必要かもしれません。


ところで、「第2回売場大賞」のエントリーまで、あと3日

今回は、「GW~こどもの日、母の日」です。


審査対象は…。

売場づくり大賞
商品化大賞
POP大賞
第2回最優秀売場大賞


の4つの大賞を選びます。


企業レベルではなく、個人レベルでのエントリーも可能です。

どなたでも自由にエントリーできるということです。

自由にです。


ですから、どんどん自分の実力を試してみてください。
エントリー、心よりお待ちしています。

詳細はこちらから




さて、今日は「キュレーション」について…。

よく、小生は「キュレーション」という言葉を使いますよね。

「キュレーション」とは、「イノベーション」と違い、
今あるもの、今あること、既存のモノや仕組みの組合せを変えることによって、
全く新しい価値を創造していくことなんですね。


「イノベーション」とは、
今までなかったものを創造することと解釈していいと思うんですね。


例えば、今までの「キュレーション」の例としては…。

まずは、青果部門の「生産者直売コーナー」

これは、「キュレーション」の最たるもの。


今までは、小売業は市場や生産者から仕入れて、
自ら管理し、売価をつけるというのが常識だったわけです。

それを、生産者自ら商品を陳列し、管理し、売価までつける。
ただし、「一日販売」

残ったら、持って帰ってもらう。

なぜなら、「鮮度を保つ」ことが「生産者直売コーナー」を
維持し続けるポイントだからですよね。


この「組合せ」を変えたことによって、
お客様も地元の鮮度のよい野菜や果物を買うことができ、
生産者も直接販売することにより、より収入が増え、小売側も集客力につながった。


いわゆる「三方良し」の関係になった。


そして、惣菜の「デリカ」化
いわゆる「シェフ」」の採用及び活用

今までのスーパーマーケットの「惣菜」は、“家庭の味”。
いわゆるお客様の「手間」を売っていた。

それが、“外食メニューの内食化”という発想で、
他社との違いをだそうとした。

それも、「エンターテイメント」付きで…。

これが、お客様の「多様化」とピッタリとマッチングして大ヒットした。

この流れは、どんどん進んでいくと思う。


「イーターテイメント」化です。
この分野は、まだまだ「キュレーション」してくると思います。


まだまだありますが…。

これからの「キュレーション」てなにかなー?!
と、考えたんですね。

例えばこんなこと。

ひとつは「女性の活用」

「男性=管理者・仕事従事者」
「女性=労働者・作業従事者」


の関係を壊した企業が新しい価値観を生み出すでしょうね。

女性の多様化・感性などを店づくりに
活かしていくと、ものすごい「キュレーション」が起こるような気がします。

2つ目が、「調剤薬局」とのコラボ。

アメリカの「Food and Drug」のように、
これから調剤薬局を併設する店舗が増えてくると思います。

ただし、大きなネックは「薬剤師」不足
ここさえクリアーすればニーズは山ほどありますもんね。

3つ目が「NPO」などとのコラボ&アライアンス

「非営利団体」や「福祉事業団体」とのコラボです。


先日、「CDオーディオセミナー」で石田渉さんにインタビューしたんです。

その中で、「知的障がい者」・「身体障がい者」に認定されている人って、
何人おられると思いますか…。


みなさん、なんと「700万人」ですって。

日本人口って、約1億2000万人ですよね。

「約6%」ですよ。


そして、どんどん増えてきているということなんです。

ますます今のままだと、国の負担が大きくなる。

そこで、「自立」支援が必要だと思うんです。


その受け皿にスーパーマーケットや小売業がなっていけばよいと思うんです。

今、小生が奨励している「エコプラザ」なんて最高だと思います。


ちなみに、「障がい者」の施設での「月給」平均って
どれくらいだと思いますか…。

小生、びっくりしました。

何と…。
「3,000円/月」だそうです。

信じられない。


その中で、「エコプラザ」の先駆者である三重の「みどりの会」のみなさんは、
今、平均「10,000円/月」にまでアップしているそうです。

もっと、このNPOや福祉事業団体とコラボしていければ、
「社会貢献」になると思いませんか?


などなど…。


いろんな「キュレーション」が考えられます。

「CDオーディオセミナー」で、
石田さんとお話させて頂いて思ったことは…。

「無知ってダメなこと」なんだと…。

障がい者がこんなにおられるんだ…。
月給3000円…??


そう考えたときに、「社会貢献」ができて、
障害者の方の自立を支援できるしくみやコラボを
考えていくべきだと思ったんです。

まだまだ、知らないことっていっぱいある。

もっともっと、「アンテナ」を張って、「キュレーション」をおこしていきたい。

そう思う、今日この頃です。



そして、今日の一言…。

ミネルバの梟は黄昏に飛ぶ

(ヘーゲルの言葉)

by akindonet | 2012-05-28 18:00 | Comments(0)