商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「復興」の現状

第2回GW~子供の日~母の日売場大賞」のお知らせ


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」

という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。y
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!

締切まであと6日

詳細はこちらから



今週のおすすめ情報

新着動画

五感マーチャンダイジング VMD講座
第4回 色の仕組み

4回目となる今回は「色」についてさらに詳しく学んでいく。
同じ「赤」でもパプリカの赤やトマトの赤、リンゴの赤と呼ぶように
「赤色」にも様々な「赤」が存在する。

これらの「色」の違いを仕組から理解していくことで、色同士の関係や
その活用の仕方までを理論的に理解する。



今月のセミナー案内
鮮魚セミナーは大好評につき満席となりました!

惣菜部門特別公開セミナー
対象:店長・惣菜担当者・惣菜バイヤー様
日時:7月21日
場所:東京都内
コラボレーションセミナー第2段!
商人伝道師と成田廣文先生のコラボレーションセミナー!!
秋商戦に向けての考え方と商品化提案について…。
3つのノウリョクで人間力アップ!

▽詳しくはこちらのページへ▽
http://www.akindonet.com/seminor/souzaiseminor/



今日は朝4時30分起床。
シャワーして…。身支度して…。
新横浜駅へ…。
朝一番の新幹線で、兵庫県へ…。
なんか、健康的な生活なのか…。無茶な生活なのか…。
分からなくなります。(笑)
ただ、言えることは、朝早い日の前日は、絶対にお酒など深酒できないから…。
健康的なんでしょうね…。

新幹線の中は、ひたすら、6月2日の「鮮魚セミナー」のP.P.づくり。

今回の「鮮魚部門特別公開セミナー」
予想以上の反響で、締切日前に満席となりました。
やはり、それほど鮮魚に悩む企業様が多いということ。

参加して下さる方に、より多くの気づきを与えることができるように…。
頑張っています!!



そして、7月21日。とうとう日程が決まりました。
「惣菜部門特別公開セミナー」
今回は、なんと「3名」のセミナー講師の発表
まずは、小生…。
そして、「成田廣文」先生。
地方のスーパーマーケットの救世主的存在。
「売れる惣菜」をどんどんつくりあげておられる先生。
もちろん、今回も「実技」「実践」があります。
そして、今回の特別講師として…


f0070004_17335610.jpg


「石川勝敏」先生に話してもらいます。
「生気象学」の第一人者。
昨日、紹介した「セブン&アイ」の鈴木敏文会長のF.F.の切り口は
この「生気象学」からきているといわれています。
デリカのバイヤーさんにぜひ聴かせたい講演です。

「目からウロコ…」
の内容になるはずです。
「へぇ~」とか「なるほど~」とか「そうなんだ~」ということが続出します。
だって、小生が石川勝敏先生と出会って、商品に対する考え方がガラッと変わり
ましたから…。
ですから、ぜひ、参加してみて下さい。

ところで、今日は、「復興」の現状について…。
昨日、南相馬に行ってきました。
「東北勉強会」で、「フレスコキクチ東原町」店がクリニック店舗になったため。

南相馬。
正常化した町のなかで、一番「福島第一原発」に近い町。
その中でも、「フレスコキクチ東原町」店は、まだまだ立ち入ってはいけない地域から数kmのところにある。
最も「福島第一原発」に近いスーパーマーケットかもしれない。
南?西?の方面は、まるっきり人は住んでいません。
海岸沿は、津波でほとんどの家が流されてしまった。
そんな中、昨年、震災後(3.11)、再開したのが5月だったかな…6月だったかな…。
その時の前年比だけは忘れません。再開した月は忘れても…

「前年比45%」

どうなるんだろうと思いました。正直…
「フラッグシップ」店舗が昨年比45%。
「うーん、苦しいなー」と思ってました。
でも、その時の救いは、社員さんがみな明るかったこと、元気だったこと

「これなら、大丈夫!!」
と確信がもてた時でした。
しかし、「震災前までには戻らないだろうなー」と思ってました。
これは、菊地社長、も同じ答えでした。
それが、どんどん売上げが増えてきたんです。
そして、5月。今月!!

「震災前の売上げに到達しそうです。」

いや、今、人員不足で「インストアーベーカリー」をやっていませんので…
「震災前の売上げを超えそうです。」
すごいでしょ。みなさん。
ほんとうによくがんばっています。
人口は、3万人以上いなくなりました。
子供たちは、6割しか帰ってきていません。仕方ないかもしれないけど…。
00そして、何より深刻なこと。
それは、「労働人口」が震災前の50%
しかないことです。
要するに、南相馬市は、おじいちゃん、おばあちゃんは住んでいるけど、若い方々は
南相馬を出ていってしまったということです。
また、今までの大商圏だった浪江町などからはもちろん一人も来ません。
住めないのですから…。

そんな中で、震災前の売上げにもどす。
すごいことです。
「年商23億円」ペースにもどしてきました。
そして、南相馬市の「北町店」やとなりの鹿島店」も絶好調。
「2ケタ増」
の勢いです。
ただし、深刻な問題が…

働いて頂いてくれる方がいない。
なんてったって、労働人口50%減ですから…。
ですから、週1回の「定休日」をとるしかない。
そんな中での「震災前」の売上げにもどした。
みなさん、考えられますか…。
まったく環境が変わっていない中で、売上げを落としている企業が多い中…。
売上げをのばしてきている。
特に、「南相馬」は特別です。
津波の被害だけでなく、「福島第一原発」の放射能の問題がダブルでおそい
かかってきている。
にもかかわらず、調子がよい。

その秘密は…

「明るさ!」「元気!」「前向き!」

だと思う。
震災前の70%の社員数で、売上げは同じ。または2ケタアップ。
普通なら、へとへとになって・・・。
「明るさ」も…「元気」も…「前向き」も…なくなる。
しかし、そんな中、売場の「メンテナンス」力が落ちてきたので…

菊地社長の「愛のムチ」!!

小生の「クリニック店舗」に急遽変更される。

相楽店長、ものすごくあわてたらしい。社長の話では…。
「鬼よりこわい」ですからね…。(笑)キクチさんにおいて小生は…。

今回は、その割にはしっかり売場が出来てました。
「いやみ」をたらたら、小生から言われ続けながらのクリニックでしたけどね…。
ねえ、相楽店長!!


しかし、嬉しい。

1年前までは、もう二度とコンサルティングなどできないと思ってましたから…。
もう二度と、彼ら…、彼女ら…と会えないと覚悟してましたから…


こんなに早く復興するとは、思ってもいませんでした。
ほんとうに夢のようです。

あの2011.3.11.では小生が直接、携わっている企業様が甚大なる被害を受けました。
キクチさんだけでなく、気仙沼の「駅前ストアー」さんや大船渡の「アマタケ」さん、
「ホーマス・キリンヤ」さんもそうです。
みんな「不屈の精神」で復興しました。

昨日の夜、新幹線の中、ビールをのみながら、「自分はまだまだ甘いなー」
と猛省した次第です。(まだまだビールをのみながら反省してはダメですね)

「安定してしまったら、人生に負ける。」

これは将棋の米長邦雄先生の言葉。

なぜか、「フレスコキクチ東原町」店をクリニックして、自分に対し、叫んだ
言葉がこれでした。
南相馬に行ってよかった。
また、がんばろうという気持ちになった。

そして、「今日の一言」…
運命はその人の性格の中にあり。(芥川龍之介 作家)

Commented by さんすい at 2012-05-26 19:00 x
頭が下がる話しでした 今年は夏には東北に行きますやっとですが・・・
by akindonet | 2012-05-25 18:00 | Comments(1)