商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「安さ」について…

今週のおすすめ情報

新着動画

ライフ・ウェザーMD入門
第9回 「初秋・からだの冬支度」

8月の下旬というと、まだ残暑が厳しい時期。
夏の商品を積極的に売ろうとしがちになる。

しかし、実際その時期のお客様のニーズは…
キーワードは「秋を感じる気温」

初秋のからだのニーズに合わせた商売の秘訣を
石川勝敏氏が徹底的に解説していく。


今月のセミナー案内
【鮮魚部門特別公開セミナー】
対象:店長・鮮魚担当者・鮮魚バイヤー様
日時:6月2日
場所:未定(東京都内)
商人伝道師と堀内幹夫先生のコラボレーションセミナーを開催します。
今までになかった、「イノベーションセミナー」。
鮮魚部門の売上げ不振にお悩みの企業様は是非ご参加を…。

▽詳しくはこちらのページへ▽
http://www.akindonet.com/seminor/sengyoseminor/





「第2回GW~子供の日~母の日売場大賞」のお知らせ

小売業に携わる皆様全員が対象。
「やる気」と「執念」を表現するべし!

詳細はこちらから







今日は朝5時30分起床。

ブログを書いて…
原稿を書いて…
ジョギングして…

「商売繁盛虎の巻」の撮影。
f0070004_1653877.jpg


今回は「7月号」。
「土用の丑の日」特集もあります。

この「虎の巻」は“ブルーオーシャン戦略”
を行う為に作られている番組。

ブルーオーシャン戦略を実行する為の“バイブル”
にしたいと思い、毎月収録している。

是非、参考にしてもらいたい。
たぶん午後3時くらいに終了…。
その後、打ち合せ。
そして、早めの帰宅をする…。


ところで、今日は「安さ」について…
昨日石川の「山成商事」さんのコンサルティング。
今年秋、新店をまた出される。
そこの市場調査した。

すると、とんでもないチラシを出している企業があった。
こんなチラシです。

f0070004_168593.jpg



「炎の祭10(テン)」というタイトル。

「1円均一」
「10円均一」
「100円均一」



次の日が
「38円均一」
「68円均一」。


f0070004_16103765.jpg


そして
「5円均一」
「50円均一」
「500円均一」。


そして、もうここで気づかれましたよね…。

f0070004_16114061.jpg


「税抜き価格」。

「税込み価格」を小さく書いている。


「教育的指導!!」

そして「250円弁当」。


f0070004_16124687.jpg


全て「250円」。

まあ、「トライアル」さんの「198円弁当」を見ているので、驚きなし!!
こんなチラシを2店舗しか運営していない企業が行っている。

タイトルを見ると、あるコンサルタントの先生が指導している事がわかる。
「また、こんな事をさせて…」
というのが小生の感想。

「安く売るシステム」のない…
いわゆる“バッタ商売”

店内を拝見させて頂いたら…

「定番なし!!」
「ゴンドラなし!!」
「箱積み!!」
のみ

だから、「20億円」ぐらい売れる客数を集客しながら…
「8億円~10億円」ぐらいしか売れない。

そして…

全部、特売価格だから、「薄利」商品ばかり…。
「ニッチマーケット」として生き残っていくかもしれませんが…

近くに「フルライン」の品揃えをして、「EDLP」を
しっかりと行ったスーパーマーケットが出店すると苦しい。

「1~2年は何とかなるが、それ以上は無理」。
だと思う。

今、全国にこの1~2店舗で、
こういう戦略をとっている企業をよく見かける。

しかし、こんな「チラシ」を打つわけですから、
最初はインパクトがあり集客できる。

しかし、それ以上のモノは何もない。
よって、さらに「薄利」にして、集客し続けるか…
それとも・・・・・・。


こんなチラシを見ると小生、悲しくなる。

というのも、亡くなった両親が行っていたやり方が
これと全く同じだったからです。

「この経営者には子供さんがおられるんだろうな…。」
「このディスカウントは行く末はどうなるんだろう…。」
「誰が幸せになるんだろうか…。」と…。

指導されているコンサルタントの先生がおられたら申し上げたい。
「その家族の幸せを考えて指導されていますか…!?」
って…。


小生はこの様な「薄利多売」の方法で、
破綻した自分の両親を目のあたりに見ています。

小生も「連帯保証人」で20代で多額の借金を抱えました。

ですから、このような「チラシ」や「店作り」を見ると、
ゾーーーっとします。

「まだやっているんだー」って。
このような商売は、もうこれから通用しなくなっていく事は「火を見るより明らか!!」

小生は「儲け」に対して、すごく厳しく言いますよね…
「儲けろ!!」って…

「正しき商人に誇りを持て!」

という言葉があるのに…

「損して儲けろ!!」
という言葉もこの業界にはある。
不思議な業界である・・・・。

集客で、お客様にお越しいただくために、目玉商品を出す。
これはありです。

しかし、
それしかない!!
は、なしですよね…。

昨日も書きましたが、
「切り口」や「考え方」、「見える化」などして…

「売れて儲かる商品」を徹底的に売り込んで、お客様より利益を頂く。

これって・・・
「正しき商人に誇りを持て!!」
ってことですよね。

小生の「ブルーオーシャン戦略」の根底はここにあります。


なぜ…
「スーパーマーケットは粗利益率が20%そこそこなんだ…!!」

もっと、
「考える力」や「提案する力」、「付加価値を高める技術力」
もって利益を生み出してもいいんじゃないか…

それこそ…
「正しき商人に誇りを持て!」
だと思う。

さすがに、このようなチラシを見ると悲しくなる。
「亡くなったオヤジとオフクロの顔を思い出す」
から…。

どこかでうまく「ソフトランディング」してほしいと願いながら…。

しかし、日本は資本主義社会。
お手伝いしている企業が出店する。

容赦なく「競争の戦略」を山成商事さんには伝授しました。
今日は、今なお続く小規模企業の「ディスカウント」の現状についてでした…。


そして「今日の一言」…

「未完の仕事に永久にしがみついているほど疲れることはない。」

(ウィリアム・ジェームズ)

by akindonet | 2012-05-12 18:00 | Comments(0)