人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

来年のキーワード



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック


今日から四国へ…
「X'masウィーク」に突入しましたね。
今週末の「X'mas3連休」が今年の12月商戦を決めると言っても過言ではない。
それぐらい重要な「X'mas3連休」
「段取り8割」
といいます。

準備へ計画を怠らないことです。
絶対に…
そして…
成功して「第1回X'mas~年末商戦売場大賞」にエントリーしましょう。
皆さんの沢山のエントリーをお待ちしております。

今日は、来年のキーワードについて…
来年は今年以上に「賢約消費」が進むと思うんです。
いわゆる「賢い買物」になる。
「安ければ売れる」時代ではないということ。
ましては、来年も「団塊世代」の大量のリタイア(定年退職)が発生する。
ますます「賢約消費」って進んでくると思うのです。
では、その賢約消費の対応を、「今年のX'mas~年末商戦」を例にして話してみたい。

まずは、「量目」
昨日も、文化堂さんのコンサルティングで申したのね…。
「X'mas前は、イチゴが1P500円以上の売価になるかもよ。」
「その時の対応はどうするの・・・・」
「値入れを落とす・・・?!それも一つの対応かもね。
でも、小生は”小容量”の展開し、値ごろ感を出すことをした方がよいよ。」

という、当たり前のことを言いました。(笑)
でも、この当たり前ができなくなっている。

今、コンビニエンスストアーのサラダなどのおかずの量目は、「1P80g以下」
しかし、スーパーマーケットは単価を上げたいので、「1P150g以上」
よって、コンビニエンスストアーの惣菜は絶好調
スーパーマーケットの惣菜は低迷。
このことからも「量目」って大切だよね。

「1山3切の盛り合わせ」
が、爆発的にヒットしている。
これが量目。

だから、イチゴが1P500円を超える売価になりそうになったら…
そのイチゴと同じ売価帯で「イチゴ入りカットフルーツセット」を作る。
「イチゴ1P買いますか?それとも、イチゴ入りカットフルーツセット買いますか?」ってね。

そうすれば、「値入れ率の高い」カットフルーツセットが売れるかもよ。
そして、イチゴの少量パックを作って、「値ごろ感」を出す。
こういうことが大切になってくる。来年以降は…

さらに、「ブランド」
これからは、この「ブランド」が来年のキーワードと思っている。
いわゆる「ブランディング」戦略ということね。

例えば…
「「大間の本マグロ」や「氷見ぶり」が12月30~31日に入荷」の大々的予告。
「日本3大銘柄牛といわれる山形牛を12月30~31日に安く提供」の大々的予告。
「あのマダムシンコのロールケーキを12月31日限定販売」を大々的に予告。

というように、こんな「ブランド」力のある商品が入荷しますよ!!ということを予告したら
どうなると思いますか?!

すると、「12月30~31日は、この店に来よう!!」ということになるわけです。

さらに・・・
「年越し蕎麦を売るのではなく、年越し蕎麦メーカーの“こだわり”を見える化して、
メーカーの思いやブランドを売る」
「舟和の芋ようかんを売るのではなく、舟和の“ブランド”の見える化して売る」
「1,280円の伊達巻を売るのではなく、“築地入船”のブランドを紹介し売る」
というようなことを行う。


お客様は、「商品」を買っているのではなく、「ブランド」を買い始めている。
「ハレ志向」の高まりと伴い、この「ブランディング」戦略は大ヒットすること間違いなし。

そして「ストーリー」性。
これからは、商品に「ストーリー」のある商品がヒットする可能性あり。
いや、「ストーリー」のある商品しか売れない。
作り手の思いを伝えると売れてくる。

例えば…
こだわりトーフメーカーでおなじみの愛知県の「とうふ工房いしかわ」さん。
「自分の子供に安心して食べさせられるトーフを作っています。」
これって、「ストーリー」ありますよね。
トーフのプロが「自分の子供に安心して食べさせられる」を提案する。
説得力ありますよね。


また、こんな「ストーリー」POPが、100円均一で有名な「まるえい」さんにあった

f0070004_11581140.jpg

リンゴが相場高だから、リンゴジュースはいかが・・・の提案。
f0070004_11582519.jpg

柿を“購入する理由”の見える化がしっかりと出来ている。
f0070004_1158372.jpg

みかんの提案。すごくお客様が納得しそうなPOP。
f0070004_11584739.jpg

「おいしさ」保証の見える化。

「ストーリー」ありますよね。
POP見ただけで、買いたくなりますよね。
これも「ストーリー」のある商品です。
みなさんのお店は、商品一つ一つに「ストーリー」がついてますか。
これから、益々このストーリー性が要求されますよ。
ということで、「賢約消費」の対応の3つのキーワードを今日は紹介しました。
明日からでも出来ることです。
まだ「X'mas~年末商戦」に間に合います。

急げ!!間に合うぞ!!!

そして、「今日の一言」…
「小さいことを積み重ねるのが、
  とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。」
(野球選手 鈴木一郎氏の言葉)

by akindonet | 2011-12-19 18:00 | Comments(0)