人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

まず、やってみる…



12月の

アファメーション(積極宣言)





「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高を獲得する!!」




「グロッサリーは、12月23日、12月30日までに

際物商材バックヤード在庫ゼロを目指す」




「生鮮は、12月24日、1月4日バックヤード在庫ゼロを目指す」


 







今日は東京…。

「文化堂」さん。
12月初旬に食品フロアーだけで約750坪
文化堂最大店舗を品川区にOpenさせた。

その「ウィラ大井店」の初めてのクリニック。

さて、どんな状況か楽しみである。
もしも、完成度が高ければ、後日、詳細をお伝えします。


そこで、今日は日曜日ということもあり、ちょっと「弊社」のことについて…。

弊社では、絶対に使ってはいけない言葉が二つあります。
何だと思いますか?

それは…

「お疲れ様」
  と
「無理」

という言葉です。
この二つを小生の前で使うことは100%許されない(笑)。

では、何て言うのか?

「お疲れ様」
  ではなく
「お楽しみ様」

もう、これはかなり皆さんに浸透しているので、
知っておられる方も多いと思います。

「仕事は楽しいもの」
  だから
「仕事は疲れない」

よって、「お楽しみ様」と言っています。
でも、まだまだ言葉だけの「お楽しみ様」になっている。

本当に、心の底から「お楽しみ様」と言える会社になったら、
もっと、業界のお役立ちのできる会社になると思っています。

でもね~、言葉って大切ですよね。

「お疲れ様」と言って元気になる人は少ないが、
「お楽しみ様」と言うと、少しは言った本人は元気が出てくる。

そして、周りの空気が変わります。

言葉ぐらいは、元気の良い言葉を使いたいと思い、
「お楽しみ様」にしています。


次に、「無理」という言葉。

これは、小生が最も嫌う言葉

「やってもいないのに…」
「動いてもいないのに…」


“無理”と自分で勝手に判断する。

だから、「無理」という言葉をアソシエイトが言うと、

「無理かどうか分からないでしょ。
 まず、動いてごらん」


と言う。

それは、弊社の「行動指針」に沿ってもいます。


<「商人ねっと」行動指針>

① 常に「志は高く、コストは低く」を意識し、行動する
② 常に「損得より先に善悪を考え」行動する
③ 常に「我々は世の中の人々に『夢』と『希望』と『勇気』を与えられているか」を考え行動する
④ 常に日々鍛錬し、成功者の「良いところは真似る」という素直な気持ちで行動する
⑤ 常に「改善・改革・進化」を心掛け行動する
⑥ 常に「アウトスタンディング」なことに挑戦し続ける
⑦ 常に行動は「スピード!スピード!スピード!」である
⑧ 常に「結果」を先に出すことなく「まず行動!」してみる姿勢を持ち続ける



「行動指針」だけは格好いいんですけどね…(笑)。

だから、「無理」という言葉は厳禁です。

あらゆる手段を使ってもダメな時はあります。
その時は、

「あらゆる手段を考えてやってみましたが、ダメでした」

ということにしています。

こういう「行動指針」が

「やる気と感動の祭典」の企画・運営に繋がっています。
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の“激安”料金に繋がっています。

もちろん、業界初の

インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」
   や
「CDオーディオセミナー」

の実現にも繋がっています。
そう、信じています。

だから、やってもいないのに「無理」はNoなんです。

みんなが
「不可能」と思っていることを
「可能」にするから

“感動”してもらえる。
“支持”してもらえる。

だから、常に「不可能」と思われていることに挑戦し続けなければなりません。

「良識ある非常識」

です。

「当たり前のことを当たり前にやる」

これも、ものすごく大切。
これは、基本ベースになければなりません。

そのベースがあって、
「良識ある非常識」に挑戦する。

でも、近頃、これが壊れてきている気がします。

自分をグ~ッと追い込むと、
弊社の“問題点”が浮かんでくるんです。

ですから、来年早々、またまた“アソシエイト”に
「ちょっと無理と思える課題」を与えます。

ストレッチして、実現できそうなことを与える。

そうすることにより、“人間性”も向上する。
楽しみです。

今日は、日曜日ということもあり、
弊社のことをちょっと書きました。

「お楽しみ様」でした。


そして、「今日の一言」…
「人生における大きな喜びは、
 君にはできないと世間がいうことをやることである」
(イギリスの経済学者 ウォルター・バジョットの言葉)

by akindonet | 2009-12-20 17:42 | Comments(0)