人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

さぁ、「13月」のスタート!!



12月の

アファメーション(積極宣言)





「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高を獲得する!!」




「グロッサリーは、12月23日、12月30日までに

際物商材バックヤード在庫ゼロを目指す」




「生鮮は、12月24日、1月4日バックヤード在庫ゼロを目指す」


 







今日は山梨…。
今週はものすごい移動が待っている。

山梨→岩手→東京→兵庫→青森

もう、考えただけで“ゾ~”っとする。
“仕事納め”としては、最高のシチュエーションかな(笑)。


ところで、今日は「仕切り直し」について…。

11月も厳しいですが、12月の前半も厳しい月である。

本当に一体どうなるんだろう?
というくらい、厳しくなってきました。

売上が絶好調の企業も、売上の伸びが止まった…

前年比100%クリアーするのに、
ヒ~ヒ~みんな言っている。

ここ何年間では、考えられなかったような厳しさ。

しかし、12月は
「一年間で一番売上げを稼ぐ月。一年間で一番粗利益高を稼ぐ月」

言い訳なんて言っていられない。

さぁ、12月21日から「13月」のスタートである。

12月は幸いなことに、15日前後が売上げの折り返しではない。
12月20日前後が売上げの折り返し。

ということは、「仕切り直し」できる。

みなさん、再度「仕切り直し」ていこう。

12月15日まで、業績の悪い店や店舗は、
提供している商品や販売方法を見直していこう。

業績の良い店や部門は、
さらに“進化”していこう。

業績の悪い店や部門は、
提供している商品がお客さまのニーズと合っているか?
再度、考え直してみようよ。

“安さ”も必要だが、決して“安さ”だけにお客様は走っていない。

“安さ”以外の価値の見える化をしているだろうか?
「3-3-3」の陳列原則は考えられているだろうか?
「味比べ試食」や「コト販売」、「ライブ販売」など、
積極販売の企画や計画は行っているだろうか?


など、基本の再確認をしてみる。

さらに、12月21日~31日の間の、
「粗利益高」は“意識化”しているだろうか?

12月1日~20日までの粗利益高商品と、
21日~31日までの粗利益高商品は違うはずです。

それを意識して、売り込んでいるのといないのでは、
結果が必然と変わってくる

みなさん、理解しているであろうか?

12月1日~20日までの粗利益率と
12月21日~31日までの粗利益率では
部門によっては、3~5%も違いが出る。

これを理解している企業は、12月20日の夜に“棚卸し”をする。

12月1日~20日と12月21日~31日までの
“差異”を検証する為に…。

それくらい、12月21日~31日の粗利益高の意識化は大切なのである。

今日(15日)から31日までの粗利益高の意識化が
どれだけ最終着地に影響するか計り知れない。

みなさん、“意識化!意識化!意識化!”だよ。

そして、12月21日以降からは、「在庫」に要注意!!

一挙に在庫が増えてくる。
そこで、“基準”を決める。

「Xmas商材は12月~日までにバックヤード在庫ゼロにする」
「Xmas商材は12月~日までに売り切る」


「正月商材は12月~日までにバックヤード在庫ゼロにする」
「正月商材は12月~日までに売り切る」


“基準”を設けることが大切!!


その“基準”を基にチェックする。
社長が…。
バイヤーが…。

Xmasと正月(年末)商戦は“在庫”との闘いといってもよい。

だから、“在庫”に徹底的にフォーカスする。

そうすれば、「最高の粗利益高」を獲得することができる。

さぁ、「仕切り直し」。
さぁ、「これからだ!!」。


そういう、“高いモチベーション”が大切。

「12月は一年で最大の売上高を稼ぐ月。最高の粗利益高を稼ぐ月」

だからこそ、再度、自分たちの販売方法や意識化・在庫基準などを
見直していかねばならない。

そのことが、結果として
「最大の売上高と最高の粗利益高」
を獲得できるのだから…。


「仕切り直していこう!!」


そして、「今日の一言」…
「とにかく具体的に動いてごらん。
 具体的に動けば具体的な答が出るから」
(詩人 相田みつを氏の言葉)





☆★☆ 商人ねっと事務局からのお知らせ ☆★☆

みなさんこんにちは。
事務局のウメちゃんです。


さあ、今月も折り返し地点!!


・・・と言うより、今日のブログにもありますように、
「13月」のスタートですね!

しっかりとアファメーションし、過去最高の売上高と過去最大の粗利益高を更新して頂きたいと思います。


本日公開の番組はコチラ


「食品商業 流通ヘッドライン1月号」



今月は、「月刊 食品商業が選ぶ、2009年10大ニュース」でお届けしています!

「100年に一度の大不況」から始まり、今は「消費不況」へ。
「新型インフルエンザ」の大混乱や、「ETC1,000円」など、日々忙しなく変動した2009年も
あと半月です。

来年以降は、もっと厳しくなると予想されますが、それに対応すべく
今のうちに「2009年に起こった出来事」を振り返ってまとめてみるのも良いかもしれません。


もちろん無料ポイントで視聴できますので、
是非、ご覧になってみて下さい。


「食品商業 流通ヘッドライン1月号」




会員登録(無料)はコチラ

 →会員登録のページ
Commented at 2009-12-16 17:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akindonet | 2009-12-15 18:14 | Comments(1)