商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「第五回やる気と感動の祭典」発表者へお願い

今日は、小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」

“商売繁盛虎の巻 1月号”の収録。

オフィスは、「やる気と感動の祭典」の準備でうるさいので、、小生の

マンションの「オーディオルーム」で収録する。

でも、本当にいろんなことをしているなーを実感する日でした。

そして、あと1日で「第五回 やる気と感動の祭典」の開幕です。

ここで、大きな問題が発生。

各発表者のパワーポイントの枚数が小生の想像をはるかに

上回っていること。


要するに「持ち時間50分」をオーバーするのでは……という不安。

今回は、参加される方、発表される方は知っておられる通り、

発表者が多い。

ということは、“発表者の時間に対する自覚”

この「やる気と感動の祭典」の成否を握っているということ。

「自分だけ時間オーバーしても大丈夫だろう!」

という発表者が一人でもいたら、この「やる気と感動の祭典」タイム

スケジュールは、メチャメチャになってしまう。


でも、あまりに「気合い」が入っている為に、すごくパワーポイントが多い。

間違いなく、今までで“最高レベル”の内容。

ほんとうに、発表者・パワーポイント作成者。

ありがとう・・・・・・。

あとは、くどいぐらい「持ち時間50分を厳守してもらいたい!!」と言っているので、

本番は、この50分を厳守してくれると信じている……。

もう、弊社のアソシエイトは、みんな今回のタイムスケジュールで“頭を抱えて”います。

実は、当初この7部門発表のことを、弊社のアソシエイトに言うと、“猛反対!”にあった。

「絶対に、タイムスケジュールを組み立てられません!!。

あきらめてください!!」

しかし、参加者のことを考えると、全部門やりたい!!

「俺が、発表者に“くどいほど”言うから・・・・。」

で、押し切った経緯がある。

だから、パワーポイントを見てあまりにもすごい内容で「危機感」を感じ、不安になっている。

本当に“分刻み”でタイムスケジュールを組んでいます。

1人が10分オーバーすると、「懇親会」の時間がなくなるという

とんでもない事態になる。

参加者の中には、同志(同じ部門や店長)との懇親をすごく楽しみ

してきている人達もたくさんいる。

その「懇親会」がなくなったら、大変なことになる……。

でも、今回はその危険性をはらんでいる。

昨日の夜も、メールやFAXで発表者に再度お願いさせてもらいました。

あとは、“発表者の自覚”に頼るしかない。

「制限時間を守って欲しい」

こちらとしては、それをお願いするしかない。

裏方ってものすごい神経を費やします。

もうボロボロになるくらい……。

発表者の方々に理解してもらいたいと思っている。

二日目も、会場の都合上、12時30分には絶対に終了しなければならない。

だから、二日目の3名の発表者は特に「持ち時間50分」を厳守して

もらいたい。いままでは、2日目は、「2名の発表者」だった。

3名が10分オーバーしたら、「やる気と感動の祭典」のフィナーレが

できないという“最悪”の事態になる。

だから、アソシエイトそして小生ともに頭を悩ます……。

是非、「時間厳守」をお願いしたい。

でも、実は有り難いことなのです。

それくらい発表者は真剣ということ。

こんなに、頑張ってもらって、ありがとうと言いたい。

「感謝!感謝!感謝!」です。

あとは、「50分」の中で、どれだけ自分をパフォーマンスできるのかである。

これも、”発表者の実力”だと思う。


頼むしかない。発表者のみなさんに・・・・・。

今回、7名発表で「タイムスケジュール」に支障が出た場合、次回から6部門になる。

それぐらい、今回の発表者は「「責任重大」なのです。



「参加者のこと、他の発表者のこと、できれば運営する裏方のこと、次回からの発表者のことも考えて」


是非、「50分の制限時間」内で終了してくれることを願う。


しかし、集団行動ってすごく難しいですよね。。

「ルール」を一人が破ると、集団行動でなくなる。

だから、参加者の方々にもいろんなことをお願いします。

こんなにいろんなことを「お願い」するセミナーも珍しいと思う。

それくらい「タイトなスケジュール」なんです。

弊社のアソシエイトは、事前に「トイレのチェック」「朝食のチェック」

「懇親会後のミーティング(飲み会)の案内」など、もう至れり尽くせりで

準備する。

そうしないと、この「やる気と感動の祭典」のような過密スケジュールは

運営できないんです。

みんな“胃が痛くなる”ような日々が続く。

特に今回は、発表者が多いこと……。

これで“胃の痛み”が倍増している。

もう発表者にお願いするのみ……。

あとは、自分達でできることを100%行うことしかない。

今日から小生もオフィスに入る。


もう、“激!激!激!”が飛び交うオフィスでした。



そして、「今日の一言」……。

「時間の使い方は練習によって改善できる。

だがたえず努力しないかぎり仕事に流される。」

(経営学者 P.F ドラッカー氏の言葉)

by akindonet | 2009-11-08 18:11 | Comments(0)