商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

緊急提案のブログ・「果物の売上げ不振対策」



「第五回やる気と感動の祭典」のお申込み受付中!!

「申込み〆切まで、あと6日。
 




今日は、青森へ……。

あっ!そう言えば、今日は19日。

ということは、明日は35歳(?)の小生の誕生日……。

土曜日に、小生のアソシエイトのみんなからお祝いしてもらったから十分です。

アソシエイトに感謝!感謝!



さて、「紅屋商事」さんの売場は、いつも楽しみにしている。

どんな売場を今回つくってきていることやら……。

「ニューへの挑戦」

「基準アップ」


しかないんですよね。この「消費不況」対策は……。

これをどこまでやるかですもんね。

皆さん、日々チャレンジしてますか?

そして、今日は、緊急提案のブログです。

「果物の売上げ不振対策」

10月に入り、全国のスーパーマーケットのほとんどが果物の売上げをものすごく落としている。

理由は……

1.昨年の「バナナブーム」の影響が出てきている。

2.旬フルーツの相場安。

3.消費不況による“嗜好品(果物)”の消費力低下。


ということらしい。

なぜ、「らしい?」なのか……。

そんな中でも、売上げを落としていない企業があるから!!

そこで、今日は、「早期の売上げ回復策」について。

まず、「バナナ」……。

なぜ、昨年はバナナが大ヒットしたのか?

それは、「バナナのダイエット効果」によるもの。

「バナナを食べると、痩せる」ということから大ヒットした。

それが一年経って売れなくなった……。

では、どうするか?

対策は2つ。

一つ目は、昨年と変わらぬぐらい「バナナを買う理由」を

見える化すること。


例えば、「不景気の時は、バナナが売れる!」というタイトルの「巨大POP」

つける。

そして、その理由の見える化をする。

「1本単価の安いこと。栄養価が高いこと。ダイエット効果があること」

など……。

二つ目が「異常値販売」。

「安さの異常値」と「高単価バナナの異常値」を週一回ずつ仕掛ける。

f0070004_12382235.jpg


先日、みなさんにご紹介しましたよね。

「バナナの新幹線陳列」。

こういう仕掛けをしていくこと。

まさか、「一昨年」の売上げを引っ張り出して来て、「昨年大ヒットしたから、

今年は売上げが落ちても当然」などと正当化するようなことをしてませんよね……?!

まさか……、そして、その「言い訳」を認めてないですよね。トップの方々……。

今年は、チャンスなんですよ。

みんな売りこんでいない時に「異常値」を叩き出す。

そうすれば、「条件が出やすい」。

むちゃくちゃ儲かる。

是非、「異常値販売」を仕掛けてください。


次に「売りこみ商品」について……。

インターネットTV「商人ねっと」「やる気と感動の祭典」に参加されている方は、

この言葉は理解できますよね。

「旬の先駆け」と「旬の後どり」戦略。

実は、これを徹底している企業が売上げを伸ばしている。

今、「早生みかん」と「りんご」と「柿」中心の平台展開している企業は撃沈している。

逆に、「旬の後どり」として……。

「ピオーネ」「巨峰」“破壊的安さ”「異常値販売」している企業は、

売上げを大幅に伸ばしている。

「アールスメロン」“破壊的安さ”「コト販売」している企業は、

売上げを大幅に伸ばしている。

「旬の先駆け」として……。

「ラ・フランス」などを試食販売などで、「異常値販売」している企業は、

売上げが良い。

皆さんのお店は、どうですか?

こういうことをしないと、みかんやリンゴや柿は、お客様はみんなご自宅に“在庫”があるんです。

どこもかしこもこれしか売ってないから……。

だから、「購入意欲」はないんです。お客様は……。

なのに、「もっと安くすれば売れるのでは……」と思って、もっと安くし、

単価を落とし、売上げをさらに落とす。

いわゆる「ドツボスパイラル」に入っている。

だから、こういう時ほど、「旬の先駆け」や「旬の後どり」戦略が必要。

旬のフルーツが安いのだから、こういうフルーツも、ものすごく相場安になっている。

よって、これに気づいている企業は、「売上げと粗利益」ともに伸ばしている。

いわゆる「一人勝ちスパイラル」に入っている。

おわかりですか?

このままでいったら、売上高昨年比80%台という企業が続出する。

“早く気づけ!!”

今日は、「緊急提案」ブログでした。



そして、「今日の一言」……。

「私は、チャンスに対する責任を感じる。責任の大きさは、チャンスの大きさに比例する」

(第28代アメリカ大統領  トーマス・ウィルソン氏の言葉)



さて、「第五回やる気と感動の祭典」の申し込み締切日まであと6日。

こういう厳しい時だからこそ、このような対策を勉強していかなければならない。

このまま「ドツボスパイラル」突入しますか?

それとも参加して「一人勝ちスパイラル」になるか?

どうしますか……。

お申込み、お待ちしております。
by akindonet | 2009-10-19 18:21 | Comments(0)