商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「第五回 やる気と感動の祭典」特集 最終編!!



「第五回やる気と感動の祭典」のお申込み受付中!!

(〆切は10月25日まで)




今回は“初”の試み!!「X'mas~年末商戦」大成功

のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?

(すでにお申込みいただいている企業の追加も随時受付中!!)


 





今日から北陸へ…。
まだまだ旅路は続く…。

手帳を見て思ったこと…。

「やる気と感動の祭典」まで休みがなかった。
“集中”して毎日を過ごしていると、そんなことまで忘れている。

そして、もう一つ忘れていることがあった…。
それは、プライベートなことですので公開しません。(笑)


ところで、今日は「第五回 やる気と感動の祭典」の紹介最終編を…。

7部門の発表者紹介並びに、昨日の小生が“感激”した企業の紹介は
いかがだったでしょうか。

その他にも、すごい内容の“エントリー”が沢山ありました。
第四回までの“エントリー”とはレベルが違いました。

なぜなんだろう…?!
と思ったんです。

みなさん、なぜだと思いますか。
小生は、こう思っています。

第一回~第四回までは、いわゆる「助走」段階だったんではないでしょうか。
いろいろと「モデリング」するけど、結果があまり変わらなかった。

しかし、「実践」し続けることにより、
一気に“華が開いて”きているのではないでしょうか。

それを実感したのが、パワーポイントに「自信」がみなぎっているのが
手に取るように分かるからです。

やはり「継続は力なり」なんですよね。

もう一つが、参加者の「基準」が飛躍的に上がったことの証明だと思う。

今までは「憧れ」で聞いていた。

「すごい!!」
「こんな店にしたい!!」


という感覚で…。

しかし、前回(第四回)ぐらいから、
会場の雰囲気が変わったことに気付いたんですね。

「ライバル」として聞いている。

「自分はもっとすごい結果を出してみせる!!」
という視線で聞いていました。

なぜか?

知らず知らずのうちに、参加者の「基準」が上がってきたのです。

だから、良い意味での「ライバル」になった。
だから、「第五回」のエントリー内容がすごかったんだと思う。

しかし、もっと驚かされたのが
初参加若しくは2回目の参加企業のエントリー内容が良かったことでした。

その一例を…

第三回に「ボランティア」で北海道稚内から参加された

「相沢食料百貨店」の相澤加奈さん。

第四回目は参加者として参加。(社員を引き連れて…)


そのエントリー内容

f0070004_16225523.jpg

f0070004_16231578.jpg

f0070004_16233292.jpg

f0070004_16234924.jpg

f0070004_1624182.jpg


まだまだの基準だけど、“結果”を残している。
ものすごい冷夏で苦しんだ北海道で、日配品の前年比106%は立派

これも「やる気と感動の祭典」にボランティアでもいいから参加したい
という意気込みからくるんです。


そして、初参加の「キシショッピングセンター」さん
一宮の「一円戦争」の余波を受けている企業。

f0070004_1624265.jpg

f0070004_16243988.jpg

f0070004_16245039.jpg

f0070004_1625039.jpg

f0070004_16251739.jpg


【「第四回 やる気と感動の祭典」の全参加企業の中で最もレベルが低いと思いますが…】

という一文が付いていたが、
ちゃんと“結果”を出してきた。

参加を続けて、数多くの社員を参加させれば、
必ず“光”が見えるはず。

さらに、「100年に一度の大不況」をまともに受けた
岡山県倉敷市に本社のある「仁科百貨店」さん

この企業も前回、初参加…

f0070004_1625428.jpg

f0070004_16405962.jpg

f0070004_16411158.jpg

f0070004_16263178.jpg


ここも徐々に“結果”を変え始めている。

参加を続け、数多くの社員を参加させれば
必ず“名門復活”する。


この他にも沢山の初参加~2回目組から
“結果を出した”エントリーがきていました。

みなさん、「人間力」ってすごいんですよ。

環境的に最悪の状態でも“人間力”で復活することができるんです。
ポイントは“投資”なんです。

「どうせ、うちの会社の社員はセミナーとか出しても同じだから…」

と思われている企業の多いこと…。
それは、今まで参加させたセミナーが悪かっただけ…。

「学ぶとは“気づく”ことである」

これを理解されると、違う結果が出るんですよ。

セミナーの新常識

そして、スタートしたのが昨年の9月。

まだ1年しか経っていないんですね…。
何か、参加企業の“感動する姿”を見ていると、
自分のことのように嬉しい。

参加された方は分かると思いますが、
この「やる気と感動の祭典」はものすごく“コスト”がかかっています。

セミナーなのに、会場は常に「超一流ホテル」
絶対にセミナールームではやらない。

照明スポットだけで40個
投影するプロジェクターは2日間借りるだけで、
1台50万円以上の最高性能のプロジェクターを使います。

それを3台。

発表者の「プロモーションビデオ」
1本、ゆうに50万円以上のコストがかかる。

同業者(コンサルタントの方や業界の方)から見たら、

「何てアホなことしてるんだ~」

と言われそうです。

でも、小生はこの業界を変えたかった…。
そうしないと「地方のスーパーマーケット」は沈没しそうだからです。

「チェーンストア」の勉強も必要!
「マニュアル」の勉強も必要!
「システム」の勉強も必要!

とても必要な勉強です。
でも、これだけでは業績が上向かない。

スーパーマーケットは「売れなければいけない」

「売れる喜び=仕事の達成感」のはず。

だからもう一度、この「売れる喜び」を伝染させたかった…。
全国に広めたかった…。

だから、この「やる気と感動の祭典」を開催した。

みなさん「価格競争に疲弊」しきっていませんか?


さぁ、「第5回 やる気と感動の祭典」。

100%“過去最高の内容”になることでしょう。

数多くの社員を引き連れて、参加して下さい。

それと、まだ若干名ですが「ボランティア」募集してます。
この「やる気と感動の祭典」は、ボランティアの方々がいないと運営できません。

もちろん、ボランティアですがから
ポロシャツ以外は何もでません。

でも、大きな“気づき”があります。

今回は大学生が1名参加します。
メーカーさんからも1名参加されます。

業種は問いません。
本当に若干名です。

ボランティア希望の方は、このBlogの右側の案内から申込んで下さい。
ただし、定員になり次第終了しますので、御了承下さい。

このセミナーは全て“自前”です。
全てを弊社でやっています。

外注した方が楽です。
アソシエイトのみんなも言います。
毎回…。

でも、自前でやるから“気づき”があるんです。
アソシエイトも…。
小生も…。

早速、“小さいカミナリ”が小生のアソシエイトには
第1段で落下しました。

昨日…。
本当に「小さいカミナリ」ですが…。

小生が暴風雨にならないように、頑張ってほしい。


11月10日(火)~11日(水)

会場は“夢とファンタジー”の場所
東京ディズニーランドオフィシャルホテル 「東京ベイホテル東急」

今年の最後にふさわしい場所。

絶対に“伝説になる”セミナーにしてみせるぞ~!!

そう、心に誓う小生でした。

9日間の「やる気と感動の祭典」特集。
ひとまず、今日で最終編とします。

多謝


そして、「今日の一言」…
「自らと組織を成長させるためには
 何に集中すべきかを自ら問わなければならない」
(オーストリアの経営学者 ピーター・ドラッカーの言葉)


☆★☆ 商人ねっと事務局からのお知らせ ☆★☆

皆さん、こんにちは!

事務局からのお知らせです。

本日、

CDオーディオセミナー 第14回 「スーパーマーケットの真髄を語る」
株式会社関西スーパーマーケット 名誉会長 北野祐次氏
(詳しくは、こちらをクリック!)

が発売されました!

日本のスーパーマーケットの発展の基礎を築いた、関西スーパーマーケット。

しかし、創業当時は、様々な御苦労があったようです。

いったい、スーパーマーケットの「何」に“気づいて”売上げを上げることが

できたのでしょうか?

当時の気づきについて、また、事業発展のために取り組んだ様々な工夫について

語っていただいております。

また、北野祐次氏ならではの当時の業界の様子についてもお話いただいてますので、

大変貴重なCDオーディオになったのではないかと思います

CDオーディオセミナー 第14回 「スーパーマーケットの真髄を語る」
株式会社関西スーパーマーケット 名誉会長 北野祐次氏

のお求めは、こちらをクリックしてください!

Commented at 2009-10-16 00:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akindonet | 2009-10-15 18:39 | Comments(1)