商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

"現場主義"と"先見性"



「第五回 やる気と感動の祭典」成功事例報告期日迫る!!



  1.「平成21年1月~8月の成功事例」もしくは

    「お盆商戦」の成功事例でもよい

  2.「9月20日(日)必着」で第四回参加企業は提出すること

  3.「年間最優秀(MVP)」を自分の手で掴み取れ!

  4.第四回参加企業は、全企業提出すること



今日から九州……。もちろん、仕事です。

今年もありとあらゆる土地へ行きました。

だいたい、二年間でどれくらいの距離を移動するのだろうか……。

それに加えて「やる気と感動の祭典」セミナーの企画・運営。

「商人ねっと」事業の改善・改革・進化……。

「CDオーディオセミナー」事業の完全リメーク改革……。

「気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」企画・運営。

本当に、振り返ってみるといろんな事業を同時進行で行っているんだなーと思う。

これもアソシエイトががんばってくれているから……。

「ありがとう。」


ところで、今日は「現場主義」について……。

正直、出張や移動の身体に対するダメージは相当なものです。

出張を連続でやられた方ならおわかりになると思います。

講演やセミナー講師の仕事だったら、どんなにか楽だろうと思うことがある。

しかし、あえて小生は「現場」を大切にします。

それは、「現場」で感じる肌の感触と

「情報」「知識」の掛け算が

”実態”だと思っているからです。

どうしても「情報」書き手の私見と感情、そしてモノの見方が入ってしまう。

だから、正確に伝わらないことが多い。

ですから、「新聞記事」はあまり信用しない。

というより、参考にする程度……。

小生が大切にしているのは「本」での知識。

なぜか?って……。

本を書いて思ったことなんです。

本は200ページ以上なければいけない。

中途半端な情報や知識では書けない。

書いたとしても売れない。

読み手の”心”を動かすことができないから……。

だから「本」での知識を大切にする。

でも、これだけでもダメ!!

これも書き手の思いが入っているから……。

「情報×知識」を基に、現場で感じる感触一番大切にする。

だから、どんなに身体にダメージを受けようとも「現場主義」を貫く。

でも、この「現場主義」ばかりを重視すると「固定観念」が出てくる。

「進化」が止まる。

よって、「情報×知識」が絶対必要なんです。

小生は思うんです。

これからおきるであろう未曾有の「消費不況」。

誰も体験したことのない底なし沼の「消費不況」。

その中で生き残るには、経営者の方々は……。

「情報×知識×現場」

のバランスで経営していかねばならないのではないかと思う。

「現場・現実・現物」

これは、トヨタさんの「三現主義」である。

問題は、この3つにある。

しかし、問題点の発見だけではこれからの未曾有の「消費不況」は

乗り越えられないと思う。

だから、これに「先見性」が必要だと思う。

これが、これからの経営者(トップ)に求められているような気がする。

P.F. ドラッカーの「今、起きている未来」をどう読みきるか?だと思う。

そういう点からいうと、今の小売業(特にスーパーマーケット)の

”DS路線化”はいかがなものかと思う。

「消費が消費を呼ぶ時代」

「消費が美徳」の時代ならこれも通用する。

しかし、今の20~30代の生活者は全く違う。

40代でさえ団塊世代とは違う。

「消費不況=D.S路線」

これは”団塊世代マーケティング・マーチャンダイジング”そのものと思う。

「先見性」に欠けているような気がする。


だから小生は今、「消費者」・「生活者」・の”購買心理”

もの凄く勉強しています。

今、この「購買心理」をしっかり捉えることが「先見性」に繋がると

思っているからです。

そして、勉強すればするほど思うこと。

我々40代と30代でさえ、大きな消費の”溝”があるということ。

30代と20代でも大きな消費の”溝”があるということ。

だから、これを勉強していないと小売業はとんでもなく間違った方向に

向かうような気がする。


だから、自分が得た「知識」を現場で実践してもらい、”結果”が出たことを

「情報の共有化」していこうと思っている。

今、小売業が進もうとしている方向性が、大きな間違いであると

いうことを実証するために。

これが、小生の「生きる道」だから……。


そして、「今日の一言」……。

「成果をあげ続け、成長と自己変革を続けるには、

自らの啓発に自らが責任を持つことだ」

(P.F. ドラッカー氏の言葉)

by akindonet | 2009-09-12 18:18 | Comments(0)