商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

カドが立ってきた

今日は、午前中、商人”小”伝道師と連れだって「衆議院選挙」の投票に……。

昨日の夜、インターネットで候補者と政党の”マニフェスト”をじっくり調べる。

お酒を飲みながら「こんなことできないやろー」とか「ホ~、いいこと言ってる」とか

一人でブツブツ言いながら、誰に投票するか決める。政党も決めた。

「自分が国にモノを言える」唯一の機会だから……。

さあ、今日の夜はどこのTVを見ても「選挙」ばかり。

だから、夕方から商人ねっとの新番組にご出演いただける先生と

打ち合わせをすることにしている。

「ワイドショー」は好きではないから……(笑)TVは見ない。


ところで、今日は「性格」について……。

よく「年をとると人間丸くなる」といわれてますよね。

でも、近頃思うんです。

小生、年をとるごとに「カドが立ってきた」(笑)

どうして……?!


「天狗になってきた」ということかな?……

わからない。

でも、自分自身で近頃「気付いた」こと。

それは、年をとるごとに「使命感」「責任感」が強くなっている

ということに気づいたんです。

「なんとかせねば……」

「絶対に成功させてみせる……」

「みんなで幸せになりたい……」

そんな気持ちが強くなってくるとともに、「カドがたってきた」のかもしれない。

人間ができていないから。です。

「欲が深すぎる」のかもしれない。

昨日も書きましたように「危機感」を持たなければいけない時に

「危機感」を持っていないと猛烈に叱る。

自分ではそう思っていないのですが、もの凄く叱る。

”鬼のよう”と言われたことがある。

あの高知の「サンシャインチェーン」さんも一切誉めることはない。

「危機感」や「基準が落ちている」時は容赦しない。

ボロボロに言う。

でも、これだけはわかって欲しい。

「本気」なんです。

「本気でこの企業に良くなって欲しい」

「本気でみんなが幸せになって欲しい」


という思いが強いから、こんな言動になるのだということを……。

小生の「アソシエイト」とて同じ。

叱るときは、もの凄いパワーで叱る。

「言いすぎたなー」と思うことは幾度となくある。

でも、これはアソシエイトへの「愛情」の裏返しなのです。

このBlogでもそうです。

「問題発言」でどれだけまわりに迷惑をかけていることやら……。

「人間性」としてまだまだです。

一人の人間として、もっと「楽」に生きればいいのに……と思うことがあります。

ある人に言われた。

「なんでそんなにいろんなことを背負うの?もっと楽したらいいじゃん」

「なんか窮屈そうだよね。死に急いでいるようだよね」


う~ん。何なんでしょうね。


まあ、こんな「アホ」な男が一人ぐらいいてもいいでしょ。

「世渡り」のヘタな男がいてもいいでしょ。

普段は本当に「口数の少ない」静かな男なんです。

セミナーや勉強会が終了した後の会合などではほとんどしゃべりません。

本当に「もの静か」に酒飲んでます。

他の方々の方が、モチベーション上がってしゃべっているくらいですから……。

それが、店舗クリニックやセミナー、講演会になったら、

何かに取り憑かれたように話まくります。

自分でもこの「パワー」どこから来るんだろうと思うくらい……(笑)

本当に世渡り下手な「アホ」な男です。

でも、このスタイルは貫こうと思う。

今、本当に「使命感」や「責任感」が強くなってきています。

どうしようもなく……。

身分不相応なくらいに……。


でも、本当に”小さい力”かもしれないけど、経営理念でもある

「流通業界の縁の下の力持ち企業になる」よう

「カドを立てて」がんばろうと思う。

「アホはアホなりに生きるしかない」

「アホもドアホになったら一人前」


そう自分勝手に思っている今日この頃でした。


そして、「今日の一言」……。

「自信ある自己流は自信なき正統派に勝る」

(プロゴルファー アーノルド・パーマー氏の言葉)

by akindonet | 2009-08-30 16:09 | Comments(0)