商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

時代の「転換」

今日は名古屋……。その後、夜、大阪へ……。

まずは、皆さんへ「感謝」の気持ちを……。

6月27日に発売された「スーパーマーケットのブルーオーシャン戦略」(商業界刊)が

4刷で13,000冊となりました。

まだまだ伸びる勢いだとか……。

昨年発売した「スーパーマーケットの新常識」(商業界刊)も15,000冊。

2冊連続しての1万冊突破。

皆さんのおかげです。

特に今回は、大手スーパーさんの大量購入が目立つとか……。

ある上場企業が約1,000冊も購入されたという。

ありがたいことです。


しかし、小生の鬼嫁には「お笑いタレントでも100万部売るのよ!図に乗るな!」

一括される。

ごもっともでございます。



ところで今日は、「不景気」について……。

6月ぐらいからスーパーマーケットも悪くなり、CUSも7月より悪くなった。

百貨店はもう打つ手がないくらい悪い。

しかし、9月からもっと悪くなるような気配。

そうなるとみんな「不景気=ディスカウント」・「不景気=EDLP」・

「不景気=P.Bブーム」。


小生、勇気を持ってこれを否定してきた。

「単価をなぜ自らの手で落とすのか?」

「安く売っても必要でない商品は買わない」

「必要性の見える化することの方が先」


これは、流通業界専門インターネットTV「商人ねっと」でも何回も言い続けてきたこと。

(流通業界専門インターネットTV「商人ねっと」はこちらをクリックしてください)

しかし、みんな「横並び」主義で「ディスカウント、EDLP、P.Bブーム」に

乗っかった。

その結果、散々たる業績となっていると聞く。

でも、これはわかっていたこと。

「不景気=ディスカウント・EDLP・P.Bブーム」という考えは「物流主義」・「大量消費社会」

の考え方なんですよ。

もうそんな時代は終わり。

T型フォードが発売されてから、リーマン・ショックまでちょうど100年。

20世紀の大量消費の大転換期を迎えているのです。

今、生活者は「お金がない」のではないのです。

「お金を使わない」のです。

その証拠に貯蓄高や預金が増えてきているじゃありませんか?

要するに「消費力・購買力」が低下しているのです。

この「消費力・購買力」を上げていかねばならない。

その方法として、「ディスカウント・EDLP・P.Bブーム」で仕掛けようとした。

しかし、消費力、購買力は一向に上がらない。

では、どうすれば良いか?

小生は、これで上がるはずないと確信している。

だから、EDLP、P.Bブームを否定したのです。

「必要なモノしか買わない」という”節約感”で購買力や消費力が落ちているのですから、

徹底的に「必要性」の見える化と「節約感」の見える化

していくしかないのです。

それと「刺激」。

これがとても大切。

”節約感”で購買力、消費力が落ちているのですから、「刺激」を与えないとアップしない。

ここが「肝」なんです。

ここからはあまり書くと、クライアント企業や商人ねっと法人会員様が怒るので書けません…。

(是非、商人ねっとの法人会員や個人会員になってください)

ごめんなさい。

「大量消費」の時代から「価値主義」の時代に転換している。

特に日本人はまだ貯蓄がある。

アメリカ人は貯蓄がない。

だから、ディスカウント=価値なので、ディスカウント合戦になる。

しかし、日本は違うと思う。

そこに気づいた企業が売上高も粗利益高も稼げると思う。

そういう意味からすると秋の小生の講演会は聞いてみられてもいいかもしれないですよ(笑)

これから起きるであろう「消費不況期」に備えて、ものすごく

「深く!深く!深く!!」考え始めている。

もう、小生の五感をフルに活用して考え、ヒントを探し、気付きを求めています。


だから、流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」は、

今までとは内容が変わってくると思います。


(流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の『商売繁盛虎の巻』はこちらをクリックしてください)

「誰よりも!誰よりも!誰よりも!!」もの凄く

「消費大不況」の対策を考える。

絶対に”道”はある!

絶対に”光”はある!

絶対に”方位"がある!


ひょっとしたら、「なぜ、そこまで考える必要があるの?そんなに深刻に考えこまなくても

いいんじゃない?」と、思われているでしょ。

「戦略を考える者」・「指針を示す者」は誰よりも最悪のことを考え、

あらゆる「指し手」を考えてみなければならないのです。


少なくとも小生はそう考えてます。

何か、この秋はとんでもない事態になるかもしれない。

そういう意味からも「大量消費時代」の戦略ではなく、「価値主義」時代の

戦略に舵をきってもらいたい
と願う今日この頃である、


そして、「今日の一言」……。

「周囲の自然環境、季節、風などを変えることはできないが、

自分自身を変えることはできる。」

(思想家 ジム・ローン氏の言葉)

by akindonet | 2009-08-26 18:29 | Comments(0)