商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「勇気」を持って壊す!

今日も四国、徳島…。
今日の夜、帰京。

この秋は「セミナー」・「講演会」が目白押し
「良い出会いがある」ことを期待して…。


ところで、今日は「破壊と創造」について…。

過去の成功体験を捨てることはとても怖い。
ましてや、自ら「破壊」することはもっと勇気がいる。

しかし、「破壊」なくして「創造」はないのである。

分かってはいるが、なかなか過去の成功体験を捨てられない。
近頃、小生は「こだわりとエゴ」の話をクライアントにする。

「こだわり」に固執すると、いつしか「エゴ」になる。

例えば、「当社は和牛しか販売しない」という“こだわり”

でも、「なぜ?」と問いかけると、
「昔からそうです」とか「価格競争に巻き込まれたくないから…」
という返事。

でも、小生は切り返す。

「それって、エゴじゃない?」

「まだまだ若くて、お給料が低い御家庭の主婦。
 でも、育ち盛りのお子さんがおられる。
 その御家庭に“より美味しくて、より安い”牛肉を提供することこそ
 “こだわり”なんじゃないの?」

「例えば、輸入牛でも“安全で美味しい牛肉”ってあるんだよ。
 他店で“安全性に疑問がある”“安いと思って買ったけど美味しくなかった”
 というお客様がいるんじゃない?」

「安くて美味しい、安くて安全な肉を提供することが、
 地域スーパーマーケットの役目じゃないの?」


そうでなければ、
「その“こだわり”はエゴになりかねないんじゃない?」
と問いかける。

近頃、「こだわり」をコンセプトとした企業が苦戦しているという。
それは当たり前と小生は思う。

「こだわり」の考え方を変えないと「エゴ」になるから…。
特に今の時代は…。

しかし、何十年もこの「こだわり」でやってきた。

「破壊することが怖い。
 お客様の反応が怖い。」

「常連のお客様から何を言われるかわからない?」


しかし、
「新しい顧客を創造していかない限り、売り上げも客層も増えないこと」
は分かっている…。
しかし…。

「破壊」は痛みを伴う。

「破壊」“最初”は非難されたりする。
今までの“常識”を超えるから…。

しかし、所詮“非難”されないような「破壊」なんてしれている。

でも、勇気を持って「破壊」すると、
そこには大きな「新たな創造」が待っている。

後は「破壊」する勇気があるかないかである。

今年の12月に小生のクライアントで2社、新規出店がある。
2社とも市場調査では「△(サンカク)」レベルの立地。

だから、「業界の常識」レベルの店舗では成功しない。
よって「アルティメット(破壊)」した店舗コンセプトを小生は創る。

「業界の常識人」を“アッ!”と言わせる
「アルティメット店舗」をつくってみせる。

そうでないと、「新たな創造」ができないから…。

小生は、自分自身が発言していること、提案していることが、
「エゴ」になっていないか?
自分自身で確認している。

もう一度、

「地域の食生活を向上させる取組み」を提供しているか?
「お客様に買い物の喜び、感動を与える取組み」を提案しているか?
「業界の常識」に囚われていないか?
「破壊すること」を怖がっていないか?

これを「自分にクエスチョン・シンキング」しながら、見直している。
それもこれも、みんなに無理を言って「アメリカ」を見に行ったから…。

「破壊と創造」

“消費不況”が本格化した今だからこそ、
考えなければいけないこと。

「こだわりがエゴになっていないか?」
「常識が壁をつくっていないか?」
「壊すことを恐れていないか?」


こういう“消費不況”の時だからこそ、
「業界の常識を破壊」する必要があると、自分に言い聞かす。

「アルティメット」の面目躍如になろう。そう心に誓う。
「よし!つくるぞ!!成功店」

“我は、評論家でもなく、エコノミストでもなく、ジャーナリストでもない。
 実務家なり!!”


消費不況が本格化する9月を迎えるにあたり、
近頃、異常に“パワーがみなぎってきている”小生であった。


そして、「今日の一言」…。
「運は我々から富を奪うことはできても、 勇気を奪うことはできない。」
(ローマの哲学者 ルキウス・アンナエウス・セネカの言葉)

Commented by 兵藤 at 2009-08-26 12:50 x
本当にすごいと思います!
私も、社内で毎日一言コメントというのを続けているのですが、ようやく2年目。
正直、最近書くことがなくなってきて、実は、ここからパクらせていただくこともしばしば・・・・。
要は、そういうことなんだな~って実感!!
書くことがなくなるということは、進化していないということ。

毎日、これだけの中身ある内容を書くことがどんなに大変なことか。
一事が万事ですよね。

Commented by 商人伝道師 at 2009-08-27 09:17 x
「兵藤」さん、コメントありがとうございます。
「中身よりも、続けること。」が大切ですよ。
2年間も続けていることがすごいことですよ。
どんどん「モデリング」してください。(パクリといわないで・・・・)(笑)
でもね、「たかがブログ」なんです。
「されどブログ」になればいいな~ぐらいの軽い気持ちでやってます。
だから、誤字脱字だらけ。
すみません。
では・・・・。

多謝★
Commented by ponpon at 2009-08-28 11:44 x
定額給付金効果が薄れる、失業手当て受給が切れる人が増える、公務員の給料やボーナスがカットされる、とか色々なマイナス要素が囁かれてますね。

そして、いまだに高度成長期の成功体験から抜け出せない日本の政治家や経営者。

破壊はまだ始まったばかりなのかも知れません。
Commented by 商人伝道師 at 2009-08-29 12:45 x
「ponpon」さん、コメントありがとうございます。
破壊しなければ、新しい創造は生まれない。
今、日本は今までのやり方を破壊しなければいけないときだということです。
そうしなければ、次の時代の子供たちに大きなツケを押し付けることになるのだから・・・・・。


多謝★
by akindonet | 2009-08-25 18:21 | Comments(4)