人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

イオン12月苦戦!

GMS事業は、大苦戦!スーパーマーケットも苦戦。

業績が良いのは、「ドラッグストア」のみ。

社長交代もうなずける。

「100年に一度の大変革期」を迎えてるのでは、、、、。


「流通ニュース」より。

イオン(2019年2月期売上高:8兆5182億円)が発表した12月度連結営業概況によると、GMS事業の既存店売上高は、イオンリテール4.1%減、イオン北海道2.9%減、イオン九州2.9%減となった。

全店売上高は、イオンリテール3.8%減、イオン北海道2.8%減、イオン九州5.6%減で、既存店・全店ともに総合スーパーは前年割れとなった。

イオン12月苦戦!GMS事業は、大苦戦!スーパーマーケットも苦戦。業績が良いのは、「ドラッグストア」のみ。社長交代もうなずける。「100年に一度の大変革期」を迎えてるのでは、、、、。_f0070004_20111571.jpg

スーパーマーケットの既存店は、マックスバリュ北海道1.5%増、マックスバリュ東北3.3%減、マックスバリュ東海0.5%増、マックスバリュ西日本4.2%減、マックスバリュ九州0.2%増、USMH1.2%減だった。

ドラッグストアを展開するウエルシアホールディングスは、既存店売上高4.5%増、全店8.4%増。ミニストップは、既存店2.5%増、全店5.3%減だった。


# by akindonet | 2020-01-22 09:00 | Comments(0)

第41回売場大賞
「Xmas~年末年始商戦」


ご応募いただいた企業様には
「エントリー企業全ての売場や商品化写真をプレゼント」

ぜひ取り組み写真を売場大賞にエントリーしてください!
おまちしております!



売場大賞公式HPはこちら




今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
商人ねっとの映像チームと…
山梨へ向かう。

さて、「第2回気づきと驚きの上海視察セミナー」。


お申込み締切  1月24日(金)

第2回気づきと驚きの上海視察セミナー

f0070004_22361663.png

開催日時:2020年2月28日~3月2日
お一人様 198,000円(別途消費税・諸経費)
成田発・関空発が同料金で選べます!
 
現地コンサルタント・杉野隆先生と商人伝道師・水元仁志のコンビが再び復活!!
今回もインタビュー、写真撮影、セミナーあり!
第1回よりグレードアップした更にコスパの高い視察セミナーを開催いたします!



セミナー詳細・お申込みは「気づきと驚きの上海視察セミナー 公式サイト」まで
https://akindonet.com/seminar/china/


参加を御検討いただきましたでしょうか。
ここ1~2年で、一気に「QR決済」のシェアーが高まってきます。
そうなると…
日本は…
世の中は…
小売業は…
流通は…
どう変わるのか…
それを「学ぶ」ことがいかに大切か…
それを「学べる」セミナー。
それが、「第2回気づきと驚きの上海視察セミナー」です。
ぜひ、参加してみて下さい。

「たったの4日間」
「たったの198,000円」
この時間と… お金を…
投資できないのなら…
これからの時代、生き残っていけないと思います。
お申し込み、心よりお待ちしています。

そして、今日は「業務スーパーと成城石井」について…

昨夜、「ネット雑誌」の取材を受けた。
それが…
「業界全体が増び悩む中、業務スーパーと成城石井は増びているのか」

決して、業界紙の取材ではありません。
一般の「男女」が読む雑誌です。
その雑誌がこのニ社を注目している。

その「質問」の一部を紹介しようと思っています。
まずは…
「スーパーマーケット全体」について…

1、「1997年」をピークに、市場規模が縮小しているといいますが。
原因はなんなのでしょうか?

すごい質問からきました。
「ネット通販の普及のせいでしょうか…」
「人口減の影響でしょうか…」
という、矢継ぎ早での質問攻め。
みなさんはどう回答しますか…

商人伝道師はこう回答しました。
原因は三つ。
1,人口減(特に地方)
2.団塊世代の高齢化による消費力の低下
3.フード部門への異業種参入(CUSやDug)
だと推測すると…
みなさんはどう思いますか…

続いて…
「業務スーパー」さんについての質問

2、店舗数を伸ばす業務スーパーの製販一体のビジネスモデルって何ですか?

またまた鋭い質問。
みなさんは、どう回答しますか…。むずかしいですよね。
商人伝道師の回答。

スーパーマーケットは本来、メーカーが開発・製造した商品を卸しが提案した物流
システムを活用し、“販売する業務”に徹する。このビジネスモデルに発展した。
「業務スーパー」は、自ら商品を開発・製造し、自らの物流ルート
で、独自のフランチャイズ制での販売をする。

簡単に申し上げると、「ユニクロ」のような「製造小売業」を目指し、「セブンイレブン」
のような、「フランチャイズ」システムで全国展開を行った。

実は商人伝道師は回答しながら…
「業務スーパーのしくみというのは、実にうまくできてるな。ユニクロとセブンイレブンでのしくみを取り入れた画期的なしくみじゃないのかな…」と。
みなさんはどう思いますか…

3つ目がユニークな質問を紹介します。
3.「牛乳パックデザート」に「チーズケーキ」。人気のPB商品の秘密は?

というものでした。
「牛乳パックデザート」ってこういうものです。
「業務スーパーと成城石井」について…_f0070004_13483495.jpg

今、業務スーパーでは「牛乳パックデザート」が約20アイテムにあるそうです。
商人伝道師は、この牛乳パックデザートを見た時は衝撃を受けた。
「業務スーパーと成城石井」について…_f0070004_13433089.jpg
こんな商品が牛乳パックに入っているんです。
すごいでしょ!

これに、若いお客様が目をつけた。
「タピオカミルクティー」もそう。
「業務スーパーと成城石井」について…_f0070004_13512003.jpg
若い感性の高い女性に向けた商品が大ヒット。
「SNS」が生んだ商品といってもよい。
こういう風に回答した。
すごいですよね。

次に、「成城石井」さん。

4.「トレンド」を先取りする商品開発の秘密は…

商人伝道師はズバリ!こう回答した…
「トレンドを先取り」しているのではなく、「トレンドを作っている」のです。
ここが成城石井さんのすごいところですと…。

その為に、バイヤーの数を増やし、世界中から商品を調達している。
ここがスーパーマーケットをもっと大きく違うと…。
みなさんはどう回答しますか…。

5.元祖駅ナカスーパー?成城石井の立場条件のメリットには…

成城石井さんの主なターゲットは、「働いている女性」
なぜなら、「自由に使えるお金」を持っているから…
だから、「ちょっと珍しい商品」「自分へのごほうび」に買ってもらえる
商品を数多く品揃えし…
「おいしい惣菜」を数多く品揃えする。

よく…
「成城石井の商品は高いですよねー」とよく言われる。
商人伝道師はこれは間違っていると思う。

特に、惣菜は、成城石井さんの競合は「デパ地下」。
「デパ地下」に比べたら、圧倒的に安い。
決して、だから高くないのですと…


また、「家賃の高い」場所に出店できるだけの商品力をもっている。
スーパーマーケットのような粗利益ではとても成立しない。
独自な商品で、高粗利益率だからこぞ、成り立つビジネスモデルなのですと…
みなさんはどう回答しますか…

6.「業務スーパー」と「成城石井」。戦略的に両極端な部分と…
共通している部分は、どこか…

すごい、するどい質問。
「戦略的に違う部分」は…
①立地戦略
②オペレーション戦略
③フランチャイズ制と自営

「共通している部分」は…
それは、「自ら商品調達」していること。

そう思いませんか…。
こういう質問を今日紹介した3倍ぐらい受けた。

この時代、成功しているキーワードは…
「自ら商品調達」
「他と違う戦略」
「SNS対応(インフルエンサーにいかに活躍してもらうか)」
だと感じた。
これですよね。

なぜ、売上げが悪いのか…
なぜ、利益が出ないのか…
その理由がここにあるような気がした

そして、「今日の一言」
勇気を持った一人の人間は、多数派である。
(トーマス・ジェファーソン)



# by akindonet | 2020-01-21 18:00 | Comments(0)
クリエイトが、食品スーパーマーケットを買収。

ドラッグストアの「クリエイトSD」が、「ゆりストア」を子会社化した。
商人伝道師の推測は、、、、、。
ズバリ!!!!
「コスモス対策」。
コスモス薬品が、今年から本格的に関東進出する。
この対策だと思う。
「くすりのアオキ」のように、生鮮併設のドラッグストアで、コスモスを迎え打つのではないか、、、。
そう推測する。


「流通ニュースより抜粋」
クリエイトSDホールディングスは1月20日、子会社のクリエイトエス・ディーが川崎市で食品スーパー「ゆりストア」5店を展開する百合ヶ丘産業の全株式を取得し子会社化すると発表した。

百合ヶ丘産業は、神奈川県川崎市麻生区および多摩区内において食品スーパー「ゆりストア」を 5店展開し、創業以来半世紀以上にわたり店舗を運営する企業で、CGCグループに加盟している。

百合ヶ丘本店(川崎市麻生区)、生田店(川崎市多摩区)、王禅寺店(川崎市麻生区)、千代ヶ丘店(川崎市麻生区)、星ヶ丘店(川崎市多摩区)を運営している。

今回、百合ヶ丘産業をグループに迎えることによって、川崎市北部でのドラッグストア・調剤薬局と食品スーパーとの複合出店と、食品取扱いノウハウの共有によるシナジーによって企業価値の向上を図ることができると判断し子会社化するという。

百合ヶ丘産業の資本金は5000万円で、2019年2月期の売上高は44億900万円だった。株式の取得価格は非公開。

子会社化後は当面の間、「ゆりストア」としての運営を継続し、笠原勝利代表取締役会長、森谷重義代表取締役社長は続投する。

現在、クリエイトエス・ディーでは、生鮮食品も展開する店舗があるほか、大型店舗では売場の一部を食品スーパーにテナントとして貸し出すケースもある。

今後、クリエイトエス・ディー店内へ「ゆりストア」のテナント出店や新たな業態開発など、さまざまな可能性を検討したいという。


# by akindonet | 2020-01-21 15:00 | Comments(0)