人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

“世界一キャッシュレスが進んでいる国”中国から学ぶ3泊4日の視察セミナー
お申し込み締切まであと4日
申込締切 5/24(金)
f0070004_16501550.jpg
「キャッシュレス」がスーパーマーケットそのものの
運営やプロモーション・マーチャンダイジングさえも変えてしまう!

「キャッシュレス」一つで今までの“経営手法”が全く通用しない時代がやってくる。
自社の方向性を間違えないために、“日本の5年先”を見て学ぶセミナー


ご案内パンフレット・お申込みはコチラ
https://cdn.akindonet.com/public/site/seminar/china/2019shanghai.pdf

excelお申込み用紙はコチラ
https://cdn.akindonet.com/public/site/seminar/china/2019shanghai_form.xlsx




売場写真募集中!
エントリーするだけで得られる特典もあります!

f0070004_20570070.png
二度とないこのGW。皆様のエントリーお待ちしております。

エントリーの詳細は…
https://akindonet.com/grandprize/



これからは「心の豊かさ」を求める時代。
「サービス」や「経験価値」が重要になってきます。
その一つの手法が「ラッピング技術」。

しかし、基本やマナーを知らずにラッピングを行っていると…
「心の豊かさ」や「サービス」どころか…
トラブルにつながる可能性があります!

f0070004_11150297.png
そこで今回企画した「ラッピングセミナー」では基本技術から応用まで
実際に体験しながらラッピングの技術を学ぶことができます !

先生は「マツコの知らない世界」にも出演された
ラッピング・コーディネーターの武田真理恵先生。


当日の実技のDVDがついてくる特典もございますので社内で後日共有できます。
あなたの企業でも優秀なラッパー(ラッピング・包装師)を育てませんか?
セミナー詳細はこちら

皆様のお申込みお待ちしております。






今日は朝6時起床。
身支度して…
東京駅へ…
今日は仙台。

「スーパーマーケット実践会in仙台」。

行きと帰りの新幹線の中は…
ずっと仕事。

Blogを書いたり…仕事したり…原稿書いたり…
楽しんでいます。


商人伝道師の顔を見て…

「ターミネーターみたいですね!」
といわれる方が多い。

たしかに、「ターミネーター」です。(笑)
少しづつですが良くなっている感じです。(笑)
ご心配おかけしています。





さて、「第1回気づきと驚きの上海視察セミナー」
締切日まで、あと4日となりました。

「5年後の日本」
が間違いなく上海(中国)にあります。

経営者や経営幹部の方々は…

「鳥の目」を養わないと…
そう思っています。

世界はものすごいスピードで変わっています。

「盒馬鮮生(フーマーションシェン)」

f0070004_16452307.jpg
中国最大のEコマース企業企業「アリババ」が出資したリアル店舗。
2015年に設立したばかりの「ニューリテール戦略」一つの生鮮を中心としたスーパーマーケット。

リアル店舗の品揃えや店作りもそうですが…
この店の特徴は、オンラインで注文した商品を店舗から3km圏内であれば
注文後30分で指定した場所まで持ってくるという配送システムを持っている。




あの“Amaozn”が中国から撤退する理由が分かります。
まずは、Eコマース企業がリアル店舗を運営するとこんなスーパーマーケットになる
を体験してもらいます。





次に…

「盒馬鮮生“F2”」。

f0070004_16470865.jpg

盒馬鮮生のコンビニ事業。
「Fast」と「Fresh」の2つのFが店名の由来。

コンビニでありながら、スターバックスやフードコートなどを併設している。
上記の写真みました?
コンビニエンスストアですよ。
ビックリでしょ!
そして、レジは「無人」

リアル店舗の「サービス」を最大化しながら…
レジは「無人」

“究極のサービス”が…
“百聞は一見に如かず!!”ですよね。



そして…

「Take Go」。



「アリババ」と世界第5位の飲料メーカー「娃哈哈」グループと…
Deep blue Techというスタートアップ企業が共同でビジネス展開している。

画像認証でユーザーの購入商品を認識する…

「中国版Amazon Go」のような無人コンビニ。

音声センサーを通じて商品の質問をすると…
AI(人工知能)が回答してくれる。

とんでもない“未来型コンビニ”を視察します。



さらに…

「上海云拿智能科技有限公司(クラウドピック)」

f0070004_17034092.jpg


2017年にAIやインターネットの専門家たちによって
上海で設立されたスタートアップ企業の店。

「ショッピングをより簡単に!!」
「より早く!!」
「より楽しく!!」

をコンセプトに開発された「レジ無しコンビニ」
どんどん“進化”し、どんどん出店している。

“一見の価値”ありの店舗。





まだまだ視察します…

「永輝超市「超級物種」」

f0070004_17040320.jpg
「アリババ」と争うもうひとつのEコマース企業。
「テンセント」が小売業に参入した店舗。



「超市」といはスーパーマーケットとコンビニの融合店舗を表す
意味を持つ言葉で…
「オンライン販売」・「リアル店舗販売」・「宅配と飲食」
をすべて組み合わせた店舗。

「eコマース」企業が参入すると、スーパーマーケットはこうなるんだ~
が実感できる。




さらに、

「Le Marche」

f0070004_15071976.jpg

フランスの「カルフール」と、先程紹介した「テンセント」
事業提携して作った店舗。

基本は「ウィチャット」というQR決済しかできないが…

「自動レジ」
「顔認証決済」
「QRコード決済」
の3つのパターンで決済できる。

店作りは「カルフール」。
レジ周りは「テンセント」。ウィチャットでの決済。
ウィチャットは日本でいう「LINE(ライン)」のようなもの。

リアル企業とインターネット企業が融合するとこうなる!!
を体験できる。

これは、「必見の価値」あり!!




そして、「リアル店舗」の特徴ある店舗を4つ視察します。

まずは…

「大潤発 RTマート」

f0070004_17071428.png


ここ4~5年で急成長している台湾資本のハイパーマーケット。
1店舗あたりの売上高は“ダントツの中国NO,1”。

外資系小売企業では、ウォルマートやカルフールを売上高で超えて…
首位の座を獲得している。

その「マーチャンダイジング」はものすごく参考になる。




2つ目が…

「久光」。

f0070004_15073046.jpg

「販売」・「飲食」・「スーパーマーケット」・「レジャー」などを
融合させた“中国版ショッピングセンター”

「日本式デパ地下」を目指した「フレッシュマート」は必見の価値あり。
日本からの輸入商品が7割を占める。
非常にユニークな商業施設。




3つ目が…

「CITY SUPER」

f0070004_15074391.jpg

日本の「阪食(阪急オアシス)」と交流がある。
香港式の総合スーパー。

世界各国の輸入食材などを数多く取り扱っている。
“日本人好み”のスーパーマーケット。





最後に…

「Ole」

f0070004_15075463.jpg
中国の国営企業が経営する高級スーパー。

“これが国営企業???”
というぐらい…

「非日常性」を演出。
青果物はオーガニック中心。
輸入食材やワイン・ビールの種類も豊富。

とてもユニークな店。



その他にも…

「インスタ」などで大ブレイクした…

「BINGO BOX」

f0070004_15080006.jpg



「移動できるコンビニ」として話題に…
2017年4月にオープンした24時間営業の“無人コンビニ”。

入店には、スマートアプリ「ウィチャット」で本人確認が必要。
商品購入は、スキャナーでバーコードを自らスキャンする仕組み。

もちろん、決済は「QRコード決済」…。



また、「アリババ」が画期的なレストランを作った
「盒馬鮮生 上海南翔店」

f0070004_17060619.jpg

「ロボットレストラン」

注文から決済まですべてアプリで完了。
注文した食事は、モバイルカーで運ばれてくる。

すべてロボット!!

“一見の価値”あり。

これ、行ってみたくありませんか…




さらに…

「中国建設銀行」

f0070004_17062410.jpg

「無人銀行」。
予想すらできないですよね。

どんな銀行なんだろうと…
見てみたいですよね。

ぜひ、ご検討ください。

このように日本もなるかもしれません。

「なるかどうか」を自分の眼で確かめてみませんか。
みなさんのご参加を期待しています。







そして、今日は「異業種がスーパーマーケットを変える…」について…


先日、アークスさんが宮城県の「伊藤チェーン」を完全子会社化しました。
これで、宮城県は本当に…

北部の「ウジエ」さんと南部の「フレスコ」さんしかなくなった感じ。

宮城県の企業。
もう、宮城県は…

福島の「ヨークベニマル」さん
山形の「ヤマザワ」さん

そして、「アークス」さん

になるのでしょうか…
こういうことが地方ではどんどん起きてくるのでしょうね…



そんな物騒(?)な話題が多い中…

今、「銀座」があつい!!

あついといってもいっても気温ではないですよ…(笑)



あの「無印良品」が4月4日に旗艦店舗を銀座にOpenさせました。
もう「スーパーマーケット」という感じ。

「銀座でスーパーマーケットを展開できるのは…
 無印良品とロフトぐらいじゃないかな…」と。


ちょっと、この「無印良品」を紹介しますね。
まずは、「生鮮食品」

関東近県の農家を中心に、「有機や特栽」野菜を販売しています。


そして、「ベーカリー」

アイテムはものすごく少ないのですが、スクラッチで社内製造しています。



また、「おいしい!!」と評判の「弁当」

SNSなどでかなりの評判。



こんな弁当です。


かなりオシャレでしょ。
スーパーマーケットも「無印良品」の商品化見習わないと…



さらに、「ジューススタンド」


季節の旬のフルーツや野菜を提供している。
また、ソフトクリーもあり、意外と人気があるみたい。



さらに、「ブランドティー工房」
有機の野菜やほうじ茶。ハイボス茶の3種をベースにしたブレンド茶を提供している。


「コーヒー」でないところが「無印良品」らしい。
こういう取り組みは「モデリング」したいですよね。


そして、「店内デザイン」

とても、「シンプル」だけど…
オシャレ。

このセンスは本当に見習うべきだなーと思う。
ぜひ、東京に来た際は、スーパーマーケットだけでなく、
銀座の「無印良品」も見てくださいね。



そして、それに対峙して、4月26日「銀座ロフト」がリニューアルオープンしました。
これがまたすごい!!

何が凄いかって…


「シーンの提案」

食卓シーンをどんどん提案している。

f0070004_12130379.jpg

「器も商品の一つ」というコンセプトが店の中に溢れている。

「カレーコーナー」などはムチャクチャ勉強になる。





こんなスーパーマーケットをそろそろ作らないといけないのでは…
さらに…

「ヴィーガンジェラート」



先日の「やる気と感動の祭典.EX」で、アルファーさんが提案していたけど…
こんなジェラート売れてくるんでしょうね。

すごいな~の一言。




さらに、「フルーツサワー」
ノンアルコールとアルコール入りがある。



量り売りは難しいかもしれないけど…

「フルーツサワー」や「フルーツビエンガー」はこれからの時代なんだろうな~と感じている。



また、「Natural House」のオーガニックコーナーも一見の価値あり。



「セットアップギフト」を全面にアピールしている。
すごく斬新な提案が多い。

オーガニックはなかなか売れないが、こういう提案すると店格アップにつながる。



本当にすごい売場でした。
スーパーマーケットの「新店」「リニューアル」時の“サムシングニュー”の参考になることがいっぱいあります。


これからの「スーパーマーケット」は、こういう人たちが創り上げていくのかもしれないと…

「コンセプト」から店づくりする。
そのコンセプトが全くぶれない。
だから、すごく居心地がよい。

よって、ついつい「財布のヒモ」が緩む。
そういう感じがしました。



「銀座だから通用する…」
という色メガネを外して、素直な気持ちで見ていくと…
いろんなヒントがあります。



「商売のヒントは異業種にあり!!」
そう感じた銀座の「無印良品」と「ロフト」の闘いでした。

ぜひ、一応見に行ってみてはどうですか…





そして、「今日の一言」…

「僕はいつも自分が純粋に感じたこと、考えたことを、
 理解されようがされまいがダイレクトにぶつける」

(岡本太郎)


# by akindonet | 2019-05-20 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


“世界一キャッシュレスが進んでいる国”中国から学ぶ3泊4日の視察セミナー
f0070004_16501550.jpg
「キャッシュレス」がスーパーマーケットそのものの
運営やプロモーション・マーチャンダイジングさえも変えてしまう!

「キャッシュレス」一つで今までの“経営手法”が全く通用しない時代がやってくる。
自社の方向性を間違えないために、“日本の5年先”を見て学ぶセミナー


ご案内パンフレット・お申込みはコチラ
https://cdn.akindonet.com/public/site/seminar/china/2019shanghai.pdf

excelお申込み用紙はコチラ
https://cdn.akindonet.com/public/site/seminar/china/2019shanghai_form.xlsx




売場写真募集中!
エントリーするだけで得られる特典もあります!

f0070004_20570070.png
二度とないこのGW。皆様のエントリーお待ちしております。

エントリーの詳細は…
https://akindonet.com/grandprize/



これからは「心の豊かさ」を求める時代。
「サービス」や「経験価値」が重要になってきます。
その一つの手法が「ラッピング技術」。

しかし、基本やマナーを知らずにラッピングを行っていると…
「心の豊かさ」や「サービス」どころか…
トラブルにつながる可能性があります!

f0070004_11150297.png
そこで今回企画した「ラッピングセミナー」では基本技術から応用まで
実際に体験しながらラッピングの技術を学ぶことができます !

先生は「マツコの知らない世界」にも出演された
ラッピング・コーディネーターの武田真理恵先生。


当日の実技のDVDがついてくる特典もございますので社内で後日共有できます。
あなたの企業でも優秀なラッパー(ラッピング・包装師)を育てませんか?
セミナー詳細はこちら

皆様のお申込みお待ちしております。


今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…
久しぶりにジムで汗を流す。
本当に久しぶり。
その後、身支度して…。
「コンサルティング」へ…。
今日は都内。


さて、「GW」や「母の日」などの“春のビッグイベント”が終了しました。
そこで、その“春のビッグイベント”をみんなで共有してみませんか。
「第36回 売場大賞」

f0070004_20570070.png

の「応募」してみませんか…。
売場や商品の写真をまとめて送るだけ。
それで「エントリー」終了。


お礼に「エントリーされた企業全ての売場写真」をプレゼントします。
他の企業が「令和」に対してどのような取り組みをされたのか…
知りたいですよね。
ぜひ、エントリーしてみてください。

エントリーの詳細は…
https://akindonet.com/grandprize/


そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。
今日は「本当の豊かさ」



中国のとある大富豪の男性が、自分の息子を田舎の土地に送りました。
裕福な生活を当たり前と思っている息子に、一度『貧しさ』というものを体験してもらい、自分たちの生活がどれだけ幸せなものなのかを知って欲しかったのです。
息子は田舎に送られ、その土地の家族と一緒に生活をしました。

そして3日後、帰って来た息子に貧しい生活がどんなものだったか聞きました。


父「あっちでの生活はどうだった?」
息子「うん、良かったよ!」

父「こっちの生活と向こうの生活、どう違ったかな?」
息子「ああ!違いなんて、もう沢山あったよ!」

それを聞いてお父さんは安心します。
自分の思った通り『お金を持っていることが幸せ』だということに気づいてくれたと思ったからです。


しかし、息子が言った言葉は意外なものでした。

「僕たちは犬を一匹飼ってるよね。でもあの家は四匹も犬を飼っているんだよ!」

「僕達の家には綺麗に浄水された水が張られたプールがあるよね。でも、あの家にはとっても大きな池があって、その池は凄く透き通ってて、新鮮なんだ。しかも、そこには魚もいたんだよ!」

「僕達の家には庭を明るく照らしてくれる照明があるよね。でもあの家はお月さまとお星さまが庭をとても綺麗に照らしてくれるんだ!」

「僕達の家の庭は、壁に囲まれているよね。でも、あの家には壁なんて無いんだ。まるで地平線の彼方まで庭が続いているみたいなんだよ!」

「僕たちは家に帰ったらいつもCDを聴いているよね。でも、彼らは鳥のさえずりとか、自然の音を聴いて楽しんでいるんだ」

「僕の家の周りには、安全のために壁があるよね。でも、あの家はいつでも友人たちを迎え入れられるようにドアでさえ鍵をかけていないんだ!」

「この街では、みんな携帯とパソコンが僕達を繋げてくれているよね。あそこでは、家族や自然がみんなを繋げているんだよ」


お父さんは驚きのあまり声が出ません。そして最後に、息子は満面の笑みでこう言いました。


「お父さん。僕達が本当はどれだけ貧しいのかってことを教えてくれて、ありがとう!」



いかがだったでしょうか。
今日の「心のオアシス」


さて、今週末から「第21回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」です。
残念ながら急な仕事が入ってしまい…
“日本有数のコンサルタント”稲田将人先生が不参加となりました。
残念でたまりませんが…
お忙しい方なので仕方ありません。


今、稔子ウィルソン先生は必死になって色んなことを行っていただいております。
参加される皆さん。
楽しみにしておいてくださいね。


そして、「今日の一言」…。
「多くのことは、それ自体では不可能事に見える。
だが、視点を変えるだけで、可能事になりうる。」
ハンニバル

# by akindonet | 2019-05-19 18:00 | Comments(0)

“世界一キャッシュレスが進んでいる国”中国から学ぶ3泊4日の視察セミナー
f0070004_16501550.jpg
「キャッシュレス」がスーパーマーケットそのものの
運営やプロモーション・マーチャンダイジングさえも変えてしまう!

「キャッシュレス」一つで今までの“経営手法”が全く通用しない時代がやってくる。
自社の方向性を間違えないために、“日本の5年先”を見て学ぶセミナー


ご案内パンフレット・お申込みはコチラ
https://cdn.akindonet.com/public/site/seminar/china/2019shanghai.pdf

excelお申込み用紙はコチラ
https://cdn.akindonet.com/public/site/seminar/china/2019shanghai_form.xlsx




売場写真募集中!
エントリーするだけで得られる特典もあります!

f0070004_20570070.png
二度とないこのGW。皆様のエントリーお待ちしております。

エントリーの詳細は…
https://akindonet.com/grandprize/



これからは「心の豊かさ」を求める時代。
「サービス」や「経験価値」が重要になってきます。
その一つの手法が「ラッピング技術」。

しかし、基本やマナーを知らずにラッピングを行っていると…
「心の豊かさ」や「サービス」どころか…
トラブルにつながる可能性があります!

f0070004_11150297.png
そこで今回企画した「ラッピングセミナー」では基本技術から応用まで
実際に体験しながらラッピングの技術を学ぶことができます !

先生は「マツコの知らない世界」にも出演された
ラッピング・コーディネーターの武田真理恵先生。


当日の実技のDVDがついてくる特典もございますので社内で後日共有できます。
あなたの企業でも優秀なラッパー(ラッピング・包装師)を育てませんか?
セミナー詳細はこちら

皆様のお申込みお待ちしております。




今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…
身支度して…
新幹線で今日は名古屋…。
よく働きますよね…(笑)
アメリカ出張まで、休みなし!(泣)
頑張ります。


さて、記念すべき…
「第一回 気づきと驚きの上海視察セミナー」
申し込み締め切り日まで、あと7日となりました。
f0070004_17334706.png
f0070004_17334769.png
f0070004_17334732.png
f0070004_17334708.png

「5年後の日本」
が上海にあると商人伝道師は思います。
ぜひ、参加してみてください。
今回はなんか錚々たるメンバー。
このメンバーの中にいるだけでも、学びがあるかもしれませんね…(笑)
最後の最後…。
一緒に学びに行きませんか…。
上海に行くだけでも、店は見れます。
しかし、そのバックボーンまではわかりませんよね。
背景はわかりませんよね。
中国のスーパーマーケットの現状も理解してませんよね。

そういうことを学びながら…
視察することがどれだけ大事か…
その“価値”をわかってほしいなーと思います。
よろしくお願いします。

ご案内パンフレット・お申込みはコチラ
https://cdn.akindonet.com/public/site/seminar/china/2019shanghai.pdf




そして、今日は「コンビニの値引き容認に想う」について…

「セブンイレブンが全店で値引き容認」
の記事が新聞の一面を飾った。
「値引き容認」が新聞のトップページ…??
と思いながら…。
「消費期限が1日の500品目が対象」とのこと。

ただし、ここがセブンイレブンらしい。
お客様は「定価」で購入。
そして、購入した金額の5%を電子マネー「nanaco」に付与するというもの。
あくまでも、「定価」販売は維持する。
「ブランド」を守る鉄則と言えば鉄則。

さて、お客様は5%引き(?)で購入してくれるのだろうか…
また、お客様はその“5%引き”になっている商品をどう見分けるのか…
なんか「宝探し」みたいな感じになるのではないかな…と。
消費期限の4~5時間前の段階で…
「5%引き」で購入していただけるなら…

スーパーマーケットの「値引き」も考え直さないと…。
「半額」や「3割引き」が横行しているスーパーマーケット業界。
そんな中、コンビニエンスストアーは「5%引き」でロス削減できる…。
ということは、スーパーマーケットの値引き幅はやりすぎということか…。

そして、もう一つ。
今回の消費税増税時より、国の施策により、
キャッシュレスの購買だと「消費税5%」分が国より還付される。(中小小売業のみ)
そうなると、一気に「電子マネー」が普及する。
そこで、「値引き」自体が変わってくるかもしれない。

今回のセブンイレブンのように…
「値引きせずに、電子マネーに半額分のポイントを付加する」
という方法。
これができると、単価Downを防げるとともに…
電子マネーの普及率を高めることができる。
または、「ハウスカード(ポイントカード)」に値引き分のポイントを付加するというサービスもありかもしれない。

これって、意外と経営面においては大きいかもしれませんよね。
5%くらい一品単価が上がる可能性ありですよね。
お客様がセブンイレブンなどのコンビニで“ポイント付加サービス”になれてくれたら
問題なく導入できる。

今回のセブンイレブンの「値引き容認」の記事を見て…
またまた「ビジネスチャンスがでてきたぞー!!」と感じた次第です。




また、ここまでくると…
「廃棄ロス」に対する国からのペナルティーが早まるかもしれませんね。
フランスのように、破棄すると罰金を徴収するという制度(法律)をつくるかもしれません。
今のうちに「廃棄ロス」に対する取り組みはしていかなければいけないし…
「フードバンク」の整備も行っていかねばならない。


今の「フードバンク」の仕組みや会社(?)は、社会貢献や環境問題を考えて取り組んでいるというより…
そこに「ビジネスがある!!」という金儲け第一というのがうかがえるところが多くあるので、
まだまだ信用できない。
しかし、確実に「ロス」問題は社会問題になりつつある。
それにいかに対処しているか…
ということが企業の評価につながってくる時代になってきている。


そう感じた「セブンイレブンの値引き容認」の記事でした。
それにしても、セブンイレブンはマスコミに叩かれますね。
ここまで叩かなくてもよいのに…
と思うくらい叩く。
今のマスコミは、自分たちがつくる「番組」では“いじめは悪い!!”と連日報道するが…
セブンイレブンに対する“誹謗中傷”はあきらかに“いじめ”ですよね。
「ここまで叩かなくても…」
と思えるくらいです。



日本が誇る産業。
「コンビニエンスストア」。
今、この産業が岐路に立たされている。
奇しくも、スーパーマーケットの市場規模(売上高)を抜いた瞬間から…
日本の流通業の「ビジネスモデル」や…
日本の流通業の「流れ」が…
大きく変わってくるかもしれない。


「5年後の日本」

どうなっているのだろうか…




そして、「今日の一言」
変化に鈍感な組織は必ず衰退していく。
今日最善のことが、明日も最善かどうかというのは分からない
(細谷英二)






~途中参加大歓迎~
2019年5月より 東京・大阪にて開講

惣菜の商品力強化セミナー
f0070004_11302479.png

冷凍デリカ・半調理品の商品化方法・オペレーション
最新のお客様ニーズにあわせた商品化・売場づくり
大量調理機器の基礎から応用
軽減税率の対策や増税対策

を徹底的に学ぶ全8回のセミナー

詳細&お申込みはこちら


~途中参加大歓迎~
2019年6月より 大阪にて開講
鮮魚のイノベーター養成セミナー
f0070004_11450511.jpg
「競合店との差別化」の大きな武器は「新たなニーズ」!
「新たな食シーン」を知り、現場と顧客とのズレを解消!
「お客様を買う気にさせる」商品・売場を仕掛ける手法を学ぶ!


詳細&お申込みはこちら





f0070004_21203257.png

スーパーマーケット実践会 参加企業募集中です
無料体験参加も募集中です!

詳細は実践会公式ページまで

# by akindonet | 2019-05-18 18:00 | Comments(0)