商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

f0070004_18283461.png

「ウェグマンズ」と「パブリックス」が初めて競合した リッチモンド
「ミレニアル世代」対応の“フラグシップ店舗”が多い ワシントンDC
「インディペンデント(地域密着企業)」が非常に多い シカゴ
トライアル店舗やフラグシップ店舗が数多くある シアトル

“100年に1度”の「パラダイムシフト」期に突入したアメリカ
その“変化”を体感するには今しかありません

詳細はこちらから(pdf)
お申込用紙はこちら(excel)



f0070004_17351014.png

やる気と感動の祭典 22
エントリー締切 9/1(金)
発表者決定 9/6(水) 20:00 本Blogにて

セミナー 10/17(火)~18(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで



f0070004_17430160.jpg

大阪会場第5期
現在、お申込み募集中!
また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/


f0070004_13375733.png

「鮮魚は売れない」そんな風に思っていませんか?
塩焼き・煮魚・ムニエルはもう古い
レシピサイトなど現在のニーズに合った、
新しいトレンド・切り口・商品化の考え方を学べます

計6回のシリーズ、ぜひご参加ください
詳細はこちらから


f0070004_13374722.jpg

衣料品売場にお困りの方へ…
「販売方法」「陳列」「ラッピング」「コトPOP」「提案方法」において、
「感性」に頼りがちな衣料品部門で、いかに「根拠」を持つかを学べるセミナー。

計6回のシリーズ、7月から開講です!
詳細はこちらから(pdf)

第21回売場大賞「父の日」
締切:2017年7月10日(月)
f0070004_11455338.jpg

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください


今日は5時起床。
Blogを書いて・・・
原稿を書いて・・・
軽くジョギングして・・・
長野県の岡谷駅へ・・・
今日は長野県伊那市・・・

さて、今日の朝・・・
「稔子・ウィルソン」先生からメールが届きました。
7月27日に「リッチモンド」にあの「リドル」が開店するとのこと・・・
「リドル」
世界第4位の企業。
今年アメリカに初出店。
アメリカに600店舗出店予定
アメリカでは「ハリスティーターとトレーダージョーズのハイブリッドなフォーマット」
という店を目指しているそうです。

f0070004_14303660.jpg

f0070004_14303734.jpg

f0070004_14303676.jpg

f0070004_14303640.jpg

こんな感じの店です。
基本は、「ディスカウンター」
「アルディ」と同じ。
しかし、この写真を見る限り、唯の「ディスカウンター」ではなさそうだ。
ムチャクチャ楽しみ。

たぶん、日本人で初めて・・・
たぶん、日本の視察では初めて・・・
この「リドル」を視察することになると思います。

しかし、ここで問題が・・・
まだ、「最低催行人数」に達していないということ。(泣)
ただいま、15社22名の方々の参加申込み。
こんな事、はじめて・・・
今までで“最高のセミナー”と自負しているのだが・・・
正直、すごくショックを受けています。
「採算度外視」で計画したセミナー。

あの「ウェグマンズ」と「パブリックス」のガチンコ勝負の視察。
これから日本でも戦略となる「ピックアップサービス」の視察(クローガー・ウェグマンズ・ホールフーズ)
あの話題のホールフーズマーケットの“ミレニアル世代”対応の“2つのフォーマット”視察。
(365 by ホールフーズと学生向けのハイテクスーパーマーケットの2つのフォーマット)
「マリアーノス」や「イータリー」他、地域密着のシカゴのスーパーマーケットの視察。
スーパーマーケットを日本でも脅かすであろう「Amazon」の店舗視察。
そして、ヨーロッパの最大企業「リドル」のアメリカ初出店の視察。


こんな“すごいセミナー”はないと思うのですが・・・
開催できるのでしょうか・・・
〆切日まで、あと10日
来年の秋は開催しない予定。
ということは、秋の「商人伝道師&稔子・ウィルソン先生」のセミナーは
もう、今回が最後かもしれません
“最後かもしれない!!”と思い、“採算度外視”で計画したのですが・・・
この想い、届かず・・・

残念に思っています。
最後まで、皆さんを信じて・・・
お申し込みをお待ちしております。
よろしくお願いいたします。



そして今日は「8月6日」について・・・

商人伝道師的には・・・
8月のポイントは・・・

「8月6日」と「8月11日」

と見ている。
特に「8月6日」の日曜日・・・
2つのイベントが重なる。
何だと思いますか・・・
そうです。
1つが「土用二の丑」
もう1つが
「夏の節分」

2つのイベントが重なることなどめったにない。
まずは、「土用二の丑」
昨年は「土用丑の日」が7月30日だったので・・・
「二の丑」はなかった。
しかし今年は、7月25日が「土用丑の日」なので・・・
「土用二の丑」が8月6日にある。
それも日曜日。
それも8月の第一日曜日。
そして・・・
「国産うなぎが土用丑日以降、相場がまたまた下がるのでは・・・」
というウワサが流れている。
ここは仕掛けるチャンスと・・・
「日曜日」・・・
たぶん、ものすごく「暑い」・・・
価格(安さ)も出せるかも・・・
そして、なおかつ・・・
「アニサキス」問題で生食系が停滞している。
ここは、「うなぎ」の異常値に挑戦するしかない。
ここで大きく貯金して、「お盆」を迎えたいものである。

そしてもう1つが・・・
「夏の節分」
たぶん、ニーズがあるんだと思う。
なぜなら、コンビニ各社がこぞって「予約」を取っているから・・・
セブンイレブンはこんな「予約」
f0070004_14423286.jpg


ファミリーマートはこんな「予約」
f0070004_14423365.jpg


ローソンはこんな「予約」
f0070004_14423383.jpg


コンビニは“ニーズ”がないものは決して行わない
ということは、“ニーズ”があるということ。

「事前告知」を徹底して・・・
「夏の節分」を仕掛けてみる。
「恵方巻」は“売れて儲かる商品
安くしなくても売れる商品。
暑い時に、酢の効いている商品は食をそそる。
ちょっと挑戦する価値があるのではないでしょうか・・・

「土用二の丑」も「夏の節分」も・・・
“二番煎じ”の感は否めないが・・・
何もしないよりはまし。
ここは勇気をもって仕掛けてみたい。

昨年、7月の下旬から9月くらいまで・・・
ガクッと消費力が落ちた。
コンビニエンスストアーが既存店前年比割れを起こしたのが、
昨年のこの時期・・・。
それを考えると、今年はある意味チャンスかもしれない。
消費力は昨年より、明らかにある。
仕掛けて・・・
仕掛けて・・・
仕掛けまくる・・・

もう1つのポイント・・・
それが
「8月11日」
未だに訳のわからない「山の日」。(笑)

「山の日=山盛りの日」
「山盛りの日=メガの日」


ということで・・・
「メガパック」を全部門で仕掛ける。
8月11日から「お盆商戦」。
家族数の多くなる地域も多いと思う。
そこで、「メガ」にチャレンジ。
他社は「NB商品の安売り」で攻めてくる・・・
それならば、皆様方は・・・
「生鮮中心のメガ対応」
「神対応」ならぬ「メガ対応」・・・(笑)

8月。
今年は大きく昨年をクリアしたい。
その為には前半が勝負。
ここでいかに貯金できるか・・・
みなさんの“勇気ある行動”に期待する。

そして「今日の一言」
どんなに勉強し、
勤勉であっても、
上手くいかないこともある。
これは機がまだ熟していないからであるから、
ますます自らを鼓舞して
耐えなければならない。
(渋沢栄一)



# by akindonet | 2017-07-11 18:00 | Comments(0)

「看板商品」について


f0070004_18283461.png

「ウェグマンズ」と「パブリックス」が初めて競合した リッチモンド
「ミレニアル世代」対応の“フラグシップ店舗”が多い ワシントンDC
「インディペンデント(地域密着企業)」が非常に多い シカゴ
トライアル店舗やフラグシップ店舗が数多くある シアトル

“100年に1度”の「パラダイムシフト」期に突入したアメリカ
その“変化”を体感するには今しかありません

詳細はこちらから(pdf)
お申込用紙はこちら(excel)



f0070004_17351014.png

やる気と感動の祭典 22
エントリー締切 9/1(金)
発表者決定 9/6(水) 20:00 本Blogにて

セミナー 10/17(火)~18(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで



f0070004_17430160.jpg

大阪会場第5期
現在、お申込み募集中!
また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/


f0070004_13375733.png

「鮮魚は売れない」そんな風に思っていませんか?
塩焼き・煮魚・ムニエルはもう古い
レシピサイトなど現在のニーズに合った、
新しいトレンド・切り口・商品化の考え方を学べます

計6回のシリーズ、ぜひご参加ください
詳細はこちらから


f0070004_13374722.jpg

衣料品売場にお困りの方へ…
「販売方法」「陳列」「ラッピング」「コトPOP」「提案方法」において、
「感性」に頼りがちな衣料品部門で、いかに「根拠」を持つかを学べるセミナー。

計6回のシリーズ、7月から開講です!
詳細はこちらから(pdf)

第21回売場大賞「父の日」
締切:2017年7月10日(土)
f0070004_11455338.jpg

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください


今日は朝4時30分起床。
Blogを書いて…
身支度して…
新横浜駅へ…
今日は山梨…


まずは九州を中心に襲った“集中豪雨”。
またまたたくさんの命を奪った…。
亡くなられた方には、心よりご冥福お祈りいたします。
合掌。


日本はどんどん「亜熱帯化」してきているのでしょうか…
東北や関東は雨が全く降らない。
降ったとしても「ゲリア豪雨」。スコールのような感じ…

雨が降ると嫌だけど、日本には「四季」があるから“自然の恵み”がとれる。
「梅雨」があるから、素晴らしい自然がある。

「黄金の国」日本の四季。
これからも、ずっと四季があることを願う。



まずは二つ。

一つ目が、「第21回売場大賞(父の日)」のエントリーを募集しています。
「各部門に写真をまとめるだけ」でエントリーできる。
みなさんの“実力”を是非試してみて下さい。

お申込みは下記をクリックすればわかります。
http://www.akindonet.com/grandprize/



二つ目が「第22回やる気と感動の祭典」
“エントリー用のポスター”が出来上がりました。

f0070004_12451760.jpg

こちらから大きいサイズをダウンロードできます
https://www.akindonet.com/yarukan/doc/poster/yarukan22_poster.pdf


「土用丑の日」も間近です。
「お盆商戦」も間近です。

会議室や休憩室など、みんなが目につく場所に貼っておいて下さい。
f0070004_12451760.jpg

こちらから大きいサイズをダウンロードできます
https://www.akindonet.com/yarukan/doc/poster/yarukan22_poster.pdf


「見える化」ってとても大切ですから…
もちろん、メーカー様や卸様もですよ…

「見える化」し、エントリーする。

「第22回やる気と感動の祭典」。
まずは、「エントリー」することからスタートです。

「見える化!」
やっていきましょう。





そして、今日は「看板商品」について…


よく言われることがある。

「看板商品をつくろう!」とか…
「名物商品をつくろう!」とか…


いわゆる“尖りのある商品”づくりのこと。

では、「看板商品」をつくるにはどうしたらよいのかな…
とよく考える。

ひょっとすると…

それは、「値入率=粗利益率」商品のことではないかと…
要するに、「ロスが全くでない商品」のこと。
「毎日(毎回)売り切れる」商品のこと。

ではないかと…



みなさんのお店では、毎日(毎回)売り切れる商品ってありますか…?!
先日、ある方から急成長している企業のロス率の話を聞いた。

「ベーカリーやデリカのロス率が2~3%らしいんです。
 ですから、ロスを考えないで値入れできる」

「よって、すごく安くすることができる。
 うちなんかは、はなっからロス率10%出ると想定して値入れしている。
 これでは安く売れない。看板商品なんて作れない」と…



みなさんはどう思われますか…
商人伝道師は「その通り」だな~と。

ベーカリーやデリカのように、「ロス率が10%前後」が当たり前の部門で…
ロス率を考えないで、値入れできたら…

ものすごい「看板部門」にあんる。



しかし、なかなか今から「ロス率を見込まないで値入れしなさい!!」なんて、
怖くて言えない(笑)

ならば、単品に落とし込んだらどうなるのだろうか…

「ロス率を全く考えないで、値入れできる」商品。

要するに、“売り切れごめん”の商品
「予定販売数量が売れたら終わり!!」
という商品。

そうすればものすごい「看板商品」が作れるのではないか…


例えば…

「回転寿司よりも安く、ネタが良い(生ネタ)寿司」
というコンセプトで作ったのが…

「20カン1000円」という寿司盛り合わせ。
これだと、どんなに丸魚からつぶしても…

「値入れ率30%前後」か…
それを、「1日100パック」限り。

そして、それを「土・日限定」販売とする。
もちろん、売り切れたら終了。


これを続いていけば、間違いなく「看板商品」となる。
こんな発想で各部門が考えれば…

「安さ」でなく…「商品」でお客様を呼べる…
店になるのではないかと…


特に、「アニサキス」問題で苦戦している鮮魚部門。

「お造り(刺身)」や「寿司」でこの“看板商品”づくり
チャレンジしてみてはどうか…

「お客様の想像を超える魅力(高品質低価格)」なら…
アニサキスなんて気にしない。(笑)

喜んで買っていただける。
そういう努力が必要ではないかと思う。



「値入率=粗利益率」
そんな商品をこれからどれだけ作るのか…

これが“商品力”のある企業へとつながると感じている。
もちろん、目に見えない「チャンスロス」は発生するけど…(笑)

「デパ地下」の行列のできる店とは…

まさしく、「値入率=粗利益率」の商品ですよね。
売り切れたら終わりという商品。
だから、みんな並んでも買う。



我々も、「この商品を買いに来たの…」といわれる“目的買い”
商品を逸品でも作りたいものだ。

「商品力」
近頃、いろんな企業を見るが、この「商品力」が落ちているように感じる。
そこで、今、商人伝道師はこの「看板商品」にフォーカスしようと思っている。

「第22回やる気と感動の祭典」エントリーで、この“看板商品”のエントリーしてきた企業は…
あの舞台での発表により近づくかも…

そう感じる今日この頃です。


そして、「今日の一言」…
難題に遭遇しない人は自分の可能性に 挑戦していないのかもしれない
(孫正義)

# by akindonet | 2017-07-10 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


f0070004_18283461.png

「ウェグマンズ」と「パブリックス」が初めて競合した リッチモンド
「ミレニアル世代」対応の“フラグシップ店舗”が多い ワシントンDC
「インディペンデント(地域密着企業)」が非常に多い シカゴ
トライアル店舗やフラグシップ店舗が数多くある シアトル

“100年に1度”の「パラダイムシフト」期に突入したアメリカ
その“変化”を体感するには今しかありません

詳細はこちらから(pdf)
お申込用紙はこちら(excel)



f0070004_17430160.jpg

大阪会場第5期
現在、お申込み募集中!
また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/


f0070004_13375733.png

「鮮魚は売れない」そんな風に思っていませんか?
塩焼き・煮魚・ムニエルはもう古い
レシピサイトなど現在のニーズに合った、
新しいトレンド・切り口・商品化の考え方を学べます

計6回のシリーズ、ぜひご参加ください
詳細はこちらから


f0070004_13374722.jpg

衣料品売場にお困りの方へ…
「販売方法」「陳列」「ラッピング」「コトPOP」「提案方法」において、
「感性」に頼りがちな衣料品部門で、いかに「根拠」を持つかを学べるセミナー。

計6回のシリーズ、7月から開講です!
詳細はこちらから(pdf)

第21回売場大賞「父の日」
締切:2017年7月10日(土)
f0070004_11455338.jpg

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください





今日は、朝5時起床。
羽田空港へ車を取りに行き…
小商人伝道師を「ラグビースクール」の練習へ連れていき…
その後、オフィス。

「流通業専門インターネットTV商人ねっと」「商売繁盛虎の巻」の収録。
今、こんな感じで進化していますよ…。
「商売繁盛虎の巻」ぜひ、視聴してみて下さい。
f0070004_1341597.jpg

f0070004_1342920.jpg


虎の巻視聴はこちら
http://www.akindonet.com/tora.php




そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日

今日は…
「マザー・テレサの生き方が教えてくれたこと」
ピュア・ハート協会理事長 五十嵐薫 

かつてある新聞記者が
マザー・テレサにこんな質問をしたそうです。

「あなたがたったいま
 死にかけている人を助けて何になるのですか?
 この人は必ず死ぬのですから、
 そんなことをしても
 世の中は変わらないのではないのですか」と。

 マザー・テレサは毅然としてこう答えられました。

「私たちは社会を変えようとしているのではありません。
 いま、目の前に飢えている人がいたら、
 その人の飢えを満たしてあげる。
 ただそれだけでいいのです。
 確かに、そのこと自体で
 世の中は変わらないでしょう。
 でも、目の前に渇いている人がいれば、
 その渇きを満たすために
 私たちはそのいのちに仕えていくのです」

彼女は別の場所ではこうも言っています。

「私たちのやっていることは
 僅かな一滴を
 大海に投じているようなものです。
 ただ、その一滴なくして
 この大海原はないのです」。

 私たちのレインボー・ホームもそうありたいのです。
 人は「インドで僅か10人、20人の
 親のない子供たちを助けてどうなるのですか。
 世界にはもっとたくさんの孤児がいるのに」
 と言うかもしれません。
 しかし、目の前で「寂しい」と
 泣いている子供たちがいるのです。
 それは私たちにとって
 かけがえのないいのちであり、
 自分自身なのです。
 そのいのちを
 そっと抱きしめてあげるだけでよいのです。
 
 ボランティアとは、
 自発的に無償で他に奉仕することを
 意味するのですが、その奥には
「人間は他のいのちに仕えるとき、
 自分のいのちが最も輝く」という、
 生命の法則を実践で知ることに意味があると思います。

 マザー・テレサの偉業は、
 大きな志から出てきたものではありません。

 目の前に貧しい人がいる、
 そのかけがえのない大切ないのちに
 ひたすら仕えていっただけなのです。
 まさに与えられた環境の中で
 最善を生きていった人だったのでしょう。
 不遜にもつけ加えることがあるならば、
 そこに祈りがあったということです。


『致知』2012年5月号 より


いかがだったでしょうか
今日の心のオアシス。

僅かな一滴を大海に投じているようなもの…
それって、考えると果てしないことですよね。
しかし、果てしないことでも行動を起こさなければ…

アッ!そうです。
「第21回売場大賞(父の日)」の写真を募集しています。
応募いただいた企業様には、エントリーした企業様の全ての写真をまとめてプレゼントします。
ぜひ、応募して下さいね。

詳しくはこちら!
https://www.akindonet.com/grandprize/



それと、「第18回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」募集中です。
「100年に一度の大変革期」のアメリカのスーパーマーケット業界
「今」、見に行かないでいついくのでしょうか
ぜひ、参加して下さい。

詳細はこちらから(pdf)
http://www.akindonet.com/seminar/docs/2017_usa_18.pdf


お申込用紙はこちら(excel)
http://www.akindonet.com/seminar/docs/2017_usa_18_application.xlsx




「わたしたちの唇には、いつもほほえみがなければなりません。
わたしたちが助けてあげる子どもたち、一人ひとりのために。
わたしたちがそばにいてあげたり、薬を飲ませてあげたりする一人ひとりのために。
ただ薬をわたすだけというのは、大きな誤りでしょう。
わたしたちは、心を与えなければならないのです。」
(マザー・テレサ)

# by akindonet | 2017-07-09 18:00 | Comments(0)