商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

第22回やる気と感動の祭典
セミナー参加申込締切まで あと20日


セミナー参加募集中!!

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者のご紹介
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第22回やる気と感動の祭典 基調講演のご紹介」へ

全発表者のご紹介映像です

セミナー開催日:10月17日(火)~18日(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪


セミナーご参加のお申込締切は10月11日(水)

皆様のご参加を心よりお待ちしております


3人の最強講師陣による
「X'mas・年末年始商戦」全部門対策セミナー
広島・福岡で緊急開催します!
f0070004_0305843.jpg

全部門:水元仁志(11/2 福岡会場)
惣菜部門:成田廣文(10/31 広島会場・11/1 福岡会場)
鮮魚部門:堀内幹夫(10/23 広島会場・11/6 福岡会場)


「X'mas~年末年始商戦」で過去最高の売上・粗利を
狙いたい企業様は、ぜひご参加ください


セミナーの詳細&お申込みはこちらから



小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

これが女子力を最大活用した店舗だ!
生活協同組合おおさかパルコープ



取材店舗:生活協同組合おおさかパルコープ枚方公園店

冒頭5分を無料公開中です!

女性パートタイマー主体のお店づくりによって
8年連続売上アップを達成している店舗にカメラが潜入!

スーパーマーケットで働く全ての男性必見の
「女性マネージメント」を学べる特別番組です!


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)




今日は朝5時30分起床。
寝坊してしまいました。
身支度して、車を新横浜まで取りに行き…
小商人伝道師と学校へ。
その後、オフィス。
久しぶりのオフィス。
Blogを書いて…
午後からは「第23回 売場大賞」の撮影。
f0070004_18340891.jpg
f0070004_18343098.jpg

今回は「お盆商戦」。
最優秀大賞 1社
優秀賞 1社
コトPOP大賞 1社
を選出しました。
発表&番組公開は…
「9月28日」
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」で公開します。
楽しみにしておいてください。



さて、「第22回 やる気と感動の祭典」
参加をご検討いただいてますでしょうか。
第22回目にして、最高の“フレッシュな顔ぶれ”。
常連企業が一社も選出されず。
不思議な「やる気と感動の祭典」
となりました。
それぐらい、時代が変わっているのかもしれません。
期待しておいてください。
お申込み期待しております。
今、オフィスにはいっぱい「アファメーション」の紙が貼られています。
f0070004_16451590.jpg

気合十分で準備しておりますので、ぜひ参加してみてください。
お願いします。





そして、今日は「大激戦の中でやるべきこと…」について。


今回のエントリーの中で、最もインパクトのあったエントリーがあります。
残念ながら発表者には選出されませんでしたが…
そのエントリーは…
徳島の「キョーエイ」さん。
直近(6ヶ月間)の3月から8月までで、こんなに競合店が出店・改装オープン。
f0070004_16334923.jpg

12店舗です。
みなさんならどうしますか…
さすがに「前年割れ」
前年比98~96%というところで推移しています。
でも、考え方によっては、
競合店も出店していないのに…
「前年比98~96%」という企業はゴロゴロあります。
そう思うと、大健闘ですよね。



それもそのはず…
「第21回 やる気と感動の祭典」で学んだ販促を次から次へと繰り出している。
f0070004_16335223.jpg
f0070004_16335508.jpg


「お盆商戦」は見事なチラシでした。
f0070004_16335726.jpg

「前年比103%」

しかし、埴渕社長は納得しない。
そこで、今回は、この「キョーエイ」さんが勉強になる発表者や発表内容はどういうのかなー!?
と考えながら、発表企業を選出したのです。
「マルヨシセンター」さんも同じ。

「こんなに出店しても、売り上げや利益を伸ばすには…」と。
そういうことを考えて発表企業を選出したのです。


青果は…
「広島物産展」で、あの“紀ノ国屋”さんのPBミカンの紹介。
「アウトレット調達」では、「全国リンゴ選手権」で2年連続グランプリ(日本一)に輝いた生産者の紹介。
そして、「輸入フルーツ」の差別化商品です。
これだけ紹介したら、“差別化”になるだろう―と思って…

青果部門のご紹介映像




鮮魚部門では…
「冷凍魚」のアウトレット調達の紹介
その商品の販売方法の事例(今回は5社のスーパーマーケットの事例紹介をスーパーマーケットのバイヤーが発表)
さらに…
「天然本マグロのアウトレット」
「高級干物の差別化商品」
「三陸産魚介類(冷凍・塩干中心)」の紹介
「北海道の差別化冷凍食品や塩干物」の紹介

など…
もうこれ以上はできないというところまで発表に組み込みました。

鮮魚部門のご紹介映像




精肉部門は…
「売れて儲かる商品」の調達方法
「東北のメーカーから牛肉・豚肉の調達ブース」出展
「ニュー肉のおどろき市」の提案
「正しいメガパック」の方法
「平日の成功する定例販促」

など…
これまた、これ以上できないというところまで発表に組み込みました。

精肉&メガパック推進部門のご紹介映像



デリカ部門は…
「弁当専門店のノウハウ」紹介
「メガパック」の正しい学び
「魚介類の惣菜商品」の紹介
「グロッサラント」の学び
「冷凍食品のアウトレット調達方法」
「注文が殺到する予約チラシのつくり方」

こんなに今回は学びます。
デリカ部門も…
ありえないボリュームです。
これで前年比はクリアーできるだろうと思って…
これでもかと…


デリカ部門のご紹介映像



グロッサリー部門は…
「デイリー部門の定番改革のヒント(マルヤナギ様)」
「異常値販売の基準と高め方」
「アウトレット商品(輸入食品・冷凍食品・こだわり商品)の調達方法」
「ニッチャー戦略」
「正しいお取り組み方法」

などなど…
「商品調達」「販売方法」「売れて儲かる商品」「売場活性化」「メーカー様とのお取り組み」
全て網羅しました。
これで「コスモス」さんや「ダイレックス」さんとの差別化できるのでは…
というレベルまでの発表内容にしました。

グロッサリー&お取り組み部門のご紹介映像


グロッサリー部門のご紹介映像





「女子力」はぜひ、キョーエイさんやマルヨシセンターさんの女性陣に聞かせたい内容となっています。
「レジチェッカー」などの発表は“感動”すらします。
「女性の力」で差別化できると。

「東日本大震災」後、放射能の恐怖で
「100人以上」の若い人材が会社を去りました。
今の「キョーエイ」さんや「マルヨシセンター」さんと同じぐらい厳しい環境下にありました。
そこから、「急速回復」したのです。
その原動力が「女子力」

勇気とやる気と元気を支えたいと思い…
“最強の女子力”を今回選出しました。

女子力甲子園のご紹介映像




店長発表は…
「ロピア」さん、「ヨークマート」さん、「西友」さん、「ヤオコー」さん
「あおば」さん、「三和」さん
など…
2~3年前に「キョーエイ」さんや「マルヨシセンター」さんの環境とそっくりな状況が神奈川県平塚で起きました。

別名「湘南戦争」

そんな中、売上・利益を落とさなかった企業に発表してもらいます。
「湘南戦争」の中、どんなことをしたのか…を。
「しまむらストアー」さんは平塚でドミナント展開してますから、
全店影響したのです。
そこから「V字回復」を果たしました。
その「V字回復」を発表してくれます。


「こんなに出店してきても、売り上げを前年クリアーした!!」
をキョーエイさんやマルヨシセンターさんに来年4月発表してほしいからです。
「第22回 やる気と感動の祭典のモデリングしたところ、前年をクリアーし始めました」
という発表をしてもらいたいから…
ですから…
「半年間に12店舗新規出店しても、売上・利益を落とさないためには…」
それを考えて、選出しました。

店長部門のご紹介映像


15社26名の発表です。

ありえない数の“ノウハウ”“商品調達”の発表です。
みなさん、期待しておいてください。

そして、「キョーエイ」さん、「マルヨシセンター」さん。
こういう時ほど「投資」してください。
その投資に見合う内容にしました。
期待しておいてください。



商人伝道師は何と言われようが…
「弱者、苦労している企業の味方です」
絶対に生き残らせます。
そのヒントを常に提供し続けます。
ですから…
今、競合店で苦戦している全国のスーパーマーケットさん。
参加してみてください。
お待ちしております。




そして、「今日の一言」
「希望を失わないでやっていると自然と知恵も出てくる。
精神が集中して、そこに色々な福音が生まれてくる。」
松下 幸之助




# by akindonet | 2017-09-21 18:00 | Comments(0)

やる気と感動の祭典申込締切まであと21日
やる気と感動の祭典22

セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで

https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者のご紹介
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第22回やる気と感動の祭典 基調講演のご紹介」へ

ノンフード部門のご紹介映像



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




今日は、朝4時起床。
Blogを書いて…
仕事して…
新横浜駅へ…
今日は名古屋。
「スーパーマーケット実践会in名古屋」

まずは、「大阪のこだわりスイーツ」の大試食会
大阪と名古屋の「実践会」のメンバーはどの企業より早く紹介します。
だって、「第22回やる気と感動の祭典」に出展したら、アッ!!というまに…
「予約がさっとうします!!」から…
こんな感じです。

f0070004_1381240.jpg

f0070004_1382922.jpg

f0070004_1383858.jpg

f0070004_1384781.jpg

f0070004_139160.jpg


「スーパーマーケット実践会in名古屋」の特長。
それは、「経営者自ら」参加しているということ
ですから「スピード感」が違う
次から次へと…
ものごとが決まる。
本当なら今回は「青果・鮮魚・精肉」部門なんですが…。
あえて、「スイーツの大試食会」を行いました。

「第22回やる気と感動の祭典」でも出展しますので、楽しみにしておいて下さい




さて、「第18回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
明後日からスタートです。

34名の方々
「リッチモンド~ワシントンDC~シカゴ~シアトル」と8日間視察してきます。

「リッチモンド」では…
あのヨーロッパの“ハードディスカウンター”「Lidl」を日本の流通関係の視察では初めて視察します。
すごく楽しみです。

さらに…
とうとう「アメリカのスーパーマーケットの〝龍虎”」が初対決します。
「東のウェグマンズ(龍)」
「南のパブリックス(虎)」

絶対にないと思われていた両社の激突。
しっかりと見てきます。
これも日本人では初の視察。


さらに、ウェグマンズ「リーチイン(インストア―ダイニング)」での“ウェルカムパーティー”開催
スーパーマーケットで「大宴会」。
そんなことできるのか…。
「グローサラント」
これから日本にも必ずこの流れがくる。
それを体験してもらいます。

ワシントンD.C.では「都市型ホールフーズマーケット」や…。
「ウェグマンズ」の最新店などを視察します。
そして、なんといっても「アメリカの首都の活気」を感じてもらいたいと思っています。


さらに、「シカゴ」では…
「イータリー」での「グローサラント」を学んでいただきたいのと…
「マリアーノス」「イーターテイメント」を学んでもらいたいのと…

もう一つが…
「インディペンデント」の企業の〝すごさ”を見てもらおうと思っています。
“シカゴ”にはたくさんの視察セミナーが行きますが我々しか行かない店があります。
この店がとてもすごい!!
参加者は楽しみにしておいてください。

そして、商人伝道師がこだわったのが「ホテル」。
「Hilton Richmond Downtown」
「Palmer House Hilton」
など…
f0070004_1332044.jpg

f0070004_13321248.jpg


「超高級ホテル」
“超一流”を体験してもらいたい為に…
他の視察セミナーでは絶対にありえません。


そして、「シアトル」。
ここは、とにかく「アマゾン」
この「アマゾン」を体感してもらいます。
もちろん、「365byホールフーズ」もね…(笑)

見どころ満載の「第18回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」。
直前まで「稔子・ウィルソン先生」とのメールのやりとりが続く。
「水元先生は特別!!」
これを堂々と公言していただいています。

今までのアメリカの視察セミナーを根本から変えてしまった人。
今まではアポイントもとならい…
今まではインタビューなどありえない…
それがこの業界の“常識”でした。
それを根本から“破壊”してしまいました。
今回も“創造的破壊”していきます。



そして、今回は「体験を売る!」について…

みなさん、ご承知の通り、アメリカの「トイザらス」が「チャプター11(日本でいう民事再生法)」を申請しました。
労務総額は約5600億円
なぜこうなったのか…
マスコミは「アマゾンなどのネット販売に対する敗北」としていますが…

何年もアメリカを視察すると…
「よく今まで生き延びたなー」というのが感想。
もう、20年前に「トイザらス」は敗北していたんだと…。
その原因は、ウォルマートの「満足保障」制度
「満足しなかっら全額お金を返します」
というもの。

例えばXmas…
子どもたちは「Xmasプレゼント」を大喜び。
1週間ぐらいは夢中で遊ぶ。
しかし、1週間もすると飽きる。(笑)
そこで、しっかりと“梱包用”の箱をきれいにとっておいて…
子どもが飽きたら、梱包してウォルマートにもっていく。
すると、「お金を返してくれる!!」。(笑)

「無料レンタル」みたいなものです。
こんなことされたら「トイザらス」はたまったものではない。
アマゾンの前に、ウォルマートがおもちゃ業界を破壊してしまったんですね。
アメリカという国はおそろしい国だと思う。
そこに「ネット販売」という“得体のしれないバケモノ”がやってきた。
もう、これで「THE END」となった。

これは、他人ごとではない。
今回、「第22回目」にして、初の「ノンフード部門」の発表がある。
まずは、見て下さい。
「書籍」の“マーケット”推移。
f0070004_1348447.jpg

f0070004_13485188.jpg


これは、「アマゾン」がいるから衰退しているのでなく…
アマゾンは全く関係なく、マーケット自体が縮小しているのです。
セグメント別に見ても、ひどいマーケット縮小です。

それに加えて、「電子書籍」「アマゾン」の進出でしょ。
街の本屋はたまったものではありません。
しかし、ここで立ち上がったのが…
「TSUTAYA」さん。
“蔦屋家電”なる“新しい業態”をキュレーションしてきた。
「書籍+家電製品のコラボレーション」
f0070004_13505920.jpg

f0070004_1351917.jpg


いわゆる「体験型本屋」への進化です。
アマゾンは「モノ」は買えるが「体験」「経験価値」は買えない。
そこにフォーカスして、“新しい業態”をキュレーションした。
TSUTAYAの増田社長はすごいと思う。


そして、これを参考に、今回発表する「ニシザワ」さんも…
「ノンフード」部門で「体験」「体感」、「経験価値」「体験」を最大化していったのです。


「ランキング」の見える化。
f0070004_1353159.jpg

f0070004_13531228.jpg


「食品とのコラボ」販売
f0070004_13532442.jpg

f0070004_13533373.jpg

f0070004_13534356.jpg


さらに、「ZUPAN'Sのモデリング」
f0070004_13535469.jpg

f0070004_1354325.jpg

f0070004_13541334.jpg


そして、「日本一の体感型花火売場」
f0070004_13542765.jpg

f0070004_13543890.jpg

f0070004_13544565.jpg


そうすれば「スーパー衰退」部門でも活性化するんです。
そう思うと…
「食品(フード)」は恵まれています。
マーケットが大きく縮小することはないから…
「人間は食べないと生きていけないから…」
しかし、この「フードビジネス」部門に異業種から今後…
どんどん参入してきます。
特に“不勉強”なスーパーマーケットとは…

「セブンイレブン」の“ミニスーパー的レイアウト変更”
「アマゾン」の“ネット販売”強化
「ドラッグストアー」の“生鮮併売型”ビジネスモデル
外食の“グローサラント”への業態変更(これは今回“つるや”さんが発表します)



日本のスーパーマーケットも「トイザらス化」してしまうかもしれません。
ですから…
今回…

「グローサラント」
「アウトレット調達」
「市場外調査」
「ノンフード発表」
「メーカーとのお取組み」


などを沢山発表に入れています。
商人伝道師の「危機感」の現れだと思って下さい。
第21回が過去最多の発表企業と人数。
10社17名
しかし、第22回は…
15社26名


「参加費」は同じ。
なのに、こんなに“ボリューム”があります。
「コスパ」的にいったら、ものすごくレベルが上がっているんです。
「参加しない!!」という選択肢はないですよね
「参加費用の何十倍・何百倍」もの利益をもたらします

今回、「アメリカ視察」される方々は…
身をもって体験・体感することになります。
「大改革しないと、生き残れない!!」ってね…
その「大改革」の具体的戦略や戦術を学べるのが…
「第22回やる気と感動の祭典」なのです。


土俵際で足が徳俵にかかってからの逆襲は…
いちかばちかの“うっちゃり”しかない。
これはほとんど成功しない。
土俵の真ん中で技をしかけないと…
それが「今」なのです。
「今」、変革していかないと手遅れになる!!


最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。




今、「正しいことを学ばないで、いつ学ぶのか」…
みなさんの“直感”に期待します。



そして、「今日の一言」…
「誰が正しいか、ではなく、何が正しいかが重要だ」
(チャールズ・ダーウィン)

# by akindonet | 2017-09-20 18:00 | Comments(0)

やる気と感動の祭典22

セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで

https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者のご紹介
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第22回やる気と感動の祭典 基調講演のご紹介」へ

全発表者のご紹介映像です


やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php


今日は朝4時30分起床。
Blogを書いて・・・
サクラを散歩させ・・・
身支度して・・・
横浜市都筑区へ・・・
今日は「関東スーパーマーケット実践会」
今回のホスト企業は「ローヤルよつや」さん
朝9時からクリニックスタート。
夕方6時までセミナー。
どんどん学んでもらいます。
この中から・・・
「しまむらストアー」さん(店長)
「ベニースーパー」さん(アウトレット調達)
が発表者として選出されました。
期待しておいて下さい。

さて「第22回やる気と感動の祭典」
「出展ブース」の出展のご案内です
かなり、申し込みが来ています。
正直、あと残りわずかとなっています。
「参加費+1万円」で“やる気のある企業様”との商談ができる
よって、商談成立も高い。
因みに・・・
「横浜ギョーザ」のハマトミさん。

f0070004_18064029.jpg


こんなに一回の「やる気と感動の祭典」で注文が来るのです。
スーパーマーケットのバイヤーさん。
「お取り組み企業をぜひ出展させたい!!」
と思っておられたら、お取り組み企業様を説得してみて下さい。
ものすごく感謝されますよ。
よろしくお願いいたします。
詳しくは以下をご覧ください。

詳しくは下記をご覧ください。
http://www.akindonet.com/yarukan/doc/yarukan22_booth.pdf


そして、今日は「小売業の姿が変わりつつある」について・・・

「GMS」がますます厳しくなってきています。
「ユニー・ファミマとドンキ資本業務提携」
目的はユニーさんが運営しているGMSの立て直しのため。
18年度中にも6店舗をドンキにするのだとか・・・
18年度以降も、年間20店舗程度、ドンキになるとのこ・・・

また、「イトーヨーカドー」の不振も下げ止まりしない。
数字だけ見て、「閉店」の決断をすることはなくなったみたいですが・・・
閉店後、他の企業が入店すると、その何倍も売れる店になる。
「リーダー」というポジショニングで「コストリーダーシップ戦略」を怠ったツケ
ここにきている。

さらに、アメリカではSCや百貨店、専門店がどんどん閉店。
というよりも、「リアル店舗」から撤退する企業が続出している。
来年あたりは、「大型踏査さん」のニュースが続出するかもしれない。
「ネット販売が実店舗販売のシェアーをどんどん奪ってきている」
10年後・・・
5年後・・・
の日本を映し出しているような気がしてならない。

そんな中、唯一「コストリーダーシップ戦略」を行っている感じがした
「イオン」さんもGMSなどが厳しくなってきているとのこt。
売上げは5年間で5兆6,853億円から8兆2,101億円と44%も成長させている。

f0070004_11134495.jpg

Business Journal「イオン、その知られざる危機的状況…主力・スーパー事業、利益額95%減の深刻さ」より

しかし、経営利益は2125億円から1873億円へと12%も減少
さらに、当期利益は5年前の745億円から112億円まで減少している
その最大の原因がGMSの事業不振

f0070004_11171584.jpg

Business Journal「イオン、その知られざる危機的状況…主力・スーパー事業、利益額95%減の深刻さ」より

この表を見て欲しいのですが・・・
今やイオンさんの収益の柱は「総合金融」
今まで柱だったGMS事業は、5年間で売り上げを15%も伸ばしながら・・・
利益は95%も減少している
「別に利益が出ているからいいのでは・・・」
と思われがちですが・・・
「総合金融」におけるイオンさんの出資比率は50%くらいしかない。
つまり、利益の半分しかイオンさんに帰属しないという事です。
よって、こんな収益大幅減に繋がっているわけです。

「GMSで収益が出なくなっている」
これは「GMS」自体の“業態不要論”に繋がるのか・・・

商人伝道師はそうは思わない。
事実、広島のイズミさんなどはしっかりと売上げも上げながら・・・
利益も出されている。

ではなぜ・・・
それは・・・

「正しいことを学び、正しく実践していない」
だけではないか。
イズミさんや平和堂さんなどは「スーパーマーケット事業」を強化し、
GMSの売上比率を下げようとされている。
GMSもイズミさんの「LECT」などは・・・
アパレルの売り場面積を30%以下にしている
これは、従来の考え方なら「死活問題」につながる。
本来、テナントミックスはイズミさんのようなディベロッパーがやるべき
業務を「TSUTAYA」さんのようにテナントに自ら売場を編集(キュレーション)してもよいとまでしている。
もう、専門店の寄せ集めのGMSやSCはいらないということである。

こういうことからも、「小売業が大きく変化しよう」としている。
今回なぜ、「輸入フルーツ問屋」さんを「第22回やる気と感動の祭典」の青果部門の発表者に選んだか・・・

株式会社松孝
商品リーダー
近藤 愛作 さん

商品リーダー
後藤 和人 さん
f0070004_11272519.jpg


青果部門のご紹介映像



それは・・・
「輸入フルーツが戦略商品」になりつつあるからです。
“差別化・独自化”として、国内フルーツの関しては・・・
「特栽農産物」「ハイパーローカル」「生産者直売コーナー」などを行ってきて、
一定の成果は挙げられました。

しかし、「リンゴ」以外は“フルシーズンフルーツ”がないのが現状。
反面、輸入フルーツは・・・
「バナナ」
「ブドウ」
「アボカド」
「キウイフルーツ
「グレープフルーツ・オレンジ」
「レモン」など・・・

国産商品も含めて、“フルシーズンフルーツ”ばかり。
「この輸入フルーツで差別化・独自化できなかったら、青果部に将来はない!!」
と見ているからです。
そこで、「独自化・差別化できるフルーツ」を取り扱っている、
大田市場の「松孝」さんに白羽の矢を立てたわけです。

また、鮮魚は・・・
本当に「魚がいません!!」
今年の秋の「サンマ」・「スルメイカ」・「秋鮭」は悲惨なものです。
これは今年だけなんでしょうか。
違いますよね。
来年には「築地市場」から<b>「豊洲市場」に移転します。
「豊洲市場より直送」って看板になりますか?

しかし、青果や精肉と違い、鮮魚は「市場頼り」
なぜなら、「物流」がネックだったわけです。
特に「北海道」や「三陸」は・・・
しかし、よくよく見たり、聞いたりすると・・・

「日本冷凍魚の備蓄量が多いのが三陸!!」なんです。
「北海道で獲れる魚が劇的に変わってきている。
今まで沼津や銚子などで水揚げされていた魚が北海道で獲れている!!」のです。
「さらに、相場の安い時に大量に仕入して冷凍している!!」のです


「1ヶ月分・半年分・1年分」を一括で調達されてみてはどうですか・・・
そんな「大改革仕入」を提案したく・・・
二つの会社を指名しました。

中標津地方魚菜株式会社
代表取締役社長
久本 眞一 さん
(サポート会社 株式会社東武)
フーズI課長 兼 鮮魚バイヤー
木幡 竜仁 さん

株式会社エムケーコーポレーション
水産部 営業部長
小林 勝徳 さん
f0070004_11273857.jpg


鮮魚部門のご紹介映像



鮮魚はこれから「コストリーダーシップ戦略」と・・・
「ニッチャー戦略」の両方を行っていかねばなりません。
それを理解してもらいたいのです。
「地元の市場頼り」を捨てないと・・・

因みに今回発表する「エムケーコーポレーション」さんの内容の一部を紹介します。

f0070004_11280325.png
f0070004_11280929.png
f0070004_11281330.png
f0070004_11281546.png
f0070004_11281808.png
f0070004_11282119.png
f0070004_11282450.png
f0070004_11282751.png


こんなこと、鮮魚のバイヤーさんは知っていますか?
なぜ、商人伝道師がこの「エムケーコーポレーション」さんに目を付けたのか、
その理由がこれでわかりましたか・・・
経営者のみなさん、鮮魚担当のみなさん・・・。

イズミさんの「LECT」のように・・・
利益の柱でもあった「専門店からのテナント収入」というビジネスモデルを変えて、
その部分を30%以下にする。
こんな“大胆なビジネスモデル”の変更がスーパーマーケットでも必要となってきていると感じています。

そこで今回は、大胆な発表者選出となりました。

「仕入れシステムの大改革が必要!!」と感じているからです。
この秋からまたまた「価格攻勢」が激化してきます。
イオンさん
西友さん
セブンイレブンさん
そして、「勝ち組」の....
ユニクロさん
ニトリさん
まで値下げして、価格攻勢を強めています。
「アマゾン」や「ゾゾタウン」対策です

このまま「資本力」のない企業が「大手企業がやっているから・・・」
ということで追求していいのでしょうか・・・
他にやるべきことがあるのではないでしょうか・・・

そこで今回は・・
「調達」
ということで・・・
「アウトレット商品調達」や・・・
「仕入れから現地調達」
「フルシーズンフルーツの差別化」
を発表の中に入れました。

「正しいことを学んで欲しい!!」ために・・・
おわかりでしょうか。
今、これを学んでいないと・・・
痛い目にあいますよ。
皆さん・・・
そこで今回「第22回やる気と感動の祭典」はものすごく変わった顔ぶれにしました。
ぜひ参加してみてください。
「小売業の姿が変わり始めている」

そして「今日の一言」
貴方に配られたトランプのカードは不利ではない。
貴方の考えや感情が不利にも有利にも作用するのだ。
(マーフィー)





# by akindonet | 2017-09-19 18:00 | Comments(0)