商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
今日は山梨日帰り出張。
もう5月ものこり10日あまりとなってしまった・・・。
この1ヶ月間、小生は何をやっていたんだろうと後悔の念でいっぱいになっている今日この頃です。
まだあと10日ある。
頑張らなければ・・・。
そこで今日は 「今年の夏」に向けて・・・。


気象庁が今年の夏の長期予報を先日発表しましたよね。
知っておられますか?
今年の夏の長期予報は“異常気象”になる可能性が高いとのこと。
いわゆる“猛暑小雨”だとか・・・。
ということは「水不足?」の心配も?!
皆さん、この長期予報をもとにどんな戦略を立て直そうとしていますか。


まさか「例年通り」という展開をしようなんて考えていませんよね。
そんな考えを持っている企業さんは100%今年の夏商戦は大苦戦します。

なぜか?

「異常気象」時は「異常に売れる商品」があるんです。
当たり前ですけどね。
しかし、この「異常に売れる商品」を見つけきれないんですよ。
ほとんどのスーパーマーケットはPOSデータを見て、
「売れない商品」を探し、その売れない商品の対策を打つ。


しかし、異常気象の為に売れない、
いわゆる「お客様のニーズ」がないわけだから、どんなに売り込んでも売れない。
なのにどんどん売り込んで“墓穴”を掘る。


その反面、勝ち組企業は何をするか?
それは「異常に売れている商品」を発見する。
そしてその「傾向」を読む。
そして、その傾向に当てはまる商品を徹底的に「売上げが動く場所」
“コト”を付けて売り込む。
異常気象による「お客様ニーズ」のない商品はあきらめる。
それよりも異常値をたたき出す商品をとことん売り込むんです。
これが大きな「違い」につながるんです。
お分かりですかね・・・。


異常気象時は企業姿勢が売場に出ると良く売れます。
本部が「圧力集団」の企業は何があとうと自分が作った
「販売計画」を守ろうとさせる。
逆に本部が「サポーター」の企業はどんどん自分が作った「販売計画」を壊していく。
これが売場に出るんですよね。
特に異常気象時は・・・。
お分かりですか?皆さん。


バイヤーさん、店長さんはあなたの地域の「長期予報」
しっかりとキャッチしていますか?
キャッチしていないバイヤーさん、店長さんはすぐにキャッチすべきです。
そうしないとこの夏を乗り切れませんよ。
早く“動くこと”です。
すぐに・・・。


今日は 「今年の夏」の長期予報から見た「成功法則」 の話でした。
お役立ちできましたか?

今日の一言・・・

「プロというのは寝ても覚めても仕事のことを考えている。生活全てが仕事。そこがアマチュアとの絶対差だ。」
                                 (相田みつを)


私たちは、 「プロである。」
誇りと自信をもって、全身全霊“今”を生き抜こうよ。

商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

# by akindonet | 2007-05-21 20:14 | Comments(0)
今日は日曜日ですね。
5月も20日くらいになると、もう夏の気配がしますね・・・。
今日の小生は久しぶりに”お休み”です。

しかし、次の”お休み”はいつになることやら・・・。(トホホ・・・)

まぁ、いいかッ・・・。


今日は、 TFA について。
何?!ナニ?!
TFAて何?と思われた方がほとんどだと思いますが、
これは「トランス脂肪酸(Trans Fatty Acids)」の略なのです。

エッ?!ひょっとして「トランス脂肪酸」を知らない方っています?
あ~、これはマズイ!!

でも、心配しないで・・・。

スーパーマーケットで働いている方で、このTFAを知っている方は恐らく5%くらいかな?
ほとんど関心なし・・・。

なぜか?


それはね、勉強してませんもの~。(あ~、ちょっと刺激的な発言ですね)
でもね、皆さん、
海外では、このTFAはいわゆる「社会問題」になっているのです。

アメリカは勿論のこと、お隣の韓国でもTFAは社会問題になっているのです。
では、この「トランス脂肪酸」について、ちょっとだけ説明をしましょう。

このトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、
善玉コレステロールを減らす危険性があり
「心臓病」になるリスクが非常に高いことが分かっているのです。

どれくらい高いかと言うと、
「総摂取エネルギーの中で、
たったの1%しかTFAを摂っていなくても心筋梗塞のリスクを11,5%高める」

のだそうです。
今や、アメリカでは、「心臓病」が死因のトップなのです。
ですので、このTFAについての関心は非常に高いのです。

ちなみに、このTFAって何に多く含まれているのか知っていますか?

それは、 「マーガリン」と「ショートニング」なのです。

毎朝食パンに付けている「マーガリン」は、「心臓病」になり得るリスクの高い商品なのです。
ビックリでしょう・・・。

先日、アメリカのスターバックスは、「TFA追放」を宣言しました。
しかし、日本のスターバックスはしていない。
”日本をナメとんのか~!!”と怒っている小生がここにいます。

また、韓国ではロッテグループが「「TFAゼロ化」を発表しました。
では、日本は?!・・・。

なぜ、日本ではこのTFAについて判断が無いのか?
農林水産省と食品安全委員会の見解は、
「欧米に比べて摂取量が少ない」というのがその理由。

世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)が勧告した
「1%未満」の基準に収まっているからだそうです。

本当に、これでいいのでしょうか?
「日本の未来を担う子供たちにTFAが含有される商品」を
このまま摂取させていいのでしょうか。

小生は「No!!」 です。

TFA低減は世界的な流れなのですよ。
なぜ、日本だけが?!
どこかに見えない”力(圧力)”があるのではないかと勘ぐってしまいます。

「洋風化・欧米化がどんどん進む日本」では
この「TFAゼロ化」を一日も早く取り入れられるよう願わずにはいられない小生です。

”まずいよ日本!!マズイよ!スーパーマーケット!!」
一体、アメリカの何を視察して来ているんだい?
日本の流通業の経営者は・・・。


そして、今日の一言・・・。
「国があなたのために何ができるかでなく、
      あなたが国のために何をできるか、問い掛けて下さい」

                                 (ジョン・F・ケネディーの言葉)


「未来の子供たちの為に・・・」
TFAはもう要らないよ。

商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

# by akindonet | 2007-05-20 23:45 | Comments(0)

「健康管理と経営」

今日は山口へ出張です。
近ごろ、かなりハードな日々が続いているせいか、少々バテ気味です・・・。
この辺でバテていたら、夏になると同時で「夏バテ」になってしまいますよね。
健康管理には十分気を付けていかないと・・・。

そこで、今日は 「健康管理と仕事」 について・・・。

野菜を1日350g以上摂る食事を心掛ける。
ビタミンを多く摂る食事を心掛ける。
脂ものは控える。
等といった「知識」はみんな持っていますよね。

しかし、現実は・・・。
病気にならないと、このような健康に良い食生活はしない。
タバコは身体に悪いことは「知識」として皆さん知っていますよね。
しかし、大病を患わないと止められない。

そうです。
「行動を伴わない情報収集」である”知識”はみんなあるのです。
でも、「分かっちゃいるけど止められない」と”スーダラ節”になってしまいます。

これって、仕事も同じではないでしょうか。
経営状態が悪くなるということは、人間でいう”病気”になることと同じですよね。
病気になって入院したとしても、お医者さんは必ず
「医者は病気を治すことは出来ません。治すのは患者さん自身です。
医者はそのお手伝いをするだけですよ・・・」
と言いますよね。

もし、お医者さんで「私が治します」と言ったら、かなり危険なお医者さんですよね。
だから、仕事も自分で解決するしかないのです。
病気になる前に・・。

しかし、「これくらいの問題は自分で解決出来るから報告しなくていいや」とか、
「これくらい大したことないや」と高をくくったりして、
いつの間にか問題が大きくなって
会社の経営状況をも悪くし兼ねないことってあるんですよね。

例で言えば、 「雪印事件」や、記憶に新しい「不二家事件」
そして、この「商人ねっと」に出演していただいた際に
このことを語尾を強めておっしゃっていた和田一夫さんの「ヤオハン」

全て、小さい問題を軽視したり報告を怠っていたことが原因となっていますよね。
これは「対岸の火事」ではなく、あなたの会社にも潜んでいるかもしれません。

「不良在庫」を見逃していませんか?
「棚卸しのごまかし」を見逃していませんか?
「衛生管理マニュアル」を守っていない人を、見て見ぬふりをしていませんか。

このような小さなことが、会社の経営を揺るがしかねないのです。
「不良在庫はダメだ!!」
「棚卸しのごまかしはとんでもない!!」
「食品を扱っているのだから衛生管理は当たり前!!」
という”知識”は持っているんですよね。

しかし、会社の「健康診断」を定期的に実施し、
健康を維持する日頃の摂生を怠っていませんか?

病気になってからでは手遅れですよ。

「小さく考えられる会社こそ大きくなれる」と、よく言われます。
そして「凡事徹底」ということ、知っていますよね。
”当たり前のことを当たり前に徹底してやり抜くと、
そこには当たり前じゃない結果が生まれる”のです。

これって、とても大切ですよね。
会社も健康管理も一緒ですものね。

アッ!!
そういえば、近ごろ小生、不摂生をし過ぎてた・・・。
だからバテるんですね。
鬼嫁の言う事を聞かないからバテ気味になったんだ・・・。
原因が一つ分かり、解決!!

健康維持出来ない人間が会社の健康は守れないもんな!!


そして、今日の一言・・・。
「合理化の初歩である「整理・整頓・掃除」の3Sから始めた。
作業改善を考えると、作業だけでは駄目で、
商品の荷姿や物流の方法も変える必要がある。
MDも含めないと本当の合理化にはならない」

                                 (ヤオコー社長 川野 幸夫氏の言葉)


商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

# by akindonet | 2007-05-19 22:43 | Comments(0)