商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

中町洋子はすごい!!

小生のブログでも紹介したように、先日4月26日に岡山で「心の接客」セミナーを開催した。
岡山という集客できない地で、なんと70名も集まっていただいた。

小生は広島にすぐに行かねばならないので、冒頭の30分しかいなかったのであるが、
今回の講師、中町洋子先生のすごさに超”感服”した。

なんと、中町先生、冒頭の30分で参加者の3分の1の方を
”感動の涙・涙・涙”にしてしてしまった。

いろんなセミナーに小生は参加するが、冒頭の30分で参加者を感動・感激で泣かす
なんてめったに見たことがない。

やはり、小生が見込んだだけのことはある。
中町洋子先生を必ず1年以内に”接客スター”にしてみせます、
とあらためて感じた。

ブログを見ている皆さん、5月は23日火曜日に東京でまたまた開催します。

”スーパーセミナー”ですよ。接客セミナーというよりもむしろ、
”人間力”セミナーのような気がします。
ぜひ、このブログを見られた方、一度参加してみて下さい。
”すっごい”ですよ。
「魂のセミナー」を一度感じて下さい。

詳しくは弊社ホームページで・・・
http://www.nihonkeiei.co.jp/seminasekkyaku.html
「参加者の歓喜の声」も掲載予定です。

GWも仕事している小生でした・・・
<追伸>うちのスタッフ、みんな出社しているよ・・・
# by akindonet | 2006-04-30 12:43 | Comments(3)
小生には昨年、新たな友人(小生が思っているだけかもしれないが・・・)と出会った。

某M財閥の会社に勤めている30代前半の若者である。
苦しんでいる中小企業の方々の「ビジョナリーパートナー」となって中小企業の方々が
ビジョンを達成する為のパートナーになりたいという強い思いで、その一流会社を6月で
退職し、コンサルタントで独立するのである。

すごい勇気のいることである。でも、その「思い」と「勇気」に小生は感銘し、友人の
一人として応援してあげたい。

実は先日日曜日、夜6時に弊社へ来てくれた。
(日曜日なのに全員出勤している小生のスタッフはすごいなぁ~)

そして小生事業の「商人ねっと」のことをお話し、すこしではあるが御協力頂けること
になった。
(小生が一人で決めてつけているのかな?!)

その話が終わった後、

 「ここで飯を食ってもいいですか?」

とA君が言うのである。

 「どうしたの?」

と小生が聞くと、

 「もう少しの間、この部屋(オフィス)にいたいんです。」

と言うのである。

小生、すごく感激!!

「元気をもらいたい人で、勝手に少しの時間いてもいいですか!?」と言ってくれた時に、
この男、絶対に成功すると確信した。

「人間は同性から褒められたら本物!」と小生の大学の恩師から言われたことがある。
A君はまさしくそんな男である。

多分、これから”苦しむ”だろうし、”悩む”だろう。
でも、大丈夫、君にはたくさんの友人がいる。
その人々が助けてくれる。

”その一人は小生であるから心配することない。”と勝手なことばかり言っているが、
実は友人になってからA君にお願いごとばかりしているのは小生である。
はずかしい。。。。(。-_-。)ポッ

いつもありがとう。(この場をかりて)

小生は、後からいつも学ばされる。小生の数倍勉強している。
それは、「志(こころざし)」があるからだと確信する。

友人だからこそ、小生もA君には負けられない。お互い切磋琢磨していきたい。
A君、これからもよろしくい。

このブログを読んでいただいている方にA君への激励のメッセージを入れて頂ければ
ありがたい。
そして友人の一人にしてほしい。彼は小生の”一生の友人”になると確信している。
だから、みなさんの”友人”になってもらいたい。

A君のブログのアドレスは

  http://blog.livedoor.jp/a23_tomo/

である。

是非「ビジョナリーパートナー」として感動する姿が目に浮かぶから成功しますよ、A君。

そして最後に今日は岡山で弊社の「接客セミナー」開催。
約70名の参加で開催する。小生も30分の挨拶の為、岡山へ行き、その後、広島へ向かう。
仕事である。。。

強行スケジュール大好きな小生からのちょっと自慢の友人の話でした。
# by akindonet | 2006-04-26 11:49 | Comments(0)
ある本で「易経(えききょう)」の特集があった。

よく「易経」というと占いの本と思われるが、実は「四書五位」のうち、「書経」と並んで
最も古い本で、現代風で言うと「時と兆しの専門書」というふうに訳すのが適切かも
しれない。

その本の中で、リーダーに必要なことが書いてあったので紹介したい。

「兆し(きざし)」と「萌し(きざし)」の違いは何か?

「萌し」は例えば2月の立春を過ぎて風が暖かくなり、梅の花のつぼみが膨らめば、
もう春が近いことは誰の目にも明らか。そういう変化を「萌し」という。

一方、「兆し(きざし)」とは、例えば12月の冬至の日を境に、陽転し、陽が長く
なり、少しずつ春へと向かっていく。しかし本格的に寒さが厳しくなるのはそれ以後。
1月の小寒、大寒を経てゆっくり暖かくなっていくから冬至の季節が転換したことは
暦の上では知ることはできても、普通はなかなかわからない。

この「目には見えない」本質的転換のことを「兆し」というのだそうである。
この「冬至」の段階で流れがわかるようにならないといけない。

普通の人はわからなくても、リーダとなるべき人はその兆しをしっかりと見極め行動
していかなかればならない。

例えば、飲食業の人ならば、たまたま入った店が

「今のお客様は少ないがいずれ流行る」

とか、

「今は話題になって流行っているが、半年後には廃れる」

とか理由を含め、その兆しを見極められなければ成功しないというものである。

なかなかきびしいことがあるが、だからこそ毎日問題意識を持ち、情報を仕入れる
必要である。

という小生もなかなか、日常業務におわれていると、この「兆し」をみることをおこたって
いたような気がする。

小生はスーパーマーケット視察は最高の趣味であるが、もっとこのような「兆し」を
見ながら視察をしていきたいし、今度の「商人ねっと」の番組もこの「兆し」にそった
番組にしていきたいと思う。

今回はちょっと難しいブログであったが・・・リーダーのみさなん「兆し」見えますか?
# by akindonet | 2006-04-24 10:14 | Comments(0)