商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
2月3日の節分と言えば、昔「節分豆」。今、「恵方巻」といったところか・・・。
3~4年前からコンビニエンスストアが大々的に恵方巻に取り組み、ブームになってきた。
とあるコンビニエンスチェーンは全国では350万本も販売したとか?!
すごい!!

1本380円平均として1,330,000,000円・・13億3千万円である。

”たかが恵方巻、されど恵方巻”である。

小生のコンサルティング企業もよくがんばってくれた。
多分、スーパーマーケットでは飛びぬけた取り組みをしていると自負している。
今回はその一例を写真でお見せします。

f0070004_1293297.jpg

「赤鬼が恵方巻ライブ」
「全ゴールドバー恵方巻」
「お肉屋の恵方巻」

など、皆さんの近くのスーパーマーケットでは絶対にやっていないであろう。
企画やライブを惜しみなく行なっている。本当にすごい!!

我がコンサルティング企業に感謝、感動、感激の「3感王」をあげたい。

”君たちは間違いなく日本一のスーパーサプライズ軍団だ!!」

さあ、3月3日は「ひなまつり」もある。
スーパーサプライズ軍団の今後の取り組みが楽しみだ。
随時、ブログで紹介していこう。
# by akindonet | 2006-02-19 12:03 | Comments(0)
2月14日にバレンタインデーが終わった。
百貨店系はバブル期以降最高の売上を記録したという。

高度なマーケティング専門家やコンサルタントの先生方は、
 「携帯電話が普及してバレンタインチョコに回すお金がなくなったから、
 チョコの売上が下がった」
とまことしやかに論じている方が多いのだが・・・。

この現象どう反論されるのであろうか?楽しみだ。

今、ちまたでは「友チョコ」なるものが流行っているとか?
女の子同士でバレンタインデーにチョコレートの交換をするのだと・・・。

やはり女性は「買物の達人」だと関心する。
男はそんな発想は絶対に浮かばない。

バレンタインデーの時期しか”おいしそうな”チョコが並ばないから、みんなでチョコを
交換しようという考え。女性ならではである。

小生はコンサルティングをしている企業へ

”チョコを購入される方の約70%は自分へのご褒美に買うのだから、ブランドや
グルメチョコを売り込みなさい!”

という提案をしてきたが、これも古いのか・・・。

来年「友チョコ」メインで押していこう!!
(小生はたった2コしかチョコプレゼントなく、寂しい限りであるが・・・)
# by akindonet | 2006-02-19 09:30 | Comments(0)
小売業は今、「モノ売り」をしている場合ではない。私は早く気づいて欲しいと思う。
このように「モノあまり」・「情報あまり」している時は高度成長期と同じように「モノ売り」をしているようでは、それこそモノは売れない。

今は間違いなく「モノについているコト」を売る時代になっている。
すなわち
「モノについている情報」を売るのである。

  「なぜこの商品を品揃えしているのか?」
  「なぜこの商品を売り込んでいるのか?」

を伝えることが売上につながってくるのである。

小売業の皆さん、早く気づきなさい!
「モノ売り」時代から「コト売り」時代になっていることを・・・・。

まずは自分の”思い入れ」をPOPに示すだけでよい。
それでもお客様は何かを感じてくれるはず。POPはお客様への「ラブレター」!!
愛をこめて書いて欲しい・・・。
# by akindonet | 2006-02-18 09:28 | Comments(0)