商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
今日は土曜日、小生は、今日も元気よく働いています。
今日、このBlogを朝の喫茶店で書いていたのですが、
目の前にパチンコ屋さんがあります。

開店前の時間なのに、もう既に50人ほどの人だかり・・・。
「一攫千金」でも狙っているのでしょうか?
「賭け事」を一切しない小生にとっては奇妙な光景です。

なぜ、パチンコ屋さんはあれだけ外装にお金を掛けられるのか?
なぜ、あれだけ新種のパチンコ台を頻繁に交換できるのか?
を考えれば・・・。
でも、これ以上書くのはいけませんね。

スーパーマーケットで働いている方にも「パチンコ大好き」
という方が沢山いらっしゃいますので・・・。
・・・「人それぞれ」ですもんね。


今日は「結果」について書きます。

ここ近年、
「時短」問題・「残業」問題・
「保険・保障」問題・「ゴミ有料化」問題

など、小売業を取り巻く環境はますます厳しくなり、
今までは掛からなかったコストが年々増えてきています。

働いていらっしゃる方もお分かりですよね。

こういう時代だからこそ、今までよりも「結果」を求めらてきていると思うのです。
「結果」が出せないと、
会社は「世の中」並びに「規制」に負けてしまいます。

そういう時代なのです。

だから、社員全員(パート社員・アルバイト社員の方も含む)が
「結果」に対して責任を持つことが大切になってきています。

小売業、特にスーパーマーケットでの一番の「結果」とは何か?

「売上げ?」・「粗(荒)利益率?」・「経費削減?」・「「客数増?」
などいろいろあると思いますが、会社や経営という面からすると、
全社員「粗(荒)利益高」に固執し、
責任を持つべきだと思うのです。

陳列される方が全員、
常に「荒利益高の高い商品」を”意識化”して陳列する。
発注される方が
常に発注時に「荒利益高の高い商品」を”意識化”して発注する。


そして、各部門のチーフは
常に「売上げ高と仕入れ高の差益高」を”意識化”して、
販売計画を立てる。

最後に店長は、
全社員に「皆さんのお給料はどこから出ていますか?」と問いかける。

「会社でもありません。お客様でもありません。
売上げでもありません。”荒利益高”からしかでないのです。」
と言い続ける。

そして、最後に
「荒利益高の高い商品とは、”売れていて儲かる商品”なのです。
だから、その商品を売り込めば、お客様にも喜んでいただけるのです。」
ということを言い続けることなのです。

言葉は”意識”を変え、意識は”行動”を変え、
行動は”結果”を変えるのです。


皆さん、小売業を取り巻く環境は、
競合店だけではなく、国や制度(規制)というのもあるのです。

これからは、実は競合店よりも国や制度(規制)が会社を苦しめてくるのかもしれません。
だから「結果」を出していかねばならないのです。
その結果とは、「荒利益高」の向上だと思います。

「経費削減」もしなければなりません。
しかし、「リストラ」のやり過ぎでは、「現場力」を落としてしまいます。

経営者の方々も思っているのです。
できれば「経費削減はやりたくない!!」って・・・。
その為には、「荒利益高」の向上しかないのです。

これは、全社員が一丸となって取り組めることなのですよ・・・。

日本一の収益企業トヨタさんには
「三現主義」というのがあるのだそうです。
「現場・現物・現実」
社長をはじめ、全社員が見なさいということだそうです。

「改善」だけがクローズアップされますが、
実は、この「三現主義」の思想があるから、
常に「改善」をするんだという者風雨が生まれてくるのだそうです。

”日本一、いや世界一の収益企業”トヨタさんでさえも
「現場・現物・現実」を一番重視しているのです。
なのに、収益の出ない企業は逆に
「本部・計画・理屈」が”充満”している。

経営陣が「三現主義」を意識していない企業は多いですよね。
これが問題なのです。

ですので、小生のコンサルティング手法は、
「全員参加」が基本なのです。
「経営陣・本部バイヤー・店長・チーフ」全員が集まり、同じことを聞く。

だから経営陣・本部・バイヤーは「三現主義」を意識化でき、
現場担当者(店長・チーフ)は、実施すべきことが「見える化」できるのです。
だから、これをやり続ければ「結果」が変わるのです。

但し、「実践」するかどうかが問題ですが・・・。

「結果」。
これは誰もが聞きたくない言葉。
でも、現実は「結果」なのです。

今年は「結果」にこだわりたい。

こんな偉そうなことを言っている小生も、
そして、小生のスタッフさん達、
わが社こそ、今年は「結果」ですよ!!
分かっていますか?

期待しています。


そして、今日の言葉・・・。
「”やり抜かなくては”という気持ちが、さまざまなアイデアを生み出す。」
                           (カシオ創始者 樫尾 忠雄氏の言葉)


「やり抜かなくては・・・。」
みんながこの気持ちを持ち続けることを期待する。



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓


# by akindonet | 2007-01-13 16:38 | Comments(0)
今日は久しぶりにオフィスでの仕事です。
といっても、出張よりも忙しいんですよね(^^;)
来客される方や、お取り引き様が次から次へといらして、
いわゆる”仕事にならない状態”なのです(^^;)

出張の方が仕事になりますね。
総務の荒川Rちゃんが、まとめてメールしてくれるから一回で済みますもの・・・。


今日は「意識化」について・・・。
小生はあまり偉そうなことは言えないのですが、
ここ1~2年すごく小生の基準や会社の基準が上がって、
いろんなことに取り組めるようになりました。

スタッフが多くなった訳でもないのに、
小生のコンサルティングの「シナジー(波及効果)」として
いろんな取り組みを行えるようになったのは、
この「意識化」の習慣をつけたことと、
「危機意識」を持ち続けたことだと思います。

その中でも、「意識化」は、
小生にとって、とても大きな効果を導き出してくれました。
とても大きかったのです。

では、「意識化」をする為にはどうしたらよいか?
簡単に言うと、
①、常に自分にとって大切なこと、重要なことは
   朝、目覚めた時から頭に思い浮かべるようにする。
②、仕事をする上において、自分がすぐにミスをするところ、
   劣っているところを「ここは気を付けるんだぞ!!」と自分に言い聞かせる。
③、手帳に、「目標」や「実施事項」をメモするように心掛ける。
④、夜、寝る時に、
   明日「絶対にやらなければいけないこと。」を整理する。

と、小生なりに解釈して、それを実践しています。

特に小生は、皆さんご承知だとは思いますが、
ほとんどオフィス出社できません。
そして、朝早くから夜まで、クライアント様のコンサルティング。

あとの残りの時間で会社の業務報告を見て、
どんどん判断し、指示を出していかねばなりません。
ですので、「意識化」しないと決断が遅くなり、
「ビジネスチャンス」を逃すことになります。

常に「意識化」するように心掛けています。

そうすることにより、近年すごい量の仕事をこなすことが出来るようになりました。
(まだまだですが。。。)

皆さん、朝起きて
「今日一日の意識化」をされていますか?
仕事をスタートする前に
「仕事の”優先順位”を決めて」いますか?
仕事が終わった後に、
「明日はこうしよう!!」と意識化していますか?

本当に些細なことですが、これを毎日続けていくと
1ヵ月後・3ヵ月後・半年後に大きな「成長」の変化が自然と起きてきます。
自分では気付かなくても、周囲の方々がそのように評価してくれます。

「意識化」って、それくらい大きな力があります。

今年は小生だけではなく、小生のスタッフやクライアントの皆さんにも
この「意識化」を拡げていこうと考えています。

この「意識化」の流れが拡がったら、
1年後はそりゃ凄い「グループ(集団)」になるんだろうな?
と一人ワクワクしながら書いている小生でした。

ちなみに、小生の会社の「今年の業務スローガン」は・・・、
「”人の嫌がること”、”面倒くさがること”、
”できたらしたくないな”ということを進んで行い、
初めて仕事になり、価値が生まれ、商売になる。
我々は、このような気持ちで常に業務に従事しよう。」

としました。

「面倒くさいな~」、「こんなことするの嫌だな~」、
「したくないな~」ということは自分でやらず、他人に任せますよね。

それを小生の会社は”喜んで”引き受けなさい!!
そうすれば、それは仕事になり、価値が生まれて、
ビジネスとして成功するということである。

このような気持ちで皆が従事してくれれば、必ず幸せになると思っているんです。

これも「意識化」なんですね。
皆さんは、会社が今年どのような「目標」を立て、
それについて、自分の職位でどのような「目標」を自分自身で立てられましたか?

これが「意識化」です。
このような気持ちを持ち続ければ、必ず「結果」が変わってきますよ・・・。

小生のちょっとした、お節介アドバイスでした。


そして、今日の言葉・・・。
「若い時に流さなかった汗は、年老いてから涙になる。」
                 (世界のシューズ職人・アシックス 三村 仁司氏の言葉)



これからの流通業を背負ってたつ若者へ捧げる。



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓


# by akindonet | 2007-01-12 23:52 | Comments(0)
1月も11日が過ぎようとしています。
アッという間に”正月気分”が消えて日常生活に戻っています。

しかし、小生の意識よりも”時の流れ”の方が早い。
「あ~、もっと自分の基準を上げなければ・・・。」と思う今日この頃です。

1月も半ばに差し掛かると、スーパーマーケットでは
「節分」の準備に入ります。
スーパーマーケットで働いていない方は分からないとは思いますが、
「節分」はスーパーマーケットの「稼ぎ頭」なのです。
もの凄い「稼ぎ頭」のイベントです。

そりゃそうですよね。

”恵方巻きは一人1本丸かじり”する訳でしょ。
その恵方巻きは1本で50%の利益率。
そして、安くしなくても買っていただける。

こ~んな”おいしい”イベントはない。

にも関わらず、その取り組みといったら、
ほとんどのスーパーマーケットは お粗末である。
本当にお粗末ですね・・・。

取り組めば、どれくらいの恩恵があるかというと・・・、
(1本平均500円)×(1人1本として4人家族と仮定)
×(2,000人のお客様が購入)×(粗利益率50%)

2,000,000円の利益


たった1種類の恵方巻きで2,000,000円の利益を生み出すことができる。

これ”本気”で解っていますか?

本気なら・・・。
①、他部門の応援体制
②、売場づくりのミーティング
③、「単価アップ」の為の商品化変更
④、お祓いなどの付加価値展開


など、店長・担当者はミーティングを繰り返しながら、
本番を迎え入れなければなりません。

まして、今年は「土曜日」です。
絶好の曜日なのです。
例年の節分よりも、間違いなく売れる。
この好機を逃さない手はありません。

前年比2ケタupは当たり前。
思い切って展開することです。

成功は「事前準備と戦略」で決まるのですから・・・。


「節分」の重要性が理解されたら、
「商人(あきんど)ねっと」を視聴して下さい。
あの”惣菜のカリスマコンサルタント””成田廣文”先生
小生の”コラボレーション”番組となっています。

必ず、全員で視聴して下さい。

必ず、 「スゴイ!!」ヒントが見つかるはずです・・・。


今日は2日間かけて四国・徳島県の
「キョーエイ」さんで本格的コンサルスタートです。
徳島県No.1企業です。

それなのに、まだまだ「節分」の意識がとても低い。
2日間かけて徹底的に啓蒙しました。
結果が楽しみです。
同じ四国・高知県のサンシャインチェーンさんを目指して頑張っていくとのこと。
期待しています。

小生も、近頃「県内No.1」企業様をコンサルティングするようになってきました。
これも、お手伝いをさせていただいているクライアント様のお陰と感謝しております。
小生も、もっともっと基準を上げて新たな挑戦をしていきたい。

その為には、今のクライアント様を
「アウトスタンディング(卓越した)」なレベルまでもっといくこと
今の小生の使命と考えています。

小生のクライアント様の名が
全国にどんどん轟いてほしい・・・。

小生は「縁の下の力持ち」でいい。

それには、小生の基準を上げ、
クライアント様の「妥協」を許さず、「基準」を上げ続けさせることだと思っています。

クライアントの皆さんが
「売上げUP=基準UP」の信念を、強く持ってもらいたいと願う今日この頃です。

小生の会社も「基準」が上がり始めました。
オフィス内に、デカデカと4つの「新しい目標」がお目見えしました。
壁という壁に貼ってあります。

昨年よりも「基準」を上げる為に、「目標」が新たに増えました。
それを明日、全社員に説明です。

”人は納得しなければ動かない。説得ではダメである”
と、あるメンターに教わったので・・・。

クライアント様に負けずに「基準」を上げ続ける小生のオフィスであり続けたい。
皆さん、応援して下さい。


そして、今日の言葉・・・。
「まことに日に新たに、日日に新たに、又日に新たなり。」
        (「財界総理」と言われた土光 敏夫さんが最も好きだった言葉。
          中国古典(大学)より)



いつも、このような気持ちで一日一日を過ごしたいものである。

商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓


# by akindonet | 2007-01-12 00:20 | Comments(1)