商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
上海からの帰りの飛行機内で、
SBIホールディングスのCEO北尾氏(なじみのない方へ説明すると、
ライブドアのフジTV買収時に現れた“白馬の騎士”の方ですよ)
が書かれた 「進化し続ける経営」という本を読んだ。
北尾氏は6年間で20社以上のグループ会社をつくり、
その中から次々と上場させ、
ソフトバンクより現在注目を集めているグループにされた張本人で、
とにかくすごい読書家で勉強家である。

小生は、ライブドアのフジTV買収時の北尾氏に対しては、
「目立ちたがり屋のおじさん?」
というイメージを持っていたが、
その後「到知」という雑誌で北尾氏のインタビューを読んで、
一発でファンになってしまった。

その北尾氏が著書で書かれているのが、
「これからのインターネット情報時代は個の企業では闘えない。
“企業生態系”で闘っていかねばならない。
一つ一つの企業がシナジーを共有し、
その集合体の戦力で競合と闘って行けば必ず勝てる」
いった内容である。

「なるほど」と実感!!

そこで、小生すぐに実行する。
この「商人(あきんど)ねっと」を映像のみのポータルサイトにするのではなく、
「リテイルサポート」全般のポータルサイトにしようと・・・。

POS分析情報や消費者情報、チラシ情報、販促情報など、映像番組だけでなく、
もっと違う様々な角度から支援できるポータルサイトにして行こうと・・・。
その為には、 「共創の精神」に賛同していただける企業を見つけて行きます。
流通業に携わる方々へより魅力のあるポータルサイトにする為に
コンテンツを充実させたい。

このブログをご覧になっている方で、
興味のある方がおられたら、
連絡いただければ幸いです。


“個”ではなく“生態系”。
その通りである。
それと北尾氏が強調されたこと。
「才よりも徳を優先する」と・・・。

小生が尊敬する稲盛和夫氏を例とされて、ビジネスの成功は、

ビジネスの成功=考え方×情報×能力

であると言われている。
なぜ、ライブドアが間違ったのか?
それは「考え方」が間違っていたから・・・。
収益、株価しか考えていない。
これでは必ず失敗すると・・・。

まず一番大切なことは、
「経営理念」であると北尾氏は言う。
まさしく、 「才より徳」である。
小生もこうありたいと思う。

本日から2日間で能登です。

商人伝道師より
# by akindonet | 2006-07-13 17:54 | Comments(0)
さあ、上海も今日が最終日!!
朝8時に和田先生とお会いすることに・・・。
和田先生は昨日、北京より帰って来られたのにもかかわらず、
快くお会いしていただいた。

今、実は中国は
「おしん」
再ブームになっている。
和田一夫先生は、その
「おしん」の子
として、

「人民日報」
にカラー特集で紹介されていて、
中国の実業家の内でも最も知られている方である。
あの世界第3位のお金持ち
李 嘉誠
さんもお友達である。

その和田先生から、
“早く中国で「商人(あきんど)ねっと」をスタートさせなさい!!”と後押しされる。


「今がチャンスだよ!
排日運動で日本の企業は撤退している。
今はビジネスチャンスだよ!!」
と・・・。

「“おしん”のように日本の経営者の半生は中国で受けるよ!
中国から火をつけるという発想があるよ!」
とも・・・。

そして最後に
「私の人脈で広めてみせるよ。
なんなりと副社長に相談しなさいよ。
あなたの情熱にかけるから!!」
と言っていただいた。

超うれしい・・・!!



「商人(あきんど)ねっと」、

中国進出できるかどうかまだ分からないが、
こんな小生が中国進出を夢見ることができるだけでも幸せである。
ありがたい・・・。
何て幸せ者なんだろう。

中国進出には幾多の問題がある。
言葉・お金・スタッフなどなど。
しかし、
“やれば出来る。必ず出来る。”

を信条にしている小生としては、必ずやり遂げます。
だって最高の支援者がいるのだから・・・。

和田先生、
お忙しい中、お時間をいただきましてありがとうございました。
また、副社長の河合和子さん(和田先生の次女)ありがとうございました。
感謝しております。

その後、上海のシンボル「TV塔」を見て、
点心を食べ、
リニアモーターカーで上海国際空港へ向かいました。
なんとチェックイン締め切り5分前・・・(汗)
最後に上海で感じたこと
①中国は途上国ではない。貿易黒字で日本を抜いた「お金持ち」の国である。
②3年~5年後には上海がアジアの中心になる。確信する。
③流通業は極端に遅れている。ビジネスチャンスである。
④中国は常にウォッチングしておく必要あり。
 十億人ものマーケットがあるのだから
⑤小生はやはり日本人。
 中華は飽きた。
 お茶もダメ。
 そして何よりモラルが低い。
 歩行者より車が優先。
 地下鉄では降りる人より乗る人優先。

これは許せない。
以上。

ブログでこんなこと書いても仕方ないと思ったけれど、
みなさんにお知らせしたかった“上海の実情”。
生の声でした。

それと最後にCM
みなさんがご存知の通り「商人(あきんど)ねっと」の番組に
サンシャインチェーン第一弾公開しました。これは絶対に見るべきですよ!!
「日本一」と呼ばれるサンシャインチェーンの全てを、
余す所なく大公開しています。
“これを見れば繁盛店になれますよ!!”
必見の価値、100倍ものです。
# by akindonet | 2006-07-12 16:59 | Comments(0)
小生、恒例の
スーパーマーケットウォッチング
をスタートする。
まずは中国一の売上げ、利益を上げている
「上海第一八百伴有限公司新世紀商厦」
へ。
こちらの百貨店。
みなさん、ご存知ですよね。

“サクセスストーリー”
にご出演していただいている和田一夫先生がつくられたお店です。
地元ティがものすごく多い浦東で売れているのだろうな~という雰囲気。
だって対面のショッピングセンターはガラガラ。
その上テナントの撤退相次いで、空きスペースが目立ってんですもん。
さすが“中国一”にはかなわない。

その後、あの“カルフール”の最新店舗へ地下鉄で移動。
日本のカルフールとは雰囲気が全く違ってかなりレベルの高い店。
これなら中国で圧勝するかも・・・。
これぞ“スーパーセンター”の品揃えと価格政策。
勉強になる。

そして、午後から上海中心街のスーパーマーケットへ。
なんとみなさん、ビックリです!
静安寺にある久百城市広場というショッピングセンターは、
日本のデパ地下そのもの。
だってPOPが“日本語”で書いてあるんです。
日本メーカーの商品が80%以上!!
ほとんどテナントも日本企業!!
なんか場違いな感じ。
いくら日本に憧れがあると言っても違うんじゃない~、
という感じです。
でも面白かった。

それから、町並みをウォーキング&ウィンドショッピング。
小生は世界各地に行くけれど、出来る限りタクシーや観光バスは使わない。
地下鉄・鉄道・バス・徒歩でその国を肌で感じたいからである。

歩いてみてビックリ。
上海の貧富の差に・・・。

交差点一つはさんで歩いている人が全然違うんです。
高級ブランド店が多くあるストリート(静安寺)を
歩く人はもう、持っているもの全てブランド品。
停まっている車はなんとほとんど高級外車。
間違いなく平均的日本人より“お金持ち”ですよ。
このままいけば、5年で東京から上海へとアジアの中心が移るのでは・・・と感じてしまった。

そして、観光地、南京東路は月曜にもかかわらず、

人、 人、人の波!!

日本の10倍の人口を実感。

みなさん、アメリカやヨーロッパも良いけれど、
約3時間以内でいける上海はかなり刺激がありますよ。
ただし、物価が安いというイメージは捨てること。
物価はもう日本並みになってきています。
それよりも“活力”・“変化”を見るべきです。
上海は間違いなく「アジアの中心」になりますよ。
実感!!です。
だって東京の“活力”と比べたら全然かなわないもん。
是非、上海へ!

ちょっとお話しさせてもらいます。
小生、本気で中国でコンサルティング活動やろうかな?!
と思っています。
また「商人(あきんど)ねっと」も中国展開しようかな!!
と思っています。
だって、流通業は日本が“トレンド”だから・・・。
ダメもとで和田先生の「人脈」にアタックです。
“中国進出”するぞ!!
決断したら即行動です。
これしか小生、取り柄がないもんな~
では明日もお会いしましょう。
# by akindonet | 2006-07-11 10:20 | Comments(3)