商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

顧客感動!!

よく流通業の経営者やコンサルタントの先生方は”顧客満足”という言葉を使われる、
いわゆる流行語となっている。
しかし小生はこの「顧客満足」という言葉に一石をいつも投じている。

本当にお客様を満足させるサービスというのがあるのか?
小生はないとは言わないが大変な努力が必要だと思う。
だって「お客様は神様」ではない。「お客様は人間」なのである。

基本的に小生も含めて、「みんなワガママ」なのだ。
ましてやお金を払ってその店から商品を購入するのである。
「満足」のレベルとは大変な努力が必要となる。
万が一、満足されたらもっとレベルの高い店はないかと逆にお客様がはなれる危険性が
あるのではないか?(極論だが・・・)

それよりも小生はコンサルティング企業によく言うのである。
”顧客感動”を与えなさい!!と・・・・。

ディズニーランドのコンセプトは”お客様の五感を休ませない!!”だそうだ。
お客様の五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)に訴え続けていけば、右脳の潜在意識に
インストールされて無意識のうちにまたリピートとして来て頂けるのである。

”ライブ販売”、”サプライズ展開””気づきPOP”など小生は造語をつくるのが得意であるが、
全てこれはお客様の五感を刺激する販売方法をキャッチフレーズ式に言葉にしたままである。

今、小売業や流通業に求められているものは”顧客感動”(カスタマーディライト)であると
小生は思うのだが・・・。皆さんはいかがかな?

御意見を・・・・・・・。
# by akindonet | 2006-02-20 14:06 | Comments(0)
ダイエーの林会長、樋口社長の2トップはすごい”マーケッター”だなと近頃感じている。

流通業界では悲観(ひかん)的な声がよく聞こえてくるが、小生の見方はちょっと違う。
小売業は今まで店を構えてお客様が着てくれるのを待つというスタイルであり、
商圏が非常に小さいエリアで商売をしていたという今までの流れがある為に、

 ”マーケティング戦略”
 ”ブランディング戦略”

とは無縁の業態と言われてきた。

しかしその業界に ”企業再生家(?!)” として乗り込んで、またダイエーの林会長、
樋口社長はまず社員向けにブランディング戦略を取ってきた。
”ごはんがおいしくなるスーパー”や”ハート型をもじった新しいダイエーロゴ”など
意気消沈している社員を促がし、がんばっていこうというのがこの2つの”ブランディング”
からでもわかる。

小売業(スーパーマーケット)はやはり”人財”が全てである。
”人が動く”と店は活性化する。

人は”感じて動く”のである。
間違いなく、社員は”気づき・感じて”いるはず。あとは”動く”だけ。

小生は今後のダイエーを密かに応援している。
お二人にはお会いすることはないと思うが・・・。

                                         数少ない応援団より
# by akindonet | 2006-02-20 10:35 | Comments(0)
2月3日の節分と言えば、昔「節分豆」。今、「恵方巻」といったところか・・・。
3~4年前からコンビニエンスストアが大々的に恵方巻に取り組み、ブームになってきた。
とあるコンビニエンスチェーンは全国では350万本も販売したとか?!
すごい!!

1本380円平均として1,330,000,000円・・13億3千万円である。

”たかが恵方巻、されど恵方巻”である。

小生のコンサルティング企業もよくがんばってくれた。
多分、スーパーマーケットでは飛びぬけた取り組みをしていると自負している。
今回はその一例を写真でお見せします。

f0070004_1293297.jpg

「赤鬼が恵方巻ライブ」
「全ゴールドバー恵方巻」
「お肉屋の恵方巻」

など、皆さんの近くのスーパーマーケットでは絶対にやっていないであろう。
企画やライブを惜しみなく行なっている。本当にすごい!!

我がコンサルティング企業に感謝、感動、感激の「3感王」をあげたい。

”君たちは間違いなく日本一のスーパーサプライズ軍団だ!!」

さあ、3月3日は「ひなまつり」もある。
スーパーサプライズ軍団の今後の取り組みが楽しみだ。
随時、ブログで紹介していこう。
# by akindonet | 2006-02-19 12:03 | Comments(0)