商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
昨日、すごい「サプライズ」がありました。
なんと「ウェディングケーキ」のようなケーキが小生のオフィスに届いたんです。
もう、それは!それは!
小生のスタッフとにかく「びっくり」したみたいです。

f0070004_1521219.jpg少々のことでは微動だにしない「スパコディ純ちゃん」や、あの冷静沈着なスーパーSEのI君が、
ほとんど同時に小生にメールを送ってくるくらいですから、すごいケーキだったんだと思います。
(写真見て下さいね→)

それを聞いた小生も「サプライズ」です。
でも、すごく“うれしかった”です。
ケーキの大きさよりもその「心の温かさに」・・・
本当にありがとうございます。

このケーキを持ってきていただいたのは、「商人ねっと」の“繁盛店情報”にも出ています
「まるえい」の日高定社長です。

なんと新宿から“特大ケーキ”を抱えて持ってきていただいたのです。
すごい人です。


この日高社長と出会ったのは、何年前でしょうか。5~6年前だと思います。
とっても暑い8月だったと思います。

ボロボロな店舗に、小生、ある方を通じてお伺いしたんですね。
本当にひどい店でした。
小生、見た瞬間、“即刻「NG」です。

「絶対にコンサルは受けない」と決めていたんですが、
その時、専務だった日高社長の“熱意”に押されて、しぶしぶ引き受けたのが、
この「まるえい」(当時はあの名門(?)新宿丸正の一員でした)でした。
この“負け組軍団”に、いかに“勝つことの美酒”を味あわせるか?
と考えた時に、妙案が出たのです。

それは・・・「100円均一」でした。
そんじょそこらの100円均一をさせなかったのです。
小生、かなり「ストイック」な男ですから、“究極の100円均一”を目指したのです。
“アイテム数500アイテム以上”
“3パワー戦略”
“五感訴求”

など、徹底的に“アウトスタンディング”な100円均一を目指しました。
そしたら・・・


「大・大・大当たり」

「商人ねっと」の“繁盛店情報”を見てもらえればわかりますが、
地価1階で100坪前後の広さに、お客様が来るわ、来るわ。

今では客数5000名以上。売上700万円以上(チラシ配布ゼロ)になりました。
多分、100円均一の坪当たり売上額は“日本一”です。
ちっちゃな店ですが、ちっちゃな店でも“日本一”になれるんです。

しかし、ここまでの道のりは大変でした。
いろんな“お家騒動(小生はあまり詳しくは知りませんが・・・)”で、
あの名門新宿丸正グループからの脱退することに・・・。

「さぁ~、明日から新しい出発だ!!」と意気込んだ前日。
ほとんどのメーカー、問屋に、チェーン店から圧力がかかり、
取引先が一瞬のうちになくなったんです。

みなさん、こういう時どうされますか?
悩んで、がっくりと落ち込みますか?

こういう時は「人間の力、考え方」が問われると思うんです。
日高社長はどうしたか?

すぐに小生に電話をかけ、
「とにかくどこでもいいです。メーカー、問屋を紹介してください。
最初は現金取引でもいいです。
今すぐにでも、問屋、メーカー様の所へも伺いますし、電話でお話ししますから・・・。」
という“行動”を即刻とられたんです。
悩んでいる暇がなかったんです。

小生、クライアント先にお願いして、ありったけのメーカー、問屋様を紹介しました。
そうすると、“行動力”とはすごいものです。

1日で何とか再出発の「開店」にこぎ着けました。
日高社長はその時のことはあまり話してくれません。

みなさんも察しが付くと思いますが、恐らく想像を絶するくらい、すごいことだったと思う。
本当に“泣きたくなるくらい”辛かったと思う。
しかし、彼は“笑顔”を絶やさなかったんですよね・・・。
すごいですよね。

こういう、逆境を経験している人間は“人に優しく”なれるんです。
先日、「まるえい」さんも入っている「東京五社会」で、
ついていくのがやっとの「マルセイ」の社長へ「救いの手」を出したのも彼でした。

“苦しんでる人、悩んでる人”を何の見返りもないのに、
助けることができる人は、
必ず、自分自身がその何倍もの逆境を経験しているから出来るんですよね。



小生の会社の「社員の心得30か条」の一つに

「教養とは、相手に対する思いやりである。」

というのがあります。
まさしく、それを実践されているのが、日高社長です。
小生も見習わなければ・・・。
尊敬しています。

その日高社長、
あれだけ、いわゆる“仕打ち”をされた以前加盟していたチェーン企業に、
今は“歩み寄り”をしようとしています。

なぜか?

“またみんなで幸せになろうよ!!”と・・・。

なかなかの男だと思いませんか?
ぜひ、実現できることを期待しています。
あとは、日高社長の課題は、「まるえい」の発展成功です。
「社員の若返り」
「社長の偏差値アップ」
「各幹部のものすごい偏差値アップ」

ポイントだと思います。期待してますよ・・・。

最後に、小生、高知にいるので、この「デコレーションケーキ」の実物見てませんが、
小生のスタッフが、“サプライズ”してくれただけで嬉しいのです。
見ていなくても、姿が目に浮かびます。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

すごく嬉しい“誕生日”の話でした。

ぜひ、「まるえいの100円均一」の商人ねっと番組を見てください。
この日高社長のインタビューが沢山出ていますから・・・。

商人ねっと 「まるえいの100円均一」番組はコチラ>>

「礼を学ばざれば、以って立つことなし。」(論語より)
(礼があれば、それだけで、目上の人にも、あるいは周囲の人にも、好印象を与えることができるという意味)



# by akindonet | 2006-10-21 15:58 | Comments(0)

37歳(?)の誕生日

今日10月20日は4?回目の誕生日。
37歳になる。   (`曲´#)ナニ!って思いましたか? 
小生は40回目の誕生日から1歳ずつ若返っていこうと決め、
身も心もフレッシュさを保つように心がけている。
(ウソだ!という声が小生のスタッフから聞こえてくる。)


もうこの歳になると誰も祝ってくれないですよね・・・
トホホ・・・
今日だって、遠い四国・高知で黙々と仕事。
悲しいかな・・・


と思っていたら、うれしいことが!
小生のスタッフのE口君より「バースデーメッセージ」が届く。
男からもらっても何だか複雑な気持ちになるが、
でもそれだけ気にしてくれるスタッフがいるだけでうれしい。
もしかしたら、中身は“悪魔の内容(?)”かもしれないが・・・
また、荒川Rちゃんからもメールが届き、
スパコディ純ちゃんからも不気味なメールが届く。
ありがたい。


振り返ればこの一年は激動の一年であった。
普通だと“もう40過ぎているからな・・・”とか、
“20~30代は元気が良かったよな~”とか
“今の若者は・・・”とか、
そんな言葉がついつい出てしまいがちですよね。
その年齢で、“出発(旅立つ)”するわけですから、
今思えば勇気も要ったし、悩みもありました。

でもね・・・
楽しかった・・・


今までの人生の中で一番楽しかった一年だったかも知れません。
もちろん苦しいこと、悲しいこと、悩むことも多々ありましたが、考え方を変えると、
他の人より沢山このような経験ができるということは幸せなこと
なのですよね・・・


これからの一年は昨日までの一年よりも、
もっと“楽しい”人生を送ろうと考えています。
「基準」が高くなれば「問題」・「障害」も大きくなります。

しかし、ある本に
「自分が解決できないような問題は自分の前には現れない。」
と書いてあった。
確かにそうだと思う。
小生は真剣に「北朝鮮問題」をどうしようと悩むことはないし、
問題として頭をよぎることもない。
しかし、一国の首長(首相)は眠れないくらいの大問題になっているはずです。
だから、「自分が解決できないような問題は自分の前には現れない」のだと小生も思う。


大きな問題・障害が立ちはだかってきたら、
“自分の基準が高くなっている!!”と前向きに考えたいものである。
(難しいけどね・・・)


小生はかなりの“凡人”です。
「志(こころざし)」を決め、決断し行動し始めると、
こんな凡人でも“奇跡”が起きてきました。
様々な方との出会いがありました。
小生、身をもって感じたのです。


“人生は「考えること」と「行動すること」の2つで出来ている”と。
「人との出会い」・「本との出会い」・「仕事との出会い」。
この3つでその人の「幸せ」度が変わってくることを身をもって今感じています。


小生は以前に比べて、全然お金はありません。
この「商人(あきんど)ねっと」を立ち上げるにあたり、
家の売却・保険金の解約など、全ての資産を処分し、この事業に投資したからです。
だから、貯金もほとんどありません。

しかし、以前のお金があったときよりも、今は何倍も「幸せ」です。
「心の豊かさ」・「満足感」があります。
お金は「与えた量に比例して入ってくる。」と言われていますので、
「与えて、与えて、与え続けます。」


ヤマト運輸(クロネコヤマト)の故小倉昌男氏がクロネコヤマトをスタートした時、
“サービスが先!利益は後!!”
というキャッチフレーズで“配送革命”を起こされたと聞きました。


小生もこの気持ちをモデリングして、
今後も「商人(あきんど)ねっと」を続けていきたい。


この一年、小生が肝に銘じてやることは、
小生が尊敬する北尾吉孝氏(SBIホールディングCEO)の本に書いてあった。

<絶対に成功する4大テーマ>
①運を強くすること。
②人生を心豊かに楽しくしていくこと。
③リーダーに求められる資質を学ぶこと。
④仕事を成功させる知恵を学ぶこと。



を率先垂範して行くと決めています。
そして、みなさんと一緒に成功したい。
一人で成功するより、みんなで成功した方が喜びが何十倍にもなるから・・・

誕生日に思う・・・

そして決意する。


「窮(きゅう)すれば則ち変ず、変ずれば則ち通ず。」(易経より)
(物事は究極まで行き、どうもこうもならなくなると変化が生じ、
新しい道が開けてくる。)





# by akindonet | 2006-10-20 11:28 | Comments(7)

「設立記念日」

「商人ねっと」を企画・運営している「クリエイトリンク」という小生の会社が
今日で一年が経つ。
いわゆる「設立記念日」である。

本当に早いものである。
あっという間に一年・・・。
色々ありましたが、みなさまのおかげで、一歩一歩前進しつつあります。

本当に一歩一歩ですが・・・。

小生は、この「商人ねっと」をなぜやろうとしたか今までのブログで書いているので、
みなさんご承知だと思いますが、
この「商人ねっと」を、
当初は小生のクライアント様向けに配信しようと思っていたんです。

その為には、映像を撮る人間が必要だな~、システムを作る人間が必要だな~と
構想を考えていくうちに、クライアント様向けだけでは、
全然“採算”が合わないのに気づいたんです。
(それぐらい分かんねえのかよ~。という声が聞こえます。)

そこで、小生も最初は身分不相応とは思いながらも、
“よし全国の流通業に携わる方々へ「夢」と「希望」と「勇気」を与えていこう!!”
という信念を固めてスタートしたのが、いきさつなんです。

その後、スタートしようと決めたはいいですが、何からしたらよいのか?
さっぱり分からない・・・。

だって小売専門のコンサルタントですもん。

パソコン?インターネット?システム開発?映像?
全て小生、“超~若葉マーク”ですもん。

ちなみに、今だから告白しますが、
小生、昨年の11月まで(厳密に言うと、SEのI君が入社するまで)
パソコンさわったことがなかったんです。
さわるとビビっと電気が走っていたんです。

そんな小生も、今ではブログは書くわ、Eメールは毎日チェックするわ、
インターネットはフル活用しているわ、
で、この調子でいくと、小生のスーパーSEのI君を追い抜くのも時間の問題かな?
なんて思っているんです。
(I君無視してます・・・。)

そんな小生が、まずやったのは
“自己改革”でした。

「7つの習慣」の翻訳者で、
今では“1,000億のお金を世界で動かしている”
ジェームススキナーのセミナーを受講したのです。
3泊4日、朝9時~夜中3時まで、毎日休憩なしでのセミナー。

インパクトありました。
小生の考え方が180度変わった時でした。

その後、今まで勤めてくれた社員に“三顧の礼”を尽くし、全員辞めてもらう。

非情と思われるかもしれませんが、「基準」を高めていくために、
そして新たな挑戦(創業の精神)のために、
自分にプレッシャーをかけるために、決断し、実行しました。
実妹も辞めてもらった・・・。

そして、スーパーSEのI君採用。

ある大手企業に内定をもらっていたのを
携帯メールの嵐で、9回裏2アウトからの
大逆転採用でした。

小生はかなり強引なんです・・・。
(知っていると言わないで・・・。)

さすが、小生が見込んだ男。
外注したら、ウン千万円するであろうというシステムを、アシスタントを使い、
20万円ソコソコのパソコンで作っちゃいました。
すごいですよね・・・。

ちなみに「商人ねっと」のシステムは全て手作り(自家製)です。
(惣菜みたい・・・。)

その後、映像スタッフを採用。
これが大変でした。次から次へと募集が来る。
問い合わせは総勢200名以上。
面接もかなりやって採用しだんですが、またまた次から次へと問題勃発。
次から次へと辞める。

この業界は、すごい業界だとつくづく感じました。
“TV業界や映像業界”は、かなりやばい業界です。
「~ちゃん」とか、よくみなさんTVとか見ていると、みんな言うでしょ。
まさしくそのまま・・・。

すごい業界です。
小売業しか知らない、小生にとっては“サプライズ”でした。
でも、なんとか今、若手2人が頑張っています。

なかなか2人とも“センス”あるんです。期待して下さい。

“世界を驚かす”作品を作っていきますから・・・。

今年7月から本格スタートして、今、番組は50本!
何にも知らない小売専門のコンサルタントがなんとかここまでやってこれました。
これも、いろんな方々の支えがあったからです。
本当に感謝しています。

小生のお宝は、
“支えていただいているみなさん“です。

本当に大切な「宝物」です。感謝しています。
感謝という言葉が、希薄になるくらい“感謝”です。

小生の無謀な「夢」についてきてくれてありがとうございます。
これからも「夢」を追いかけます。加速して・・・。


                                              商人伝道師

最後に、
小生の手帳のトップに書き込んでいる、小生の大好きな言葉をみなさんへおすそわけ・・・。
(以前も書いていますが・・・。)

「世の中の人は何とも言わば言え。
 我が成すことは、我のみぞ知る。」
(坂本竜馬)



# by akindonet | 2006-10-19 15:55 | Comments(2)