商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
3人の最強講師陣による
「X'mas・年末年始商戦」全部門対策セミナー
広島・福岡で緊急開催します!
f0070004_0305843.jpg

全部門:水元仁志(11/2 福岡会場)
惣菜部門:成田廣文(10/31 広島会場・11/1 福岡会場)
鮮魚部門:堀内幹夫(11/6 福岡会場)


「X'mas~年末年始商戦」で過去最高の売上・粗利を
狙いたい企業様は、ぜひご参加ください


セミナーの詳細&お申込みはこちらから

f0070004_1358067.jpg
近年大きな盛り上がりをみせる「ハロウィン」!
みなさまのイベント写真大募集します!!




今日は朝4時30分起床。
台風の進路が心配なため…

早めに自宅出る。
まずは、新横浜駅へ。
運休、、、、。

ならば、高速使って山梨に行こうと決意。

高速に乗ろうとしたら、「一宮〜調布」間通行止め。

特急は走ってるかも、、、、。

八王子駅へ。

午後からの運行。

撃沈。

オフィスで仕事となる。



さて、「年末商戦対策セミナー」。
中国地方と九州地方のみで開催するセミナー。
こんなスケジュールとなっています。

全部門:水元仁志(11/2 福岡会場)
惣菜部門:成田廣文(10/31 広島会場・11/1 福岡会場)
鮮魚部門:堀内幹夫(11/6 福岡会場)



まだ、全然余裕で席があります。
特に、商人伝道師のセミナーは九州地区での開催は初。
最高の“ブルーオーシャン”になるのではないでしょうか。



今年はみなさんご承知の通り、「曜日周り」が最悪。
本当にしっかりと「作戦」を練らないと…
痛い目にあいます。

その“成功のヒント”をテンコ盛りでお話します。
ぜひ、参加してみて下さい。

詳細は…
http://akindonet.com/seminar/nenmatsu2017/nenmatsuseminar2017.pdf




そして、今日は「果物ののびしろ」について…


先日、終了した「第22回やる気と感動の祭典」。
商人伝道師が青果部門で伝えたいことがありました。

それは…

「世界一おいしい果物を作っている国が世界一果物を食べていない」

という現実を知ってもらいたいと…



日本は間違いなく“世界一おいしい”果物を作っています
日本のフルーツを食べていると、海外ではあまりのまずさに
絶句することがあります。

「日本のフルーツはやっぱり美味しいよね」
といつも言っています。

海外に行ったら…



しかし、この表を見て下さい。

f0070004_13301625.jpg


なんと日本は先進国の中で、最もフルーツを食べていないのです
世界一美味しいフルーツを値ごろで食べられるのに…
なぜなんでしょうか…


「剥くのが大変だから…」
「ゴミが出るから…」


松孝さんの発表でもありましたが…

「まずフルーツを売っているから!!」ではないでしょうか。


特に、近年伸びている「輸入フルーツ」においては…
品質にばらつきがありすぎる。


例えば、「アボガド」
サラダなどにものすごく使われるようになり…
こんなに伸びています。

f0070004_13325220.jpg



なのに、「中が黒い」アボガドや…
「未熟のアボガド」を平気で売っている。




「輸入マンゴー」もそうです。

とにかく「大根」のようなマンゴーが多い。
これは、「樹上完熟」せずに船便などで輸出しているため…

そのために、ものすごくまずいフルーツを売るはめに…



国産でもそう。
その代表例が…
近年ものすごく伸びている…

「キウイフルーツ」

しかし、こと「国産キウイ」になると…
“石ころ”のようなキウイフルーツが多い。

これでは消費がますます伸びなくなる。



この表をみて下さい。

f0070004_1337012.jpg


どの世代が一番果物を食べていないか…
なんと、これからの消費の主役となる…

「ミレニアル世代」
がまったく果物を食べていない。
これでいいんでしょうか…



でも、逆に言うと…
「伸びしろ」があるということ。

そこで、この「輸入フルーツ」に目をつけたのです。
そこで、“志の高い”「松孝」さんに白羽の矢を立てたのです。


もっと「おいしさ」にフォーカスしてほしいと…
これからの「アップトレンド」の輸入フルーツで「美味しさの差別化」してほしいと…
この表を見て下さい。

f0070004_1338211.jpg


なんと、「輸入ブドウ」ってこんなに伸びているんです。
10年間で8倍の伸び。

「皮ごと食べられる手軽さ」がウケて…
しかし、販売する方はあまり関心がない。

これが現実。



もっと、「戦略部門」として、フルーツを位置づけ…
まだまだ伸びるという意識を持って…

「おいしい」フルーツを売るんだ!!
という気持ちでこれから取り組んでほしい。



と言った矢先、
「美味しくない国産みかん」を売っている企業の多いこと(笑)

“美味しさで差別化”できるのは…
「果物部門」で売る。

そして…
まだまだ“伸びしろ”のある部門であることを意識して
年末に向けて取り組んでいきたい。


そして、「今日の一言」…

一人で見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる
(ジョン・レノン)

# by akindonet | 2017-10-23 18:00 | Comments(0)

おはようございます。

おはようございます。

今日の台風は、なんだったんでしょうか?

噂とは程遠い台風。

しかし、朝6時段階で横浜線は運転見合せ。
仕方ないから、車で行こうと思ったら、、、、。

「府中〜一宮」間、通行止め。😭

なんとか、車で八王子駅まで来たのに、、、、。

「午後から運行です。特急は、、、」
「昨日の段階で決定してます。」
f0070004_07462380.jpg
SHOCK‼︎!

すぐに、「いちやまマート」さんに連絡しました。
「いちやまマート」のみなさん、ごめんなさい。

いちやまマートの三科社長から一言。

「やっぱり、嵐を呼ぶ男ですね。」

全く、褒め言葉になってないよ〜。

これから渋滞の中、八王子から帰ります。😭

# by akindonet | 2017-10-23 07:40 | Comments(0)

心のオアシス

3人の最強講師陣による
「X'mas・年末年始商戦」全部門対策セミナー
広島・福岡で緊急開催します!
f0070004_0305843.jpg

全部門:水元仁志(11/2 福岡会場)
惣菜部門:成田廣文(10/31 広島会場・11/1 福岡会場)
鮮魚部門:堀内幹夫(10/23 広島会場・11/6 福岡会場)


「X'mas~年末年始商戦」で過去最高の売上・粗利を
狙いたい企業様は、ぜひご参加ください


セミナーの詳細&お申込みはこちらから


朝5時起床。
ジムで汗を流し…
投票所に行って…
ゴルフ練習場で棒を振って…
今日は本を読んだりしてゆっくりします。
「第22回やる気と感動の祭典」までぶっ飛ばしましたので…


さて、今日は「衆議院選挙」投票日
ある党の党首は選挙開票日に「パリ」に行っているとか…
すごい党首が現れたものです。(笑)
まあ、今回は自民・公明の圧勝ですね。
こんなに盛り上がらない選挙も珍しい。
「安定」を求めた国民ということでしょうか。


また、ここ数日。
このBlog2,3回アップしてますよね。
これは「テストマーケティング」です。
1日に3回更新するとどうなるのか…
そういうのをマーケティングしたかったので…
ご迷惑をおかけしました。(笑)


そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日

今日は…

「小さな島の女子高生のリクエストで作られた”校歌”」

今から40年ほど前、ラジオの深夜番組「オールナイトニッポン」宛てに、ある女子高生・Aさんから『私たちの校歌をつくって』というリクエストがはいりました。
Aさんのリクエストには、あるミュージシャンが応えることになりました。
その高校は、長崎県の五島列島にある奈留高等学校。
多くの卒業生が、島を後にして都会に旅立ちます。
そのミュージシャンは遠くに旅立った友だちにメッセージを送るイメージで歌を作りました。

思いがけず、Aさんの願いが叶い、その曲は校内放送でも何度か流されました。
しかし、その後はさして話題になることもなく、校歌にもなりませんでした。
その後、Aさんはそのミュージシャンから届いた楽譜とテープを自宅の机にしまいこんだまま、卒業と同時に上京しました。「こんなちっぽけな島から早く飛び出したい、自由に振舞える都会で暮らしたいとばかり考えていた」そうです。

それから10数年、Aさんは短大を卒業し、就職、そして結婚し主婦になりました。
そんなAさんに、ある日、故郷の同級生から電話が入ります。
「あの歌、全国の音楽の教科書に載ることになったぞ。
 歌碑ば造って、ミュージシャンも呼ぼうで」
そこから、島に残る人、離れた人を含め
およそ600人か歌碑をつくるためにら100万円を超すお金が寄せられました。

歌碑は1988年8月に造られ、除幕式には、
約束どおりその曲を手掛けたミュージシャンを迎えることもできました。
Aさん達、島を離れた卒業生の多くも久しぶりに集まりました。
歌碑には、直筆の歌詞が刻んであります。

ブラスバンドの演奏に迎えられたミュージシャンは、碑を見て、また教室から海を眺めて、
「あ、私の字。えっ?詞と同じ風景じゃないの」
とつぶやき大粒の涙をこぼしました。

「あの時の曲を提供してくれたミュージシャンの感激ぶり、そして同級生の輝いた顔忘れません。
 今も思い出すたび、ふるさとっていいなって気持になるんです」Aさんは、時折目をつぶり、しみじみと語ったそうです。

その後、奈留高では卒業式や終業式、記念行事で、
その歌をみんなで合唱するのが恒例となりました。
校歌にはならなかったけど、奈留高の愛唱歌となった曲、
島民が船で出港するときに流れる歌としても、この島全体に定着しています。


その曲がこちらの「瞳を閉じて」です。



いかがだったでしょうか。
今日の「心のオアシス」。

ユーミンの曲は、やる気と感動の祭典のエンディングでも使用させていただいてます。
人の心を揺さぶるものをつくる。
大変なことですよね。
その積み重ねが、今を作っているんですね。


あ!!そうです。
「第22回やる気と感動の祭典」のダイジェストが完成しています。
ご覧ください。

一日目


二日目


いかがだったでしょうか…
「あの興奮を再び!!」かな…

では、今週も元気に!頑張りましょう!!


そして、「今日の一言」…。
「共有すべき普遍的なフィロソフィ、経営理念、価値観がその集団の根底に脈々と流れているからこそ、組織が細かく分かれていても、会社全体があたかもひとつの生命体であるかのように機能することができるのである」(稲盛和夫)

# by akindonet | 2017-10-22 18:00 | Comments(0)