商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

12月の鮮魚部門の対策



小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

現在制作中です。申し訳ありませんが、12/2(金)公開にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

「21世紀型売場への挑戦!
第1章 イーターテイメント売場」


取材店舗:株式会社東武


12月2日(金)配信開始予定

株式会社東武のリニューアル店舗「TOBU イーストモール店」!
コンセプトや戦略は全て「アメリカのスーパーマーケット」!
“ストロングポイント”で差別化を実現した売場をご紹介!


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)






今日は朝5時30分起床。
サクラを散歩させ…
身支度して…
小商人伝道師を小学校に送り…
会社近くのコーヒーショップでBlogを書き…
10時すぎに出社。
「面接」を行った後、
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の原稿書き。
午後一番で、「商人ねっとアソシエイトとのミーティング」。
約2時間。
その後も、原稿書き。
今日はみっちりオフィスで仕事します。





そして、今日は、「12月の鮮魚部門の対策」について…

「生スルメイカ」をはじめ、まったく魚がとれない鮮魚部門。
ここにきて、またまた「値上げ要請」の雨あられ!!
今年の「Xmas商戦」「年末商戦」はどうなるのでしょうか…
心配ですよね。
そこで、今日はちょっとだけ、そのヒントを紹介しましょう。


まずは、Xmas商戦
今年は「3連休」。
確実に売れると商人伝道師が見ているのが…
「手巻き寿司セット」
3連休ということもあり、Xmas以外の食卓にあがる可能性が高いからである。
あとは、このように「サンプル」を見せるべきである。
f0070004_17475488.jpg

「980円の手巻き寿司セット」でどれだけ手巻き寿司ができるか…を見える化する。

その他にも、「少量のサクどり」商品が売れると思っている。
「汎用性」があるため…
f0070004_1748468.jpg

刺身系ではその他にも「大きなトレンド」がある。
それは、「商売繁盛虎の巻」の番組を視聴してください。
視聴はこちらから


次に、「切り身」
もちろん、「サーモン切り身」がメインになる。
このような「Ready to Heat」商品がここ近年売れている。
f0070004_17485799.jpg

その他、いろんな「切り身」でのSKU展開することが、
今年の成功への道だと考える。


さらに、「サンプル」販売。
f0070004_17492190.jpg

このような「サンプル」販売も効果あり。
Xmasは「非日常」の要素が強い。
よって、「食卓シーン」の見える化が大事となる。
「サンプル販売」
今年のポイントの一つでもある。
では、その他にどんな「サンプル」提案があるかは…
「商売繁盛虎の巻」を視聴してください。
視聴はこちらから


さらに、その他にも…
「ロブスター」や「オマール海老」の展開
「殻つき牡蠣」の展開
「カルパッチョ」の展開

などなど…

今年はニューへの挑戦をいかにしていくかが肝だと考えている。


さらに「寿司」
「サーモン尽くし」の寿司もお客様の支持を受けること間違いなし。
「相場高」の今だからこそ、ニューへの挑戦していかないと…
最悪の結果となる。
もっと学ぶべき。
詳しくは…
「商売繁盛虎の巻」を視聴してください。
視聴はこちらから



そして、「年末商戦」

まずは「お造り」
これは絶対に行うべき。
f0070004_17503764.jpg

「ネタの見える化」
「看板商品の見える化」

である。
こうすることにより、「価値の最大化」することができる。
こういう地道なことが大事である。


その他でも、「技術の見える化」
f0070004_17505090.jpg

「技術」は差別化になる。
「技術者」を前面に出した商品化。
いいですよね。


次は「鍋物」
ここ近年、「グルメ鍋」のニーズが高まっている。
f0070004_17511946.jpg

「フグ鍋」
「クエ鍋」
「あんこう鍋」

など…
正月ぐらいは「日ごろ食べられない鍋を…」の提案がヒットしている。
ぜひ、挑戦してもらいたい。
その時のポイントは…
「商売繁盛虎の巻」を視聴してください(笑)
視聴はこちらから


その他にも、
「相場高」のカニ。
積極的に仕掛けることも大事である。
相場高だから消極的になるのではなく…
相場高だからこそ、積極的に攻める。
これこそ、「人の行く裏に道あり。宝の山」である。


その他にも、いろんな「提案」があります。
よかったら「商売繁盛虎の巻」を視聴してください。
視聴はこちらから




今回の「鮮魚部門」も本当に「ほんの一部」ですが…
今年のポイントを紹介しました。
「商売繁盛虎の巻」では、計800枚の写真を使って解説しています。
よかったら、ぜひ視聴してください。
視聴はこちらから



「相場高」
の中で、どのように鮮魚部門は売上を伸ばしていくのか…
それは、「第20回 やる気と感動の祭典」で学びました。
今後は、ますます魚は取れなくなります。
そういう中で、売り上げも…利益も…
確保するためには、今までの「固定概念」を取り払わなくてはいけない。
それができた企業のみが「差別化部門」となる。

ましてや、今年の「Xmas~年末商戦」はなおのこと。
“知恵と行動力”で結果を大きく変える
その「知恵」「知恵袋」に…
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」を活用してみてはどうですか…

ぜひ、「商売繁盛虎の巻」で学んでください。
視聴はこちらから




そして、「今日の一言」
「昨日より今日、今日より明日、明日より明後日、
日々変わり続ける事が大切です。」
(パスカル・バルボ)

by akindonet | 2016-11-30 17:55 | Comments(0)


小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

「21世紀型売場への挑戦!
第1章 イーターテイメント売場」


取材店舗:株式会社東武


11月30日(水)配信開始予定

株式会社東武のリニューアル店舗「TOBU イーストモール店」!
コンセプトや戦略は全て「アメリカのスーパーマーケット」!
“ストロングポイント”で差別化を実現した売場をご紹介!


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)




今日は朝5時起床。
Blogを書いて・・・
軽くジョギングして・・・
仕事をし、
コンサルティング。
夜、帰京。

まずは突然ですが・・・
「君の名は。」

f0070004_13425514.jpg

君の名は。公式サイトより

という映画をみなさんはご存知でしょうか。


映画史上でもまれにみる大ヒットとなった映画。
誰もこんなにヒットするとは思わなかった。
作成した監督でさえも…
興行収入「300億円」に達するのではないか…。
という大ヒットに…。


この「大ヒット」した理由を考えてみると商売にも活かせるのでは…
と思っています。
かくいう、商人伝道師も見ていません。
早速、見に行こうと思っています。


10代~20代の若者向けに作った映画が…。
50代~60代を含めて全ての年代に支持されている。
その「秘密」とは何か…。
それを感じることって、とても大事だと感じています。

「大ヒット」に学ぶ!!

映画なんて全く見に行かないのですが、行ってみようと思います。


そして、今日は「12月の青果部門の対策」について…。


今日から5日間くらい…。
各部門の「Xmas~年末商戦」対策をチラッと紹介しますね。
まずは、「青果部門」から…。

12月といったら「冬至」
冬至といったら「南瓜」と「柚子」

これでは昨年を大きく上回ることはできない。
今年はもっと深く考えていきましょう。
「冬至」になぜ南瓜を食べるのか…。


実は「冬至」は“一年で一番太陽の光が弱い日”
今日から太陽の光が弱くなる。
そういう日に、「ん」のつく野菜を食べることにより…。
これから、「ん(運)」が強まるように…
という願いから、冬至に「ん」のつく野菜を食べるようになり…。
今では「南瓜」のみになったらしい。



だから、今年は「ん」のつく野菜でせめて見てはどうか…。
それも、調査して「なぜ、“ん”のつく野菜を売り込むのか?!」
を見える化して…。

また、「南瓜」のメニュー提案ですね。
子どもが喜ぶメニュー提案。
これは、「商売繁盛虎の巻」で紹介してますので、それを視聴して下さい。

視聴はこちらから

子どもに人気の無いメニューばかり提案するから、「冬至」はイベントとして人気が無いのです。
今年は「子どもに人気のあるメニュー」提案していきましょう。
それが、南瓜の「異常値販売」に繋がっていく。


次に、「Xmas」
「Xmas」といったら「提案」
Xmasは“非日常”
なら、日頃食卓には出てこないメニューを提案する。
例えば…。

f0070004_13442869.jpg


このようにブロッコリーやパプリカ、ミニトマトでつくった「Xmasツリー」提案してみる。

f0070004_13462122.jpg


このように「バーニャカウダー」提案してみる。
日頃では味わえない“体験”をXmasにしてもらう提案が近年、非常にお客様の支持を受けています。
もっと、知りたい方は…。
「商売繁盛 虎の巻」を視聴して下さい。

視聴はこちらから

次に「第20回 やる気と感動の祭典」で文化堂さんが提案した…。

「イチゴのハイパーローカル」

f0070004_13492737.jpg


さらに、「イチゴセット」

f0070004_13493772.jpg


こういう商品化が当たり前になってきている近年…。
イチゴは「そのまま食べる」果物。
“ハイパーローカル”はインパクトあり。

f0070004_13494995.jpg


こういう「遊び心」も必要ではないでしょうか…。
Xmasは“楽しさ”があるイベント。
「トマトサンタ」ぐらいの提案はしていかないと…。

このように、今年は「提案」が切り口。
その他にどのような提案があるかの詳しいことは…。
「商売繁盛虎の巻」を視聴して下さい。

視聴はこちらから


最後に、「年末商戦」
まずは、「中身の見える化」

f0070004_1354667.jpg


すごいPOP(パネル)ですよね。
「サイズ」と「個数(入り数)」と「一個単価」が示して有る。
こうすることにより、原価の安い「2Sサイズ」などが売れる。
こういう“地道な努力”が利益に繋がる。


また、こういう“当たり前”だけど、当たり前にできていない提案。

「国産を食べよ!」
凄くシンプルだけど、インパクトのあるPOP。
これだけでも単価アップに繋がりますよね。

f0070004_14142473.jpg


お正月用の「カットフルーツおせち」
お酒を飲む機会が多くなるので…。
年始などはこういう「カットフルーツおせち」は売れる。
近年の新しい流れ。


最後に、今年のトレンド。
「メガパック」

f0070004_1414399.jpg


今、ブームの「舞茸」をメガパックで売り込む。
できれば、「メガパック」シールを貼って…。
今年のトレンドですからね…。


このように、いくらでも“商売のヒント”があります。
詳しくは「商売繁盛虎の巻」を視聴して下さい。

視聴はこちらから

今日は新しい取り組みの「100分の1」ぐらいの紹介でした(笑)
でも、これだけでも「ハッ?!」と気づくことがありますよね。
「これいいね!!」ということありますよね。
今年はいかに“新しいこと”にチャレンジするかにかかっています。


「商売繁盛虎の巻」では、今回800枚近くもの商品や売場写真を使って説明しています。
ぜひ、視聴してみて下さい。

視聴はこちらから

今年の「Xmas」や「年末商戦」は曜日周りが良くない。

例年通り…。
昨年と同じ…。


なら、“大惨敗”が目に見えている。
よって、今回あえて「12月の対策」をこのBlogで紹介します。

「もっと新しいことに挑戦せよ!!」

という意味を込めて…。
明日に続く…。


そして、「今日の一言」…。
「目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。」
(ジョン・F・ケネディ)

by akindonet | 2016-11-29 18:00 | Comments(0)


小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

「21世紀型売場への挑戦!
第1章 イーターテイメント売場」


取材店舗:株式会社東武


11月30日(水)配信開始予定

株式会社東武のリニューアル店舗「TOBU イーストモール店」!
コンセプトや戦略は全て「アメリカのスーパーマーケット」!
“ストロングポイント”で差別化を実現した売場をご紹介!


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)




今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
サクラと軽くジョギングして…
身支度して…
小商人伝道師を小学校に送り…
そのまま羽田空港へ…
今日は四国。


実は、昨日、イオンさんに寄ったんです。
あの「ブラック・フライデー」企画を見たくて…
結論から言うと、ものすごくお客様が入っていました。

「3割引~半額」のオンパレード。
「創業系」や「オープニング」並の価格(安さ)。
確かに集客しますよね。

まあ、集客の目玉として使われているんでしょう。
しかし、お客様はシビア。
その目玉商品しか買っていない。

「見せかけの売上はとれたな~」
「質の悪い売上はとれたな~」

という感じ。



しっかりと利益を確保した売上高は
確保できなかったかもしれませんね。

たぶん、来年も続けられれると思うし…
他のGMSや専門店も追随されるかもしれない。

それぐらいインパクトのある販促だった。




そして、今日は「ストロングポイント Part2」について…


「ストロングポイント」
いわゆる「強み」。

「ファイブ・ウェイ・マーケティング戦略」では“尖り”になる。


この「ストロングポイント」がにわかに注目されはじめてきている
感じがする。

というのも…

この1年のOpenを見ていると…
どの企業も同じような「店づくり」になっているからである。

“店作り”での差別化がなくなってきている



全国の繁盛している企業のモデリングをしっかりと行っている。
例えば…

青果と惣菜の「ダブルコンコース」
カラフルトマトの「量り売り」
「フルーツタルト」を中心としたカットフルーツの進化
地魚を中心とした「丸魚対面」コーナー
精肉の生食コーナーの“品揃えとオシャレな商品化・陳列”
本格的な「ピザ」
「イートインコーナー」の充実(カフェ化)
「グルテンフリー」「減塩」などの健康コーナー化


などなど…



見せかけの「ストロングポイント」は難しくなっていると感じている。
では、どうしたらよいか…



まずは、しっかりと「コンセプト」「方針・戦略」をみんなが認識する。

簡単にいうと、「何をストロングポイント」にするか…
“コンセプトのストロングポイント“である。

「安全・安心」
「健康」
「ローカル&ハイパーローカル」
「グルメ」
「高品質低価格」

などなど…



自社はどういう“コンセプト”がストロングポイントになるのか…
“取り組み”のモノマネではダメだと思う。

例えば、「安全・安心」というコンセプトでいくなら…

「特裁農産物や有機農産物」の比率を上げる品揃え構成
「養殖魚のハイパーローカル」の実現
「NON GMO」などの肉の導入
「無添加」商品の導入


などなど…



特裁が流行だから導入しようとか…
「無添加」商品がTVで取り上げられたから導入しようとか…

の導入では「ストロングポイント」にはなりえない。


今、お客様は「この店はどんな店~?!」というコンセプトで重視しているのではと感じる。
なぜなら、明らかに「使い分け」されている。

例えば・・・

埼玉の東松山のお客様の買い物光景を見ると・・・
週末を使って、ロピアさんでコモディティ商品を“爆買い”。(笑)

それ以外に必要な商品は「ヤオコー」さんや「ベルク」さんで“ついで買い”

というように・・・

「使い分け」されてるんじゃないかなーという買い方をされている。


だから、なおさら「ストロングポイント」の強化が必要不可欠になる。

それも、「あきらかにちがうな~」というレベル。
いわゆる“尖り”レベルまで引き上げる。


例えば「生産者直売コーナーの売上を50%まで引き上げる」

「えっ?!そうると粗利益率が落ちる…??」
そんなことを考えているから、“ストロングポイント“にならないの…。

「生産者直売コーナーの利益をじっくり考えてごらんなさい。
 それは粗利益なの…」


ということ。



「魚をストロングポイントにしたら、商圏は広がるし、
 他社との差別化に明らかになる」


これは、商人伝道師がいつも言っていること。
そのポイントは…

「近海魚」の強化
「調理サービス」の強化
「ハイパーローカル」に…
「値入れミックス」




魚がないからこそ、チャンスだし…
「ストロングポイント」になりやすい。


「ストロングポイントの秘訣??」


「それはね、“やらないこと”を決めること」

「これはやらない代わりに、これは徹底的に行う」

「これがストロングポイントにつながる」


これもよく言うことです。




「ストロングポイント」


店づくりなどのハード面は差別化しにくくなってきている。
みんなが、「高質化」に走りはじめている。

少なくとも、「店づくり」は…



それなら、「コンセプト」で…
それなら、「商品」で…

ストロングポイントを作り上げるしかない。
そのヒントは、先日の「カンブリア宮殿」にあったような気がする。


今の流行のみを追っかけた店作りは、いつか化けの皮が剥がれる。

もっと、「ストロングポイント」に目を向けて…
それを徹底する。

明らかに違いが出るまで…

それが、「人口減」・「高齢化」に向かっている“勝利の方程式”
ではないか…

その方法は…

このBlogではかけません…

「秘策あり!!」

それは商人伝道師との“関わり”のある企業さんのみ…
公開します。



そして、「今日の一言」・・・
愛すべきものを愛し、憎むべきものを憎みなさい。
この違いを見分けるには、頭が必要になる。
(ロバート・フロスト)

by akindonet | 2016-11-28 18:00 | Comments(0)

心のオアシス

小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
今月のみどころ
Xmas&年末年始特集中!
f0070004_13241353.jpg
好評配信中!!「商売繁盛虎の巻」
Xmas~年末・年始特大号

f0070004_13165581.jpg
12月1日(木)配信開始  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP」(2016年12月)

f0070004_1327846.jpg
11月25日(金)配信開始
水元仁志の「売場クリニック」
2017年1月号 デリカ部門 前編

f0070004_13453321.jpg
好評配信中!!
佐藤勝人が年末年始チラシ制作のポイントをアドバイス!
売れるチラシの極意 第79話

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全教育コンテンツを全社員様で共有できる定額法人会員制度も大好評!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)




今日は朝5時起床。
昨夜は飲みすぎました。
サクラと軽くジョギング。

その後、棒を振りに「ゴルフ練習場」へ…
一向に上達しない商人伝道師。(笑)
その後…

子供達を連れて、府中へ…
「東京競馬場」へ…

「ジャパンカップ」観戦。



小商人伝道師はなぜか「競馬」が大好き。
商人伝道師は全く興味なし。
子供のくせに、「馬券予想」している。
なんか子供っぽくない。(笑)

でも、東京競馬場は子供の遊び場があるので…
連れていく。

商人伝道師は退屈なので、馬券でも買います。
100%ハズレると思います(笑)








そして、今日は「日曜日」。
「心のオアシス」の日。

今日は、「広島カープの「たる募金」」。


広島カープ・リーグ優勝のニュースは、広島のみならず全国を熱くしました。

広島カープは他の球団のような特定の親会社を持たず、
市民球団を源流としています。

その分、他の球団と異なる特別の歴史を持つ球団でもあります。

戦後間もない1950年が球団発足の年ですが、
早々に球団存亡の危機にさらされました。

球団設立時から貧乏球団だった広島カープは、
2年目のシーズン(1951年)が始まる前に、
セリーグ連盟から呼び出され、経営について厳しい叱責をされます。

というのも広島球団は、選手の給料や合宿費用も捻出できないほど
財政難に陥っていたのです。

『プロ野球はお金のない者がやるものではない!』
そんな叱責でした。

一番大切な野球用品の支払いも滞るほどの財政難だったのです。

そんな中、カープの2軍は解散し、
選手やコーチなど約20人がクビになりました。

そして、2年目のシーズン前に最終通告を受け
『大洋ホエールズとの合併』が決まったのです。

そのことは当時、ラジオでも広島市民に伝えられ
選手も含めて多くの広島市民が涙したそうです。

当時の監督、石本秀一氏は球団幹部との役員会が行われる場所、
『天城旅館』に向かいました。

石本氏は、球団消滅を撤回させるべく、
強い交渉を行う心の準備をしてその場に向かったのです。

石本氏は『天城旅館』に着いて驚くべき出来事に遭遇します。

そして、その驚きは球団存続のきっかけにつながります。

『天城旅館』には、すでに多くのカープファンが駆けつけてました。

そして、旅館を取り囲み、カープ存続を訴えていたのです。

監督・石本氏は、これほどまでに広島カープを愛してくれる
ファンの行動に深く心を打たれ、
こみあげてくる涙をこらえるのに懸命でした。

すでに解散が決定していたカープでしたが、
球団幹部側は、とりあえず解散を撤回せざるを得なくなりました。

それには二つの理由があったのです。

ひとつは、石本氏の強い意志に裏付けられた言葉でした。

石本氏の「全てはわたしに任せてくれんじゃろうか」
という言葉には、幹部一同を黙らせる迫力があったといいます。

さらに二つ目の理由です。

何といっても多くの広島市民の切なる声に、
耳をふさぐことはできませんでした。

広島カープ解散のニュースが広島に流れた後、
8人のファンが広島県庁などの施設に乗り込み、
支援の交渉をしました。

カープファンには有名な『八人の侍』です。

この行動をきっかけに企業の援助を受けることができ、
あの有名な『たる募金』も市民の発案で行われることになります。

広島市警や企業など団体での寄付も行われ、
監督や選手も募金を募るため県内を行脚したそうです。

たる募金の名前だけ有名ですが、
カープの資金難を救う行動の一つにたる募金があって、
たる募金のみでカープが救われたわけではありません。

当時の監督の石本氏が提案したカープ後援会や企業の援助、
そしてたる募金を含めたすべてが揃って、今のカープが存在しているわけです。

それでも、たる募金の効果は絶大で、
多い日で1日に10万円もの大金が募金されていたそうです。

当時の1試合の入場料収益が20万円だったので信じられない金額ですね!

最終的に400万円を確保し、カープの経営は上昇し始めます。

このたる募金は1960年代まで続いたそうです。

親会社を持たない球団でお金に窮することが多かったのですが、
だからこそ『市民の球団』という意識が、広島市民のカープ愛を強いものにしました。

2009年に完成したマツダスタジアムの建設にも『たる募金』が行われました。

最終的には1億2千万円ほど集まったといいます。(建設費は約110億円)

広島カープ関連だけではなくて、
寄付や募金活動の際に『たる募金』が登場するほど、
今、広島のたる募金は浸透しています。

ちなみにカープ存続に大きく関わった『八人の侍』ですが…。

この八人の存在もまた広島らしいお話しです。

このうちの一人として名乗り出ず、
現在も名もなき市民として所在は分かっていません。






いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」。


とうとう今週から12月。
「一年で一番売れて!儲かる!!」月。

今年は、しかkりと「売れて!儲かる!!」月にしたいですね。
そのヒントをこのBlogでどんどん出していきます。

お楽しみに…


そして、「今日の一言」・・・
愛すべきものを愛し、憎むべきものを憎みなさい。
この違いを見分けるには、頭が必要になる。
(ロバート・フロスト)

by akindonet | 2016-11-27 18:00 | Comments(0)
小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
今月のみどころ
Xmas&年末年始特集中!
f0070004_13241353.jpg
好評配信中!!「商売繁盛虎の巻」
Xmas~年末・年始特大号

f0070004_13165581.jpg
12月1日(木)配信開始  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP」(2016年12月)

f0070004_1327846.jpg
11月25日(金)配信開始
水元仁志の「売場クリニック」
2017年1月号 デリカ部門 前編

f0070004_13453321.jpg
好評配信中!!
佐藤勝人が年末年始チラシ制作のポイントをアドバイス!
売れるチラシの極意 第79話

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全教育コンテンツを全社員様で共有できる定額法人会員制度も大好評!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)




今日は、朝5時30分起床。
サクラと久しぶりにジョギング。
その後、Blogを書いて…
小商人伝道師を学校へ送り…

これまた久しぶりにジムで汗を流し…
オフィスに入って、「面接」。
その後、仕事して、夜は友人を招いてホームパーティー。
充実した一日を過ごしています。

もう、12月ですね。
先日は、東京や横浜は雪でした。
特に横浜は雪が多かったみたいです。
こんな感じです。
f0070004_15112969.jpg

次の日の朝もこんなに…
f0070004_15113885.jpg

結構積もっているでしょう。

なんか、雪が多い予感。
商人伝道師の自宅はちょっと高台にあるので…
先日も、雨の降った後の朝は「アイスバーン」だったようです。
道路も通行止め。
よかった!!出張で…(笑)

ということで、今日は「価格軸企業の進化」について…

昨日は、金沢の近くに、“北陸の暴れん坊”!!
「大坂屋ショップ」さんの新店がOpenしました。
居抜き物件だったのですが…
「大坂屋ショップ」さんの“進化”にビックリ!!
もう、以前の「価格一辺倒」の無機質な店づくりから一変していました。

一瞬、「平和堂さん??」
と思えるぐらい高質化。
もちろん、「価格(安さ)」はしっかり出されてますが…
ちなみに、こんなチラシです。
f0070004_15122773.jpg


チラシは相変わらず。
「1日1枚」のワンデーチラシ
要するに365日チラシを打ち続けられる。

時には、2日チラシもあるみたいですが…(笑)

特に驚いたのは…
「惣菜」
「洋惣菜」から「スイーツ」までの品揃え。
それも全てインストア―加工。
「仕組化」されている。

今、商人伝道師が目指している「惣菜」の仕組みを
「大坂屋ショップ」さんは実現されている。
素晴らしいの一言。

以前は「揚げ物」と「サラダ」と
「煮物(和惣菜)」のイメージしかなかったのですが…
あまりの進化に驚くばかりでした。

大坂屋ショップの尾崎専務さんにいろいろと説明していただいた。
「自信の表れ」ですね。


「価格軸」でで圧倒的な優位性を持っている企業が…
「商品軸」「経験価値」で差別化しようとしたら…
手が付けられなくなる。


「ファイブウェイマーケティング戦略」でいうところの…
「価格(安さ)」で尖りを出し…
「商品」「経験価値」で差別化しようとする。
これは手強い企業になる。


平和堂さんが北陸で次から次へと
「高質化」へシフトしてきていることも影響していると思う。
ものすごい危機感をもって進められたのだろう。

これで、“天敵”「アルビス」さんとの違いを出せるのかもしれない。

あまり、競合したくない相手になってきた。

「山成商事」さんもちょっとスピードを上げて進化していかないと…
大変になるなーと感じた。
危機感バリバリです。


「価格軸」の企業さんがこのように「経験価値」に力を入れてきた背景には…
消費者が「モノ」を買わなくなっていことの表れではないか…
「モノ」を前面に押し出して「価格軸」の企業だからこそ実感されているのだと思う。

「ちょっと変わってきたぞー」と。
そこで、「モノ」以外に、「シーン」
いわゆる「買い物シーン」を楽しむ店づくりに着手した。

これがももの見事にお客様の琴線にフィットするかもしれない。
「価格軸」の企業が「商品」や「経験価値」の強化はじめた。
「価格軸」の企業はいったい何で「独自化」「差別化」していかねばならないのか…

「ストロングポイント」をどこにもっていくのか…
ほんとうにド真剣に考えていかないと…
「価格軸」の企業にのみこまれてしまう。
そう感じる金沢での出来事でした。


そして、「今日の一言」…
「人間は現在がとても価値のあることを知らない。
ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、
いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じている。」
(ゲーテ)

by akindonet | 2016-11-26 18:00 | Comments(0)

「やり抜く」について

小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
今月のみどころ
Xmas&年末年始特集中!
f0070004_13241353.jpg
好評配信中!!「商売繁盛虎の巻」
Xmas~年末・年始特大号

f0070004_13165581.jpg
12月1日(木)配信開始  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP」(2016年12月)

f0070004_1327846.jpg
11月25日(金)配信開始
水元仁志の「売場クリニック」
2017年1月号 デリカ部門 前編

f0070004_13453321.jpg
好評配信中!!
佐藤勝人が年末年始チラシ制作のポイントをアドバイス!
売れるチラシの極意 第79話

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全教育コンテンツを全社員様で共有できる定額法人会員制度も大好評!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)





今日は朝5時起床。
Blogを書いて・・・
身支度して・・・
金沢へ・・・
今日は、「競合店対策」を含めてのコンサルティング。

その後、夜、帰京。

さて、「配偶者扶養控除」が大幅に見直されそうですね。
「103万円から130万か150万」へ・・・
いっそのこと、撤廃すべきだと思うのですが・・・
第一歩だと考えています。
「労働人口」が減少している現在、このような“足枷”になる制度は
どんどん見直していかないと・・・
そういう意味からは我々にとっては良いことだと思います。
これにより、9月くらいからの“調整”がなくなりますもんね。
もっともっと改善されることを期待する。

もう一つ。

「ブラックフライデー」

マスコミやメディアが大々的に報道していますね。
イオンさんや専門店さんが「破格値」を出しての販促。
ある靴の専門店では・・・
「3,000円の商品が100円!!」
というようなスーパー目玉商品を出して集客している。
以前にも書きましたが、“消費の積極化”という点では
すごく良いイベントだと考えていますが・・・
「ただ単なる安売りのイベント」
に少々嫌悪感を感じている商人伝道師がここにいる。
しかし、あと2~3年したら・・・
この「ブラックフライデー」、
“社会的ブーム”になることでしょうね・・・
“ただ単なる安売り”以外だったらいいのにな・・・
と思っているのですが・・・
でも、この流れに乗っていかないといけないのか・・・
凄く考えさせるイベントになりそうです。






そして、今日は「やり抜く」について・・・

商人伝道師はよく言います。

「やっているつもりではないか・・・」と。

「それはやっています。とみんな言うけど、
結果が変わるまで“やり抜いている”かい??」


「やり抜く」

これって世の中ですごく大きなポイントになるのではないか・・・
と思い、「第20回やる気と感動の祭典」の店長発表で・・・
石川県の「山成商事」さんに発表してもらった。

「やっているつもり」から「結果が変わるまでやり抜く」という発表。

f0070004_11214298.jpg

f0070004_1121468.jpg

f0070004_11215122.jpg

f0070004_11215935.jpg

f0070004_1122588.jpg

f0070004_11221185.jpg



この発表後、参加企業は
「自分たちはやり抜いているのか・・・」
と問い始めた。
すごく良い傾向になっている。

そうこうしている時に・・・
今、ベストセラーになっている本がある。
これです。

f0070004_11211718.jpg


「GRIT]

日本語に訳すると・・・
「やり抜く力」
この本が物凄く売れている。
もちろん、商人伝道師も購入し、読んでいます。

この本で強調しているのが・・・
「才能」や「能力」と「成功」は決して比例しない。
いや、むしろ全く“無関係”であると。


成功する人の共通項は・・・

「GRIT」
「やり抜く力」であると・・・


要するに・・・
「情熱」と「粘り強さ」を持った人が結果を出すのだと・・・

はたから見たら、「結果」を出していそうに見えるけど・・・
本人は全く満足していない。
「まだまだ・・・」と。
なぜか・・・

そこに大きなヒントがあるらしい。
それは・・・
「大きな目標」を立てること。
そして・・・
「その大きな目標は簡単にたどり着けるものではない」
と理解していることが大きいと・・・
だから「自己満足」や「現状に満足」せず・・・
はたから見たら成功したように見えても、“まだまだ”とさらに上を目指す。
こういうことを「やり抜く力」だと言っている。

人はみんな・・・
「自分が可愛いし、自分が好き!!」
だからちょっと“結果”が変わったり・・・
ちょっと評価されると・・・
「これでいいや!!」となる。
これこそ、“やっているつもり”であると・・・

“やり抜く”人たちはそういう“過程(プロセス)”での
成功には全く目もくれいない。


自分が立てた“大きな目標”に向かって、どんどん邁進していく。
もちろん、“大きな目標”だから数々の障害や困難が待ち受けている。
でも、「目標」があるから、その障害や困難も素直に受け入れ、
クリアーするように努力する。

“大きな目標”を達成するまで・・・

これを“やり抜く力”というのかもしれない。
実はある企業が12月1日に“異常値売上げ”に挑戦する。

「1店舗で5,000万円」の売り上げ

という、とてつもない数字。
普通に考えれば不可能な数字。

しかし、ここがこの企業の正念場。
一人でも「できるわけがない!!」と思ったら・・・
たぶん達成できない。

「木曜日。平日だから・・・」
という“言い訳”はできる。
しかし、みんなで「大きな目標」を立てて・・・
「必ず達成できる!!」と“やり抜いた”時、
信じられないような世界に突入することができる。

「1日5,000万円」(もちろん一店舗での数字)
普通に考えたら、無謀としか思えない数字。
しかし、これに挑戦する企業がいる。

「やり抜けるかどうか・・・」

すごく楽しみにしている。

「GRIT」
「やり抜く力」

世界中の人たちがこの言葉に関心を持っている。
そして・・・
「第20回やる気と感動の祭典」で商人伝道師が・・・
「やっているつもり」から「やり抜く」へシフトせよ!
と唱えた。
時を同じくして・・・

参加された方々・・・
再度、「やる気と感動の祭典」のパワーポイントを見てほしい。
「モデリング」をやり抜いているだろうか・・・
「やっているつもり」ではないか・・・
ちょっとの「差」かもしれないが、このちょっとの「差」が大きな「差」となる。
「やり抜く力」
興味がある方は上記の本を読んでみてくださいね。
結構“スキッ”ときます。



そして、「今日の一言」・・・
人類史上の進歩のほとんどは、
不可能を受け入れなかった人々によって
達成された。
(ビル・ゲイツ)

by akindonet | 2016-11-25 18:00 | Comments(0)
小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
今月のみどころ
Xmas&年末年始特集中!
f0070004_13241353.jpg
好評配信中!!「商売繁盛虎の巻」
Xmas~年末・年始特大号

f0070004_13165581.jpg
12月1日(木)配信開始  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP」(2016年12月)

f0070004_1327846.jpg
11月25日(金)配信開始
水元仁志の「売場クリニック」
2017年1月号 デリカ部門 前編

f0070004_13453321.jpg
好評配信中!!
佐藤勝人が年末年始チラシ制作のポイントをアドバイス!
売れるチラシの極意 第79話

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全教育コンテンツを全社員様で共有できる定額法人会員制度も大好評!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)






今日は朝5時起床。
身支度して…
早めに自宅を出る。
雪の予報なので、雪が降る前に…
羽田空港へ…
今日は、北陸。


11月に雪とは…
なんか、日本に「四季」がなくなってきているような気がする。
凄く暑い夏と…
凄く寒く雪の降る冬と…
この2つしかないのでは…
と感じているのは、商人伝道師だけではないと思う。

四季があるから、日本人の“感性”が磨かれていると思う。
“四季”が戻ってくることを願う。
まあ、今日は雪で足止めを食らわずに良かった。



さて、11月も来週で終わり。
12月に突入です。
12月はこの業界にとっては…
最も大切な月。
発注や予約獲得などの最後の追い込みに入っているところではないでしょうか。
今年の12月は非常に厳しい。
曜日まわりが厳しすぎる。
“スタートダッシュ”が全てだぞ!!
と商人伝道師は言いまくってますが…
その意識はみんなあるのでしょうか…

12月は、「売れて儲かる」最大月。
今年は確実に“売れて儲かる月”にしていきたい。
「売り上げがどうなろうとも、利益はしっかりと確保する」
そのために一番大切なこと。
それは…
「意識化」
である。
「利益を必ず確保する」
という強い意識化が結果を生み出す。
“意識化!意識化!意識化!!”
意識化で“過去最高の利益”を確保していこう。





そして、今日は「ストロングポイント」の最大化について…

昨日お伺いした企業様からこんな質問をいただいた。
「客数を増やしたい。
そこで、あるセミナーに参加したところこういうことを言われた。
『週に2~3回来店していただいているお客様に週3~4回来店してもらおうとすると、客単価が落ちる。
だから、月に1~2回来店していただいているお客様を月に2~3回来店してもらうような販促を仕掛ける。
そうすれば、客単価は落ちない』
ということで、月に1~2回のお客様を月に2~3回来店してもらうためにはどうしたらよいか」

というもの。

みなさんだったらどうしますか…
「チラシを広範囲にまく」
という選択でしょうか?
でも、これではたぶん来店されないと商人伝道師は思う。


では、商人伝道師的にはどうするのか…
気になりますよね。
その質問に対する答えは…
「ストロングポイントを徹底強化せよ!」
というものです。

たしかに、即効性はありません。
しかし、今の時代、
チラシを広範囲にまいたからといって、客数が増えることはない。
チラシ屋さんと新聞屋さんを儲けさせるだけ。
そんなに甘くない。
それよりも、「ストロングポイント」を徹底的に強化して、“口コミ”で客数を増やすしかない。



では、どのようにして“ストロングポイント”を強化するのか…
その企業様を例にして紹介しましょう。

まずは「生産者直売コーナー」を5~10倍にせよ!
2~3倍のレベルではダメ!
中途半端すぎる。
5~10倍にする。
そうすると、「ガラガラな売場」になる。
実は、それが狙い!!
ガラガラになるから、「持ってきても並べる場所がある!」と農家は思い、どんどんみんなが持ってくる。
1か月もすればいっぱいになる。
そうすれば、「圧倒的な売場」になり、朝の集客効果が高まるはず!!
とアドバイス。
ただし、ここがポイント。
「5~10倍に拡大せよ!!」ということ。
2倍ではダメということ。
できるかな・・・???


次に、鮮魚部門。
房州直送商品を現在の2倍の物量にせよ!
とにかく、実績をつくれ!!
実績をつくれば、応援してくれるようになる。
“本気を見せる”と、優先的に商品を回してくれる。
その為には、「丸魚は薄利多売せよ!!」
ねいれをあまり入れずに、徹底的に安く売れ!!
そうすれば、“口コミで評判になる!!”
「魚好きな人間は他人にすぐに言いたがる。
だから、鮮魚の強い店は商圏が広いんだよ!!」
と…


では、肉はどうするのか…
「牛肉の売上構成比を今の2倍にせよ!!」
豚肉や鶏肉を強化しても、商圏など広がらない。
「高品質低価格」できる仕組みを持っているのだから…
「どんどん牛肉を攻めろ!!」
そして、売上構成比を今の2倍にせよ!
そうすれば、月に1~2回のお客様が月に3~4回来店してくれる。


その他では…
「寿司を強化せよ!」
「インストアーベーカリーを強化せよ!」

と申した。
まあ、これはいいでしょ。
割愛します。
「寿司」と「インストアーベーカリー」が弱いから…客層拡大できない。
「寿司」や「インストアーベーカリー」が“ストロングポイント”になれば、必然と若いお客様g来店されるようになると…


まあ、こんな感じです。
「言うのは簡単だよなー!
そう簡単にいくかよ!!」
と思われてますよね…
そうです。
「簡単ではないのです!!」
だから、“ストロングポイント”になりうるのです。

別に、ゼロからスタートせよ!と言っているのではなく…
今行っていることを“ストロングポイント”になるまで強化せよ!!
ということ。
必ず、客数が増えるから…と。

「ストロングポイント」
の弱体化が客数減につながっているなー、
と近頃感じてきている。
「自分たちのストロングポイントは何か!?」
それを徹底的に強化することこそ、集客につながる。

決して、チラシの目玉を強くすることではない…
いや、いくらしても客数など増えない。
そんなことではないと思っている。
みなさんはどう思われますか・・・
さあ、昨日お伺いした企業さん。
やれるかな・・・?

「人生には二通りの生き方しかない。実行と弁解」
「行動こそ真実!!」
「中途半端にやるなら、やらんほうがマシ!!
やるなら、痛みを伴うぐらいまでトコトンやる!!」

この言葉をささげる。




そして、「今日の一言」
「目標を持ちなさい。
目標をもったらすぐに諦めない。
コツコツと、少しずつでもいいから前進することが成功の秘訣だ。」
松下幸之助

by akindonet | 2016-11-24 18:00 | Comments(0)
小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
今月のみどころ
Xmas&年末年始特集中!
f0070004_13241353.jpg
好評配信中!!「商売繁盛虎の巻」
Xmas~年末・年始特大号

f0070004_13165581.jpg
12月1日(木)配信開始  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP」(2016年12月)

f0070004_1327846.jpg
11月25日(金)配信開始
水元仁志の「売場クリニック」
2017年1月号 デリカ部門 前編

f0070004_13453321.jpg
好評配信中!!
佐藤勝人が年末年始チラシ制作のポイントをアドバイス!
売れるチラシの極意 第79話

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全教育コンテンツを全社員様で共有できる定額法人会員制度も大好評!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)










今日は朝5時起床。
サクラとジョギングして…
Blogを書いて…
身支度して、千葉県市原市へ…
今日は「スーパーマーケット実践会in六社会」
今日の「ホスト企業」は…
「高橋商店(T・マート)」さん。


朝9時からの「店舗クリニック」に始まり…
10時からの「勉強会」。
終了は、午後17時過ぎ。
ガンガン行きます。


そういえば、今日は祝日なんですね。
すっかり忘れていた。
というより、全く商人伝道師には関係ない。(笑)

昨夜は、夜22時ぐらいから…
我が家の「おてんば娘」の誕生会。
こんな感じでした。

f0070004_938571.jpg

f0070004_9394354.jpg





大満足だったみたいです。



ところで昨日は大きな地震が東北地方で起きました。
丁度、その時間は羽田空港へ車で向かっていた時間でしたので…
全く揺れを感じず。
でも、ラジオを聞いているとすごい地震だったことは感じていた。
幸いにも大きな被害がおきずによかった。
でも、まだ5年。

心の傷がいえていないだけに…
「心のケア」が必要となってきますよね。
しっかりと対応してほしいと願う。

また、日本全国で近年大きな地震が発生している。
「南海地震」のような大規模な地震が起きないことを心より願う。
もしも、起きたら、東京オリンピックどころではなくなるので…




そして、今日は「店づくりの進化と課題」について…

近頃、商人伝道が感じることがあります。
それは、「店づくりがうまくなったなー」というもの。

新店を拝見させていただくと…
ほとんどのお店に…
「クッキングサポート」がある。
「お魚屋さんの惣菜」
「お肉屋さんの惣菜」
「ミニトマトのバルク販売」
などがある。

これに対して何も申し上げることはない。
「素晴らしい!!」の一言。
ほんとうに進化していると感心させられます。

こういう店づくりは多くのお客様の共感・共鳴を得られる。
と感じているからです。


また、商品面でも…
「グルテンフリー」コーナーや…
「ロカボ」コーナー
「減塩」コーナー
「時短」コーナー
などを展開されている。
すごい進化だと思う。


ここで、問題が…
みんな似たような店ばかりになってきたということ。(笑)
お金をかけて「同質化」していきているのでは…
と思うことがある。
「どこで差別化しているのだろうか…」と。

そして、もう一つが「人手不足」の中、
どのようなオペレーションを考えておられるのかなーということ。
特に、「お魚屋さんの惣菜」などはオペレーションを考えないと…
ものすごいコストとロスが発生するような気がしている。

「じゃー、お前が考えている店づくりって何だよー」

と思われているいることでしょう。
商人伝道師が考える「店づくり」は…

まずは、「青果売場」。
「売場構成比30%以上」をたたき出す。
「生産者直売コーナー」づくり。
「売上げ仕入れ」方式で…
「生産者が管理してくれる…
売場の売上構成比を30%以上までもっていく店づくり。
そうすれば「チラシの価格競争」に巻き込まれない。
なぜなら「安さ」で来店されないから…
この「生産者コーナー」を目的で来店していただけるから…

さらに、「人手」がかからない。
これが大きい。
“生産性バツグン”の売場になる。


「鮮魚売場」は…
「冷凍平ケース」と…
「鮮魚の丸魚」コーナーを…
増やす。

昨日もお話したが…
塩干物は「真空パック化」・「冷凍販売」を前面に押し出す。
「釜揚げちりめん」だけは生食コーナーに移す。
「賞味期限を15日~30日」にのばす売場をつくる。
その反面…

お客様との「コミュニケーション」を図る“鮮魚対面(丸魚)”
コーナーを拡大する。



「精肉売場」は…
「冷凍平ケース」を圧倒的地域一番にする。
「ディナー用冷食」や「冷凍肉」を大々的に展開したいため…


「デリカ」は効率化を徹底的に図り
「売場」をあまり大きくとらない。
もちろん「鉄板」などのパフォーマンスはつくる。
「冷凍ケース」も導入。
レンジアップ商品のコーナーにする。


「グロサリー」酒売場の充実。
特に、日本酒や焼酎の品ぞろえは充実したい。
これからの「高齢化」社会。
男性が買い物にこられる機会が多くなる。
その時の判断基準。
「お酒の豊富な品揃え」があると思っているから。
また、「お酒の品揃えと安さ」は商圏を拡大できると考えている。


さらに、「インストア―ダイニング」の強化
「インストア―ダイニング」?
これは秘密。

「やる気と感動の祭典」に参加した方々の特権。


「こういう店を作れたらなー」と思っているが…
商人伝道師は「店舗レイアウト」にはあまりタッチしない。
なぜなら…

「オーナーやお客様の意思が売場に出ないといけない」

と考えているから…。
ですから、アドバイスはするが…
“店舗レイアウト”にはあまりタッチしない。


よって、今日紹介したことも、あくまでも商人伝道師の考え方…。
アメリカのスーパーマーケットを毎年視察にいったり…
5年後~10年後の“メガトレンド”を考えたりすると…
こんなレイアウトを想像してしまうということ…
ですが、参考までに…


無機質な店から、活気のある店への進化。


本当に良いことだと思う。
この方向に間違っていない。
あとは、これからの“トレンド”をどう読むか…ですよね。

「労働人口減少」
「高齢化」
「女性の社会進出」
「時短」
「ゴミ問題とロス」



こういうことを考えると、上記のようなレイアウトになるんですよね…(笑)

ですから、みなさん!!
商人伝道師と一緒にアメリカとか行きましょうね。

5年後…
10年後…
がわかりますよ。



そして、「今日の一言」…
「これで充分だとは言わず、常に「もしも・・・」と疑問を投げかける。
これが創造力を高める最高の質問なのだ。」
(ウォルト・ディズニー)

by akindonet | 2016-11-23 18:00 | Comments(0)
小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
今月のみどころ
Xmas&年末年始特集中!
f0070004_13241353.jpg
好評配信中!!「商売繁盛虎の巻」
Xmas~年末・年始特大号

f0070004_13165581.jpg
12月1日(木)配信開始  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP」(2016年12月)

f0070004_1327846.jpg
11月25日(金)配信開始
水元仁志の「売場クリニック」
2017年1月号 デリカ部門 前編

f0070004_13453321.jpg
好評配信中!!
佐藤勝人が年末年始チラシ制作のポイントをアドバイス!
売れるチラシの極意 第79話

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全教育コンテンツを全社員様で共有できる定額法人会員制度も大好評!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)








今日は朝4時30分起床。
昨夜は22時から国際電話で電話コンサルティングだったので
かなりの睡眠不足(笑)
でも、がんばります。
身支度して、羽田空港へ・・・
山陰へ向かう。

実は今日はサクラの誕生日。

f0070004_1532478.jpg

f0070004_15325129.jpg




もう、3歳になります。
「美人」になりました(笑)
商人伝道師と週3回くらいジョギングしているので・・・
スリムそのものです。(笑)
家族の一員なので、今夜は「誕生日会」を・・・
“商人伝道師抜き”で・・・。
「飼育係」は別に参加しなくていいらしい。(泣)
まあ、飼育係としてこれからも尽くします。




ということで、今日は早速、本題...。

近頃、商人伝道師は何を考えたことか・・・
「メガトレンド」の勉強を始めている。
「10年後」、一体世界は、いや日本はどうなっているのか・・・
「20年後」は・・・

しかし、学べば学ぶほど訳がわからなくなる。
例えば「人口」
日本は「少子高齢化」で人口が減っているが・・・
地球規模でみると・・・
「人口爆発」
している。

前の東京オリンピックが開かれた1964年の世界人口は
32億人
それが、2000年ごろには60億人になり・・・
現在は73億人
2020年には77億人
2030年には84億人
になると言われている。
70年弱で、約2.3倍になっている。

2020年ぐらいになると・・・

「食糧」
「エネルギー」
「水」


この3つが間違いなくキャパシティーを超えてしまう。
この奪い合いが始まることになると・・・
戦争の危険性が高まりつつある。
学べば学ぶほど怖くなる。
将来は如何に・・・

そして、「AI」・「テクノロジー」
確実に想像をはるかに超えるスピードで進化している
と言われている。
分かりやすいところでお話しすると・・・

「自動車」

「自動運転」の開発が進んでいる。
今度の東京オリンピックでは関連施設を結ぶ無人バスを走らせる計画がある。

高齢化の進む地方はそれに先がけて、いち早くこの無人バスがスタートするのではないかと・・・
バスやトラックが無人化になると、運送コストが飛躍的に下がる。

さらに一般の自動車が自動運転になると・・・
どういう事が起きるか・・・
まず、自動車を買わなくなる。
ローン返済に追われ、駐車代・ガソリン代・保険代・税金・車検・整備代が
必要なくなる。
なぜなら・・・
「格安の自動運転タクシー」が街中を走り回るから・・・

すると、過疎地の“高齢化問題”も解決するのではないかと・・・
人が運転しないから、今の10分の1くらいの料金になるのではないかと言われる。
そうすれば「所有する」という文化はなくなるわけです。

今、問題視されている「高齢者の事故」も激減する。

また、ここがインフラされると・・・
我々の業界も大きく変わると言われている。
このあたりは時を見てお話しさせていただこうと思っている。

では、なぜこんなことを書くかというと・・・
“一歩”でなくていいから・・・
“半歩先”を常に見ていくことがこれから大事であると思うからです。

例えば・・・
青果部門においては、「市場機能」が衰退していくことは目に見えている。
今回の「豊洲市場問題」にしてもそう。
都が運営するからこうなるのであって・・・
民間に運営を委託すれば、こんな問題など起きない・・・
「市場法」で難しいけど、大手スーパーマーケットが運営するという事も
今後はあり得ると思う。

ということは、「市場」を頼らない「仕組み」作りをいち早く構築する必要があるという事。
「調達」「生産者直売コーナー」の拡張です。
「農家を儲けさせないと日本の農業の将来はない!!」
これは商人伝道師の持論。

また、「鮮魚部門」でも...
中国やロシア、韓国の乱獲により・・・
ますます魚はいなくなる。
獲れなくなる。
特に、日本人の大好きな「生イカは養殖になる」と思う。
今年の10月の漁獲高は前年比10%程度だという。
ここで日本の技術が発揮される。
「養殖魚マーチャンダイジング」の必要性がますます出てくるのと・・・

さらに販売方法の変化。
「塩干物は全て冷凍販売でいいのでは・・・」
と商人伝道師は思っている。

「生!生!」と言っているけど、近海魚が獲れないんだから・・・
「冷凍」しかないでしょ!!ってね。

精肉部門においては、もっと深刻。
これからはスーパーマーケットが「第一次産業」に参入すべきではないかと・・・
商人伝道師はいつも思う。

「なぜ、イオンさんやセブンイレブン&アイさんは農業に参入するの・・・」
「参入するなら畜産でしょ!!」

なぜなら、“資本力”がモノをいう業界だから・・・。
小売業が社員さんを畜産現場に送り込むという時代がそこまで来ていると思う。

「製造小売業」

の最たる業界ではないかと・・・

そうでないと輸入肉はあと10年もたないと思う。
「人口爆発」
起こしているんですもん。
労働人口の多い・・・
消費力の多い・・・
国や地域に行ってしまう。
そう感じています。

「評論家みたいなことを書くな!!」
と言われそうですが・・・
今日は「評論家」に徹します。(笑)

自動車が自動運転に変わり・・・
それにより事故が大幅に減る時代が来る。

「モノづくり」も“産業革命”が来るのではないか・・・
「製造小売業」の時代が来るのではないか・・・
それが地方の活性化に繋がるのではないか・・・
と「評論家」的なことを今日は書きました。(笑)
責任ないから、何でも書きます。(笑)

でも、商人伝道師には合わない。
評論家やジャーナリストは世の中を変えられない。
変えられるのは実務家のみ。
そのお手伝いに魅力を感じる商人伝道師でした。

そして「今日の一言」
知って行なわざるは知らざるに同じ
(貝原益軒)

by akindonet | 2016-11-22 18:00 | Comments(0)

埼玉の店舗視察をして…

小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
今月のみどころ
Xmas&年末年始特集中!
f0070004_13241353.jpg
好評配信中!!「商売繁盛虎の巻」
Xmas~年末・年始特大号

f0070004_13165581.jpg
12月1日(木)配信開始  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP」(2016年12月)

f0070004_1327846.jpg
11月25日(金)配信開始
水元仁志の「売場クリニック」
2017年1月号 デリカ部門 前編

f0070004_13453321.jpg
好評配信中!!
佐藤勝人が年末年始チラシ制作のポイントをアドバイス!
売れるチラシの極意 第79話

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全教育コンテンツを全社員様で共有できる定額法人会員制度も大好評!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)








今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
新横浜駅へ…

今日は「カンブリア宮殿」で紹介された企業様へ…(笑)
なんか、あの番組出演以降、ネット通販がパンクしているらしいです。
TVの影響ってすごいですね。


さあ、今週はイオンさんの「ブラック・フライデー」
コンビニとスーパーマーケットは開催しないそうですが…
どうなるんでしょうか…

今週末の金~日曜。
マスメディアがここぞとばかり放送するんでしょうね…
「デフレ」を助長する恐れあり。

しかし、「一つの活性化」になる可能性もある。
中国の「11月11日」の“独身の日”のように…
まずは状況を見守りたい。






そして、今日は「埼玉の店舗視察をして…」について…


土曜日、急遽「埼玉県東松山市~坂戸市」の店舗を視察してきました。
というより、「買い物」…(笑)
そこで、感じたことを書きます。
あくまでも、商人伝道師の私見として、読んで下さいね。




まず、最初に訪れたのが、埼玉県初出店の「ロピア」さん。
f0070004_1741295.jpg



週末ということもあり、賑わってましたね…

とにかくこの企業の「スタートダッシュ」にはいつも驚かされる。
“加速のスピードは群を抜いている!”
「ストロングポイント」を“マインド”イメージさせるまで徹底する!!という点では
ピカイチだと思う。



神奈川のロピアさんとはかなり売価が違う。(笑)
スパコディ純ちゃんいわく…

「オープン価格なんでしょ?!」

でも、商人伝道師はこれでいいと思っている。
この1年間ぐらいは…

徹底的に地域のお客様の「マインドイメージを最大化」する。
それで、「ヤオコー&ベルク王国」を切り崩すポイントだと思っているからです。

でも、ロピアさんを見て思ったこと。
それは…

「この出店が、“トリガー”になったなー」と。
「ヤオコーさんのお膝元は…」
「ベルクさんは強いしな…

という固定概念がどこかに全ての企業はあったと思う。



それが、「ヤオコーさんやベルクさんの地域でもこんなに繁盛するんだ~」と
なると、一気に各社出店してくるかもしれない。

少なくとも…

「ジャパンミート」さん。
「オーケー」さん。
「あおば」さん。
「タイヨー(茨城)」さん。
「三和」さん。

クラスは十分通用すると商人伝道師は思っている。

人口が増えている割には、土地代も人件費もまだまだ安い。
“投資回収率”が極めて神奈川や東京とくらべて高い地域。
元気のよい企業が今後出店してくるかもしれない。



次に訪れたのが、ロピアさんのすぐ近くに出店している「カスミ」さん。

f0070004_1743168.jpg


「肉の対面」のコンセを入れておられたり…
「オリジン」をコンセとして入店させられたり…
と「フードスクエア」スタイルの“成功フォーマット”で出店されていた。

しかし…

さすがに、ロピアさん相手では厳しいかな…



一つ一つの商品を見ると、生鮮はロピアさんより品質は明らかに良い。
スーパーマーケットとしての基本もしっかりしている。
しかし、何かゴテゴテ感がある。

「何を売りたいのか?!」わからない売場。
ロピアさんの「徹底した売り込みでの単品量販」を見ると
“買いづらさ感”さえ感じる…。

「マーチャンダイジングを見直さないといけないのかもしれない…」
と感じた。

率直な感想でした。



そして、坂戸市へ移動…

坂戸市の「マミーマート」さん。


「CGCニュース」に撮影されていたので、視察させていただいた。
「健康」というものにフォーカスされた「フラッグシップ店舗」ということで…



お客様は結構入ってました。
「マミーマートさんも変わったな~」というのが正直な感想。

特に「鮮魚売場」は良い。
それと、「惣菜売場」の品揃えをすごく考えておられた。
手作りの「チルドピザ」は、“これいいね!”と思った。

すごく感じのよい店でした。

ただ…


あえて、苦言を申し上げさせていただくと…

「健康」というコンセプトがどこまで商品やマーチャンダイジングに
落とし込まれているのか…
というと、まだまだ感あり。

「いちやまマート」さんや全国の“健康”にフォーカスした企業を
たくさん見ているので、そう感じたのかもしれない。

「健康」や「安全・安心」においては、どんどん消費者の目が厳しくなっていますからね。




しかし、「ヤオコー」さんや「ベルク」さんが圧倒的シェアーを持っている埼玉県北部。
これは、“勢力図”が変わってくるかも…

を予感するものでした。




最後に…
マミーマートさんのすぐ近くの「ヤオコー」さん。
すごく頑張っておられました。
ロピアさんへの対抗でしょうか…

「肉のジャンボパックが目立つ。

グロサリーや日配品の安さも目立つ。




ロピアさんの埼玉出店により…
ヤオコーさんの「成功フォーマット」の変更をされていくのか…
それとも、「高いパフォーマンス・高コスト」の今までのフォーマットに
磨きをかけられうのか…



「エイヴイ」さんをM&Aされて、どうされるのか…
今後を見守りたい。
優秀な方々が多いので、いろいろと改革されてくることでしょう。



「フラッグシップ店舗」ではないので…かもしれないが…
マーチャンダイジングでいったら、「マミーマート」さんのほうが良かった。
完全に囲いこまれている感あり。
修正されてくることでしょう。


あくまでも、サラッと見ても商人伝道師の「埼玉県東松山市~坂戸市」の
店舗視察での感想でした。
参考までに読んで下さいね。



なんか「ロピア」さんがすごい!!というような書き方になってますが…
ロピアさん見ても、「うーん!!」と思えることがいっぱいあります。

もっと他の企業さんは…

「共存共栄できる対策あるのにな~」
「なんで、相手のストロングポイントの対抗ばかりするの~」
もっとしっかりと“対策”すれば良いのに~と思った次第です。


そして、ロピアさんは…

「3000億円~5000億円企業」で「営業利益率5%前後」を狙っておられる
と思うが…

それにはいくつか「課題」があるような気がします。
特に、「みなとみらい」の「オーケー」さんの店舗と比較して…
そう感じる。

たぶん、修正改善されてくることでしょう。
でも、本当にすごいと思う。
これだけ「消費マインド」が低下し、購買力がなくなっている今、
こんなに成長されているのだから…
見習うところがいっぱいあった。

「埼玉戦争」
まだまだ目が話せないかもしれない。


そして、「今日の一言」…
「私は楽観主義者である。しかし私はレインコートを持っていく楽観主義だ。」
(ハロルド・ウィルソン)

by akindonet | 2016-11-21 18:00 | Comments(0)