「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2016年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧


第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
グロッサリー&お取り組み部門


発表テーマ
「“取り引き”から“お取り組み”へ
それが“Win-Win”の成長戦略につながる」


国分フードクリエイト株式会社
マーケティング部 企画課 主任MD
水木 健太郎 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!




新着動画情報
チャレンジャー あくなき挑戦者たち
取材企業:株式会社いちい

f0070004_18124379.jpg

大人気シリーズが約2年ぶりに復活!
今回登場するのは「第19回やる気と感動の祭典」の店長部門で発表した
株式会社いちい 蓬莱店店長 平子成人
ニューマネジメントによる様々な仕掛けで圧倒的地域1番店を作る店長術にカメラが密着!
男がたどりついた最強の店舗!その真実とは?


チャレンジャー あくなき挑戦者たち
視聴ページへ




今日は朝5時起床。
Blogを書いて…。
身支度して…。
大阪・伊丹空港へ…。
今日は山陰です。
帰国しても走り回っています。


さて、最後の「お願い」です。
「第20回 やる気と感動の祭典」のボランティアさんの募集。
まだ、現在たったの6名しかボランティアさんが集まっていません。
最低あと2名。できれば4名は欲しいのです。


関西・中四国・北陸・中部のみなさん。
「利他の心」のある方々…。
または「人間力」を高めたい方…。

過去に「やる気と感動の祭典」で発表された方。
「第20回記念大会」です。
今度は、「裏方であの舞台に立ちませんか?」。

絶対に「第20回 やる気と感動の祭典」のボランティアをして良かった!!と思えるはずです。
ボランティアに挑戦してみませんか…。
よろしくお願いします。
詳しくは…。
下記をクリックして下さい。

http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php


そして、本日公開されました「発表者紹介VTR」
今回は「グロッサリー&お取り組み企業部門」
発表者は
国分フードクリエイト株式会社
マーケティング部 企画課 主任MD
水木 健太郎さん


いわゆる「卸売業」の企業様。
スーパーマーケットと「お取り組み」をしたことで、どう結果が変わるのか…。
どういった「お取り組み」を行っているのか…。
その一端が知れる映像となっています。


「第20回やる気と感動の祭典」は、ぜひ「お取り組み企業様」と参加してみてください。
周りを巻き込んでいく。
「社外にどれだけ考え方を理解したバイヤー」
を作るかが、これからのポイント。
それがこれからの戦略になることがわかる発表になります。

ぜひ、お取り組み企業様と一緒に参加してみてください。

そして、ご覧下さい。






そして、今日は「第20回 やる気と感動の祭典」青果部門の発表者紹介です。
発表者は…。

株式会社文化堂
商品統括部 生鮮部 生鮮1課 課長
大沼 正幸 氏


f0070004_113238100.jpg



なぜ、「文化堂」さんを選出したのか…。
それは「ハイパーローカル戦略で大成功を収めているからです」
全店レベルで2桁アップをずっと続けています。


相場に左右されやすい部門の中で安定的に2桁アップし続けている(2年以上)
という最大の要因が「ハイパーローカル戦略」なのです。
なぜ、「ハイパーローカル戦略」が業績に関係するのか…。
それは今の時代。
いや、インターネットの時代がもたらした「マーケティング」が影響しています。


昔の「マーケティングの4P」というと…。

Product(商品)
Price(価格)
Place(流通経路・物流・売場)
Promotion(販促・プロモーション)


という4つの「P」が大事と言われてました。


しかし、今はこの「4つのP」が大事だと言われています。

Product(商品)
Price(価格)
Promise(信頼)
Personal(個性・個人)


という「4つのP」です。


要するにインターネットが発達し、お客様の購買が変わり…。
お客様の心理が変わってきたのです。
「Place(物流や流通経路)」は必要なくなりました。
商品はインターネットで取り寄せることができる…世界中から…。

「Promotion」も必要なくなりました。
今は「SNS」などによる“お客様同士”の情報の共有化によって、モノは売れるようになってくるのですから…。


そこで、注目されているのが…。

「Promise(信頼)」

なんです。

「Personal(個性・個人)」

なんです。

ですから、「生産者の顔の見える」野菜や果物は大ヒットするわけです。
でも、なんでもかんでも「生産者の顔」を見せれば売れるか…
というものではありません。


そこには「信頼」が必要なのです。
例えば、過去2回(18回・19回)で、この「やる気と感動の祭典」で
商人伝道師が参加者に「特栽(特別栽培)野菜」の重要性を示唆しました。

これも、「信頼」という新しいマーケティングの考え方に基づいてます。

それにより、一気に「特栽」での“差別化”がスタートした。

これはある一定の結果を生み出した。
しかし…。
ここで、大きな問題点が出てきた。
そうです…。

「競争力の低下」

です。
もっと言うと…。
「安さ」が出なくなった。


「競争力のないハイパーローカル」では今後生き残れない。
そこで、「第20回 やる気と感動の祭典」では…。
「競争力のあるハイパーローカル戦略」にフォーカスしていこうと考えた末に選出したのが「文化堂」さんなんです。


この企業の「ハイパーローカル」農産物は決して高くない。
いや、むしろ「安い」くらい。
なぜ、そういうことができるのか…。

f0070004_11513539.jpg

f0070004_11514937.jpg

f0070004_11521379.jpg


それは当日発表してくれる。


そして、実に「ハイパーローカル」をアピールしたPOPが上手い!!

f0070004_1153791.jpg

f0070004_11532384.jpg

f0070004_11533252.jpg

f0070004_11534333.jpg


商人伝道師の言葉でいうと…。

「つかみ」(キャッチコピー)が上手い!!

だから、お客様を引きつける。
どのようにしたら、このキャッチコピーが出来るのか…
も当日、紹介してくれることでしょう。


もちろん、「ハイパーローカル」戦略だけで2桁アップしたわけではない。
その他の“効率的な仕掛け”も発表してくれる。
売り場面積が400坪いないの店が多いので…。
すごく参加者は参考になると思う。
これは、当日までのお楽しみにしておきます。


アメリカのスーパーマーケットでは「オーガニック」は当たり前のレベル。
ウォルマートでも積極的に行っている。
「オーガニック」では差別化にならなくなった。
日本では、まだまだですが…。
この流れは必ず訪れる。


では、今の「差別化」とは…。
それが…。

「ハイパーローカル」なんです。
「ローカルから「ハイパーローカル」へ。
「ハイパーローカル」から「ハイパーローカル&ルーツ」へ

と進んでいる。


こういうことを学んでおかないと…。

「青果部門=集客部門」

ということで、単なる“安売り”部門になる。
今後、「人件費」などのコストは上昇するばかり…。
「低粗利益率」の青果部門を改善していかないと、そんでもないことになる。
そこで、今回、その「収益改善」や「差別化戦略」の一つとして…。

「競争力のあるハイパーローカル戦略」


を参加者に学んでもらおうと思い、文化堂さんを選出しました。


ぜひ、青果バイヤーや青果担当者を参加させてみて下さい。
物凄い「財産」を掴み取ることが出来ると思います。
それぐらい凄い発表にします。


青果部門の「差別化戦略」を学べるのは…。
この「やる気と感動の祭典」しかありません。
ですから、ぜひ参加することをオススメします。
「生き残り」たければ…。


そして、最後に改めて「第20回 やる気と感動の祭典」の
青果部門の発表者を紹介しましょう。


株式会社文化堂
商品統括部 生鮮部 生鮮1課 課長
大沼 正幸 氏


f0070004_113238100.jpg


楽しみにしておいて下さい。


そして、「今日の一言」…。
「誠実でなければ、人を動かすことはできない。
人を感動させるには、自分が心の底から感動しなければならない。
自分が涙を流さなければ、人の涙を誘うことはできない。
自分が信じなければ、人を信じさせることはできない。」
(ウィンストン・チャーチル)

by akindonet | 2016-09-30 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
デリカ・寿司・ベーカリー部門


発表テーマ
「これからは“看板商品づくり”と“数を売る仕掛け”が必要!!
その対策はこれだ!!」


株式会社ユアーズ・バリュー
惣菜部バイヤー 兼 寿司部バイヤー  石丸 啓幸 氏
惣菜部スタッフ  岡本 葵 さん

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!






今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
ジョギングして…
身支度して…
大阪に向かう。

今日は、「惣菜部門差別化&効率化セミナー」。
f0070004_16584831.jpg

商人伝道師も勉強しないといけないので…。
その後、商人ねっとのアソシエイトと新大阪駅の地下で食事して、大阪に今日は泊まります。



さて、まず最初に…
「第16回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」に参加いただいた皆様。

8日間、ありがとうございました。
「最高によかった!」
「ものすごく勉強になった!」
「多くの気づきと感動をいただきました!」

の声をいただき、うれしい限りです。

春は、「ポートランド~シアトル」でほぼ決定しています。
次の秋は全くの未定ですが、じっくり考えて決めます。
「目的は何か…」を考えて…


そして、この8日間、“現地コンサルティング”していただいた「稔子ウィルソン」先生に…

やる気と感動の祭典「第20回 記念大会」の基調講演をお願いしました。
アメリカには、費用の関係でたくさんの方々を派遣できません。
しかし、“アメリカの小売業の動向”は学ばせたい!!というのは、
殆どの経営者の方は思っておられると思うんです。

ちなみに、こういう「言葉」を知っておられますか……

「Food Waste Battle」
「Millennials」
「The Evolution of Eating」
「Grocerant」
「Hyper Local Roots」
「In-Store Dining」
「Decent Price」
「Clean Labels」
「Consumer Chefs」
「"Fresh-Forward" Format」


何が何だかわかんないでしょ。
しかし、この「言葉」を理解すると…
日本の「What is Next!!?」(次に何が来るか!?)
がわかるのです。

みなさんのお申込み、心よりお待ちしております。




そして、もう一つ。
「お悔み(訃報)」
先日、9月20日に、徳島の「株式会社キョーエイ」の埴渕年秋副会長がお亡くなりになられました。

アメリカに行っていたので、そのことを知らず、誠に申し訳なく思っております。
非常に体も大きく、豪快な方でした。

「経営は社長が本当にうまくやっておる。
ワシは経営は社長に任せた。社外的なことをワシがやる」
と言われていたことを思い出す。

あまり、お会いしたことありませんでしたが…
このお言葉が脳裏に残ってます。

ご冥福を心よりお祈りいたします。
来る11月1日に「お別れ会」をされるとのこと。
ご報告までに…
合掌。




そして、今日は「第16回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」を終えて感じたことを書きます。


まずは、「ニューへの挑戦」を続けているアメリカの小売業にショックを受け、“危機感”を募らせました。

365 by Whole Foods Marketを見た時には、“鳥肌”が立ちました。
f0070004_1965176.jpg

f0070004_19590066.jpg

f0070004_19544337.jpg

「人」の代わりに「ハイテク」を駆使して案内している。
「人が全くいなくても、何も不自由を感じさせない」
しかし「ランニングコスト」は劇的に下がる。
“顧客満足度”を落とさずに、コストを大幅に下げる。

日本のスーパーマーケットが今進めている方向性とは全く違う。
「なぜ違うのかなー」と考えていたんですね。
結論から言うと…
「ターゲットの違い」だと思った。
日本は一所懸命「高齢化社会」への対応をしている。
しかし、アメリカは「ミレニアル世代」にフォーカスしている。
「これは考え方を変えていかないと…」と感じた次第であった。

アメリカはここ1,2年で急激に「ミレニアル世代」への対応を加速させている。
その証拠として…
「プリペイドフーズ」「冷凍食品」の品ぞろえ強化している。
もちろん、「GROCER ON LINE」の強化は言うまでもない。
商人伝道師的には大きな“気づき”と“学び”があった。
このあたりは、「第20回 やる気と感動の祭典」でお話しします。
ですから、すごいですよ!!「第20回記念大会」は…


さらに、「廃棄やロス対策」に本格的に取り組み始めている。
「ウェグマンズ」のミートや鮮魚の取り組みはすごかった。
「ホールフーズマーケット」も“廃棄やロス”に対して本格的に取り組み始めた。
「PCC」の“廃棄ロスゼロ”への取り組みは“衝撃”さえ覚えた。

このBlogで何回も書いてますよね。
「消費期限や賞味期限の延長」
今日大阪で開催している「惣菜の差別化&効率化セミナー」でも、
「ブラストチラー」の活用で「D-0」を解消しようという学びをしています。
「第20回 やる気と感動の祭典」の惣菜部門で発表する…
「株式会社ユアーズ・バリュー」の石丸啓幸君の発表はまさしくこれです。
f0070004_16393894.jpg


日本も間違いなくこの流れは到来する。
だって「三方良し」ですもん。
「環境やごみ問題の解消」につながる(地域良し)
「小売業のロス対策」につながる(売り手良し)
「消費者の自宅での廃棄削減」につながる(買い手良し)



「2020年」ぐらいまではこんな流れになるのではないかな…
と感じている。
すごいモノを見てしまったような気がする。
1年前に衝撃を受けた「マリアーノス」。
しかし、今年見ると「古臭く」感じてしまうぐらいのスピード。
でも、これを感じられるのは商人伝道師と稔子ウィルソン先生のセミナーだからこそかもしれない。
これもちょっとだけ感じた(笑)




そして、もう一つ。
「第20回 やる気と感動の祭典」の各発表者のテーマや内容が
“アメリカの小売業の流れ”とフィットしている
ということ

例えば、青果の「ハイパーローカル」の発表。
アメリカでは「ハイパーローカルルーツ」まで進化しているが…
同じ流れ。
f0070004_17533679.jpg

f0070004_17534641.jpg


鮮魚の「漁獲高減少下における新たな丸魚マーチャンダイジング」
「サスティナブル」や「プリペイドフード化」のアメリカの流れと全く同じ

f0070004_1754392.jpg

f0070004_17542362.jpg


ミートの「プリペイドフード化」「安全・安心・おいしさ」の発表の流れも
アメリカのミートと同じ流れ
f0070004_17543548.jpg

f0070004_17544639.jpg


グロサリーの「取引からお取組みへのシフト」
アメリカではとっくの昔から行われている
f0070004_17551495.jpg

f0070004_17582477.jpg


さらに、「売れて儲かる商品の異常値販売」は、アメリカの“ニュートレンド”への取り組みと同じ
f0070004_17584614.jpg

f0070004_17585495.jpg


本当に“偶然”なんですけどね。
今回は本当にすごい内容だと思う。
「第20回記念大会」にふさわしい内容だと自負している。



今、アメリカは大きく変わろうとしている。
日本は、「2020年以降」に向けて大きく変わらなければいけない。
その為には…
「Change People, Change Future!!」
(人が変われば、(会社の)未来が変わる!!)

まず、「人の教育」をしっかりと行わなければいけない。
「2020年」までに…。
今、地道に「人への投資」をした企業が、「2020年以降」に生き残れる。
「第16回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」を終えてそう感じています。



「まずやってみる!!」
「やってみなければわからないことばかり!!」
「やってみなければ何も始まらない!!」

「営業利益率5%以上」を目指す、株式会社タイヨーの清川和彦社長の言葉。
その通りだと思う。

「実践には知識と知恵は不可欠!!」
その知識と知恵を学べるセミナー。
それが…
「第20回 やる気と感動の祭典」です。
f0070004_20534669.jpg


お申込み、お待ちしております。
セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



そして、「今日の一言」
「私たちのまわりには、ごく僅かだが「火種のような人」がいる。
その人のそばにいると、火花がふりかかり、熱気が伝わってくる。
実は職場や仕事をグイグイ引っ張っているのはそんな人だ。」
(土光 敏夫)

by akindonet | 2016-09-29 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
デリカ・寿司・ベーカリー部門


発表テーマ
「これからは“看板商品づくり”と“数を売る仕掛け”が必要!!
その対策はこれだ!!」


株式会社ユアーズ・バリュー
惣菜部バイヤー 兼 寿司部バイヤー  石丸 啓幸 氏
惣菜部スタッフ  岡本 葵 さん

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!





今日は、朝5時起床。
Blogを書いて…
「フィットネスセンター」で汗を流し…
身支度して…
「シアトル国際空港」へ…
f0070004_18471721.jpg

みんな元気です。


空港で「稔子ウィルソン先生」とのお別れ。
みんな、さみしそう。
f0070004_18474578.jpg


でも今回は、10月にまた会えるので…
「基調講演」が楽しみです。


さて、昨夜。
「キックオフパーティー」。

キックオフ???
そうです。
商人伝道師は「これからがスタート」ということで、
「キックオフパーティー」という名にしています。

「アメリカで学んだことを、どう生かすか…」
これからが、参加者のスタートなのです。
そこで、「キックオフパーティー」としています。

今回は、夕日の海岸が一望できる、
素敵なレストランで行いました。
f0070004_18491169.jpg

f0070004_19501815.jpg

素敵でしょ。

料理もこんなに凄いんです。
f0070004_18195341.jpg

f0070004_18195489.jpg



まずは、参加者を代表して、
鹿児島の株式会社タイヨーの清川社長よりあいさつ。
f0070004_18493341.jpg


絶好調企業。
「年商1,000億円以上企業で最も営業利益率が高い企業」
あのオーケーストアさんも敵わない企業。
そのトップが、まだまだ学ぼうとアメリカまで来られている。
おそろしいことである。

その後、食事。
そして、サプライズ。

6日間お世話になった「稔子・ウィルソン」先生へ
参加者からのプレゼント。
f0070004_18501139.jpg


最後はこんなことも…
「稔子・ウィルソン」先生へのサプライズ映像。




良いセミナーでしょ。
みんなが「稔子・ウィルソン」先生を信頼し…
愛して…しっかりと学ぶ。
これが、「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」です。
来年も春と秋に行います。
ぜひ、参加を御検討下さい。



そして、今日は「ホールフーズマーケットの新業態」のレポートです。

昨日「ホールフーズマーケット」の新業態。
「365 by Whole Foods Market」を視察しました。
まだ3店舗目。
ロス・ポートランドの次に、このお店がOpenしました。
正直、商人伝道師的には全く期待していませんでした。
「ホールフーズは何を血迷ったのか」と思っていた。
その、“悪い意味の期待度”が100%裏切られることに。
ショックでした…。衝撃でした…。

「ホールフーズマーケットの底力を見せつけられました」

こんな感じの店です。
f0070004_1935518.jpg

f0070004_1952232.jpg

f0070004_1945638.jpg



全く装飾などない。
「ノーフリル店舗」
しかし、全く装飾ない店ほど、
ホールフーズマーケットの商品力の凄さが際立つのです。

まずは「POP」。
なんと、全て「デジタルPOP」。
f0070004_1965176.jpg

f0070004_19590066.jpg

f0070004_19590183.jpg


さらに、従来型のホールフーズマーケットは…
青果部門は「量り売り」が中心。
しかし、今回は「定額売り」が中心
f0070004_1973768.jpg

f0070004_1981846.jpg


すごく買いやすい。

そして、その「安さ」。
見てください。
f0070004_19502050.jpg

f0070004_19502024.jpg


なんと「一房29セント(日本円で約29円)」
もう、ビックリ!!

さらに、精肉と鮮魚は全て「真空パック」販売
全く「ロス」の出ない商品化。
f0070004_1910191.jpg

f0070004_19114548.jpg

f0070004_19123477.jpg


もちろん、100%センターやアウトパック。
インストアー加工など一切無し。

デリカは、なんと「定額販売」・「詰め放題」
f0070004_1917581.jpg

f0070004_19144285.jpg

f0070004_193353.jpg

f0070004_19590211.jpg


「大・中・小パック」でどれだけ入れても同価格。


日配品は、「リーチイン」展開
f0070004_19313266.jpg


平ケース全て「蓋つき」ケース。
f0070004_19233251.jpg

f0070004_191861.jpg



冷凍食品を大々的に売場拡大し展開。
f0070004_1936354.jpg

f0070004_19371012.jpg


ホールフーズマーケットの看板である「バルク販売」などない。
「365」のプライベートブランドがもの凄く安い
ビックリです。

さらに「ミレニアル世代」への対応も徹底している。
なんと、店員の代わりに全て「デジタル什器」が対応。
f0070004_19544337.jpg

f0070004_19590766.jpg


「未来の“夢”のような展開」をしている。
すごい!!の一言。



従来型のホールフーズマーケットの“真反対”を行っている。

その辺りをストアマネージャーへのインタビューで話しを聴く。
f0070004_19424379.jpg


予想通り…
「トレーダージョーズを意識した店にした!!」
とのこと。

トレーダージョーズに全て価格を合わせている。
それを「ローコストオペレーション」で実現している。

しかし、あまりにも衝撃的だったので…
参加者から色んな質問が出る。
それぐらいインパクトがあった。

日本のスーパーマーケットの経営者は
必ず見ておくべき業態です。

「ホールフーズの底力を見せつけられた」感じがします。

もちろん、
写真撮影の許可を得ています。
「隠し撮り」ではありません。
「すごい店を見てしまった…」
これは商人伝道師の率直な感想。

「どこまでアメリカのスーパーマーケットは進化するのか…」

それを感じた視察でした。

このことに関しても…
「第20回やる気と感動の祭典」の
基調講演で「稔子・ウィルソン」先生が話してくれることでしょう。



ものすごく学びの多いセミナーになりました。
「What is Next!!」
(次に日本で何が起きるか)

これをしっかりと学べたセミナーでした。


来年も春と秋に開催する予定です。
「募集する前に定員になる」
という変わったセミナー。(笑)
なぜそうなるのか…
少しはこのBlogで感じとっていただけましたでしょうか。

「このセミナーはあと15万円〜20万円プラスしても参加すべきセミナー」

今まで色んなアメリカ視察セミナーに参加されている…
北海道の株式会社東武の千葉社長が言われたこと。
それぐらい、クオリティーが高い!!
と言っていただいた。


「第16回アメリカ視察セミナー」終了しました。
しかし参加者はこれからスタートです。
参加された方々が、「行動」し…「結果」を変えてこそ…
このセミナーの価値が上がるのです。
参加者のみなさんの“行動力”に期待しています。





最後に「お願い」です。

「第20回やる気と感動の祭典」
「ボランティア」さんが全く集まりません!!
緊急事態です!!
関西・中四国・北陸・中部のみなさん!!
ボランティアに挑戦してみませんか…
この「やる気と感動の祭典」はボランティアで運営しています。
最悪、商人伝道師のが「誘導係」をせざるを得ません。

「第20回記念大会」
みなさんの“勇気ある行動”期待しています。
詳しくは下記をクリックして下さい。
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php

お待ちしております!!


そして、「今日の一言」…
「天は自ら行動しないものに、救いの手は差し伸べない」
(シェイクスピア)

by akindonet | 2016-09-28 20:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
デリカ・寿司・ベーカリー部門


発表テーマ
「これからは“看板商品づくり”と“数を売る仕掛け”が必要!!
その対策はこれだ!!」


株式会社ユアーズ・バリュー
惣菜部バイヤー 兼 寿司部バイヤー  石丸 啓幸 氏
惣菜部スタッフ  岡本 葵 さん

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!





今日は、朝5時起床。
Blogを書いて...
ジムで汗を流して...。
朝8時よりセミナー。

f0070004_19342958.jpg

f0070004_19351486.jpg


今回の「第16回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
まとめのセミナー。
そこで、商人伝道師が強調したこと。

「What is Next!」
「次は何が来るか!」


これを学ぶセミナー。
それが今回の目的でした。


「What is Next!」を
参加者は数多く学べたと自負しています。
早いもんで、明日帰国です。
みんな元気です。
御心配なく...。


そこで、今日は「シアトル」での学び」について...
まずは、「MAIN & VINE」。
f0070004_1855113.jpg


全米№1の「クローガー」が“マリアーノス”
などの、傘下の企業を参考にしてつくった“トライアル店舗”


よって、全米各地から視察におとづれている
「ホールフーズマーケット」
「トレーダージョーズ」の本部から...
「ウェグマンズ」の本部から...
そんな店を今回は視察しました。

こんな店です。
f0070004_18553896.jpg

f0070004_18562328.jpg

f0070004_1856521.jpg

f0070004_18571149.jpg

f0070004_185733100.jpg

f0070004_18582116.jpg

f0070004_18584538.jpg


もちろん、「写真撮影」の許可を得ています、
「隠し撮り」ではありません。

まずは、このクローガーの「トライアル店舗」を視察して感じたことを書きます。

まずは「惣菜」の強化
あの「伝統的スーパーマーケット」で、この店は“惣菜の売上構成比”がトップなんです。
グロサリーの売上を超えている。
考えられないこと。

「売上構成比が20%を超える日もあるという」

日本も「売上構成比20%」の時代が到来する日も近いと感じた。


さらに、このような「対面販売」「オーダーシステム」の時代も来るのかもしれない。
f0070004_1922598.jpg

f0070004_1925934.jpg


アメリカでは「伝統的スーパーマーケット」でも行っているのだから…。


それと同じく強烈に感じたこと。
「鮮魚や精肉」売場がどんどん縮小されている
ということ。
f0070004_1954583.jpg



もう、「生鮮食品」を拡大して差別化していこうという時代がアメリカでは終焉を迎えているのかもしれない。
それよりも「冷凍食品」「プリベイドフード」の強化をしてきている。
f0070004_1962443.jpg

f0070004_1964052.jpg


日本とは全く逆の方向性。
凄く考えさせられた。


さらに、日用品の品揃えが増えている。
「エコ商品」「コスメティック商品」などの“ノンコモディティ商品”
「地球に優しい」「人に優しい」商品の拡大。
コモディティ商品の縮小。
これで明らかに「差別化」していこうと考えている。
f0070004_197151.jpg

f0070004_1973466.jpg



反面、「ウェグマンズ」は日用品は“コストコ”の価格に合わせようとしている。
「ファミリーパック」というネーミングで…。

どちらがいいのかは今のところわからない…。


さらに、日本同様「クッキングサポート」の強化が進む。
f0070004_1914741.jpg


「コミュニケーション」が今のアメリカの“高質化”のキーワードだと感じた。


最後に「インストアー・ダイニング化」です。

「イートインからインストアー・ダイニングでシフト」
「グロッサラント」

f0070004_1915584.jpg

f0070004_19143410.jpg



わかんないでしょ。
この言葉。

これは「第20回 やる気と感動の祭典」の基調講演で聴いて下さい。
日本にもこの流れは必ず来ます。
それを参加されたメンバーは痛感した。


すごく勉強になった「MAIN&VINE」でした。
特に今回参加された「店舗デザイン関係」の方々は勉強になったと思います。
「大感激」してましたから…。


そして、インタビュー。
f0070004_19161720.jpg


なんと「売上」まで教えてくれた。
その数字は秘密。
最後にみんなで記念写真
f0070004_19173066.jpg


“ナイスショット!”でしょ。


そして、もう1店舗視察した。
それが「PCC」
日本で言う「生協」
f0070004_19252099.jpg

このPCCはとんでもない取り組みをスタートしたので…。
投資ファンドがどんどんお金を注ぎ込み…。
CEOにスターバックスの幹部を招き入れ…。
拡大戦略を取ってきている。
こんな感じのお店です。
f0070004_19254782.jpg

f0070004_1926568.jpg

f0070004_19262045.jpg

f0070004_19263467.jpg



この企業を一躍有名にしたのが…。

「環境対策」・「ゴミ対策」です。

店から出る生鮮食品やデリカ商品をすべて“堆肥化”する取り組みです。
「限りなくロスはゼロ」とのこと。
“堆肥化”した商品を見せで販売している。
f0070004_19304063.jpg

f0070004_19305466.jpg


これには、みんな飛びついた。
質問の嵐。

「環境」が「公共の利益」と「企業利益」の“スイートスポット”

になることをみんなは学ぶ。


さらに、「クリーンラベル」展開。

「クリーンラベル???」

f0070004_21435136.jpg

f0070004_21435821.jpg

これは「第20回やる気と感動の祭典」で稔子・ウィルソン先生から聴いて下さい。
日本にもこの“流れ”は来ます。必ず…。


こういうことを学ぶのが…。
商人伝道師と稔子・ウィルソン先生のセミナー。
他とは全く違います。
「目的」が…「切り口」が…。


「What is Next!?」
「日本で次に何が来るか!?」


を学ぶセミナー。
それが今回の「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の目的です。
よかったら、来年も春と秋に開催しますので、ぜひ参加してみて下さい。


さて、今日が最終日。
今日はホールフーズマーケットの新業態。
「365 by ホールフーズマーケット」を視察します。
先週、Openしたばかりの店。

全米で3店舗目。
その模様は明日にでも…。
でも、写真での説明は出来ないと思いますが…。
「隠し撮り」はしませんので…(笑)

ということで、実りあるセミナーもあと1日。
最後まで学び続けます。


そして、「今日の一言」…。
「毎日毎日、その日のあなたは、それ以前の日々に自分が行ったことの結果が現れた姿をしているのです。
逆に言えば、今日何をするかで、あなたは、なりたい自分に変わることができるのです」
(クリス・ハドフィールド 宇宙飛行士)

by akindonet | 2016-09-27 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
精肉部門


発表テーマ
「“精肉の暗黒時代”。新しいマーケット、新しい価値、新しいニーズはこれだ!!」

株式会社いちやまマート
本部 ミート部トレーナー  田村 将則 氏
岡谷店 ミート部課長  小澤 純 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!




今日は、朝4時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
朝6時15分ホテルロビー集合。

今回の「第16回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」。
最終目的地「シアトル」へ向かいます。
時差2時間。
飛行機にのっている時間2時間30分。
「1日26時間」
今日も昼からスーパーマーケット視察です。


さて、「第20回やる気と感動の祭典」
基調講演は期待しておいて下さい。
「アメリカのスーパーマーケットの最新情報」
お話ししていただきますから。

「最新情報」といっても、
「○○○がアメリカでは第○位だ!!」とかの情報ではなく、

今のアメリカのスーパーマーケットが「独自化・差別化」として取り組んでいること。
業界全体として「これからの戦略」として取り組んでいること。


をお話ししていただきますから…

経営者の方々にはぜひ、聴いていただきたい!!ことばかり…
これは、必聴の価値ありです。
ぜひ、参加してみてください。

「第20回記念大会」

いつもよりもパワーアップした「やる感」
ムチャクチャ良いセミナーにします。
みなさまのお申込み、期待しております。



そして、今日は「第16回アメリカ視察セミナー4日目までを振り返って」について…

商人伝道師と稔子ウィルソン先生のセミナーは…
「陳列」だとか…
「POP」だとか…
「商品構成グラフの分析」とか…
従来、“アメリカ視察セミナーの常識”ということをしません。

それよりも、「アメリカの戦略」や「方向性」はどうなっているのか…
「独自化・差別化戦略」はどうしているのか…
を視察するセミナーにしています。
たぶん、ここが他のセミナーと違うところです。

昨日も、「アーバン立地(都市部)」の店舗を視察しました。
「Plum Market Old Town」
という企業を視察しました。
f0070004_72046.jpg


たぶんシカゴを視察する数あるセミナーで我々だけだと思います。
なぜ、こんな企業を視察するのか…
それは、「インディペンダント(独立系)」の企業戦略
学んでもらいたいからです。

「どのような売場づくりをしているのか…」
「どこの部門を強化しているのか…」
「何で独自化・差別化しているのか…」


を全てチェックします。

例えば、昨日視察した「Plum Market Old Town」では…
「アーバン立地」ですから…
「デリカ」は徹底的に強化する。
f0070004_742632.jpg

f0070004_745546.jpg

f0070004_751318.jpg

f0070004_753145.jpg


「ホールフーズマーケット」や「ウェグマンズ」とは違う“デリカ強化”
「インストアー加工で、シェフが作る“おいしい”デリカ」
もちろん、デリカ強化すれば、デザートも…
そこで、「チョコレート専門店」を入れる。
小さい店なのに…
f0070004_783712.jpg

f0070004_79829.jpg


また、“アッパー”なお客様が多いので…
「グルテンフリー」にはものすごく関心が高い。
しかし、ものすごく売れるものではない。
そこで、「冷凍販売」
f0070004_710233.jpg


また、「自然に優しい」・「人に優しい」日用品の品揃えを強化している。
この日用品の品揃えが集客に繋がっているのでは…
と思うぐらい。
f0070004_7111552.jpg

f0070004_7113929.jpg


もちろん「ワイン」は強化しています。
f0070004_7121549.jpg

f0070004_7124456.jpg

f0070004_7134061.jpg


ここでも、差別化。
他のスーパーマーケットより「20%~50%」ぐらい高めのワイン
これも、「戦略的」に品揃えしている。

もちろん、店内は「情緒的価値」を徹底的に追及している。


「アーバン立地」の勉強になった。
当たり前のようにインタビューはある。
f0070004_7161078.jpg


このように、「品揃え」を追求する“アーバン立地店”もあれば…
同じ「アーバン立地」なのに…
「トレーダ-ジョーズ」のように、品揃えを限りなく絞り込んで展開している企業もある。

f0070004_717699.jpg

f0070004_7172224.jpg

「冷凍食品」に特化した売場。

f0070004_7175827.jpg

「賞味期限15日以上」にこだわったミート売場。

f0070004_7183850.jpg

「2ドル99セント」ワインをはじめ、
“高品質低価格ワイン”を品揃えした「ワイン」売場。
これも、「アーバン立地」の戦略

さらに、「ホールフーズマーケット」のように…
「インストアー・ダイニング」を強化した戦略。

f0070004_7201371.jpg

f0070004_7204726.jpg


これも、「アーバン立地」の戦略


同じ、アーバン立地でも「戦略」「方向性」が違う。
これを学んでもらいたいと思い、店舗視察の企業を選定しています。
あとは、参加企業がどう感じ、今後どう取り組んでいくかを…
考えて、実践してもらえばいい。

商人伝道師と稔子ウィルソン先生のセミナーは…
「気づき」の提供。
これが、「セミナーの目的」なので…

そして、地方や郊外型で経営されている企業様には…

「ウェグマンズ」」
「マリアーノス」
「トラディショナル(伝統的)スーパーマーケット」
「大手企業のトライアル店舗」
「ウォルマート」
「インディペンダントなユニーク企業」


を視察してもらい、どの「戦略」や「方向性」が
自社に合うかを考えてもらう。


実は、今回、一つのことをひたすらに質問する経営者がおられる。
その質問とは…

「地域のコミュニティーとどのように関わり、
どのような政策を行っておられますか…」


これをずっと質問されている。
「目的」をきちんと持って参加されている経営者。
素晴らしいと思います。
そういう経営者にはぴったりなセミナーだと自負しています。


その日の最後にお伺いした、あの「イータリー」
たぶん、我々だけだと思います。
「ミニセミナー」がある。
f0070004_7242187.jpg


いろんなことを聴けます。
この「イータリー」。
「一日の売上高」
どれくらいだと思いますか…
なんと…

「約4,000万円」

そのうち、50%以上が「レストラン」の売上げ。
たぶん、「粗利益率」は高いでしょうから…
おそろしい企業である。
もちろん…

「あなたたちだけに、“特別”に写真撮影許可します」

という快諾を得ました。


なぜ…
それは…
「真摯」な姿勢で接しているからです。


ということで、4日目終了。
最後に、「アメリカ西海岸」です。
「東部」→「中西部」→「北西部」
とアメリカを横断する…
「第16回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
参加者はみんな元気ですよ…


そして、「今日の一言」...
「樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。
しかし実際には種なのだ」
(ニーチェ)


※お知らせ※
「リアルタイム」で商人伝道師が「第16回気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の視察レポートをFacebookでアップします。
この機会にFacebookで商人伝道師に「お友達」申請してみませんか…

商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!


運が良いとウラ話が聞けるができるかも?
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2016-09-26 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
精肉部門


発表テーマ
「“精肉の暗黒時代”。新しいマーケット、新しい価値、新しいニーズはこれだ!!」

株式会社いちやまマート
本部 ミート部トレーナー  田村 将則 氏
岡谷店 ミート部課長  小澤 純 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!





今日は、朝3時30分起床。
「時差ボケ」??
違います。
仕事が山ほどあるんです。
昼間は「スーパーマーケット」の視察に集中するので…。
商人伝道師の時間は朝のみ…
そこで早く起きて仕事しています。

今日で「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の4日目。
早いもので、半分以上の行程が過ぎました。
そこで、まずは昨夜の「ディナー」。
シカゴ市内の「312」という店。
なんと、「メニュー表」に我々の“視察チーム”の名前が印字されています。

f0070004_1804463.jpg


そして食事。

f0070004_182811.jpg

f0070004_1821949.jpg

f0070004_1822480.jpg



美味しかったですよ…

そしてホテル。
「夢のようなホテル」。
これは参加者が異口同音に発していた言葉。
こんなホテルです。

f0070004_17343248.jpg

f0070004_17344557.jpg


素晴らしいでしょ。
このホテル。
格式高いホテル。
どうです…。
来年の春と秋に参加しませんか…。

そして視察。
まず訪れたのが…

「Angelo Caputo's Fresh Markets」

「ローカルスーパーマーケット」ですが、とにかく“ユニーク”
“圧巻の青果売場”



f0070004_18190078.jpg

f0070004_18190185.jpg

とにかく無い野菜はないのではないかというくらいに多い。
そして、「ベーカリー&ケーキ」

f0070004_17353882.jpg


f0070004_18190275.jpg

ケーキもベーカリーも本格的なスクラッチ。
「専門店以上のこだわり」
これには“感動”さえ覚えました。
また、レイアウトが「円型」なんです。
これもすごい!!
f0070004_18230421.jpg

f0070004_18231043.jpg




もちろん、「写真撮影」の許可はいただいています。
最後に“ホームページ”に掲載したいので…
ということで、記念撮影。
f0070004_18231189.jpg




その他にも昨日は…
「ホールフーズマーケット」
「マリアーノス」

を視察しました。
ホールフーズマーケットは店内写真とインタビューOK。
マリアーノスはインタビューのみ。

この二社はまとめてご紹介します。
しかし、このセミナー。

「写真撮影」
「インタビュー」


が、ものすごく多いセミナーです。
他のセミナーではありえないでしょうね…。
そこに、稔子・ウィルソン先生の“最強のアメリカのスーパーマーケット”情報
入ってくるのです。
もうこれ以上のセミナーはないでしょう。
そう“自負”するセミナーです。



そして、日曜日ですが、「心のオアシス」は中止とさせていただき…


今日は「第20回やる気と感動の祭典」の
「デリカ&インストアベーカリー&ヤングパワー」部門の発表者を紹介します。

株式会社いちやまマート
諏訪店 デリカ部課長
小林 由佳 さん

一宮店 ベーカリー部課長
奈良 智恵美 さん


f0070004_14244245.jpg



この2人には「部門戦略」みたいなものも期待してるのですが…

「ヤングパワー」としての“元気ある”“夢のある”発表をして欲しいと願っている。
まずは、インストアーベーカリーの奈良さん。
こんな“ユニークな売場”を作ります。

f0070004_142684.jpg

f0070004_14261766.jpg


山梨は「ブドウの産地」
だから、「レーズンパン」は“ブドウ園”のような売場にしてみてはどうか…
と考えて「売場」を作る。
なぜ、こんな“売場を発想”できるのか…
それは当日の発表のお楽しみ…

さらに、「夏休み」の売場。
「浮き輪」を使った売り場づくり。

f0070004_14264561.jpg

f0070004_14265532.jpg

f0070004_1427017.jpg



商品化はなんと、「虫かご」に入れた。

“オヤジ”な方々にお見せすると、“えーっ!!”と言う。
しかし、ターゲットは「子供」。
こんな商品、楽しいですよね。

今、アメリカのスーパーマーケットも“子供へのサービス”を強化している。
f0070004_18291253.jpg

f0070004_18291315.jpg


これは「ホールフーズマーケット」の取り組み。
お客様に寄付を募り…
その寄付がどのように使われているか…
をアピールしている。

さらに「ジャイアントフード」の取り組み。
f0070004_18291498.jpg




10才以下の子供さんには無料でフルーツプレゼントしている。

よく商人伝道師は言います。
「子供を呼べば大人がついてくる」
のです。
それを徹底しているのが「いちやまマートのインストアベーカリー」。

“日本一安いインストアベーカリー”
“日本一それを生かせない(見える化できない)インストアーベーカリー”


と、いつも商人伝道師から“揶揄”される「いちやまマートインストアーベーカリー」(笑)
見てください。この「定例販促」

f0070004_1428257.jpg


このあたりの“取り組み”もしっかりと発表してくれることでしょう。
“売れて儲かる”ベーカリー部門にしていただきたいですもんね。
インストアーベーカリーは“看板部門”
その“看板部門”に日本一近いところにいると思う。
是非、どんな“取り組み”をされているかを学んでください。
また、「仕事って、こんなに楽しいんだよ!」をアピールしてくれる発表をしてくれると思うので…
是非、若手社員さんを参加させてください。
きっと翌日から「人間が変わったように…」なりますから…

「Change People! Change Future!!」
(人が変われば、(会社の)未来が変わる!!)

です。

デリカ部門の小林さん。
まずはこの「売場」

f0070004_14282924.jpg

f0070004_14283942.jpg


「女性らしい」売場。
「マルヤナギ」さんは泣いて喜ぶでしょうねー(笑)

そして、この「デリカ部門」の販促の特長…

「ミュージアム化」

f0070004_14285941.jpg


こんな「ミュージアム化」しています。

f0070004_14293971.jpg

f0070004_14294674.jpg

f0070004_14295340.jpg

f0070004_1430054.jpg

f0070004_1430541.jpg

f0070004_1430126.jpg


参加された方々がこの「ミュージアム化」を展開したら…
大きく売り上げが変わること間違いなし。
是非、参加して…。モデリング…
してください。

その他にも…

「グルテンフリー」や…
「NON ポストハーベスト」や…
「糖質カット」


など、“次世代”の取り組みも発表してくるでしょう。

そして何より彼女には「若さ」と「女性の感性」を100%生かした…
「元気のある」売場や商品づくりの“異常値”も期待している。
なんてったって“坂本店長の店”ですから…
すごい“サプライズ”のある売場も提案してくることでしょう。
期待しておいてください。

商人伝道師は想うところがあります。
それは…

「インストアーベーカリーは、もっともっと若い女性に人気があってもいいのでは…」と。
「デリカはもっともっと若い女性に人気があってもいいのでは…」と。


アメリカの「ウェグマンズ」や「ホールフーズマーケット」や「マリアーノス」は…

「シェフがスーパーマーケットのデリカに転職する」んです。

「レストランのシェフとスーパーマーケットのデリカ担当」が同格!!

日本でもこれくらいのレベルになってほしいと願っている。
まあ、そこまで高望みしなくても…
少なくとも、“若い女性”たちの「あこがれの職業」・「あこがれの部門」になってほしいと願う。

「第20回やる気と感動の祭典」がそのきっかけになってほしいと思い…
「第20回記念大会」は“若い女性二人”を選出しました。

「若い女性のなりたい“人気職業”になってほしい!!」という願いを込めて…
この商人伝道師の“想い”にきっと応えてくれるでしょう。
みなさん、期待しておいてください。

では、改めまして「第20回記念大会」の
「デリカ&インストアベーカリー&ヤングパワー」部門
発表者は…

株式会社いちやまマート
諏訪店 デリカ部課長
小林 由佳 さん

一宮店 ベーカリー部課長
奈良 智恵美 さん


f0070004_14244245.jpg


是非、「若い社員」さんを数多く参加させてください。

お願いします。



最後に余談。

第17回やる気と感動の祭典で発表した文化堂の野嵜裕乃さん。

f0070004_19245445.jpg



今日、晴れて結婚されたそうです。

「おめでとう」

その結婚式を挙げた会場が…
“やる感の聖地”「東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート」

「自分がやる感で発表したあのホテルで結婚式を挙げたい!!」

と熱望されていたそうです。
「主催者」にとって、こんな嬉しいことはない。
こんな「若者たち」を一人でも多く育てられる「やる気と感動の祭典」にしたい。
“業界のバイキンマン”と嫌われているけど、ちょっとは良いことをしているような…(笑)

嬉しい報告でしたので…
最後に書きました。



そして、「今日の一言」…
「If you can dream it, you can do it.
夢見ることができれば、それは実現できる。」
(Walt Disney)



※お知らせ※
「リアルタイム」で商人伝道師が「第16回気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の視察レポートをFacebookでアップします。
この機会にFacebookで商人伝道師に「お友達」申請してみませんか…

商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!


運が良いとウラ話が聞けるができるかも?
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2016-09-25 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
精肉部門


発表テーマ
「“精肉の暗黒時代”。新しいマーケット、新しい価値、新しいニーズはこれだ!!」

株式会社いちやまマート
本部 ミート部トレーナー  田村 将則 氏
岡谷店 ミート部課長  小澤 純 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!





今日は朝3時30分起床。
仕事をして…
身支度して…
朝5時30分にホテルのロビー集合。

次の視察地。
「シカゴ」へ向かいます。
f0070004_1534257.jpg


朝8時35分のフライトで向かい、その足で「視察」。
とにかく学んで…学んで…学びまくります。
レポートもお楽しみに…

ところで、「第20回やる気と感動の祭典」。

f0070004_20534669.jpg


参加をご検討いただけてますでしょうか…
今回も「20名以上の参加」ですと、“優先席”をご用意しております。
席を前もってご用意いたします。

「お取組み企業様を含めての人数」が20名以上の参加以上の参加でしたら
対象とさせていただきます。

今、アメリカにいるのですが…
「稔子・T・ウィルソン」先生の話はいいですよ。
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」でちょっとお話していただいているのですが…
今回はすごく中身があります。

「HYPER LOCAL ROOTS」
「IN-STORE-DINING」
「DECENT PRICE」
「CONSUMER CHEF」
「FRESH FORWARD FORMAT」
など…

みなさん、この言葉わかりますか…
これが、今アメリカのスーパーマーケットで叫ばれていること。
これを一つ一つ解説してくれます。
聴きたくありませんか…皆さん!!

アメリカ視察にはたくさんの社員さんを連れていきません。
それなら「やる気と感動の祭典」」でアメリカのスーパーマーケットの勉強をしましょう。

「20名以上」なら“感謝の気持ち”を込めて「優先席」をご用意いたしますので…
よろしくお願いいたします。

また、本日は「精肉部門」の発表者をご紹介する映像をご紹介いたします。


いかがでしたか?
今回で4回目(過去最多)の発表となる田村さんは「参加者にとっての4冊目のバイブルを作る」と宣言し、
今現在も発表資料の作成に励んでいます。
とんでもない発表になること間違いありません。

皆さまのご参加お待ちしております。

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



そして今日は「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」第2日目のレポートです。

第2日目。
まず、訪れたのが「ホールフーズマーケット」
今回訪れた店はホールフーズマーケットの“トライアル店舗”
f0070004_15354728.jpg

色々な“サムシングニュー”の取り組みをこの店で行うという店舗。
凄かったです。

今まで色々な「ホールフーズマーケット」を見てきましたが、間違いなくNO.1の店。
なんと、その店が「写真撮影」の許可を得ました。
そこで、「新しい取り組み」のみを紹介しましょう。



まずは「青果部門」
f0070004_15363962.jpg

f0070004_15371873.jpg

f0070004_15374113.jpg


どんどん「厳格なる基準」が高まってきている。
その“厳格なる取り扱い基準を「見える化」したパネル。
f0070004_17525897.jpg


一時期、この“厳格なる基準”が緩くなっていたが…
ちょっと強化されてきたと思っている。
これも、「HYPER LOCAL ROOTS」戦略の一つかもしれない。


次に、「鮮魚部門」
相変わらず「サスティナブル」戦略
f0070004_15382183.jpg

f0070004_15383810.jpg

f0070004_15391714.jpg

f0070004_17525978.jpg



この流れは日本でも必ずやってくる。
なぜなら…
日本も「魚が獲れなく」なるからです。

獲ってもいい魚…
保護しないといけない魚…
獲ってはいけない(保護すべき)魚…

それを明確にする時代が訪れる。
その「学び」を参加者はしっかりとしてほしいと思っている。


そして「精肉部門」
f0070004_15393879.jpg

f0070004_1540479.jpg

f0070004_15405366.jpg


なんと、「真空パック」がものすごく多くなっている。
f0070004_17530173.jpg

f0070004_17530294.jpg


これは「ウェグマンズ」も同じ。
「廃棄」・「ロス」というものにフォーカスしている証拠。
今までとは全く方向性が違う。
大きな流れがアメリカでおこっている
こういう“気づき”があるのも、商人伝道師と稔子・ウィルソン先生のセミナーの特長。


そして、「デリカ部門」
f0070004_15412061.jpg

f0070004_1542243.jpg

f0070004_15422663.jpg


「ミレニアル世代」への対応
f0070004_17530375.jpg


これは何か…
それは秘密です。
ものすごく活用している。
これが、これからの「スーパーマーケットの惣菜」となるのかもしれない。
参加者はいろんなことを感じたことでした。


その他にもいっぱいありますが…
このあたりにして…
ちなみに見てください。
f0070004_15425263.jpg


f0070004_17530408.jpg


こんなに写真を撮っています。
みなさん…。
“隠し撮り”ではないですよ。

f0070004_15434583.jpg

見てください。
この「インタビュー」風景
新たに取り入れた「ガイドシステム」が大活躍。
ザワザワした中でもみんなインタビューが聴ける。

すごいでしょ。
でも、何が一番凄いかって…
それは、「視察」する前に…
店の視察をしてもわからないことを学べる事。
それを学んで視察すると…

「学びが何十倍・何百倍」となる。

参加されている、アルファーの吉田社長が一言。

「二人の話はレベルが高い。
でも、この話を聴いて、店を視察するからものすごく多くの
学びがある」


と言われていた。

ちなみに、こんな店でした。
f0070004_15443682.jpg

f0070004_15483510.jpg

f0070004_15491132.jpg

f0070004_1550678.jpg

f0070004_15505941.jpg

f0070004_15514356.jpg


解説はなしです。
「良いお店でした」をアピールするために載せます。(笑)
最後に、「ストアーディレクター」を囲んで記念写真。
f0070004_1624831.jpg


大満足。

次に、トレーダージョーズ
この店も、なんと「一人」ですが、店内撮影O.Kの許可が出る
こんな店です

f0070004_15523199.jpg

f0070004_1553913.jpg

f0070004_15535415.jpg

f0070004_15542242.jpg

f0070004_1554421.jpg

参加者には、、100枚ぐらいの写真を手にすることができる。
「おめでとう」。

そして、インタビュー。
f0070004_1555631.jpg


なんと、店内の「POP」や「パネル」などを担当している
“アーティストさんまで来てくれてインタビュー
f0070004_1651440.jpg



みなさん、「ガイドシステム」があるのでしっかりと」聴こえて学びになる。
すごいものを導入したもんだ。商人ねっとのアソシエイトは…


「トレーダージョーズ」はここしか視察しないので…
「エコバックのバク買い」(笑)


そして、「セーフウェイ」を視察して一人のみ「写真撮影」許可をもらい、
f0070004_1556015.jpg


今回のメインである「ウェグマンズ」の“超繁盛店”に…
なんと、その店の敷地内に…
「コストコ」が出展している。
目と鼻の先。

f0070004_17530508.jpg

「いったいどうなっているの…」と思いながら…
店内へ…
素晴らしい店でした。
そして“奇跡”がおきる…。
なんと、「写真撮影」の許可が…

ありえないこと。
他のセミナーでは…。

なぜ、実現できるのか
「礼をつくして…。礼儀を守る」から…
隠し撮りなど、真摯でないことはしないから…
PFドラッカーがいつも言っていること
「一番大事なんこと、それは真摯たれ!!」
それを実感した。

時間があったら、このblogで紹介するかもしれません。

f0070004_162151.jpg

こんな感じで、みんな写真撮影しています。(笑)
「商人伝道師と稔子ウィルソン先生のセミナー」
良いでしょ!みなさん、
来年春も開催しますよ。
ぜひ、参加してくださいね。

そして、「今日の一言」
人の礼法あるは水の堤防あるが如し。
水に堤防あれば氾濫の害なく、人に礼法あれば悪事生ぜず。
(貝原益軒)



※お知らせ※
「リアルタイム」で商人伝道師が「第16回気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の視察レポートをFacebookでアップします。
この機会にFacebookで商人伝道師に「お友達」申請してみませんか…

商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!


運が良いとウラ話が聞けるができるかも?
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2016-09-24 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
グロッサリー&異常値販売部門


発表テーマ
「差別化商品の異常値販売は「三位一体」で実現できる」

株式会社しまむら
すみれ平店 店長  立和田義樹 氏
すみれ平店 フロアー担当社員  大場めぐみ さん
日配・雑貨バイヤー  小林智幸 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!





今日は朝4時30分起床。
Blogを書いて…
軽くジョギング&ウォーキング。
その後、朝7時30分より…
「アメリカセミナー初参加」の方向けの“スパーマーケットの見方”勉強会

f0070004_112559100.jpg



予定に入っていないのですが、急遽行いました。
この「スーパーマーケットの見方」がわかると…
視察がより一層充実したものとなるので…

その後、朝8時より…
「セミナー」
朝10時まで。

f0070004_11264034.jpg

f0070004_1128559.jpg

f0070004_11272955.jpg


二人から色々なことを学びます。

そして、朝10時から「視察」スタート。
今日は…

WHOLE FOODS MARKET
SAFEWAY
TRADER JOES
WEGMANS


夕方6時までみっちり視察します。
その後、みんなでレストランで食事。
夜10時くらいまで…
徹底的に学びます。(笑)


まずは「第20回やる気と感動の祭典」ボランティアさんの応募のお願いです。
何回も書きますが…
この「やる気と感動の祭典」はボランティアさんで運営させていただいております。
これも“やる感の尖り”だと自負しています。
“やる気”・“元気”のあるボランティアさんがいることで…
「やる気と感動の祭典」は盛り上がりますし…
参加者も時間を守ろうとしてくれています。

そうでないと、1000名近い参加者が10分の休憩時間でトイレ等をすますことなど
出来ません。
みんなが一つになって、この“やる感”は運営されています。
その中心が、「ボランティア」さんなのです。

いわゆる“影の主役”です。
毎回そうなのですが…
秋は集まらない。
今回も集まっていません。

関西・中四国・北陸・中部
のみなさん!!

お願いです!ボランティアに挑戦してみませんか!!
「やってよかった!!」となります。
“自分の基準”を上げられるよい機会です。
挑戦してみてください。
お申込みを心よりお待ちしております。
商人伝道師からのお願いです。




そして今日は「第16回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」第一日目について…

まずはびっくりしたこと。
それは、「日本人の視察のマナーの悪さ」が評判になっているということ。
ほとんどの企業が…
「写真撮影はダメ!!」と、まず言ってくる。
今までで、初めてのこと。

「なぜですか?」と聞くと…
「アポイントもなく、突然やってきて、バシバシ写真を撮って…
ドーっと帰っていく。
失礼過ぎるから…。日本人には来て欲しくないんだ」
とのこと…

「あなたたちのように、わざわざ本部に連絡し、しっかりとアッポイントを
とって来店する日本人はいない。
でも、今までがひどかったので、写真撮影はダメです。」


とのこと。

「ワシントンDCのアポイントをとることさえ厳しいはずだ!!」と感じたことでした。
「情けない!!」の一言です。

今回の参加者のえらいところ。
「写真撮影はダメ!といったら誰一人写真を撮っていません!!」
素晴らしい!
これはとっても誇れることでした。

そこで、第一日目に感じたことを…
「フードライオン」や「ジャイアントフード」の
“トラディショナルスーパーマーケット”を見て…

ますます、「グロサリー」に力をいれていることがわかる。
生鮮食品は“ローコスト”で収益をいかに上げるかにフォーカスしている。
これは、「ジャイアントフード」の生鮮売場。
(もちろん、参加者全員撮影の許可が出ている)

まずは、青果売場。
f0070004_11322765.jpg

f0070004_1134619.jpg

f0070004_11345965.jpg



「ミート売場」。
f0070004_11361189.jpg

f0070004_11374238.jpg

f0070004_11384442.jpg



「フィッシュ売場」。
f0070004_11433729.jpg

f0070004_11442994.jpg

f0070004_11451236.jpg



「デリカ売場」。
f0070004_114619.jpg

f0070004_11465743.jpg

f0070004_11474680.jpg



すごく、繁盛しているので、生鮮も悪くないし…価格も安いが…
そして、売場も演出をしっかりとしている…。
売場演出を参考にするなら素晴らしい店。
しかし、「コンセプト」がない。
しかし、商品に手がかかっていない。


それに比べて…
特に、「冷凍食品」の品ぞろえが変わってきた。
まずは、ベジタブルの売場がものすごく広くなっていること。
f0070004_08003396.jpg

f0070004_08003496.jpg



そして、「フルーツ」の売場が広がっている。
f0070004_08003661.jpg
f0070004_11504896.jpg


さらに、「ディナー冷食」の売場が広がっていた。

「もう、生鮮食品はいらないのでは…」
とおもうくらいの冷食の充実。
これは、あの、「ウェグマンズ」にもいえること。
今回の新店の「冷凍食品」の広いこと。
「生鮮」以上に「冷凍食品」の強化が進んでいることを感じた。
これは、日本のスーパーマーケットに通じると思っている。


次に、「ウェグマンズ」の新展開。
それが、「PUB」の導入。

日本の「パブ」というのではなく…。
本格的な「フルメニュー」のレストランのことです。
店内で買ったデリカはここでは食べられません。
なぜ、スタートしたのか…。

それは、ウェグマンズの“強みの最大化”にある。
ウェグマンズには、奨学生をもらい、料理の専門学校に行っている若者がいっぱいいます。
卒業してからの教育システムもしっかりと確立されている。
その“人財”の最大化が「レストラン」。

時代の流れも追い風となっている。
「食材+食事」提供をみんなが望んでいる。
日本のように飲酒運転が厳しくない。
これも追い風…。

「イータリー」や「マリアーノス」と同じ流れ
これは、続けるでしょうね…。
商人伝道師がウェグマンズのマネージャーに意地悪な質問をした。

「こんな教育システムが構築できるのだから、
他社からの引き抜きはないか…」

すると…

「ものすごくある。特にシェフは…」

とのこと。

その「引き止め」の手段にも、この「新業態」は使われているのかもしれませんね…
と感じた。

もう一つ、「ウェグマンズ」ですごく感じたこと…
それは、「ロス対策」の徹底。

「廃棄を少なくする」
「環境問題や資源問題からロスの最小化につとめている」

とのこと。

「あれ!?商人伝道師が進めていることと同じじゃん!!」
と思った。

どんどんウェグマンズでは野菜のインストアー加工の「カット野菜」が増えてきている。
果物の「カットフルーツ」の売場も…
さらに、「ハーフデリ」。
いわゆる「Ready to Cook」が増えている。
ミートにいたっては、
「ガスパック」どころか「真空パック」の商品ばかり。

すごい力入れよう。
でも、逆に考えると…

「粗利益が上がる」
「オペレーションコストの削減で生産性アップに繋がる」
ことが十分に予想される。
ここは、参加者に今回強調したいと思っている。

もっともっと、書きたいのですが…
このあたりにしておきます。

商人伝道師の「アメリカ視察セミナーレポート」は写真が少なくてごめんなさい。
その分、「商人伝道師から見たアメリカのスーパーマーケットの変化」を書きます。
明日に続く…

「第20回やる気と感動の祭典」発表者紹介は明後日おとどけしますね。

ワシントンD.C.の「ポトマック州」を見ながら…(桜並木で有名な)
f0070004_08003674.jpg

名門「ジョージタウン大学」を見ながら…
f0070004_08003745.jpg

Blogを書いたり…。仕事すると…

朝からテンションが上がります。
すごく良いホテルです。



そして、「今日の一言」…
「考えは言葉となり、言葉は行動となり、
行動は習慣となり、習慣は人格となり、人格は運命となる。」
(マーガレット・サッチャー)


※お知らせ※
「リアルタイム」で商人伝道師が「第16回気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の視察レポートをFacebookでアップします。
この機会にFacebookで商人伝道師に「お友達」申請してみませんか…

商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!


運が良いとウラ話が聞けるができるかも?
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2016-09-23 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
グロッサリー&異常値販売部門


発表テーマ
「差別化商品の異常値販売は「三位一体」で実現できる」

株式会社しまむら
すみれ平店 店長  立和田義樹 氏
すみれ平店 フロアー担当社員  大場めぐみ さん
日配・雑貨バイヤー  小林智幸 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!






朝10時40分、ワシントンDCの「ダレス国際空港」に到着。
「爆破テロ」が起きたばかりなので…「入国審査」が厳しいかなーと
思っていたのでうすが、
「意外とスムーズに手続き完了。
なんと、30分くらいでみんな出国手続きしてきてまk

そして「稔子・T・ウィルソン」先生と合流。

その後、さっそく「店舗視察」スタート。
まずは、ヨーロッパのアホールド・デレーズに買収された
「フードライオン」
f0070004_14552998.jpg


全て「シークレット」
インタビューを受け入れてくれたはいいが…
質問しても「インターネットを見ればわかる」の一点張り。

一応、みんなで記念撮影。
f0070004_14555388.jpg



続いて、訪れたのが…

「ジャイアントフード」
f0070004_14565194.jpg


凄い繁盛店。
店内撮影が許可されたので、明日にでも紹介します。


そして、今日のメインである「ウェグマンズ」
f0070004_14573161.jpg


写真撮影の許可得られず。
理由は…
「アポイントなしで、隠し撮りする日本人が多い」
「信用できない」とのこと…

一人も隠し撮りなどしなかった。


だから安心していただいたのか…
インタビューを30分ぐらいする。
f0070004_14583668.jpg



この模様も明日以降で…


そしてその後は
南部を中心に展開している「バルドゥッチ」
f0070004_14593181.jpg


凄く新しく良い店でした。

それも後日書きます。


これで一日終了。

その後、「イタリアンレストラン」
“キックオフ”パーティー

料理はこんな感じです。
f0070004_1511883.jpg

f0070004_1513223.jpg

f0070004_1515690.jpg

f0070004_1521699.jpg



各社紹介
f0070004_1524611.jpg

f0070004_1541537.jpg

f0070004_1544736.jpg


終了は夜10時過ぎ。
一日目から盛りあがってます。

明日からのレポートをお楽しみに…




そして今日は、「第回20やる気と感動の祭典」の
「鮮魚部門」の発表者紹介です。
「第20回記念大会。
「鮮魚部門の発表者は…
株式会社いちい
商品部 鮮魚バイヤー
三浦 大輔 氏

商品部 鮮魚バイヤー
橋本 忍 氏

蓬莱店 鮮魚部チーフ
渡邊 大輔 氏

f0070004_1743965.jpg


なぜ」、「いちい」なのか…
それは…
まずは、「漁獲量」が激減している中での
新しい鮮魚の「マーチャンダイジング」のヒントを提案してくれるのでは…
と思い、選出しました。

みなさん、ご承知の通り日本は漁獲量が激減しています。
このままでいくと、日本の近海に魚はいなくなるのでは…
と思うことがあります。

アメリカのスーパーマーケットのように「サスティナブル」戦略をしていかないと
いけないのではないかと感じています。

f0070004_16173468.jpg

これは、「ホールフーズマーケット」の“魚のサスティナブル”戦略。
赤マークは「絶滅する危険性の高い」魚介類。
黄マークは「まだ大丈夫だが、保護する必要がある」魚介類。
緑マークは「まだ漁っても大丈夫」魚介類。
というのを“マーク”で示している。

こういうことを日本でもやっていかないといけない時期が間違いなく訪れる。
一年「禁漁」すれば、たくさん漁って、魚がいなくなっている。
“温暖化”によるところも大きい。

その影響で、「鮮魚部門」の不振が続く。
そこで、今回の「第20回記念大会」。
“白羽の矢”がたったのが…
「株式会社いちい」

ではどんなことをしているのか…

まずは「調達」
これは当然ですよね。
f0070004_17573025.png

f0070004_17573359.png


しかし、「調達」すれば、するほど利益が出なくなる。
という負のスパイラルに入る企業が多い。

しかし、この「いちい」は違う!!
「調達」をみごとに“利益”へと変えている。
その方法は…。
当日、発表します!!

これは、このBlogで公開するわけにはいきません。
すごいですよ!!これ…。


そして、ハイパーローカルと「お取組み」
こんなことを行っています。
f0070004_17565292.png


地元の酒蔵さんとのコラボ。
すごいですよね。
その他にもいっぱい行っています。
“連射砲”のように発表してくれることでしょう。


これからの鮮魚部門も…
「タレ・みそマーチャンダイジング」
が必要だとき感じている。
タレやみその粕のこだわりが差別化になる。
ということです。
これに気づいた企業が大きな利益を生み出す。

そう、商人伝道師がは思っているのです。
詳しいことは“当日の発表”を期待してください。

そして、「いちい流単品量販」
それはスゴイ!!です。
こんな感じです。
f0070004_17572686.png


なんと、いちいには、しっかりとした“ルール(おきて)”があります。(笑)
「単品で異常な売上高と異常な利益をたたき出す。」
というものです。

普通、「単品量販」というと…。
売上げは確保できるが…
「粗利益は低くなる!!
というのが、この業界の“常識”。
この“常識”を根本からたたきこわす発表にしてくれるはずです。

「単品とは、“異常に売れて”“異常に儲かる”売り方」

知りたくないですか…
ぜひ、参加して発表を聴いてください。


その他にも、「目からウロコ…」という発表が多くあります。

今日は、このBlogで多くを書けませんが…
すごい!!
と思います。

商人伝道師がはっきり申し上げます。

「鮮魚バイヤーや担当者を絶対に参加させてください!!」と…

「魚が漁れないんです…」
「魚がなくて、売上げとれません。」
「相場高で売れませんでした…」


といつ言っているバイヤーや担当者がいたら…

経営者の経営幹部か(商品部長)が何回もいうより…
「第20回記念大会」
参加させる方が活性化に繋がります。
いや、「鮮魚部門をよみがえらせてみせます。」

ぜひ、参加させてみてください。
鮮魚部門を「売れて儲かる部門」にする。
鮮魚部門を「差別化部門」にする。

これは、商人伝道師の目標です。
漁獲量が少ない中で、必ず実現させてみせます。


そして、「今日の一言」…。
「希望を失わないでやっていると自然と知恵も出てくる。
精神が集中して、そこに色々な福音が生まれてくる。」
(松下 幸之助)






※お知らせ※
「リアルタイム」で商人伝道師が「第16回気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の視察レポートをFacebookでアップします。
この機会にFacebookで商人伝道師に「お友達」申請してみませんか…

商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!


運が良いとウラ話が聞けるができるかも?
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2016-09-22 18:00 | Comments(0)

第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
グロッサリー&異常値販売部門


発表テーマ
「差別化商品の異常値販売は「三位一体」で実現できる」

株式会社しまむら
すみれ平店 店長  立和田義樹 氏
すみれ平店 フロアー担当社員  大場めぐみ さん
日配・雑貨バイヤー  小林智幸 氏

セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから

皆様の「熱意」をお待ちしております!






今日は朝4時起床。
身支度して…。
朝6時のバスで成田空港へ…。
「第16回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の出発です。


昨日は“鬼門”の長野県岡谷で予想通り(?)の展開に…。
「中央線特急」が全て運休。
仕方なく「高速バス」で帰ることに…。
これが、またまた渋滞。
自宅に着いたのが日付の変わった12時過ぎ…(泣)
ですから、殆ど寝ていません。
まぁ、飛行機の中で寝ればいいやーと思っていたら…。

「第20回 やる気と感動の祭典」の発表者の「第一次提出」
全てのパワーポイントに目を通してコメントを書いてメールする。
全日空は「WiFi」が有料で使えるのでそうします。
機内でも仕事です(泣)


さて、「ボランティアさんの御願い」です。
昨日、「9月20日」が締め切り日なのですが、ボランティアさんが不足しています。

「第20回記念大会」

なんと今回は「記念プレミアムポロシャツ」
今までの「赤・白」のポロシャツではありません。
「世界に一つしかないポロシャツ」
着てみませんか…。


関西・中部・中四国・北陸のみなさん!!
ボランティアに挑戦してみたい方はおられませんか…。
ボランティアさんがおられないと「第20回 やる気と感動の祭典」は運営できません。
“みなさんの勇気ある行動”を期待しています。
詳しくは下記をクリックして下さい。

応募はこちらから


また、まずは「感謝」を…。
山梨の「いちやまマート」さんは大阪に大型バスで行かれるとのこと。
参加人数が多いため…。

「午前2時集合」

ということを聞き、申し訳なく思っています。
だからといって、クオリティーを下げるわけにも行かず…。
「感謝」という言葉しかありません。
その“苦労”に報いる為にも、“歴史に残る”伝説のセミナーにします。

「午前2時に出発して良かった!!」

と言われるように…。

「ありがとうございます」

「感謝」の言葉しかありません。
最高のセミナーにしますので、お許しを…。


そして、今日は「アメリカ視察セミナー」について…。


アメリカ視察セミナーをスタートして、もう「16回目」
商人伝道師にとって、「アメリカ視察セミナー」は本業ではありません。
「アメリカ通」でもなければ…。アメリカ視察セミナーを“事業の柱”にもしていません…。


なのに、今回は募集をスタートする前に「定員」になるという事態に…。
秋は「アメリカ視察セミナー」のピークの時期。
色んな企業様が「アメリカ視察セミナー」を企画される。
いわゆる「アメリカ通」の企業様方が…。


なのに、なぜ募集させていただく前に「定員」になるくらいに支持していただいているのか…。
それを「第三者」的に分析したことを今日は書きます。
ぜひ、今日書きましたことに共感いただいた企業様。
来年の春と秋、また開催いたしますので、ぜひ参加して下さい。
お願いします。


商人伝道師と稔子ウィルソン先生のセミナーの他社との大きな違い。
それは…。

「情熱」

だと思います。
先程も申しましたように、商人伝道師は「アメリカ視察セミナー」が本業ではありません。
ですから、他の誰よりも…。

「アメリカのスーパーマーケットから数多くのことを学んで自社の経営や運営に活かしてほしい」

と願っています。
これは稔子・ウィルソン先生も同じ。


ですから、5月ぐらいから、この秋に向けて毎日のように「メール」で連絡を取ります。
商人伝道師の無茶振りを必死になって実現しようとされる姿は…。
「感動」すら覚えます。


今回は今までのセミナー。
いや、他のセミナーで殆ど行っていないことをします。
「インカム(ガイドシステム)」を使うということ。

商人伝道師と稔子ウィルソン先生のセミナーは…。
とにかくインタビューが多い。ダントツで多い。
でも、30名前後ですと、声が聴こえない。
そこで「インカム(ガイドシステム)」を付けて、聞いてもらおうというものです。
これなら近くでなくても声が聴ける。
この「情熱」、みなさんどう思われます…。


また、「食」に携わっている方々。
今回も夜の食事は…。
コストパフォーマンスの高い「レストラン」に4回、みんなで行きます。
稔子ウィルソン先生が全て交渉して、最高のレストランをセレクトしてくれます。
普通、スタッフまで入れて40名くらいだと…。
「不味い中華料理店」しかないんです(笑)
それを交渉に…交渉を重ねて…セレクトしてくれます。
この「情熱」、どう思われます…。


2つ目の大きな「違い」が…。

「こだわり」

です。
ホテルは徹底的にこだわります。
今回も…。

ワシントンD.C.は「Key Bridge Marriott」
あの“アーリントン基地”の横のホテル。

シカゴは「PALMER HOUSE A HILTON HOTEL」
シカゴの「4つ星ホテル」

シアトルは「Renaissance Seattle Hotel」
これも「4つ星ホテル」


「超一流」のホテルに泊まり…。
「超一流」のスーパーマーケットを視察する。
これは商人伝道師が“ムチャクチャ”こだわっていること。

「超一流」になってもらいたいから…。
ホテルは物凄く「こだわり」ます。
もちろん、セミナー料金は“ウォルマート”ばりの安さで行きます(笑)


そして、もう一つの「こだわり」が視察地です。
今回は「ワシントンD.C.~シカゴ~シアトル」にしました。
前回は「シカゴ~ロチェスター~ポートランド」
前々回は「オースティン~ウェーコ~ダラス~ボストン」


なんで、こんなにコロコロ変えるのか…。
それは…。

「その時!その時!に視察する目的が違う」からです。
全国を渡り歩いている商人伝道師だから、、
「どの企業を視察すべきか…」がわかるのかもしれません。


今回はワシントンD.C.の超激戦区の「ウェグマンズ」を視察します。
シカゴの「マリアーノス」や「イータリー」以外の“ユニークな企業”を視察します。
シアトルでは、「ホールフーズ365」「PCC」「クローガーの新業態」を視察します。
全て「目的」や「理由」があります。
これはセミナー中に参加者にお話します。


毎回、同じ場所だったら楽だろうな~と思います。
でも、それは商人伝道師の性格上できません。
「自分にウソをつきたくない」からです。
「今、最高の“旬”を視察できるという期待感」
に応えないといけないからです。


“かっこ悪い”こだわり(笑)
まぁ、商人伝道師らしくていいかもですよね(笑)


こういう感じでおこなxtているので…。
今のところ、多くの方々からご支持頂いていると思っています。


今回も「イータリー」でミニセミナーが決まっています。
数あるセミナーで「イータリー」でセミナーしたり…。
店内撮影できるのは、このセミナーだけです。


「ウェグマンズ」は創業100年だそうです。
今年が…。
そこで、「お祝いの品」を持参します。
これです。

f0070004_11564681.jpg

f0070004_11565369.jpg


社長の「ダニエル・ウェグマン」の手元に届くかわかりませんが…。
こんなことするのは100%商人伝道師と稔子・ウィルソン先生のセミナーしか無いです(笑)

「学ばせて頂く!!」という感謝の気持ちを込めて…。
ですから、「隠し撮り」とか一切しません。
「日本男児、かっこ悪いことはしない!!」
と決めているからです。


その「ベストパートナー」
「稔子・ウィルソン」先生に「第20回やる気と感動の祭典」の基調講演をしてもらいます。

f0070004_11523937.jpg


「アメリカのスーパーマーケットについて…」
「アメリカのスーパーマーケットの方々の人間力について…」
「アメリカの“ニューマネジメント”について…」
「アメリカの独自課・差別化について…」


話してもらいます。


「第20回記念大会」
「基調講演は彼女しか居ない」ということで…。
アメリカ・オレゴン州ポートランドから来ていただきます。
「第20回記念大会」ですから…。
ムチャクチャこだわります。
ぜひ、参加してみて下さい。

f0070004_1154354.jpg


では、行ってきます。

f0070004_11544785.jpg


参加者「33名」
総勢「39名」の大所帯でのセミナーです。
「しっかり学んできます」


明日は、「第20回やる気と感動の祭典」発表者の紹介をしますね。
こう、ご期待…。


そして、「今日の一言」…。
「つねによい目的を見失わずに努力を続ける限り、
最後には必ず救われる。」
(ゲーテ)






※お知らせ※
「リアルタイム」で商人伝道師が「第16回気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の視察レポートをFacebookでアップします。
この機会にFacebookで商人伝道師に「お友達」申請してみませんか…

商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!


運が良いとウラ話が聞けるができるかも?
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2016-09-21 18:00 | Comments(0)