商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから




今日は、朝6時起床。
身支度して…。
小商人伝道師を小学校へ送る。
この時間が子どもとの唯一のコミュニケーションの時間。
ですから、できるだけ送ってあげる。
その後、小学校近くの「コーヒーショップ」で仕事とBlogを書く。
小商人伝道師を迎えに行き、自宅へ…。
自宅でちょっと仕事。

その後、オフィスへ…。
☆たけくんと“今後”について話をする。



本日は、昨日に引き続き、「第18回やる気と感動の祭典」の
2日目のダイジェスト映像を公開します。
こちらを御覧ください!




さて、今日は「ハロウィン」ですね。
本場アメリカは完全に下火傾向。
日本の方が盛り上がっている。
日本人はすごいと思う。

この「ダイバーシティー(多様性)」が国際化において大切だと思うし、
日本人らしくてすごく良い。
「楽しいことは楽しい」
「アメリカの風習であろうと…」
「宗教的なものであろうと…」

楽しめればいいんじゃないかーという精神。

我々にとっても「ビジネスチャンス」になるのだから、
願ったり、かなったり…。ですもんね。

f0070004_12415616.jpg

f0070004_1242571.jpg

f0070004_12421351.jpg


「本格的」なハロウィンイベント。
これは「女子力甲子園」で発表してくれた
「いちやまマート諏訪店」の中に出てきたヒトコマです。
「お客様と一緒に楽しむ」
大事なことですよね…。




そして、今日は
「第18回やる気と感動の祭典振り返りPart3」をお届けします。

4番目に発表したのが…
第18回目にして“初”の…
「寿司&イベントMDing」部門。
発表者は…

株式会社ニチエー
鮮魚部 次長 寿司バイヤー 友田 真介氏
さんらいず店 鮮魚部チーフ 矢田貝 直也氏
沼南店 レジ部チーフ 瀧川 日奏理氏


まずは、「寿司」。
寿司といったら「イベント」や「ハレの日」に非常に強い部門ですよね。
この寿司の強化が「ハレの日」の集客や「イベント」の成功に繋がる。
では彼らはどんなことを考えていつも行っているのか…。
それは…
f0070004_1243415.jpg


「日頃の信頼」を上げること。
そして、「お客様の期待感」を最大化することで…。
「ハレの日は成功」するのだと…。


その為には「手間」をかけることを惜しまない。
例えば…
f0070004_1244920.jpg

f0070004_12441926.jpg

f0070004_12442710.jpg


「手切り」の錦糸たまご。
「手むき」のボタンエビ。

「美味しさ」の追求こそが「ハレ」の日の成功につながることを知っているから…
よって…
「売上が低迷したら、美味しさを追求する」
ことにフォーカスするのです。
参加されたみなさん!そうでしたよね…


さらに、「節分」・「ひなまつり」・「Xmas」・「正月」の商品化の提案。
ありましたよね…。
これは、公開する訳にはいかないので…。(笑)
参加者の“特権”ですもんね。


昨日もお話ししましたが…
「商品」が変われば…
「売場」も変わる…
「売場」が変われば…
「人の気持ち」が変わる…
「人の気持ち」が変われば…
「結果」が変わる。

のです。

この企業もそうです。
この「売場」…
f0070004_12452560.jpg

f0070004_12453618.jpg

f0070004_12454475.jpg

f0070004_12455355.jpg


すごいでしょ。
この「三身一体」が掛け算で「成功」に導くのです。

こういう努力をすれば「予約」も“異常値”へ挑戦していく。
まず、この企業のポイント
f0070004_12462863.jpg


なぜか…
それは…
f0070004_1247349.jpg


「信頼」・「関係性」。
そうです。このセミナーで商人伝道師が繰り返し言った…。
「プロミス」です。

こういうことをしています。
f0070004_12475464.jpg

f0070004_1248223.jpg


具体的には…
これまた参加者の“特権”です。
公開しません。

今回の「アファメーション」を読んでみると…
数多くの参加者が…。
この「予約」の発表に“共感・共鳴”して…。
「予約前年比200%~150%」とアファメーションしていました。
これを実践し、結果を残してくれれば…。
それだけで「第18回やる気と感動の祭典」の参加費用(教育投資)は
回収できますよね…
経営者のみなさん!!

第18回目にして“初”の発表でしたが…
「上出来」でした。
ぜひアファメーションした
「年末商戦予約10,000件」
達成して下さいね。
期待しています。


そして、参加されたみなさん、
参加していない方々と情報を共有化して“予約の異常値”に挑戦しましょう。

ノウハウや切り口など、学んだのだから…
「実践こそ真実!!」である。



そして、「今日の一言」…
「『いかに戦うか』は大局観にかかわるが、
その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。
事前にしっかり準備して万全の態勢で、
対局に臨んでくる人は強い」
(羽生善治)

by akindonet | 2015-10-31 18:00 | Comments(0)
商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから



今日は朝5時30分起床。
久しぶりにサクラを散歩に連れていき…
身支度して、小商人伝道師と一緒に家を出る。
午前中は来年2月の「トレードショー」での講演の打ち合わせとインタビューを

受ける。

その後、オフィスへ…
夕方18時からTVのコメントの撮り直し。
やはり、余計なことを話し過ぎてかなりNGだったみたいです。
収録後、今夜は早く帰ります。
早くないか…(笑)


「第18回やる気と感動の祭典」が終わったばかりですが、
映像チームより、さっそく1日目のダジェスト映像が届きました。
こちらを御覧ください。



さて、早速皆動き出しました。
「神戸商品」の調達。
業績の良い企業ほど行動が早い。
間違いなく売れますよ…

「神戸企画」

挑戦してみてはどうでしょうか…

また、「飛騨高山」企画も面白い。

「観光客が年間400万人」

も訪れる「飛騨高山」

「マツコ・デラックス」さんのTVで商品名まで知っている。
商人伝道師なら、絶対にに「ファミリーストアさとう」さんに連絡して
「売れ筋」を教えてもらい、調達しますけどね…
これだけで、「参加料の元が取れます」よね…(笑)

「実践(行動)こそ真実!!」

です。

そして、今日は「第18回やる気と感動の祭典」振り返りPart2をお届けします。
今日は「青果部門」

「どのようにしてバイヤーを増やすか!」

が一つのテーマでしたよね。

f0070004_1759356.jpg



そのためには「コンセプト」の共有化が不可欠。
「いちい」さんではこんなコンセプトを構築していこうとしています。

f0070004_180597.jpg



まだまだスタートしたばかりですけど…
このコンセプトの共有化が…

「給与を払わなくても良いバイヤーを作り上げることができる」

ことを学びましたよね。

するとこんな商品がどんどん入ってくることを実現できると…

f0070004_1855259.jpg


f0070004_1861545.jpg


f0070004_186315.jpg


f0070004_1864537.jpg


f0070004_187760.jpg



たった6ヶ月でこんな商品がどんどん入ってくるようになった。
ポイントは…

「関係性(プロミス)」と…

「学びの共有化」

f0070004_187247.jpg


f0070004_1874086.jpg



もちろん「やる気と感動の祭典」にもどんどん参加している。

これが出来れば「独自化」「差別化」賞品の調達が実現できるのです。
これからは、このような「お取り組み」が大事なんですよ。

「餅は餅屋」

と言うじゃないですかね…

また、お金をかけなくても「売場」は変えられるんです。
「商品力」がよくなると…
「人間力」がついてくると…
「売場の汚さ」が物凄く目立つようになる。

要するに“商品”が役者。
“売場”が舞台。
この舞台が汚かったら“大根役者”に見えますもんね。
そこでこんな費用で売場は変えられるんです。

f0070004_1810976.jpg



たった「10万円」でこんなに変えられるんです。

f0070004_1875850.jpg


f0070004_1881087.jpg


f0070004_188256.jpg



そうすると、「女性社員」も燃えてくる。

f0070004_18104218.jpg


f0070004_18105476.jpg


f0070004_18115544.jpg


大事なことですよね。

「商品」が変われば…
「売場」も変わる…
「売場」が変われば…
「人の気持ち」が変わる…
「人の気持ち」が変われば…
「結果」が変わる


これをしっかりと発表してくれました。

もう、「安さのバトルロイヤル」は止めようよ!!と言っています。
「新しい土俵」を作っていこうよ!!と…
それが…
仲卸企業や産地企業との「お取り組み」によって実現できる。
今回とんでもない発表でしたよね。

「お取り組み」の」重要性。
皆さん、「認識」されたことでしょう。
これは青果部門に限りません。
他の部門にも通じることですよね。

「取り引き」から「お取り組み」へ…
「仕入れ」から「調達」へ…
「ハイパーローカル」と「安全・安心」へ…


間違いなく。青果は「新しい土俵」に向かおうとしている。
前回「ヤマダストアー」さんが紹介した「アルファー」さん。
何と、それ以降、売上高が、2倍になったらしい。
「ニーズ」があったんです。
いや、「ニーズを創った」のです。

「競合店と同じ土俵で競うのではなく、次々と新しい土俵を創る」

その“新しい土俵を創る”発表でした。
再度、パワーポイントを見直し…
「社内やる感」を行いましょう。

そして「今日の一言」
一回でも実践してみると、頭の中だけで考えていたことの
何倍もの「学び」がある。
(羽生善治)

by akindonet | 2015-10-30 18:00 | Comments(0)
商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから



今日は朝5時30分起床。
さすがに、いつものように起きれない…
昨夜は、8時には夕食が終わる予定が、
11時になった。
盛り上がりすぎである。


ということで、
Blogを書いて…
身支度して…
兵庫県姫路市へ…
今日から早速コンサルティング。

コンサルティング終了後、久しぶりに自宅へ戻る。
いつものことですが…



「第18回 やる気と感動の祭典」もなんとか終わりました。
参加された方はお分かりだと思いますが…
2日目の精肉部門の発表時のプロモーションビデオスタート時に…
突然電源が切れた…

原因不明!!
急遽、10分間の休憩させていただき…
修復作業をすることに…

正直、「これで終わり!!」かなーと思った。
奇跡的に修復して、なんとか最後まで開催できた。
もうドキドキもの…
というレベルを超える、“スーパーハプニング”。


考えてもいない出来事を経験し…
すごく勉強になりました。
次回以降に活かしていこうと思います。
修復したから言えるけど、そうでなかったら…と思うと…
ゾッとする。
「良かったー」。
最後まで開催できて。





そして、今日は「第18回 やる気と感動の祭典」について…


まずは、基調講演
f0070004_11464024.jpg

ブックライター「上阪徹」さんの講演です。
「成城石井」さんの取り組みの紹介。
「ローソン」さんの進化についての話でした。


「成城石井」さんの話で心に残っていることと言えば…

「売りたいものがどこにもなかったので、自分たちで作ることに…」
「ブランドは作るものではなく、作られるもの」
「ターゲットに合わせた品揃えはしない。年収300万円の人も3000円の人もシャンパンを買うときもある」


でした。


また、「ローソン」さんの話では…

「ほかのコンビニエンスストアーのヒット商品はすぐにまねる。
そうすることにより、新しいマーケットを作り出せる」
「プレミアムロールケーキを発表するまでは、スイーツでは業界第4位の売り上げ。
それが立った一品で第一位になった」
「これからローソンは、“まちのホッとステーション”から“まちの健康ステーション”に変わる」


でした。

これもすごく勉強になりましたよね。


そういう意味からすると、商品開発一つにしても…
まだまだですよね…
まだ、「競合他社と同じ土俵」で戦っている。
もうそろそろ、新しい土俵を創っていかねばならないのでは…


まさしく、「成城石井」さんは“次々と新しい土俵”を創りだしていると思うんです。
せっかくこのような話を聞いたのですから、「新しい土俵」を創っていきたいですね。



そして、「グロッサリー部門」

発表者は…

株式会社ファミリーストアさとう

食彩館 グロサリーチーフ
池田 弘毅 さん

三福寺店 グロサリーチーフ
佐賀 瑞樹 さん




有限会社フーケットセブン
日配バイヤー
久保 孝英 さん



f0070004_11465048.jpg

若い3人の発表でした。



まずは、「ファミリーストアさとう」さん。

「セブン&アイ(セブンイレブン)」が「ローカル商品の品ぞろえを50%」にしようとしている。
「ローカルスーパーの最大の危機」
を誰も気づいていない。

そこで、「ご当地スーパー日本一!!」と言われる「ファミリーストアさとう」さんに…
「ローカルの取り組み」について発表してもらった。


「ファミリーストアさとう」の「ローカルの定義」は…
f0070004_1152188.png

「お客様の味覚とさとうの舌」
参加されてない方は「なに!?」と思われているかもしれませんが…
参加された方々はわかりますよね…



そして、「ローカル商品でのヒット商品」のポイント
f0070004_1152434.png


さらに、6店舗なのに…
「プライベート商品」が盛りだくさん。
その定義がこれ。
f0070004_1152564.png

これはすごく勉強になりますよね。

こういうことを徹底して…
f0070004_1152873.png

f0070004_11521043.png

「ローカル商品」の売り上げ構成比を50%にするように動くということです。


まさしく、これこそ「ローカルスーパーマーケット」ですよね。
素晴らしい発表でした。


「ローカル」
これからのキーワード。

というより、この「ローカル」を奪われたら、“生き残りの道”はない。
ぜひ、参加された企業は「ファミリーストアさとう」様の考え方をモデリングして、
「ローカル」に力を入れてください。




そして、もう一人の発表者。
「フーケットセブン」さん。

「神戸」の商品を発表してもらいたいために発表者に選んだ。
ものすごい数の「神戸の逸品」を紹介してくれました。
その一例を…
f0070004_1157094.png

f0070004_1157310.png

f0070004_1157566.png

f0070004_1157881.png

f0070004_11571114.png

この10倍の商品を紹介してくれた。

「コストコセールの再来」
を期待している。


「食の町!神戸!」
食にうるさい「神戸」の人。
この神戸の人が育てた「神戸の商品」。
だから、「おいしい」。

これ、売れますよ!!
「コストコセールの再来」
ぜひ、企画として取り組んでみてはどうですか…




ということで、今日は一部門しか紹介できませんでした。
明日に続きます。




そして、「今日の一言」
「世界は変化し続けているんだ。変化しないものは、ひとつもないんだよ」
(レオ・ブスカーリア)

by akindonet | 2015-10-29 18:00 | Comments(0)
商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから




朝4時起床。
身支度して、会場入り…
朝6時から「朝礼」。

その間にも、次から次へと参加者が…
なんと、「1番札」を取った企業は、朝(?)2時から並んでいたとか…
「一番札」はこの企業です。

「ベニースーパー」さん

こんなセミナーほかにあるでしょうか…(笑)

また、発表者は朝5時から、最終チェック。


ものすごいセミナーだと思う。
主催しながら…



そして、午前7時20分会場。
7時50分から「第2日目」スタート。


まずは恒例の…
「ラジオ体操」
その後、
「朝礼」



そして、今日は…
「鮮魚部門」
「精肉部門」
「店長・管理職部門」

と…
商人伝道師の講演。
終了は、午後1時すぎ。
その後、片づけ。




そして、午後6時30分より…
大阪で「打ち上げ会」
みんなほとんど寝てないので…
すぐに酔ってしまい、すぐに終わることを願う。(笑)




そこで、今日は「第18回 やる気と感動の祭典」で参加者に商人伝道師が言っていたことについて…


「同じ土俵で競うのではなく、次々と新しい土俵を創ることこそお客様に支持される」

これは、「セブン&アイホールディングス」の鈴木敏文会長の言葉。
商人伝道師はこの言葉にすごく“共鳴”したんですね。

「次々と新しい土俵を創る」

「同じ土俵で競うことをしない」ためにはどうしたらよいか…
今回の「第18回 やる気と感動の祭典」で、参加者に伝えたかったのです。
f0070004_18324341.png

ディスカウント企業がどんどん「価格軸」で攻めてくる。
セブンイレブンの「ローカル」への取り組みは明らかに地域スーパーマーケットのお客様を狙っている。
ディスカウント対策として、大手企業が「高質化」にシフトしてきている。

「こだわり商品」が差別化でなくなった…
「生鮮強化」が差別化でなくなった
「惣菜」などはアッという間に差が付き始めている…



大手企業も「高質化」で、「同じ土俵で競うことをしない」ようにしている。
「みなさんはどうするんだいー!?」
ということを伝えたかったんです。



「取り引き」から「お取り組み」がいかに差別化になるか…
「バイヤー」のアウトソーシンによる差別化の方法とは…

こんなことを青果部門では学びましたよね。

もしこれを自社の“モノ”にしてしまったら…

「安さのバトルロイヤル」という土俵を変えることができるかもしれないことを学びましたよね、
参加者のみなさん…



「仕入れ」から「調達」にすることがなぜ差別化になるのか…
「丸魚マーチャンダイジング」がなぜ大事か…
「惣菜とのコラボ」がなぜ必要なのか…


もうそろそろ、「魚を食べない人」「魚をさばけない人」「料理できない人」
を相手にするのではなく…。
「魚好きの人」を相手にして戦略を考えてみてはどうですか…
そういうことをより具体的に学びましたよね。




「女子力」の“無限の可能性”を感じましたよね。
“女子力”だけで売り上げを伸ばせることも学びました。
「レジチェッカー」ではなく、これからは「レジサービス」へと呼び名を変える。

なぜか…も学びましたよね。
「女子力」を学べるセミナーなど他にはない。
「女子力」そのものが「新しい土俵づくり」になるのではないかということも学びました。




「仕入れ」から「調達」へ…
「ローカル」から「ハイパーローカル」へ…
「取り引き」から「お取り組み」へ…
「食品小売業」から「食品サービス業」へ…



本当にすごいことを学びました。
「次々と新しい土俵を創る」方法を学びました。
しかし、最後の「参加者へのメッセージ」で申し上げました。

「今回は、今までの“やる感”と違い、当事者はあまりやりたくないことばかり」。

「リスク」を伴うことばかり。

だから、「やらない」でしょう…と。
トップの“本気”が試される時ですよ…と。



「土俵を新しく創る」
って、簡単ではない。
だから、挑戦する価値があるのです。

「人がやったことは、人のやれることの100分の1でしかない」

参加者は、これを「肝に銘じて」ください。


実際にやっているのだから、やれるはずです。

「実践こそ真実!!」
「成功の秘訣は、成功するまでやり続けることである」
「実践を伴わない知識は“罪悪”である!!」

みなさんへのメッセージでした。




「同じ土俵で競うのではなく、次々と“新しい土俵を創る”」
それがお客様に支持されるのですから…


「ニーズをお客様に聞くな!ニーズを創れ!」
ニーズを創れとは、「新しい土俵を創る」ことである。
参加された方々への“振り返り”のBlogでした。
「お楽しみ様でした」

今日も、これぐらいにしてください。
明日から、「第18回やる気と感動の祭典」の特集しますね。
だから、ご勘弁を・・・。


そして、今日の一言
「人は歩みを止めたときに、
そして挑戦を諦めたときに年老いていく」
アントニオ猪木

by akindonet | 2015-10-28 18:00 | Comments(0)


「第18回やる気と感動の祭典」当日まで
0日


管理職・店長部門発表のご紹介



<株式会社山信商店様>
「喉元を掻っ切るような闘い」が始まろうとしている時代。
管理職(ミドルマネジメント)が変われば会社も劇的に変わる!!



「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから








今日は朝4時起床。
すぐに会場入り…。
会場のチェックを行う。
「代表者席」のチェック。
「団体席」のチェック。

その後、身支度して…。
朝7時より「アソシエイト&ボランティア」との朝礼。
商人伝道師からの“ゲキ”が飛ぶ。

f0070004_131020.jpg


最後に「気合い入れ」の円陣を囲む。

f0070004_134138100.jpg


その後「ボランティア」は“声出し”

f0070004_13425968.jpg


商人伝道師からの“ダメ出し”が続く…。
お腹から声を出していないと、2日間で喉が壊れるからです。


その後、朝9時30分。
「発表者」が会場入り。
「発表者リハーサル」

f0070004_1347122.jpg


「発表者」の胸に“華”を付けさせていただく。

f0070004_13484430.jpg


「やる感」恒例の儀式。


その間、会場の外では続々と参加者が集結する。

f0070004_13505130.jpg

f0070004_1352382.jpg

f0070004_1354394.jpg


エントランスでは
「展示ブース」が出展しています。
今回も39社の出展。

f0070004_17405311.jpg

f0070004_17411027.jpg

f0070004_17412530.jpg


今回、第一日目の“一番札”は…。
「株式会社小倉屋柳本の山本翔磨さん」

f0070004_12533684.jpg



セミナーで「整理券」を発行し…。
“前席から競って席を奪い合う”
そんなセミナーが他にあるだろうか…。

本当にありがたいことです。
参加企業に…。
参加者に…。
感謝!感謝!感謝!です。


会場はこんな感じです。
後ろからみた感じ。

f0070004_13563063.jpg


舞台から見た感じ。

f0070004_1358474.jpg


すごいでしょ。
この会場の雰囲気。


そして、この「第18回 やる気と感動の祭典」を運営する…。
「運営ブース」

f0070004_1411035.jpg


商人ねっとのアソシエイトが全て“自前”で運営します。


司会はこの二人。
「本庄美峰」

f0070004_15164315.jpg



「チャオ・ササキ」

f0070004_15173892.jpg


なぜか知らないが、いつものコンビ(笑)
2人とも本物のプロの「役者」。本物の…。


発表者は「写真撮影」

f0070004_15192143.jpg


f0070004_15205514.jpg


最後に「記念証」を差し上げるので…。
その為の写真。


そして、午前10時40分開場。
その後、午前11時50分より「第18回 やる気と感動の祭典」スタート。
とうとうスタートします。

今回の参加企業様は…
208社。

「ありがとうございます」

参加人数は…。
933名
「ありがとうございます」

本当に感謝してます。
その御恩をお返しできるように“最高の内容”のセミナーにさせていただきます。


さあ、「第18回 やる気と感動の祭典」
開幕です。
開幕にあたり、商人伝道師からこんなメッセージを発表者のみなさんへお送りさせていただきました。

商人人伝道師こと、水元仁志です。
ようこそ、「第18回やる気と感動の祭典」へ。
「消費税外税バブル」も終わり、これからが企業の力(チカラ)を試される時だと考えています。
ディスカウント系のスーパーマーケットやドラッグストアーといった「価格軸」の企業の出店攻勢は留まるところを知りません。
また、大手企業はその対抗策として、「高質化」に大きく舵を切り始めてディスカウント系企業との「差別化」をしようとしています。
皆様方は今後、何をもって「独自化」・「差別化」しようと考えておられますか…
「個性なき企業に未来なし!!」
と言われています。
今回の「やる気と感動の祭典」はこの「個性」を磨き上げる戦略・戦術・手法を学ぶセミナーにしました。

今回のテーマは
「最強の差別化戦略を学ぶ」です。

1.「ハイパーローカル」戦略で、差別化を図っていこう
2.「取り引き」から「お取り組み」にシフトすることにより「独自化商品」を開発しよう
3.「仕入れ」から「調達」へシフトすることにより、「独自化商品」の調達を実現しよう
4.「女子力」の最大化で差別化を行っていこう
5.「競争しない競争戦略」でニッチ戦略を確立していこう
6.「コンシャス・カンパニー」を目指し、人間力で差別化していこう


などを思う存分学べるセミナー。
それが「第18回やる気と感動の祭典」です。
あとは、皆さんの「心構え」です。
「心構え」というコップを真っ直ぐに立てて下さい。「心構え」を斜めにしてしまうと、コップを斜めに傾けると水が零れ落ちるように、“学びの量が半減します”
「心構え」というコップを真っ直ぐに立てて「素直にすべての発表を聴く」ことにより、
大きな“気づき”と“発見”、そして“ノウハウ”を得ることが出来ます。
「正しいことを学び、正しく行動した者のみが結果を大きく変える」

開催するにあたり、商人伝道師から皆さんに贈る言葉です。
では、「第18回やる気と感動の祭典」開幕です。



「学ぶことは楽しいこと」である。
それを体感して欲しい。
楽しさがないと、自分の“腑に落ちない”
嫌なことを強制的にやらされても自分たちの“血”となり“肉”とならない。


だから、「新しいスタイル」のセミナーを開催させて頂いています。


今回はわざわざアメリカから…。
「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」
でお馴染みの…。
「稔子・ウィルソン」先生もアメリカから参加頂いています。
みんなに親しまれている先生です。


「大懇親会」で“乾杯のメッセージ”をお願いしました。
どんな「メッセージ」で参加者の方々にされるのだろうか…。
楽しみです。


今日は、みなさん、ごめんなさい。
この2日間は「第18回 やる気と感動の祭典」に集中させて下さい。
今日はここまでです。


そして、「今日の一言」…。
「新しいことに挑戦するときに、もっとも大切なことは、現在の自分の能力を考慮して、できるかできないかを予測することではなく、「やる気」があるかないかである。これを忘れてはならない。
(斎藤 茂太)」


by akindonet | 2015-10-27 18:00 | Comments(0)


「第18回やる気と感動の祭典」当日まで
1日


管理職・店長部門発表のご紹介



<株式会社山信商店様>
「喉元を掻っ切るような闘い」が始まろうとしている時代。
管理職(ミドルマネジメント)が変われば会社も劇的に変わる!!



「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから






今日は朝5時30分起床。
サクラと散歩。
その後、身支度して…
オフィスへ…

さあ、「第18回やる気と感動の祭典」のスタートです。
朝10時出発を目安に、荷物を積み込む。
こんなにあります。


f0070004_1112929.jpg



何と、今回、商人伝道師が運転して、大阪へ向かうことに…
大丈夫かな…。
商人ねっとも、人手不足なのでこういう役目を引き受けることに…
「安全運転」で行きます。
夜、18時くらいに大阪に到着予定。

セミナー会場の「リーガロイヤルホテル」は本日21時まで宴会があるので…
22時くらいから準備に入ります。
準備が終了するのが明け方の4時くらいかな…
参加者の為に…
発表者の為に…
「商人ねっと」のアソシエイトも…
「ボランティア」さんも…
頑張ります。

そして、今日は「やる気と感動の祭典」の想いについて…

何故か知らないけど、批判されることの多い…
「やる気と感動の祭典」
何故なんでしょうかね…(笑)

商人伝道師はとにかく
「この業界の地位を上げたい。その為なら色んな事を仕掛けます。

TV出演もそうです。
もともと「表に出る」こと、
「人前で話すこと」はすごく苦手。
というより大嫌い。
意外でしょ。
社交的では全くない。

でもこの“業界の地位”を上げるためなら“恥ずかしいこと”もします(笑)
この「やる気と感動の祭典」もそうです。
この「やる気と感動の祭典」でどれだけの企業か“蘇った”ことでしょう。
もしも、このセミナーがなかったら…
「レッドオーシャン」を日本中のスーパーマーケットが今でも繰り返している

ことでしょう。
一応、自負しています。
この「レッドオーシャン」から脱出する方法の戦略や戦術を、今までの17回で

行ってきたつもりです。

ですから、毎日、毎日…
発表者の選出に頭を悩ませます。
「誰を選ぶか…」ではなく…
「参加者に何を学んでもらうか…」を考えているからです。

本当にすごく悩みます。苦しみます。
そして、選んだ以上は責任があります。選出してからの45日間は、
徹底的に関わります。
「ちょっと、酷かなー」
と思いながらも、心を鬼にして関わります。

ですから、今回も凄い内容となりました。
本当に凄いセミナーだと思います。
昼12時~夜は19時30分までセミナー。
その後、「大懇親会」
終了は21時30分。

2日目は「朝7時50分スタート」
13時30分まで…。
こんな過酷なセミナーも少ない。

しかし、終了した時には皆笑顔になる。
何故か…
「ムチャクチャ学ぶ」からです。

この「やる気と感動の祭典」が少しでも“業界の地位”向上にお役立ち出来れ

ばと思っています。
これからは、「ブランディング」の時代と言われています。
“業界の地位”を上げて、“ブランド化”しなければならない。
その為には、「儲かる業界」にしなければならない。

儲かる業界になれば、良い人材も入ってくる。
もうそろそろ“レッドオーシャン”から脱出しないと…
その想いは、ますます強くなっている。

また、この業界から「政治家」を出さなければいけない。
「政治家」がいないと、どんどん“色々な事を押し付け”られる。
今回の「定額減税」の件しかり…
二転…三転…四転…
している。

今は、「生鮮食品のみ」とかを検討しているらしい。
その区分はどうするの…。
しかし、その声は「政治家」や「官僚」には届かない、

ここは皆さん、「一致団結!!」して、政治家を国会に送り出すべきだと思う


「TPP]や「定額減税」など、難題ばかりが目白押しである。
しかし、今の状態だと、有無を言わさず「従え!」と官僚たちから負担を押し付けられる。

何とかならないものかと…
心を痛める日々が続く。

「業界の地位向上」の為に…
「参加されている企業が生き残る」為に…


物凄い提案が今回もあります。

「えー!!」という提案ばかり




これは9月10日。
発表者発表の日に、商人伝道師が書いたものです。


f0070004_21372419.jpg



「決意」

です。

こんなに“バカ真面目”にセミナーをやるコンサルタントも少ない。

“ド真面目”

“融通の利かない”

“超ーー人付き合いの苦手な…”

男が…

「業界の地位向上」の為に、2日間で「20,000,000円」以上のコストのかかるセミナーを開催します。

参加される皆さん!!
気合を入れて会場にお越しください。

“漢(おとこ)”
水元仁志が皆さんをお待ちしています。

そして「今日の一言」
覚悟はできているか?俺はできている
(出所不明)

by akindonet | 2015-10-26 18:00 | Comments(0)

心のオアシス



「第18回やる気と感動の祭典」当日まで
3日


管理職・店長部門発表のご紹介



<株式会社山信商店様>
「喉元を掻っ切るような闘い」が始まろうとしている時代。
管理職(ミドルマネジメント)が変われば会社も劇的に変わる!!



「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから







今日は朝6時起床。
Blogを書いて…。
軽くサクラとジョギングして…。
身支度してオフィスへ…。

朝9時より「第18回 やる気と感動の祭典」の台本読み合わせ。


f0070004_274250.jpg


なんと、「やる気と感動の祭典」には台本があります。
「分きざみ」でのスケジュールがビシッ!と書かれています。
それを一つ一つ読み合わせていきます。

チーフディレクターの☆武くんと司会の美峰ちゃんと…。
商人伝道師がこの「台本」を基に、時間の調整をしていきます。

「やる気と感動の祭典」の開催中の“インカム”の会話を
聞かせたらみんなドン引きするでしょうね…(笑)

ですから、発表者の「5分延長」などされると大変です。
発表者が時間を守ってくれることを祈る。


そして、「第18回 やる気と感動の祭典」のレジュメです。

f0070004_18325996.jpg


ページ数は「132ページ」
一冊の本くらいの量です。


そして、今日は「日曜日」
「心のオアシス」の日。
今日は「やくざを泣かせた5歳の子ども」のお話。


あれは暑い夏の日のお昼過ぎ・・・
いつものように、2歳の娘を連れて息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。
「アイスクリーム、食べようか?」
暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、アイスクリームを食べることにした。
そんな日常の一場面。
もし、あのやくざが駅の階段を降りて来なければ、ただの忘れ去られた日になっただろう。


その男は、顔に大きな刀傷があり、みるからにやくざだとわかるチンピラ風。
昼間から酒の臭いをプンプンさせていた。
ぐでんぐでんに酔っぱらっていたその男は、私の息子のすぐ横に座った。
男はふっと顔をあげると、座った目で私の息子をじーっと見つめた。

私はドキドキしてきた。

まさかこんな幼い子どもには手を出したりはしないだろうけど、
でも、こんな泥酔状態じゃ、普通の精神状態じゃないだろうし。

どうしよう!

私は心の中でつぶやいた。

なにもなかったように、アイスクリームを食べ続けてはいたが
もう味などわからなかった。

男は5歳の息子の肩に手を置いた。

やばい・・・
どうしよう・・・

へたに席をたったら、何をするかわからないし。
しかし・・・男は凶暴ではなさそうだ。
5歳の息子を相手にくだを巻き始めた。

「おめえはいいよなあ、まだ子どもだからよ。
わかんねえだろうけどよ。
おれの女がいなくなっちまってよお。」


そうりゃあ、わからないにきまってる!
そんなことで子どもをうらやましがるな!


と突っ込みたかったが・・・
どうも男は女にふられたらしかった。
よっぽど惚れていたのだろうか。
それからも、ぐちぐちと女のことを話し続けた。

息子は何を言われているのか、チンプンカンプン。
ただ黙って横でアイスクリームを食べ続けている。
すると、何を想ったのか、やおら男は懐から財布を取り出して千円札を出した。

「おめえは、いい子だなあ。 
 ほれ、小遣いやるよ」

そういうと、男は息子に千円札を息子に渡したのだ。
話を聴いてくれたカウンセリング料とでもいうのか??
まあ、酔っぱらっている勢いだろうけど・・・
私はヒヤヒヤだった。
息子に返すように言おうか、迷った。
私が、結構です、などと言ったら逆上するかもしれない。
ぴったりつくように、男は息子の横に座っている。
へたなことは言えない。

どうしよう・・・

そう想った時だった。


息子はそのお金を男から受け取ると、そのベンチのすぐ後ろにあった花屋へ走っていった。

至近距離であったし、男は大声で話していたから、
当然、花屋の店員も様子を伺っていたのだろう。

「お花ください」

息子がそういって千円を出すと、さっと無言で明るい黄色の花束を渡した。
その花束を受け取ると、息子はまた走って男のところへ行った。

「はい。おじちゃん、お花。」

その男は一瞬、びっくりしたように息子を見つめた。
なにが起きたのか、分からない様子だった。
男は、しばらく呆然と差し出された花束を見つめていたが、
無言でその花束を受け取ると、コンクリートの地面に崩れ落ちて泣き出した。
男は花束を抱いたまま、号泣していた。

そこで私は子どもたち二人をかかえるようにして、そっとそこから去った。
その男の泣き声を背中で聴きながら・・・。
その時、私は思った。

大人の私は、その男を酔っ払いのやくざとしか見ていなかった。
でも、幼い子供の目には、その男は、ただの心を痛めている可哀想な人として映っていただけ。


心をすませ
心の目で世界を観ると
表面にある怖れを超え
その奥にある本質がみえてくる。
5歳の子供に教えてもらったことでした。



見た目や地位に惑わされず、相手がどんな状況なのか・どんなことをしてもらいたいのか、し

っかりと本質を見ることを忘れないようにしたいですね。
こういったことがお客様へのより良いサービスにも繋がるかもしれません…。




いかがだったでしょうか…。
今日の「心のオアシス」


さあ、今週は火曜日から「第18回 やる気と感動の祭典」です。
全国から数多くの方々がお越しいただきます。
台風の心配もなさそうです…。
天気は大丈夫。
気をつけてお越しください。

商人伝道師は明日、大阪入りします。


そして、「今日の一言」…。
「人は誰でも、他人よりも何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。
相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、
あるいは心から認めてやることである。
(デール・カーネギー)」

by akindonet | 2015-10-25 18:00 | Comments(0)

チラシの取組みについて



「第18回やる気と感動の祭典」当日まで
3日


管理職・店長部門発表のご紹介



<株式会社山信商店様>
「喉元を掻っ切るような闘い」が始まろうとしている時代。
管理職(ミドルマネジメント)が変われば会社も劇的に変わる!!



「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから





今日は朝5時起床。
Blogを書いて。
久しぶりにサクラと軽くジョギング。
その後、「第18回 やる気と感動の祭典」の発表者の最終のパワーポイントチェック。
もうこの期に及んでの修正はない。
あとは任すのみ…。


多分、発表者は…。
発表の練習をされてることでしょう。

「一世一代の“舞台”での発表」

悔いのないような発表の練習して下さい。


「やる気と感動の祭典」は他のセミナーのように…。
事前に会社で録音して、それを流す…
というようなことは一切認められません。


「発表者の生の声!リアルな声!」
で発表してこそ、価値があると思っているからです。


これは「第一回目」から守っていること。
今回も全発表者は「舞台」で“生の声”で発表してくれます。
楽しみです。
期待しています。

さて、「第18回 やる気と感動の祭典」
あと3日
と迫りました。

今回は会場の都合上、お申し込みいただいたのに…。
お断りさせて頂いた企業様も多いです。
この場を借りてお詫び申し上げます。

「ごめんなさい」

それぐらい関心の高いセミナーになったことをすごく嬉しく思っています。
その期待に応えねば…。
というプレッシャーはまいかい、回を重ねることに…。
高くなってきます。


その「プレッシャー」に押しつぶされそうになりますけど…。
「自分の鍛錬の場」
と位置づけて、何とか乗り切っています。


今回の内容は、昨日も書きましたが…。
「ハードル」の高い提案ばかり…。
「やる!!」と本気で取り組まないと、何も変わらない提案ばかり…。

「諸刃の剣」

のような内容です。
しかし、これぐらい高い「ハードル」でないとこれからの時代、
生き残っていけないと思いそうしました。

会社の真価が問われるセミナー内容です。
ちょっと“気合”を入れて参加してみてください。


そして、今日は「チラシ」について…。

「総菜シフト、サミットの戦略、「集客の軸」見直す契機に!」という記事がありました。
今年の9月に改装した「サミットストア東府中店」が「特売チラシ」を中止したとのこと。

惣菜に力を入れた為、グロッサリーなどのアイテムを絞り込んだため、
周辺の自社店舗と共通で掲載していたチラシの商品が品揃えできない可能性がでてきた為らしい。

このような流れは今後、どんどん進んでくるのではないでしょうか。
「消費税8%」に引き上げられてから…。
本当に「チラシ商品」が売れなくなった!!と聞く。
確かに「日替わり目玉」商品の動きは良くない。

その甲斐あって、グロッサリーの粗利益率が上がったのは事実。
嬉しい事なのか…悲しいことなのか…。
わからない。


しかし、反面「ゾロ目市」や「ワンコインセール」などの“価格軸”は
集客できてるという企業さんも多いのも確か…。

「~フェアという高質系(商品軸)のチラシでは集客できない」
と言われる経営者も少なくない。


昨日も「丸正総本店」さんには申し上げたのだが…。
「新聞折り込みチラシを中止してポスティングや店の前でチラシを配ったらどうか…」と。

商人伝道師は近頃感じていることがある。
それは…。
「とくし丸」のような一軒一軒お客様を開拓するビジネスが支持されているということは…。

「ヤクルトおばちゃん」ではないが、「チラシレディー」みたいな方を
「1日3~4時間」採用して、ポスティングするという仕組みを作ってみればいいのに…。

いや、もっと言ったら…。
「ヤクルトおばちゃん」や「牛乳配達」の方々とコラボする手もある。

「今回はこの地域に重点的にチラシを配ってみます。」
「今回は“肉のおどろき市”だから、競合店さんの周りを重点的に配ってみる。」


というように…。

これからは「テストマーケティング」する時代ではないでしょうか。

「大衆から個人」

に変わってきているのに…。
「新聞折り込み」という手法をまだ使っているのが物凄く古いと思っている。


だからといって、いきなり「スマホ」や「携帯」ではなく…。
「宅配」
という方法へシフトしてみてはどうかと思っている…。
其のほうが大幅な「コスト削減」に繋がると思うのですが…。


以前、このBlogでも紹介しましたよね…。
「新しいマーケティングの4P」

「プロダクト(商品)」
「プライス(価格)」
「プロミス(お客様との関係性や信頼)」
「パーソナル(個人)」


だと言われている。


「宅配」はお客様との関係性や信頼を高めることができる。
「個人」をターゲットに出来る。
何か「マーケティング」の手法を加えてみてはどうか。


「チラシ」でも“コラボレーション”ができるのでは…。
「チラシ」でも“とくし丸のビジネスモデル”が通用するのでは。

そう感じる今日このごろです。


そして「今日の一言」…。
「十年後に世の中がどうなっているかを読み切っていれば、少なくともこの先十年間は勝負できます。十年後の着地点を読み切って、そこから逆算していまやるべき仕事を組み立てていく。変化の激しい時代には、こうした発想を持つことが大切だと思うのです。
(中山譲治 日本の経営者 第一三共社長)」

by akindonet | 2015-10-24 18:00 | Comments(0)


「第18回やる気と感動の祭典」当日まで
4日


管理職・店長部門発表のご紹介



<株式会社山信商店様>
「喉元を掻っ切るような闘い」が始まろうとしている時代。
管理職(ミドルマネジメント)が変われば会社も劇的に変わる!!



「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから



今日は、朝4時起床。
昨夜は夜12時帰宅だったので…
ほとんど寝ていない。
「第18回やる気と感動の祭典」のエンディングメッセージを書くために…
その後、「女子力発表」のおおさかパルコープ」さんの最終チェック。
そして、身支度して、小商人伝道師と横浜駅へ…。

今日は「スーパーマーケット実践会IN東京」。
朝8時30分よりから「個別相談」スタート。
9時30分より、「部門勉強会」。
今回は…

「青果」・「精肉」・「鮮魚」

の3部門です。
こんな感じです。
f0070004_1751615.jpg

f0070004_17524100.jpg


その勉強会の合間に
「会社の取り組み」発表があります。


最後に、「個別相談」。
終了は…。
夜8時すぎ。

「流通コンサルタントで一番働いているのでは…」
と錯覚するぐらい働いています。(笑)
あくまでも、錯覚ですけど…。(笑)


さて、「第18回やる気と感動の祭典」開催まで
あと4日。
とうとう今日が発表者の「パワーポイント提出日」。
今回は今までと違い…。
かなり「ダメ出し」が多かった。
なぜか…
それは、商人伝道師の“求めるもの”が高かったからです。

今回の発表は“両刃の剣”みたいなものだと思っているからです。
発表を聴いて成功するまで実践したら…
「100%独自化」となり…
「100%ブルーオーシャン」につながります。

しかし、実行するには「ハードルが高い」。
この「ハードル」をしっかりと見せないと、
そのハードルを飛ばない。

ですから、すごく今回は難しい。
難しいから、発表者に“求めるもの”も高かったです。


あと4日。
発表者は“眠れない日々”が続く。
“夢の大舞台で発表”するまでは…
頑張ってほしい。







そして、今日は「TPPなどの動き」について…。


TPPが大筋で合意しました。
アメリカがまたまた「ルール」を変えてしまいました。(笑)

TPP参加国のGDPの規模は「世界の4割」を占めると言われています。
「世界の総GDPは「77兆ドル」。
そのうち、TPP参加国は「28兆ドル」。
そして、このTPPにより、TPPの参加国のGDPは…。
2割拡大すると言われています。


人口減や高齢化の進む日本において、
TPPは“伸びしろ”の大きなアジアの成長を取り込む好機とされています。

もちろん、それにより大きなリスクもともなう危険性があります。
食品においては…
「安全性の問題」です。

国によって「安全性の基準」が全く違います。
その「安全性の全く違う」商品が日本に安く入ってくる。

ここはしっかりとした「自社基準」を作っていかないと、
お客様の信用をなくしかねません。

また、「TPPによって日本もオーガニックの時代になる」
といわれる方がおられるが…。
それはないです。

なぜなら…
もうスタートしているからです。
また、物流上「オーガニック農産物」が日本に入ってくることは
難しいと思います。

それよりも、「サプリメント」などの健康商品が
日本に大量に入ってくるでしょう。
これにより、“健康マーケット”が注目を集めてくるはずです。

では、「肉」を中心とした生鮮はというと…。
これこそ「自社基準」が必要となります。
簡単に言うと…
「どんな輸入肉を扱うのか…」
です。

みなさんが思っているのは…
「輸入肉=安い」
ということですよね。

これは間違った解釈だと思う。
「輸入肉=戦略商品」
なんです。

「遺伝子組み換え不使用」・「抗生物質不投与」
「ホルモン剤や刺激剤不投与」の安心安全な肉を輸入しようとか…
の「戦略性」が必要となってきます。


商人伝道師的にいうと…
「TPPは戦略構築する上において、ターニングポイントになる」
ということだと思っています。

「どういう戦略で行くのか…」

それがないと淘汰されます。
「TPPでも“ローカル”戦略を追求するために扱わない」とか…
「安全・安心・健康そして値ごろという戦略でTPPを活用する」とか…
「自社戦略」がさらに求められると思っています。


今回の「アメリカ視察セミナー」では、商人伝道師的には…。
「TPPが合意した場合、どのような商品をアメリカから輸入すればいいか…」
といおう視点でも視察していました。

すると…
「サプリメント」はものすごいことになるな…
「安全・安心で値ごろの戦略的精肉商品の調達をしないとー」
「グルテンフリーの文化が日本にくるな…」


など、いろんなことを感じました。

まだまだこれからです。
TPPは…
「リスク」はともなうが、人口減・高齢化の進む日本では…
成長の期待できる「アジア圏」のマーケットを
取り込めるチャンスだと思っています。

このTPPをメリットにするためには…
「自社の戦略」
「自社の基準」

が必要になってくることは間違いない。

そして、第一次産業の方々も…
「反対!」・「金を出せ!」ばかりでなく…
「どうしたら成長性のあるアジア圏に進出できるか…」
を考えるべきではないでしょうか。
「日本の第一次産業のレベルはダントツで世界一」だと確信しているからです。





それにしても、TPPよりも…
昨日の国会内での「ヒアリング」にビックリ。
老後を支える公的年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が
7月~9月の3ヶ月でなんと…
「10兆円の運用損」を出していたんですって…。

おそろしい。
「10兆円」の国民の年金が消えた。
3ヶ月で…。
いったい日本はどうなるのでしょうか…。

「お金をかけて、10%を8%にする」仕組みづくりに右往左往している国。
すごく、滑稽にしかみえないのは小生だけではないと思う。

自分たちで変えていかねば…
そう感じる今日このごろです。





そして、「今日の一言」…。
「学術においても、実際は人は何も知ることはできない。
つねに実践が必要である。」
(ゲーテ)

by akindonet | 2015-10-23 18:00 | Comments(0)

「おせち」について



「第18回やる気と感動の祭典」当日まで
5日


管理職・店長部門発表のご紹介



<株式会社山信商店様>
「喉元を掻っ切るような闘い」が始まろうとしている時代。
管理職(ミドルマネジメント)が変われば会社も劇的に変わる!!



「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第18回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



商人ねっと特別番組
第4回は10月8日より配信開始!
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」



遂に競合店がオープンを迎えた!
これまでの対抗と対策はどこまで通用できるのか?

そして、売上・客数への影響は?
競合店出店6日前から出店後1週間までの密着ドキュメント

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから
(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



DVDも販売中!
購入特典として、水元が丸正スタッフに向けて行った戦略指導を
完全収録したDVDをお送りします!
詳しくはこちらから



今日は朝4時起床。
Blogを書いて…
「第18回 やる気と感動の祭典」のエンディングメッセージを考える。


実は、商人伝道師的にはこれが最大のヤマ場。

一番苦労するのが…
「発表者選出」

次に苦労するのが…
「エンディングメッセージ」

それぐらい、考えて…考えて…考えて…
商人伝道師の想いを伝える。


この「エンディングメッセージ」さえなければ…
たのしい「やる感」になるのだが…
京都明日の朝までに考えます。



その後、身支度して、横浜駅へ…
今日は、東北・岩手。
「東北勉強会」

一日中怒鳴りまくっています。(笑)
東北有数の激戦区にお伺いするので…
もちろん日帰り。




さて、機能の「TV番組収録」。
「やっちゃいましたー!!」
しゃべりすぎました。(笑)
日本テレビの番組プロプロデューサーから、
制作会社のディレクターはインカムで怒られまくりだったそうです。(泣)


だって、いろんなことを伝えたですもんね。
一応、紹介では…
「スーパーマーケットの専門家」
ですから…。(笑)


特に、自分のクライアント企業の紹介は…
力が入りました。

「東武」さん
「ニチエー」さん


あまりにもしゃべりすぎて、「カット」になったらどうしよう。
二社に悪いことしたなーと思うのですが…

まあ、100%この2社は紹介されると思いますので…
ご安心を…


商人伝道師は、プロデューサーやディレクターの評価を落としたので…
かなりカットされると思います。
多分、「3分」ぐらいの出演だと思いますが…
「物好き」な方は視聴してください。


11月13日 午後19時
ゴールデンタイムの放送です。
「日本テレビ系」での放送です。
「読売テレビ」だけは3日後の深夜放送です。
その他は午後19時からです。

番組名は…
「沸騰ワード10」
という番組です。
よろしくお願いします。



そして、今日は「おせち」におついて…

昨夜、「そごう」に行ったんです。
行ったついでに、「おせち」を見たんです。
すると…
「品ぞろえ」の4分の1から3分の1が…
「個食タイプ」
なんです。


それをちょっと紹介しましょう。
まずは、「一段重」
f0070004_17321155.jpg

価格は「10,000円」。
それよりも、これって「1人前」ですよね。
この量目にビックリ。
この一段だけ…
これにはビックリです。
これなら、「自分で作ればいいのに…」と思ったのですが…
こういう時代なんでしょうね。


次に「3段重」
f0070004_1732141.jpg

もう、「重箱」じゃないんですね。
「50,000円」の商品なのに…。
「少量多品種」
時代の流れなんでしょう。


次も…
「ミニおせち」
f0070004_1732172.jpg

写真ではわかりづらいのですが…。
本当に従来の半分のサイズ。

こういう「POP」まである。
f0070004_1749628.jpg

「少量おせち」のPOP


究極はこれ。
f0070004_1749917.jpg

「おせち」の嫌いな方の為に…。
「オードブル」とのコラボ商品。
「お節」や「年神様」とかの伝統的なものでなく…。
「好きなもの」・「人気のあるもの」
というスタンス。


この「おせち」が「ポールポジション」をとっているのです。
しかし…。
すごく勉強になりました。
「自分たちはここまで行っているのか…」
を反省させられました。


「個食!個食!」とはいうものの…。
「おせち」まで、徹底することはない。
業者さん任せ。
これではダメなんでしょうね。

「お取り組み」
を行って、このような「個食」への対応をしていかねばならない。

そう感じた「百貨店のおせち」でした。


「個食」・「少量化」

今、商人伝道師はキャンキャン言ってますが…(笑)
時代はまさしくその流れになってきた。
これを本気で取り組む企業と…
そうでない企業…
では大きな差になると思う。


もちろん、「価格軸」の企業はこんな「個食」や「少量化」など取り組まなくてよい。
「量を売れば良いのだから…」


そうでない企業。特に「商品軸」の企業は…。
この「個食」・「少量化」が必須課題と認識している。


百貨店の「おせち」を見て、確信に変わった。
時代は我々が考えているよりももっとスピードアップしてきている。
そう感じる今日このごろです。



そして、「今日の一言」…。
「求められるのは、“競争”よりも“変化”である。
同じ土俵で競うのではなく、次々に変化し土俵を変えていくことが評価されるのである。」
(鈴木敏文)

by akindonet | 2015-10-22 18:00 | Comments(0)