商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り3名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと10日!!

リーダーシップ&店長部門のご紹介


株式会社ショッピングセンター丸正総本店
店長
鳥居 圭介 さん



発表テーマ
『競合店が2015年9月に出店!
それまでの対策をいかにするか!!』


詳しくは・・・リーダーシップ&店長部門部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


今日も朝4時起床
Blogを書いて
身じたくして…
羽田空港へ…
今日は山陰、もちろん日帰り出張です。
飛び回っていますよ… 商人伝道師(笑)

さて、3月も今日で終わり。
明日から4月ですね…
昨年の今頃は“消費税増税”で大混乱した時でしたよね
「人間は忘れることのできる」動物
1年前の“苦しみ”などすっかり忘れています。
まあ、それはそれでいいんですが…
しかし、2年後には「消費税10%」になります。
待ったなし!! です。

昨日も申し上げたのですが…
「この2年間 商品力を上げて粗利益率を上げていこうよ!!」
営業利益率3%以上を確保する企業を目指して来るべき消費税10%に備えよう!!」
その為には…
「商品力」
「商品化力」
「商品調達」
「コト力・人間力」
「新しいマーケット創造」

など、課題が山積みです。
しかし、これを一つ一つクリアーすることによって「道」は開けます。
その「道しるべ」が「第17回やる気と感動の祭典」にあります。
「第17回やる気と感動の祭典」の申込締切日まであと10日

今、ここで「安心」して学びをやめるか…
いや、「今こそ! 学んで実践するとき!!」と“発奮興起”して…
「正しい学び」をするか…
企業力が問われるとき。
ぜひ、参加してみてください。

そして、今日はお約束通り「第17回やる気と感動の祭典」にエントリーしていただいた企業様のご紹介です。

まずは、岡山の「仁科百貨店」さん
今日ご紹介するのは…
この方々です。
f0070004_15144984.jpg

まずは「鮮魚部門」
f0070004_1515118.jpg

f0070004_1515784.jpg

f0070004_15151129.jpg

「本マグロ」「こだわり明太子」「とらふぐ」など、ハレの日に徹底的に
「グルメ」にこだわった。

次に「デリカ部門」
f0070004_15153233.jpg

f0070004_15153838.jpg

岡山は“出店ラッシュ”
そんな中、「競合店対策」をしっかりと取り組んでいる。
この努力は必ず報われる。

次に「精肉部門」
f0070004_15155189.jpg

f0070004_15155648.jpg

f0070004_1516169.jpg

「第16回やる気と感動の祭典」のモデリングも忘れない。
精肉は確実に結果に結びついていますね。

さらに「加工日配部門」
f0070004_15161287.jpg

f0070004_15161733.jpg

f0070004_15162292.jpg

「ファイブウェイ・マーケティング戦略」での“アクセス”の最大化
すごく良いことを行っている。

「イオン」さん、「エブリィー」さん「ハローズ」さんなどなど…
岡山は本当に競合出店が相次いでいます。
そんな中、“生き残る”には…
「差別化」「独自化」を学ぶしかありません。
その「差別化」・「独自化」を学べるセミナーはこの「やる気と感動の祭典」しかないと言っても過言ではない。

仁科社長、今こそこの「やる気と感動の祭典」に“実行部隊”を参加させてどんどん“実践”させてみて下さい。
「実践こそ真実!!」
「やる気と感動の祭典」には必ず「仁科百貨店」さんの“独自化”“差別化“の戦略・戦術があります。
商人伝道師を信じて参加してみてください。

次に、広島の「西條商事」さん
今回ご紹介するのは「ショージ黒瀬店」さん
f0070004_15171076.jpg

この店舗も競合の厳しい状況下にあります。
f0070004_15171723.jpg

そこで取り組んだのが「ステーキまつり」
f0070004_1517243.jpg

f0070004_15173248.jpg

さらに「ワンデースペシャル」
f0070004_15174087.jpg

f0070004_15174616.jpg

f0070004_1517512.jpg

そして、「年末商戦」では…
まずは「戦略キャンパス」づくり
f0070004_1518481.jpg

f0070004_15181156.jpg

それに基づいた売場作り
f0070004_15181798.jpg

すると、競合店激化の中…
f0070004_15252357.jpg

すごく良い結果を出す。

広島は岡山同様、すごい闘いをしている県のひとつ。
王者「イズミ」さんが絶好調
チャレンジャー「エブリィー」さんも絶好調
この2社が独走状態になっている。
そんな中、“レッドオーシャン”では広島では通用しない。
いかに「独自化」「差別化」していくかが生き残りのポイントである。
その「独自化」「差別化」の方法…
それが「第17回やる気と感動の祭典」の中にある。
ぜひ参加していただき、この「独自化」「差別化」を学んで“実践”してほしいと切に願う。
必ず「生き残り」の道はある!!

本日の最後は大阪の「不二商事」さん
今日紹介するのは「水産」と「グロッサリー菓子」です。
まずは「水産部門」エントリー者は…
f0070004_15193995.jpg

「戦略キャンパス」は絶対に忘れない。この企業の偉いところ。
f0070004_15194498.jpg

この「戦略キャンパス」に基いて売場をつくるとこうなる。
f0070004_15194988.jpg

f0070004_1519538.jpg

f0070004_15195880.jpg

次に「年末商戦」
ここも「戦略キャンパス」から入る
f0070004_15201063.jpg

するとこんな売場になる
f0070004_15201631.jpg

f0070004_1520213.jpg

f0070004_1520265.jpg

f0070004_15203290.jpg

f0070004_1520375.jpg

「差別化」「独自化」を徹底している
これを徹底し「ハイパー化」すればもっと違いを出すことができる
先日の「第3回店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」でこの“ハイパー化”を学んだはずです。
あとは”実践”あるのみ
期待しています。

次に「食品・菓子」まとめて紹介します。
見事な「エンド展開」
f0070004_1520599.jpg

f0070004_1521569.jpg

f0070004_15211091.jpg

そして、「コトPOP」
f0070004_15212237.jpg

f0070004_15212751.jpg

ものすごく「センス」がある
あとは「トレンド」を磨き上げること
「トレンド」をしっかりしとつかみ、できれば「トレンド」の一歩先をどう仕掛けられるかが肝だと小生は思う。
商人伝道師はすごく期待しています。

次に「菓子部門」
「トップワールド」さんは「大人のXmas」という切り口で攻めた。
f0070004_15214339.jpg

また、今、話題の「マジカルチョコリング」も…
f0070004_15215017.jpg

f0070004_15215557.jpg

そして「第16回やる気と感動の祭典」で発表して大変なことになっている…
f0070004_1522086.jpg

f0070004_1522733.jpg

菓子は非常に「トレンド」に対する取り組みが早い
あとは「定番の全面見直し」ではないかな…
「独自化・差別化」の比率をどこまで上げるか…
「第17回やる気と感動の祭典」の店長発表にそのヒントが隠されているかも…

しかし、この「不二商事」さん。本当に良くなっている。
「学ぶ」と企業は成長するということを立証している企業
こういう企業を一社でも多くつくっていくことが商人伝道師の“使命”と感じています。
「第17回やる気と感動の祭典」も、不二商事さんにとってはものすごい“宝”が眠っています。
ぜひ、葉山社長以下、みなさんの参加を期待しているとともに「お取引き先」様も一緒に参加されてみてはいかがでしょうか。
これからは「取り組み」の時代なのだから…

以上です。
「第17回やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介も次回が最終回となりました。
今まで40社以上の企業様を紹介しています。
本当に素晴らしいエントリーで感謝しています。

「セミナー」に参加して「こんなに変わりました~」ということを報告するセミナーはありそうでないですよね。
「学んで実践する」
「実践こそ真実!!」
「学びを求めている人間に徹底的に情報提供する」
そういうセミナーに今後もしていきたい
そう強く想う今日このごろです。

そして、「今日の一言」…
「それも、いいじゃないか」は、おもしろい人生のスローガン。(メーソン・クーリー)

by akindonet | 2015-03-31 18:00 | Comments(0)

「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと13日!!

リーダーシップ&店長部門のご紹介


株式会社ショッピングセンター丸正総本店
店長
鳥居 圭介 さん



発表テーマ
『競合店が2015年9月に出店!
それまでの対策をいかにするか!!』


詳しくは・・・リーダーシップ&店長部門部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



今日は朝4時起床。
Blogを書いて…
新横浜へ…

今日は長野。もちろん日帰り。



さて、昨日はビッグニュースがありましたね。
「男子100m」で「9秒87」の大記録が出た。
「桐生祥秀」選手。

「追い風3.3m」。追い風参考になったが…
「追い風2m」以内でも100%9秒台だと思う。

「100m10秒8」で走っていた“元アスリート”が言うのですから間違いない(笑)

ちなみに、桐生選手のお父さんは「平和堂」さんの店長をされているとか…

“夢”のまた“夢”…。と思っていた「日本人の9秒台」。
生きている時に見れるかもしれない…。いや、見てみたいな…。




ちょっと道がそれてしまいました。(笑)

さて、3月もあと1日。
“地獄の1日”ですね…

昨年の“特需”がまともに押し寄せてくる。
意外とあったんですね…

グロッサリーを中心に、どの企業も売上を落としてまくっています。(笑)
4月に入って、本当に売上が回復してくるのか…

ちょっと心配しています。
お客様の“購買傾向”が変わっているような気がするからです。

「新しい価値・切り口・ニーズ」
していかないと厳しいのではないかと思っている。

「コモディティー商品」は明らかに消費力が落ちている。
その減少分を新しい価値・切り口・ニーズで補っていかねばならないのでは…

そう感じる今日この頃です。






そして、今日は「ニッチ戦略」について…


近頃、商人伝道師は「マイケル・ポーター」の“競争の戦略”をさいど学び始めている。
マイケル・ポーターが競争の基本戦略としてあげているのは3つ。

「コストリーダーシップ戦略」
「差別化戦略」
「集中(化)戦略」


一般的な「コストリーダーシップ戦略」は、
経営資源が業界で最大のリーダー企業がとれる戦略。


「差別化戦略」はリーダーの座を狙う“チャレンジ企業”の戦略。

そして、「集中(化)戦略」はニッチ企業(ニッチャー)の戦略。

と言われている。



その中で、商人伝道師が注目しているのが「ニッチ」なんです。
しかし、みなさんは「ニッチ」というとどう感じられますか…

「ニッチ=小さい売上げ」
と思っていらっしゃるんではないでしょうか。

これは大きな間違いです。



「集中(化)戦略」。いわゆる「ニッチ戦略」は…

「リーダーの地位を狙うのではなく、限られた市場において利益を上げていく」戦略


のことです。



簡単にいうと、“違い”でリーダーのパイを奪う武器(差別化戦略)とするか。
リーダーと戦わない“バリア”とするのか(集中化戦略)で
大きく戦略が変わってくるのである。



この「ニッチ戦略」で成功している企業とは…
ちょっとだけ、この企業を紹介しましょう。

まずは、圧倒的リーダーが存在する「コンビニエンスストアー」業界。

リーダーは「セブンイレブン」。
チャレンジャーは「ローソン」・「ファミリーマート」。

そして…
「ニッチャー」は…

「セイコーマート」

f0070004_11194276.jpg



このセイコーマートの戦略は「空間ニッチ戦略」という。
セイコーマートは北海道に特化したコンビニ。

北海道におけるセイコーマートの人口カバー率は脅威の99.5%
道内シェアーは、あの「セブンイレブン」を抑えて「36.3%」


このセイコーマートの“尖り”や“違い”は何かを調べてみると…

①他のコンビニと違い直営店が多い。(約7割が直営)
そのため、「ホットシェフ」などの手間のかかるサービスで“尖り”になれる。
フランチャイズだと「オーナー」からの反発が多い。


②24時間営業を基本としない。
そのため収益性が高い。


③自社ブランドの自社食品工場を持ち、制販一体体制。
“商品”で圧倒的な“差別化”ができている。


④店内で調理する「ホットシェフ」の強みを持っている
上記で示したが、オーダーを受けてから作るカツ丼や豚丼を行っているため、
“町の食堂”の役割をしている。
いわゆる“サービス”や“アクセス”での圧倒的な“尖り”を持っている。



しかし、「成長戦略」という点からいくと、北海道の面積が倍にならない限り、
セイコーマートの売上は伸び続けることは難しい。」
そこで、海外から直輸入したワインなどを北海道以外の小売店に直販したりする
“業拡”を行っている。

北海道に軸足をおきながら、見えないところでエリア外へ外販の強化している。



そして、この「ニッチ戦略」で最も有名になった企業がアメリカにある。

「サウスウエスト航空」

f0070004_11212815.jpg



アメリカの“元祖LCC”といわれている企業。
サウスウエスト航空は、当初「ダラス~ヒューストン~サンアントニオ」間しか
行っていなかった。

その後も少しづつ、少しづつ路線を拡大していった。



多くの都市から、“サービス”で圧倒的な尖りを出し、
搭乗手続きが簡単で待ち時間が少ない“アクセス”での差別化をし、
さらに、“経験価値”で尖りを出した

サウスウエスト航空に就航の依頼が殺到した。



しかし、それをほとんど断り続けていた。
理由は…

「やみくもに依頼を受けると自社でコントロールできなくなる」から。

そして、この企業のすごいところ。

「市場(マーケット)をコントロールできない」
と考えたから…


市場の成長を加速化すると、大手航空会社が参入してくる。
そうなると、「ニッチ市場」でなくなり、「リーダー」に君臨できなくなるから…。


そこで、あえて市場成長を“スローペース”化し、
大手に対しLCCの市場成長率を低く見せる戦略をとった。

これが“大成功”し、今のアメリカの「LCC」では圧倒的なリーダーに君臨している。



いかがでしたか…

「ニッチ」
というと、小さいと思われるでしょ。

「ニッチ=小さい売上げ」
ではない。

「第17回やる気と感動の祭典」で発表する100店舗近く出店している
鹿児島の「タイヨー」さんも、地元企業さん相手だと「リーダー」。
「コスト・リーダーシップ戦略」で攻めるべき。
しかし、全国をマーケットにしてる企業との戦いだと、「ニッチ戦略」で戦略・戦術・戦闘を考えて成長するしかない。

「セイコーマート」と同じ、「空間ニッチ」戦略でいくしかない



日本は今後、「人口減」・「世帯減」・「労働人口減」・「高齢化」で
市場規模がどんどん減少していく。

その中で、まだまだビジネスチャンスはあると商人伝道師は考えています。

それが…

「ニッチ戦略」
です。

「集中化戦略」
です。

「技術ニッチ」・「チャネルニッチ」・「特殊ニーズ・ニッチ」・
「空間ニッチ」・「時間ニッチ」・「ボリュームニッチ」などなど…


いろんな「ニッチ」戦略があります。


スーパーマーケットで言ったら、「健康」というニッチマーケットを狙うというのも
これからの「成長戦略」の一つです。

もう少し、勉強してみます。

「イチゴはこうやって売れ!!」
「丸魚マーチャンダイジングはこうだ!!」
「健康デリカって、こんなことだよ!!」

という、“職人肌”のコンサルタントと思われがちですが…
ちゃんと、どの流通コンサルタントやジャーナリストよりも、
「戦略論」を学んでいる商人伝道師です。

と、自惚れている商人伝道師です…(笑)




そして、「今日の一言」


「『値段で勝負』は 最終手段」

メーカーズシャツ鎌倉 会長 貞末 良雄氏

by akindonet | 2015-03-30 18:00 | Comments(0)

「心のオアシス」


「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと14日!!

商品調達部門のご紹介


株式会社東武
サウスヒルズ店 次長
室井 勝則 さん

イーストモール店 青果バイヤー
松浦 泰弘 さん

サウスヒルズ店 鮮魚アシスタントマネージャー
太田 有亮 さん


発表テーマ
『商品調達こそが商品力での“尖り”につながる』

詳しくは・・・商品調達部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



今日は朝6時起床。
桜が開花した中を愛犬「サクラ」とジョギング。

f0070004_1428841.jpg

f0070004_14282146.jpg



その後、Blogを書いて…
身支度して…
オフィスへ…

流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の撮影。
夕方3時すぎまで…

f0070004_14283025.jpg


その後、ちょっと「店舗視察」して、帰宅。



ちなみに、このBlogは、「エキサイトブログ」に入っています。
この「エキサイトブログ」に登録されているのは、21万4千人。

その中で、この「商人伝道師一日一言」は…

21万4千人中、100位台に常にランクインしています。
最高が90位台。最下位が200位前後。


「社長・経営者」クラスでは常に1~2位。
「経営・ビジネス」でも常に1位~2位。
です。

こんな拙い内容でも読んでいただいている。

みなさんの「お陰」と本当に感謝しています。
これからも、よろしくお願いします。



そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日ですよね。

今日は、
「トヨタが「現場」でずっとくり返してきた言葉」
という本から2つ紹介させて頂きます。

「風土となるまで習慣となるまでやり続ける」
ある食品メーカーが、トヨタ式をベースとする生産改革を
進めているときに、プロジェクトメンバーが
古い書類の中から面白いものを発見した。
10年以上も前のものだが、
同社がトヨタ式の導入を勧めた際の詳細な記録だった。
メンバーのほとんどは、トヨタ式に初めて挑戦すると考えていたが。
実際には、10年以上前に1度導入を試み、それなりの成果を上げたものの、
そこで活動を休止してそのままになったというわけだ。
役員の1人がこんな感想を口にした。

「うちの会社はいいと思ったことをすぐに取り入れるのですが、
ある程度まで行くとまた別の良いものに飛びついて
続けるということしません。
新し物好きですが長続きしないのが欠点です。」

トヨタという会社の特徴の1つは、
「いいと思ったらやり続ける」ことである。
フォードに学んだ提案制度や創意くふう運動は改善を重ねながら、
60年以上にわたって続けている。
改善活動で大切なのは「風土や習慣になるまでやり続ける」ことだ。
改善を続けていれば、変えることが当たり前になり、日常になる。
やめてしまえばあっという間に元に戻る。
改善に限らず、「いい」と思ったら風土や習慣になるまでやり続ける。
その積み重ねが、やがて大きな変化をもたらすことになる。


「前行程は神様、後工程はお客さま」
トヨタ式が目指すのは「一気通貫」のモノづくりだ。
そのためには、各工程は、自工程のことだけでなく、
前後の行程のことも考えながら仕事を進めることが必要になる。
トヨタ式において、自分たちにできないことをやってくれる
前行程はありがたい「神様」であり、
自分達が作ったモノを受け取ってくれる後工程は「お客さま」となる。
だからこそ「お客さま」である後工程に不良品を送ることは絶対に許されないし、
「お客様のために」常により良い改善を心がける必要がある。

ある企業が部品物流の仕事に「後工程はお客様」を持ち込んだ。
部品を揃えて組み立てラインに届ける際に、部品にシールやスポンジを貼り付けるといった
工具や治具を使用しない簡単なサブ組立て行ったらどうかと考えた。
最初は「なぜ、そんな余計な仕事をしなければならないのか」という抵抗もあった。
しかし、やり続けていくうちに自分たちがこうした工夫をすればするだけ
組立ての生産性が向上するとわかり、組み立てと話し合うことで、さらなる改善と進んだ。
改善の基本は、「お客様のために何ができるか」を考えることである。
「お客様のために」を意識することで、仕事の質は上がり
改善は楽しいものになっていく。



いかがだったでしょうか。
今日の「心のオアシス」。

仕事ってただ行うだけでなく、
考えながらするということが大事ですよね。
そういう風に考えながら仕事をすると
どんどん仕事の精度が上がってきます。

さらに、相手を考えて仕事をすると
相手も考えてくれるようになるとおもいませんか?

相手の仕事のやりやすさは自分の仕事のしやすさにも
つながると小生はおもいますが…

みなさんはいかがでしょうか…

さあ、「やる気と感動の祭典」のある4月ですね。
早いもので、「第17回やる気と感動の祭典」まで、あと23日。

発表者も…
ボランティアも…
商人ねっとのアソシエイトも…

ラストスパートの時となりました。

みなさん、超~~期待しておいて下さい。


そして、「今日の一言」
「感情を言語化すれば前に進める」
リブセンス 社長 村上 太一氏

by akindonet | 2015-03-29 18:00 | Comments(0)

「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと15日!!

商品調達部門のご紹介


株式会社東武
サウスヒルズ店 次長
室井 勝則 さん

イーストモール店 青果バイヤー
松浦 泰弘 さん

サウスヒルズ店 鮮魚アシスタントマネージャー
太田 有亮 さん


発表テーマ
『商品調達こそが商品力での“尖り”につながる』

詳しくは・・・商品調達部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。





今日は、朝6時30分起床、
昨夜は「歓迎会」でちょっと飲みすぎました。
午前中は、山梨の「いちやまマート」の三科社長より“新築祝い”で「水素水」をいただいたので、
その工事の立ち合い。
f0070004_14181566.jpg

f0070004_14181833.jpg

三科社長、本当にありがとうございます。
「水素水」飲んで、元気で今後も頑張ります。



その後、午後からは「店舗視察」。
自分の勉強のため…
アウトプットばかりしてたらダメなので…
インプットもしてきます。
なんか「仕事」ばかりしてますよね…(笑)
まあ、楽しいからいいですけど…



さて、「第17回 やる気と感動の祭典」参加申し込み締め切り日まで、あと15日となりました。
まだまだ日にちがありますので、慌てられることはないですが…
本当に今回もすごい内容となりました。


“今”何を学ばなければいけないのか…
を考えて、発表者を選出していますし…
発表内容も考えています。
今回のテーマは…
「即効性」「結果にこだわる」
です。

すぐに実践できること。
結果が飛躍的に変わること。


を重点的に学べるようにしています。
ぜひ、参加してみてください。



そして、今日はお約束通り「第17回 やる気と感動の祭典」のエントリー企業のご紹介です。

まず、トップバッターは…
石川県の「山成商事(どんたく)」さんです。
今回は、“発表の座”を狙ってほしい…という願いを込めて…
「鮮魚部門」のエントリーを紹介します。
f0070004_14185618.png

f0070004_14185986.png

この企業の偉いところは、このように「会議」を通して、「情報の共有化」「改善」を徹底的に行っていること。


まずは、「Xmas」の取り組み。
f0070004_14202537.png


商品化としては、こんな商品に取り組みました。
f0070004_14202729.png

f0070004_14203078.png


また、「時短商品」として…
f0070004_14203389.png

f0070004_14203632.png

すごいでしょ。
なんか「GW」や「母の日」にモデリングしてみたい商品化ですよね。

さらに、「切り身」。
f0070004_14221589.png

ちょっとこの商品化、
「父の日」で活用できると思いませんか…みなさん!!
「Xmas商戦」のほんの一部なんですがq、これだけでもすごいですよね・


「年末商戦」も…
f0070004_14221777.png

f0070004_14222042.png

f0070004_14222230.png

「独自化」商品をどんどん仕掛けてきています。
なんか、すごく“勉強”になりますよね…鮮魚担当者の方々…


すると、こんな「独自化」の仕掛けをするので、結果が大きく変わるんですよ。
f0070004_14222456.png



ぜひ、次回の「やる気と感動の祭典」の発表者を“本気”で狙ってほしい。
実績も出てきました。
あとは…
「本気さ!!」だと思う。
今回もたくさん参加していただけます。
できれば、「お取り引き」様もご一緒に参加いただき、
“本気”でこの「やる気と感動の祭典」の発表者を“共同取り組み”で狙ってもらいたい。
そう願っています。
山口社長、よろしくお願いします。



続いて、愛知県の「山彦」さん。
あの「ガイアの夜明け」でいちやまマートさんよりも長く特集された企業。(笑)

まずは、特集された「惣菜」部門。
f0070004_14473289.png

「ターキーレッグ」「容器MD」「バレルチキン」「パエリア」など…
“ニューへの挑戦”を積極的に行っている。
すると、結果は変わるんですね…
「2ケタアップ」
です。

そして、「経験価値」への挑戦。
f0070004_14585838.png

「客数前回比142%」
こういうイベントも大切ですよね。

さらに、「チキンの店頭焼き」
f0070004_1523827.png

f0070004_1524025.png

「店頭ライブ」
「土用の丑の日」でうなぎを焼いているのに、
Xmasで“チキン”をなぜ焼かないのか…
「スーパーマーケット実践会」で学んだことを実践しています。


この「山彦」さん、すこ~しずつですが…
進化してきています。
「学ぶ」ことをやめなければ、必ずもっともっと成長すると思います。
「第17回 やる気と感動の祭典」も、数多くの社員様と一緒に参加してほしいと心から願っています。



そして、今日の最後は…
三重県の「主婦の店 尾鷲」さん。

まずは、エントリーの数をご覧ください。
f0070004_15555441.png

この中から、いくつかご紹介します。

まずは、「青果」部門。
f0070004_15572952.png

f0070004_15573211.png

なんと、年末に「干し芋」。
「人の行く裏に道あり、宝の山」
とは言うが、意外な商品を仕掛けてきましたね…(笑)
よいことです。

次に、「水産」部門
f0070004_161140.png

f0070004_161692.png

今話題の「伊勢マグロ」を仕掛けてきた。
ちょっと高額だが、よいチャレンジだと思いますよー。

次に、「精肉」部門
f0070004_16132974.png

f0070004_16133212.png

f0070004_16133468.png

なんと、「前年比115.2%」。
立派です。


この企業も本当に勉強している。
この企業に「商品力」がついたら、飛躍的に売り上げが伸びるだろうなー。
そういう点から行くと、「第17回 やる気と感動の祭典」は「主婦の店尾鷲」さんにはぴったり。
物流のない「東武」さんの発表は、「主婦の店尾鷲」さんにはものすごく参考になると思う。
ぜひ、第17回 やる気と感動の祭典、参加してみてください。お待ちしてます。



いかがだったでしょうか…。
今日のエントリー企業の紹介。
こういうように、本当に「学んで、実践する!!」ことを繰り返していけば、
知らず知らずのうちに成長していくのです。
一つ一つの成長は微々たるものかもしれません。
しかし、積み重なると、大きなものになる。

「積小為大」

「小を積みて、大を為す」
です。

今回のエントリーを拝見しながら、そう感じた。




そして、「今日の一言」
「あきらめない力と忍耐力があれば、どんな困難も打ち破り、
 どんな障害物も消し去るほどの魔法のような力が湧いてくる。」
ジョン・クインシー・アダムス

by akindonet | 2015-03-28 18:00 | Comments(0)

「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと16日!!

商品調達部門のご紹介


株式会社東武
サウスヒルズ店 次長
室井 勝則 さん

イーストモール店 青果バイヤー
松浦 泰弘 さん

サウスヒルズ店 鮮魚アシスタントマネージャー
太田 有亮 さん


発表テーマ
『商品調達こそが商品力での“尖り”につながる』

詳しくは・・・商品調達部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。




今日は朝4時に起床。
Blogを書いて・・・「商売繁盛虎の巻」の原稿を書いて・・・
身支度して・・・東京、神田へ・・・
「第二期スーパーマーケット実践会in東京」セミナー。
今日は「日配品(デイリー)」・「グロッサリー」・「デリカ」の3部門。
すごい参加者の数。
f0070004_172354100.jpg

f0070004_1724148.jpg

「100名収容」の会場がギッシリです。
嬉しい限りです。

ですから、商人伝道師も気合い十分。
予定時間を超えて・・・超えて・・・超えまくって話しまくります。
一社でも多く「収益性」の高い企業が誕生することを願って・・・。
コンサルタントは「結果」が全てなので・・・。

さて、「お知らせ」です。
来る4月8日。東京、大田区の「東京流通センター」で
「リスパック勉強会in関東」
が開催されます。
「オープンセミナー」では、この春最後のセミナーとなります。
「賢消費時代に生き抜くスーパーマーケットの戦略・戦術とは」というタイトルで話します。
お聴きになりたい方は、「リスパック」さんの発表から参加して下さい。
リスパックさんの発表からお聴きになられると、「一本の筋」が通ってくるからです。
みなさんの参加を心よりお待ちしております。
f0070004_1735774.jpg

f0070004_173552.jpg

リスパック勉強会サイトはこちら



そして、今日は「商品と売り方と売る人」について・・・。

近頃、小生が思うことがある。
それは「どんなに良い商品でも売り方や売る人の基準が上がってないと売れないなー」ということ。

「そんなこと当たり前じゃないか!今更何言ってんだー」
とお叱りを受けそうですが・・・。
でも、近頃すごく感じているんです。

というのもね・・・。
お客様は近頃「買う楽しさ」を買っているのではないかと・・・。

「買い物」を楽しめる店を選び始めているな―と。
例えば、デンマークからやってきた「コペンハーゲンフライングタイガー」
f0070004_17391836.jpg

f0070004_1739116.jpg

ダイソーさんなどど違い、とにかく“オシャレ!”、“カラフル”。
ですから、女性の方々は買い物を楽しんでいる。

また、あまり売り込みたくないけど・・・(笑)
利益がないから・・・(笑)
カルビーの「じゃがりこ」。
「バーコードデザイン」にこだわっている。
f0070004_17402761.png

f0070004_17401189.jpg

バーコードをテーブル代わりに食事したり、自動車代わりに運転したりしているバーコードデザインにしている。
販売側は全く儲からないが“高収益”のカルビーさんのアイデアはすごい(笑)

そういうことを考えると、「無機質」な売場や店はお客様がどんどん離れていくのではないかと考える。

かといって、一時期のように、店に絵を書いたりという時代は終わった。
やはり「商品」

昨日もヤマダストアーの山田専務が言っていた・・・
「TVで紹介された商品はヤマダに行けばある・・・」という神話みたいなものがあると・・・。
お店に行って・・・売り場に行って・・・
「えっ?!何これ!!」とか・・・
「こんなものもある!!」とか・・・

こういう発見や楽しさが求められてくると思っている。
「モノ余り」の時代。
「買う楽しさ」がないと徹底的に“安さ”を求められる時代が来ている。

実は、紹介したかったのだが、控えていた商品があります。
それは・・・
「菊水堂のポテトチップス」
昨秋の「第16回やる気と感動の祭典」で「ローヤルよつや」さんがメーカーとの「お取組み」関係で発表した商品。

f0070004_174984.jpg

f0070004_17491690.jpg

f0070004_17492067.jpg




この商品、なんとTVで紹介されてから“大ブレイク”。

なんと、インターネットで「1袋700円~800円」で取引きされているという。
先ほど紹介した「ヤマダストアー」で買って、「700~800円でインターネットで販売」して、
儲けているやからがいるらしい。
困ったもんだがこういう時代なのである。
今回の「第17回やる気と感動の祭典」でも、このような後に大ブレイクする・・・
商品が紹介されるかもしれませんよ・・・。

ですから、この菊水堂のポテトチップスは、「売れているよー」とこのBlogでは紹介できませんでした。
売れてても、取り引きできないので・・・。

そしてもう一つ。
これからの時代、
「お客様は“買いたい”ものを買うのではなく、“買いたい人”から買う」
時代になってきているように感じる。
ですから、「ヒト販売」や「コト販売」ってすごく大事になってくる。
特に「コト」はこれから「担当者」や「バイヤー」などの“ヒト”を見せていくような
POPに変えていかなければならないと感じている。
特に、この点からいくと、これからは「女子力」って大切になってくる。
ですから、今回の「やる気と感動の祭典」は「女子力甲子園」なる企画を行う。
まさしく・・・
「お客様は“買いたい”ものを買うのではなく、“買いたい人”から買う」
ということがこの発表でわかる。

「モノ」から「ヒト」に購買動機が変わってくるということは・・・
「働いている方々に力を発揮してもらう仕組み」づくりが大事になってくるということですよね。
実は、商人伝道師もこの点について勉強しているんです。
その仕組みづくりの中で、3つのポイントがあることを学びました。
「Appreciation(感謝)」
「Recognition(表彰)」
「Conpensiation(報酬)」

これをセットとして、「仕組み化」していくと良いらしいんです。
日頃から仕事に励んでいることに対して謝意を示す(感謝)
結果を出した人は大勢の前で表彰し、その労に報いる(表彰)
学業実績をベースにした評価基準に従って報酬に差をつける(報酬)

ということ。

こういうことを「仕組み化」して、「ヒトの基準」を上げていく。
そうしていくと、もっともっとお客様から支持されるということです。

現場を歩いていると、本当に感じるんです。
「買い方が変わったなー」と。
だから、「コモディティー商品」だけを売ってたんじゃダメなんですよ。
ただ、「モノを並べている」だけではダメなんですよ。

そこに「楽しさ」を求められている。
そこに「コミュニケーション」を求められている。
そこに「新しさ、オシャレ」を求められている。

のです。

そこに早く気づき、動いた企業がお客様の圧倒的な支持を得られる。
「お客様はお金を使わなくなったのではない。
 賢くお金を使いたいだけだ!!」

商人伝道師が、ことあるごとに皆さんに申し上げていること。
そうだと思いませんか・・・・・。
「賢い買い物にシフトしているお客様。
それなら販売側も賢い販売にシフトしていかねばならないのでないか。」

近頃、感じることです。

そして「今日の一言」・・・
「最も強いものが生き残るのではなく、
 最も賢い者が生き延びるわけでもない。
 唯一生き残る者は変化できるものである」(C.ダーウィン)
by akindonet | 2015-03-27 18:00 | Comments(0)

「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと17日!!

尖り戦略&精肉部門のご紹介


株式会社タイヨー
サンキュー新栄店 精肉部門 係長 松原和博 氏


発表テーマ
『日本一肉にこだわる企業の日本一の戦略、取り組み』

詳しくは・・・尖り戦略&精肉部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。




今日は朝4時起床。
「スーパーマーケット実践会in東京」の講演内容チェック…
「商売繁盛虎の巻」の原稿を書き…
その後、身支度し、朝6時前には新横浜駅へ…
移動中は、Blogを書いたり…
仕事をしてて…
もちろん、一睡もしません。
今日は、兵庫県姫路に日帰り出張。



ちなみに、よく言われることがある。
「いろんなところでおいしいもの食べられるでしょ…」とか・・・。

たしかに、ほかのコンサルタントの先生やジャーナリストの方々のFacebookやBlogなどを拝見すると…
クライアント様と“豪勢”なお食事をされているシーンがアップされている。

しかし、商人伝道師は基本的にほとんどなし。
新幹線や空港のラウンジで、ビール片手に乾きものです。(笑)
まあ、小生には一番合っていると思う。
一人ぐらい、コンサルティングやその他の仕事で「一日16時間~18時間」働く人間がいてもいいでしょ。(笑)



さて、「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察ツアー」。
「残り4名」となってから、まったく申し込みが来なくなったんですね…。
まあ、定員にならなくてもいいんですが…

ただ一つだけ商人伝道師からお願いを。
「バイヤーや店長、もしくは将来期待している社員さん」
には、ぜひ“早いうちに”アメリカのスーパーマーケットを体感させてみてください。
「若い時にアメリカのスーパーマーケットを体感する」のとそうでないのではまったく違います。
極端に言いますと、
「会社の未来が違います」

「アメリカを見たからといって大きくなるわけではない。
しかし、アメリカを見ずして大きくなった企業は一社もなし」

これは、昔の著名なコンサルタントの先生が言われていたこと。

そうかもしれないなーと感じる。
そして、もしもご検討いただいているのであれば、ぜひ「商人伝道師&稔子ウィルソン女史」のアメリカ視察セミナーへ参加してみてください。

必ず、「大きな収穫」をもって帰国させますので…
お申込み、お待ちしております。

お申し込みはこちらから



そして、今日は木曜日。
お約束通り、「第17回 やる気と感動の祭典」のエントリー企業様の紹介です。


まずは、青森の「紅屋商事」さん。

今回は、なんと「レジ部門」のエントリーを紹介します。
紅屋商事さんといえば「店舗」だと思うのですが、意外性を狙って…
f0070004_14582452.png


まずは、「レジチェッカー」さんの年末商戦の“最大戦力化”になる「リーフレット」置き場の検討
f0070004_14592353.png

f0070004_14592636.png

f0070004_151297.png

f0070004_1513321.png

すごいと思う。
いろんなスーパーマーケットを見ているが、こんなに“見える化”できている企業も少ない。
こういうことって大切ですよね、


次に取り組んだのが、「レジシフトの改善」
f0070004_153183.png

まずは「仮説」

そして、「改善」
f0070004_1532811.png

f0070004_1533156.png

f0070004_1533499.png

f0070004_1533742.png

必要台数29台
おそるべし!!台数…
このレジ台数を稼働させるわけですから、シフトも大変です。

そして、「検証」。
f0070004_1592275.png

「前年比21%」の削減に成功。
見事です!

さらに、「宅急便コーナー」の改善
f0070004_15102114.png

f0070004_15104195.png


すると、こんな感じで改善していきました。
f0070004_1511586.png

f0070004_1512117.png


結果は…
f0070004_1512353.png


素晴らしいですね。
この企業の「年末商戦」の売上高は“脅威”である。
よって、レジチェッカーさんも大変。それを「改善」しようとされる。
すごく評価できます。本当に素晴らしいエントリーでした。



快進撃を続けている「紅屋商事」さん。
他の企業同様、“商品力”でもう一つ「ステージ」を上げていかなければならないように感じる。

「もう一つ上のステージ」
「他社が手の届かないステージ」

への“商品力”への挑戦。

それが、「第17回 やる気と感動の祭典」にあります。
秦社長、竹谷マネジャー。
秦社長はじめ「バイヤー」「店長」など全員で“情報の共有化”されてみてはいかがですか…
今大事なことは、「大きなメガトレンド」の“情報の共有化”だと思う。
「お取り引き」業者様とともに数多くのご参加、心より期待しています。



次に、千葉の「高橋商店」さん。

今回、ご紹介するのは、「生鮮部門」のエントリー。

まずは、「青果」部門。
f0070004_1539377.png

f0070004_15393928.png

f0070004_15394059.png

f0070004_15394297.png

すごく成長してきていると感じます。

さらに、「第16回やる気と感動の祭典」のモデリング。
f0070004_15394657.png

「地元和菓子屋」さんとの“お取り組み”商品。
こういう取り組みいいですね。


次に、「鮮魚」部門。
f0070004_155458.png

f0070004_1554719.png

f0070004_15541043.png

ちょっと「進化」がとまっている。
ただ今、学んでいる企業は“絶好調”なだけに、進化していかねば…
ヒントは、「第17回 やる気と感動の祭典」にあり。


そして、「精肉」部門
f0070004_15594234.png

f0070004_15594518.png

「時短」というメガトレンドを抑えている。
さらに、「500円均一」で単価アップをしかけている。
f0070004_161255.png

こういう「独自化」展開こそ、「T-マート」の真骨頂。


この企業、千葉で最も「スペシャリティストアー」に近い企業だと思っているんです。
しかし、取り組みが甘い。

「いいもの持っているけど、殻を破り切れない!!」

「第17回 やる気と感動の祭典」は、高橋商店さんのためにあるようなもの。
すべてモデリングできる。ぜひ、高橋社長、“本気”で参加させてみてください。
地元、千葉開催ですので…。



そして、最後は愛知県の「山信商店」さん。

もちろん、エントリー者は、自称“世界のホンダ”こと「本田満」さん。
f0070004_16322716.png

f0070004_16322998.png


どのように取り組んだのでしょうか。
f0070004_16325792.png

f0070004_1633086.png

f0070004_1633377.png

f0070004_1633546.png

f0070004_1633835.png

本当にいろいろと「実践」する。
「実践こそ真実」である。

さらに、「計画づくり」の進化。
f0070004_16342054.png

f0070004_16342265.png

店で発注せず、「発注会議」の開催。
これだけでも「売上・利益」が違う。

すると、こんな「仕掛け」になる。
f0070004_16353354.png

f0070004_16353576.png

f0070004_16353844.png

f0070004_16354167.png

f0070004_16354396.png


すると、必然と「結果」は変わる。
f0070004_16362846.png

「まだまだ…」ですけど…


でも、この企業の評価できること。
それは、「学ぶ姿勢」

「変化」は少しずつ。
自転車の運転と同じ…
最初の漕ぎ初めのときは、パワーもいるし、ゆっくりとしか進まない。
だからといって、そこでやめたら“TheEnd”。

そこを我慢して、こぎ続けるとスムーズにスピードに乗って進む。
ここが我慢のしどころ。

「継続こそ力なり!!」

「第17回 やる気と感動の祭典」。
「お取引企業様」を含めての“やまのぶ軍団”の多くの顔を見たい。
“商人伝道師の願い”でもあります。
期待してます。




今日のエントリー紹介、いかがだったでしょうか…
毎回申し上げますが、このエントリー紹介だけでも「学び」になりますよね。

昨日のBlogでも書きましたが…
今までのスーパーマーケットよ…。
「GoodBye, Super Market」

という日も近いと小生は思っている。
「新しい時代が到来してきている。



「今起きている未来」

これを学んだ企業こそがこれからの時代をリードしていくと信じている。

「学んで実践!!」するか…
「過去の経験にしがみつく」か…


選択するのは、みなさんです…




そして、「今日の一言」…
「必要なのは知識ではなく、思いやりである 」
(チャールズ・チャプリン)

by akindonet | 2015-03-26 18:00 | Comments(0)

Good bye Super Market


「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと18日!!

尖り戦略&精肉部門のご紹介


株式会社タイヨー
サンキュー新栄店 精肉部門 係長 松原和博 氏


発表テーマ
『日本一肉にこだわる企業の日本一の戦略、取り組み』

詳しくは・・・尖り戦略&精肉部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



今日は朝5時起床。
Blogを書いて…。
サクラと軽くジョギングして…。
身支度して…仕事へ…。

今日は関東勉強会。
朝9時から夕方18時までみっちり勉強会です。
この「勉強会」メンバーから数多くの
「やる気と感動の祭典」の発表者を輩出しています。
「学んで実践すれば必ず結果が変わってくる」
ことを教えてくれる。
さあ、今日もじっくり学んでもらいましょう。



さて、「第17回やる気と感動の祭典」の参加は
御検討頂いていますでしょうか。
「やる感史上最強のセミナー内容」
になりそうです。
今回は「チラシ販促」の発表もあります。
なんと「商品調達」もあります。
そして、なんといっても「女子力甲子園」を初めて開催します。
第17回目にして“初”の部門発表が目白押しです。
その他にもいっぱい“学んで実践!!”すれば
結果が大きく変わる発表ばかりです。

「お取引き」様にもお声がけされて
ぜひ、一緒に参加されてみてはいかがでしょうか。
「お取引き」から「お取り組み」への進化。
これに気づかれて、行動された企業様が一歩先を行くことができる。
時代は大きく変わろうとしています。
その“時代の変わり目”に“時代を先取り”したセミナーにぜひご参加下さい。
お申し込みはこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/




そして、今日は
「Good bye Super Market」について…。

ちょっと過激なタイトルですよね…(笑)
実は、本当にそう思っているんです。小生は…。
「今までのスーパーマーケットの考え方は通用しないな―」と。

その一部を今日はお伝えします。

先日お伺いした企業にも申し上げたのですが…。

「圏央道が海老名まで開通しましたよね
ということは横浜から山梨まで約1時間30分ぐらいでいけるの。
わかる…??言っている意味…。
もう大田市場からの仕入れの比率を下げて
山梨からの産直比率を増やしたりしなければいけないということ。
2~3年前までは、約3時間以上かかってたから、市場という中継所を
つくらなければならなかったんだよ。わかる」


道路や物流のインフラが「仕入れ」から「調達」にかえてきているのです。
でも誰も気づかない。
先日の「第3回 店舗視察セミナー&鮮魚部門最強セミナー」でも…

「中央市場からの仕入れ比率を下げなさい。
同じ商品を!同じような場所から!同じように仕入れて!
儲かるはずがないでしょ」


と声高に言いました。
これからは「調達」の時代なの…。
今までの「仕入れ」オンリーのスーパーマーケットよ!!
グッバイ…。


例えば「品揃え」においても…。
お客様の大きな変化が生まれてきた…。
「2015年」。
日本人の中で最も人口の多い、いわゆる「団塊世代」が
“65歳前後”の年齢になった。
すると、いっきに「健康」をキーワードにした商品が大ブレイク。
「えごま油」「アマニ油」などの“オメガ3”商品。

そして、これから大ブレイクするのでは…と思っているのが…
「チアシード」。
f0070004_123196.jpg

f0070004_1233388.jpg


マヤ、アステカなどの先住民族が常食していた食材
チアの種。
これを山積みしていたのは3社のみ。
「文化堂」「ヤマダストアー」「キョーエイ」。
いずれの企業も昨秋の「第12回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
に参加し、「ホールフーズマーケット」本店での
マネージャーのインタビューを聞いているから仕掛ける。
f0070004_1272572.jpg


その時に「ホールフーズでは“種”が売れています」の話し。
これを聞き逃さなかった。
「特に、チアシードが爆発的に売れている」
それから「チアシード」を探して売場展開。
もう「アマニ油」や「エゴマ油」の域を超えている。
その他にも「ココナッツオイル」「ビタプラス」「ライスミルク」
などなど…。

いったいどれぐらい「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」で
他社の3歩ぐらい先の商品を見つけて先掛けしたことかわからない。

そして、これから…
「健効」
というキーワードで“品揃え”を大幅にシフトしていく。

「コモディティー商品中心の品揃えよ!さようなら…」
「コモディティー商品中心のスーパーマーケットよ!グッバイ…」


キョーエイの 埴渕社長に昨日言われた。
「健康に一気にカジをきりましたね。」
そこで一言。
「ハイ。潮目が変わりましたから。ここは一気に変えます」


例えば「採用」においても…。
「パート比率80%」
これこそがスーパーマーケットの収益の基準であるといわれてきた。
しかし、今は全くその「パート社員」が集まらない。
「労働人口の激減」
スーパーマーケットも今後「定年退職者」が続出してくる。
伝統のあるスーパーマーケットほど…。
しかし、「パート社員」や「新入社員」がその退職者の数を穴埋めできない。
「採用戦略」が「経営戦略」の柱になってくる。
“金の卵である高校生の採用”をどのようにするのか…。
“パート社員は今働いている方からの紹介、
紹介した方には紹介料を支払う”というようなヤオコーさんのような
“仕組み”づくり…。

また、「店長任せ」のパート社員採用の仕組み大幅変更…。

など、根本から見直さないと「労務倒産」になりかねない。
「パート比率80%」の概念さえもくずさなければいけないのではないか…
“グッバイ―パート比率80%”
いや、「取り引き」から「取り組み」という考え方だと
“派遣会社”の活用も変わってくるのではないか…。
そして、今秋の「やる気と感動の祭典」では
「AMS(アクティブ・マーケティング・システム)」さんなどに
発表してもらおうかと考えている
「取り組みによっての人財確保」である。



例えば「取り引き」関係…。

取り引きメーカーや問屋さんと「高い!安くせよ!」という商談や…
「他で売れているものない!教えてよ!!」という面談や…
「チームマーチャンダイジング」のような“売れ筋分析”から…

「こういう商品を品揃えしようと考えているけど一緒につくらない…」
「こういうカテゴリーを新たに作りたいんだけど、当社は
添加物なしの商品を売りたいんだけど、人口から天然に変えてくれない…」


というように、販売側の「考え方」を伝えて、一緒になって
商品開発や開拓から考えていく「取り組み」に
シフトしていく時代になってきた。
これを徹底的に行なっているのが…
「セブン-イレブン」
スーパーマーケットも「セブン-イレブン」の「取り組み」をモデリングする時代がきた。
今までのような「リベート」ありきの「取り引き」からの転換が迫られている。
「グッバイ―。リベートオンリーの取り引き」



「Good bye Super Market」
過激な言い方だけど、商人伝道師は上記のように思っているのです。

みんな、うすうす分かっているんです。
しかし「変える」のがこわい。一番最初にやりたくない。
この業界の悪い癖…
だから…
「どこか、それで上手くやっている企業さんありますか…
見学させて下さい…」
必ずそんな話になる。
“先頭集団の後ろにつく”スタイル


だから、今回の「第17回やる気と感動の祭典」では上記のようなことを
どんどん提案していきます。
「人口減・世帯数減・超高齢化時代」。
その中で、まだコモディティー商品中心の品揃えしている
「2025年問題」
「団塊世代」が75歳前後になる。
あと10年。
今の品揃えで…。
今のリベ―ト中心の“取り引き関係”で
いいのかな…みなさん!!
大手企業を拝見させていただいても、
なんか「珍しい商品」。見かけないメーカー商品。
いわゆる「こだわり??」商品を
数多く品揃えしていることで満足されている。
「この商品ってどういうコンセプト(考え方)で品揃えしてるの―」
と思うことが多々ある。
最初は目新しいから購入されるけど、それ以降のリピートないよね。

「コンビニエンスストアー」と「ドラッグストアー」と
「ディスカウントストアー」と「スペシャリティーストアー」しか
生き残れないんじゃないかな―


「伝統的スーパーマーケット」。
「高質スーパーマーケット」(商人伝道師がおしすすめたのに…泣)

の終焉が始まっているのかもしれない。
自ら「高質スーパーマーケット」を
提唱しながらこんなことを言っていいのか…
といわれそうだが…

「時代とともにカジをきっていく」。

「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、 変化できる者である。」


時代とともに変化しないとね…。
「good bye 商人伝道師」
変化しないと100%なる。
だから「やる気と感動の祭典」の内容も大きくカジをきっているのである。


そして、「今日の一言」…。
「人として、サラリーマンとして、経営者として、変えるべきもの、これだけは変えてはならない普遍的なもの。その区別がつくかが、勝者としての条件なのです。」
(将棋プロ棋士・長邦雄)

by akindonet | 2015-03-25 18:00 | Comments(0)

「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

募集〆切まであと18日!!

チラシ販促部門のご紹介


株式会社ニチエー
営業企画部 部長 山信 健志郎 氏


発表テーマ
『チラシ回数削減してチラシの質を上げてV字回復を果たす』

詳しくは・・・チラシ販促部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


今日は朝5時起床
Blogを書いて
「商売繁盛虎の巻」の原稿を書いて
軽くジョギング

その後、コンサルティングが夕方まで
夜6時の便で帰京
今日もガンガン動いています

さて「第13回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
残り4名
となりました。
これからの「健康マーケット」の取り組みの学びをさせたければ、是非参加させてみてください。
「アメリカのいろんなスーパーマーケットを視察する」時代は終わり。
これからは「何の目的のために」視察するのか…です

「食品の機能性表示」
について、当初は消費者庁からものすごく“ガッカリ”させられるガイドラインがでました。
しかし、それが今年に入り、「大幅に緩和される」事が決まっています。
だから、消費者庁から「Q&A」も「新しいガイドライン」も出てないのです。
というよりも商人伝道師の想いは…
「子どもたちや…孫たち… これから生まれてくる子どもたちに…」
「我々の負担を負わせてはいけないのです」

現在、65才以上の医療費が「1日600億円」程度、毎日かかっているのです。
5年後には「1日700億円」になると言われれています。
この莫大な医療費を削減するためには…
「医食同源」運動や…
「添加物使用」の規制運動を…
食に携わる業界をあげて、やっていかねばならないのです。
ここに「儲ける」とかいう下心など全くありません。
「健康寿命を1年間延伸すれば、消費税10%分くらいの税金分の医療費が削減できるのです」
これを我々、食に携わる者達が利害関係なしに運動しないでどうするんですか!!
日本のために… 子ども達のために…
今、我々が立ち上がらなくてどうするんですか… みなさん…
「健康的な食生活が日本を救う」
のです。
みんなで「健康マーケット」を創っていきましょうよ。
それが我々の使命じゃないですか…
国も「日本医師会」の圧力で「骨抜き」にされたガイドラインを見直そうとしているのです。

一部の不勉強な方々が「こんな法律役に立たない」と言われてますが、
“使命”とか“志(こころざし)”とか無いんですかね…
悲しくなる。
商人伝道師は絶対この「健康マーケット」の創出に向けて尽力していきます。
「子ども達や… 孫たちや… これから生まれてくる子ども達のために…」
“日本人”として…

そして、今日は「第17回やる気と感動の祭典」エントリー企業の紹介です。
まずは神奈川県の「ローヤルよつや」さん
今回紹介するのは「店長部門」 エントリー者は早野 倖弘さん
まずは「お客様の声」の収集
f0070004_17413932.jpg

f0070004_1741532.jpg


「5096名」の客様の声を集める。
それを店内で共有化
f0070004_1742093.jpg


その中の一部を紹介しましょう。
f0070004_17422211.jpg

f0070004_17422921.jpg

f0070004_17423450.jpg

f0070004_17424130.jpg


これを毎日共有化する
f0070004_17431816.jpg


こういうことを続けていけば必ず「結果」は変わってきます
「売ろう! 売ろう!」と考えず…
「お客様に喜んでいただくためには…」を常に考え、実行していく
そうすれば少しづつ少しづつお客様が増えてくると思います。
すごく参考になりますよね… みなさん…

そして、次は「作業改善」
“「PDCA」を回すこと=経営”と言われる
優秀なリーダーとは、このPDCAを回すことができる人だとも言われる。
こういうふうな感じで…
f0070004_17433566.jpg

f0070004_17434571.jpg


そして「共有化」
f0070004_17435342.jpg

f0070004_17435915.jpg

f0070004_1744666.jpg

f0070004_17441131.jpg

すごいですよね。
こういう「意識化」が生産性アップにつながると思います。
あとは「学び」
「お客様」の声を聴き、「不の解消」を行い、PDCAを回すことで“作業改善“をし、
あとは“潜在的ニーズ”の提案
そのためには「学び」しかありません。
「吉祥」さんも今回はエントリーしてきました。
「お取り組み様」と一緒にぜひ「第17回やる気と感動の祭典」に参加してみてください。
きっと“大きな気づき”“大きな学び”があるはずです。

次に紹介するのが神奈川の「しまむら」さん
今回紹介するのが「しまむらストアー 長持店」副店長兼鮮魚部チーフ魚津 昌央さん

今回は「Xmas」と「年末商戦」にフォーカスしました。
f0070004_1747237.jpg

f0070004_17472518.jpg

そこで、まず考えたのが「食育」
f0070004_17473360.jpg

f0070004_17473856.jpg

いいことですよね…
次に考えたのが「生サーモン編」
f0070004_1748048.jpg

f0070004_1748788.jpg

f0070004_17481411.jpg

f0070004_1748202.jpg

この他にも、「手巻寿司編」「生食編」「エビフライ編」などとにかくあらゆる切り口で攻めている
いいですね
すると…

f0070004_17505684.jpg

当然の結果が…

次に「年末商戦」
f0070004_17511928.jpg

[#IMAGE|f0070004_17513913.jpg|201503/24/04/|mid|960|720#
f0070004_17514741.jpg

さらに「ニューへの挑戦」として…
f0070004_17515981.jpg

f0070004_1752688.jpg

そして、「マグロ」カテゴリーの強化も忘れない。
f0070004_17521743.jpg

そうすると結果が変わるんです
f0070004_17522971.jpg

最初は「選出」しよと思ったのですが。
「何かが足りない!!」んだな~
その「何か」が… 「第17回やる気と感動の祭典」にある
ぜひ、参加してほしい。
またこの「しまむら」さん。本当に「学び」が「結果」につながってきている。
でも、ここで油断したら大きな落とし穴がある
ここで「学び」をやめたら、すぐに“奈落の底“に落ちる
だから、まだまだ「学び」「実践」してほしい。
数多くの「お取り組み」様と「社員」さんと一緒に、島村 孝征社長
ぜひ御参加下さい。 お願いします。

最後に、東京の「九州屋」さん
エントリー者は「九州屋富士見台店」の宮本和明さん
f0070004_17545259.jpg

「コトPOPマイスター」の資格を取得すると…
考え方まで変わってくるのです。
売り込む商品まで変わってくるのです。
例えば…
f0070004_1755013.jpg

結果はこうなりました。
f0070004_1755670.jpg

「売れて儲かる」商品には“コトPOP”は欠かせません。
次に“オリーブオイル“
f0070004_17551472.jpg

f0070004_17552373.jpg

売り込むのが難しい商品ほど“コトPOP“は必要なのです。
また、こんなPOPも…
f0070004_17553481.jpg

f0070004_17554164.jpg

このよに「コトPOP」を強化していくと、「売れ筋」や「売り込み筋」まで違ってくる。
これが「コトPOP」の“魅力”であり、“魔法の力“なんです。
宮本さんはこれに気づいて続々と「コトPOPマイスター」の資格をとって頑張っています。
こういう“輪“を広げていくことが会社を大きくする感じています。

ぜひ、“青果専門店日本一”の「九州屋」さんの多数の参加期待しています。

いかがだったでしょうか‥
今日は偶然にも「東京スーパーマーケット実践会」のメンバー企業3社の紹介でした。
「学び続ける」ことによって必然と「結果」が変わってくるのです。
これは当たり前ですよね… でもこの“当たり前“がなかなかできない。
とくにこの「やる気と感動の祭典」のように常に“一歩先”を見据えたセミナーで学ぶということが“進化”につながってくるのです。

冒頭で紹介した「健康マーケット」への取り組みもどんどん取り入れていきます。
「取引き」から「取り組み」への進化もどんどんプログラミングしていきます。
「独自化・差別化」の具体的手段もどんどん提案していきます
「ファイブウェイマーケティング戦略」も随所にプログラミングしていきます。

「一歩先」の学び
これを学ぶことができるセミナーは今のところ日本には商人伝道師が知る限り「皆無」です。
ぜひ、参加して学んで実践していただきたい。
みんなが「油断している時に学び、実践する!!」
これこそ大きな差につながる。

そして、今日の一言
希望は人を成功に導く信仰である。 希望がなければ何事も成就するものではない。(ヘレン・ケラー)

by akindonet | 2015-03-24 18:05 | Comments(0)

「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

チラシ販促部門のご紹介


株式会社ニチエー
営業企画部 部長 山信 健志郎 氏


発表テーマ
『チラシ回数削減してチラシの質を上げてV字回復を果たす』

詳しくは・・・チラシ販促部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
羽田空港へ…

今日は四国へ…



さて、「第17回やる気と感動の祭典」まであと1ヶ月を切りました。
発表者はそろそろラストスパートにかかるところですね。
発表者を出された企業様。
ぜひ、サポートの程、よろしくお願いします。


そこで、今日は「第17回やる気と感動の祭典」発表者の
「第一次提出」より発表の概要をほんのちょっとだけご紹介します。



まずは、青果部門。
発表者は…

ヤマダストアー株式会社
網干店 青果チーフ 
柴田 祥平



最初に決意の「プロモーションビデオ」を御覧ください。


先日終了した…
「第3回店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」では鮮魚部門で
参加者を驚かせたヤマダストアー。

次は「青果部門」です。
ヤマダストアーの「競合店対策」をまずは話してくれます。
この企業の「対策」はこれからの“スーパーマーケットの生き残り”を
示唆するものだと思います。

f0070004_13281088.jpg


「健効マーケット」がこれからの“新しいマーケット”となる。
その中で注目されているのが「有機野菜」や「特別栽培野菜」。
ヤマダストアーはそれを積極的に扱っている。
というより、それが“主体”。

その考え方や具体的取組を発表してくれる。
これはすごい!!ですよ…



そして、「若いチーフ」ならではの悩み。

「パート社員さんとの確執」
もちろん、彼にもありました。

しかし、それを1年間かけて克服したのです。
その後、こんな状況に…

f0070004_1328329.jpg


「チーム網干」として、競合店対策する。
これも必見ですね…。
その他…

f0070004_1328488.jpg

f0070004_13285520.jpg

f0070004_1329276.jpg


なども発表してくれます。



「鮮魚最強セミナー」で“ヤマダストアー”の進化を
まざまざと見せつけたヤマダストアー。

次は「青果部門」
これからの「青果部門」の進むべき方向性を示す発表になること間違いなし。

ぜひ、青果バイヤーや担当者は参加してみて下さい。
参加者に“おどろき”の声が上がること間違いなし!!



次に、「精肉部門」
発表者は…

株式会社タイヨー
サンキュー新栄店 精肉部門 係長
松原 和博

タイヨー本部精肉部 牛肉・豚肉バイヤー
松下  秀和



まずは“気合い”の「プロモーションビデオ」を視聴してみて下さい。


「1日に肉を1200万円」売る男。」
しかし、この企業は「単品量販」だけでないんです。

これからは“メガトレンド”である「時短」対応って不可欠。
そこで、「シェフ監修」のタレを“オリジナル”として作っています。

f0070004_13341853.jpg

f0070004_13342797.jpg


もちろん、「添加物」は一切使用していない。
みなさんはメガトレンドである「時短」対応されてますか…
ここが、「日本一肉にこだわる」企業の真骨頂なんです。

このあたりも、じっくりと話してくれます。



もちろん、「タイヨー新栄店」も最初から「肉のおどろき市」が
うまくいったわけではありません。

f0070004_13344599.jpg

f0070004_13345561.jpg


“大惨敗”でした。
そこからスタートなんです。「1200万円」の王者も…



そして、「肉のおどろき市」には、“おきて”があります。
タイヨーには…

f0070004_1335747.jpg


そのあたりはじっくり話してくれることでしょう。




そして、「1日1200万円」売る“コツ”・“ノウハウ"を
全て発表してくれます。

すごいでしょ!!今回の「精肉部門」の発表。




さらに、「新栄店」のすぐ近くに競合店が4月に出店してきます。
その「競合店対策」も話してくれます。
青果のヤマダストアーさんも「競合店対策」を発表する。
精肉の「タイヨー」さんも「競合店対策」を発表する。

こんなセミナー他にはないですよね…



その他にも、このタイヨーさん。
これからの大きなマーケットとされる「健康マーケット」にも
対策準備されている。

“健康を高める為に…健康を維持するために…"

どんな肉を提案したらよいのか…も発表してくれるかもしれません。

「日本一のこだわり!!」
「日本一畜産農家のことを考え!!」
「日本一肉の未来を考えている!!」


企業の“日本一"発表。
これは必見の価値ありですよ。



ヤマダストアーのさん同様、どこのボランタリーチェーンにも
属されていない業界の取材も全てお断り。
ヤマダストアーさん同様、“ベールに包まれた"企業。

“盟友”いちやまマートさんとの「精肉vs鮮魚」という感じになりました。

「さつま隼人」の意地にかけても負けるわけにはいきません。
すごい「やる気と気合と情熱」を期待する。

また、「お取り引き様」もたくさん引き連れてきていただけるのでは
ないかと思っています。



「取り引き」から「取り組み」へ…

「新生タイヨー」さんのキーワードだと感じているからです。




そして、最後に「鮮魚部門」。
発表者は…

株式会社いちやまマート 
鮮魚部 バイヤー
齋藤 博志

岡谷店 鮮魚部 課長
窪寺 智宏



まずは“執念”のプロモーションビデオを御覧下さい。


「海のない県だからこそ、日本一の鮮魚部門」を目指している。
そこで、いちやまマートが考える「日本一」とは…

f0070004_13405610.jpg

f0070004_1341390.jpg


ここに全てを集中して、取り組んでいる。
いろんあことを発表してくれます。
その中で、今回はこれを紹介しましょう。

f0070004_13411319.jpg


「仕入れ」から「調達」です。

f0070004_13412143.jpg


そこで、今、「金沢市場」と「小田原市場」直送を行っている。
また、「いちやまマート」さんのすごいところは…

「加工品」まで“調達”しているということ。
「加工品」まで、“鮮度”にこだわっているということ。

このあたりはじっくり話してくれるはず。



また、「クックパッド」とのコラボも…

f0070004_13413788.jpg


これ、すごいですよ…
お見せしたいけど、当日のお楽しみに…



さらに…

f0070004_13415554.jpg


「ミート」をこえる「おどろき市。

「売上500万円」の“おどろき市”も発表してくれるはず…???




そして、長野県での“無敵艦隊”「角上魚類」さんとの闘い。
「角上魚類」対策で、「いちやまマート」は飛躍的に成長できた。
そのあたりも発表してくれるはず。

f0070004_13421515.jpg


すごいですよ…
この「鮮魚部門」の発表は…

「売上不振」の鮮魚部門を抱えている企業は絶対に参加すべきです。



先日の「第3回店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」にも
5名参加していただいた。

「求める基準」が高いから…
「気づき」の基準も高いのです。

参加された橋爪部長いわく…

「やります!!ものすごく勉強になりました。
 これで1ついちやまマートの“鮮魚”の基準をあげられます」


こういう企業の発表。
ゾクゾクしますね…。

参加される企業様は期待しておいて下さい。




以上です。


ちなみに、「第17回やる気と感動の祭典」のデリカ発表。

「文化堂」さんと「リスパック」さんの“取り組み”関係において、
行っている「感性デリカ」。

米飯で主に行っているのですが…

1週間で、なんと、「昨対比160%」を叩き出す。

みなさん、昨対比160%ですよ…

160%…

どうしたら、昨対比160%になったのかを当日発表してくれるはずです。

「取り組み」が数字を大きく変えることを…

いや、一ヶ月というスパンならもっと伸びるかも。



「第17回やる気と感動の祭典」。
たぶん、このままでいくと、「やる感史上最強」のセミナーになる可能性が高い。

ぜひ、みなさん!!
時間を作って参加してみて下さい。

「今が良いから、これからも良い!!」
なんて考えてはダメ!!

「人口減」・「世帯数減」・「労働人口減」。

これはますます進んでいくんですよ。これから…

その状態でそのままで生き残っていけますか…

そして、「今日の一言」…。
「小さいことを積み重ねるのが、
 とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」
(イチロー)

by akindonet | 2015-03-23 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


「第13回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
~「新しいマーケット」の到来がすぐそこに迫っている!!~

あと残り4名!!

「やる気と感動の祭典」の発表者たちが数多く参加!!
基準の高い人達と7日間同じ釜のメシを食べることは最高の“人材教育“になります。

「百聞は一見にしかず」
参加お申込みお待ちしております。
詳細・お申込みは
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」公式HPをご覧下さい。



「やる気と感動の祭典17 参加者募集!」

ニューへの挑戦&デリカ部門のご紹介


株式会社文化堂
生鮮部生鮮4課(惣菜)課長 石原 忍 氏
第1店舗運営部 有明店生鮮4課(惣菜)担当 野嵜 裕乃 氏
サポート企業 リスパック株式会社様


発表テーマ
『これからのデリカは「健康」と「感性力」を磨く必要がある』
メーカー様との取り組みと成功事例発表


詳しくは・・・ニューへの挑戦&デリカ部門

「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第17回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。



今日は、朝5時30分起床。
Blogを書いて…。
サクラと軽くジョギングして…。
オフィスにちょっと立ち寄り…。
「コンサルティング」へ…。
今日は、都内です。
夕方6時終了。
その後、急いで横浜の「YMCA」グランドへ…。
小商人伝道師の「サッカースクール」の向かえにいく。
一応、「レアル・マドリード・アカデミースクール」に入学しています。(笑)
“スーパー一番下手な部員”ですけど…。
“屈辱は人間を強くする”と思っているので、
一番上手いサッカー少年がいるチームに入学させました。


そして、今日は「日曜日」。
「心のオアシス」の日ですね。

今日は
致知の3月号の「成るまでやる」の記事より

「真の感動サービスを究める」
キリックスグループ社主 山口春三


この仕事は指示待ちではできません。
マニュアルを超えたものを、
一人ひとりが気づいてやらないといけない。
これも「いかなることがあっても、本物志向をしよう」
「一流を目指そう」
と言う理念に皆が共感してくれているから、
できるのだと思います。
大切なのは、皆がいかに思いの1つにするかです。
その意味では、社長も幹部も一般社員も関係ないんです。
最新の話した、警備員の早川にしても、
置かれた立場で自分に出来る最高の工夫をして
お客様に感動を与えてくれているわけで、
誰が指示したというわけではありません。


私はレクサス星ヶ丘を立ち上げて、
価値づくりさえきちんとやっていれば
利益は後からついてくると強く確信するようになりました。
設立時、感動のサービスを提供し続けていれば、
レクサスの買い替え時期である5年目以降、
他店で買ったオーナーさんが雪崩を打って、
6写っている当店を訪れるようになるだろうと予想していましたが、
本当にその通りになりました。
お客様に喜んでいただく、感動していただく。
これほど強いものはありません。

私どもは店に来られるお客様皆さんを、
快くおもてなしし、コーヒーをお出しします。
いろいろな方がお見えになりますから、時折
「車を買う意思がない人にそこまで…」
と考える社員もいます。
だけど、見返りを求めて仕事をしている以上、
「誰も見ていないから、サービスは少し手を抜こう」
と言うマイナス思考に必ず結びつきます。
この意識を変えない限り、最高の感動サービスは提供できないと思っているんです。
価値観を変えるには、さらに10年がかかるでしょう。

そのための重要なのは、
何よりリーダーである私自身の志であり、意識だと思っています。
リーダーは社員に教えて、 やらせて、志を達成しなくてはいけません。
一回言ってわかったと思ったら大間違い。
そのことが成るまで教え、身につけ、やらせる。
この執念なくして物事は成し遂げられません。
「成るまでやる」。
これが何よりリーダーには不可欠な要素です。
物事をどう処理するか、どう売るか、といった事は
技術・スキルに過ぎません。

私は自分が成功したとはいささかも思っていませんが、
志を成し遂げるために、「どうしよう」「どうあるべきか」
と明日に向かって常に問い続け、行動したことが、今ようやく形になってきました。
これからも、それを貫き通し、
真の感動のサービスを究めたいと思っています。




いかがだったでしょうか。
今日の心のオアシス。

先日の「第3回店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」で
ヤマダストアー山本雅裕社長もこれを読んで共感したとききました。
やはり、トップの考えを社員全員で共有して
みんなでそれに向かって一人ひとり考え実践していくことが
会社の成長に繋がると思います。

もう、3月も終わりですね。
早いものです。
「サクラ」の時期となりました。
「さあ、春本番」
みんなで売場も…。商品も…。
「春」を感じていきましょう。


そして、「今日の一言」…。
「努力は自己という束縛から私たちを解放し、
最も偉大な人々の一員にする。」
(アインシュタイン)

by akindonet | 2015-03-22 18:00 | Comments(0)