「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1.全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから




テレビ東京で毎週火曜夜10時から放送している
「日経スペシャル ガイアの夜明け」
3月3日(火)、商人伝道師と関わりの深い
美味安心とくし丸の特集が放送されます!!
詳細はこちら


商人伝道師がバラエティ番組に出演…?!
3月1日(日)、TV朝日系6時57分から2時間SPで放送の…
「オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ」
に出演する予定。
詳細はこちら

もしも、時間があれば見て下さい。








今日は、朝4時30分起床。
身支度して、羽田空港へ…。
今日は山陰へ…。
もちろん、日帰り出張です。

昨年はほとんど出なかったのですが、
今年は「花粉症」が再発しそうです。
重症ではないのですが、やはり嫌ですよね。
地方に行くと大丈夫なのですが、東京や横浜に帰ってくるとダメです。
空気が悪いのでしょうかね…。


さて、「食品表示対策セミナー」

あと定員まで残りすくなくなりました。

30名の定員は超えていますが、会議室の座席がある限り応募します。


「食品表示」の“権威”である
「垣田 達哉」先生のセミナーですからね…。

いつもは、1時間30分ぐらいしか話していただけないのですが…。

今回は、「2時間~2時間30分」話して頂けます。

また、こちらから「こんな話を参加企業にしてほしい」のリクエストをしています。
ですから、かなり中身の濃いセミナーになるはずです。

また、商人伝道師から「健康食品の機能性表示」解禁により…

「どんなマーケットが発生するのか…」
「どんな取り組みを今後していかなければならないのか…」
「今後、どういう“ポジショニング”の業態が生まれるのか…」


など、スーパーマーケットとして
“今後行っていかねばならない”ことを具体的にお話しします。

「約1時間30分」


多分、「食品表示法改正」の話と「その改正による新たな取組」の
2つを同時に学べるセミナーは他にはありません。

「勘のよい経営者」

はすぐに担当者を参加させています。
なぜなら…。
「大きなマーケット」になることがわかる
からです。
本当に残り少なくなりました。
別に強制はしませんが…(笑)

「参加されたほうがよいですよ…」

という案内です。

f0070004_1863256.jpg

詳細はこちら↑↑↑






そして、今日は「女性の戦力化」について…。

「日本政策金融金庫」の調査によると…。
女性の「管理職」がいる会社といない会社では…。
こんなに「企業の伸び率」が違うというデータがでています。
f0070004_11391878.jpg

13.6%の違いがあります。


なぜか…。
それは、「女性」がもっている特有の能力。
「ダイバーシティー(多様性)」を
十分に発揮することができるからだといわれています。

男性は「戦略」・「管理」とかは得意。
しかし「広がり(多様性)」という点は苦手。
そこを女性がサポートするというもの。

よって13.6%もの企業成長が違うということなんです。


そして、「安倍政権」は2020年までに「指導的な地位に占める女性の割合」
を30%まで引き上げるという目標を掲げています。

いわゆる「国策」です。
そういう中で「女性の戦力化」は急務だと思っているのです。

しかし、ここで問題が…。
いや、「大きな問題点」が…。

それは「男性」と同じ教育スタイルを「女性」にも強要してしまうこと。
または、管理職ということで男性と同じポジションを与えようとしてしまう。

これでは女性はつぶれてしまいます。

ではどうしたらよいのか…。


これからは、商人伝道師の“持論”。
「自由に活躍する場」を与えるべきだと思う。
「教育ではなく、学習の場」を与えるべきだと思う。
「評価(褒める)こと」をして、
モチベーションを上げていくようにすべきだと思う。

女性には「刺激」が一番だと思っています。
というのも「やる気と感動の祭典」に参加して、
すぐに実行するのが女性であるという事例が多いからです。

同じ発表を聞いても…。
男性はすぐに…
「いいと思うけど、失敗したらどうしよう…」と思う。
逆に女性は…
「私もやってみたい、面白そう…」と思う。
この差って、ものすごく大きいと思うんです。

そこで、「第17回やる気と感動の祭典」では17回目にして“初めて”…

「女子力甲子園」

なる部門を作りました。

「女性だけでも、こんなに会社に貢献できる」

「女性だけでも、会社(お店)の“尖り”や“差別化”になる」

「女性だけでも、こんな異常値を出せることができる」


を発表させようと思っています。

ですから、「第17回やる気と感動の祭典」は経営者の方々にお願いなのですが…
「女性社員」さんをとにかく沢山参加させてほしい。
と思うのです。
「正社員」さんでも…。「パート社員」さんでも…。
とにかく「やる気」がある…「やる気」が無い…に関わらず…
ちょっと多く参加させてみて下さい。

この参加した女性陣が参加後の
「会社を変える」活動をするようになりますから…。

「勘のよい経営者」

なら、これは“ビッグチャンス!!”と思うはずです。

「会社を変えるチャンスだ―!!」

「会社を活性化させるチャンスだー!!」

「女性の戦力化になるチャンスだー!!」


となると感じられるはずです。

「これはちょっと我が社の女性社員さんに“投資”してみるか…」

となるはずです。

それがひいては「女性の戦力化」に繋がってくると確信しています。

よく、このBlogでも書きますが、アメリカのスーパーマーケットを視察すると…

「元気のよいスーパーマーケットには女性の管理職が多い」

ことに気付かされます。
衰退している「伝統的スーパーマーケット」は…
「男性の管理職」しかいない。

それを目の当たりにみているので…
商人伝道師は…
「これから女性の基準アップ。
女性の戦力化のお手伝いしなければいけないな―」

と思い…。
今回、17回目にして“初めて”「女子力甲子園」なるものを企画しました。


商人伝道師的には…「絶対的な自信」があります。
参加された女性の方々の
「悔しい!!」

「私たちもあの舞台で発表したい!!」

「私たちはもっと、あの発表している人たちよりできる!!」

のような感じで
「心にギラギラと炎をもやしてくる!!」
と思うんです。

そうなったらしめたもの。
一気に「会社」の…。「お店」の…。
基準が上がってくる。

会社の雰囲気が変わり…

店の雰囲気が変わり…

「挑戦」の文化が生まれる。


そう期待しています。

「第17回やる気と感動の祭典」に参加をお考えの経営者のみなさん。

「利益の出ている今だからこそ、女性に投資して下さい」

必ず、ものすごい“リターン”が帰ってくると思います。

「女性の戦力化」
これからの「成長戦略」の一つなのだから…


そして、「今日の一言」…。
「進歩とは反省のきびしさに正比例する。
とかく他人にきびしく、
自分自身に寛大なのは凡人の常だ。」
(本田宗一郎)

by akindonet | 2015-02-28 18:05 | Comments(0)

f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1.全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから




テレビ東京で毎週火曜夜10時から放送している
「日経スペシャル ガイアの夜明け」
3月3日(火)、商人伝道師と関わりの深い
美味安心とくし丸の特集が放送されます!!
詳細はこちら


商人伝道師がバラエティ番組に出演…?!
3月1日(日)、TV朝日系6時57分から2時間SPで放送の…
「オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ」
に出演する予定。
詳細はこちら

もしも、時間があれば見て下さい。




今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
サクラと軽くジョギング…
その後、身支度して東京・神田へ…




「第二期」。
「スーパーマーケット実践会in東京」
を今日からスタートします。

今日はなんと「15社」の企業様に参加いただきました。
「第一期」の倍以上の企業数。
すごく良いことだな~と思っています。


東京近辺は“成長戦略”のオリンピックを控えているので…
どんどんみんな出店してきます。
ここで油断したら大変になるからです。


東北地方の方々は“人口減”という環境の変化と競合激化という
“ダブルパンチ”に見舞われるからです。


東京以外の関東の方々は東京ほど好景気ではないのに、
競合が激化するからです。



ということを考えると、今、学ぶということは大切なことだと考えています。
商人伝道師が毎回、全力で話しますので、しかと受け止めて下さい。


まずは、「スーパーマーケット実践会」の目的と意義について30分ほど話します。

f0070004_1512378.jpg

f0070004_1513323.jpg

f0070004_15125725.jpg

参加者も真剣!!

その後、「鮮魚部門」・「精肉部門」のセミナー。
「第一期」から継続して参加いただいている企業の「事例報告」。

そして、商人伝道師の「セミナー」です。
「独自化・差別化・戦略」についてを話しました。

各部門、恒例の“時間オーバー”のセミナーとなりました(笑)
たぶん、1年たったらすごく成長されることでしょうね…。



商人伝道師の基準が落ちない限り…(笑)


基準が落ちないように精進します。





そして、今日はインバウンド・バブルについて…

今日は皆さんに直接的に関係しないことを書きます。

先日、「旧暦の正月」である「春節」が終わりました。
この「春節」の休暇を利用して中国人が大挙日本に訪れるのは
TV等でご承知のことと思います。



とにかく、その「買物パワー」はすごかったですよね。

「2月は売上が厳しい!!」
これは“商業の世界”では当たり前の基準。


お正月でお金を使った上、3~4月の子供の「新年度」に向けて、
財布の紐をしめる月と2月は言われています。

しかし、そこに「バブル」がやってきた。
「免税コーナー」を中心にダダーっと来て、バサッと買う。
まさに、こんな感じです。

「高級品」はもちろんのこと…
「薬」や「食品」など単価の安い商品を「爆買」した。



なんで、こんな「爆買」が起こるんでしょうね~。
先日、「春節」の終わったばかりの大阪・梅田のドラッグストアーに行ったら…
「薬コーナー」はガラガラ…

「中国人の襲来に会いました!!」
と笑いながら店員さんが言っていた。


「なぜ…」
そう思いませんか?

「中国人が裕福になったから…」
それだけですかね~



ここに、日本の…。小売業の…。
「これから…」があると思うんです。



なんといっても、日本は「デフレ」が長く続きすぎた。
20年以上もデフレが続き…
賃金も上がらない…

「デフレは良いこと」
「デフレを甘んじてきた」
んだと思うんです。

その証拠に、「円高」をみんなが容認してきたのですから…



その間、中国は“驚異的な経済成長”とともに
“インフレ率2ケタアップ”が長い間続いた。

よって、「円安」の日本は中国国内に比べたら「ものすごく安い国」となったのである。

ましてや、中国とくらべて日本の商品は「品質」が良い。
だから、「大人買い」を通り越して「爆買」したのです。


日銀が「安倍政権」誕生後…
黒田総裁が「リフレ政策」という大胆な政策をとったことによる
メリットなのかもしれない。
いや、長い目でみればデメリットか…

「リフレ」とは「通貨再膨張」のこと。
「リフレ政策」とは、デフレによって停滞している経済を正常な状態に戻すために
適正なインフレ率への回帰を狙って行われるものです。


ということは、これから「年3~5%」ぐらいでインフレになるということですよね。

インフレになっても、「円安」なので…
「インバウンド消費(観光客の消費)」などで内需もよくなる…
と見ているのではないか…


事実、小生の友人が勤めている“某・子供服最大手企業”は
「インバウンド消費」で、中国人を中心に「爆買」され、
臨時ボーナスが「50万円」支給されたという。


そういうことから見ても、「円安」はこれからも続く。
ということは、「インフレ」対策を急がなければということ。

しかし…

デフレが長く続いたので、「インフレ対策」など誰もしたことない。
だから、「右往左往」する企業が続出する。
よく「定点観測」してみると、「ユニクロ」さんや「セブンイレブン」さんは
もうこの「インフレ対策」を実際に実施しはじめている。


しかし、まだまだその他の企業は気づくことさえしていない。

「真逆の政策」
まさしく…

「パラダイム・シフト」
を起こさないといけない時にきているのかもしれない。


それを感じる「春節」の中国人の“爆買”でした。

みなさんはどう感じられましたか…



そして、ここからは余談です。
商人伝道師が3月1日の「バラエティー番組」に出演することが…
意外とみんなの話題に…

「どれだけ緊張されているのか…」
「どれだけかみかみしているのか…」
「どれだけガチガチしているのか…」


それを見たいという違う意味の“楽しみ”で話題になっています。
みなさん…

そんなことで「話題」にしないで下さい。
本当に、「超~~!!恥ずかしい!!」んです。

自分では絶対に見ません。
というより、見れません。


というより、小生が言いたかったのは…

「いちやまマート」さんは「ガイアの夜明け」。
「商人伝道師」は「バラエティー」。


いわゆる「味比べ試食」のために…

対比するために…

書いたのですが…(笑)




ですから、メインは「ガイアの夜明け」です。
商人伝道師の「バラエティー番組」は、その「酒のあて」みたいなもので…
決して「録画」などしないで下さいね。(笑)


プロデューサーに聞いたところ、まだ編集中とのこと。

「あまりにもカミカミ。緊張しちえるので絵にならない…」
とのこと。
ひょっとすると、ナレーションだけで小生は抹消されてしまうかもしれません。
だから、期待しないでくださいね。
お願いします。


「嫌だな~(泣)」。



でも、ちゃっかり番宣している“大バカ者”。

「商人ねっと」を売り出す為に、一肌脱いで下さい!!」
商人ねっとのアソシエイトの要望から…(泣)

3月1日
午後6時57分から「オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ」


だそうです。(笑)

なんだか憂鬱な日々を過ごしている今日このごろです。(笑)


そして、「今日の一言」

「あなたの価値観をはっきりさせるいちばん大切な理由は、あなたの足を引っ張っている悪い価値観を発見することだ」
(アンソニーロビンズ)

by akindonet | 2015-02-27 18:00 | Comments(0)
今日は朝5時起床。
身支度して、新幹線で姫路へ…。
「第3回 店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」
で店舗視察をお願いしている・・・
「ヤマダストアー」さんへ…。

「ハローズ」さんが出店してきて、勢力図がどう変わるのか…。
ちょっと様子を見てみたい。


さて、昨日も書きましたが来週の火曜日。

「TV東京系」の人気番組「ガイアの夜明け」「美味安心」が紹介されます。

どういう番組構成になるかわかりませんが、楽しみにしておいて下さい。
また、「とくし丸」も紹介されるそうです。

「美味安心」商品を大々的に展開されている企業さん…。
「とくし丸」を展開されている企業さん…。

「店内告知」でバンバンアピールしてみてはどうですか…。


「地域のお客様」に一人でも多く視聴していただくことによって、認知度が高まりますよね。
ここは…。

「宣伝!宣伝!宣伝!!」ですよ…。

「チャンスを逃すな!!」

ということでしょう。
ぜひ、店内でPRしてみて下さい。


また、早速、昨日このBlogで「春の気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」
御紹介したところ、問い合わせがきました。

まだ、「案内状」を作成しているところですので、しばらくお待ち下さい。
今回も良いですよ。

今回は「独自化・差別化」をしっかりと学べるセミナーにします。

会社の将来を託そうとされている方…。
店長…
バイヤー…
または、業績を上げている担当者…


ぜひ参加させてみてください。
アメリカに行かせるには…
今ですよ!今…。


そして、今日は「判断」と「学び」について…。

昨日の「リスパック勉強会」
大阪で開催されました。
参加者は「約550名」
その中でトップ自ら参加されている企業様は少ない。

その中に「関西で一人勝ち」している企業様のトップならびに経営幹部の方々が参加されていた。
「一人勝ち」しているのに、なお一層トップ自ら学ぼうとされる姿勢には頭が下がる。


終了後、その企業の常務さんとお話する機会があったのですが…。
とにかく、貪欲。

「こりゃ~また一人勝ちするな~!!」

という印象。
今はどんどん時代が変化してきている。
今までの「舵取り」では到底通用しなくなっている。


昨日も話したのですが…。

「今までは“デフレ経済”。これからは“インフレ経済”
180度政策が変わってくる。そんな中、今までの政策が通用すると思っているんですか…」

「モノの価値を上げていかないと、モノが値上がりするインフレ時には時代についていけませんよ…」

「ポジショニングが大切だとよく評論家の方々は言うけれど、要するに、“商品軸”か“価格軸”かどっちに舵を切っていくか…では」

「インフレ時には“新しいマーケット”・“新しい価値”も生まれてくるが“新しい競合”も生まれてくる。だから、学ばなきゃダメなんですよ!!」


とワアワア言いました(笑)


小生自身は物凄い危機感を持っています。
時代の流れに対する「対応」や「対策」をあまりにもやろうとしていない。

しかし、“一人勝ち”している企業のトップは、誰よりも危機感を持っているから…。
時代の流れを誰よりも早く掴もうとされる。
ということはどんどん“格差”が広がるということですよね…。


また、昨年“日本で一番絶好調だ!!”と言われる企業が“中国地方”にありますね…。

確かに「消費税増税後」一人勝ちの様相でした。
なぜか…。

まず、一つ目は「消費税表記」の対応
「本体価格一本」で臨んだのがこの企業のみ。
他の競合はあろうことか全て「二重表記」

「価格」で尖りを出している企業が「本体価格」表示一本で臨み、より“安さ”を前面に打ち出すことができた。
「賢消費」時代では“一人勝ち”してしまう。


さらに「経験価値」をあげようとした。
というより、他の競合企業が「経験価値」を下げていった。

“対面販売”など“ヒト販売”で活気を出し、さらに安さを前面に出せたので客数が増える。
よって、さらに“活気”が出る。
「好循環」のスパイラルに入った。
だから“一人勝ち”してしまった。


このようにちょっとした「トップの判断」で業績が大きく変わる時代なんです。

そして、4月以降。
今年は「何も無い年」ですので、何もしなければ…。

「あれっ!?何かおかしいなー。相場の影響かなー」

でほとんどの企業がこれを“言い訳”にすることでしょう。

逆に…

「インフレ対策」

をしっかりとこの一年で行った企業はグイグイと業績を伸ばしてくる。
それはトップ自ら“気づく”か…だと思います。

「勘」の良い経営者なら、これに“気づいている”


20年以上も「デフレ」が続いているので、バイヤーや店長たちは「対策」の仕方が分からない。

これが実は最大の問題!!

トップ自ら…
「こうしろ!!」という指示を出さないといけない。
今こそ「トップ」の指示や判断が必要なときではないかな…と思う。


「何を学ぶか…。でなく、誰から学ぶか…」

商人伝道師ということではない。
小生のような“成り上がり”みたいな人間の言うことなど聞かないほうが良い(笑)

「今、起きている未来」

をしっかり教えていただける方から学ぶ必要があるように感じる。


そういう意味からすると良いか…悪いか…。学ぶ…学ばないか…は別として。

故「渥美俊一」先生のような存在(アディケーター)がいないのが、この“業界の不幸”なのかもしれない。
そう感じる今日このごろです。


そして、「今日の一言」…。
「迷ったときには、
十年後にその決断がどう評価されるか、
十年前ならどう受け入れられたかを
考えてみればよい。

鈴木 治雄(元昭和電工社長)」

by akindonet | 2015-02-26 18:00 | Comments(0)

f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1. 全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから





テレビ東京で毎週火曜夜10時から放送している
「日経スペシャル ガイアの夜明け」
3月3日(火)、商人伝道師と関わりの深い
美味安心とくし丸の特集が放送されます!!
詳細はこちら


商人伝道師がバラエティ番組に出演…?!
3月1日(日)、TV朝日系6時57分から2時間SPで放送の…
「オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ」
に出演する予定。
詳細はこちら

もしも、時間があれば見て下さい。




今日は、朝5時起床。
Blogを書いて…
「第17回やる気と感動の祭典」の案内状の文章を書いて…
サクラと軽くジョギング。
その後、身じたくして、「小商人伝道師」と一緒に出勤。
東京、西大安まで一緒に行き、商人伝道師は品川から大阪へ…
「リスパック会勉強会in関西」
での講演のため…

会場は「大阪国際会議場」。
f0070004_174217100.jpg


参加者は、550名。
リスパックさんの集客力に脱帽。



あとは、4月8日(水)の「東京」のみ…
よかったら、ぜひ参加してみてください。
勉強会の詳細はこちらから




さて、今回は2つの「お知らせ」を…
まずは、来週の火曜日。
「TV東京系」の大人気番組。
「ガイアの夜明け」
で、「美味安心」「とくし丸」が取り上げられます。

「美味安心」は商人伝道師が関係している企業は殆ど取り扱っています。
また、「美味安心情報交換会」ではずーっと講師も努めています。
自称「美味安心応援団長」。

そして、「とくし丸」
昨年1月の弊社主催の「新春特別セミナー」"全国デビュー"し…。
昨年10月の「第16回やる気と感動の祭典」では、「新規事業」部門で…
京都の「フクヤ」の「河田哲史さん」に発表してもらいました。
自称「とくし丸全国デビュープロデューサー」。(笑)

この2つとも、深く関わってきました。
ですから、とてもうれしい。


ぜひ、3月3日夜10:00~TV東京系「ガイアの夜明け」
を視聴してくださいね。
番組詳細はこちら



そして、もう一つ。
これは視聴しなくてもいいのですが…(笑)
商人伝道師が「バラエティ」に初出場。
"緊張丸出し"の日頃見られない商人伝道師が見られるかもしれません。
カミカミのガチガチだったので、全てカットされているかもしれませんが…。
もしも、"モノ好き"な方がおられましたら…

「3月1日(日)」
「TV朝日系」
「夜6時57分~」
「オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ
世の中もっと便利にならないの?SP」


を見て下さい。
だぶん、「トップバッター」だと思います。
まあ、こちらはあまり重要ではありませんが…。(笑)
番組詳細はこちら




そして、今日は「春の気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の概要を発表します。
今年の春の「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」は…

視察地:オレゴン州ポートランド~ワシントン州シアトル
費用:お1人様 328,000円 2名様より310,000円(諸費用別)


に決定しました。



春は「店長・バイヤー・優秀社員向け」のセミナーにします。
「Basicコース」と言っていいのでしょうか。

「経営幹部向け」は、9月に開催します。

環境的にも…文化的にも…所得的にも…。
日本に最も近い「シアトル」。

そして、アメリカ人の「流行の発信地」として最もトレンディーな町。
「オレゴン州ポートランド」
の2ヶ所を視察します。



もちろん、「現地コーディネーター」は…
「稔子・ウィルソン」先生
f0070004_13363734.jpg


商人伝道師の"信頼"を最も乗せているパートナー。



前回同様、「Basicコース」。
いわゆる「アメリカ視察の少ない方」がたくさん参加されることが予想されるので…

「グループ分け」し、グループごとに常にシェアしてもらい…
最終日に…
「グループ発表」
してもらおうというスタイルを取り入れます。

昨年はこんな感じでした。
f0070004_2058473.jpg

f0070004_20593432.jpg

f0070004_20594792.jpg

f0070004_210387.jpg

f0070004_2114686.jpg

今年もこれを実施します。
昨年の参加者の「評価」がバツグンに良かったので…

これが、「春の気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の“看板”の一つ。



二つ目の「看板」が…
「独自化・差別化に特化」した視察にする
ということです。

「食品表示法」の「健康食品の機能性表記」の解禁により…
日本も「健康」「サスティナブル(持続可能な社会生活)」“特化”した企業が
独自化・差別化になる時代がやってきます。

それを5年以上前から“たった一人”提唱していた商人伝道師や「稔子・ウィルソン」先生の解説つきで視察します。

これが、「春の気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の二つ目の看板です。



3つ目の「看板」が…
「インタビューや写真撮影」の多さです。

ただ店舗を視察するだけでは全く何が何だかわかりません。
店長のインタビューなどで質問したり、話を聞くことにより、
理解度が深まります。

さらに、「写真撮影」することにより、帰国してから「情報の共有化」が図れます。

昨年の春は…

写真撮影 8店舗
インタビュー 7店舗

他のセミナーでは絶対にありえないことと自負しています。



4つ目が「料金の安さ」です。

「円安」が進んでいます。
昨年の春は「1ドル103円」。今現在「1ドル118円」。
「15%」も円安が進んでいます。
ですが、一人でも多くの方々に参加してもらいたいと思い、“昨年とほとんど同額”で開催します。

さらに、「原油安」で「燃油サーチャージ」が昨年より安くなっています。
ということは、実質「値下げ」になります。


これは、「アメリカ視察セミナー」を本業と考えていないからできることです。

商人伝道師は「コンサルティング」が本業
商人ねっとは「ネットや通信教育」が本業


よってこのような“スーパー破格値”が出せます。


ということは、すぐに「定員」になる!!ということです。
「案内状」が届きましたら、すぐにお申込みいただくことをお勧めします。

これが4つ目の“看板”です。




はっきり申し上げます。
「むちゃくちゃ良い」セミナーです。
「独自化・差別化を学ぶセミナー」なら、このセミナーの右に出るセミナーはありません。
ですから、ぜひ参加させてみてください。



「5年後の日本」を視察しよう!!
ということでスタートした、商人伝道師の「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」。

本当に、そうなってきましたよね。
これからは、「日本のこれからの方向性の確認」のセミナーにしていきます。

「誰から学ぶか…」

です。

「独自化や差別化の戦略・戦術」を学びたければ、商人伝道師から学んだほうが良いです。
生意気に聞こえるかもしれませんが…
そう自負しています。

ご検討のほど、よろ



そして、「今日の一言」
「昨日より今日、
今日より明日、
明日より明後日、
日々変わり続ける事が大切です。」
(パスカル・バルボ)

by akindonet | 2015-02-25 18:00 | Comments(0)

f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1. 全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから





テレビ東京で毎週火曜夜10時から放送している
「日経スペシャル ガイアの夜明け」
3月3日(火)、商人伝道師と関わりの深い
美味安心とくし丸の特集が放送されます!!
詳細はこちら


商人伝道師がバラエティ番組に出演…?!
3月1日(日)、TV朝日系6時57分から2時間SPで放送の…
「オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ」
に出演する予定。
詳細はこちら

もしも、時間があれば見て下さい。





今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…
「第17回 やる気と感動の祭典」の案内状の文章を書いて…
軽くジョギングをして…
コンサルティングへ…



夕方、帰京。
その後、明日で「インターン研修」修了の大学生と食事する。
「豊橋技術科学大学」の学生さん。
2か月間、頑張ってくれました。
この研修を、その後の人生に生かしてほしい。



実は、「商人ねっと」は積極的に「インターン学生」を受け入れます。
「社会的使命」
と考えています。
そのことにより、優秀な学生をこんな零細企業でも教授が推薦してくれます。
実は、この「豊橋技術科学大学」の卒業生から2名入っています。
「採用は企業戦略」
みなさんに言っている以上、商人ねっともそう考えているのでそうしています。



流通業は、今大変な「人手不足」です。
「パート社員」が全く集まりません。
そこで、よくアドバイスしているのですが…
「積極的な高校生の採用」
を言っています。
「パート社員さんの代わりに高校生をどんどん採用する」
どの企業もここ5年で「定年退職」される方が続出し…
ただでさえ人手不足なうえ、もっとひどいことになる。



「地元の高校生」でなく、地元以外からもどんどん採用していかなければならないのでは…
と感じています。
また、「パート社員」さんの“長時間勤務”
しかし、ここでネックになるのが「扶養家族控除」
「4時間で扶養家族に入っていたほうが得」なのか…
「8時間働いて、扶養家族から外れたほうが得」なのか…
わからないで、ただ「扶養家族控除」を外れるから長く働かない!という方が多いのでは…
と感じています。
小生もこのあたりは全く分からないのですが…
もしも、「長時間働くメリット」があったら、それを伝えるべきだと思います。




そして、今日は「第17回 やる気と感動の祭典」発表内容の紹介Part2です。


まずは…
「精肉部門」

発表者は…
株式会社タイヨー
松原 和博
f0070004_15352275.jpg


-タイトル-
「日本一肉に拘る企業の日本一の戦略、取り組み」


「肉のおどろき市」1日1200万円以上(もちろん肉だけ)売り切る企業。
"日本一"肉に拘る企業。
その企業が前回の精肉部門発表(春園さん)以降、どんな「進化」を遂げているのかをまずは発表します。

その後、その中でも"日本最強"の肉のおどろき市の全容の発表もしてもらいます。

実は「肉のおどろき市のせいこうは"他部門にあり"」も発表してくれる。

さらに、至近距離に今年4月に競合企業が出店する。
その競合店対策も同時に発表してくれるはず。

"日本一"肉に拘った企業が"日本一"売る企画を…
そして、"日本一"肉に拘った企業の「競合店対策」も発表する。


精肉に携わる方々はぜひとも参加させてもらいたい。
"日本一"を体感でき、学ぶことができるからです。




次に…
「デリカ部門」

-タイトル-
「これからのデリカは「健康」と「感性力」を磨く必要がある。
(メーカー様との取り組みと成功事例発表)」


発表者は、
株式会社文化堂
石原 忍
野嵜 裕乃

f0070004_15353072.jpg


デリカは、今後間違いなく「味」と共に「健康」がクローズアップされてくる。
この「健康」というキーワードをおさえるためには「管理栄養士」の採用は必須だと考えている。

そこで、「管理栄養士」を複数かかえている企業が"本気""考え方"を変えて管理栄養士に開発させると、こんな商品が出てくることを発表してもらう。


さらに、これからは・・・。
「感性」の時代。
「コンセプト」の時代。
と考えている。

そこで、「感性的」に乏しい企業が「感性力」の高い容器メーカー(リスパック様)と「取り組む」とこんなに"結果が変わる"という発表をしてもらう。


「健康」をおさえておかないと…。
「感性力」をおさえておかないと…。

必ずデリカは行き詰まります。

ですから、今回はデリカ部門の発表は、「提案型」にさせてもらいました。
これは必聴の価値200%だと思う。


デリカ担当者は絶対に参加すべし。
"これから…"を予見する発表にします。




次に…
「女子力甲子園」
発表者は3つの企業に分けて紹介します。


株式会社マルヨシセンター
大野 亜紀
真鍋 厚子

f0070004_15355141.jpg

-タイトル-
「『マルヨシおもてなし隊』が会社の文化を変えてしまった…」


この企業は「商品力」においては超一流といわれる。
しかし、「商品さえよければ売れる。美味しければ売れる」とう過信によって、現場教育を長い間怠っていた。


そこで、立ち上がったのが「マルヨシおもてなし隊」
「たった2人」からスタートした活動がいつの間にか“全社的取り組み”になる“サクセスストーリー”を発表してくれる。

さらに、それによって「会社の文化」が劇的に変わってきていることも“実例”をもとに発表する。


「商品力」オンリーの企業が「現場力」をつけようとしている。
しかし、そのきっかけは「たった2人の女性の“これではダメになる―”の運動」からスタートしたのである。


「女子力が会社の文化を変えてしまった…」という信じられないような発表である。



2社目が・・・。

株式会社ニシザワ
関 晴美
山岸 裕子
柘植 由加里

f0070004_15354261.jpg

―タイトル―
「ウーマンパワーってこんなにすごいんです!!」


この企業はあらゆる分野(部門)の“女子力(ウーマンパワー)”を発表します。
「レジチェッカーから店長へ…。 そして、その後の夢はでっかく○○○」

「うだつのあがらないどこにでもいるパート社員。それが今では“ヒットメーカー”といわれるまで…。そして、これからの夢は○○○」
「パート社員で採用され、“負けたくない!!”という一心で遮二無二働いていたら、評価され“正社員”へ…。これからの私の夢は○○○」


というような「ウーマンパワー」を発表します。
参加した女性たちが“悔しい!!” “私だって…”と思える発表にしてみせます。


“やる気”のある女性社員に是非聴かせたい発表です。




3社目が…
株式会社キクチ
山田 浩子
小島 有紀
神保 和江
江口 泰子
高坂 千晶

f0070004_15354753.jpg

―タイトル―
「フレスコの“5人の達人”が自店の“尖り”です!!」

「ラッピングの達人」
「試食の達人」
「接客の達人」


などなど、
「社内教育」によって、各自の潜在的能力が開花され、お店の“尖り”となることを発表します。
「女子力」を強化すると、お店の“尖り”になるという発表。

いわゆる・・・。

「ファイブウェイ・マーケティング戦略」の一つ「サービス」で“尖り”を出すにはこうするんだ!!

を実例を混じえて連射砲のように「5人の達人」が発表してくれる。


「やる気のある女性」にはぜひ参加し、聴いてもらいたい内容です。




以上が「女子力甲子園」のラインナップです。
すごいでしょ。
これからは「女性の戦力化」がキーワードになる。
その為には、まず「気づき」が必要。「動機づけ」が必要なんです。
ぜひ、その「気づき」や「動機づけ」の場として活用して下さい。




次に「店長」部門
発表者は…
株式会社ショッピングセンター丸正総本店
鳥居 圭介
f0070004_15355758.jpg

―タイトル―
「競合店が2015年9月に出店!! それまでの対策をいかにするか!!」


2015年1月の売上高前年比107.7% 粗利益前年比117.7%
いわゆる「絶好調」の分類に入る。


しかし、この状態でも2015年9月イトーヨーカドーが至近距離に出店してきたら厳しい。
そこで、もっと売上高・利益高を上げるにはどうしたかを発表する。

「前年比2ケタ増」を実現し、競合店を迎え撃つことを“ミッション“としている。

では、その“ミッション”を達成するためにどのようなことをしているのかを実例をもとに発表する。


「ファイブウェイ・マーケティング戦略」の
「価格(安さ)」・「サービス」・「アクセス」・「商品」・「経験価値」のうち、
どれを“尖り”にし、
どれを“差別化”していくのか。


それを具体的に徹底的に行っていくと、この“ミッション”を実現できるという発表にしてくれる。


ぜひ、参加し、発表を聴いてもらいたい。
「安さ」や「店舗リニューアル」が競合店対策ではない。


それ以外を徹底することによって、売上高も利益高も上げることができる。
“競合店対策”できるという発表。


これは絶対に聞き逃す訳にはいかない。
競合店出店が決定している企業ならびに経営者・店長は絶対に聴く価値あり。
「何百万」「何千万」の価値がある。



以上です。
すごいでしょ!!




「第17回 やる気と感動の祭典」の“コンセプト”は…
「即効性と結果にこだわる!!」
です。

「すぐに結果が変わる」ことに固執しました。
「すぐに実践できる」ことに固執しました。

そして、「独自化・差別化」に固執しています。

「結果が変わる」ことに…
「他社との違いが出せる」ことに…
「自社の“尖り”や“差別化”につながる」ことに…

徹底的にこだわります。



今、これだけ「結果」にこだわったセミナーはほかにありません。
「参加費の何十倍、何百倍」
の売り上げや利益を生み出させてみせます。



「知識を高めるセミナー」
ではありません。

「実践力」を高めるセミナー
です。

いや、「学びを求める人間」のためのセミナーです。


昨日、「いの一番」で申し込んできた方がおられます。
「ユニー」の店長さんです。
「定年の延長」を会社から要請されて、店長をされているのだそうです。

まさしく彼こそ…
「学びを求めて」申し込まれています。


「教育は与えるものではない。求める人間に学ばせることである」


このBlogを読んでおられる方…
「自ら手を挙げて、参加を志願してください!!」

「そんな人間を全員参加させてください!!」
それが商人伝道師から経営者の方々へのお願いです。

「学びを求める者」にとって、“最高のセミナー”にしますから…
期待しておいてください。



そして、「今日の一言」・・・
「失敗は成長に続く唯一の機会である。
真面目な失敗はなんら恥ではない。
失敗を恐れる心にこそ、恥辱は住む。」
ヘンリー・フォード

by akindonet | 2015-02-24 18:00 | Comments(0)

お詫びとお礼

2015年3月19日(木)~20日(金)開催の
「第3回 店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」
弊社の予想をはるかに超える好評を頂きまして、
定員に達したため募集を締め切らせて頂きました。
これから申し込みをされようとしておりました方々や
社内稟議中の方々に於かれましては誠に申し訳ございません。
次回、また新たな視察セミナー等の開催も計画致しておりますので、
そちらで皆様にお会いできますことをお待ち申し上げてまります。
ありがとうございました。




f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1. 全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから





あと2名となりました。 お急ぎ下さい!



詳細はこちらから!
https://www.akindonet.com/seminar/food_labeling/



今日は、朝5時起床。
「サクラ」と軽くジョギングして…
身支度して、羽田空港へ…。
今日は、徳島…。


そして、今日は早速本題…。
今日は、
「第17回やる気と感動の祭典」発表者説明会で
発表内容が大まかに決まりましたのでお知らせします。





まずは、「商品調達」部門。
発表者は…。

株式会社東武
サウスヒルズ店 次長
室井 勝則
イーストモール店 青果バイヤー
松浦 泰弘
サウスヒルズ店 鮮魚アシスタントマネージャー
太田 有亮

f0070004_15495274.jpg



-タイトル-
「商品調達こそが商品力での“尖り”につながる」



「人間力」ばかりが注目されていますが、
実は「商品調達力」で圧倒的尖りを出しているのです。
「道東(北海道東部)」というとあまり物流が整備されていません。
ましてや、どのボランタリーチェーンにも属していないので、
札幌や旭川などに物流拠点もありません。
ですから、独自に「商品調達」しなければいけません。

その「商品調達方法」を今回は発表します。
「ハイパーローカル」ってみなさん知ってますか…

「道東」のローカル
「北海道」のローカル
「日本」のローカル
「世界」のローカル


を取り寄せて展開することを

「ハイパーローカル」といいます。

これを取り組んでいるのがまさしく「東武」さん。
それを具体的に発表してくれる。

また、前代未聞のことを今回行います。
「道東のローカル商品を紹介してくれます」
エントランスに「道東ブース」を設置しようという構想もあります。
「物流」が整備されていない「道東」だからこそ、その地域から
「商品調達」すると“独自化”になる。
「何百万円」の利益を出す発表になること間違いなしです。

競合が生カキを売っていない時に、“旬の生カキ”を売れます。
毛ガニの“旬”は「3月後半」。花見やGWに仕掛けられる。
こだわりのじゃがいもの№1産地は「中標津」。
スーパー独自化商品の紹介…。
「生」でも食べられる「ラム肉」がある。
「健康」トレンドでラムはダイブレイクする。

それも紹介してくれる。

とにかくとんでもない「お宝」を得る発表になります。
絶対に「全バイヤー」参加することをおすすめします。





次に…
「チラシ販促部門」。

発表者は…

株式会社ニチエー
営業企画部 部長
山信 健志郎

f0070004_1551647.jpg


―タイトル―
「チラシ回数削減してチラシの質を上げてV字回復を果たす」


この企業は、一時期「ナショナルブランド」の安売り政策に走った。
自ら「差別化・独自化」を捨ててしまったのである。
その結果、客数・売上げ・利益ともに落とすことに…。
そのために一部競合になる「エブ⚪️ィ」さんの“一人勝ち”を
助長させることに…。

そこで再度、「チラシ回数を削減」
「チラシのクオリティー」を上げていった。
すると、昨年12月より前年比をクリアーするようになり、
今年に入り“絶好調”の域に入ってきた。

その原動力が「チラシ販促」と「人間力」。
その中の「チラシ販促」について徹底的に発表してくれる。

正直、このチラシの「考え方」や「レイアウト」「商品」
「取り組み」方法をモデリングするだけで
「チラシ効果が2ケタアップ」すること間違いなし。
なぜなら「2ケタアップ」した取り組みしか発表しないからです。
3月も…4月も…。
徹底的に「チラシのクオリティー」を上げて行きますので…
「夢の前年比110%(月トータル)」の発表も不可能ではない。
絶対に「販促担当者」は参加すべし…。
「何百万円、何千万円」の
売上げアップをもたらす発表になること間違いなし。





次に「青果部門」。

発表者は…。

ヤマダストアー株式会社
網干店 青果チーフ
柴田 祥平

f0070004_15512394.jpg


―タイトル―
「20代チーフの業績アップ方法とヤマダストアーの青果部門の戦略」


20代のチーフでありながら実績を出している。
しかし、チーフ就任当時は“問題"ばかり…。トラブルも絶えなかった…
そのチーフがどのようにして“おばちゃん(パート社員)”をまとめ
競合が至近距離(500m)に出店してきても
“売上げ・利益を伸ばし続けられた”
かの発表します。

若手社員で、将来を期待している社員にはぜひ聴かせたい発表。

さらに関西では最も注目されている企業の一つ。
「ヤマダストアー」。
その青果部門の“強さ”も発表してくれる。
相場によって、売上げや利益がブレやすい部門が青果部門。
しかし、相場によって売上げや利益のブレを最小化できる方法もある
ということを学べる発表にします。

青果部門担当者や若手社員を是非参加させてみて欲しい。
若手社員のモチベーションアップにも…
今、活躍されている「ヤマダストアー」の青果部門の取り組みも…
一緒に学べるのである。
必ず、「費用対効果」で何十倍、何百倍の成果を参加後出せることでしょう。
それぐらい、"自信"のある発表です。





次に、
「鮮魚部門」
発表者は…

株式会社いちやまマート
鮮魚部 バイヤー
齊藤 博志
岡谷店 鮮魚部 課長
窪寺 智宏

f0070004_22273277.jpg


-タイトル-
「打倒!日本一の鮮魚せ専門店」
「海のない県で日本一の鮮魚部門を目指す!」


あの日本一の鮮魚専門店と言われる「角上魚類」さんと競合している
担当者が「打倒!日本一の鮮魚専門店」をコミット(決意)し、
行こなってきた取組みを“全公開”してくれます。
これは、「目からウロコ…」の発表になること間違いなし。

「専門店よりも専門化」。

そんなことがスーパーマーケットでもできることを証明してくれる。

さらに、鮮魚で“イノベーション”
起こし続けている企業。

「海のない県で“日本一”の鮮魚部門”を目指す!」

「海のない」ことをハンディとせず、
アドバンテージと考えて、
「独自化、差別化の商品調達」
「商品化のイノベーション」を起こしている。
鮮魚担当者は、何はさておき参加すべき。
「やる感」史上、最高の鮮魚部門発表になることでしょう。
乞うご期待。
鮮魚部門を活性化したければ、全鮮魚部門担当者を参加させて下さい。



まずは、以上「4部門」の
“発表タイトル”と“発表のあらすじ”を紹介しました。


すごいでしょ!!今回…。




今回は、「即効性」に重きを置いています。

「実践すれば、必ず結果が変わる!!」
ということにフォーカスしました。



なぜなら、今年は「何もない年」だからです。

「ノープレイ・ノーエラー」になる年。


何もしなくても、何の落ち度もない年。
さほど売り上げも利益も落ちない年。


しかし…

ここで「実践し、思い切って結果を変えること」にフォーカスした企業と…

「ノープレイ・ノーエラー」の企業では…
大きな「差」が生じます。




実際に今年にはいり早々“会社の売り上げを引っ張ってきた”
「精肉部門」の伸びにかげりが見え始めている。


「5月以降、あれっ!?なんかおかしいなー!!」

となる。全国的に…


だから、「前もって手を打つ」必要がある。

その“前もって手を打つ”ためのヒントとノウハウを学べるセミナーにします。

そして、それを「必ず実践する」人たちの参加を期待しています。




「教育は、与えるものでなく、求めるものである」


「参加したい!!」
「学びたい!!」

「ヒントやノウハウを学び実践し、結果を変えたい!!」



そういう企業や人間にとって、“最高のセミナー”にする…



自信があります!!




なぜなら、今の時代に「マッチング」し、
「フィット」していると思っているからです。

日本全国をくまなく回っている人間が
「これからの問題点」を感じ、
その「対策・対応はこうだ!!」ということを考え、


“つくりだしたセミナー”


それが「第17回 やる気と感動の祭典」だからです。



ぜひ、参加をしてみてください。

明日に続く…






そして、「今日の一言」…
決断しないことは、
ときとして間違った行動よりたちが悪い。
(ヘンリー・フォード)

by akindonet | 2015-02-23 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


お詫びとお礼

2015年3月19日(木)~20日(金)開催の
「第3回 店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」
弊社の予想をはるかに超える好評を頂きまして、
定員に達したため募集を締め切らせて頂きました。
これから申し込みをされようとしておりました方々や
社内稟議中の方々に於かれましては誠に申し訳ございません。
次回、また新たな視察セミナー等の開催も計画致しておりますので、
そちらで皆様にお会いできますことをお待ち申し上げてまります。
ありがとうございました。




f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1. 全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから





緊急開催!!


2015年春「食品の機能性表示制度」スタート!
これにより、「10兆円」の大きなマーケットが創出される可能性あり!!

この「機能性表示制度」について詳しく学び、
この制度によりスーパーマーケットに何が起きて…何が変わるのか…を解説します。

日本に「ホールフーズマーケット」や「トレーダージョー」などのような
“スペシャリティストアー”がこの制度により誕生するかもしれない…
「食品表示」の第一人者垣田達哉先生と、商人伝道師こと水元仁志が提言する

3月7日(土)
詳細はこちらから!
https://www.akindonet.com/seminar/food_labeling/



今日は、朝6時起床。
身支度して、江東区豊洲へ…。
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「売場クリニック」の撮影。
朝8時より約1時間。
その後、近くの「コーヒーショップ」で仕事して…
午前11時よりコンサルティング。
夜18時過ぎに終了。
その後、「面接」。3名…。

なぜか知らないですが、応募だけは多いんです。
こんな「零細企業」。なんで人気あるんでしょうね…(笑)
今回は約70名ぐらい応募が来ています。
しかし、「採用」は慎重にしています。

一名は内定したので…。
もう一名採用しようと思っています。
良い方と巡り会えますように…。

そして、帰宅。
夜9時ぐらいか…。


来週も…
「四国〜大阪〜兵庫〜東京〜島根」
と続きます。

またまた休み無いなー。
まあ、楽しいからいいか…。
「小商人伝道師」がブウブウいいはじめていますが…(笑)




そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。



今日は…

「熊本の名校長・最後の授業」
大畑誠也(九州ルーテル学院大学客員教授)


私が考える教育の究極の目的は
「親に感謝、親を大切にする」です。

高校生の多くはいままで自分一人の力で
生きてきたように思っている。

親が苦労して育ててくれたことを知らないんです。
これは天草東高時代から継続して行ったことですが、

このことを教えるのに一番ふさわしい機会として、
私は卒業式の日を選びました。
式の後、三年生と保護者を全員視聴覚室に集めて、
私が最後の授業をするんです。
そのためにはまず形から整えなくちゃいかんということで、

後ろに立っている保護者を生徒の席に座らせ、
生徒をその横に正座させる。

そして全員に目を瞑らせてからこう話を切り出します。

「いままで、お父さん、お母さんに
 いろんなことをしてもらったり、
 
心配をかけたりしただろう。

それを思い出してみろ。
 
 
交通事故に遭って入院した者もいれば、
 親子喧嘩をしたり、
こんな飯は食えんと
 お母さんの弁当に文句を言った者もおる……」
 

そういう話をしているうちに涙を流す者が出てきます。

「おまえたちを高校へ行かせるために、

ご両親は一所懸命働いて、
 その金ばたくさん使いなさったぞ。
 
 
そういうことを考えたことがあったか。
 
学校の先生にお世話になりましたと言う前に、
 まず親に感謝しろ」
そして
「心の底から親に迷惑を掛けた、苦労を掛けたと思う者は、
 
いま、お父さんお母さんが隣におられるから、
 その手ば握ってみろ」
 
 

と言うわけです。
すると一人、二人と繋いでいって、
最後には全員が手を繋ぐ。

私はそれを確認した上で、こう声を張り上げます。

「その手がねぇ! 十八年間おまえたちを育ててきた手だ。
 
分かるか。……親の手をね、これまで握ったことがあったか?
 
おまえたちが生まれた頃は、柔らかい手をしておられた。
 
 
いま、ゴツゴツとした手をしておられるのは、
 
おまえたちを育てるために
 大変な苦労してこられたからたい。
それを忘れるな」

その上でさらに
「十八年間振り返って、親に本当にすまんかった、
 
心から感謝すると思う者は、いま一度強く手を握れ」
 
と言うと、あちこちから嗚咽が聞こえてくる。

私は
「よし、目を開けろ。分かったや?
 
私が教えたかったのはここたい。
 親に感謝、親を大切にする授業、終わり」
 
 

と言って部屋を出ていく。
振り返ると親と子が抱き合って涙を流しているんです。

(『致知』2011年1月号 特集「盛衰の原理」より)


いかがでしたか…。
今日の心のオアシス。

家族や両親という存在も、自分の支えてあることは確かですが、
人って、沢山のひとによって支えられています。
自分がどれだけの人にささえられているのか
気づかないで生活しているひとも沢山いると思います。
例えば、飲みものを飲むにしても、自分の口にはいるまで、
沢山の人がそれに携わっている。
そういうことに気づくのって大切だと思います。

さて、今週末には
「第17回やる気と感動の祭典」の案内状
お送りできると思います。
ぜひ、お申し込み下さいね。

そして、「今日の一言」…。
「十のサービスを受けたら十一を返す
その余分の一のプラスがなければ
社会は繁栄していかない」
(松下幸之助)

by akindonet | 2015-02-22 18:00 | Comments(0)

お詫びとお礼

2015年3月19日(木)~20日(金)開催の
「第3回 店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」
弊社の予想をはるかに超える好評を頂きまして、
定員に達したため募集を締め切らせて頂きました。
これから申し込みをされようとしておりました方々や
社内稟議中の方々に於かれましては誠に申し訳ございません。
次回、また新たな視察セミナー等の開催も計画致しておりますので、
そちらで皆様にお会いできますことをお待ち申し上げてまります。
ありがとうございました。




f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1. 全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから





緊急開催!!


2015年春「食品の機能性表示制度」スタート!
これにより、「10兆円」の大きなマーケットが創出される可能性あり!!

この「機能性表示制度」について詳しく学び、
この制度によりスーパーマーケットに何が起きて…何が変わるのか…を解説します。

日本に「ホールフーズマーケット」や「トレーダージョー」などのような
“スペシャリティストアー”がこの制度により誕生するかもしれない…
「食品表示」の第一人者垣田達哉先生と、商人伝道師こと水元仁志が提言する

3月7日(土)
詳細はこちらから!
https://www.akindonet.com/seminar/food_labeling/






今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
「サクラ」と軽くジョギングして…
身支度して、まずは会社へ…
荷物を積んで「第17回やる気と感動の祭典」"発表者説明会"会場へ…
会場は「東京流通センター」。



アソシエイトは朝9時集合。
発表者は朝10時集合。
今回は"大人数"。
「説明会」だけで「28名」の方が来られた。

まずは、商人ねっとのアソシエイトから「当日までの注意事項と確認事項」についての説明。
司会兼説明役のアソシエイト。

f0070004_12333635.jpg


うまく説明できるでしょうか…。楽しみです。
その後、商人伝道師が発表者へ話をします。
"ゲキ"であったり…"激励"であったり…"感謝"であったり…
「約1時間」。
「心得」みたいなことを話します。

f0070004_12335532.jpg


f0070004_1234788.jpg


その後、発表者は「3つの部屋」を駆け回ることに…
一つの部屋では…
「商人伝道師との発表内容」の打ち合わせ

これがとても大事なんです。
この「発表内容」の打ち合わせが発表の成功の"約7割"を決めるといっても過言ではない。
ですから、商人伝道師も真剣です。

「ヤングパワー&青果部門」の発表者との打ち合わせ
f0070004_1359937.jpg


「イノベーション&鮮魚部門」の発表者との打ち合わせ。

f0070004_15205693.jpg


f0070004_1521935.jpg


f0070004_15212030.jpg


「尖り戦略&精肉部門」の発表者との打ち合わせ。

f0070004_18104125.jpg


「ニューへの挑戦&デリカ部門」の発表者との打ち合わせ。

f0070004_15221690.jpg


f0070004_15222658.jpg


この部門は「株式会社リスパック」さんが全面サポートしていただける。
「株式会社リスパック」さまにもメリットのある発表にしてもらいたいと心から願う。

そして、「リーダーシップ&店長部門」の発表者との打ち合わせ。

f0070004_1633419.jpg


f0070004_16331682.jpg


そして、ここから「第17回」にして"初"の部門であり、"初の発表"。
まずは、「商品調達部門」

f0070004_15522471.jpg


f0070004_15523178.jpg



"初"なので、どのように話すかは事細かに話する。


次に、「チラシ販促部門」

f0070004_164585.jpg


f0070004_1641610.jpg


この部門は、この2月~4月の発表の時まで、売り上げの"異常値"に挑戦してもらいたいので、ここも事細かに話する。


そして、どうなるか全くわからないが…
「女子力甲子園部門 」
f0070004_140137.jpg

f0070004_1404837.jpg

f0070004_1404582.jpg

f0070004_1404295.jpg


「コンセプト」の話からスタートして、3企業の話したい内容を聞いて、アドバイスする。
どうやるかわかりませんが、「ニューへの挑戦」です。
参加者がものすごく悔しがる発表にします。(笑)



以上の発表者と"サシ"で話します。
ですから、全て終わるころにはクタクタになります。
精神的にボロボロ状態です。(泣)
しかし、「選出」した以上、全ての責任は「商人伝道師」にあります。



「全責任」を負って、最高のセミナーにします。

「最高とは…」

「発表者の発表を聞いて、参加企業、参加者が大きく結果を変えられる」発表のことを言います。
ですから、ぜひ参加してみて下さい。



また、別の部屋では…
「プロモーションビデオ用」の撮影とインタビュー。
こんな感じです。

f0070004_15512723.jpg


f0070004_15511480.jpg


f0070004_1551650.jpg


f0070004_1550551.jpg


f0070004_15504626.jpg


f0070004_15503489.jpg


f0070004_15502146.jpg




そして、3つ目の部屋では…
「写真撮影」。
いろんなものに使いますので…

f0070004_15521662.jpg


f0070004_16161053.jpg


f0070004_16162454.jpg


f0070004_16164095.jpg


f0070004_16263282.jpg


f0070004_16293632.jpg


f0070004_1827723.jpg


f0070004_18272470.jpg


まるで、「芸能人並み」の待遇。
「スター」にされます。
こんなにされることは一生でもそんなにないと思います。
選ばれた方には「最高のおもてなし」をする。
これが「商人伝道師」であり…「商人ねっと流」です。

4月21日(火)~22日(水)

「第17回やる気と感動の祭典」

期待しておいて下さい。



そして、「発表者説明会」を開催していつも思うことを今日は書きます。

とにかく「発表者」の"真面目さ"、"実直さ"に感服する。
「会社の代表」という意識が高い。
自分の発表が会社の評価になることを自覚している。
だから、"ド真剣"に説明も聞く。



主催者側も発表者に「最高のパフォーマンス」をしてもらいたい!!
という強い気持ちを持っているので、その"個人のパーソナルクオリティ"を引き出そうと必死になる。



こういうことが"連鎖"して"金属反応"して、あの「やる気と感動の祭典」が開催できる。



開催までの約2か月間。
「何回も…何回も…」
「ダメ出し!!」
されます。
一から作り直す発表者も少なくない。

それぐらいみんな"ド真剣"ですし…商人伝道師も"ド真剣"です。
発表者に最高の発表をさせたい!!
参加者に最高の"気づき""感動"を与えたい。



今回は、「学びたい!!」そして「学びを求めている」方々が数多く参加されるはずである。
よって、いつも以上に"熱気あふれる"「やる気と感動の祭典」になるはず。



だから、今回は準備期間を長くした。
十分に時間があるのではない…
それだけ"完璧"を要求されるということ。

だから、いつもの「やる気と感動の祭典」より商人伝道師からの要求は高い。
それに応えてくれる発表者を選出したつもりである。



最後に、発表者に伝えた「第17回やる気と感動の祭典」の
「発表ミッション」は…

「我々発表者は、参加される方々に"最高の気づき"と"最高の学び"と"すぐ実践したい"という"最高のノウハウ"を与えられる発表をすることを誓う」

そして、「やる気と感動の祭典」のミッションは、
「Change People! Change Future!!」

"人が変われば(会社の)未来が変わる"

これは"不変のミッション"です。
期待しておいて下さい。


そして、「今日の一言」…
「学べば学ぶほど、
自分がどれだけ無知であるかを
思い知らされる。

自分の無知に気付けば気付くほど、
よりいっそう学びたくなる。」
アルベルト・アインシュタイン

by akindonet | 2015-02-21 18:00 | Comments(0)

お詫びとお礼

2015年3月19日(木)~20日(金)開催の
「第3回 店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」
弊社の予想をはるかに超える好評を頂きまして、
定員に達したため募集を締め切らせて頂きました。
これから申し込みをされようとしておりました方々や
社内稟議中の方々に於かれましては誠に申し訳ございません。
次回、また新たな視察セミナー等の開催も計画致しておりますので、
そちらで皆様にお会いできますことをお待ち申し上げてまります。
ありがとうございました。




f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ

セミナー参加申込み
受付開始いたしました!!


セミナー参加につきましては
「やる気と感動の祭典」公式HPをご覧下さい。


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1. 全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから





緊急開催!!


2015年春「食品の機能性表示制度」スタート!
これにより、「10兆円」の大きなマーケットが創出される可能性あり!!

この「機能性表示制度」について詳しく学び、
この制度によりスーパーマーケットに何が起きて…何が変わるのか…を解説します。

日本に「ホールフーズマーケット」や「トレーダージョー」などのような
“スペシャリティストアー”がこの制度により誕生するかもしれない…
「食品表示」の第一人者垣田達哉先生と、商人伝道師こと水元仁志が提言する

3月7日(土)
詳細はこちらから!
https://www.akindonet.com/seminar/food_labeling/



今日は、朝5時起床。
身支度して、新横浜へ…。
今日は山梨…。
もちろん日帰り。
帰宅は夜10時くらいか…。


明日は、早速「第17回やる気と感動の祭典」の発表者説明会。
さあ、「第17回やる気と感動の祭典」が本格スタートします。
4月21日~22日
まで、とにかく全力投球していきます。



さて、まずは「お詫び」…。
「第三回店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」
は予想をはるかに上回る「お申込み」があり…。
昨日で締めきりました。
2月いっぱいは募集しようかな…と思っていたのですが…。
もう人員的にこれ以上集められないので締めきりました。
お申込み頂いた企業様には「最高のセミナー」だった…。
といわれるぐらいに準備しますので、よろしくお願いします。



そして、今日は「TV出演」で気づいたこと…。
昨日、商人伝道師は初めて「バラエティー」番組に出演しました。
「一生のうちで、1回ぐらいはいいか…」
と思い出演したんです。
番組名は…
後で詳しく公開致します。

出演者は…。
f0070004_17111631.jpg


「こういうことが不便なの…」
ということを専門家が解消してあげるという番組。


その「トップバッター」が商人伝道師。
「なんで…?!
初めて出演する人間がトップバッター…??」

他の「専門家」はよくTVで見かける人間ばかり。

もう緊張しまくり…
「言葉カミカミ」だし…
「滑舌悪い」し…
最悪…

多分、殆どカットされて、抹消されるかも(泣)
あまり期待しないで下さいね。
殆ど出ないと思うので…

まあ「娯楽」として時間がありましたら見て下さい(笑)
いつもとは違う「商人伝道師」が見れますので…

そこで「感じた」ことを…
この番組。
「9つの不便・不満」を解消していこう…
という番組だったんですね。
その9つの中で、唯一解消できたのが…
「スーパーマーケットのレジ待ち」
だったんです。
「他の8つは無理」という結論。

特にひどかったのが…
「病院関係」の不満・不便…
「病院で予約しているのにこんなに待たされるの…」
それに対する答えは…

「患者が悪い!!」
「病院も一生懸命やっているんだ…」
「ドクターが不足しているんだ…」
「このままいったら医療費で日本は破綻する」
「ちょっとしたことで病院に来すぎ…」


など、言いたい放題。
いわゆる「待ち時間」を解消しようなんて全く考えてない。


でも、それが当たり前だと思っている。
それに比べて「スーパーマーケット」はお客様を並ばせないということに対して、
一生懸命にやっていると感じた。

歯医者の先生に至っては…

「もしも、自転車に乗ってて右手と左手を骨折したら
両方ギブスしますよね…
なぜ、歯の治療は1ケ所だけなの…
一気にやってくれれば何日も通わなくていいのに…


という"ツッコミ"に対し…
「明確な答え」がない…

たぶん、競争があまりないからそんな努力しなくていいんですね。

「開業すると3年は赤字なんです。
大変でしょ。」


「そんなんスーパーマーケットでは当たり前!!」
「赤字」という概念はない。国が払ってくれるから…



グチっぽくなりましたが…
何を言いたいかというと…
「スーパーマーケットって、
本当にお客様のためのことを思ってやっているなー」

ということ。
本当に真面目に実直に行っている。
"言い訳"なんて許されないし、常に"お客様"のことを思って改善、改革している。


ある医療ジャーナリストが…
「アメリカに比べたら、
日本のレジ並びなんて大したことないわよー」
「日本人はわがまますぎなのー」


そりゃそうです。
でも、そんなこと言えないですもんね…。みなさん。
お医者さんだと、「患者が悪い!!」で済むけど…
本当にみなさん、頑張っている。もっとこの業界は評価されていい。



それと、これからは「予防治療」がキーワードになりますよ。
しきりに、「予防治療」という言葉を著名なドクターさんが言うんですから…
「予防治療」。いわゆる「病気にならない生活しよう」ということ。
ということは、「医食同源」ではないけど…

これからは、間違いなく「健康な食生活」が注目されてくる。
著名がドクターが「予防治療」がこれから大事と言っているんです…

「健康によい食材」
「健康を維持するために効果のある食材」
「添加物のない食品」


というものが、「安さ」や「鮮度」「品質(おいしさ)」と同じぐらい注目されるようになる。
それを今回、確信した。



これからお客様の購入理由が変わってきますよ…

「ただ安いだけ…」
「ただおいしい…」
「何の取り柄のない商品…」


は間違いなく売上が止まってくる。
それに早く気づき、方向転換した企業が必ず時代を制す。

この「健康」
ただ陳列しただけでは売れない。
なかなか根性の必要な商品です。
ですから、どの企業も…
というわけにはいかない。

だから、「差別化」、「独自化」になるのです。


今日は、最初で最後の
「バラエティー番組」出演して感じたことでした。




そして、「今日の一言」…
「もし私が価値ある発見をしたのであれば、
それは才能ではなく
忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。」
アイザック・ニュートン

by akindonet | 2015-02-20 18:00 | Comments(0)

お詫びとお礼

2015年3月19日(木)~20日(金)開催の
「第3回 店舗視察&鮮魚部門徹底セミナー」
弊社の予想をはるかに超える好評を頂きまして、
定員に達したため募集を締め切らせて頂きました。
これから申し込みをされようとしておりました方々や
社内稟議中の方々に於かれましては誠に申し訳ございません。
次回、また新たな視察セミナー等の開催も計画致しておりますので、
そちらで皆様にお会いできますことをお待ち申し上げてまります。
ありがとうございました。




f0070004_150694.png

「第17回やる気と感動の祭典 発表者発表」

部門別リンク
・ヤングパワー&青果部門
・商品調達部門
・イノベーション&鮮魚部門
・尖り戦略&精肉部門
・ニューへの挑戦&デリカ部門
・チラシ販促部門
・リーダーシップ&店長部門
・女子力甲子園


【やる感ボランティア募集のお知らせ】
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

1. 全国の志の高い方々と
コミュニケーションを取って、運営の準備をしたい

2. 600名以上の参加者を、
“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい

3. “人間力”を高めたい


など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。
後輩にお声掛けしていただけませんか…。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

是非ご参加下さい!

応募はこちらから




緊急開催!!


2015年春「食品の機能性表示制度」スタート!
これにより、「10兆円」の大きなマーケットが創出される可能性あり!!

この「機能性表示制度」について詳しく学び、
この制度によりスーパーマーケットに何が起きて…何が変わるのか…を解説します。

日本に「ホールフーズマーケット」や「トレーダージョー」などのような
“スペシャリティストアー”がこの制度により誕生するかもしれない…
「食品表示」の第一人者垣田達哉先生と、商人伝道師こと水元仁志が提言する

3月7日(土)
詳細はこちらから!
https://www.akindonet.com/seminar/food_labeling/





今日は朝4時起床。
Blogを書いて…
原稿を読んで…
身支度して、まずは私用…

その後、六本木のテレビ朝日のスタジオへ…
今日は一日バラエティ番組の収録です。



そのために予定を変更させていただいた「東京六社会」のみなさん。
大変ご迷惑をお掛けしました。
ごめんなさい。


どんな番組か…
小生は全くTVを見ないので知らないのですが…
今日の収録は3月頭ごろに放映される予定です。
たくさんのパネラーがいたので、まあ5分ぐらいの出演かもしれませんが…
あまり期待をせずに時間があったら視聴してみてください。
また後日詳細を発表させていただきます。

すごく緊張して、全てカットになったりして…
実は、かなり小生がしゃべる部分が多いんです。
どうしましょう…
まあ、なんとかなるのでは。
がんばります。



さて、昨日もご案内しましたが…
「食品表示対策セミナー」、まだまだ余裕があります。
f0070004_15221730.png

「食品表示」の第一人者である「垣田 達哉」先生の話など、
めったに聞く機会はありませんよ…
みなさん。
「コンプライアンス」等、かなり問題視されてきているので…
しっかりと勉強されたほうが良いと思います。

垣田先生は、国の“諮問機関”の委員でもありますので、
ものすごく詳しい。
いわゆる「作成する側」の方なんです。
ですから、いろんなことを質問されても大丈夫です。
なんでも答えていただけます。
ぜひ参加してみてください。


さらに、小生から「健康食品の機能性表示」が
スーパーマーケットをどのように変えるのかを話します。
これも“必聴の価値あり”だと思います。
直前までお申込み受け付けます。
お待ちしています。

詳細・お申込みはこちら




そして、今日は「お客様を知る」について…
昨日の「美味安心情報交換会」でも発表された方がおられたのですが…
「お客様に聞く」
ってすごく大事なことのような気がするんです。

「お客様の中におられるお客様」

たしかこれは「セブン&アイホールディングス」の鈴木敏文会長が言われた言葉だと思うんだけど…
商人伝道師流に言うと…
「お客様の潜在的ニーズ」
これをどうつかんでいくかだと思うんです。
「ニーズ」には以前から言っているように…
「顕在化ニーズ」と…
「潜在的ニーズ」がある。

ニーズは“顕在化”すると、どの企業も扱いはじめるので…
「価格競争」に陥りやすい。
しかし、「潜在的」ニーズはまだお客様さえも気づいていないことが多い。
よって、「見える化」する必要性がある。
「見える化」すると、

「そうだよねー」
「そうそう…」


と言って購入していただける。

この「潜在的ニーズ」をいかに捉えられるか
これからの商売のポイントになると思う。


その「潜在的ニーズ」をつかむ一番の方法…
それが…
「お客様に聞くこと」
なんですよね。

聞くというとすぐに「アンケート」と思われがちですが…
「大試食会」もお客様の声を聴ける。
「どれがおいしいか…」を判断してもらえるから…
さらに…
「クッキングサポート」の会話の中からもお客様の声を聴ける。
このように聞く方法はいっぱいある。


要するに、「聴く気」があるかどうかである。
その声の中に大きな“商売のヒント”が隠されている。
昨日も発表されていたが…

「Xmasケーキの案内はホールケーキが多い。
 しかし、当日購入されるお客様は圧倒的に個食タイプ」
「おせち材料の売場の7割がカマボコ売場。
 しかし、アンケートを取ると約4割しかカマボコはおせち材料に占めていない」


こういうことがわかると、売場展開や売り込み商品が全く変わってくるわけですよね。



そして、その「お客様の声」をもとに商品を開発すると大ヒットする可能性が高い。
例えば…
美味安心さんの新商品「ココナッツオイルジャム」
なんと、今大ブレイクしている「ココナッツオイル」でジャムを作った。
ものすごくおいしい。
売価も「399円」。
売れると思いませんか…
これ、大ヒットしますよ…。

「ココナッツオイル」の使い途がわからないし、固形だと使いづらい。
それが「ジャム」となっていれば、むちゃくちゃ使い途がでてきますよね。
何にでも「トッピング」できる。
これって、ものすごい「商品」だと思いませんか…?



このように“お客様の声”を活かし…
お客様の“不の解消”する商品は…
今後、間違いなく「ヒット商品」となる。

「安い」商品だけがヒット商品になることはない。
「品質がよい」商品がヒット商品になることもない。

やはり
「お客様の不の解消」できたり…
「潜在的ニーズ」にフィットしたり…
している商品でないとヒットしないと思う。



そういう意味からも、もっともっと「お客様の声」を聴くことが必要ではないかと感じている。
みなさんは、どう思いますか…




そして、「今日の一言」…
「Dream can Do, Reality can Do!」
(思い描くことができれば、それは現実にできる)
Nasaの門に刻まれる言葉

by akindonet | 2015-02-19 18:00 | Comments(0)