「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

心のオアシス


変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様・紀文食品様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから







【最新動画情報】
水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編


人手不足に悩まされているデリカ部門。
そのため、商品量を出すことが困難な状況にあり、
単価を高めていくための努力が必要となってくる。

しかし、だからといって単価をアップするだけでは
これから生き残っていくことは難しい。

今回の売場クリニックでは、実際の売場を見ながら
それぞれの商品に必要な「単価」・「量」・「新しさ」を見極め、
デリカ部門に必要な提案を商人伝道師・水元仁志が解説していく。

デリカ担当者必見!!お見逃しなく!

水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編はこちらから!!



今日は、朝6時起床。
軽くジョギングして…。
サクラを散歩させて…。
今日は、久しぶりの「スーパーマーケット巡り」。
ちょっと“ネタ仕入れ”に出かけます。(笑)
夜は、家族で久しぶりの食事。


そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日ですね。


今日は…

「魂を伝承する」
鈴木秀子(国際コミュニオン学会名誉会長)



毎日を丁寧に生きるコツは
「いま、ここ」に意識を集中する習慣をつけることです。
鬱病の人たちなどは過去のことをいつまでも後悔したり、
未来をあれこれ思い悩んだりする傾向がありますが、
現実にはまっさらな「いま、ここ」しかありません。
いま、この瞬間は過去も未来も悩みも存在しないのです。

これは私自身が日々心掛けていることでもあります。
私の一日は朝五時のお祈りから始まりますが、
手帳を開くと講演や執筆、会食、相談など
スケジュールがみっちり詰まっている日も少なくありません。
しかし、一度にできるのは一つだけ。
いまここに溢れる神様の愛を、
目の前の人に伝えていきたい、という思いで、
その一事だけに集中します。

それがたとえ百㌫でなかったとしても
自分で精いっぱいやれたと思ったら
自己完結させて次のことに取り掛かります。
過去に戻ることはしません。
前も後ろも断ち切っていまここに思いを注ぐ、
禅宗で言うところの前後際断の生き方です。

その習慣を積み上げていると、
丁寧に生きることの意味が分かってきます。
自分が使う椅子や机、本、パソコン、自然の光景、
出会う人たちなどに自然と意識が向きます。

「ああ、この椅子のおかげでゆっくりくつろげる。
誰がどのような思いでデザインし組み立てたのだろうか」
「目の前にいるこの人は、どのような人生を送ったのだろうか。
もっと話を聴いてみたい」といった思いが
込み上げてくるようになるのです。
その方とお話しする時は、
自分が何か話したいという頭の動きをいったんストップさせて、
相手が伝えたいことに意識を集中するようになります。

そして、いま、ここに集中しながら
丁寧な生き方を続けることは、
目の前の試練から抜け出す一つの秘訣でもあります。

末期のがんに侵され余命一か月と宣告された
二十六歳の青年がいます。
人生もこれからという時にがんを発症し、
本当ならば自暴自棄に陥っても不思議ではありません。
しかし、彼は傍目には辛い状況であるにもかかわらず、
いつも明るく楽しそうに過ごしていて、
私に初めて会った時には
「この病気のおかげで鈴木先生とお会いすることができました」という
驚くような言葉まで出てきたのです。

そこから伝わってきたのは、自分の病気を受け入れ、
残された命の一瞬一瞬を精いっぱい
輝かせて生きていこうとする青年の真摯な生き方でした。

五分間という僅かな時間ですが
私も数回、青年の病室を訪ねてお祈りをしました。
またご家族を教会に呼んで
シスターたちと一緒にお祈りしたこともあります。

不思議なことに肝臓全体に広がっていた
がん細胞がいつの間にかとても小さくなっているのです。
そのために本人はほとんど苦痛を感じなくなるまでになっています。

子供の病気の中には、不仲の両親を繋ぎ留めるために
起こるものもあると言われていますが、
青年の両親もまた決して仲がよいとはいえない状態でした。
しかし、いまは息子さんの病を通して
お互いの生き方を省みつつあります。
私たちが体験する出来事に
意味のないものは何一つとしてありません。

目の前にいる掛け替えのない家族。
その一人ひとりの長所や素晴らしさもまた、
丁寧に生きることによって見えてくるのです。



いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」。

時間はみんなに平等にある。
それをどう使うかが大切ですよね。

12月商戦が今週よりスタートします。
今年の12月は「前半」で決まるといっても過言ではありません。
「12月21日までに貯金できるかどうか…」
これにかかっていると思います。
みなさんの健闘を心より期待します。

そして、「今日の一言」…。
「今日という一日は、明日という日の二日分の値打ちがある。
(ベンジャミン・フランクリン)

by akindonet | 2014-11-30 18:01 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様・紀文食品様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから







【最新動画情報】
水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編


人手不足に悩まされているデリカ部門。
そのため、商品量を出すことが困難な状況にあり、
単価を高めていくための努力が必要となってくる。

しかし、だからといって単価をアップするだけでは
これから生き残っていくことは難しい。

今回の売場クリニックでは、実際の売場を見ながら
それぞれの商品に必要な「単価」・「量」・「新しさ」を見極め、
デリカ部門に必要な提案を商人伝道師・水元仁志が解説していく。

デリカ担当者必見!!お見逃しなく!

水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編はこちらから!!



今日は、朝4時起床。
身支度して羽田空港へ…。
山陰、島根へ日帰り出張。

さあ、11月の売上を決める週末。
12月の前年のビハインドをここで決めておきたいですね。

「大義なき選挙」

も来週からスタートします。
ただでさえ、何かと忙し“師走”
よりいっそう“騒々しい”ものとなりそうですね。
今年は…。

また、12月に入って早々「師走寒波」が押し寄せてきそうです。
食が変わるくらいの寒波。
要注意です。


そして、今日は
「和デイリーの進化」について…。
「和日配(和デイリー)」はダウントレンドになって久しい。
マスメディアなど“健康”というキーワードで
取り上げると大ブレイクするが…
そうでないと、本当にダウントレンドだなーと感じる今日この頃。

しかし、だからといって諦めるわけにはいかない。
なんといっても「利益の柱」部門ですからね…。
この部門は極めて粗利益率の高い部門。
この部門の売上減は会社全体の粗利益率減に直結する。
それぐらい“重要”な部門であることは間違いない。
そこで、まずはこの「和日配(デイリー)」の進化についてお話ししましょう。


ダウントレンドの和日配の中でも極めてダウントレンドなのが「漬け物」。
しかし、この「漬け物」カテゴリー
“一筋の光明”のある情報が今年の夏にあった。
それはこれです。

f0070004_1149110.jpg


「1個1,000円を超える」ラッキョが一年分の量を
1ヶ月で売り切ってしまったという報告。
これは、大阪のトップワールド(不二商事)さんの報告。

「1個1,000円を超えるラッキョを
1ヶ月で1500個」も販売した。


ここにダウントレンドの「漬け物」の方向性があるような気がする。
よくこの写真を見て下さい。
すると…。

「新物」
「限定」
「国産・ブランド」


などお客様の“購買動機”を促す要素が入っていることがわかる。
これだと思うんです。
これからの「漬け物」は…。
なにか大きなヒントになった「成功事例」の報告でした。


そして、「トーフ類」。
今年、「トーフ類」で大ヒットした商品ができました。
そうです。

「谷口屋のおあげ」
f0070004_11511382.jpg


「油揚げ」が400円台で売れる。
今までの油揚げの常識は「2~3枚で100円」。
それを根本から覆した。
この背景には「マスメディア」の影響があることは間違いないが…
要するに「新しい価値」を創造すれば売れるということである。

「油揚げをおつまみで…!!」

こういう「新しい価値創造」が新たなニーズやマーケットを
作りだすことを教えてくれているように思う。

「新しいマーケット創造」といえば「蒸し大豆」もそうですよね。
f0070004_11515026.jpg


「健康志向」でこの蒸し大豆が大ヒットした。
なかなか家では大豆は蒸せないですもんね。
健康志向が「新たなマーケット」を創りだしてきている。
これと同じ切り口が「糖質ゼロ麺」や「コンニャク麺」。
f0070004_1152558.jpg

f0070004_11522187.jpg


明らかに、新しいマーケットとして位置づけられましたよね。
この「切り口」は来年も伸びそうです。


そして、小生が秘かに期待しているのが…。
「中華」カテゴリー。
しかし、まだ“大ヒット”とよべる商品が出てこない。
「ギョーザ」や「肉しゅうまい」など間違いなくヒットすると思うのですが…
あまりにも「安売り」ばかりしてしまったからであろうか…
「家で作るには時間がかかる。しかし家族は大好き!!」
こんな商品はかなりヒットすると思っているのだが…。
今のところヒット商品なし…。

そして、最後に「年末商戦」に向けて…。
これはヒットするだろうな―と思う商品
それは「ご祈祷年越しそば」(笑)

f0070004_1153976.jpg


「年越しそば」は縁起物。
こういうことってすごく大事だと思うんですね。
チャレンジしてみてはどうでしょうか…。

さらにXmasといったら「ピザ」。
今大ヒットしているのが「ピザレボ」。
f0070004_1153471.jpg


「楽天市場」で大ヒットした商品。
あまり大きくなく「1個600円」もする商品。
なのに、売れて!売れて!売れまくっている!!
このピザはいわゆる「口コミ」商品。
口コミで拡大している商品といってよい。
「コストコピザ」もあるがこのピザも面白い。

ということで今日はダウントレンドである
「和日配(和デイリー)の進化」についてのBlogでした。

そして、「今日の一言」…。
「流れる水は決して腐らない」
(中国のことわざより)

by akindonet | 2014-11-29 18:01 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様・紀文食品様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから







【最新動画情報】
水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編


人手不足に悩まされているデリカ部門。
そのため、商品量を出すことが困難な状況にあり、
単価を高めていくための努力が必要となってくる。

しかし、だからといって単価をアップするだけでは
これから生き残っていくことは難しい。

今回の売場クリニックでは、実際の売場を見ながら
それぞれの商品に必要な「単価」・「量」・「新しさ」を見極め、
デリカ部門に必要な提案を商人伝道師・水元仁志が解説していく。

デリカ担当者必見!!お見逃しなく!

水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編はこちらから!!





今日は朝5時30分起床。
実は、弊社の事務局のミスで、今日お伺いする企業様にお伺いすることができず…。
すごくご迷惑をお掛けしたことをこの場で深くお詫び申し上げます。


疲れがすごくたまっているので、今日は早めに帰宅しようと思います。
今回の「第12回 USA視察セミナー」はすごく肉体的ダメージがあります。(笑)
疲れがとれない。なぜでしょうね…。
そこで、少しの時間ですが早く帰って休養にあてます。



ところで、延期になっています「第9回 売場大賞」
「12月商戦」の“尖り売場”・“尖り商品化”・“尖りPOP”・“尖り人間力”のエントリーを期待しています。
ひょっとすると、“スーパー景品”があるかもしれませんよ…。
日本全国の有志と競ってみませんか…。
ぜひ、“意識化”してチャレンジしてみてください。
f0070004_17593497.png

f0070004_17593649.png

f0070004_17593992.png

売場大賞9 公式ページはこちら



そして、今日は「イメージチェンジ」について…

先日、主婦10万人に聞いてみたんですね。
「スーパーマーケットのイメージ」について…
スーパーマーケットは全国的に「人手不足」。
要するに、募集しても全く人が集まらない状況。
スーパーマーケットか…。商人ねっとか…。と言われるくらい(笑)


そこで、「スーパーマーケットで働いてみたいと思いますか?」と質問してみました。
すると、こんな結果に…
f0070004_1744661.jpg

「思う」・「少し思う」という方が15%。
「たった15%…!?」と思うか…
「15%もいる…!!」と思うか…


小生は、正直言います。
「15%もいるんだ!!」と…

「働きたくない」と思っておられる方が「69%」。
でも、こんなものです。
多いとは全く思いません。
まだ15%の方々が働きたいと思っていることを意識してください。


さらに、こんな質問も…
「スーパーマーケットで働くと、専門的な知識やスキルが身につきそうだと思いますか?」
すると、こんな回答が…
f0070004_17441063.jpg

f0070004_17441241.jpg

ここに問題があると思うんです。
「スーパーマーケットで働くと、こんなにいっぱいの専門的知識やスキルが身につきますよー!!」
をもっとアピールしてみてはどうでしょうか。
女性は「向上心」が非常に高い。
「身近でこんなに専門的な知識やスキルが身につくなら、働いてみたい!!」
と思うんです。
「レジ」しかお客様は分かりませんもんね。
「見える化」
が大事だと思いませんか…。


さらに、「スーパーマーケットの服装」について質問してみました。
f0070004_17441572.jpg

f0070004_17441712.jpg

まあ、「ダサイ」が一番にくるとは思いましたが…
もう少し、「ユニフォーム」について考えてみていいかなーと近頃思う。
女性は、「働いている自分の姿をイメージ」しますもんね。
「あそこのあのユニフォームかわいいよね~」
というような口コミが広がると、もっともっと人が集まると思うのですが…。


さらに、「勤務時間」についての質問もしてみました。
f0070004_17441959.jpg

f0070004_17442271.jpg

「朝が早そう」とか…「勤務時間が長そう」とか…
のネガティブなイメージがついている。
この「不」の解消もしていかねばなりませんよね。
決して、そんなことないのに…
やはり、「営業時間」が長い商売だから、そう思われがちなんですよね。
この「不の解消」。
大事だと思いますよ…


最後に、「仕事」について…
f0070004_17442539.jpg

f0070004_1744281.jpg

「工夫やアイディアが必要なクリエイティブな仕事」と答えた方が10%ちょっとしかいない。
実は、「工夫やアイディアが必要なクリエイティブな仕事」なのにですね…。
これも、「見える化」していかねばならないと思うんです。



「現実」と「イメージ」のギャップが大きすぎるから、人が集まらないのではないでしょうか。
この「不の解消」をしていけば、少しでしょうけど“人手不足”は解消してくるのではないでしょうか。
「イメージ」って大切だと思うんです。
あまりにもイメージが悪すぎるのではないでしょうか。
そこを払拭していくことが、人手不足の解消に繋がるのでは…
ということを、「主婦10万人アンケート」を行って思ったことでした。
みなさんは、このアンケートをみてどう感じられましたか…



そして、「今日の一言」…
「臆病になるな、他人の目や陰口にとらわれず、
自分のやりたいことに忠実になろう。」

(常盤新平)
by akindonet | 2014-11-28 18:00 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様・紀文食品様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから







【最新動画情報】
水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編


人手不足に悩まされているデリカ部門。
そのため、商品量を出すことが困難な状況にあり、
単価を高めていくための努力が必要となってくる。

しかし、だからといって単価をアップするだけでは
これから生き残っていくことは難しい。

今回の売場クリニックでは、実際の売場を見ながら
それぞれの商品に必要な「単価」・「量」・「新しさ」を見極め、
デリカ部門に必要な提案を商人伝道師・水元仁志が解説していく。

デリカ担当者必見!!お見逃しなく!

水元仁志の「売場クリニック」
2014年12月 デリカ部門・前編はこちらから!!




今日は、朝4時30分起床。
なんか、4時30分起きが続く…。
明日は4時。明後日も4時。
まあ、ちょっくら頑張ります。(笑)
身支度して、東京・京橋へ…。
今日は、「スーパーマーケット実践会in東京」。
午前8時30分からの「個別相談」から夕方18時までセミナーは続きます。
この「スーパーマーケット実践会in東京」も12月で終了します。
「第2期」の募集を12月1日からスタートします。
確実に結果の変わるセミナーです。
ぜひ、参加をご検討ください。



そして、今日は「菓子の進化」について…。
消費税が5%から8%になって、最も影響を受けるだろうと思われたのが…
「嗜好品」
特に、「菓子」だと思っていた。
しかし、小生の予想をいい意味で裏切ってくれたのが「菓子」部門でした
皆さんの企業も菓子は調子がいいのではないでしょうか。
もしも、調子が悪い企業がおられるのであれば、
政策を根本から見直す必要性があると考えます。


5%から8%に消費税が引き上がるぐらいから、
お客様の買物がものすごく変わってきたように感じます。
要するに、「賢消費」志向の高まりです。
「使い分け」しだした。

NBメーカー商品は、とにかく一番安い店から購入しようと考えた。
その一方で、その余ったお金で今度は「おいしい菓子」や「珍しい菓子」を購入しようという行動を取っているように感じる。


ですから、この“脱NB”に向けた動きをしている企業は非常に調子が良い。
例えば、“脱NB”に向けた動きをされている企業は、こんなXmas展開を考えています。
f0070004_17164045.jpg

f0070004_17164630.jpg


さらに、“脱チップス”の動き。
それが「チョコ」の強化
調子の良い企業は、「Xmas→バレンタインデー」までの2ヶ月スパンで考えている。
ですから、こんな高単価チョコを売り込んでいる。
f0070004_1716174.jpg

f0070004_1716550.jpg

f0070004_17161864.jpg

f0070004_17162361.jpg

万が一残っても、「バレンタインデー」まで売れるから攻める!!
もうNBメーカーのチョコは深追いしない。

この売場や商品は、岩手のホーマス・キリンヤさんと島根のグッディーさん。


そして、今年は「ポップコーン」ブーム
とにかくよく売れる。
よって、調子の良い企業は、この「ポップコーン」を攻めてくるだろう。
f0070004_1717474.jpg

f0070004_1717818.jpg

これは、お盆の大阪の「トップワールド(不二商事)」さんの売場展開写真。
さらに、このようなポップコーンも仕掛けてくるはず。
f0070004_17172015.jpg

このように、「ブーム」と思ったらとことん攻めまくる
こういう考え方を持っている企業は業績が良い。


さらに、「第16回 やる気と感動の祭典」で発表された「取り引き」から「取り組み」展開。
参加された企業はどんどん実行しようとしている。
例えば、「取り組み」で異常値が出たことを発表した「ローヤルよつや」さん。
こんな発表をしていましたよね。
f0070004_17174026.jpg

f0070004_17174644.jpg

f0070004_17175056.jpg

米問屋さんから直接お米を「もち製造メーカー」に持ち込み、
オリジナルの「かきもち」の“超鮮度(作りたて)”で売り込む。
今までの“常識”では考えられないような取り組み、
これが大ヒット。
f0070004_17175655.jpg

なんと、3時間で約26kgを完売。


こういう取り組みが、全国で生まれてきています。
みなさんの企業では取り組もうとされていますか…。
まさか、まだまだNBメーカー中心の販促に徹しているということはないですよね。

決して、NBを売るなということではないのです。
NBを売り込むのであれば、しっかりと「地域一番の安さ」を実現すればよいのです。
しかし、残念ながら、特に西日本は「コスモス」さんを中心に、
このNBメーカーの商品がいつも安い。
いわゆるEDLPで攻めこまれて、どうしようもない状況。
だからこそ、方向転換していかねばならないのです。

「菓子部門の進化」
少しずつですが、スタートしはじめてきました。
この流れを止めないようにするのが小生の役目だと感じています。

ますます進む、ドラッグストアーを中心とした「NBメーカー」のEDLP。
その中で、「2ケタ近い」伸びを実現している企業が多く見られることを誇りに思う。
みなさんの企業もそうですよね…。



そして、「今日の一言」…
「もし、人が頭の中の財布を空っぽにするなら、
 その人は何も得るものはなくなる。
 自分の勉強に投資することこそが、
 常に最大の利子を生みだすと言える。」
ベンジャミン・フランクリン

by akindonet | 2014-11-27 18:00 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様・紀文食品様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから









【最新情報】
商売繁盛虎の巻2015年
1月号


来る2015年。
消費税増税の先送りなどで揺れる日本の経済
今年1年の戦略・戦術を考えて取り組むことが
今年の利益に繋がる!!


2015年1月号は、商人伝道師こと水元仁志が
今年の傾向と対策、そして1月の取組み
について詳しく解説します!
商売繁盛虎の巻2015年
1月号はこちらからどうぞ!!





今日は、朝4時30分起床。
サクラを散歩させて…。
身支度し、羽田空港へ…。
朝7時台の飛行機で福岡に…。
もちろん日帰り。
帰宅は夜11時前か…。


アメリカから帰国してバタバタしています。
いろんなことを同時に行わなければいけなくて、時間が本当に足りません。
また、「iPad」が使えない状態ですので、FaceBookも更新できない状況。
12月いっぱいまではバタバタすると思いますが、ご了承を…。

しかし、近ごろ思うことがあります。
「ムダ・ムリ・ムラ」がいかにダメであるか…ということ。
特に仕事に対して「ムラ」のある人間はダメですね。
アテにならない。
「ムダ」もダメ。今までやっていたからと、それを続ける。
これが、最大の「ムダ」。
「改善・改革・進化」とは“ムダの排除”だなーと思いはじめています。
また、「ムリ」もダメ。
無理すると反動が必ず来る。
コンスタントに仕事をする。
これが大切だと思うようになってきた今日この頃です。
気づくのが遅いですけどね…。(笑)


あと、6日で12月商戦スタートです。
今年は、久しぶりに「外税方式」でむかえる12月商戦。

「過去最大の売上高と
過去最高の粗利益高を確保する!!」


最大のチャンスと位置づけています。
「前年比103~105%ぐらいは単価アップを実現できる」
「際商品に関しては、3~5%ぐらいは粗利益改善していく」
ことが
できるのではないか…と考えています

その為には「意識化(コンシャス化)」です。
意識しないと絶対に実現できません。

徹底した「意識化」。

今年のキーワードではないかと思っています。




そして、今日は、
「青果部門の12月」について…。

久しぶりの「相場安」が続く青果部門。
その為に、前年をクリアーするのがきつくなった。
昨年は11月~12月と相場高が続いた。
その為に、11月は青果部門は青果部門は
前年比を切る企業が続出しそうです。
12月も11月同様の結果になりかねません。
ではどうしたらよいか…を今日は書きます。


まずは、「美味しさの見える化」の徹底です。
「美味しさ」が見えなかったら“賢消費時代”ですから
「1円でも安いフルーツを買う!!」という購買行動をとられます。
ですから徹底的に「美味しさの見える化」を図る。
その方法は「味比べ」と「総選挙」スタイルの試食。


f0070004_11575178.jpg

これは、第16回やる気と感動の祭典で発表してくれた
文化堂さんの「味比べ試食」。

さらに…

f0070004_11584619.jpg

f0070004_11585624.jpg

これは、同じく「第16回やる気と感動の祭典」の
店長部門で発表していただいたキョーエイさん。の
「味比べ総選挙」。
こういう地道な努力が“単価アップ”に繋がる。



次に、「一品単価」の意識化です。
昨日のコンサルティングでお話ししたのですが…。

「相場がわかっているなら、
毎日のように昨年の一品単価との比較をしなさい」

「一品単価を徹底的に意識化することにより
売り込む商品を変えていく」


ことが大事であることを徹底的にお話ししました。

「スポーツの世界でも、データ分析して戦略や戦術を考える時代」
「相場安がわかっているなら、現状分析と昨年との比較を常に行い
単価を落とさない努力をする」

そうすれば必ず結果は変わってくる。


そして、「Aランク商品」のチェック
とにかく、相場の安い時は「Aランク商品」の売上がガタ落ちする。
単価が安いので、売っても売っても、
この単価Downをカバーできないからです。
ですから「Aランク商品」の状況をチェックしておくことが大切。

「単価を上げるべきか…」
「点数の異常値を狙うべきか…」


そういうことを徹底的に“意識化”してみる。
すると結果は変わってくる。


こういうことを行わないと、
12月は「お荷物部門」になってくることは間違いない。
「精肉部門」も…
「鮮魚部門」も…
今年はかなりの確立で前年比を大きくクリアーすることは予想できる。

問題はこの「青果部門」。
この部門が「前年比95%」ぐらいだと
「過去最大の売上高実現」に向けて暗雲がたちこめる。

しかし、上記のことだけすれば「前年比」をクリアーするほど甘くはない。
そこで、その他にこんなことを提案させて頂きます。



まずは、「コラボレーション販売」

f0070004_1223598.jpg

これは「第16回やる気と感動の祭典」ミート部門で発表してくれた
ユアーズ・バリューさんのコラボレーション販売。
すごい迫力ですよね。
「コレボレーション」はもう“鉄板”になってきました。



次に「容器マーチャンダイジング」

f0070004_1225596.jpg

カップを使ってのボリューム陳列。
これは大阪の「トップワールド不二商事」さんの昨年のXmas売場。
「ミニトマト」「スナップエンドウ」などでどんどん仕掛けていく。



さらに「コト販売」

f0070004_1235574.jpg

f0070004_124453.jpg

これは、香川のマルヨシセンターさんの力作。
ものすごい「切り口」ですよね。
これ、売れると思いませんか…。



そして、「ニューへの挑戦」

f0070004_1245845.jpg

f0070004_125888.jpg

これは、「第16回やる気と感動の祭典」で提案してくれた
文化堂さんの「青パパイヤ」サラダ提案。
こういうサプライズ提案は「相場安」時に効果あり。


などなど…。

「12月は
青果部門の踏ん張りで決まる!!」


といっても過言ではない。
それぐらい重要な部門。
「相場安で売上いきませんでした!!」
という言い訳が通用する業界になってほしくない。

「相場安が予想されたので、
こんな新しい挑戦をしましたが、
力不足で売上いきませんでした!!」


こういう文化を作ってほしいと願う。

今回は「12月の青果」についてでした…。


そして、「今日の一言」…。
「大切なのは疑問を持ち続けること。」
(アインシュタイン)

by akindonet | 2014-11-26 18:01 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから









【最新情報】
商売繁盛虎の巻2015年
1月号


来る2015年。
消費税増税の先送りなどで揺れる日本の経済
今年1年の戦略・戦術を考えて取り組むことが
今年の利益に繋がる!!


2015年1月号は、商人伝道師こと水元仁志が
今年の傾向と対策、そして1月の取組み
について詳しく解説します!
商売繁盛虎の巻2015年
1月号はこちらからどうぞ!!




今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…
軽くジョギングして…
コンサルティングへ…

終了後、帰京。
オフィスへ入り、打ち合わせ。
帰宅は夜10時ぐらいか…



記録的寒さのアメリカから帰国して、暖かい日本にいるせいか…
体調を崩しかけています。
ちょっと風邪ぎみ。

「暴飲暴食」に気をつけて、体調を維持していきたい。
小生のコンサルティングの仕事は12月20日ぐらいまでなので…

「~連続」が続く。
ですから、11月の後半~12月中旬は絶対に体調を崩すことができない。
この時期が一番体調管理に気を使う。

しかし、今回はアメリカから帰国後、
温度差で体調を崩しかけています。
何とか治していきたい。



そして、今日は「ミートの活性化」について…
ただいま、ミート(精肉)部門は“絶好調”!!
「前年比2ケタアップ」が当たり前みたいになっている。

・値上げ効果
・賢消費によるミート料理へのシフト


などにより、全国のスーパーマーケット全てが良い。
しかし、課題は「利益確保」。

特に、12月は
「過去最大の売上高と最高の粗利益高を叩き出す」月である。

そのためには「利益確保」がポイントになる。
売上高の伸び以上に粗利益高の伸びが高い企業を目指す。
いわゆる…

「相場高をチャンスととらえる!!」
ことができるかどうかである。

そこで、商人伝道師からワンポイントアドバイスを…
まずは、今年の「X'mas」の取り組みのワンポイントアドバイス。

ズバリ!!「デリカ化」

12月23日~24日に「店頭焼きライブ」を考えている企業が多い。

f0070004_14103564.jpg


これは広島のノムラストアーさんの「土用丑の日」の写真。
「土用丑の日」に店頭でうなぎを焼くのであれば、
「X'mas」には骨付ももや豚スペアリブや焼き鳥を店頭で焼けばいいという発想。

事前に“ボイル”しておけば表面を焼くだけで良い。
ニーズがあると思いませんか…。



次に、「セット化」の強化
「単品」では安さを出し、「セット」で“割安感”と“利益”を確保する。
「焼肉セット」。

f0070004_14155839.jpg

f0070004_141645.jpg

f0070004_14161072.jpg


「しゃぶしゃぶセット」

f0070004_14181715.jpg


「ステーキセット」

f0070004_14202611.jpg

f0070004_14203211.jpg


これは「第16回やる気と感動の祭典」で山口のユアーズ・バリューさんが
発表した「セット化」提案。

「商品化での値入ミックス」

これで粗利益確保していかねばならない。
また、「セット化」はセンター加工している企業はあまりやりたくない。
「生産性」が極端に悪くなるからである。

特に、インストアー加工企業は「ふたつきトレー」などを活用し、
“付加価値”を上げて値入を上げていきたい。
これで“差別化”もできる。



また、「ケの日」では徹底した「ハーフデリカ」の強化
アメリカのスーパーマーケットも「ハーフデリカ」をものすごく強化している。
「生肉」よりも「タレ漬けなどのハーフデリカ」が多いのではないかと
いうくらいの品揃え。

f0070004_14225299.jpg

f0070004_14225884.jpg

f0070004_142335.jpg


日本も“時短ニーズ”で売れてきている。
2~3年前からの大ヒット商品である「プルコギ」。

f0070004_14241439.jpg


とりムネ肉を使用した「ハーフデリ」。

f0070004_1426930.jpg


冬でも売れる。
「フルシーズン化」してきた。
これも「時短」ニーズである。


最後に「松」の強化。
「正月ぐらいは・・・」のニーズは賢消費に入り、ますます高まってきている。
例えば、

f0070004_1434869.jpg


このように、「最高級」の見える化。
福島の「いちい」さんの昨年の年末写真。
日頃扱っている牛肉の“最高級”を販売する。

または、こんな展開も…

f0070004_14341749.jpg


これは兵庫のヤマダストアーの年末の写真。

「3P10,000円」

これもありだと思う。



こういうことをしっかりと行うことにより、
「利益確保」していく。

「相場高だからこそ利益確保」

これを今年の12月の合言葉にしてみてはどうか…
今日は、「ミート部門」のより一層の活性化対策のワンポイントアドバイスでした…

そして、「今日の一言」…
今日では世の中の動きがあまりに早すぎて、
できないという言葉はそれを為す人によって中断される。
(ラルフ・ワルド・エマーソン)

by akindonet | 2014-11-25 18:00 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから









【最新情報】
商売繁盛虎の巻2015年
1月号


来る2015年。
消費税増税の先送りなどで揺れる日本の経済
今年1年の戦略・戦術を考えて取り組むことが
今年の利益に繋がる!!


2015年1月号は、商人伝道師こと水元仁志が
今年の傾向と対策、そして1月の取組み
について詳しく解説します!
商売繁盛虎の巻2015年
1月号はこちらからどうぞ!!



今日は朝5時30分起床
サクラを散歩させ…
身支度して、羽田空港へ…
今日は、四国・徳島。
夜8時位までコンサルティングが続く…

さて、11月も今週で終わりですね。
10月ぐらいから、グロッサリーの売上げが回復してきましたよね。
要因としては…
1.米の売上げの下げ止まり
2.昨年より寒く、“食の消費力アップ”と秋-冬物の商品が早く動いたこと。


などがあげられます。
もともと生鮮食品は良かったので、これでかなり店全体の売上げを押し上げている。
さらに、11月になり、何故か「鮮魚部門」が好調に推移し始めてきている。
11月は30日が日曜日とういこともあり、「前年比105%~110%」の企業が続出するのではないでしょうか。
多少、相場高の恩恵を受けていた「青果部門」が11月に入り失速。
それ以外は好調に推移している。
問題は、12月21日までの“12月前半商戦”
急遽「衆議院総選挙」がスタートしたために、
「年末ギフト」は暗雲が立ち込めてきた。
ギフトはかなり厳しい。
そして、昨年は12月1日が日曜日。
今年は12月1日が月曜日。。
この「ビハインド」をどこで取り戻すかにかかっている。
12月21日までに貯金ができれば、12月はかなりの好業績になるはず。
ポイントは、“12月前半商戦”
“攻めて! 攻めて! 攻めこんで!”12月前半商戦を貯金して折り返してもらいたいと願う。


そして、今日は「鮮魚部門」の好調さについて…
みなさんの企業は鮮魚は好調に推移してますでしょうか…
今、この鮮魚部門が久しぶりに好調に推移している。
要因は…
ズバリ!!
「丸魚マーチャンダイジング」
これに本気で取り組んだ企業が絶好調である。
確かに、この「丸魚マーチャンダイジング」は“アニサキス”問題をどうクリアするかが大きな問題になっているが…
しっかりと対処すればかなりこの問題はクリアーできるはず。
しかし、どんなに対処しても、この「アニサキス」は防ぐことができない。
ですから、“こういうふうに予防している”というマニュアルを遵守させることが一番だと考える。
そのようにして、どの企業も行っている。
“過度な「アニサキス」に対する制限・規制”は鮮魚の商品力を落とすことになる。

でも、この「丸魚マーチャンダイジング」
間違って解釈している企業が多い。
「丸魚の品揃え強化=丸魚マーチャンダイジング」
と思っている。
違うんですよ…
「丸魚マーチャンダイジング」は二次加工、三次加工が肝なのです。
もっと簡単に言うと、二次加工・三次加工で付加価値を高めることができるような丸魚を品揃えするということなのです。
これを理解すると、爆発的に売上げは伸びる。
そして、この延長線上に“今年の「年末商戦」”がある。
今年の年末商戦の肝は“松の品揃え”強化をしています。
例えば…
「刺身盛り合わせ」は“本マグロマーチャンダイジング”で単価アップする。
f0070004_14233098.jpg

f0070004_14234582.jpg

f0070004_14234851.jpg

これは、山口の「ユアーズ・バリュー」さんのお盆商戦の写真
マグロを全て「本マグロ」にして、付加価値を高めた。
「カニ」は冷凍を減らして“チルド(釜ゆで)カニ”の強化をしてみる。
f0070004_14245532.jpg

これは、昨年の山梨の「いちやまマート」さんの年末の売場。
さらに「生カキ」は“殻付きカキ”で攻める。
f0070004_14251072.jpg

これは、昨年の兵庫の「ヤマダストアー」さんの殻付きカキの売場
また、鍋物は「スーパーグルメ」でいく。
f0070004_14253222.jpg

f0070004_14254087.jpg

これも兵庫の「ヤマダストアー」さんの年末商戦の売場
という感じです。
まさか、 今年の年末商戦…
 ①「バチマグロ」や「キハダマグロ」で刺身盛り合わせ展開しようなんて
  考えてないですよね。
 ②「冷凍カニ」が昨年より売れるなんて思ってないですよね。
 ③まだ「むきカキ」や「ハマグリ」などを売ろうと思ってませんよね。
 ④鍋物といったら「タラ」なんて考えていないですよね。
もう、ここから卒業しないと…
こういうことに挑戦している企業は絶好調なのです。
その根底には「丸魚マーチャンダイジング」があるのです。
来年は、絶好調の精肉部門の“勢い”が止まる危険性が高い。
来年は、鮮魚部門の時代かもしれませんよ…
ということで、今日は“鮮魚”の話でした。

そして、「今日の一言」…
希望と恐れは切り離せない。 希望のない恐れもなければ、恐れのない希望もない。(ラ・ロシュフーコー)

by akindonet | 2014-11-24 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから









【最新情報】
商売繁盛虎の巻2015年
1月号



来る2015年。
消費税増税の先送りなどで揺れる日本の経済
今年1年の戦略・戦術を考えて取り組むことが
今年の利益に繋がる!!


2015年1月号は、商人伝道師こと水元仁志が
今年の傾向と対策、そして1月の取組み
について詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2015年
1月号はこちらからどうぞ!!





今日は、朝5時起床。
久しぶりにジョギングする。
約30分間。
その後、サクラを散歩につれていき…。
身支度して仕事へ…。
今日は東京でのコンサルティング。
終了は夜6時過ぎ。



さて、あと1週間で「12月商戦」突入ですね。
今年はなんとしても「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高」を
狙わなければいけませんよね。
昨年は「内税方式」での売上。
k都市は「外税方式」での売上。
必然なことで「一品単価」が違ってきます。
これは、単価の高い商品を売り込む12月においてはものすごく大きい。
さらに、利益面においても…。
ぜひ、「過去最大・過去最高」を狙って行きたいと心から願っています。


そして、今日は日曜日。
「心のオアシスの日」。

今日は久ぶりの動画です…

「11歳の少年の遺体に 深く敬礼する医師たち」



いかがだったでしょうか…。
今日の心のオアシスは…。

最愛のお子さんをなくし、さらに、臓器まで提供した家族は
大変な思いをされたと思います。
それでも、お子さんの夢を尊重した。
何かを選択するには何かを犠牲にすることも必要なこともあります。

そして、リャン君の夢。
素晴らしいものです。

子どもながらに「今の世の中」を見ているんですね。
純粋に困っている人の助けになりたいと思ったのでしょう。

こういう、純粋な助けたい、誰かの思いを尊重したいという
気持ちは失ってはいけないと思います。


さあ、11月もラストスパートです。
11月は日曜日で終了します。
ここは、ぜひとも前年比を大きくクリアーしたいものです。
ポイントは今週末です。

売上高は、お客様の「お買い上げ高」。
粗利益高は、お客様の「ご満足料」。

こういう気持ちで仕事をしていきたいですよね。


そして、「今日の一言」…。
「何かに挑戦したら
確実に報われるのであれば、
誰でも必ず挑戦するだろう。
報われないかもしれないところで、
同じ情熱、気力、モチベーションをもって
継続しているのは非常に大変なことであり、
私は、それこそが
才能だと思っている。」
(羽生善治)

by akindonet | 2014-11-23 18:01 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから









【最新情報】
商売繁盛虎の巻2015年
1月号



来る2015年。
消費税増税の先送りなどで揺れる日本の経済
今年1年の戦略・戦術を考えて取り組むことが
今年の利益に繋がる!!


2015年1月号は、商人伝道師こと水元仁志が
今年の傾向と対策、そして1月の取組み
について詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2015年
1月号はこちらからどうぞ!!





今日は、朝4時30分起床。
身支度して、新横浜へ…。
今日は、長野県伊那市へ…。
もちろん、日帰り出張。
帰宅は、夜の11時頃。
アメリカ視察セミナー後、11日連続の仕事が待っていました。(笑)
まあ、仕事は大好きなので、全く問題ないのですが…。
しかし、古典的な日本人ですね…。
日本に帰って全く時差ボケがない。
アメリカではずっと時差ボケ。
アメリカでは生活できないことを実感しました。


とうとう選挙です。
販売計画自体を根本から見なおさなければいけない。
今回は「投票率が低い」ことは予想されるので、
そんなに12月14日の投票日が売れることはないかもしれませんが…。
投票日って売れますよね。
こんなことをいうと、またいろんな方から批判されそうですが…。
実際に投票日は売れる。
あえて、投票日は朝早く開店する企業がおられるくらい…。
それぐらい違う。


14日は衆議院総選挙。
15日は年金支給日。


どちらを優先すべきか…。
悩み時ですよね…。

「大義なき選挙」。

これでいいのでしょうか…。日本!!
「国民に信を問う!!」
とよくいわれますが、今回の総選挙の信を問うの基準は、
「投票率」ではないでしょうか。
「投票率」が低ければ、この総選挙は「大義なき選挙」と見なされるし…
「投票率」が高ければ、この総選挙は「大義ある選挙」と見なされる

のではないでしょうか。

自民党が多少は議席をを減らすのでしょうが
「過半数割れ」なんてことはないでしょう。
焦点は「投票率」だと思うのですが、みなさんはどう思われますか??
小生は「政治」は全く関心がないので、このあたりにしましょう。(笑)



そして、今日は「コンシャス化」について…。
小生は「価格コンシャス」というのと
「品揃えの囲い込み(安さの部分を意識して下げる)」とか
「品揃えの拡がり(下限を下げるかわりに上限も上げる)」というように
解釈していました。
それはそれで間違いではないのですが、今、最も適切な言い回しとして
価格(安さ)の「意識化」というものかなーと思っています。
この場合の「意識化」とは、販売側も…。消費者側も…。
「意識化」するということです。
いわゆる…。

販売側も“意識”して、価格(安さ)を出す。
消費者側も、その「価格(安さ)」を意識する。


どちらか一方だけではダメということ。
両方が「意識化」して、はじめて「コンシャス化」となる。
これを「価格コンシャス」というふうに近ごろ使わせて頂いています。
昨日も書きましたが、あの「ホールフーズ・マーケット」が
“価格コンシャス化”し始めている。

「GoodーBetterーBest」
f0070004_10433162.jpg


という形で“価格コンシャス化”している。
ここでみなさんに申し上げたいのは
「安売りしろ!!」というのではありません。
ポイントは「意識化してもらおう!!」ということなのです。
「安くうるのでなく」て…。
「安さをお客様に意識化してもらおう」ということなのです。
競合店に合わすとか…
安くチラシに出すとか…
というのではなく、この時代にそくした商品を
“安くできるようにこんなに努力させて頂きました!!”
を見える化し、意識化してもらいましょうよ―ということなのです。

“意識化”

ここが大切だと思うんです。
「安く売る」。「安くしている」。
でなく「価格(安さ)を意識してもらう」ことが
大事になってきているのではないかと…。

だってそうでしょ。
安く売ることをしない企業が「安いよ!安いよ!」といっても
お客様はついてこられません。
安く売ることをしてる企業が「もっと安くしましたよ!!」と
お客様に“チラシ”で訴えても「買物総額」が安く感じなければ
“意識化”してくれない。
今回、これが顕著にあらわれたのが、今年4月の「8%の消費税」対応。
「消費税アップ分を店側が負担しましたよ―」アピールした。
そうすることにより、ものすごくお客様の支持を得られると見た。
しかし、お客様は「意識化」しなかった。

なぜか…

それは「価格(安さ)」に対するお客様のまさしく“意識”だったんです。

「ドラッグストアーなら“当然でしょ!”。安さしかないんだから…」
(厳しい言い方ですが…)
「3%上昇分を価格据え置き?!そんなの当たり前じゃない。
それがあなたたちの役目でしょ!!」
(厳しい言い方ですが…)


という風に思われた。
これは「主婦10万人アンケート」からも読み取れた。
約20%の方が「小売側が負担すべき」という解答をしたからです。
ですから、「3%上昇分」を負担しても…。
お客様は「価格に対する意識化」をあまり高めなかった。

かわりに、あまり「安く売らない」企業が
“3%消費税アップしたら大変だ!!”
ということで「意識的」に“少し”安くした。
すると「いいんじゃないの!!」となる。
いわゆる消費者の“価格コンシャス化(価格の意識化)”が
最大化したのです。

この「価格(安さ)コンシャス化」が顕在化したのが
今年の4月だったような気がします。
来年は、この「価格(安さ)のコンシャス化」が
キーワードになるかもしれません。

「意識化」です。

何回も申し上げますが「安く売る」「競合より安くする」のではなく
お客様が「価格(安さ)を意識化する」というのがポイントなんです。
“意識化してもらう”ということをしていただくにはどうしたらよいかを考え
行動を起こすのが来年の課題だと考えています。
これはアメリカのスーパーマーケットを視察したことによって感じたことです。

「価格コンシャス化(意識化)」

これを知り、その為の対策を考え、行動した企業が
来年は一人勝ちするかもしれませんね…。
この「価格コンシャス化」は“意識化”なので
その企業の「ポジション」によって違うので“これだ!!”という
商人伝道師得意の“決め打ち”が出来ないのが残念。(笑)



そして、「今日の一言」…。
「学べばすなわち固ならず」
(孔子)

by akindonet | 2014-11-22 18:01 | Comments(0)

変更になりました!「第9回売場大賞 X'mas~年末年始商戦」


「第9回売場大賞」の審査対象は「X'mas~年末年始商戦」に変更いたします。
締切は2015年1月20日(火)に変更となりました。


「こんなサプライズ売場でお客様に“感動”を与えました!!」
「こんなユニーク&クレイジーな商品化で異常値をたたき出しました!!」
「こんなPOPで異常値を作りました!」
「こんなイベントを行って集客に成功しました!」

あなたの得意技で挑戦(エントリー)してください!!

役職・部門・業種は問いません。


最優秀大賞(1名)
「第17回やる気と感動の祭典」
無料招待&宿泊費&交通費無料チケットプレゼント!

「X'mas商戦」 優秀賞 2名・「年末年始」 優秀賞 2名
「第17回やる気と感動の祭典」の無料参加チケットプレゼント!

そして、今回も特別協賛いただいております
リスパック様・アール様より協賛特別賞をご用意しております。


応募締切:2015年1月20日(火)


売場大賞の詳細はこちらから









【最新情報】
商売繁盛虎の巻2015年
1月号



来る2015年。
消費税増税の先送りなどで揺れる日本の経済
今年1年の戦略・戦術を考えて取り組むことが
今年の利益に繋がる!!


2015年1月号は、商人伝道師こと水元仁志が
今年の傾向と対策、そして1月の取組み
について詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2015年
1月号はこちらからどうぞ!!






今日は、朝5時起床。
身支度して、横浜駅へ…。
今日は、「東北勉強会」。
今回のクリニック店舗は「フレスコキクチ岩沼西店」。
「12月商戦」を中心に話します。
終了は、夜18時。
その後、在来線~新幹線を乗り継いで帰ります。
帰宅は夜11時ぐらいか…。

昨日は「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日でしたね。
「ボジョレーヌーボー」の約6割が日本で販売されているそうです。
とことん、日本人は「お祭り好き」のようですね。(笑)
まあ、「イベント好き」は、そこにビジネスが発生するので
それはそれで良しとしましょう。

昨日のBlogでも書いたのですが…。
「第16回やる気と感動の祭典」の女子力部門で
北海道の「東武」さんが

「2店舗で3,500本の予約をとります!!」
とアファメーションしましたよね。
f0070004_12165343.jpg

その「アファメーション」を見事、東武さんは達成したそうです。
「3,500本」。
とてつもない数字ですよね。
鹿児島のタイヨーさんの「肉のおどろき市」の「1,140万/日」といい…。
東武さんの「ボジョレーヌーボー予約」、「3,500本」といい…。
「やる気と感動の祭典」でスタートした「異常値販売」が
こんな“スーパー異常値”に結びついていることを誇りに思います。

「12月商戦」も間近に迫っています。
この「12月商戦」。
上記のような「スーパー異常値」を達成することが
「第17回やる気と感動の祭典」の発表者への
近道であることは言うまでもありません。
ぜひ、“スーパー異常値”挑戦してみて下さい。


そして、今日は、
「アメリカのスーパーマーケット」を視察して感じたことを……
小生は、ここ5・6年間、1年に一回はアメリカに行っています。
「1年に一回、行ったって変化はないでしょう?!」
といわれる。
それがあるんですね…。
というのも、毎年「ベンチマーク」する地域と、
その年に学びたい「地域」を選定して、毎回視察地を
変えるという2つのパターンで行っているからです。
今回も大きな気づきがあったので、少しそのことを話ます。
各社の「戦略面」についてです。


まずは、「世界一の小売業」。
「ウォルマート」。
f0070004_12195428.jpg

とにかくビックリしたことは…。
「品揃え」をどんどん変えていることです。
いわゆる「高質化」に進んでいるのです。

「ワイン」の品揃えがすごく充実してきている。
「オーガニック」商品の品揃えがものすごく増えて来ている。
「青果と精肉」の品質を上げてきている。

また、一時期「商品の絞り込み」という戦略をとっていたのですが、
今はその逆。
「商品の囲い込み」を行っている。
大企業にも関わらず、このスピード感にはビックリしました。
「ダラーショップ」などの“チップストア”た「ウィンコフード」のような
“生鮮強化型D.S.”の出現で、ウォルマートの「ポジション」を
上げてきていることが誰の目から見ても分かるようになった。
これらからの「ウォルマート」の動きには要注意です。


次に「ホールフーズマーケット」。
f0070004_12263293.jpg

「ウォルマート」とは逆に「安さ」を前面に出してきました。
f0070004_12261126.jpg

「ホールフーズは高い!!」
というイメージを払拭したいためか…
それとも「商品」において“尖り”を出せなくなったのか…。
「安さのイメージ」を前面にでしていこうとしているのが分かる。
しかし、中途半端な「安さ訴求」はホールフーズの
“ブランドイメージ”をおとすだけではないかと感じた。
まだスタートしたばかり。
来年は、この「低価格政策」が成功しているのかどうかを
確認していきたいと思う。


そして、「ウェグマンズ」
f0070004_12324548.jpg

以前にもまして、
ますます「価格及び商品の囲い込み」をしているように感じた。
というより、一段と「価格コンシャス化(価格を意識化)」
してきているように思う。
「安さ」をどんどんアピールしながら…。
デリカや農作物で「売れて儲かる」商品の異常値に挑戦している。
ウェグマンズの強さは「安さ」を打ち出しながら「売れて儲かる」商品を
“人間力”で売り抜くことだと思う。

「経験価値」を最大化し、実際に買い物すると意外と安い。
そして、品揃えの幅の深みもある。

こんな企業は嫌である。
その“最も嫌な”店作りに挑戦しているのがウェグマンズと感じた。



というように、1年に一回しか視察しない人間がみてもわかるくらい
“戦略”が明確なんです。
アメリカのスーパーマーケット企業は…。
そこで感じたことは…。

「もっともっと戦略の見える化していかねばならないな―」ということ。
どうしても日本は「同質化」の傾向になりやすい。
その中で、いかに「差異化(差別化)」していくか…。
これからの課題。
「ウェグマンズ」や「ホーフフーズマーケット」の
企業を創るにはどうしたらよいのか…。
「一朝一夕」にはできないこともよく理解している。
しかし、できないことはない。
日本も「差異化(差別化)」していかないと生き残れない時代がやってくる。
お客様はますます「賢く」なってきている。

昨日は、12月の「衆議院総選挙」で
“定額減税”を公約の中に入れようという動きがあると報道された。
ということは、「内税」に逆戻りという可能性も十分にある。

「10%で内税」。


経営的にはほどんどの企業が成り立たなくなるかもしれない。
だから「差異化(差別化)」が大事になってくる。
そのためのヒントが今回のアメリカ視察にあったようなきがした。
しっかりまとめて、これからのコンサルティングに生かしたい。



そして、「今日の一言」…。
「羽のツバメが来ても夏にはならないし、
一日で夏になることもない。
このように、一日もしくは短い時間で
人は幸福にも幸運にもなりはしない。
「アリストテレス」

by akindonet | 2014-11-21 18:00 | Comments(0)