「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧




「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから






【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号






朝5時起床。
身じたくして、空港へ…
今日は山陰へ…。
もちろん、日帰りです。
みなさんに「お疲れでしょう!」と言われるが、今日はあまり疲れはない。
今回はあまり無理しなかったので…
その分、アソシエイトは無理しましたが…
今週は、アソシエイトはゆっくりしてもらおうと思っています。
小生はあいかわらず走り回りますが…(笑)



さて、11月13日~19日にかけて、
「第12回 USA視察セミナー(経営戦略Specialコース)」を開催しますが、
参加者は気になられているんでしょうね。
「エボラ出血熱」
でも、心配されないで良いですよ。
この「エボラ出血熱」はインフルエンザと違い空気感染しないということ。
さらに、衛生面がしっかりしているスーパーマーケットしか視察しないこと。
それ以外は、ホテルかバスですので、人と触れ合う機会は限りなく少ない。
特に、このセミナーは「自由時間」が無いことで有名…(笑)
ご心配なく…
それよりも、この「セミナー」はかなり企画をねりこんでいますので、期待しておいてください。
毎日のように、「稔子.T.ウィルソン」女史からメールが来ます。
「修正!修正!修正!!」です。
それぐらい真剣に対応いただいています。
すごいコーディネーターだと思います。
11月13日~19日。
すごく小生も楽しみにしています。



そして、今日は「第16回 やる気と感動の祭典」の第一日目振り返りPart2
をお届けします。
「第16回 やる気と感動の祭典」で2番手で登場していただいたのが…

株式会社ニシザワ
スーパーストア事業部 マーケティング戦略課 課長
宮下 輝彦 氏
スーパーストア事業部 商品企画部 洋日配バイヤー
中村 実 氏

f0070004_952453.jpg



株式会社ローヤルよつや
新吉田店 副店長兼グロサリーバイヤー
安谷 英昭 氏

f0070004_953232.jpg




「ニシザワ」さんの“コストコフェア”の進化は勉強になりましたね。
マンネリ化し始めていた「コストコフェア」。
このまま「ブーム」で終わるのか…。それとも「看板企画」になるのか…
その瀬戸際だと思っていたんです。
近頃…
そこで、「2日間で800万円」近く売る「ニシザワ」さんに発表してもらった。
企画を尖らせ、品揃えを尖らせ、売場を尖らせ、を尖らせ、人間力で売り切る!!」
名言でしたよね。
「コストコフェア」は“モノ”を売ってはダメ!!「人間力」で売る!ということを気づかせていただきました。
参加された皆さん!即、実践です!!



次に、「ローヤルよつや」さんの「取り引き」から「取り組み」についての発表。

「NBのポテトチップスは粗利益率10%前後。取り組み関係のポテトチップスは45%とれる」。
よって、レジ前の一等地で陳列。
f0070004_17242327.jpg

さらに、「朝つくりたて」で“尖り”を出す。
f0070004_17244343.jpg

f0070004_17244665.jpg

すると、月間でこんなに売る。
f0070004_17252464.jpg

その他にも…
f0070004_17254283.jpg

f0070004_17261796.jpg

f0070004_17263489.jpg

f0070004_17264510.jpg

f0070004_17265182.jpg

のような“独自化商品”の提案もありましたよね。
即!モデリング!!です。

発表した安谷さんはこれからです。
決して「実力」で選ばれたのではなく、“期待値”で選ばれたことを忘れないことです。
頑張って欲しい。

また、参加者の皆さん!!
これからは、「取り引き」から「取り組み」である!!という意味がお分かりになりましたか?
店長発表でも、この「取り組み」関係が大手D.S.企業との“差別化”・“尖り”になることも発表してくれましたよね。
「取り組みとは、メーカー様との情報交換会ではない!!」
理想は…
「小売側がこんな商品を作って欲しい!と提言し、その小売側の為だけに
メーカー様や問屋様が動く。そして、作った商品は小売側が責任をもって
売り切る」


こういう関係を「取組」関係と言います。

こういう商品をどれだけ作っていくかがこれからの“生き残り”の肝なのですから…


今回は、「メーカー様、問屋様」の参加が多かった。
メーカー様、問屋様がこれに“共感”された。
ものすごい数の企業様が名刺交換に来られました。

そして、みなさん異口同音に…
「その通りです!!これから“取組関係”を築いていきます!!」

とはっきりと言われていた。

これって大事ですよね。
「やる気と感動の祭典」が日本の“商習慣”を変えることができるなら、
これからもこの「取組関係」の発表を続けていきます。



次に、発表してくれたのが…

「デリカ部門」
株式会社いちやまマート
徳行店 デリカ部 課長
江上 友章 氏

f0070004_9531927.jpg


「新しいマーケットの創造」
と題し、“商品軸でのニューへの挑戦”の発表でした。

「健康」・「生鮮とのコラボ」・「いちやまの常識(今までの惣菜の常識を覆す)」
の発表でした。


特に、「新しいマーケットの創造(いちやまの常識)」はなんと…

f0070004_1753182.jpg


f0070004_17534486.jpg


f0070004_17535389.jpg


f0070004_1754694.jpg


f0070004_17542291.jpg


f0070004_17543781.jpg


f0070004_17544939.jpg


f0070004_175533.jpg


f0070004_17551430.jpg


f0070004_17552742.jpg


f0070004_17553929.jpg




こんなに発表してくれました。
みなさん、即!実践!!ですよね。

ものすごい“量”の発表でした。
“いちやまマートのデリカ”の執念だったと思います。
ですから、壇上にデリカ担当者を上げました。
f0070004_1714532.jpg



素晴らしい発表でした。

デリカは、常に「新しさ」を出していかねばならない。
そして、セブン&アイの鈴木会長のことではないが…

「美味しさは飽きる」
のです。

よって、常に「高質さ」に挑戦していかねばなりません。


さらに、小生が今回、すごく強調したこと。

それは「国策」として、今…
「健康寿命延伸」を推進しているということ。
「セルフメディケーション社会の推進」

は安倍政権の大きな柱の一つだちおうことをスーパーマーケットの方々は知らない。

「健康」・「医食同源」

間違いなく、これから注目される。
その中でも、特に「デリカ」はそうなる。

だから、今回発表にあったように…

f0070004_17183448.jpg


f0070004_17184097.jpg


f0070004_17184683.jpg


「糖質カット弁当」や「500kcal以下弁当」などが注目されてくる。

それに気づいてもらいたいので、発表してもらいました。
「健康」や「医食同源」はすぐに築けるものではない。
地道に行っていく必要がある。

だから、今からスタートしなさい!!ということを伝えたかったんです。
伝わったでしょうか…



今日はここまでにします。
このBlogでもこんなに書けるんです。
でも、当日の発表の「20分の1」ぐらいしか伝えられません。

そうみると、とんでもないセミナーだったんだなーと感じて頂いたのではないでしょうか。

「今起きている未来」

これを学ぶセミナーが「やる気と感動の祭典」セミナーなのです。
それに気づかない企業の多いこと。

でも、外食産業やメーカー様、問屋様は気づかれてきた。

異業種やメーカー様、問屋様が気づくという皮肉な結果になりつつある…

スーパーマーケットより他業種の方々の参加が急激に増えてきている。
残念だが…

いや、違うかな…
みんな気づいてないから、この「やる気と感動の祭典」に参加され、学ばれ、
実践した企業は“一人勝ち”するということ。」

是非、実践してみてください。

そこで、最後に「第16回やる気と感動の祭典」の
第二日目のダイジェストをお送りします。
是非、視聴してみてください。





そして、「今日の一言」…
とにかくやってみろ。やってみてから文句を言え。
やりもしないで本から読んだり人から聞いてそうなりますとわかったようなことを言うな。
(小林大祐)

by akindonet | 2014-10-31 18:00 | Comments(0)



「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから






【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号






今日は朝5時起床
さすがに2日間の疲れが残っています。
しかし、早速今日からコンサルティング。
頑張ります。
今日は兵庫県姫路市へ…

そうです…
「ヤマダストアー」さん。
なんかいろんな方々から、近頃…
「ヤマダストアーさん 良い店ですね…
ということを聞く。
”マイナー”な企業と思っていたおですが…
今は“メジャー”な企業になりつつあるんですね。
嬉しい限りです。



まずは「第16回やる気と感動の祭典」
ご参加ありがとうございました。
みなさん、いかがだったでしょうか…

「第16回やる気と感動の祭典」の第1日目のダイジェストを…




いかがでしたか…
またあの"興奮”を思い出されたのでは…
良かったですよね…
あとは「実践」あるのみです。

「実践こそ真実!!」

皆さんの"実践力”を期待しています。




そして、今日は「第16回やる気と感動の祭典」第一日目振返りPart1を…
まずは「基調講演」

f0070004_17533932.jpg



「バリュークリエイター社」の田口香世さんでした。
「セブン-イレブンの凄さ」をいっぱい話していただいた。
セブン-イレブンの今のキーワードは…
「新しさ」と「味」と「値ごろ」
でしたよね。


今、小生が申し上げている…
「新しさ」と「高質さ」と「健康・美容」とそっくりでしたね。
その中でも「新しさ」が一番難しいと言われていた。

「新しい価値創造」
「新しいマーケット創造」

は、本当に難しい。

だから、常に"意識化”していかないといけない。
しかし、今回参加された方々はラッキーです。
「新しさ」の提案が各部門であったからです。

これを素直に「モデリング」すると、必ず結果は変わりますよ。
また「味=高質さ」と考えています。

"味の追求”とは「本物の美味しさ」追求。
まさしく「高質さ」ですよね。
自分達が進もうとしていることは間違っていないということですよね。
しかし、セブン-イレブンは、
例えば「カツサンド」のカツは手作りのパン粉で完成後3時間以内に店舗に並べるようにしているとのこと。
冷凍食品の研究のために、フランスまで行って学んでいるとのこと
その開発に対する"執念”はすごく勉強になりました。

「セブン-イレブン」

この「小さな脅威」とこれから戦っていかばならない。
スーパーマーケットも負けるわけにはいきません。
「新しさと高質さと健康」を追求していきましょう。




そして、「第16回やる気と感動の祭典」のトップバッター
「ユアーズ・バリュー」の佐藤光朗さん。

f0070004_9522247.jpg


「相場高だからこそ、利益確保のチャンス」ということを言いましたよね。
その為には…

①"基本”の徹底
「クリンリネス」はもちろんのこと、PI値の高い「切り落とし」の商品化にものすごくこだわっていることもはなしてくれました。
「輸入牛の切り落としに、和牛のを入れている」には驚きましたね…
「切り落としで圧倒的評価を得る」ことができていれば、
ハレの時にステーキや焼肉などが売れるという話は納得でした。

②「セット化」が利益の源であり、差別化。
「セット化」は非効率なので競合他社はあまりやってこない。
だから、"差別化”になると…
そして、セット化は工夫次第で粗利益率35%~50%の高利益商品になることも具体的事例を基に発表してくれました。
いろんな「セット化」を紹介してくれたので、即!実践!!ですね…

③「人の行く裏に道あり。宝の山」
「鮮魚や青果とのコラボレーション販売」の取り組みは凄かったですよね。
また色んな”人の行く裏に道あり”商品を紹介してくれました。
参加された方は、是非挑戦してみてください。
他の企業が行っていないだけに"一人占め”できますよ。

などを、凄くわかりやすく説明してくれました。
この精肉部門の発表だけでも参加者の"モト”がとれたのでは…
と思うくらいすごい発表でしたよね。
「この宝の山」を調達できたのは皆さんだけなのですから…
即!実践!!です。


本当なら「グロッサリー」や「デリカ」までご紹介しようと思ったのですが、
思考が止まっている(笑)のでここまでにします。

この「やる気と感動の祭典」
主催している側なのに、こんなことを言ってはいけないと思うのですが…
「すごいセミナー」ですよね。
現場で実際に働いている方が"現場での結果”をもとに…
「新しさ」と「高質さ」を提案してくれる。

「なるほど…」
「そういう切り口があったのか…」

ということがたくさん出てきますよね。
本当に、大きな気付きが「やる感」にはあります。

このセミナーに参加された方は、ものすごい「お宝情報」を手に入れたようなもの。
しかし、あくまでもこれは「お宝情報」です。
何度も申し上げますが、「情報」を「結果」に変えるには…
「実践」しかないのです。
是非、実践してみてください。


そして、次回「第17回やる気と感動の祭典」はこのように行います。




ぜひ、参加してみてください。
今日は、昨日に引き続き、ちょっと疲れたためか、控えめ(笑)のBlogになりました。
ご了承を…

そして、「今日の一言」
夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る。(坂本龍馬)

by akindonet | 2014-10-30 18:00 | Comments(0)



「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから






【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号






今日は朝4時起床。
身支度して、会場入り。

「朝6時」から朝礼。

f0070004_9564795.jpg



「映像チーム」や「商人ねっとのアソシエイト」は徹夜で準備。

最後のチェックを商人伝道師がして…
「朝7時30分」に開場。

そして、朝7時50分からセミナー第二日目スタートです。
まずは、恒例の「ラジオ体操」。

f0070004_9565877.jpg



そして、即席の「レジチェッカーチーム」が壇上に上がって…

「全体朝礼」

f0070004_957628.jpg



実は、この「全体朝礼」はすごいんです。

「約1000人の人間が一斉に声出し」する。
会場が声の音量だけで揺れます。

今回、そのレジチェッカーの“リーダー”に選んだのが…
「いちやまマート」の須崎弥生さん。

今までは、ニチエーの高野礼子さんでしたが、世代交代を含めて…
サブリーダーを高野礼子さんにしてもらって…
商人伝道師、意外と細かいところに気をつかう。(笑)



その後、「発表」がスタート。
因みに、第1日目はこの方々でした。

「ミート部門」
株式会社ユアーズ・バリュー
仁井令店 精肉部チーフ
佐藤 光朗 氏

f0070004_9522247.jpg



「グロッサリー部門」
株式会社ニシザワ
スーパーストア事業部 マーケティング戦略課 課長
宮下 輝彦 氏
スーパーストア事業部 商品企画部 洋日配バイヤー
中村 実 氏

f0070004_952453.jpg



株式会社ローヤルよつや
新吉田店 副店長兼グロサリーバイヤー
安谷 英昭 氏

f0070004_953232.jpg



「デリカ部門」
株式会社いちやまマート
徳行店 デリカ部 課長
江上 友章 氏

f0070004_9531927.jpg



「新規事業部門」
株式会社フクヤ
とくし事業部 マネージャー
河田 哲史 氏

f0070004_953456.jpg



「異業種部門」
株式会社ジャパンデリカ
営業部 部長
境 弘太 氏
漫遊亭水戸50号店 店長
横川 純子 氏

f0070004_954183.jpg



「女子力部門」
株式会社東武
東武サウスヒルズ店 店長
滝本 寛子 氏
レジマネージャー兼サービス係
越前 恵子 氏
生鮮
本田 紀代子 氏
食品
佐藤 悦子 氏
非食品
小西 尚美 氏


f0070004_9542068.jpg



そして、第2日目はこの方々です。

「青果部門」
株式会社いちい
商品部 青果バイヤー
高橋 拓人 氏

f0070004_95448100.jpg



株式会社文化堂
生鮮1課 係長
武藤 晃 氏

f0070004_955219.jpg



「鮮魚部門」
ヤオマサ株式会社
営業本部 SM商品部 鮮魚バイヤー
内藤 淳一朗 氏
大磯店 鮮魚マネージャー
内藤 圭一 氏

f0070004_9551416.jpg



「店長部門」
株式会社キョーエイ
アピカ店 店長
林 正樹 氏
食品商品部 デイリーバイヤー
藤原 誠 氏


f0070004_9552898.jpg




計11社。19名の方々がこの2日間に渡って発表してくれました。

そして、最後に商人伝道師セミナー。
この「パワーポイント」を使ってセミナーしました。

f0070004_9425589.jpg


f0070004_9425928.jpg


f0070004_943025.jpg


f0070004_94336.jpg


f0070004_943563.jpg


f0070004_94378.jpg


f0070004_943882.jpg


f0070004_9431010.jpg


f0070004_9431248.jpg


f0070004_9431347.jpg


f0070004_9431581.jpg



「今、起きている未来」

から、来年以降の“対抗・対応・対策”を話しました。

我ながら、この「内容」は必聴の価値あると思います。
実は、この商人伝道師のセミナーを行うことにより、二日間11社19名の
発表が…

「点」が「線」になり、「線」が「面」となる。

のです。

このセミナーがいかに「横串」が刺さっていて、いかに「今起きている未来」に
ついてのセミナーかがわかります。
しかし、それは参加された企業のみしかわかりませんけどね…

でも、セミナーはこれだけではありません。
参加者が自社に到着する時には、この二日間で使用した「パワーポイント」が
送られてきています。

f0070004_1164912.jpg



そのDVDで、今度は「参加者」が発表者となって「社内報告会」をする。


すごいでしょ!!この仕組。
こんな“仕組み”は他のセミナーにはないですよね。

そうすることにより、「情報の共有化」できるのです。
そうすれば、「みんな行動」に移すことができます。
いや、全社員がなぜ参加者がそのような行動を新たにスタートするかがわかる。

すると、「会社が変わる」のです。

「Change People, Change Future!」
(人が変われば、会社の未来が変わる)


です。

「第16回やる気と感動の祭典」のテーマでもありました。



そして、午後1時からエンディング。

これがまた重要。

みんなで、「感謝しあう」儀式。
発表者への感謝!
ボランティアへの感謝!
ホテルへの感謝!
参加者への感謝!
経営者への感謝!
と続きます。

これは、小生が最もこだわっているところです。

「感謝」

まさしく、この「やる気と感動の祭典」はこの“感謝”で運営されていると
言っても過言ではありません。

発表も、発表の最後に「感謝の言葉」が入ります。
全てが「感謝」の気持ちで行われているセミナーです。

そして、恒例となった…
「商人伝道師からのメッセージ」

参加者に向けて、約20分のメッセージが流れます。

これは…
「感謝」でなく、「多謝」になります。


こういうことをお互いに感じながら、行いながら…
午後1時に終了します。


最後は、「クラッカー」を鳴らしまくって終了。

「出陣式」の恒例の儀式。



「第16回やる気と感動の祭典」はこれで終了します。

「一泊二日」

「二日間14時間のセミナー」


こんなに学ぶとつかれますよね。
しかし、みんな「元気いっぱい」。

力が湧いています。
自信にみなぎっています。

「よし!やるぞ!!!」って…

今の時代…
この「よし!やるぞ!!」という“感奮興起”させることって大事だと思うんです。

「人間力」の時代なのですから…

今回は、多くのメーカー様や問屋様に参加いただきました。
新たなステージに突入したと感じています。

「取引」から「取り組み」へ進化していく“第一歩”です。

スーパーマーケットだけでは生き残っていけない。
「メーカー様」や「問屋様」を巻き込んだ「チーム」でこの厳しい
時代を乗り越えていかねばなりません。


それを提案した「セミナー」と思って頂ければ嬉しいです。

「さあ、実践です!!」

これからが“参加者が主役”となって、“結果”を変えていかねばならないのですから…



本当にありがとうございました。
感謝でいっぱいです。

「第16回やる気と感動の祭典」の詳細は明日以降に…


そして、「今日の一言」…
結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。
(イチロー)

by akindonet | 2014-10-29 18:00 | Comments(0)



「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから






【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号






今日は朝4時起床。
身支度して、「会場」へ…
小生の最終チェックがスタートします。
会場はこんな感じです。

f0070004_1049301.jpg



「映像ブース」はこんな感じです。

f0070004_10495771.jpg



ここで、全ての映像とパワーポイントをコントロールします。
映像チームは「三日間徹夜」のような生活。

我がアソシエイトながら、「すごいやつら!!」だと思う。
そして、「受付」。

f0070004_10483764.jpg




今回、2名も退社してしまい、初めて経験するアソシエイトのみ…
“永久ボランティア”の“ヤッちゃん”頼み…
さらに「物販」コーナー。

f0070004_10503540.jpg



ここで物販することないのですが…(笑)

さらに、「メーカー展示」ブース。
まずは、「和光」さん。

f0070004_10504975.jpg



次に、「隆祥房」さん。

f0070004_1051325.jpg




ご協力ありがとうございます。

そして、この「花道」を発表者は通ります。

「レッドカーペット」
発表者のみが歩くことを許される道。

f0070004_10513698.jpg



そして、発表の舞台からの風景。

この風景を見ることができるのは、発表者のみ…
こんな大勢の前で話すことなど、一生のうちで一回かもしれない。

ここが、「パワーポイント操作者」の席

f0070004_1133057.jpg



今回は参加者が多い為、一番前に移動させた。
この「パワーポイント操作者」が進行上、キーポイントになる。

発表者と同じぐらい、苦労した人たち…
そして再度、舞台から見た会場。

f0070004_10542574.jpg



では、発表します。
「第16回やる気と感動の祭典」の参加企業、参加社数は…


204社


そして…
注目の参加人数は…


978名


なんと、「やる感史上最多」の参加者。
途中で募集を締め切りました。

会場さえあれば、1000名は間違いなくいきました。
それは次回以降に期待して…

小売業が主催するセミナーでは、ダントツの集客力を誇るセミナーとなりました。

「みなさん、ありがとうございます。」

しかし…
この参加者数より驚くべきことがあります…
それは…

「発表内容がやる感史上ダントツ一番ですごいこと!!」
です。

レジュメ作成用の第2次提出以降、作りなおした発表者がほとんど。

こんなこと初めてです。
それぐらい、みんな真剣!!

運営側としては、すごくリスクを伴うことなのですが…
作り直しを許可しました。



午前9時
発表者とパワーポイント操作者が会場に集合。
商人伝道師から「注意事項」と「お礼」を伝える。

f0070004_1054431.jpg


その後、「一人ひとり」に商人伝道師から“燃える赤色の華”を付けさせていただく。

f0070004_10582440.jpg


f0070004_1058348.jpg


f0070004_10585392.jpg



「やる気と感動の祭典」の儀式です。

その後、“たった一回だけのリハーサル”。

「入場シーン」から「退場シーン」までのリハーサルです。
“たった一回のみ…” これも「やる感流」。

外では、1000名近い人が開場を今か…今か…と待っている。

「こんなセミナーありますか?」

「整理券を朝早くから並んで取ったのに、こんな後ろの席!!」と叱られることも数知れず…

普通は、後ろの席から埋まりますよね…。
セミナーって…。

これも「やる気と感動の祭典」の特徴。

11時40分開場。

そして…

11時40分セミナースタート。

「15分のリフレッシュタイム(休憩)の2回」以外は…
ずっと「セミナー」。


セミナー終了、今回はなんと午後8時

“ぶっつづけ8時間!!”のセミナー

その後、「大懇親会」
終了は、午後9時~10時予定。

いつもより、30分以上長い。
「クレーム上等」(笑)

それよりも、多く学んでくれることを再優先しました。

978名

さすがに責任を感じる。

この参加者全てに“夢と希望と勇気”を与えられるか…
この参加者全てに“一筋の成功への光明を照らす”ことができるか…
この参加者全てに、“行動するという勇気”を与えることができるか…


責任重大です。


今回は、全く“喜び”などありません。“責任の重圧”に押しつぶされそうです。
プレッシャーの中、このBlogを朝書いています。

「試練上等」

おもいっきりセミナーやっていきます。
この報告は後日…


今日は“超~忙しい”ので、こんなBlogになりました。
ごめんなさい。

明日以降を期待しておいてください。



そして、「今日の一言」…
今日より明日の方がいいはずと思えば、
何のつらいことがあるものか。
(中内功)

by akindonet | 2014-10-28 18:00 | Comments(0)



「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから






【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号







今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
サクラを散歩させ…
身支度して、小商人伝道師を小学校へ送り…
再度、自宅へ帰り、明日からの準備。

その後、大阪へ移動。
映像チームは、朝7時ごろ会社を車で出発。
夕方5時ぐらいには大阪に到着予定。

発表者も夕方くらいから大阪の会場入り。
最後の「パワーポイント」チェック。
そして、「ボランティア」さんも夕方くらいから大阪の会場入り。

「初顔合わせ」

SNSで会話をしているが、お会いするのは今日が初めて。
そう見ると、すごいですよね…
まだ会ったことのない方々が「SNS」だけで会話して…
準備し…

当日の「ボランティア」として活躍できる。
すごいことだと思う。



小生はというと…
夕方から、会場の「リーガロイヤルホテル」で…
「食育コミュニケーター協会」の石原奈津子代表と徳永ひろみさんと打ち合わせ。
「コラボレーション」できるかわからないけど、いろんな話を2時間ぐらいします。



その後は…
「雑用係」に徹します。

「アソシエイト」や「ボランティア」さんの弁当などを買いに行ったり…
足らない物を購入したり…
まさしく“アッシー”に徹します。

さあ、明日ですね…
みなさん、くれぐれもお気をつけてお越しください。



あっ!それと参加される方の一部の方々にお詫びをしなければいけません。
実は、会場横の「国際会議場」で大きなコンベンションがあり、
会場の「リーガロイヤルホテル」がすぐに“満室”になってしまいました。

急遽「リーガロイヤルホテル」から“車で5分位内”のホテルをおさえました。
ご案内した料金より高いホテルの「差額」は弊社が全て負担します。
また、ご案内したホテルより安いホテルは“実費(安い料金)”で請求させていただきます。

本当にご迷惑をおかけしますが、諸事情をご理解いただき、ご協力の程、よろしくお願いします。



そして、今日は「やる気と感動の祭典」の商人伝道師の想いについて…

「やる気と感動の祭典」は今までの常識を覆したセミナーと言われますが…

反面、「ショー」だとか…「パフォーマンスだけだ!」とか…
言われる方も少なくないと聞きます。


特に、この業界のトップの方々は「質素」を好まれる。
派手なことをものすごく嫌われる。
「商人(しょうにん)」とは…。
というものが根底にあるのではないかと思う。

昭和30年代後半から箱根でスタートした「商業界ゼミ」。
倉本長治先生をはじめ、新保民八先生、岡田徹先生が…

「正しき商人に誇りを持て!」

といことで、“商人道”を指導されました。
その時の講演シーンが音声だけですが残っているのです。
こんな感じだったんです。



最初このテープを聞いた時、「鳥肌が立った」ことを思い出します。
多くの「志の高い」商人たちがこの「商業界ゼミ」に参加され、
「正しき商売とは…」を学び…
「正しき商人に誇りを持って…」

寝食忘れて仕事した。
また、当時、今では考えられないような費用をかけて
アメリカの流通業を学んだ。

それが、今の日本の商業の礎(いしずえ)を築いた。
それから50年…

やり方は違えど…
主旨は違えど…

その当時の「商業界ゼミ」の雰囲気に似ているという方が多く、凄く嬉しく感じることがあります。
あの西端春枝先生にも言われた。

「みんなが奮い立つようなセミナーって大事なのよ。
頑張って!!」
と…

そこで、この「やる気と感動の祭典」の小生の想いをチョット書きます。


1.「派手な演出をします」
 学びは「ワクワクドキドキ」感の中で学ばなくては頭や肝に入らないからです。
 その「ワクワクドキドキ」感という高揚感を小生はすごく重要視します。
 最も効果的なセミナーにするにはを学ぶために、アメリカの“トップコンサルタント”の
 セミナーを受講しに行ったぐらいです。
今の流通業関係者で、セミナー運営のノウハウを学びに、わざわざアメリカまで学びに行くコンサルタント会社やセミナー会社はありません。


2.主催者が全て“プロデュース”します。
 商人伝道師が発表者に対し、どんな発表をして欲しいかを徹底的に追求します。
 なぜなら、このセミナーは「発表会」ではないからです。
 “著名なコンサルタントのノウハウセミナー”と同じなのです。
 「現場・現物・現実」を知っている方々に“著名なコンサルタント”の代わりに
 発表してもらうセミナーにしたいからです。
 ですから、勝手に発表者が発表することは100%ありません。
そのあたりを勘違いしている企業が多い。



3.「未来」を提案するセミナーにする。
 「今起きている未来」
 P.F.ドラッカーの言葉ですが、まさしく「やる気と感動の祭典」は
 “今起きている未来”のセミナーにしたいのです。
 今回も、“高齢化”対策のニュービジネスの発表があります。
 来年10月の消費税10%で、「商品軸」の学びをしない企業は経営的に
 非常に厳しくなるから、今回は「商品軸」に重きをおいたセミナーにします。
 ここ2回は、「おどろき市」など、“販売”にフォーカスしました。
 それは“消費税8%”対策の為でした。
 いつも、同じセミナー内容で行うことは一切ありません。



4.「経営者~パートナー社員さん」まで参加するセミナーにしたい。
 このスタイルは他では100%ありません。
 「経営者」と「パートナー社員」が一緒に学ぶセミナーなど
 あるわけないと言われます。
 あるんです。

 「情報の共有化」
 これからのキーワードです。
 経営者からパートナー社員さんまで同じことを学ぶ。
 すると、同じ発表を聞いても、立場によって“気づく”ところが違います。
 これが大事なんです。
 そうすることにより、組織での「横串」が刺さると思っています。
経営者とパート社員さんが一緒に学ぶ。
男性社会のこの業界。あり得ないと思われても仕方ありません。



5.“超一流のホテル”で行う
 小生の最終目標は、江戸時代から続いている「士農工商」の
 順列をぶちやぶりたいということ。
 だから、“超一流のホテル”で行うと決めています。
 「スーパーマーケットの人たちはすごく学ばれるんですねー」
 それを世にアピールしたいのです。
 そうすれば、「士農工商」の順列をなくせる。
だから、セミナー会場は超一流ホテルにこだわります。



こんなことを考えて、小生は「やる気と感動の祭典」を運営しています。
小生の「志」をわかって頂ける方がまだまだ少ないのが現実ですけど・・・。

でも、訴え続けます。
誰が何て言われようと…


小生の座右の銘…

「世の中の人は、なんとも言わば言え…
我が成すことは、我のみぞ知る…」


これは、坂本龍馬の言葉。
この座右の銘を常に心に刻んでこれからもやっていきます。

さあ、「第16回やる気と感動の祭典」
明日、開幕です。

参加されるみなさん、お気をつけておこしください


そして、「今日の一言」…
人の世に道は一つということはない。
道は百も千も万もある
(坂本龍馬)

by akindonet | 2014-10-27 18:00 | Comments(0)

心のオアシス




「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから







「第16回やる気と感動の祭典」のお申込みにつきまして、
10/20 19:00をもって締切と致しました。

「第16回やる気と感動の祭典」が満席となりましたのも
皆様のお陰で御座います。

「お申込み確認書」をご返送頂いた企業様には
当日のご案内を順次発送しておりますので、
お申込みされた方は必ずご確認のうえ、ご来場下さい。

「第16回やる気と感動の祭典」運営事務局







【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号



今日は朝5時30分起床。
ゆっくりジョギングして…。
Blogを書いて…。
オフィスへ…。
その後、コンサルティング企業へ…。
18時終了。

その後「第16回 やる気と感動の祭典」の「最終読み合わせ」
実は「やる気と感動の祭典」“台本”なるものがあります。

f0070004_19451540.jpg


「進行表」と言ったほうがいいんでしょうか…。
「分刻み」で予定が組まれています。
この「台本」に沿って、小生と司会者とプロデューサーが当日、連絡を取り合います。
この「インカムの会話はすごい!!」です(笑)
とにかく「参加される方々」の為に…
最善の努力をはかります。



そして、今日は「日曜日」
「心のオアシス」の日。
今日は「世界の一パーセントになる方法」


生命保険業界にいる人間の一つの大目標に
「MDRT入会基準達成」があります。
全世界の保険営業マンの、
毎年年間トップ一パーセントの成績を達成した者だけが
入会できるこの基準を、私は十四年間達成してきました。

現在は現役保険営業マンである一方、
営業研修の会社を設立、指導のために
全国を駆け回っていますが、
そんな私にもまったく電話ができない、
「営業恐怖症」の時期がありました。

車のディーラーから保険の世界に飛び込んだのは
三十五歳の時でした。幸い、知人や前職でのお客様など
アプローチ先が多かったので、入社六か月間で
百八人のお客様からご契約いただくことができました。
これは同期入社でもトップクラスです。

しかし、次第に私は焦燥感に駆られ始めました。
実はこの数字の陰には何倍もの「NO」があったのです。

「久しぶりに電話をしてきて営業の話?」
「車ではお世話になったけれど、生命保険はいいよ」
「保険はたくさん入っているから」……。

お客様からの「NO」の返事は、
私の中で薄皮のように重なって、
半年ほどした時、ついに臨界点を越えてしまいました。

家族に心配をかけたくないとの思いから、
毎日元気よく家を出るものの訪問先はありません。
喫茶店やパチンコ屋、お金のない時は河原で過ごしました。
眠れない夜が続き、思い悩んだ末に頭に浮かんだのは、
前職で面識のあった心理カウンセラーの先生でした。
相談に行ってみると、先生は黙って私の話を聞き、
時々ポロッと質問を投げかける。
そうやって私の心の奥底の声を引き出してくれました。

その繰り返しの中で気がついたのは、
やっぱり自分はこの世界で成功したいのだ、
ということ。

もう一つは、すでに契約していただいた
お客様に対して責任を持たなければ、
ということでした。

そうしてじっくり自分の言動を振り返ってみると、
私は新しく飛び込んだ世界で
早く成果をあげたい一心で、
かなり強引にアポイントを取りにいっていたのです。

よし、もう一度心を入れ替えて頑張ってみよう。
そして、今度は保険を売り込むのではなく、
自分がお客様にできることを率直にお伝えしてみよう。

「一度お断りされた牧野です。
 あれから三つ勉強したことがあります。
 そのお話を聞いてもらえますか?」

とお電話してみると、三割くらいの方は
「聞いてみてもいいよ」とおっしゃってくださいました。

面談の時も、お客様がいま保険に対して
感じていることをお聞きして、

「その問題なら私は解決のお手伝いができます。
 私の考える解決方法を聞いていただけますか?」
 

と質問すると「聞くよ」。
ご説明して、「ご契約されますか?」とお聞きすると
「する」とおっしゃるのです。

「いまはいい」
「また今度にするわ」

とおっしゃるお客様もたくさんいました。

最初は「お断り文句」と受け止めていましたが、
よく考えればお客様は「時期」のことを言っているだけで、
商品そのものを必要ないと言っているわけではないのです。

この一、二か月間で刈り取ろうとするから
「お断り」になるのであって、
生涯この仕事を続けていくのであれば、
その人は間違いなく「見込み客」です。

一度断られた相手にも、
メールやお手紙で情報を送り続けていると、
次に保険を見直す時、真っ先に
声を掛けていただけるようになりました。

このように自分の中で
「断られない営業法」を確立した私は、
再びトップセールスに返り咲き、
一年目からMDRT基準を達成することができました。

そして十四年過ぎて思うのは、
MDRTに入会するのに
才能は必要ないということです。

大切なのは「自分はMDRTメンバーになる」
と決めること。覚悟を定めて行動し続ければいいのです。

高い目標を掲げれば、当然困難はつきものです。
決めていない人は、困難にぶつかると
「やっぱりね。自分には無理だったんだ」と
安心して諦めます。

決めている人は
「この壁を越えたら目標に一歩近づける」と
自ら心を奮い立たせ、諦めません。

「この人、営業として大丈夫かな」と
思うほど説明下手だった人が、
誰にも負けない努力を続けた結果、
ある時グーンと成長し、
MDRTメンバーになった
ケースをたくさん知っています。

そしてもう一つ、大切な資質は
「知恵を出す」ことです。
努力は確かに大事です。
しかし、そこに知恵が伴っていなければ
結果には結びつきません。

例えば、大好きな女性を振り向かせたいと、
朝から晩まで「大好き、大好き」と追い掛け回したら、
本人には「懸命なる努力」でも
相手には迷惑以外の何物でもありません。

知恵とは、相手を思いやる気持ちです。
どうアプローチをすれば
お客様は振り向いてくれるか、
その心を感じ取り、慮れない人は
結果を出すことはできません。

いま、営業指導をする中で、
多くの営業マンが悩んでいることを感じます。

しかし、そのほとんどの原因は
「自分のわがまま」です。
お客様(=成績)を自分の望む通りにしたい。

しかしそうならない現実とのギャップに
苦しんでいるのです。
「わがまま」を取り除き、
お客様の望むことをして差し上げれば、
必ず結果はついてきます。

決める。
諦めない。
そして知恵を出す。

そうすれば世界の一パーセント層である
MDRTメンバーになることはもちろん、
どんな仕事でも必ず結果を出せるのではないかと思っています。



3つ勉強したこと「決める・諦めない・知恵を出す」
このBlogをご覧になられてる方々は、この3つの重要さをよくご存知だと思います。
「決める・諦めない」は自分の中で出来ることですが、「知恵を出す」というのは中々難しいものです。
「知恵を出す」には「良く識ること」、「理解していること」が大事になります。
こういったところをより意識して臨んでいきたいものです。



いかがだったでしょうか?
今日の「心のオアシス」

さあ、「第16回 やる気と感動の祭典」まで、あと2日。
明日、朝6時に「機材」と一緒に、映像チームが車で大阪に向かいます。
小生も昼の便で大阪入り。
他のアソシエイトも次々と大阪に入り…。
発表者も…。ボランティアも…。
次々と大阪入り。

とうとう始まりますね。
「スーパーマーケットの甲子園」
楽しみです。
みんな待ってます。


そして、「今日の一言」…。
「仕事を成功させるには、一にも準備、二にも準備、三にも準備。徹底した準備。
(渡邉美樹)」

by akindonet | 2014-10-26 18:00 | Comments(0)



「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから







「第16回やる気と感動の祭典」のお申込みにつきまして、
10/20 19:00をもって締切と致しました。

「第16回やる気と感動の祭典」が満席となりましたのも
皆様のお陰で御座います。

「お申込み確認書」をご返送頂いた企業様には
当日のご案内を順次発送しておりますので、
お申込みされた方は必ずご確認のうえ、ご来場下さい。

「第16回やる気と感動の祭典」運営事務局







【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号








朝7時30分起床。
さすがに疲れのピーク。
ですから、ゆっくり寝る。

今日は昼に「やる気と感動の祭典」で大阪にいくので
「ベビーシッター??」こと、青森から義母が帰京。
むかえにいく。

夕方、オフィスに入り…
「最後の”総チェック”」。
特に、「発表者のDVD」と「小生のエンディングメッセージ」はかなり細かいところまで
修正の指示が小生から出ます。
全てのことに徹底的にこだわる。
これが「やる気と感動の祭典」です。

発表者もやっと本日までに「発表用パワーポイント」を送ってきました。
今までで一番遅い提出。
それぐらい最後の・・・最後まで…。頑張ってくれました。

「ありがとう」

さあ、「第16回やる気と感動の祭典」まであと残すところ2日
参加される方々、ウキウキしませんか…。
なんか不思議ですよね。
「セミナーってこんなにウキウキするもんだっけー」って…。
「セミナーって、楽しいもんだったっけー」って…。
「セミナーって、話題になるもんだったけー」って…。

なんかセミナーの「考え方」まで変えてしまった「やる気と感動の祭典」。
参加される方々、体調を整えて来週火曜日のぞんで下さい。


そして、今日は「新たなしくみづくり」について…。
皆さんはお気づきになられていると思いますが…。
近頃、小生のBLOG。
上場企業などの「決算報告」分析やコンビニエンス・ストアーの「近況報告」分析が多くなっていることを…
なぜ、このような分析のBLOGが多くなったのか…

それは「しくみを変えるべき」…
という警鐘を鳴らすため…
「スーパーマーケットは儲からない業界になりつつある」
ということを…
「時代とともに”しくみ”を変えていかないと…」

例えば、「バックヤード作業」。
ある程度の規模を持っておられる企業は…
「集中作業化」
「機械化」
「アウトソーシング化」
をすすめて、極力バックヤード作業を無くす。
そして、新店はほとんどバックヤードがない店舗作りをする。
例えば、近頃小生はこんなことを申し上げます。

「センターは設備にお金をかけては絶対にいけない。機械にお金をかけるべき!!」
高くてもいいから、最高レベルの機械を導入し、「全てを機械化」する。
魚の切身も機械に切らせる…
肉のカッティングや盛り付けも機械にやらせる…
野菜のカッティングやプリパッケージも機械にやらせる…
限りなく機械にやらせる。
そういう「しくみ」をつくるべき。

しかし、今は逆。
「設備にお金をかけて、機械にお金をかけない」
間違っていると思う。


そして、余った「人時、人財」を徹底的に「販売」いまわってもらう。
「ライブ販売」「試食販売」「コト販売」
です。
ちらほら、これに気づかれてきた企業が…。経営者が…。でてきた。

さらに「物流」。
営業利益5%ぐらい出されている、ある企業の物流はなんと・・・。
「冷蔵車」を使用されていない。

それを聞いて、これからは「冷蔵車」での物流を根本から見なおさないといけないのではないか…。と・・。
それだけでもかなりの「コストダウン」になる。
来年から、「物流費」がものすごく上がってくる。
「常温車」での物流。これも「仕組み」作りだと思う。

このように、いままでの「しくみ」を根本から見直すときがきていると思う。
「しくみを変えないと儲からない業界」
になりつつあるのです。
この他にもいままで常識と思われてきたことを疑ってかかることって大事だと思う。
いままで経験したことのない「人事不足」。
青天じょう化した「コストアップ」。
そんな中、いままでと同じ「しくみ」をやっていたら…
絶対に儲からなくなる。
その危機感を近頃持っています。

ですから、来年からはこのあたりの「しくみづくり」のセミナーもどんどん
やっていきたいと考えています。

「スーパーマーケットは儲からない業界になりつつある」

近頃感じているからである。

そして、今日の一言…

とにかく思い切ってやってみようじゃないか。
間違ったらまた変えるのだ。
(盛田 昭夫<ソニー創業者>)

by akindonet | 2014-10-25 18:00 | Comments(0)

コンビニの近況




「第16回やる気と感動の祭典」のお申込みにつきまして、
10/20 19:00をもって締切と致しました。

「第16回やる気と感動の祭典」が満席となりましたのも
皆様のお陰で御座います。

「お申込み確認書」をご返送頂いた企業様には
当日のご案内を順次発送しておりますので、
お申込みされた方は必ずご確認のうえ、ご来場下さい。

「第16回やる気と感動の祭典」運営事務局







【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号









「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから



今日は、朝5時起床。
Blogを書いて…。
身支度して…。
東京、京橋へ…。
「スーパーマーケット実践会in東京」
会場はこんなところで行います。

f0070004_16574665.jpg


来年で1年になります。
「1年更新」
なので来月で終了。
また来年1月から「第二期」がスタートします。
よかったらぜひ参加してみてください。

今まで、利益が全く出なかった企業が
ものすごく利益が出るようになりました。

今まで、競合店で苦しめられた企業が復活してきました。

今まで、同質化ばかりしてきた企業が
少しはブルーオーシャン化してきました。


これって大きいですよね。
他のセミナーではこんな“結果”はでません。

ぜひ、「第二期」募集スタートしましたので、参加してみてください。

まず、朝8時30分から「個別相談」。


その後、「スーパーマーケット実践会」。

会員様の成功事例の共有化。
そして、商人伝道師からの講義。


今日は「日配品」「グロッサリー」「デリカ」
全て「Xmas~年末商戦」特集。
その後、またまた「個別相談」。
終了は午後18時30分。
朝、8時30分から夕方18時30分まで
ず~っと、ず~っと、ず~っと、話っぱなしです。(笑)
そして、オフィスに帰って「第16回やる気と感動の祭典」の準備。
帰宅は“午前様”か…。


さて、
「第16回やる気と感動の祭典」まであと3日。
商人ねっと株式会社のアソシエイトも以前に比べて2名少ない。
ですから、準備も大変。
でも、よく頑張ってくれています。
「誰にでも誇れる」社員さんたちです。
もしも…。もしも…。
会場で見かけたら、ちょっとだけでもいいので“ねぎらい”の言葉を
かけて頂けたら、この苦労も吹き飛ぶと思いますので…。
よろしくお願いします。


そして、今日は「コンビニの近況」から…。
コンビニエンスストアーの「2014年9月」の速報が発表された。

f0070004_16503723.jpg


消費税が増税された今年4月以降、既存店の前年割れが続いている。
その原因は、まず「客数減」。
やはり、「賢消費」が高まっているんですね。
それと、客単価減。これは、タバコの売上が落ちていることが大きい。
また、「部門別売上高」を見てみると…。

f0070004_16502533.jpg


FFを中心とした「日配品」は堅調に売上を伸ばしてきている。
しかし、「加工食品」は厳しい。


確かに、昨年より9月は涼しく、飲料系の売上が厳しいという
要因があるにしても、厳しい。

さらに、「非加工品」も△3.5%。
タバコの売上がかえっていないことが一番の原因であるが…
ここも厳しい。

「賢消費」の表れと小生は見ている。

快進撃を続けているコンビニエンスストアーも細かく見ていくと、
厳しい環境下にあることが伺える。



しかし、すごいなーと思うことが…
コンビニエンスストアーに来店したお客様の数は
どれくらいだと思いますか?

なんと…

「12億5825万人」

全国民が「10回以上」利用しているということ。

コンビニは、まさしく生活の「ライフライン」となっていることが伺える。

平均単価586円

売上高7377億円(9月トータル)

とんでもない産業になったものですね。
でも、これからかなりの「イノベーション」を起こしていかないと…

来年10月の「消費税10%」になると、ますます売上は落ちることが
目に見えている。

この「ビジネスモデル」は…
「既存店の売上高が落ち始めると、脱退者が大量に出る」
というリスクがある。

個人事業主だから、儲からなくなったら、さっさと止める!!
だから、既存店の売上の維持が全てだと思う。


そういう点から言うと、「ローソン」や「ファミリーマート」は…
このままいくと、大変なことになるかもしれない。

だから、セブン-イレブンの鈴木敏文会長は…

「既存店の売上が落ちたら出店しない!!」

と言っているんだと思う。


ちなみに、コンビニエンスストアーの「買い物」と
スーパーマーケットの「買い物」は根本から違う。

英語で言うと…
コンビニエンスストアーは「Buying(目的買い)」
スーパーマーケットは「Shopping(衝動買い)」

ですから、「セブンカフェ」が大ヒットしたから、スーパーマーケットも…
という考え方は間違いだと思う。


「買い物行動」が違うから…
そういうことを理解していないと…
間違った方向性に繋がる。


コンビニエンスストアーは「品揃え」。いわゆる「商品導入の早さ」と
「新商品の切り口」をベンチマークする。

これは学びになる。
そして、「セブン-イレブン」
この企業は、別格。

その別格の「セブン-イレブン」を全て知っている…
「株式会社VALUE CREATOR社」の田口香世さんが
「第16回やる気と感動の祭典」の基調講演者。

楽しみにしておいて下さい。
今日は、「コンビニ近況」から感じたことでした。


そして、「今日の一言」…
努力する人は希望を語り、
怠ける人は不満を語る
(井上靖)

by akindonet | 2014-10-24 18:00 | Comments(0)

「売れる売場」について




「第16回やる気と感動の祭典」のお申込みにつきまして、
10/20 19:00をもって締切と致しました。

「第16回やる気と感動の祭典」が満席となりましたのも
皆様のお陰で御座います。

「お申込み確認書」をご返送頂いた企業様には
当日のご案内を順次発送しておりますので、
お申込みされた方は必ずご確認のうえ、ご来場下さい。

「第16回やる気と感動の祭典」運営事務局







【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号









「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから




今日は、朝6時起床
Blogを書いて…
軽く、岡山の街をジョギング。
岡山というと、12月上旬に西日本最大の「イオンモール」が開店する。
岡山駅のすぐ横。昔の「林原」の跡地。
歩いて10分ぐらいのところには、中国地方初出展で昔話題になった「イトーヨーカドー」がある。
どうするのかなーと思いながらジョギングする。
その後、身じたくして、福山へ…。
包装資材などを総合的に扱っておられる「コパックス」さんでの講演。
リスパックの大松専務のたっての願いでしたので、お受けしました。
「仁義」
は大切にしていますので…(笑)
会場は「福山ビッグローズ」
f0070004_17491878.jpg

こんな感じです。
f0070004_17492219.jpg

f0070004_17494889.jpg



その後、広島空港へ…
帰京。
オフィスへ向かい、「第16回 やる気と感動の祭典」の打ち合わせ。



さて、「第16回 やる気と感動の祭典」まで、あと5日。
ワクワクしますよね…

唯一の心配だった「台風」もまだ発生していない。これで大丈夫でしょう。
「天気は良し!!」

ボランティアも最後の打ち合わせ…
夜中まで頑張ってくれてます。
「ボランティアの準備は7合目!!」

発表者は、最後の最後まで修正作業を行っている。
ものすごいプレッシャーを小生からかけられている。
今回は、今までで一番頑張っている。みんな…
「発表者の準備は9合目!!」

そして、☆武君やエリエリの「映像チーム」は…
最後の「ナレーション」入れが始まった。
今夜は、あの「ビオレママ」の声で有名な“商人伝道師専属”声優さんの録音がある(笑)
絶対に、他のコンサルタント会社やコンサルタントではできないだろうなーと思う。
この「お金」のかけ方。
今まで「1億円」ぐらいかけているかもしれない…(笑)
「映像・ディレクト作業は7合目!!」

みんな頑張っています。
みんなで作り上げている「第16回 やる気と感動の祭典」
流通業の“セミナーの常識”をぶちやぶったセミナー。
多分、先にも…後にも…こんなセミナーは現れないと言われる。
小生も当事者ながらそう思います。だって、こんなバカは世の中にいませんもんね…(笑)

「Change People, Change Future!!」
(人が変われば、会社の未来が変わる)


変えてもらいます。
参加される方々は期待しておいてください。




そして、今日は「売れる売場」について…
今日の講座でいただいたテーマが…

「売れる売場の極意」

そんなのがあるのかなーと思いながら、お話ししました。
そこで、話しながら感じたことを…
まずは、「店の成り立ち」を理解するって大事だよね…ということ。
f0070004_17401343.jpg

店は、「ヒト」と「モノ」と「コト」の集合体なんですよね。
ということは、この3つの基準を上げていくことが「売れる売場」となるのではないかと…

そこで、一つ一つの基準をどのように上げたらいいのかなーと教えたんです。
その結論は…
まずは「ヒトの強化」
f0070004_17401574.jpg

ではないかと…。
「楽しさ」や「感動」は“安さ”を凌駕する。
しかし、お客様の想像を越える“楽しさ”や“感動”でなければいけない。

例えば…。
f0070004_17401827.jpg

小生が大好きな売場の一つ。
「3m陳列!!」
業界の“常識人”たちは真っ向否定する売場(笑)。
でも、こういう売場はお客様にとって“サプライズ”がある。

さらに、「人つき推奨販売」
f0070004_18115190.jpg

これからは「心の豊かさ」を求める時代となる。
「クッキングサポートコーナー」のように、お客様との“距離”のあるコミュニティーより、
「50cmの親密さ」を大事にしたい。
だから、上記のようなスタイルが好きだ!!

そして…
f0070004_17402014.jpg

f0070004_1740229.jpg

「人間力POP」
これは、またまた商人伝道師の「造語」
いいですよね。こういうPOP。

「コトPOP」から「ヒトPOP」へ…。「ヒトPOP」から「人間力POP」へ…。
POPも進化してきています。
POPでも「楽しみ」を出すことができるのです。


そして、売れる売場作りの「モノ」の強化とは…
この3つの集合体だと思うのです。
f0070004_17402479.jpg


その売れる「商品力」って、考えたんです。
それってこんなことではないかと…
f0070004_17402719.jpg

なんか、近頃「こだわり」商品や「珍しい」商品を陳列することが
「商品力」だと間違っている企業が多いような気がする。
そんなんでは無いと思うんです。
来月、アメリカのスーパーマーケットを視察しに行きますが…
このあたりを学んでほしいと思っているんです。
まずは、「仕入れ」の考え方ややり方を変えないと「商品力」なんて上がらない
「仕入れ」の考え方ややり方を変えずに、商品力を上げようとするから…
「こだわり」や「珍しい」商品を品揃えすることになる…。
大きな間違いですよね。
「商品軸」
とは上記のようなことではないかなーと思いながら、まとめてみました。

さらに、今、最も大切なこと。
「トレンド」対応
そのためには、「メガトレンド」をしっかりと押さえないといけない。
f0070004_17402932.jpg


そうすると、「売場」「商品」につながる。
f0070004_17403157.jpg

f0070004_17403460.jpg

f0070004_18115815.jpg

となる。
そこには、「安さ」は必要ない。
それに気づくと、どんどん売れてくる。

そして、「商品化力」
f0070004_17403647.jpg


これからは、「感性消費」の時代と小生は考えている。
こんなことを提唱しているコンサルタントは他にいません。
しかし、「感性消費」対応すると、爆発的に売れる。
こんな感じです。
f0070004_17403842.jpg

f0070004_17404126.jpg

「おしゃれ!かわいい!」
これは「安さ」を凌駕する。


そして、最後に、「売れる売場作り」の「コト」の強化とは…
それをまとめてみたんです。
f0070004_1864835.jpg

これは、いつも申していることなので割愛します。


というように、「売れる売場作り」の方法って、いくらでもあるなーと感じました。
「整理すること」
って、とても大事なんだなーと感じた。
みなさん、ちょっとこの「切り口」で売場をチェックしてみませんか…
なんか大きな気付きとヒントが出てくるかもしれませんよ。



そして、「今日の一言」…
急いでも無駄だ。大切なのは間に合うように始めることだ。
(ラ・フォンテーヌ)

by akindonet | 2014-10-23 18:40 | Comments(0)

「高齢化」対応について




「第16回やる気と感動の祭典」のお申込みにつきまして、
10/20 19:00をもって締切と致しました。

「第16回やる気と感動の祭典」が満席となりましたのも
皆様のお陰で御座います。

「お申込み確認書」をご返送頂いた企業様には
当日のご案内を順次発送しておりますので、
お申込みされた方は必ずご確認のうえ、ご来場下さい。

「第16回やる気と感動の祭典」運営事務局







【最新情報】
商売繁盛虎の巻2014年
Xmas~年末・年始特大号




いよいよやってきた1年で最大の催事。
Xmas~年末・正月商戦。

今回は年末~正月商戦編として、
商人伝道師こと水元仁志が
全500枚以上の写真と93枚のフリップを使用し
詳しく解説します!

商売繁盛虎の巻2014年
Xmas特大号
年末・年始特大号









「やる気と感動の祭典」で2回連続で発表されている
「カットフルーツ」

本セミナーは、「カットフルーツ」で
2015年のひなまつり、GW・母の日・こどもの日
向けての商品化を提案する実技セミナーです。

「フルーツアート」の第一人者の実技指導
冬~春商戦において貴社を圧倒的な勝利に導きます!

「商品軸」での青果部門の売場作り
考えている方必見の内容です。

セミナー内容、お申込みはこちらから




今日は朝3時30分起床。
Blogを書いて…
「第16回 やる気と感動の祭典」のエンディングメッセージを書いて、完成…
その後、ゆっくりとジョギング。
そして、コンサルティング。
夕方までコンサルティング。
その後、岡山へ移動。




さて、「第16回 やる気と感動の祭典」まであと6日となりました。
参加される方々は楽しみですよね…
よくみなさんに言われること。

「普通は、セミナーに参加しなさい!!と言うと、嫌な顔をするんですけど…
やる感だけは、参加していいよーと言うと、“ありがとうございます”と言うんです。
それもものすごく満面の笑顔で言うんですよ。
こんなこと、今まで全くありませんでした。」


すごくうれしいことです。

でも、こういうこと書くと、「ショーみたいだからだよ」とか、「セミナーでなく、パフォーマンスだよ!」とか言われる。
でも、参加された方ならお分かりになると思います。
中身がものすごく充実していることを…
今回はいつにも増して、セミナー内容が充実しています。

ですから、一日目の終了時間は何時になるのだろうか―と心配しています。
懇親会を開催できるのかと…(笑)
でも、大丈夫です。
発表者には、小生からとにかく「時間厳守」を厳しく申し上げていますので…
1日目しっかり学んで、みんなで情報交換する。
すごく充実した一日になりそうです。

そして、2日目も同じ心配が…
これも大丈夫でしょう。
1日目もすごいですが、2日目もすごい内容です。
特に、“大トリ”の店長発表は期待しておいてください。
「第4回 やる気と感動の祭典」でその後のやる感の発表を変えてしまった発表をした三島さんがパワーポイント作成者。
サプライズの連続になることと思いますよ…。


本当に楽しみな…
10/28~29の「第16回 やる気と感動の祭典」

「冬~春商戦の“商品軸”」提案
「ファイブウェイ・マーケティング戦略」の提案
「Xmas~年末商戦」の尖り・差別化提案


などを、連射砲のように発表しますので…
こうご期待です。
楽しみにしておいてください。



そしえ、今日は「高齢化」対応について…
今回、「第16回 やる気と感動の祭典」で「とくし丸」の発表があります。
まさしく、「高齢化」社会で“無限大”の可能性を秘めたニュービジネス。
だから、マスメディアやマスコミは黙っていない。
週に一回はTVや新聞等で紹介されている。
それぐらい今の「社会問題」に適応しているということ。

f0070004_1740145.jpg



そして、これからの地方スーパーマーケットが絶対に押さえておかなければならないマーケットです。
「高齢化社会」はますます進んでいきます。
移動の手段が全くないお年寄りが今後も増えてきます。
だからといって、「商人道」に反することは絶対にダメ。
そういう点から言うと、「とくし丸」は「10円ルール」というものがあります。

「店で販売している売価 + 10円 = 売価」

というものです。
これってすごく「大切なルール」だと思うんです。
店とほとんど変わりない売価で、自宅の近くまで訪問してくれる…。
お年寄りにとって、これほど「安心・安全」なルールはない。
ましてや、昔いつも買っていたスーパーマーケットで商品を調達しているならなおさらです。
「絶対的信用」を勝ちえます。
この「とくし丸」ビジネスって、その地域の“老舗のスーパーマーケット”でないと成立しないビジネスだと思っているんです。

「どの企業でも…どの店でも…どの人間でも…」良いというものではない。
「老舗の店が、10円ルールで、自宅の前に、信頼できる人が販売してきてくれる」

じゃないとダメなんです。

ですから、地方スーパーマーケットの“救世主”と言っているんです。
「軽トラックで…。10円ルールで…。」なら、採算合わないなーと思っているトップが多いと聞きます。
「えっ!?本当に…?」と小生がびっくりするのはその点です。
「三方良し!!という“理念”を持っていれば、10円ルールも改善していいのではないか…」
「要するに、採算が合うとか…合わないとか…でなく、
今までその土地で商売させていただいたのは、
今のお買い物できないお客様が支えてくれたのではないか…。
その方々にご恩返しする意味からも、絶対に、誰よりも早く取り組むべきではないか…」

小生はそう考えています。

今回、フクヤさんが発表していただきますが…
「おばあちゃん、おじいちゃんのコンシェルジュ」なんですよ。
どんなビジネスが発生するかわからない。
「やりながら考えていくしかない」んです。
誰もやっていないビジネスなのだから…。

「先行者利益」
といいますもんね。



そして、「とくし丸」以外でも「高齢者対応」は必要だけれども、これがちょっと間違っていないかと思うことが多いです。
例えば、「少量パック」。
「高齢者=少量パック」ではないと思うんですね。
これを間違うとただ単に単価を落とすだけ…
ではどうするのか…
それは…

「おいしいモノを少し…」の対応商品
「おいしいモノを少しずついろんなものを…」の対応商品

だと思うんです。

「少ない量」がほしいのではない。
「おいしいものが少し」食べたいのです。
というより、「おいしいものを値ごろ感」で食べたいのです。


刺し身を…
「3切れ198円」は買わないのです。
なぜか…
「お年寄りのプライド」が買わせないのです。
それよりも…
「3切れ498円」で美味しいマグロを買うのです。
でも、販売する側がわかってない。

肉とて同じ。
「1枚180~200gの分厚いステーキ」を…
「1/3ほしい」のです。

それも、「脂身が少なく、柔らかいステーキ」で…
それで、「1切れ1000円」までなら払う。
でも、販売する側は…
「一枚120~150gの薄いステーキ」で“値ごろ”を考える。
そんな「薄っぺらい」ステーキは欲しくないのです。
「厚くて、重くて、脂身が少なくて、美味しいステーキ」を…
「3分の1」ほしいのです。

でも、これがわからない。
だから、「高齢者」対応できないのです。



デリカでも同じ。
「4ケタの煮物」
というタイトルで、いちやまマートさんがデリカ部門で発表してくれますが…
「金目鯛 半身1500円」でもお客様は買っていただけるのです。
なぜか…
「食べたい」からです。
一年中、サバは食べたくない。イワシは食べたくない。
「旬魚」や「高級魚」を食べたいのです。
それに対する「対価」はしっかりと払ってくれます。
でも、販売側がわからない。
よって、「高齢者対応」がうまくいかない。
これが、今のスーパーマーケットの現状ではないですかね…。


今回の「とくし丸」の発表が…
「トリガー」になることでしょう。
そう期待しています。
「やる気と感動の祭典」は常に“一歩先”を行くセミナーにする。
それがこのセミナーの「使命」としているからです。
「同じことを二度と続けない」
それが商人伝道師の流儀



そして、「今日の一言」
「自分の行ったことを常に否定してこそ商売」
(柳井正)

by akindonet | 2014-10-22 18:00 | Comments(0)