商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2014年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧




<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>
=商人伝道師からのお願い=
これからは、「取引関係」から「取組関係」に進化していくことが
“商品軸”で「尖り」や「差別化」を出せるポイントだと考えています。

ぜひ、“親密な関係”にしたい「お取引企業様」を一緒に参加させて
みてはいかがでしょうか。

グループとして一緒にお申込み頂ければ、
「団体優先席」となる人数にも合算させて頂きます!

「取引」から「取組」へ!!
これも「独自化」の方法です!


by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
異業種部門のご紹介!


株式会社ジャパンデリカ(ジャパンミートグループ)
営業部 部長
境 弘太 氏
漫遊亭水戸50号店 店長
横川 純子 氏


「商売のヒントは異業種にあり!」
急成長している焼き肉チェーンの独自化・差別化戦略を学ぶ!


激戦を極める焼き肉業界で、常に勝ち残り続ける
焼き肉チェーン店を運営するジャパンデリカの目標は、
お客様から2,200円の客単価を頂き、5,000円の価値の
「商品・サービス(おもてなし)・雰囲気」を感じて頂く。


その為に、
漫遊亭独自の商品、おもてなし、雰囲気作り
に徹底的にこだわる。

そうすることで、「焼肉店」ではなく「焼肉や漫遊亭」という
“ブランド”を創りあげることに成功した。
「焼肉や漫遊亭」の近くに「焼き肉店」が出来たとして、
“競合”となることはあり得ないと境氏は言う。

競合が発生し得ない程の独自化・差別化を行うために
どのような商品開発やサービスを実現し、
人間力を高め続けるための雰囲気を創り上げているのか?

焼肉や漫遊亭からスーパーマーケットが学べることは沢山ある。

価格(安さ)競争で疲弊している企業の経営者、
売り場担当者は必聴の内容です。


内容・参加お申込みはこちらから

「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」








【最新情報】
チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ



「度肝を抜くスーパー」

それは、山成商事が金沢に初出店を決定した際に、
青果部バイヤー 国門 真に託されたテーマである。

これを実現するために、
男は無謀とも言える農地開拓に挑んだ

生産者の思いに触れ、男が考えたバイヤーの責任とは。

チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!


今日は朝4時30分起床
Blogを書いて…
ジョギングして…
朝8時からコンサルティング。
夕方までコンサルティングを続け、帰京。
今週も、島根→青森→大阪と出張が続く。
その間に「商売繁盛虎の巻」“年末商戦”の撮影。
元気に頑張っています。

さて「第16回やる気と感動の祭典」の全発表者の「第一次提出」が終了しました。
全てにおいて小生がチェックさせていただきました。
全発表者とも良い内容になっています。
細かいことの修正はお願いしますが、流れはそんなに悪くない。
参加される方々は期待しておいて下さい。
ちなみに、発表者は最低3回の発表内容の提出が義務づけられています。
こんなセミナーないですよね。
徹底的に小生がチェックします。
「参加者にとって、最高の発表になる為に…」
ですから、“自慢話”的な部分は全て修正が入ります。
「自分の発表は、参加者にとって有意義であるかどうか…」
これを徹底的に意識してもらいます。
ですから、参加される方々は、“腑に落ちる”のです。
何もかも“常識外”のセミナー。
それが「やる気と感動の祭典」なのです。

そして、今日は「第16回やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介です。
まずは、「お肉のおどろき市」でいちやく有名になった「日東燃料工業ベニースーパー」さん。
今回ご紹介するのは…
「惣菜のおどろき市」
目標はこのように立てた。
f0070004_18001.jpg

「1日100万円の売上げ・粗利益率50%」
すごい目標。
通常より粗利益率を高めて、異常値に挑戦する。
その為には、通常と同じ商品を製造しては出来ない。
よって、「何をつくるか…」からスタート。

f0070004_1801477.jpg

f0070004_1802061.jpg


そして、「コンセプト」
f0070004_1803360.jpg


さらに「商品別予算」
f0070004_1804595.jpg

f0070004_1805060.jpg

その予算をもとに「下ごしらえ&前日準備」
見てください!!
この下ごしらえと前日準備。
f0070004_1805983.jpg

f0070004_181429.jpg

そして、当日スタート
f0070004_1811321.jpg

f0070004_181167.jpg

f0070004_181196.jpg

f0070004_1812294.jpg

f0070004_1812784.jpg

f0070004_182976.jpg


「ベニースーパー流」。全部門のコラボレーションの取り組み。
他社では絶対に真似できない「コラボレーション」。
さらに…
f0070004_1822593.jpg

f0070004_182559.jpg


結果は…
f0070004_1831322.jpg


「惨敗」
「816000円」「粗利益率46%」
でも、すごい数字ですよね。
売上げの異常値は誰でも出せる。しかし、粗利益の異常値はなかなか出せない。
ここに「ベニースーパー」の凄さがある。
一つのことで全国から注目され、それが全社員のモチベーションにつながる。
これが「やる感マジック」なんです。
「やる感の名物弁当屋」として非常に有名だった「ベニースーパー」。
今や企画では日本の精肉部門をリードする企業となった。
企業って変わるものですね…
「第17回~第18回」ぐらいに「惣菜のおどろき市」であの舞台に立つことも夢ではなさそうだ。
その為には、「メーカー様や問屋様とのコラボレーション」が必要。
ということは、ぜひ「メーカー様や問屋様」と一緒に参加されることをおすすめします。
期待しています。

次に、兵庫の「ヤマダストアー」さん。
今回ご紹介するのは「青果部門」「柴田祥平」さん。
競合店が出店してきた。
その対策としてまずは「仮説」づくり。
f0070004_1833588.jpg

f0070004_1834637.jpg

f0070004_1835424.jpg


「店舗のプチリニューアル」をした。
それに伴い「しくみ」を変えた。
いわゆる「店の改装。脳みその改装」の2つの改装をした。
すると、パートナーさん。責任を持たされたから一生懸命に行う。
だから大きく数字が変わった。
さらに、競合店が出店する7月に向けて、
6月より徹底した「こだわり商品」と「売れて儲かる商品」を売り込んだ。
f0070004_184938.jpg

f0070004_1841735.jpg

f0070004_1842313.jpg

f0070004_1842997.jpg

f0070004_1843533.jpg

f0070004_1844156.jpg


すると、こんな数字になった。
f0070004_1845531.jpg

競合が出店してきても「売上昨対比115%」
立派!!
派手なエントリーではないが…
①パートナー社員の能力の最大化
②独自化商品の異常値
③売れて儲かる商品の異常値

という、基本をしっかりと実践している。
すごく良いエントリーです。
今、この「ヤマダストアー」さんは“絶好調!!”
全国でもこんな絶好調な企業はいないのでは…というくらい…
売上高も…粗利益高も…営業利益も…
異常値を出し続けています。
久しぶりに、来年は「ヤマダ旋風」をこの「やる気と感動の祭典」で
また起こしてほしい。


「ヤマダストアー」が「やる気と感動の祭典」の舞台で発表する。
小生の“夢”でもある。
あの「コスモス」さんが至近距離に出店しても、全く売上げが落ちない。
西日本で唯一の企業と思っている。
「商品軸でダントツの実力を備えてきた」企業になった。
本当に良くなった。
来年春!! 来年秋!! 期待しています。
でも、「良い時ほど大きな落とし穴」がある。
良い時ほど、ぜひ「学び」を忘れないでほしい。
今夏は、全ての部門が「商品軸」の発表。
「ヤマダストアー」には“最高の学びの場”だと思っています。
“地元!関西”での開催。 多くの社員さんと会長・社長の参加、期待しています。

最後に広島の「サングリーン」さん。
今回紹介するのは、「はなわ柳井西店」の店長柏本哲志さん
この企業もすごく「勉強熱心」
しかし、結果がついてこなかったが、やっと実を結び始めてきた。
f0070004_18502465.jpg

みなさん!! すごい伸びだと思いませんか…
では、具体的にどの様なことを行っているのか…

まずは「果物部門」
f0070004_1850342.jpg

とにかく、「旬の先掛け」と「大玉販売」

そして「精肉部門」
f0070004_18504136.jpg

「肉のびっくり市」通常の5.4倍

そして、「青果部門」。
f0070004_18504789.jpg

「気づき・反省点」の文章を読んでみてください
すごく良いことを書いている。 これこそ「学び」の現れ。

次は「お盆商戦」
f0070004_18505439.jpg

この結果も「気づき・反省点」の文章を読んでみてください。

そして、「コラボレーション販売」
f0070004_185123.jpg


さらに「カット化」「セット化」
f0070004_18511185.jpg


すごいです。
「モデリング」の大切さ。
「継続的学び」の大事さ。
それを痛感させられる内容ですよね。
すごく良い流れになっています。
ここで、もう一つパワーが必要。
「パートナー」さんや、「女性社員」さんのパワーかな…
ぜひ「女性社員」さんや「ローカルメーカー、ローカル問屋」さんと一緒に参加してみてください。
きっと大きく結果を変えるキッカケになると思いますよ…

いかがでしたか…
今日ご紹介した3社。
良かったですよね…
「学び」は継続するもの。
「学びは」実践を伴うもの。
「学びは」みんなで行うもの。
だと近頃思います。
みんなが一同に会して、みんなで“学ぶ”。
これが「やる気と感動の祭典」です。

今回のテーマは「取り引き」から「取り組み」へ…
今回のテーマは「商品軸」の学び…
今回のテーマは「ファイブ・ウェイ・マーケティング戦略」の学び…
今回のテーマは「独自化・差別化」の方法を学ぶ…


です。
とんでもない内容だと思います。
ぜひ、参加してみてください。
心よりお待ちしております。

そして「今日の一言」…
“それ”を信じ、
“それ”を確信していれば、
“それ”を手に入れることができる。
“それ”が何であろうと構わない
必ず“それ”を手に入れることができる。
(レイ・クロック)

by akindonet | 2014-09-30 18:56 | Comments(0)

「近況」について




<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>

これからは「女性の活用」が企業の成長に欠かせないと言われます。

「パート社員」さんに投資されてみてはどうですか!
「働くヒト不足」時代の一番の対策!!
それは今、働いている方に投資し、“明るく働く環境”をつくることです。

そうすることにより、“ヒトが集まる”会社になります。
是非、「第16回やる気と感動の祭典」には、
「パート社員」を積極的に参加させて見てください。

by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
新規事業部門のご紹介!


株式会社フクヤ
とくし事業部 マネージャー
河田 哲史 氏


中小スーパーマーケットの新しいビジネスモデル。
「コンビニよりコンビニエンス」。移動スーパーの収益モデル提案


現在、日本全国の買い物難民は900万人を越えると言われている。
今後も増え続けると予想される買い物難民を救えるのは、
地域に根ざし食を預かってきた地域スーパーをおいて他にないだろう。

「新規事業部門」では、そんな買い物難民に対して、
「おばあちゃんのコンシェルジュ」となってサポートし続ける
移動スーパービジネス「フクヤ流とくし丸」の構築事例をご紹介。

スーパー側はノーリスクでありながら、
地域社会に貢献し続ける脅威のビジネスモデルとは…?

地域スーパーの経営者は必聴の内容です。


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから








【最新情報】
チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ



「度肝を抜くスーパー」

それは、山成商事が金沢に初出店を決定した際に、
青果部バイヤー 国門 真に託されたテーマである。

これを実現するために、
男は無謀とも言える農地開拓に挑んだ

生産者の思いに触れ、男が考えたバイヤーの責任とは。

チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!




今日は朝5時30分起床。
サクラを散歩に連れていき…
身じたくして、小商人伝道師を小学校へ送り届けて…
オフィスへ…

その後、午前中は新宿へ…
講師の仕事の打ち合わせ。
その後、夕方まで雑用。
夕方の便で山陰・島根へ…
今日も慌ただしく動いています。



さて、「第16回 やる気と感動の祭典」の参加はご検討いただいてますか…
先日の土曜日。
「基調講演」をしていただく「Value Creator」の田口香世さんと打ち合わせをしました。

f0070004_1573274.jpg



そこで、こんなお話をしていただくことに。

まずは、「セブンイレブンの凄さ」について…
「セブン&アイホールディングス」の鈴木敏文会長が心を許す数少ない人の一人なんです。
田口香世さんは…
セブンイレブンの工場まで見学に行く行動力。
もちろん、鈴木敏文会長に直接お会いし、お話も聞ける間柄。
ですから、凄い“情報”を持っています。
その“マル秘情報”を話してもらいます。


次に、「ドラッグストアーの脅威」について…
「コスモス」さんなど、ドラッグストアーのトップの方々にもお会いされ、インタビューされている。
その中から、今後の「ドラッグストアーの戦略」などを話していただきます。
聞けば聞くほど、ゾ~ッっとする話ばかり。
恐ろしい話が続出するかもしれません。今回の基調講演は…


そして、「教育の重要性」と「取り引きから取り組み」の話…
田口さんは食品小売業だけではなく、あらゆるジャンルのトップの方々と会ってインタビューされている。
よって、「企業の成長の共通項」もいっぱい感じておられる。
その中で、「教育」がどれだけ企業成長に大きな力を持っているか…
を「具体的事例」を元にお話しいただく。

さらに、「取り引きから取り組み」の話についてもお話しいただく。
とにかく、他業態はこの「取り組み」関係をより強固にしていっている。
「お取り引きからお取り組み」にシフトしないと生き残れないとも言われる。
そのあたりも、「具体的事例」を交えて、お話しいただく。


すごいですよ…
今回の「基調講演」は…

経営者の方々向けにお話しいただきます。
「視野を広げる」
という意味からも、田口香世さんの話は“目からウロコ…”という話が続出するかもしれません。
いや、続出するでしょう。
参加されるみなさん、期待しておいてくださいね。
“師”である緒方知行先生は、“商業界”の創始者「倉本長治」先生から教えを請うた最後の人だそうです。
その“師”の手となり足となりで働いている田口香世さんだからこそ、
話せることっていっぱいあるはずと思い、
“渋って…渋って…渋りまくっていた”本人を半ば強引に舞台に上げます(笑)

「流通のジャーナリストで一番現場を歩いている人」
に、「第16回 やる気と感動の祭典」の「基調講演」を託しました。
期待しておいてください。



そして、今日は「近況」について
先日も、「地方スーパー苦戦」と題してこのBlogで書きましたよね…
関西スーパーマーケットさんの「赤字」。
イオングループさんの「大赤字」。

しかし、「スーパーマーケットの各協会」さんが毎月発表されている数字は決して悪くない。
いや、むしろ「本当に~!?」と思えるぐらい良い。
「我々はこんなに勉強して、これだけなのに…」
と言われる方が少なくない。
いったい、どうなっているのでしょうか…。

そこで、ここからは小生の持論。独り言と思って読んでくださいね…
まず、決して4月以降良くないぞーということ。

先日、「スーパーマーケット実践会in東京」に参加されている
「販促シール」メーカー最大手の企業さんとお話ししたところ…
「今年4月以降、シールの出荷量が激減している」とのこと…
「創業以来、こんなことはなかった。このまま続くんでしょうか…」という質問。
「あれっ!?おかしいぞー。各協会さんの毎月の発表では決して悪くないという報告。
ましてや生鮮は業績が良いという報告されているのに…」

バックヤードのプリンターが消費税増税を機に新しくなり、「サーマルシール」に
シフトしているのかな…と小生は思ったんです。

しかし、「7月が一番悪かった!!」とのこと…
またまた、わかんなくなった…(笑)

でも、生鮮の売上と密接に関係しているのが「容器」と「シール」と小生は見ている。
どちらとも小生は関係性があるので…
どちらも決して良い数字ではない。


小生は、正直、わかんなくなっている。
ただ言えることは、「スーパーマーケット実践会」参加企業様や
「直接指導させて頂いている企業様」「やる気と感動の祭典」に
参加されている企業様は、すごく業績が良いということです。

全国を回っていて、決してどの企業も良いということはないと思う。
店を見れば分かる。

逆に、「格差」がどんどん拡大している感じがする。
「学んでいる」企業と「そうでない」企業の差がどんどん“見える化”されはじめている。
例えば、関西で今一番ベンチマークしているのが、
平和堂さんの「フレンドマート」

この「フレンドマート」は要注意。小生が見た感じでは
「ライフ・コーポレーション」さんよりマーチャンダイジングの
“横串”が刺さっている。
よく勉強されている。

同じく、イズミさんの「ゆめマート」。この「ゆめマート」さんも要注意。
特に、九州の「ゆめマート」さんは注意しています。

「ディスカウント」ばかりに目をつけている地域だけに、“一人勝ち”するのでは
ないかと危惧している。


残念ながら、「年商1000億円以上」の“地方の雄”のスーパーマーケットが
元気が良い
というのが現実なんです。

さらに、「ハローズ」さん、「バロー」さん、「ヨークベニマル」さんなどが、
苦しみながら何かを模索している感じ。

今は苦しんでいるけど、色々と模索している。実験している。
すごく脅威を感じる。

「結果は出ていないが、学びが店に出ている」から…
それに比べて、「年商1000億円以下の企業」は全く変化がない。
「学んでいないなー」というのが売場から出ている。
ますます「格差」が拡がるのではないか…と不安になる。



今回の「やる気と感動の祭典」では…

1.「取引」から「取組」へシフト
2.「ファイブウェイ・マーケティング戦略」の価格以外の
「サービス」・「アクセス」・「商品」・「経験価値」の最大化の方法
3.「価格軸」から「商品軸」へシフトする方法


を徹底的に学べるセミナーにします。
来年には「消費税10%」になるかもしれません。
10%になったら、税金を「暗算」できる。すると、ますます「賢消費」が進む。

そうなると“中途半端”や“中庸”はますます厳しくなる。
だから、「学び」が必要なんです。
「人間力」が大切になってくるんです。

なのに…
「消費税特需」であぐらをかいている場合ではない。
いや、「消費税特需」の恩恵を受けていない企業は、今すぐ学び直さないと…
すごく怖い。

そう感じる「近頃」です。

ですから、「第16回やる気と感動の祭典」は“気合い”が入っているんです。
数多くの社員さんと参加して下さい。
収益(営業利益)の出ている今こそ、投資して欲しい!!そう願う今日この頃です。



そして、「今日の一言」
自らの強みを生かそうとすれば、その強みを重要な機会に集中する必要を認識する
事実、それ以外に成果をあげる方法はない
(ドラッカー)

by akindonet | 2014-09-29 18:00 | Comments(1)

心のオアシス




<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>

これからは、メーカー・問屋様との関係を「お取り引き」から
「お取り組み」へと進化して、“独自化”や“差別化”して
いかないといけない時代になりました。

そこで、親密な関係にあるメーカー・問屋様と一緒に
参加してみてはいかがでしょうか…

グループとして、御案内に記載しております人数での参加であれば、
「団体優先席」をご用意させて頂きます。

「取り引き」関係から、「取り組み」関係に進化した
企業が“商品軸”での差別化を実現できる!!


by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
新規事業部門のご紹介!


株式会社フクヤ
とくし事業部 マネージャー
河田 哲史 氏


中小スーパーマーケットの新しいビジネスモデル。
「コンビニよりコンビニエンス」。移動スーパーの収益モデル提案


現在、日本全国の買い物難民は900万人を越えると言われている。
今後も増え続けると予想される買い物難民を救えるのは、
地域に根ざし食を預かってきた地域スーパーをおいて他にないだろう。

「新規事業部門」では、そんな買い物難民に対して、
「おばあちゃんのコンシェルジュ」となってサポートし続ける
移動スーパービジネス「フクヤ流とくし丸」の構築事例をご紹介。

スーパー側はノーリスクでありながら、
地域社会に貢献し続ける脅威のビジネスモデルとは…?

地域スーパーの経営者は必聴の内容です。


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから








【最新情報】
チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ



「度肝を抜くスーパー」

それは、山成商事が金沢に初出店を決定した際に、
青果部バイヤー 国門 真に託されたテーマである。

これを実現するために、
男は無謀とも言える農地開拓に挑んだ

生産者の思いに触れ、男が考えたバイヤーの責任とは。

チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!




今日は、朝5時起床。
ジョギングして…
サクラを散歩させて…
その後は、午前中「第16回 やる気と感動の祭典」の発表者のパワーポイントチェック。

それから、今日はフリー。
新居のチェックにも行ってきます。
その他は、多分「スーパーマーケットめぐり」かな…
ということで1日過ごす。



そして、今日は「心のオアシス」の日ですね。
今日は…

現代人には2つのタイプがある
宮脇昭(横浜国立大学名誉教授)



師を選ぶとは非常に大切なことでしてね。
2年半の留学生活の中で、
一度だけチュクセン教授(ドイツ国立植生図研究所長)に
訴えたことがあるんです。

来る日も来る日も現場へ行って植物を調べ、
土を掘り続ける毎日だったので、
せっかくドイツに来たんだから
いろいろな本も読みたいし、他の教授の話も聞いてみたいと。

そうしたら老大家は、

「見よ、この大地を!
39億年の地球の生命の歴史と
巨大な太陽のエネルギーの下での生命のドラマが目の前にある。

まず現場に出て、目で見て、匂いを嗅いで、
舐めて触って調べろ!

現代人には二つのタイプがある。

見えるものしか見ない者と
見えないものを見ようと努力するタイプだ。

ミヤワキ、君は後者だ。
現場が発しているかすかな情報から
見えない全体を読み取りなさい」


と言いました。


つまり現場がすべて、見かけ上の事象に惑わされず、
本物を見ろということです。


 
チュクセン教授には日本で30年間かけても
学べないことを学ばせてもらいました。

だから、教育とは単に手取り足取り
教えることではないんですね。


堀川芳雄先生(広島文理科大学)もチュクセン教授も、
来るものは拒みませんでしたが、
丁寧に教わった記憶は一つもない。

大事なことは現場、現場、現場。

大工や左官のように弟子はいかに師の知識を盗み取るかです。
そういうハングリー精神でもって、
初めて見えないものが見えてくる。

いまはパソコンのキーボードを叩けばデータが出て、
それをもとに何本か論文を書けばすぐに学位をもらえます。

しかし、そんな研究はすぐに廃れるし、
そんな人間は「本物の研究者」にはなれない。

どんなに金と最新の技術や医学を集めても、
60億人の誰一人、千年はおろか、
2百年も生かすことはできない。

一本の雑草も、一匹の虫けらも
生き返らせることはできないのです。
まだ現代の科学が生命や環境に対して
いかに不十分かを知らなければなりません。



いかがだったですか…。今日の「心のオアシス」。

「第16回 やる気と感動の祭典」。
お申込み締切日は、10月20日。
「お取引メーカー」様「お取引問屋」様にぜひお声掛けしてください。
そして、一緒に参加させてください
ものすごい効果が現れると思うんです。

「情報の共有化」

これからのキーワードだからです。
ですから、ぜひ「お取引メーカー様・問屋様」と参加してみてください。

参加お申込みはこちら
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php



さらに、「第16回 やる気と感動の祭典」の発表者紹介映像が新たにオンエアーされました。
新規事業部門「株式会社フクヤ」「河田 哲史」さんです。



ぜひ、視聴してみてください。
「コンビニよりコンビニエンス」
すごい発表になりますよ…。



そして「今日の一言」
「夢中で日を過ごしておれば、
いつかはわかる時が来る。」
坂本龍馬

by akindonet | 2014-09-28 18:00 | Comments(0)



<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>
=商人伝道師からのお願い=
これからは、「取引関係」から「取組関係」に進化していくことが
“商品軸”で「尖り」や「差別化」を出せるポイントだと考えています。

ぜひ、“親密な関係”にしたい「お取引企業様」を一緒に参加させて
みてはいかがでしょうか。

グループとして一緒にお申込み頂ければ、
「団体優先席」となる人数にも合算させて頂きます!

「取引」から「取組」へ!!
これも「独自化」の方法です!


by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
デリカ部門のご紹介!


株式会社いちやまマート
徳行店 デリカ部 課長
江上 友章 氏


デリカ新時代到来!新しいマーケット創造提案と
3倍以上売れて儲かる商品やカテゴリー提案&
Xmas~年末商戦提案



SMの常識ではデリカと言えば「ミートデリカ」
その常識を脱し、「フィッシュデリカ」に目を向けると
高単価高粗利の「花の山」が!

しかし、「フィッシュデリカ」は手間も時間も掛かってしまう
これをどのように開発し、売場に並べているのか?
いちやまマートの商品開発・商品力の謎に迫る!

更に、今年の「Xmas~正月商戦」ではNewへの挑戦として、
新たな売れて儲かる商品政策、提案もご紹介

デリカ担当者必見の内容となっております!


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから







【最新情報】
チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ



「度肝を抜くスーパー」

それは、山成商事が金沢に初出店を決定した際に、
青果部バイヤー 国門 真に託されたテーマである。

これを実現するために、
男は無謀とも言える農地開拓に挑んだ

生産者の思いに触れ、男が考えたバイヤーの責任とは。

チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!


2014年0927

今日は朝6時起床
友人と昨夜会って食事をした。ちょっと飲み過ぎました(笑)
今日は流通業教育研修TV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の撮影。
今月は「Xmas商戦編」
12月は「Xmas商戦編」と「年末商戦編」の二本立てでいきます。
そこで、今日は「Xmas商戦編」の撮影。
昼の3時ぐらいまでかかります。
その後「第16回やる気と感動の祭典」の発表者の「第一次提出」が昨日だったので…
それを全てチェック。
約3時間~4時間かかります。
そして発表者へメールかFAXする。
そして夜6時から、「第16回やる気と感動の祭典」で基調講演していただく
「Value Creator」の田口香世さんとの打ち合わせ。
f0070004_1573274.jpg

かなり”目からウロコ”の講演となると思います。
師匠の緒方知行先生いわく…
「田口より店を見ているジャーナリストはいない!!」
「店も見ずに、新聞や雑誌の情報でものをいうジャーナリストが多い中、
田口は”本来のジャーナリスト”の行動をしている。
だから、情報力がある。信憑性がある」

とのこと。
期待しておいてください。
その後、田口さんと商人ねっとアソシエイトと会食。

そして、今日は「第16回やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介です。
今日は3社
まずは、青森の「紅屋商事」さん。
今日ご紹介するのは「カプセンター西青森店」の長内真治店長。
「地域一番の圧倒的な的な売場展開」をこのようにしました。
f0070004_1583514.jpg

すると、こんな売場を作っています。
f0070004_1585064.jpg

f0070004_159051.jpg

「非日常」の売場を大胆に展開する。
これこそ、「紅屋商事」の真骨頂。
次に新店オープンにともない「店長、チーフ」が全くと入れ替わった。
これを「マイナス」と捉えずに、「プラス」捉えるところが紅屋商事。
だから、伸びているんです。
するとこうなる。
f0070004_1591641.jpg

f0070004_1592540.jpg

f0070004_1593397.jpg

になる。
またこの企業は、AJSの「マテハン」をしっかりやりながら…
「非効率なことをより効率よく行う」
f0070004_1595659.jpg

すると異常値がだせる
f0070004_1510696.jpg

ただ今、紅屋商事は好調。
八戸の「ユニバース」さんの本部の横に出店するくらい”自信”もある。
しかしここで「片寄った学び」をしないで欲しいと思う。
いろんな企業の良いところを徹底的に「モデリング」して成長してきた企業。
加盟されているAJS企業にはないものが、この「やる気と感動の祭典」にはある。
あの高知の「サンシャインチェーン」さんが「やる気と感動の祭典」に参加されなくなってから、
進化が止まったのではないかと言われる。
最大の競合の「ユニバース」さんもものすごく勉強されてきていると聞く。
「今がいいから、これからもいいとは限らない」
「本気さ」が問われるとき。
マラソンと同じ。
「引き離すときに引き離さないと…」
「追いつかれたら追いついた企業のほうが元気がある…」
「だから、戦意を失うまで、ひきはなす…」

そのためには、「異文化」「異色」な企業が集まる「やる気と感動の祭典」は
”絶好の学び”の場です。
今回は紅屋商事さんにとってはものすごい”気づき”のある企業が多い。
ぜひ、秦社長以下、たくさんの社員さんと”お取り組み企業”さんと
参加していただきたいと心より願う。





次に福島の「キクチ」さん。
今日、紹介するのは蔵王店の加藤店長。
今回は「ハレの日」のエントリー。

f0070004_1445125.jpg

f0070004_14452642.jpg


このお店は閉鎖商圏でリゾート地。
「ハイシーズン」と「オフシーズン」では天と地の差がある。
しかし、そんな立地の中、よく頑張っている。
こんな感じです。

f0070004_14453471.jpg

f0070004_14454074.jpg

f0070004_14454737.jpg
f0070004_14455432.jpg

f0070004_1446487.jpg

f0070004_14461023.jpg


こんなことをイベント毎にやっています。
すると…。


「GW・こどもの日」 前年比119%
「母の日」       前年比131.7%
「父の日」       前年比110.7%
「丑の日」       前年比143.5%


そして、「お盆商戦」はこんな取り組みをしてきました。

f0070004_14462378.jpg

f0070004_14463460.jpg

f0070004_14464459.jpg

f0070004_14465363.jpg

f0070004_1447777.jpg


さらに、「ゆるキャラ」登場。

f0070004_14471744.jpg


すると、「前年比110.9%」を叩き出す。
このように彼らの基準は「常に2ケタアップ」なんです。
すごいですよね。
この「㈱キクチ」さんは、売上も…収益も…

只今「異常値状態」

本当に、ものすごく売れて…。ものすごく儲かっています…。
業界平均の3~5倍の収益率(営業利益率)
業界トップクラス。
だからこそ、「今、教育投資」してみてはどうですか…。
これは「商人伝道師」からのお願い。

1.店長をたくさん参加させて欲しい。
2.レジチェッカーさんや優秀なパート社員さんを参加させて欲しい。
3.若手の有望な社員さんを参加させて欲しい。


そう願っています。
「いい時ほど落とし穴がある」といいます。
「今こそ!教育投資を!!」
期待しています。



最後に、茨城の「スーパーマルモ」さん。
今日、紹介するのは「販促部」の本橋孝恵さん
この企業は全く参加されていませんでした。
たった一人、川原井智明さんが第14回より参加。
以前、紹介した「山信商店」の本田さんと同じ
そして、「第15回 やる気と感動の祭典」にやっと4名の参加した。
その1人が本橋さんだった。

f0070004_14474040.jpg

f0070004_14475182.jpg

f0070004_14514913.jpg

f0070004_14515760.jpg


さあ、巻き込めるか…。

f0070004_14526100.jpg

f0070004_14521350.jpg


まあまあの数字ですね。
次に「エシカル活動」

f0070004_1452218.jpg

f0070004_14522777.jpg

f0070004_1452337.jpg

f0070004_14524024.jpg

f0070004_14524826.jpg


こういうことの積み重ねが結果に繋がってくる。
そして「反省」

f0070004_14525660.jpg


「やる気と感動の祭典」に参加されると気づくんです。
さぁ「川原井 智明」さん!!
今回は何名の社員を連れてこれるか…。
関東以東の企業は「箱根」を超えると、急に参加しなくなる。

「箱根超え」

さて、前回が4名。今回は何名か…。
戦友ユニーの佐藤店長は前回1名。今回3名。
山信商店の本田部長は前々回1名、前回9名。
今回は限りなく20名超えを狙ってくるはず。
“巻き込む力”もリーダーには必要だと思うんですけどね…。
期待します。



今日は以上3名の紹介でした。
すごく良い売場を作ってきますよね。みんな…。
「ファイブウェイ・マーケティング戦略」を学ぶと…。
ぜひ「第16回 やる気と感動の祭典」ご参加下さい。

そして、昨日「デリカ部門」の発表者。
「株式会社いちやまマート」の「江上 友章」さんのプロモーションビデオが
オンエアーされました。

ぜひ視聴してみてください。
「カッコいい」ですよね…。



こんな発表者が18名も発表する。
「第16回 やる気と感動の祭典」
ぜひ、参加して下さい。



そして、「今日の一言」…。
「会社には、たくさんのビジネスの渦がある。
その回りを漫然と漂っているだけであれば、
それにのみこまれてしまう。
仕事の本当の喜びと醍醐味を味わうためには、
渦の中心になって、周囲の人たちを巻き込むくらい、
自発的に、積極的に仕事に取り組まなくてはならない。
(稲盛和夫)」

by akindonet | 2014-09-27 18:00 | Comments(0)



<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>

これからは「女性の活用」が企業の成長に欠かせないと言われます。

「パート社員」さんに投資されてみてはどうですか!
「働くヒト不足」時代の一番の対策!!
それは今、働いている方に投資し、“明るく働く環境”をつくることです。

そうすることにより、“ヒトが集まる”会社になります。
是非、「第16回やる気と感動の祭典」には、
「パート社員」を積極的に参加させて見てください。

by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
デリカ部門のご紹介!


株式会社いちやまマート
徳行店 デリカ部 課長
江上 友章 氏


デリカ新時代到来!新しいマーケット創造提案と
3倍以上売れて儲かる商品やカテゴリー提案&
Xmas~年末商戦提案



SMの常識ではデリカと言えば「ミートデリカ」
その常識を脱し、「フィッシュデリカ」に目を向けると
高単価高粗利の「花の山」が!

しかし、「フィッシュデリカ」は手間も時間も掛かってしまう
これをどのように開発し、売場に並べているのか?
いちやまマートの商品開発・商品力の謎に迫る!

更に、今年の「Xmas~正月商戦」ではNewへの挑戦として、
新たな売れて儲かる商品政策、提案もご紹介

デリカ担当者必見の内容となっております!


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから




【やる感ボランティア募集のお知らせ】

皆様のおかげで集まりつつある
「やる気と感動の祭典ボランティア」
ですが、まだ人数が集まっておりません。

どうかやる気と感動の祭典を成功に導くため、
皆様のお力をお貸し下さい!

前日仕事が終わってから会場入りし、
1日目だけ参加
、という形でも構いません!

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募・詳細はこちらから







【最新情報】
チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ



「度肝を抜くスーパー」

それは、山成商事が金沢に初出店を決定した際に、
青果部バイヤー 国門 真に託されたテーマである。

これを実現するために、
男は無謀とも言える農地開拓に挑んだ

生産者の思いに触れ、男が考えたバイヤーの責任とは。

チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!




今日は、朝4時30分起床。
Blogを書いて…。
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の
「商売繁盛虎の巻」のXmas編の原稿書き…。
身支度して…。
東京、京橋へ…。

「スーパーマーケット実践会IN東京」。
参加企業7社。
本日は、「青果部門」「精肉部門」「鮮魚部門」
について、セミナーを行う。
ほとんどの企業の業績が良い。
特に、「粗利益高の改善」が良い。
利益に対する、“意識”を高めているからです。
今、利益をしっかりと確保しておかないと、
来年、もしも、10月に消費税が10%にUPしたら
消費力が低迷し、利益を確保することが難しくなるからです。
ですから、口を酸っぱく申しています。
その他にも、「新しい切り口」や「新しい価値」
「新しいトレンド」商品を“連射砲”のように話します。
「Xmasや年末商戦」も控えているので、
活気がますます高まっています。(笑)



そして、今日は、再度、
「ファイブウェイ・マーケティング戦略」について…。
「ファイブウェイ」。それは…。
「価格(安さ)」「アクセス」
「サービス」「商品」「経験価値」。

一つを差別化のレベルまで引き上げる。
その他の3つの項目は「業界平均」まで引き上げる努力をする。
これを「ファイブウェイ・マーケティング戦略」という。
口でいうのは簡単だが、なかなか難しいですよね。
では、一つ一つ説明しましょう。


まずは、「価格(安さ)」。
これは「EDLP」が基本。
「いつ来店しても、同じ安さを体感できる。」でなければいけない。
ですから、小生は「やる気と感動の祭典」で奨励した…
「肉のおどろき市」などはもってのほか。(笑)

そして、この「安さ」に2つのパターンがある。
一つは「コモディティー商品のEDLP」政策。
「ビッグ」さんや「ベイシア」さんなどがこれにあたる。
もう一つが「コモディティー×高品質低価格のEDLP」。
「ロピア」さんや、「オーケー」さんがこれにあたる。
上記の「コモディティー商品のEDLP」企業の“対策”は
「商品」での尖りがあれば、そんなに難しくない。

しかし、「コモディティー×高品質低価格のEDLP」企業の“対策”は難しい。
商品で“尖り”が出せないからです。
となると、「商品」で差別化レベルまでもっていき、
「サービス」・「アクセス」・「経験価値」のどれか
で“尖り”を出していかねばならない。

これが分からないと「勝ち目のない」“価格対抗”に終始することになる。
ということは、消費税8%になった時に、「3%分」ぐらい安くしても
その地域で「価格で尖り」を出せるのであれば正解であるが…。
そうでなければ、無意味なことなのである。

この「価格据え置き」をして「価格」で“尖り”を出したのが
西日本では「コスモス」さんだった。
みなさんは、この「価格(安さ)」で“尖り”を出せますか…。


次に「商品」。
この「商品」で“尖り”を出すのは意外と難しい。
なぜなら…。
「横串」がささってなければいけないからである。
さらに、「商品軸」がしっかりと確立していなければいけない。
ここに「値ごろ」という概念はない。

例えば…。
「安心・安全・健康・美容」というコンセプトで横串されている
「いちやまマート」さん。
「ローカル」で横串されている「キョーエイ」さん。
「安全・安心・本物の美味しさ」で横串されている
「ヤマダストアー」さんや「サンヨネ」さんなどが、
「商品」での“尖り”レベルに向かっている。


よって、「価格軸」の企業が出店してきても、あまり影響しない。
「商品軸」とはいっていが、最終的に「値ごろ」が優先される企業は
ここで“尖り”になりきれない。
「第16回やる気と感動の祭典」の発表の中で…
鮮魚部門の「ヤオマサ」さん、青果部門の「文化堂」さん
精肉部門の「ユアーズ・バリュー」さん、
デリカ部門の「いちやまマート」さん
グロッサリー部門の「ローヤルよつや」さん

の発表がこの「商品」での“尖り”の発表となる。


次に、「サービス」。
「サービス」での“尖り”とは、これも大きく2つに分かれる。
一つが「弱者へのサービス」。
小さお子どもさんやお年寄り、妊婦さんなど、お手伝いが
必要な方へのサービスが徹底している企業(店)は“尖り”に近づく。
今風の言葉でいうと「おもてなし」。
「レジでの接客が良い」レベルでは“尖り”にならない。
「レジでの接客」を超えるサービス。

f0070004_1451439.jpg


f0070004_1451818.jpg


f0070004_1452797.jpg


f0070004_1454042.jpg


f0070004_1454656.jpg


今回のエントリーだと、こういうことが
「サービス」での“尖り”に近づきます。
「第16回のやる気と感動の祭典」の中で…。
女子力の「東武」さん
異業種部門の「ジャパンデリカ」さん、
店長の「キョーエイ」さん

がこの「サービス」での“尖り”の発表となる。


そして、「アクセス」。
文字通り「すぐ買ってサッと帰れる」。
ということで“尖り”を出す。

これで圧倒的な“尖り”を出して出店攻撃をかけているのが
「コンビニエンスストアー」。
そして、この「アクセス」で“差別化”しているのが
「ドラッグストアー」です。

その中で、スーパーマーケットで注目されているのが

「コラボレーション販売」。

これは、「アクセス」で“差別化”できるレベルと考えています。
だから、「コラボレーション販売」ってものすごく大事なんです。
ちなみに「関連販売」ではない。
「関連販売」は“主と従”という関係。
「コラボレーション販売」は“主と主”という関係。

f0070004_13191013.jpg

f0070004_13192330.jpg

f0070004_13193451.jpg


今回のエントリーの中では、こういうことを
「コラボレーション販売」といいます。
そして、この「アクセス」を“最大の尖り”にしているのが…。
今回「新規事業」部門で発表して頂ける
フクヤ」さんの「とくし丸」事業。
まさしく「コンビニよりコンビニエンス」ですよね。

f0070004_13214645.jpg

f0070004_13221121.jpg


ですから、この「とくし丸」という事業は
「アクセス」での“尖り”の最大化になるのです。
おわかりですか…。


そして、最後に「経験価値」。
いわゆる「買物経験の価値の最大化」するというもの。
「Fun to shopping」です。
この「経験価値」は近年ものすごく注目されている。
あの「世界のトヨタ」さんは
この「経験価値」の最大化を日本で仕掛けている。

それが、このCMです。

「Fun to Drive」

このCMをみられたことありますよね…。
このCMこそが「経験価値」の最大化を狙っているCMなんです。
「第16回やる気と感動の祭典」で
この「経験価値」の最大化を発表してくれるのが、
グロッサリーの「ニシザワ」さん、
女子力の「東武」さん、
青果の「いちい」さん、
店長の「キョーエイ」さん
です。


少しは「ファイブウェイ・マーケティング戦略」の意味って
おわかりになりましたでしょうか。
みなさんの企業は、この

「価格(安さ)」「商品」
「サービス」「アクセス」「経験価値」
で何を“尖り”にし、何を“差別化”にしますか…。

こんな切り口で考えたことないですよね…。
しかし、この「やる気と感動の祭典」に継続的に参加されている企業は
この「ファイブウェイ・マーケティング戦略」を
知らず知らずのうちに学んでいるのです。

だから、「好業績」の企業が多いのです。
こういうことを学んでいない企業は「安さは安さ」に対抗し
「あの店がいいぞー」と聞くと、店舗見学をし“かくしどり”して
その「モノ真似」する。
しかし、基本的に企業がこの「ファイブウェイ・マーケティング戦略」で
どこを“尖り”としているのかどこを“差別化”しようとしているのかが
わからないと、同じことをしてもダメですよね。
ですから、小生はよく言います。

「価格で“尖り”や“差別化”されないなら、東京に来て
ロピアさんを見学しても意味ないですよ。」


とはっきりいいます。
もっと他に、見学する企業があると思うんですと…。


ですから、「第16回やる気と感動の祭典」はすごいんですよ。
「価格以外の“尖り”や“差別化”を学びたい企業さんにおいては…。
「ショーみたいだ!!パフォーマンスだ!!」
といわれる方が多いみたいですけど…
全く違います。

「やる気と感動の祭典」にはちゃんとした“軸”があるのです。
“考え方”があるのです。
まだ一度も参加されていない企業様。
1回~2回で参加されなくなった企業様。
今こそ、「やる気と感動の祭典」で学んでみてはどうですか…。

「戦略に沿った学び」

それが「やる気と感動の祭典」なのです。
今回は、再度「ファイブウェイ・マーケティング戦略」でした。


そして、「今日の一言」…。
「私達の最大の光栄は、
決して倒れないことではなく、
倒れるたびに起き上がることである」
(オリバー・ゴールドスミス)



<追伸>
第16回やる気と感動の祭典」のグロッサリー部門発表者。
株式会社ローヤルよつや(よつやグループ)
新吉田店 副店長兼グロサリーバイヤー
安谷 英昭 氏


の“決意表明”のプロモーションビデオがオンエアーされています。
ぜひ、視聴してみてください。



by akindonet | 2014-09-26 18:00 | Comments(0)



<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>

これからは、メーカー・問屋様との関係を「お取り引き」から
「お取り組み」へと進化して、“独自化”や“差別化”して
いかないといけない時代になりました。

そこで、親密な関係にあるメーカー・問屋様と一緒に
参加してみてはいかがでしょうか…

グループとして、御案内に記載しております人数での参加であれば、
「団体優先席」をご用意させて頂きます。

「取り引き」関係から、「取り組み」関係に進化した
企業が“商品軸”での差別化を実現できる!!


by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
グロッサリー部門のご紹介Part2!


株式会社ローヤルよつや(よつやグループ)
新吉田店 副店長兼グロサリーバイヤー
安谷 英昭 氏


安売り脱出方法!
「取り引き」関係から「取り組み」関係でD.S.競争から脱せる!


株式会社ローヤルよつやと、株式会社コスモ食品。
同じ横浜に位置する、スーパーとメーカー。
その2社が「やる感」で意気投合し、「取り組み」関係がスタートした!

売れて儲かる、独自性のある商品・企画…
それを実現した「取り組み」とは一体どのようなものなのか

「第16回やる気と感動の祭典」グロッサリー部門では、
メーカー・問屋さんとの「取り組み」関係で
商品での「独自化」「差別化」を作る方法を大公開します!


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから




【やる感ボランティア募集のお知らせ】

皆様のおかげで集まりつつある
「やる気と感動の祭典ボランティア」
ですが、まだ人数が集まっておりません。

どうかやる気と感動の祭典を成功に導くため、
皆様のお力をお貸し下さい!

前日仕事が終わってから会場入りし、
1日目だけ参加
、という形でも構いません!

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募・詳細はこちらから







【最新情報】
チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ



「度肝を抜くスーパー」

それは、山成商事が金沢に初出店を決定した際に、
青果部バイヤー 国門 真に託されたテーマである。

これを実現するために、
男は無謀とも言える農地開拓に挑んだ

生産者の思いに触れ、男が考えたバイヤーの責任とは。

チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2
episode8「真・地産地消のパイオニア」
第1章「度肝を抜くスーパーマーケット」を創造せよ
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!



今日は朝4時起床。
Blogを書いて…
身支度し、新横浜駅へ…
朝6時の始発で兵庫へ…
新幹線の車中では、ずっと「商売繁盛虎の巻」の原稿書き…
集中できるので、意外と良い。嫌いではない。



さて、またまた、みなさんに「お願い」です。
「第16回やる気と感動の祭典」の運営ボランティアを募集しています。

「二日間が無理なら、1日でも良い!」です。

関西にお住みの方々…
中四国や北陸・中部の方々…
「ボランティア」として、「第16回やる気と感動の祭典」活躍してみませんか…

ボランティアは、「陰の主役」と言われます。
「表の主役」は発表者。
「陰の主役」はボランティア。

発表者は、“主役になりたくてもなれない”
しかし、ボランティアさんは“主役になろうと思えばなれる”
申し込みさえすれば良いのです。

日頃の仕事では味わえないような、“醍醐味”を味わってみませんか…
商人伝道師が、首を長ーーくして待っています。

「陰の主役」。ボランティアさん。
正直、応募が少なくて困っています…。
お申込みはこちらからできるので、よろしくお願い致します。

「第16回やる気と感動の祭典」
ボランティアページへ




また、「第16回やる気と感動の祭典」のお申込み、ご検討頂いてますでしょうか。
「取引」から「取組」へ…

これをしっかりと理解されている企業さんは、「ローカルメーカー」様や
「ローカル問屋」様と一緒に申し込まれています。

さすがに“勘”が鋭い。

また、「ジャパンミート」グループさんは大阪にも関わらず、
なんと74名(関連企業の株式会社アクティブマーケティングシステム様含)も
お申込み頂いた。

この「第16回やる気と感動の祭典」の内容の充実さが
トップ自らお分かりになっている証拠。

74名

本当に有り難いことです。
伸びている企業は違うな〜。
今回のテーマである、「人が変われば、会社の未来が変わる。」ことをしっかりと理解されている。

皆さん、10月20日

が締切日となっています。じっくりご検討頂き、お申込み下さい。
心よりお待ちしております。



そして、今日は「地方スーパー苦戦」の記事を読んで…
ここ数日、小生にとってはショッキングな記事が日本経済新聞に載った。

一つ目が…

f0070004_1531836.jpg


「ダイエー完全子会社化へ」

の記事。

スーパーマーケットやGMS創生期を“牽引”してきた「ダイエー」。
中内功さんがいなければ、もっともっとこの業界の地位は
低く見られていたかもしれない。

「士農工商」の序列が明確にあった“経済界”において、「経団連副会長」
まで歴任された功績は、この業界にとっては大きいものでした。

そのダイエーがなくなる(イオンの完全子会社化となる)
すごく寂しい思いと、怖さがある。

ダイエー
イトーヨーカドー(現セブン&アイホールディングス)
ジャスコ(現イオン)
ニチイ(後にマイカル)
西友(後にウォルマートの傘下に…)
ユニー


この上位5企業のうち、ニチイとダイエーがイオンの傘下に…
西友はウォルマートの傘下に…
残っているのはイトーヨーカドーとジャスコ(イオン)とユニー。

まだ、せいぜい50年ちょっとの歴史の中で…
気を引き締めないといけないとつくづく感じた。


そして、さらにショッキングな記事が9月20日付けの日本経済新聞に載っていた。

f0070004_1532683.jpg



「地方スーパー苦戦」の記事。

その中で、「関西スーパーマーケット、最終赤字」に…という記事と…
「イオン」系スーパーマーケットの苦戦という記事の内容。

日本の「近代スーパーマーケット」の礎を築いた関西スーパーマーケットさん。
あのトヨタさんが「カンバン方式」をアメリカのスーパーマーケットを見て
考えだしたと言われるが…

そのトヨタの幹部が「アメリカよりも完璧なカンバン方式を行っている
スーパーマーケットが日本にあった」
と言わしめた関西スーパーマーケット。


日本のスーパーマーケットを志した企業の「お手本」の企業であった。
バックヤードの「マテハン」の素晴らしさ。

「夕食のおかず屋」・「家庭の冷蔵庫がわり」というコンセプトから
ギフトなどは一切取り組まないという“こだわり”の徹底。

「値ごろ」を重視して、その中で最高の“鮮度”と“品質”を追い求めた商品力。
派手さは無いが、収益力の高い企業として高い評価をされていた
関西スーパーマーケット。

その企業が、半期で4億7000万円の赤字。
目を疑った。

さらに、“破竹の勢い”で成長していった「イオン」系のスーパーマーケット事業。
「マックスバリュ」・「ザ・ビッグ」を始め、ありとあらゆる地方の
有力スーパーマーケットのM&Aでシェア拡大していった。

それが、ものすごい赤字(食品スーパーは第1四半期で約23億円)となっている。

原因は…
「地方は賃金の上昇が遅れ、自家用車の利用頻度が高く、ガソリン価格高騰の
影響を受けやすい。よって、増税後も消費が比較的底堅い首都圏との格差が
広がっている」
と日経新聞の記者は分析している。

でも、「第16回やる気と感動の祭典」でエントリーしている企業は増税後
ものすごく業績がよくなっている。
むしろ、「消費税増税」を追い風にした。
だから、それは違うのでは…と思っている。


これからお話しするのは、あくまでも小生の「私見」なので、あしからず…

その原因として、小生が感じていること。
まずは、「消費の読み違い」だと思う。
イオンさんも、関西スーパーマーケットさんも、
増税後「消費者は節約志向になる」と読まれたのではないでしょうか。

その為に、関西スーパーマーケットさんは「税込価格」を大きく表示されたり、
「3%消費税分を飲み込まれた」売価にされているように見受けられた。

イオンさんも、GMSで「2,000アイテム」ぐらい価格据え置きされるなどされた。
しかし、消費者は「節約志向」でなく、「賢消費」に向かった。

「賢消費」とは…


1.どんなに安くても必要でないモノは買わない。

2.同じ価値・品質と感じたらとことん安く買い求める。

3.自分にとって価値があると感じたら、
 少々高くても買う。



ですから、まず「買い物回数」を減らした。
よって、客数が伸び悩んだ。

次に、コモディティ商品は「徹底的に安さを求めた」
よって、消費税3%ぐらいの飲み込みでは反応しなかった。
“一番安い店”にお客様は流れた。

例えば、九州なら「コスモス」さんや「ダイレックス」さん、
「ルミエール」さんへ…


そして、「価値のあると感じた商品は少々高くても買う」パターンを変えなかった。
いや、もっとその傾向が強くなった。


その証拠に、「iPhone6プラス」などの人気はスゴイ。
「節約志向」が高まっているなら、ありえないこと。

それを掴んでいれば、例えば九州・鹿児島の「タイヨー」さんのように…
価値の見える化などの徹底で、「とんでもない脅威の営業利益」
今期出されている。

「イオン九州」とは正反対。
今では、チラシを半分に削減された。

「節約志向」が強ければ、“致命傷”になりかねない行為。
しかし、ものすごく順調である。



そして、もう一つ。
「尖り」と「差別化」が見えなくなっているのではないか。
小生が提唱している「ファイブウェイ・マーケティング戦略」
その「ファイブウェイ」。

「価格」・「サービス」・「アクセス」・「商品」・「経験価値」

この5つの要素でどれを“尖り”にして、どれを“差別化”にするのかを
明確にしていかないとこれからは「中庸」は支持されない。

そう思うと、マックスバリュさんは…?!関西スーパーマーケットさんは…?!
どれを「尖り」にされようとされて、どれを「差別化」されようとされているのだろうか・・・・・。

「やる気と感動の祭典」に参加されている企業は、この「ファイブウェイ・マーケティング戦略」を口を酸っぱくして言っているせいか…
これを意識し、“尖り”と“差別化”を出そうとしている。よって、「増税後」
すごく業績が良い。

昨日紹介した「丸正総本店」さん。
「経験価値」を尖りにしようとされている。
だから、こんなことをされる。


f0070004_17235610.jpg

f0070004_17235830.jpg

f0070004_1724024.jpg

f0070004_1724269.jpg

f0070004_1724476.jpg



多分、「スーパーマーケット理論」で言えばタブーですし、スーパーマーケットの「基本」はまだまだできていない。
しかし、昨日も紹介したようにものすごく業績が良い。



10年ぐらい前は…
スーパーマーケット同士の闘いで良かった。
しかし、今は「ドラッグストア」や「コンビニエンスストア」も競合になる。

特に、九州は「コスモス」が「価格」のイニシアティブを握っている。
「消費税3%増税分を飲み込む」ぐらいの安さではお客様は「価格」で
動かなくなっている。

「商品」においても…
「鮮度」一つとっても、「蘇生作業」での鮮度基準を上回る鮮度のアピールを
行うようになってきた。

「生産者直売コーナー」や「漁港直送企画」などです。
ですから、「蘇生作業」の徹底ぐらいでは、「鮮度」での優位性がなくなっている。

「品質」にしてもそう。
外食のレベルが上がって、外食が「高品質低価格」を追求してくると…
今までの「ホルスタイン」レベルでは満足しない。

「第16回やる気と感動の祭典」で発表する「ジャパンデリカ」さん。

f0070004_1572873.jpg


f0070004_1573471.jpg


なんと「盛岡冷麺」を店内で手作りしている。

f0070004_158153.jpg


「アグー豚企画」を行っている。
このレベルを外食で展開され、それを食べたらもう今までの「ホルスタイン」レベルや
「普通豚」のレベルでは満足しなくなる。

「消費者は進化している」



だから、マーケティングを「学ぶ」しかない。
だから、「過去の成功体験」を捨てなければいけない。
だから、「情報の共有化」をし、「モデリング」を徹底しなければいけない。


ということを、今回の日本経済新聞の二つの記事を見て感じたことでした。

「近代スーパーマーケット」の礎を創った関西スーパーマーケットさんは
下期は業績を回復されてくることでしょう。

やはり、いつまでも我々の目標で居て欲しい。
そう、心より願っています。


まだまだ関西スーパーマーケットさんの「マテハン」などは
学ばなければいけない。

「独自化」や「差別化」はコストが掛かる。
よって、「マテハン」の学びは必須。

それを学びながら、時代のトレンドにあった「差別化」・「独自化」に
挑戦していく。

「今が良いから、これからも良いとは絶対に限らない」

だから、「第16回やる気と感動の祭典」は、来年10月に予想される
「消費税10%」対策もかなり織り込んでいく。

「読み間違わない」為に…
そこで、明日のBlogは、この「ファイブウェイ・マーケティング戦略」について書きます。
今日は、小生の“独り言”のような“私見”のBlogでした。悪しからず・・・。


そして、「今日の一言」…
夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。
(吉田 松陰)

by akindonet | 2014-09-25 18:00 | Comments(0)



<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>
=商人伝道師からのお願い=
これからは、「取引関係」から「取組関係」に進化していくことが
“商品軸”で「尖り」や「差別化」を出せるポイントだと考えています。

ぜひ、“親密な関係”にしたい「お取引企業様」を一緒に参加させて
みてはいかがでしょうか。

グループとして一緒にお申込み頂ければ、
「団体優先席」となる人数にも合算させて頂きます!

「取引」から「取組」へ!!
これも「独自化」の方法です!


by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
グロッサリー部門のご紹介Part2!


株式会社ローヤルよつや(よつやグループ)
新吉田店 副店長兼グロサリーバイヤー
安谷 英昭 氏


安売り脱出方法!
「取り引き」関係から「取り組み」関係でD.S.競争から脱せる!


株式会社ローヤルよつやと、株式会社コスモ食品。
同じ横浜に位置する、スーパーとメーカー。
その2社が「やる感」で意気投合し、「取り組み」関係がスタートした!

売れて儲かる、独自性のある商品・企画…
それを実現した「取り組み」とは一体どのようなものなのか

「第16回やる気と感動の祭典」グロッサリー部門では、
メーカー・問屋さんとの「取り組み」関係で
商品での「独自化」「差別化」を作る方法を大公開します!


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから




【やる感ボランティア募集のお知らせ】

皆様のおかげで集まりつつある
「やる気と感動の祭典ボランティア」
ですが、まだ人数が集まっておりません。

どうかやる気と感動の祭典を成功に導くため、
皆様のお力をお貸し下さい!

前日仕事が終わってから会場入りし、
1日目だけ参加
、という形でも構いません!

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募・詳細はこちらから







【最新情報】
SM向け単品管理活用
paragraph4「単品管理の流れ『情報を集める』」



単品管理を行うには
いかに情報を集めて商品に置き換えるかが重要。

「自分が何を考えてこの商品を発注したのか?」
それを自分で理解して行うこと。

店舗への人の流れ、自店に来店されるお客様は
どんな人が多いのかを理解するための方法を
株式会社 ビリーブアップ信田洋二氏が解説します

SM向け単品管理活用
paragraph4「単品管理の流れ『情報を集める』」
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!





今日は朝4時30分起床。
Blogを書いて…
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の原稿づくり。
今回は12月号なので…
「Xmas」と「年末(正月)商戦」の二本建て。
原稿作りで睡眠不足の日々が続く。
そして、身じたくして、千葉県市原市へ…
「東京実践会」。
今日のホスト企業は「株式会社高橋商店」さん。
「店舗クリニック」後、「セミナー」スタート。
最後に「ホスト企業のコンサルティング」1時間。
終了は、夕方18時ぐらいか…
その後、「商売繁盛虎の巻」の原稿作り。
時間を有効に使っていきます。



そして、今日は早速、「第16回 やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介です。
今日は3社。
まずは、島根県の「株式会社ウシオ」さん。
今回ご紹介するのは店長。斐川店店長「野元康章」さんのエントリー。

f0070004_1717643.jpg

12月に「トライアル」が出店してくる。
では、どのようにして「尖り」を出していくのか…
f0070004_17172948.jpg


具体的にはこのようにしています。
f0070004_17174431.jpg

f0070004_17174684.jpg

f0070004_1717481.jpg

f0070004_171751100.jpg

すると、8月のトータル売上はこうなる。
f0070004_17182512.jpg


鮮魚部門での「尖り」は…
f0070004_17183777.jpg

f0070004_17184014.jpg

f0070004_17184236.jpg

すると、鮮魚部門のトータル売上はこうなる。
f0070004_17185349.jpg


そして、店としての「尖り」は…
f0070004_1719533.jpg

f0070004_1719749.jpg

f0070004_17215860.jpg

f0070004_17191348.jpg

f0070004_17191538.jpg

そうすると、こうなる。
f0070004_17221844.jpg


でも、これぐらいの売上の伸びでは全くダメ!!
「前年比110%~115%」はほしい。
そうでないと、「トライアル」出店後、売上は前年を下回る。
そのヒントは、「第16回 やる気と感動の祭典」にある。
ぜひ、「お取引業者」様を含めて、斐川店の担当者も含めて…
この「やる気と感動の祭典」を“決起大会”の意味合いで活用してみてはどうでしょうか。

「大丈夫!!トライアルさんが出店しても絶対に前年を超えさせてみせます!!」から…

商人伝道師に、自信あり!!
多くの参加者、期待しています。



次に、「ピアゴ香久山店」店長のエントリー。
エントリー者は、店長の佐藤雅仁さんと副店長の橋本直利さん。
まずは、「異常値販売」
f0070004_17225086.jpg

次に、「香久山食堂」という自店企画
f0070004_1723016.jpg

最後に、イベント
f0070004_1723782.jpg


「ピアゴ」といったら、ユニーさん。
会社全体がこのように動いているのではありません。
この「佐藤雅仁」という一人の店長が“会社に気づいてほしい”として動いている
この佐藤さんは、「定年」を今年むかえた。
普通なら、「何事も無く…」が普通。
しかし、彼は違った。
「ご恩返しの意味を込めて、学び始めた」
「学びに年齢は関係ない」

そして、“学びの上司”についた副店長「橋本直利」さんは人事異動でピアゴ井ヶ谷店「店長」に昇格。
さらに、「佐藤雅仁」さんは定年を延長して、「ピアゴ大治店店長」に。

大企業を動かすのは難しいと思うが、大企業でもこんなに熱心な人達がいることを皆さんに紹介したくて紹介しました。
ちなみに、この佐藤さんなどは、「第16回 やる気と感動の祭典」の案内をする前に申し込んで来た。
「定年」になっても、学びを忘れない!!本当に素晴らしい。
ぜひ、「第16回 やる気と感動の祭典」でも大いに学んでもらいたい。



最後に、東京の「丸正総本店」さん。エントリー者は鳥居圭介さん。
まずは「単品量販」
「いちご大福3,000個」への挑戦。
f0070004_17235610.jpg

f0070004_17235830.jpg

f0070004_1724024.jpg

f0070004_1724269.jpg

f0070004_1724476.jpg


さらに、「定例イベント」
f0070004_1724319.jpg

f0070004_17243229.jpg

f0070004_1724334.jpg

f0070004_17243557.jpg

f0070004_17243668.jpg


そして、すごく小生が評価していること。
それがグロサリーの「定番リメイク」
f0070004_17251061.jpg

f0070004_17251276.jpg

f0070004_1725152.jpg

消費税増税後、グロサリーの売上低迷が予想できた。
そこで、その対策として、「定番のリメイク」をした。
汎用性の高い調味料のフェース拡大。
レトルトカレーとレトルトごはんの簡便商品のコラボ。
など、見事なまでの「定番リメイク」。

さらに……
f0070004_17255019.jpg

f0070004_17255254.jpg

すると……
f0070004_1726693.jpg


そして、「コト販売」の徹底。
f0070004_17262469.jpg

f0070004_17262691.jpg

f0070004_17262737.jpg


すると、グロッサリー部門の実績が「消費税増税」にもかかわらず
f0070004_1726461.jpg


そして、店全体の結果は…
f0070004_172749.jpg

f0070004_173013.jpg

立派な数字ですねー。
「第16回 やる気と感動の祭典」以外なら、100%発表者に選出されていた。
しかし、今回は相手が悪すぎた。
「3000坪」の“ビッグエクストラ”が出店してきて、“前年比106%”では、ちょっと勝ち目がなかった。
しかし…

「100%のモデリング」
これがこの会社のポリシー。
「実力がないなら、成功事例を100%モデリングする」
それも「スピードアップ」して…。
こういう姿勢はとても大切なこと。
それが好成績にむすびついている。
でも、まだまだ…。
もっと、村上バイヤーさんは「お取引様」を巻き込んで一緒に参加させてほしい。
「加盟企業」を巻き込んで多くの加盟店の皆さんを参加させてほしい。
鳥居店長は、多くの社員さんを連れて参加してほしい。「参加人数と結果は比例」するのだから…。





スーパーマーケットの「原理・原則」を学ぶことも大事。
でも、それだけではお客様に支持されない時代が来た。
それを感じさせられる出来事が、なぜかここ数日多い。
「何を学ぶか…」ではなく、「誰から学ぶか」である。
決して、商人伝道師という意味ではないです。
「正しいこと」を学ぶには誰から学ぶかということをしっかりと意識することが大事だなーと感じる今日このごろです。
まだまだ、「第16回 やる気と感動の祭典」のエントリー紹介は続く。



そして、「今日の一言。」
「失敗は成長に続く唯一の機会である。
真面目な失敗はなんら恥ではない。
失敗を恐れる心にこそ、恥辱は住む。」
ヘンリー・フォード



<追伸>

やる気と感動の祭典のボランティアさんについて…
まだまだボランティアさんのお申込みが少ない。
「やる気と感動の祭典」は、ボランティアさんがいないと運営できないんです。

ボランティアが集まらないと、最悪、中止になってしまう可能性も…

関西、ならびに西日本にお住まいの方で…
1. 全国の志の高い方々とコミュニケーションを取って、運営の準備をしたい
(日常業務に支障をきたすことはありません)
2. 600名以上の参加者を、“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい
3. “人間力”を高めたい
など、少しでも思っておられる方…

また、過去ボランティアで参加された先輩方。後輩にお声掛けしていただけませんか…。

「利他の心」
が学べる最高の学習の場。

時間の都合で最終日(10月29日)は参加できない!
という方でも結構です。

ボランティアさんの応募、お申込み、期待しております。
お申込みは下記からできます。

f0070004_191276.png

やる気と感動の祭典ボランティアページへ
by akindonet | 2014-09-24 18:00 | Comments(0)



<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>

これからは「女性の活用」が企業の成長に欠かせないと言われます。

「パート社員」さんに投資されてみてはどうですか!
「働くヒト不足」時代の一番の対策!!
それは今、働いている方に投資し、“明るく働く環境”をつくることです。

そうすることにより、“ヒトが集まる”会社になります。
是非、「第16回やる気と感動の祭典」には、
「パート社員」を積極的に参加させて見てください。

by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
グロッサリー部門のご紹介!


株式会社ニシザワ
スーパーストア事業部 マーケティング戦略課 課長
宮下 輝彦 氏
スーパーストア事業部 商品企画部 洋日配バイヤー
中村 実 氏


「コストコフェアー」で1日770万円(コストコ商品のみ)を
売り切る方法を伝授!


株式会社ニシザワでは、他の企業にはないやり方で
コストコフェアーを行い、なんとコストコ商品だけで
800万円近い売上を叩き出す!

その驚異的な売上はどんな戦略に裏付けされるのか?
売上異常値を目指すグロッサリー担当者必見!

「第16回やる気と感動の祭典」グロッサリー部門では、
粗利が20%以上確保でき、500人以上が店頭に並ぶ
新しいコストコフェアーのやり方が学べます!


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから


やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから







【最新情報】
SM向け単品管理活用
paragraph4「単品管理の流れ『情報を集める』」



単品管理を行うには
いかに情報を集めて商品に置き換えるかが重要。

「自分が何を考えてこの商品を発注したのか?」
それを自分で理解して行うこと。

店舗への人の流れ、自店に来店されるお客様は
どんな人が多いのかを理解するための方法を
株式会社 ビリーブアップ信田洋二氏が解説します

SM向け単品管理活用
paragraph4「単品管理の流れ『情報を集める』」
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!





今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
軽くジョギングして…
身じたくして…
コンサルティングへ…
今日は「秋分の日」ですね。
祝日も1000%関係なく働いています(笑)
夕方、帰京。その後、オフィスへ向かうか…自宅へ帰るか…
はその時の体調に合わせて決める。



まずは、「第16回 やる気と感動の祭典」“ボランティアさん”参加のお願い
今回、ボランティアさんのお申込みが少ない。
というより、毎回そうなんですが…
東京開催はすぐに集まるのですが…。大阪開催は本当に集まらない…
「ノリの良い関西!!」
というイメージが有るのですが…
この「やる気と感動の祭典」は、ボランティアさんがいないと運営できない仕組みになっています。
ですから、ボランティアさんが集まらないと、「第16回 やる気と感動の祭典」は開催できない。
最悪、中止!!なんていうこともありえる。

関西、ならびに西日本にお住まいの方で…
1. 全国の志の高い方々とコミュニケーションを取って、運営の準備をしたい
(日常業務に支障をきたすことはありません)
2. 600名以上の参加者を、“リーダーシップ”を発揮して成功へ導き出す仕事をしたい
3. “人間力”を高めたい

など、少しでも思っておられる方…
また、過去ボランティアで参加された先輩方。後輩にお声掛けしていただけませんか…。

「利他の心」
が学べる最高の学習の場。
ボランティアさんの応募、お申込み、期待しております。
お申込みは下記からできます。
https://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php



そして、今日は「取り引き」から「取り組み」の重要性について
商人伝道師は、「第14回 やる気と感動の祭典」ぐらいから、
「お取引様も一緒に参加されてみてはいかがですか…」と呼びかけている。
なぜか…
その「お取引様」と一緒に参加されることで“急成長”している企業がおられるからです。

そうです。
北海道の「東武」さん。
毎回、たくさんの「お取引様」にお声かけいただき一緒に学ばれている。
なんと、その呼びかけをされて参加した企業様の一つが、今回「第16回 やる気と感動の祭典」の発表の座を射止めた。
グロッサリー部門で発表される「株式会社ローヤルよつや」さん。
もしも、東武さんがお声掛けされなかったら…発表なんて絶対にありえなかったこと。

また、昨日お申込みのあった…
山梨の「いちやまマート」さん。
総勢約50名の参加申し込みがありました。
その中で、10名近く「お取引」業者様

「勢いのある企業」や「価値組企業」のトップはわかっているんです。
この、「取引関係」から「取り組み関係」へのシフトの重要性が…。
昨日も、お伺いしている「キョーエイ」の埴渕社長も同じことを言われていた。

「ローカルのメーカーや問屋さんは学ぶ機会が少ない。
だから、提案力も弱い。
これからは、“やる感”にローカルメーカーのトップや開発の人間をどんどん一緒に参加させる。
そうすることにより、我々に対する提案力が上がってくる。
これは、ひいては我々の商品力につながってくるはずだ。」


ということを何回も言われていた。
キョーエイさんも、約20名ぐらいの「お取引様」が今回参加される予定。

「これですよ!!」

昨日のBlogで紹介した「不二商事」さん。
その中での「いかり豆」の販売。
f0070004_14552045.jpg

f0070004_14552394.jpg

まさしく、この販売方法こそ「取り組み」関係で実現した販売ですよね。
すると…

「100kg完売!!1日で…」
「粗利益率約50%!!」


という驚異の数字を叩き出せる。
こういうことを行うためには、「ローカルメーカー」さんや「ローカル問屋」さんとの
「情報の共有化」がないとできないですよね…

その「情報の共有化」ができる最大で!最高の!学びの場が…
「第16回やる気と感動の祭典」
だと自負しているのです。


経営者やバイヤーの方々、ちょっと考えてみてください。
一緒に、あの「やる気と感動の祭典」の雰囲気の中、お取引企業様と学んだとする…
そうすると、どんなことになると思います??

そうです!!
「これぐらいのことは自社でも取り組めます。やりましょうよー」
「こういう取り組みがあるんですね。我々も協力しますからやりましょうよー」
「○○○バイヤー。ちょっとこんな提案してもいいですか…」

という会話になると思いませんか…
こうなったら、もうしめたもんですよ。
「商品軸」で、“差別化”・“独自化”できるじゃないですか…

この考え方で、“急成長”したのが…
あの「ホーマス・キリンヤ日配部 バイヤー 鈴木国資さん」です。
そうです。脅威の利益を確保し続けてる“執念のレジェンド”です。
どんどん「お取引企業様」と参加する。
すると、こんな「新商品」を一緒に開発する。
f0070004_1454062.jpg

f0070004_1454521.jpg

これだと思うんですよ。そう思いませんか…全国のバイヤーさん!!

今、ちょっと不振な企業さん。
ディスカウント企業が出店することが決まっている企業さん。


是非、「ローカルメーカー」「ローカル問屋」さんにお声がけ頂き、
一緒に参加させてみてはどうですか…

商品を開発するのは、ローカルメーカーさんです。
その人たちが、“一緒に学ぶ”ことをしたら…
「独自化」・「差別化」商品がどんどん開発できるのです。
「ローカルメーカーさんや問屋さん」も“学び”たいのです。
しかし、学ぶ場がないのです。

実際に、毎回参加されている「小倉屋柳本」さんや「伊藤軒」さん。
「商品力」がどんどん高まってきていますよね。
少なくとも、「やる気と感動の祭典」の参加というのが大きいと思うのです。
ましてや、「ローカルメーカー」であればなおさらでしょ。



全国の「第16回やる気と感動の祭典」に参加を考えておられる経営者の皆さん。

商人伝道師を信じて…
「お取引先企業」様にお声がけ頂き、一緒に参加させてみてはいかがですか…

「一緒に学ぶ!」
「情報の共有化をする!」


このことが、どれだけ大切かが分かります。
「第14回やる気と感動の祭典」ぐらいから、これに気づかれている
“勘の優れた”経営者が現れてきました。
石川県の「山成商事」さんなどがこの典型です。
今回もたくさんの「お取引企業」様と参加されることでしょう。

「周りを巻き込む!!これこそ、差別化・独自化の近道だよ!!」

よく、小生が言いますよね…

「取引き」関係から「取組み」関係へ…

“生き残りの命綱”の一つなんですよ。「取組関係」…
それにシフトするには…

「一緒に学ぶ!」
「情報の共有化をする!」


に限るのです。
是非、「ローカルメーカー・問屋」さんと一緒に「第16回やる気と感動の祭典」に
参加してみてください。

きっと、参加後、大きな「変化」が起きてくるはずです。


やる気と感動の祭典16 参加申込はこちら
やる気と感動の祭典16 参加申込ページ



そして、「今日の一言」…
小才は縁に出会って、縁に気付かず
中才は縁に出会って、縁を活かさず
大才は袖擦れ合う縁も、これを活かす
(柳生 十兵衛)




<追伸>
昨日から、「第16回やる気と感動の祭典」のグロッサリー部門の発表者紹介をしています。
長野の「ニシザワ」さん。
あの“伝説のコストコフェアー”
どのようにしたら、「770万円」売ることができるのか…

「マル秘ノウハウ」を大公開します。
これは“スーパー必見”の発表ですよ。

さあ、この「スーパーモンスター」発表を聞かれますか…
それとも聞き逃しますか…

まずは、発表者のプロモーションビデオを視聴して下さい。


by akindonet | 2014-09-23 18:00 | Comments(0)



<第16回やる気と感動の祭典への参加をご検討頂いている企業様へ>

これからは、メーカー・問屋様との関係を「お取り引き」から
「お取り組み」へと進化して、“独自化”や“差別化”して
いかないといけない時代になりました。

そこで、親密な関係にあるメーカー・問屋様と一緒に
参加してみてはいかがでしょうか…

グループとして、御案内に記載しております人数での参加であれば、
「団体優先席」をご用意させて頂きます。

「取り引き」関係から、「取り組み」関係に進化した
企業が“商品軸”での差別化を実現できる!!


by 商人伝道師

「第16回やる気と感動の祭典」
参加お申込みページへ



やる気と感動の祭典 16
グロッサリー部門のご紹介!


株式会社ニシザワ
スーパーストア事業部 マーケティング戦略課 課長
宮下 輝彦 氏
スーパーストア事業部 商品企画部 洋日配バイヤー
中村 実 氏


「コストコフェアー」で1日770万円(コストコ商品のみ)を
売り切る方法を伝授!


株式会社ニシザワでは、他の企業にはないやり方で
コストコフェアーを行い、なんとコストコ商品だけで
800万円近い売上を叩き出す!

その驚異的な売上はどんな戦略に裏付けされるのか?
売上異常値を目指すグロッサリー担当者必見!

「第16回やる気と感動の祭典」グロッサリー部門では、
粗利が20%以上確保でき、500人以上が店頭に並ぶ
新しいコストコフェアーのやり方が学べます!


「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから


やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから







【最新情報】
SM向け単品管理活用
paragraph4「単品管理の流れ『情報を集める』」



単品管理を行うには
いかに情報を集めて商品に置き換えるかが重要。

「自分が何を考えてこの商品を発注したのか?」
それを自分で理解して行うこと。

店舗への人の流れ、自店に来店されるお客様は
どんな人が多いのかを理解するための方法を
株式会社 ビリーブアップ信田洋二氏が解説します

SM向け単品管理活用
paragraph4「単品管理の流れ『情報を集める』」
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!




今日は朝5時起床。
サクラを散歩させ…
身支度して、小商人伝道師を学校に送り、羽田空港へ…

今日から、四国へ…
「第16回やる気と感動の祭典」の店長発表する「株式会社キョーエイ」さん。
3000坪の「ザ・ビッグ・エクストラ」が新規出店しても、4ヶ月で売上を戻した企業。

発表する林店長は言う…
「やる気と感動の祭典で、古屋店長の話を聞いて、“やれば出来る!”
という勇気と確信を持った」

「さらに、7月のDS対策セミナーでのいちやまマートさんの発表を聞いて、
さらにやることが明確になった。これが一番自分にとって大きかった」

いいですか…。皆さん!!

「学ぶことがどれだけ大事か!!」ですよ…
「正しいことを学べば、競合店出店でも売上は回復できる」んですよ…

今回は、その林店長と“商品部を代表”して、バイヤーの藤原さんが発表します。

「店舗運営部×商品部」

この2面から発表してくれる、とんでもないセミナーとなることでしょう。
競合店出店で苦しんでいる企業さん。
競合店出店で苦しんでいる店長さん。
何はさておき、参加すべきではないですか…

小生は、そう思いますけどね…
「一所懸命やることと、正しいことをやることは違う」んです。
沢山のご参加、お待ちしております。

参加申込締切日は10月20日です。
お申込み、お待ちしております。

お申込みはこちらから



そして、今日は「第16回やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介です。

まずは、大阪の「不二商事」さん。
ここは二つの部門を紹介します。


まずは「青果部門」
この企業は、徹底的に「独自化」・「差別化」に取り組む。
普通は、「大玉スイカ」を売り込む。
しかし、彼らは「小玉スイカ」を売り込む。それも「黒スイカ」。

f0070004_144851100.jpg


f0070004_1448552.jpg


f0070004_14485960.jpg


黒スイカは、普通のスイカより糖度があり、種が少ない。
しかし、小玉スイカはあまり売れない。
いや、実は売れる量目を売り込まなかっただけだったんです。
スゴイでしょ!!

次に、「カットフルーツ」

f0070004_1449896.jpg


出始めの「原価の高いフルーツ」をカットフルーツ化することにより、
値ごろを出した。

見事ですよね。
更に、競合他社が「幸水」や「豊水」を売っている時…

f0070004_14491662.jpg


f0070004_14492164.jpg


f0070004_14492737.jpg


f0070004_14493044.jpg


を売り込む。
すごく良くなってきている。

これも2ヶ月に一回の「スーパーマーケット実践会in大阪」に参加し、学んでいるから…

「学びは企業を強くする!!」

すごく実感している。



次に、「グロッサリー部門」のエントリー。
エントリー者は…

f0070004_14495370.jpg


まずは、青果部門との「コラボレーション」販売。

f0070004_14495866.jpg


そして、「積極販売」。なんと無人試飲。

f0070004_14502611.jpg


そして、見事!!と思ったのが…

「菓子の超鮮度」販売。

f0070004_1454154.jpg


f0070004_1454930.jpg


f0070004_14541643.jpg



そして、結果は…

f0070004_14543870.jpg


なんと、「1日100kgも」売る。ダウントレンドの豆を…

すごすぎる!!

そして、「コラボレーション販売」。

f0070004_14545240.jpg


さらに、「トレンド」をしっかりと押さえた取組。

f0070004_14545971.jpg


f0070004_1513934.jpg


f0070004_1514571.jpg


どれぐらい販売したか…

f0070004_1455678.jpg


すごい異常値。

この3名に、いつか発表させてみたい。そう思えるエントリーでした。
もっともっと「スーパーマーケット実践会in大阪」で学び、いつかあの「大舞台」で
発表してくれることを商人伝道師が一番期待している。「待ってるぞ!」する

そして、地元“大阪開催”です。

是非、葉山社長に多くの社員様と多くの“取り組み企業”様と
一緒に参加して頂きたいと心から願う。



次に、成長著しい愛知の「山信商店」
エントリー者は…

f0070004_14553716.jpg


この企業、今回エントリーした執行役員が“一人”で「第14回やる気と感動の祭典」に
参加した。
それまでは…

f0070004_14554669.jpg


「第14回やる気と感動の祭典」に参加したから、“一人からの挑戦”が始まった。

まず、行ったのは「肉の異常値販売」。

f0070004_14555465.jpg


f0070004_1456260.jpg


「第14回やる気と感動の祭典」参加後、1ヶ月のことである。

さらに、その2ヶ月後、「青果の異常値」販売。

f0070004_1456893.jpg


f0070004_14561359.jpg


そして、矢継ぎ早に…

f0070004_14561937.jpg


f0070004_14562534.jpg



しかし、ここで問題が発生。
「利益がとれない」ただの異常値販売だったのだ。

それに気付かされたのが「第15回やる気と感動の祭典」。
今度は社長以下9名で参加した。
ここから、少しずつ変化が…

f0070004_14563156.jpg


f0070004_14563677.jpg



粗利益が改善された。すると、勢いがつく…

f0070004_14564413.jpg


f0070004_14564997.jpg


f0070004_14565526.jpg


f0070004_1457072.jpg


そして、「イベントMDing」も少しずつではあるができはじめる。

f0070004_1457857.jpg


f0070004_14571493.jpg


f0070004_14571989.jpg


まだまだだが、変わり始めてきた。
すると、「前年を割っていた企業が、なんと…

f0070004_14572611.jpg


f0070004_14573352.jpg


「やる気と感動の祭典」に参加して、業績が大きく変わった。
すごいことです。

そして、「成長する人間は反省を忘れません」

f0070004_14584423.jpg


f0070004_14584955.jpg


f0070004_1458553.jpg


人間は「3つの出会い」で変わると言われる…

「仕事との出会い」
「本との出会い」

そして…
「人との出会い」

「チャンスという神様」は前髪しか垂らしていない。
その「前髪」を掴んだから、こういう「反省」ができるのです。

「成長する人間ほど謙虚」になる。

このエントリーを見て思った。



しかし、今回は落選。
なぜか…

「本田さん、あなたしかエントリーしてない」
「そこが、まだ会社の成長につながっていない証拠だよ」
「だから、落選させました」


先日の「第2回店舗視察&ミート部門最強戦略セミナー」で話す。
厳しいですかね…(笑)

でもね…
「やる気と感動の祭典」は結果を変えるセミナー。
そして、今回のテーマ。

「Change People, Change Future!!
(人が変われば、会社の未来が変わる!!)」


だから、一人でなく、会社の皆が変わってほしい…。
ということで、今回は落選。
次回を期待する。

その為には…社長をはじめ、多くの社員さんと“お取り組み”できる企業様も含めて
参加すべきと思う。

「会社をより良くするためには、周りを巻き込むこと」

が大事だから…
参加、お待ちしてます。

今日は2社紹介しました。
「やる気と感動の祭典」って、やっぱり良いですよね。

なんか「基準」がどんどん上がっていく。
なんか「会社」がどんどん基準アップしていくから…

ただし、継続的に参加することが条件だけどね…
皆さんの参加、心よりお待ちしています。


そして、「今日の一言」…
成功する人と、そうでない人の差は紙一重だ。
成功しない人に熱意がないわけではない。
違いは、粘り強さと忍耐力だ。
失敗する人は、壁に行き当たったときに、
体裁のいい口実を見つけて努力をやめてしまう。
(稲盛和夫)

by akindonet | 2014-09-22 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


お詫びとお礼

2014年11月13日(木)~19日(水)開催の
「第12回USA視察セミナー(経営戦略Specialコース)」
9月22日を締め切りとさせて頂いておりましたが、大変申し訳ございません。
弊社の予想をはるかに超える好評を頂きまして、締め切り前ではございますが、
定員に達したため募集を締め切らせて頂きました。

これから申し込みをされようとしておりました方々や
社内稟議中の方々に於かれましては誠に申し訳ございません。

2015年の5月下旬~6月上旬、またアメリカ視察セミナーを計画致しておりますので、
そちらで皆様にお会いできますことをお待ち申し上げてまります。
ありがとうございました。





やる気と感動の祭典 16
セミナー内容紹介!
本日はミート部門のご紹介!


株式会社ユアーズ・バリュー 仁井令店 精肉部チーフ
佐藤 光朗


ミート部門の冬~春商戦の“売れて儲かる”商品及び
商品化提案とX'mas~年末商戦の必勝法!


商品づくりのキーワードは「新しさ」「高質さ」「健康」
「希少性部位」を取り入れながらも“値ごろ”を出し、
お客様の立場に立っての商品化を実現。

Xmas~年末商戦、春に向けての商品化、
トレンドを押さえたミートデリカを学びたい方は是非ご参加下さい!

「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」
「第16回 やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」

内容・参加お申込みはこちらから


やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

700人を超える参加者を取りまとめ、より良い学びを
お持ち帰り頂く為、毎日のように
ボランティアグループで連絡を取り合う。

決して楽な仕事ではありませんが、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな学び」があります。

人間力を高めたい!
やり甲斐のある仕事を成し遂げたい!

という方は是非ご参加下さい。

応募はこちらから







【最新情報】
佐藤勝人が一刀両断!売れるチラシの極意
第54話「シーズンに合わせたチラシ」
~年間を通したチラシ計画~



チラシの極意54話目は
「シーズンに合わせたチラシ作り」について!

みなさまの店舗のチラシは、
「ただ商品を変えただけで毎回同じチラシ…」
ということになっていませんか??

今回寄せられたチラシは
2014年春~お盆(消費税8%増税後)にかけての計3枚のチラシ。
勝人先生も納得のそのシーズンを通した戦略とは?

シリーズ54話お見逃しなく!!

佐藤勝人が一刀両断!売れるチラシの極意
第54話「シーズンに合わせたチラシ」
~年間を通したチラシ計画~
ご視聴はこちら!






f0070004_1720781.png

商人ねっとは、スマートフォンや
タブレット
にも対応しております!
視聴方法はPCと同じアドレスにアクセスするだけ!

「商人ねっと」の全500以上の豊富な
動画コンテンツをPCと同じようにご視聴頂けます
ので、
社内共有や移動・通勤時間などにお役立て下さい。


アクセスはコチラから!




今日は、朝5時30分起床。
Blogを書いて…。
サクラとジョギングして…。
文化堂豊洲店へ…。
「売場クリニック」という番組。意外と人気があるんです。
こんな番組です。



興味がありましたら…。
下記をクリックしてください。

売場クリニックのご視聴はこちら!!
その後、「コンサルティング」。
終了は、午後18時。
今日も楽しみです。

そして、今日は「日曜日」。
「心のオアシス」の日。
今日は…

「夢に挑む」。

高津 そう考えると、日本料理の可能性は
   もっと広がっていくと見ていいでしょうね。

村田 ええ。その可能性を広げるためにも立ち止まることはできません。
  「ああ、もうこれでええわ」と思った時点で、
   下りのエレベーターに乗っているように後退していくでしょうね。
 
   メニューもそうですよ。僕はいきなり変えるんです。
  「去年はこんなメニュー出してはりましたけど」
  「いや去年は去年です。今年はやりとうなくなりました」と(笑)。
   菊乃井に来られるお客さんも、
   前と同じものを出し続けることは求められていない。
  「村田がまた面白いことをやるやろうな」と思てはるんです。
   京都に料理屋が数多くある中で
   同じものばかり出していたら、うちの存在意義はなくなります。

高津 そのアイデアはどこから出てくるものなんですか。

村田 やはり絶えず考えていないとしょうがないんですよ。
   僕は老舗の菊乃井の料理人ですから
  「やっぱり普通の人間とはちょっと違うな」と皆に思わしとかないかん。
   全然働かないような顔をしていて、
   必死に勉強するしかありません。
   従業員には「わしは昼寝するぞ」と言って
   見えないところで本を読んでいます(笑)。

   だから、若い時に木屋町店を黒字にしようと
   頑張って勉強した、いまも僕はあの時のままですよ。

高津 村田さんのすごいところは、ご自分のお店だけでなく、
   日本料理を国内外に広めようと
   様々な取り組みをされていることです。

   結果的にその思いは和食がユネスコ無形文化遺産に
   登録されるところまで繋がりましたからね。

村田 愚直のようだけれども、二十歳の時の
   「世界にきちんとした日本料理を伝えたい」という思いを
   今日までずっと大切にしてやってきました。
   木屋町の七坪の店の時もそんなことを言うてましたから、
   親父からは「自分とこの店もお客さんが来へんのに何言うてんねん」と
   叱られていましたが、そう思い続けていると
   必要なもんが見えてくるんです。
   「ああ、こういうことをやらんと、どないしようもないな」と。

高津 そうですか。思い続けると必要なものが見えてくる。

村田 文化遺産登録なんかも僕が先頭に立ってやったように
   言われていますけれども、
   これまでやってきたことが
   パズルのように上手いこと噛み合うて、
   ああいう結果が得られたと思っています。
 
   つまり、日本料理アカデミーを立ち上げ、
   京都大学と連携して科学的研究をする日本料理ラボラトリーを発足させ、
   京都府立大学には二十九年までに日本料理学部ができる予定です。
   このように次々に新しい扉が開いて、
   最後に文化遺産の大扉が開いたのではないでしょうか。
 
   文化遺産と言われたって僕には登録の方法は分かりません。
   ユネスコに直接問い合わせてみたり、
   国の担当省庁に掛け合ってみたり、
   やれることは何でもやってみましたが、進まない。

   どうしたものかと悩んで京都府知事に相談し、
   知事に嘆願書を提出しました。
   それがマスコミに取り上げられたのがきっかけで、
   登録に向けた動きが加速していったんです。




いかがだったでしょうか。
今日の心のオアシス。

現状維持とは、後退を意味します。
我々は常に前進していかなければいけない。
人間は、常に成長できるようになっているからです。

今週も祝日があります。
「飛び石」ですが…。
今週、どれだけ貯金できるかにかかっています。
9月の売上…。
月曜日からスタートした9月。

ここを「前年越え」できたら、
ものすごい自信に繋がる。


だから、勝負かけていきましょう。

そして、結果を残して
「第16回やる気と感動の祭典」に参加してください。


「生き残りのヒントが盛りだくさんです。

そして、「今日の一言」…。
自分自身を信じてみるだけでいい。
きっと、生きる道が見えてくる。
(ゲーテ)

by akindonet | 2014-09-21 18:01 | Comments(0)