「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は朝4時30分起床。
身支度して羽田空港へ…。
今日は西…。
山陰…。出雲縁結び空港へ…。
もちろん日帰り出張。

昨日は、北海道の中標津。
ロシアに最も近い街の一つ。
今日は韓国に最も近い街の一つへ…(笑)
ちょっと移動が極端。
でお、飛行時間は同じ。1時間30分前後。
北海道と山陰って同じなんだと初めて感じる。


さて、明日「第一回 店舗視察&D.S.対策セミナー」を開催します。
初めてのことなので、商人ねっとの社員さんは全員参加。というより裏方…。
こういうことも必要かな?!と思っています。
「みんなで一つのことを助けあいながらやる!!」
採算はまったくあいません。
そんなことが問題ではない。

「みんが一つ」になることが大切。
そう思うと「第一回 店舗視察&D.S.対策セミナー」は、商人ねっとにとっても凄く勉強になるセミナーと
思っています。
参加される方々が「いいね!いいね!」と言っていただけるセミナーに出来るようにに努力いたします。


そして、今日は「進化」について…。
2日間、北海道の「東武」さんにお伺いしました。
2店舗しかない企業。
しかし、この2店舗がハンパではない。
「6000坪」と「3000坪」
アメリカンサイズの店舗ばかり…。
今、日本では「ダウンサイジングブーム」
それとは逆行するような企業。

しかし、この企業。
2つ大きな業績がある。
1つは、あの「やる気と感動の祭典」の連続発表者選出タイ記録を持っている。
高知の「サンシャインチェーン」さんと並んでいる。
しかし、サンシャインチェーンさんは「第12回」より参加されていないので、実質1位の記録となる。

そしてもうひとつは…。
「秘密」です(笑)
「やる気と感動の祭典」に参加されている企業のみが知っている業績。
ですから公表しません。
その「東武」さんに初めてコンサルティングの仕事としてお伺いしました。

実は3年前にプライベートでお伺いしたことがあります。
その時は「やる気と感動の祭典」に参加されて「コト販売」など販売方法や発表企業の「独自化」を
素早く導入しているなー
という印象でした。
でも、これだけでもすごいことなんです。

「この企業、モデリングのスピードって凄いなー」
と思ったのが印象でした。
その後も、「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」に毎回参加して頂いたり、商人ねっとが主催する
セミナーには殆ど参加されていた。

「どこまで進化しているかなー」
と凄く楽しみにしていました。
結果は…

「すごく進化していました…」
「商品力」が確実に進化してました。
「商品化力」が確実に進化してました。
「ライブ販売課」も独立化して確固たるポジションを確立してました。


凄く進化しているなーという感想。
物流の問題で行くと物凄い「ハンディキャップ」のある地域でよくここまで品揃えしているなーと
感動しました。
しかし、売場クリニックや勉強会では「ボロボロ」に申し上げてます。

「のびしろ」があるからです。
この企業の良いところ。
1つは「経営陣が前向きである」こと。
勉強されている「やる気と感動の祭典」や「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」などを自分達の
「こやし」として、進化しようとされていること。

正直「6000坪」や「3000坪」の店舗で運営されている企業です。
日本で学ぶべき企業はあまりない。
それをアメリカに求めている。
それを「稔子・ウィルソン」先生と小生に求めておられる。
ものすごい数、アメリカに視察に行かれている方々です。
その方々が…

「このセミナーは凄い!!」

と言って頂いています。
ありがたいことです。
そして「やる気と感動の祭典」
この企業は「やる気と感動の祭典」で企業文化が変わったと言っても過言ではない。
それぐらい変わった。
東武の千葉社長は「コンサルタントが大嫌い」なんですって…
特に、「大学の教授みたいな人。学者肌の人はもう根本からダメ出し!!」だそうです。

なぜか…
「2万人強の商圏で6000坪の店を作って“YES”という人は100%いないから…」
「非常識を否定されるから…」
そうかもしれません。
なのに、なぜか小生と馬が合う。
それはなぜか…。分からない(笑)

今回のコンサルティングも…
「ああしろ!こうしろ!!」と言われると思われたに違いない。
それがいきなり…

「疑問に思うこと、悩んでいること、困っていることを言ってごらん。解決してあげれるから…」
といった瞬間に、拍子抜け。
「そんな受け身でいいの…?!」
と思われたはず。

「鬼の商人伝道師」と“勝手!”に思い込んでいるから…、
「仏の商人伝道師」なのに…(笑)

「僕がわからないのが1つだけあるんだ
それはあなた達が迷っていること、悩んでいることなんだ
それを僕にぶつけてごらん…」

なんて優しいんでしょ(笑)
これを二日間にわたって行いました。

「This is USA」

それを感じた2日間でした。
そんな中でも、「いいねー!!」と思ったことをおすそ分け。
それは「チラシ」

まずは「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」をチラシに掲載されていること。
「企業イメージが凄く高まりました」とのこと。

f0070004_11123161.jpg


「イベント」を積極的に挑戦されていること。

f0070004_11142580.jpg


「ライブ販売」をどんどん挑戦されていること

f0070004_11153523.jpg


「独自化商品」のアピールも忘れていません。

f0070004_11134381.jpg


7月からの「9周年祭」を「事前告知」していること。

f0070004_111773.jpg

f0070004_1117030.jpg

f0070004_11165385.jpg

f0070004_11164491.jpg



こういうことって、とても大事だなーと思いました。
「東武」さんは「年に3~4回」しかお伺いすることができませんが…。
「北海道の業態」を変えてしまうような企業にしてみせます。
その為には「意識化」が必要だと思う。

「意識」が変わったのかなー(笑)
「理解」できたかなー(笑)
「実行」できるかなー(笑)


次回を期待する。
今日は「あの企業」の紹介でした…(笑)


そして「今日の一言」…。
心を開いていなきゃ、何も吸収できないし、
面白くないでしょ。
羽生結弦(フィギュアスケート選手)

by akindonet | 2014-06-30 18:00 | Comments(0)

心のオアシス

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 



今日は朝5時起床。
肌寒い北海道の朝をジョギング…。
気持ちいい。
あの「東武」さんのコンサルティング。
そして、最終便で羽田空港へ…。
自宅には夜11時ぐらいか…。
そして、明日は朝7時台の飛行機。
寝る暇ないなー。(笑)


そして、今日は「日曜日」。

「心のオアシス」の日です。

今日は…。


「奇跡を起こす方程式」
古市忠夫(プロゴルファー)


最近、なんで俺がこんなありえない人生を
歩んでいるんだろうと考えた時、
「奇跡を起こす方程式」を思いついたんです。

「奇跡=才能×努力×感謝力」

さっきも言うたように、才能や努力では
プロテストを受ける二十代の若者には敵いません。
しかし、感謝力だったら負けない自信がある。

震災に遭うまでは、どんな状況でも
不撓不屈で頑張ることのできる人が勇者だと思っていました。
でも、真の勇者は頑張れることへ感謝できる人なんですね。

才能と努力だけで栄光を掴みにいくと、
うぬぼれるから怖いのです。

最後の一打で手が届かなかったりする。
だからプロテストを見ていても、
通る、通らないというのは大体分かります。

どこで見極めるかといえば、まず、
感謝力が強い人はきちんと挨拶をします。

こっちが一礼して
「おはようございます」と挨拶しているのに、
首だけでペコッとかいうのは挨拶ちゃうで(笑)。

それから歩き方。大地を踏みしめて、
胸を張ってスーッと歩ける人は通ります。
どんなにミスをしても、
頑張れることへ感謝できる人はオドオドしない。

人生は最後の最後まで分からない、というのが私の持論です。

私たちは震災であまりにも多くのものを失いました。
しかし、それによって大切なのは物ではなく、
お金でもなく、地位や名声でもない。

人の愛であり、優しさであり、人を思いやる心であり、
感謝であり、積極的な心だと分かった。
そのおかげで、いま、私は夢のような人生を歩んでいる。
人生、何がピンチで何がチャンスか、
その時点では判断できないと思うんですよ。

でも、どんな時でも正直に、悔いなく、
感謝の心を持って生きると、
ものすごいパワーが生まれて奇跡を起こしてくれる。
それは誰が起こしてくれるのか? 
周りの人です。自分の力では奇跡は起きません。

なんぼおっちゃんが頑張ったところで、
映画なんてできませんて。
(編集部注 ※古市氏の半生は映画化もされました)

まして上映会にタイガー・ウッズを呼んで、
一緒にゴルフなんて絶対できへん。だから、
奇跡は周囲の人が起こしてくれるものなのです。

感謝は人の心を大きく、美しく、そして強くします。
いくらゴルフが上手でもプロにはなれません。
強い人がプロになるんです。
そして強い人はいつも周りの人に感謝している。
だからますます強くなる。

いろいろなプロの姿を見てきて、そう思いますね。



いかがでしたか?
今日の「心のオアシス」。

感謝の心を忘れてしまうと、人間は謙虚を失い
自惚れたり、増長したり、傲慢になったりしてしまう。
そうなってしまうと、「学ぶ」という心もなくなってしまう。

いつも、謙虚なきもちで地道に行動していく。
そうすることで、それが周りにも伝播していき、
いい環境をつくることができるのではないかと小生は思っています。

1週間のスタートに向けて元気がでましたでしょうか…。
さあ、今週は「店舗視察&D.S.対策セミナー」
7月1日~2日で開催します。
どんな「気づき」と「ノウハウ」を参加者は得られるでしょうか。
今から楽しみです。

そして、「今日の一言」…。
「いくら粉飾したところで、自分の生地は誤魔化し切れない。
正直こそが、処世の一番安全な道。」
(松下幸之助)

by akindonet | 2014-06-29 18:00 | Comments(0)
新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 




今日はちょっと遅目の起床。
朝6時起床。
サクラを散歩させて…
羽田空港へ…

なんとここでハプニング。
駐車場が満車。
こんなこと年末やお盆の時ぐらいしかない。
景気が良くなっているのだろうか…。
仕方なく自宅に引き返し、バスで羽田空港へ向かう。
ランジで仕事する予定だったので早く出て良かった。
今日は北海道、女満別空港へ…
さすがに日帰りは無理のようです。
一泊二日。
休みなく突っ走っています。


昨日「スーパーマーケット実践会in東京」を開催しました。
やっと参加企業の業績が上がってきました。
参加企業の中には…
「前年比115%ぐらい」の企業がある…。
「実践会参加前粗利益率20%台の企業が実践会参加後23%台へアップ」した企業もある…
皆さん信じられないでしょ。

「学びはウソをつかない!!」
んです。

「何を学ぶかでなく誰から学ぶか…」
だと思うんです。

今まで考えてもいなかったことが次から次へと出てくる…。
「こういう考え方あるよねー」
「ということは、こういうことをするといいよねー」
「でも聞いているだけではダメだよ!実践しないとねー」

ということを常に言い続けています。
その結果グングン業績がアップしてきている。


こんな時代に…。
皆さんの企業ももちろん業績アップされてますよね…。
来年10月の「消費税10%(計画)」に向けて皆が動き出している今日この頃です。



そこで、今日は「スーパーマーケット実践会in東京」の実践結果を報告しましょう。
まずは「高単価商品の異常値販売に挑戦」です。

f0070004_1212453.jpg



「試食」の徹底。
「投票POP」の徹底。
12日間も行った。
すると「月曜日対比5倍」の売上高を達成する。
これが自信となりどんどん新しいことに挑戦するようになる。
そして「情報の共有化」

f0070004_12121075.jpg



他社との「成功事例」の共有化することによりどんどん“成功のスパイラル”
状態となる。
そうなると後は楽ですよね…。
どんどん皆が競って挑戦していく。

そして参加している「違う企業」でも…。

f0070004_12144415.jpg



「ライブ販売」など一度もしたことがなかった。
それが実践会に参加後“文化”になりつつある。
するとこんな取り組みが出来るようになった。

f0070004_1215209.jpg



通常10個しか売れない「398円のギョーザ」が85個も売れる。
「試食」と「コトPOP」で…

f0070004_12155019.jpg


通常5個しか売れないトーフが「人付き試食ライブ」で64個も売れるようになる。

f0070004_12161835.jpg


「味比べ試食」をすることにより、通常3個しか売れないヨーグルトが
50個売れるようになる。
「スーパーマーケット実践会」に参加するまでは…
「コトPOP」ゼロ枚。
「人付きライブ(試食)販売」ゼロ。
それが今ではこんな感じです。

f0070004_12164467.jpg


f0070004_12164951.jpg


「会社は変わるんです。」
「結果は変わるんです。」
「正しいことを学び、正しく実践する」
と…
これが世の中の常というものでしょうか。
しかし、こう上手く行かない。
なぜか…。

一つは「トップ」が本気になるということ。
トップである社長が本気で「こうしよう!!」と号令をかけている。
これが大きい。

一つ目が「社員に投資」していること
とにかく結果を残している企業は「パートナー社員」までどんどん参加されている。
だから実践のスピードが早い。
するとね…。大きく結果が変わるんです。
昨日も申しました。

「異常値の反対語は経験値だよ!!」
「経験値の考えを捨て、異常値に挑戦してみな!!」
「それが活性化の近道だよ!!」


「スーパーマーケット実践会in東京」に参加されている企業は
理解してくれたと思う。
さあ、どんどん日本中に“異常値の結果の出る企業”を作っていくぞ!!

そう感じた昨日の「スーパーマーケット実践会in東京」でした。

そして「今日の一言…」

「友達に好かれようなどと思わず、
友達から孤立してもいいと腹をきめて、
自分を貫いていけば、
本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。」

(岡本太郎)

by akindonet | 2014-06-28 18:00 | Comments(0)

「意識化」について…

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 



今日は朝4時起床。
blogを書いて…
7月1日~2日の資料作りをして…
サクラの散歩させて…
東京へ…

今日は「スーパーマーケット実践会in東京」の日。
東日本の“学びたい”企業7社が勉強に来る日。
小生が楽しみにしている「勉強会」。
朝8時30分から夕方6時まで…ずっと話しっぱなしです。

その後神谷町へ…
「株式会社商業界」さんへ。

しかし、突然キャンセル・・・


帰宅は夜12時くらいか…。
今日は小商人伝道師の誕生日。
お祝いすることはできないけど日を改めて…
今週末も出張なのでちょっと先になりそうです。



そこで、ますは皆さんからの問い合わせについて、
お答えいたします。

「オリーブオイルのスプレー」ってどんな商品?ということをよく尋ねられるので…
それは「株式会社朝日」さんが輸入されている…
「マントヴァ100%イタリアンエキストラバージンオイル」という商品です。

f0070004_1321431.jpg


これってすごい優れもので「トリプルアクション」出来る。
「スプレー状」に出来たり…
「ビーム状」に出来たり…
「ドリップ状」に出来たり…
できるんです。

ですから無駄が一切ない。
「ドボドボ…」とかけすぎることもない。
そしてなんといってもオシャレ。
これいいと思いませんか?
実は小生の家にはこのスプレータイプの「ココナッツオイル」がある。
これはアメリカのスーパーマーケットで買ってきたもの。
これからこの「スプレータイプ」は売れるだろうなーと思っています。

次にものすごくおいしい「ドレッシング」って何ですか?
の質問です。

これは「文化堂ウィラ大井店」で見つけた・・
徳島の「有限会社サンキュー社」さんが販売している・・・
「フォロのドレッシング」

f0070004_13222020.jpg


ものすごく美味しかった。
野菜大好きの小生がこのドレッシングで食べるとより一層食が進むと言う優れもの。
青果とのコラボレーションし、試食販売すると大ヒットするかもしれません。
導入を考えてみてはどうでしょうか…。

さらにこれからは
「ポテトチップスから海鮮スナック(チップス)の時代だよー」
とよく「商売繁盛虎の巻」でお話していますよね。
その海鮮チップスの紹介。

「株式会社おやつカンパニー」さんが製造されている…
「えびチップス」

f0070004_1901737.jpg



すごく「うす塩」で美味しい。
「かっぱえびせん」のようなどぎつい味ではない。
ですから食べた後ものすごく喉がかわくということもない。
試食などをされると売れるかもしれませんねー。

以上です。
少しだけ質問にお答えした「商人伝道師が見つけた逸品」のミニバージョンでした(笑)

そして今日は「意識化」について…
昨日お伺いした企業さんもそうですが…
「利益は意識化からしか生まれない。」と思っています。
どんなにデータを分析しても…どんなにロス管理を徹底させても…

一向に利益が改善できないのに…
「粗利益率28%」と言い続けると粗利益率がそれに近づいている。
「意識」ってとても大切なんですよね。
だから小生は…
「営業利益3%以上」を狙え!とこのblogを言い続けているんです。

おかげさまで本気にこのことを意識されている企業は…
営業利益が出てきました。
特に5月はどの企業も異常に良い。
「営業利益率4%~8%」ぐらい確保したという企業が続出している。

もちろん、「外税スタイル」になった恩恵が一番大きいと思うが…
それよりも「意識化」ですね…

まだ「営業利益が3%」も出ていない企業は…
「意識化が不足している証拠」です。
各自が「粗利益」を意識することにより…
確実に粗利益は向上する。

たぶん粗利益を意識している企業であれば…
4月以降「1%~4%」ぐらい粗利益率が向上しているはずです。
いや、向上していなければおかしい。

何のために「本体表記」にし、何の為に「外税」方式にしたのか
わからないですもんね。
「5%」とは言わないが、「2-3%」は粗利益率が向上しないとおかしい
という社内の文化にならないと…

だってそうじゃないですか…。
4月以降、「チラシの日替わり目玉商品」が売れなくなってますもんね…
これだけでも大きい。

「冷食全体割引」が消費者庁の提案で出来なくなりつつある。
これだけでも粗利率に対する影響は大きい。
そう考えると「2%~4%」は粗利益率が向上して当然だと思います。

「異常に営業利益率が低い業界。」

この「業界」は異常なんだ!という意識が営業利益の向上につながる。
皆さんの企業は粗利益・営業利益ともに向上していますか?
何の為に「外税」にされたのですか?
何の為に投資をして「外税」にされたのですか?
「儲けるため」でしょ。
なら、儲けなさい。

儲けとは「信者」と書くのだから…

そして「今日の一言」…

「考えなさい。
調査し、探究し、問いかけ、
熟考するのです。」

(ウォルト・ディズニー)

by akindonet | 2014-06-27 18:00 | Comments(0)

日本の国民性とトレンド

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 



今日は朝4時30分起床。
身支度して、新幹線へ…
兵庫県姫路に向かう。
もちろん日帰り。

よく「泊まりの方が体は楽ではないか?」と聞かれるのですが…
たぶん泊まりより、小生は日帰りの方が楽。
なぜかって…

それは、泊まりだとお酒を飲んでしまうから。
日帰りですから、新横浜の駅の近くに車を停めます。
ですから、新幹線の中でもお酒は飲めない。
ひたすら、コーヒー(笑)

よって、体調的にはこちらの方が良いのかなーと思っています。
でも、さすがに日帰り出張が続くと、知らず知らずのうちに、体にダメージを
負っているように感じる時がある。
長生きしないなーと思いながら、仕事を続けています(笑)



先日「生放送」を行った「第8回売場大賞」が今、商人ねっとで「無料公開」しています。

受賞者の声…
売場写真…
取り組みポイント…

など、結構勉強になるようなことがあります。
是非、視聴してみてください。
会員になりさえすれば「無料」
会員さんなら、「無料」
法人会員なら、「無料」
となっています。

是非、視聴してみてください。

「第8回売場大賞」を見る

個人会員登録はこちらから

法人会員登録はこちらから

そして、今日は近頃すごく思うこと。
日本人って、本当に「横並び」なんだなーと。
例えば、「クールビズ」。

小生もそうだが、今、ネクタイをしている人を見つけるのが大変なぐらい。
みんな「クールビズ」。
これってすごいと思いませんか…

日本人は、「私だけ…」は嫌がるけど、
「皆と…」は大好き。

決してそれが悪いわけでなく、それくらい「トレンド」などに敏感であるということ…
連帯感があるということ…

この国民性をうまく掴んで商売しないといけませんよね…(笑)

だって、「○○が○○に良いらしい」とマスコミが紹介すると…
もう、翌日には商品が無い。

まさしく「秒殺」のようなスピードでそのトレンドに乗る。
ですから、常にこの「トレンド」は押さえとかなければならない。

昨日も申し上げたんですよね…
「美味しいモノを売っているだけではダメ!!な時代なんだよー」
「今のトレンドに乗って、美味しいモノを売らないと…」
「だから、こだわり系のスーパーマーケットは今、苦戦しているんだよー」
「成城石井さんのすごいところは、このトレンドに対する取り組みが早いんだよねー」
と…

ただ美味しいモノを売っているだけでは売れない時代。
ただ安く売っていても売れない時代。

今のトレンドに合ったおいしさ…
今のトレンドに合った安さ…
が必要だと思うんです。

例えば、昨日もこんなことを…
「レタスの産直とブロッコリーの産直はどちらがお客様に受けると思う…」
「それはね。ブロッコリーだよ。でも、あなたの企業はレタスなんだよ。
それに満足しているから、思うように売上が伸びないんだよ。」
「一所懸命、マグロのサクを売っている。安売りの店ならそれでいい。
しかし、皆さんのような店はサクじゃないでしょ。
お客様を見てご覧。
高齢者が多い。サクより“色んなマグロを少しずつ食べたい”というお客様が多いと思わない?」
「そういう“不の解消”に取り組んでこそ、売上は伸びるの…」
「そのことに気づかないと…」


これぐらい「トレンド」を掴むって大事だと思うんですよね。
どんなに美味しいモノを売ってても、量が多かったら買わない。
どんなに安くても、今のトレンドに合わなければ買わない。
だから、「トレンド」を常に意識しておくことって大切なんです。

先日、ものすごく売上を伸ばしている企業を視察したんですよね。
「安い!」けど、それ以上に「トレンド」をしっかりと押さえている。

お客様にとっては、「必要なモノやトレンドになっているモノが安い」から、
すごく好感を持てる店なんです。

例えば…
「今、流行のココナッツオイルが980円で売っている」
「今、流行のオリーブオイルのスプレーが安い」
「希少性ステーキが競合他社と比べてダントツでアイテムある」
「旬の先掛けで、モモの大玉が安い!」

など、お客様の心を掴んだ安さ…

よって、繁盛する。

これが今の時代の「繁盛店づくり」だと思う。
一時期、全国から見学者が絶えなかった企業があった…。
とにかく、「マイクロトレンド」をしっかりと押さえ…

「ヒト×モノ×コト」で徹底的にお客様にアピールされ…
「ここまでするかー」というくらいのサービスをして…
「奇跡」と言われるくらい急成長した企業があった。
しかし…

ちょっとこの「トレンド」を押さえることを忘れてしまうと…

お客様の評価がガタ落ち。
以前の勢いがまったくなくなったと聞く。

怖いなーと感じた。
だから、小生は体にムチを入れながら、全国を飛び回っているのかもしれない。
「マイクロトレンド」を見つけるために…

まさしく「伝道師だなー」と思っている。

「トレンド」を押さえる。

これを常に意識化すれば、常に成長できる。
逆に、この「トレンド」を意識しなくなると、どんどん衰退していく。
これが今の時代だと思う。

「油断禁物!!」

そう感じる今日この頃です。


そして、「今日の一言」…
チャンスは貯金できない。
(樋口廣太郎 元アサヒビール会長)

by akindonet | 2014-06-26 18:00 | Comments(0)
新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 



今日は朝3時30分起床。
blogを書いて…
求人の原稿をチェックして…
小商人伝道師をたたき起こして…
「日本 vs. コロンビア」戦を観戦する。
このBlogを書いている時にはまだ勝敗はわかりません。
ぜひ、頑張ってほしいと思う。
もう少し、「日本」と一緒に4年に1度のイベントを楽しみたいな、と思っているのだが…
ちょっと予想より早く終わりそうです。
スペイン国民やイギリス国民に比べたら良いかもしれません…

実は、小生は意外と「スポーツおたく」なんです(笑)
サッカーで好きな国は…
「オランダ」
“サッカーの貴公子”ヨハン・クライフの大ファンだったんです。
「オランダの全盛期」からのファン。
そして、「ファン・バステン」「フリット」「ライカールト」がいた“黄金期”は大ファンでした。
誰も知らない昔からのファンなんです。
今回はまあ「ベスト8かベスト16」どまりだと思いますが…。あまり期待してません。
しかし、応援してます。

ズバリ!!商人伝道師のブラジル大会の予想。
「本命 アルゼンチン」「対抗馬 ドイツ」と見ています。
なんちゃって「サッカーファン」の予想ですので、スルーして下さい(笑)



そのサッカー観戦を途中で放棄し、身じたくして「東京スーパーマーケット実践会」へ…
今日のホスト企業は「ローヤルよつや」さん。
クリニック店舗は「ローヤルよつや 新吉田店」。
また怒濤の“ダメ出し”が出ることでしょう。
その後、会場を移動し「セミナー」。
みっちり各部門のセミナーをします。
夜18時ごろまで…

その後、オフィスへとんぼ返り。
あの「ウェグマンズ」でマーチャント(バイヤーのマネージメントをする立場)をやっておられた、
吉野邦夫さんと打ち合わせ & 会食。
飲み過ぎないように…。しっかりと秋の“セミナー”講師の依頼をしてきます。
自宅に帰宅するのが午前様にならないようにします…。



そして、今日は「土用の丑の日」について…

日本のうなぎが、2014年6月12日「国際自然保護連合(IUCN)」によって
絶滅する危険性の高い「絶滅危惧種」に指定された。
いわゆる「レッドリスト」に登録された。
そうなると、例えばアメリカのスーパーマーケット、
とりわけ「サスティナブル」や「安全・安心」をコンセプトにしている企業。
「ホールフーズ・マーケット」や「ニューシーズンズ・マーケット」では100%取り扱わない。
企業イメージとして取り扱わない。
また「クジラ」と同様、世界から食べることを批難される対象となる。
いや、捕獲することを非難される魚となった。

そんな中、今年も7月29日火曜日「土用の丑の日」をむかえる。
今年は直前になって、「中国産うなぎ」の相場が急落した。
想定外のこと。
「販売戦略」の大幅な見直しをせまられた。
「中国産うなぎ」をどう扱うか…。
長焼きとしてまともに安く出すと「国産うなぎ」は全く売れなくなる。
かといって「国産うなぎ」を売りこんでも売れない。
そこで、業績の良い企業は考えた…
「形態を変えよう!!」

「きざみうなぎ」の商品化…
「うざく」としての商品化…
「うなぎ入り巻き寿司・丼」としての商品化…


徹底的に「付加価値」をつけて量販している。
これからは「週一回」程度で「長焼き」として量販するが…
追っかけない。
あくまでも「土用の丑の日」は「国産うなぎ」がメインというスタンスを変えてないから…

しかし「うなぎを食べる習慣」を復活させないと、うなぎの消費量がダウンする。
そこで相場安の「中国産うなぎ」を使用して、付加価値を上げ、
なおかつ「値ごろ感(500円前後)」で売れる商品化の工夫をした。
今のところ、これが大ヒットしている。
売上も…利益も…すごく良い。

また、山梨のいちやまマートさんのように…
なんと「トレー」のまま「真空パック」化した。
とても「画期的な商品化」
真空パック化することで…
「冷凍販売」が可能になった…
冷凍販売が可能になったため、「賞味期限が15日以上」となる。
ということは、他社より10日以上も早く「土用の丑の日」で売り込むことができる。
これはすごい「アドバンテージ」をもらうことになる。
「早期展開」できるということは、お客様にとっても「買い置き」できるメリットがある。
これは大きい。


というように、一部の企業は創意工夫を忘れない。
しかし、それは“ごく一部”の企業のみ。
大半は「例年通り」。これでいいのであろうか…
コンビニエンスストアーの「土用の丑の日の予約」のすさまじいこと。
そりゃそうだ。儲かるから…
「恵方巻き」以上の気合の入った取り組み。
足元をすくわれますよ…みなさん…

「うなぎ」は非常に生産性が高く、粗利益率も高い商品。
とにかく「営業利益が高い商品」といえる。
「うなぎ」1アイテムで、多店舗化している企業だと何店舗分のトータルの粗利益以上を稼ぐことができる。
「スーパーモンスター商品」
なのに、取り組みは「過去の成功体験」通り…

ちなみに、「経験価値」を最大化しようと考えている企業の売場写真。
f0070004_11394067.png

f0070004_11394536.png

f0070004_11394982.png

f0070004_11395259.png

f0070004_11395888.png

f0070004_11404487.png

すごいですよね。
詳しく学びたい方は、「商売繁盛虎の巻 7月号」を視聴してください。
商売繁盛虎の巻 7月号 鮮魚編
商売繁盛虎の巻 7月号 丑の日写真編

去年よりも1週間遅い「土用の丑の日」。
ということは、1週間長く展開できるということ。
大幅に売上や利益を伸ばせるチャンスですよね。
7月は鮮魚部門の売上の「20%以上の売上構成比」を占める“ガリバー商品”。
なのにあまり「進化」がない。大丈夫かな…。



ということで、今日は「土用の丑の日」について書きました。
もっと学びたい方は、「商売繁盛虎の巻 7月号」を視聴してください。
商売繁盛虎の巻 7月号 鮮魚編
商売繁盛虎の巻 7月号 丑の日写真編



そして、「今日の一言」
「才能ある若手こそ、挫折を経験させなければならない。挫折はその選手を成長させる最大の良薬なのだから。」
(ヨハン・クライフ)

by akindonet | 2014-06-25 18:00 | Comments(0)

「尖り」について…

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は朝5時起床…
Blogを書いて…
セミナーの原稿を考えて…
軽くジョギングして…
コンサルティング…
今日は夕方帰京。

まずは新聞を見ていたらビッグニュースが入ってきましたね。
前ローソン社長新浪剛史氏がサントリーHDの社長に就任したというニュース。
「大型M&A」で"世界"に勝負に出たサントリー。
その陣頭指揮を新浪剛史氏に託したということか…。
サプライズ人事でしたね。

小生は代表権のない会長を退いた時…
「三菱商事のトップを狙っていくのか…!!」と思っていました。
まだ若いのに代表権のない会長に退くなんてありえないと思っていたからです。
それがサントリーHDとは…予想外。

でも、小売業で活躍された方がメーカーに行かれ、「世界一」を目指して頑張られる。
陰ながら応援したいですね…。


さて、今日は「スーパーマーケット型単品管理活用セミナー」
がありました。
会場は「新橋フルハウス店」
講師の先生は今最も"売れっ子"として活躍されている…
「信田洋二先生」

参加者は26名。
こんな感じだったんだそうです。

f0070004_16335511.jpg

f0070004_16351395.jpg


今は「スーパーマーケットがコンビニエンスストアーに学ぶ時が来た!!」
と小生は以前から申し上げていますよね。
特に「セブン-イレブン」の考え方を徹底的に学ぶことが大事。
その足がかりになるセミナーにしたいと考えました。
参加者の皆さん。これがスタートです。
これを機に、「セブン-イレブン」の考え方を自社に導入してみてください。
期待しています。



そして今日は「尖り」について…
昨日もお話したのですが、今の「客数対策」を一言で言うと…
「尖り戦略」の徹底だよーと申しています。
「一週間の中で尖りになる曜日を決めなさい。」
「一日の中で尖りになる時間帯を決めなさい。」

そして、その"尖り"を徹底的に尖らせるのです。と…。
消費量が低迷している時代…。
使い分けされている時代…。
「谷底を上げる」方策よりも…
「山を最大化する」方策がベターです。

「尖っている曜日」を徹底的に尖らせる仕掛けをする。
「安さ」において…
「ライブ」において…
「イベント」において…
全ての"パワー"をその曜日に集中させる。
そうやって「一週間の中で尖りを徹底的に尖らせていく」のです。

次に「一日の中で、尖りになる時間帯」を集中的に尖らせる。
「夕方」なら「夕方」…
「午前中」なら「午前中」…
その時間帯のお客様が何を臨んでおられるのか…を深く考えて…
それを徹底的に実践していく。

そうすれば必ず「客数」は増えていきます。
これが小生の考えている"客数対策"における「尖り戦略」です。
正直、「一品単価」が大きく上がったので売上げは順調です。
しかし「客数」が全く伸びない。

だからと言って、ディスカウント性の強い企業の客数が伸びているかというと
伸びていない。
どうなっているのか…

これは「賢消費志向」の顕在化と考えています。
ですから今こそ"尖り戦略が必要なのです。
そのためのポイントは…
「価格」と…
「経験価値」の…
最大化
と思っています。

昨日もお話したのですが…
「競合店より最低売価が高くないか…」
「最低売価が高いと集客できないよ。"最低売価を合わせる。"いや、”下回る"事が大事。」
「最低売価をあわせる。いや、"下回る"ことが大事。」
「そうすれば、割安感が出る。今の時代はこのことが大切なんだよー。」って
まずは打ち出している「最低売価」を見直す。

次に「経験価値」の最大化を図る。
その時の肝は…

「お取引様のご協力。」
いわゆる「お取り組み」関係
を築くことが大事。
店の人員だけでは無理。
お取り組み先の協力を得て、「経験価値」の最大化を図る。
これが肝ですよ…。

この「価格」と「経験価値」で尖りを出すこと…
それが集客の"尖り戦略"となる。
これが小生の今の考え方です。

近頃小生は「尖れ!尖れ!」と言っています。
「差別化レベル」ではダメ。「尖りレベル」に達して初めて違いが出ると…
その為には「リスクを取れ!」
と言っています。
「リスクなき所に尖りなし!!」ってね…

でもありがたいことに「やる気と感動の祭典」に参加されている企業さんは
「やる気と感動の祭典」で"尖り!尖り!"と言われているので全く抵抗感がない。

これは大きいですね…。
そういう考え方を勉強していない企業は…
「なに尖りって…?!」となる。
これだけでも大きな差となりますよね。

客数の低迷している企業さん。
「一週間の中で尖りになる曜日を決めて尖らせてください。」
「一日の中で尖りになる時間帯を決めて尖らせてください。」
そうすれば必ず客数が増えますよ。
昨日の「店舗クリニック」した店舗は"絶対"!!です。(笑)

そして今日の一言…

「経営には勇気が必要である。その勇気は何が正しいかということろから生まれてくる。」

(松下幸之助)

by akindonet | 2014-06-24 18:00 | Comments(0)

買い物の立場について…

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は4時30分起床。
昨日はアメリカから帰国してはじめてのOFF。
さすがに疲れていたのか…
1時間くらい昼寝してしまった。
そのせいか今日はとても元気です。
今週も…四国に…関西に…北海道に…
と飛び回ります(笑)

さて、今週は信田洋二先生の「スーパーマーケット型単品管理活用セミナー」
があります。
残念ながら小生はスケジュールの都合上、参加できないのですが…。
4時間みっちりと「セブン-イレブン」の「単品管理」の考え方や手法を学んでもらいます。
参加される方は超ー期待しておいて下さい。

また、来週は「第1回店舗視察&D.S.対策セミナー」を開催します。
店長レベルでの…部門レベルでの…
「ディスカウント対抗・対策」はどうすべきか…を学ぶセミナーです。

小生のセミナーが1日目、2日目合わせて4時間。
いちやまマートさんの店長や部門ごとの発表セミナーがなんと3時間。
いちやまマート三科社長の「いちやまマートの経営について…」の講演が1時間
「質疑応答」の時間が1時間。


とびっしりと詰まったセミナーになりました。
このセミナーはこんなに中身があるんです。
「スーパーお得」なセミナーだと思いませんか?

店を視察するだけではわからない…。
ことが分かるセミナーにしました。
参加された企業がセミナー後一社でも「V字回復」してもらえることを
心より期待しています。

ところで、今日は「買い物の立場」について…
昨日は子供の授業参観後ちょっとスーパーめぐりをしました。
小生の趣味なので…
そこで気づいたことを…

まずは、本当に「似たり寄ったり」の店が多くなってきたことです。
店構えはもちろんのこと…店舗のレイアウトまで…
商品まで同じ…
「これじゃあ価格競争になるわなーと。」
しかしその中でもキラっと光る店が出てきました。

そのお店は…
グロッサリーを中心にお客様の琴線に触れるような商品が多い。
「漁港直送」の魚介類が多い。


小生の鬼嫁いわく…
「このメバル、おいしそう!!買っちゃおう!!」
と価格も見ずに買っている。
「魚種が豊富!!こういう店っていいよねー。
なんか切り身やタレ漬けや刺し身ばかりだもんね。今のスーパーマーケット」

さらに…
「オリーブオイルのスプレー!!これ流行ると思うよ。
アメリカではココナッツオイルのスプレーがあったもんね。
でも置いているのはこの店だけ…」
「へぇー!エゴマ油の調味料ある!ちょっと買ってみようかなー」

など女性の琴線にひっかかる商品が多い。
するとこんなことを最後に言っていた…

「普通のメーカー商品ってドラッグストアーのほうが安い。
スーパーマーケットのバイヤーはそのことに気づいてんの!?
なんかこだわった商品をおいている新店もあるけど興味をひくこだわりではないよね。
この店のように“女性の琴線”や“トレンド”を意識した商品の品揃えしないとね…
この店はこれから売れてくるよ…たぶん…」

これだなーと思うんですね。
「女性の琴線」「トレンド」を意識した商品構成。

先日も金沢の「どんたく西南部店」でもお話したんです。
「コンセプトのないこだわり商品に意味は無い。」
「美味安心のような“無添加”や“安全・安心”を品揃えしている店が
添加物だらけの“偽物のおいしさ”商品を新たに粋な揃えしてはいけないのでは…」

「この店はグルメ(おいしさ)やローカル、安全・安心というコンセプトで
品揃えしてきている。
そんな中に“介護食”や“時短コーナー”の定番化が必要なのか…」
という疑問を投げかけました。

これからは「コンセプト」ありきだと思うんです。
徹底的に「新しさ」や「トレンド」を追っかけて「女性の琴線」にふれる品揃えにする…とか。
徹底的に「安全・安心・健康」を追っかけて他店との違いを出す品揃えにする…とか。

「横串」が必要だと思うんです。
この「横串し」がささった時に買い物のされる立場とすると…
「ちょっといいんじゃないー!!このお店!!」
となる。

ディスカウント企業は「価格軸」で商品構成する。
「スーパーマーケットの値ごろの8掛け」で統一する品揃え。
「198円(スーパーマーケットの値ごろ)×0.8=158円」
ということで「158円」という価格軸で品揃えしてくる。

だからNB中心のスーパーマーケットは「値入れミックス」できない。
よって大幅な利益ダウンを起こす。

ではその中でどうしたらよいか…
それは「商品軸」で商品構成すること。
そこで大事になってくるのが「コンセプト」
どういう「軸」で品揃えするかである。
これがしっくりしてくると「ディスカウント対策」出来ると思う。
そう感じた昨日の「スーパーマーケット巡り」であった。

本当にこれからスーパーマーケットは変わってきますよね…。
いや、変わっていかねばならない…。
「商品軸」での品揃えがもっともっと要求されてくることでしょう。
「価格軸」での品揃えをしてくる企業が多くなってくる中で・・
それに早く気づいた企業が生き残れる。

もう、今までの「リベート」に頼った品揃えでは厳しくなるだろうなーと思う。
いかし、一回この「甘い汁」を吸うとやめられないんだなー。
これが…

だから「商品軸」での大胆な品揃えに舵をきれない。
それが今のスーパーマーケットの現状かなーと思う今日この頃です…。

そして「今日の一言…」

「進まざる者は必ず退き、
退かざる者は必ず進む。」

(福沢 諭吉)

by akindonet | 2014-06-23 18:00 | Comments(0)

心のオアシス

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 




今日は朝5時起床。
サクラを散歩させ…
ジョギングをして…
午前中は「授業参観」。
その後、講演会に出る…
今日は仕事休みなのですが、色々と動きます。


そして、今日は日曜日ですね。
「心のオアシス」の日。
今日は「子供たちの命が教えてくれたこと」

この年、受け持った一人にシュウがいます。
シュウは一年生から四年生まで辛いいじめに遭い、
五年生になると急に攻撃的になりました。
クラスメイトを叩く、殴る、暴言を浴びせかける……。
その行為は次第にエスカレートしていきました。

六年生になったシュウのイライラが募り始めたのは五月、
体育会の練習が始まった頃からでした。
リレーで抜かれるだけで怒って砂を投げたりするのです。
みんなは「シュウを何とかしてください」と訴えます。
私も何度も話したり、怒ったり、褒めたり、
考えられる限りのあらゆる手を尽くしましたが駄目でした。
逆に蹴られ、唾や砂をかけて反抗されるばかりでした。

自宅に帰り、洋服の砂を払い落としながら、
それまで抑えていた涙が溢れました。
悔しくて、情けなくて
大声で泣いた日のことをいまも覚えています。

その次の日、シュウは学校を休んでいました。
私はみんなに「ごめんなさい」と謝りました。
「先生はシュウもこの教室から卒業させてあげたかったけど、
先生一人ではどうすることもできない。
でも、先生は諦めきれない。
人を信じること、人を好きになることを、
どうかみんなでシュウに教えてあげてほしい。
そのかわり先生はみんなを全力で守るから……」

私のその声にみんなは「先生やろう。
シュウがいたからこんないいクラスになったと言えるように、
一緒に頑張ろうよ」と答えてくれました。

子供たちは大きく変わりました。
皆がシュウの行動を受け入れてくれるようになったのです。
叩かれてもジッと我慢し、叩こうとするシュウに
「怒っているんだね。でも人を叩いたらいかん」と
毅然と言い放つ子も出てきました。
その姿を見て私も命を懸けて
シュウにぶつかることを決意したのです。

ある時、シュウは私に、
なぜ自分がこんな態度をするようになったか分かるか、
と質問してきたことがあります。
「分からない。何があったの」

沈黙の後、彼は言いました。
「俺は、俺は、ただ友達が欲しかっただけなんだ!」

そう言うと爪で床を引っかき大声で泣き始めたのです。
私はそんなシュウが愛おしくて、
いつまでもジッと抱きしめていました。
シュウが笑顔を見せ、
みんなに心を開くようになったのは、それからです。

私はどんな子にも素晴らしい可能性があることを知っています。
教師に大切なのは、
可能性をどこまで信じ切れるかです。
信じ切っていれば
子供たちは絶対に裏切ることはないのです。


いかがでしたか…今日の「心のオアシス」。

よく「子供の可能性は無限大」といいますが、まさしくその通りだと思います。
表面的な部分を見て、この子はダメだと見限っていては子供の才能を伸ばすことはできない。
大切なのは、人として向き合い内面をちゃんと見てあげること、気づいてあげることですよね。

そして、大人にも「可能性が無限大」が当てはまります。
「頑張ったってせいぜいこのくらいかな」と自分の限界を決めるのではなく、「出来る!絶対に出来る!やってみせる!」と心から自分を信頼する。
そうすることで、今までの自分では想像もしなかった力が湧いてくる。知恵も出る。行動が変わってくるんです。

あなたは今、自分を心から信頼していますか…


今週は、火曜日に信田洋二先生の「単品管理活用セミナー」があります。
参加される方は期待しておいて下さい。

小生はというと…
四国→東京→関西→東京→北海道
と今週もガンガン動き回ります。

その他にも、「商人ねっと」のビジネスモデルの再構築をまとめなければなりません。

また、プレゼンテーションが1件。打ち合わせが今週も1件入っています。
更に、7月は1日から2日に掛けて「第1回店舗視察&D.S.対策セミナー」
そして、リスパックさんの講演会が全国3箇所(東北・北海道・中部)であります。

もう、目が回るぐらい忙しいですが…
楽しくやっていきます。
「生かされていることに感謝」して…



そして、今日の一言…
一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日です。
一日を一生のごとく真剣に生き、一生を一日のごとく気楽に生きたい。
(岩渕克郎)

by akindonet | 2014-06-22 18:00 | Comments(0)

「安さ」について…

新着動画情報



売場大賞8
受賞者発表



今回で8回目を迎える「売場大賞」に
全国から集まったのは25社135エントリー。

「第16回やる気と感動の祭典」の前哨戦とも言える「売場大賞」。
果たして、全国の頂点に立つのは誰なのか?!

第8回売場大賞
売場部門
コトPOP部門
商品化部門
協賛特別賞・最優秀大賞




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 



今日は朝5時起床。
サクラを散歩させ…
ジョギングして…
小商人伝道師を小学校へ送り…
新居の打ち合わせへ相模原へ…

コストがどんどん上がって大変…。
建てるのをやめようかなーというくらい高くなってきました。
もう、憂鬱…。
家を建てるって楽しいはずなのにですね…。
もう、ストレス溜まります(笑)

その後オフィスへ…。
またまた面接。
今回一人も採用できていません。
妥協すれば採用できるのですが…
妥協するということは基準を落とすことになる…
だからやりたくない。

「サービスは人財で決める」
と言われている。

よって、「ファイブウェイマーケティング戦略」の「サービス」で尖りや差別化するには
この人財の採用を妥協することは出来ない。
もう、どれくらい採用にお金を使ったことでしょう。もう、嫌になる…。
それなのにセミナーは目白押し。
少ない人数で今のところやっていかねばなりません。
ちょっとアソシエイトに無理をさせていますが…
なんとか頑張ってほしいと願う。



そして今日は「安さ」について…
小生は近頃思うんです。
「今まで98円均一」をやってこられた企業が…
「93円均一」をやっておられるじゃないですか…

それで8%上乗せすると「100円」を超える。。
両方の売価とも“値ごろ感”は無い。
でも、「正直」ということでやっておられる。
しかし、この「93円均一」を続けておられても…
「集客」にはつながらないと思うんです


「消費税アップしたのに
今までと同じ均一セールで、なんで私は行くの…」


と思っておられるのではないですか?
だから「集客力」が落ちているのではないですか?
いっそのこと…

「価値ある88円均一!98円均一(本体価格)」

にリメークすればいいのではないかと思うんです。
「価値ある88円均一!」一本にしてもよい。
インプロ(店内販促)で98円均一(本体)を行えは良いと思うんだけどな…と。

また「消費税が5%→8%」に変わって…
「消費税を外税方式を採用してもよい」と変わって…
お客様の「値ごろ」が変わったと思うんです。

チラシの日替わり特売の売価が…
「98円・198円・298円」という売価が通用しなくなっている。
よって集客力が落ちているのではと…
チラシ売価。
特に「日替わり特売売価」は…

例えば…
88円(8%の消費税入れても100円を超えない)
178円(8%の消費税入れても200円を超えない)
258円(8%の消費税入れても300円を超えない)


というような売価にした方が良いのではないかと思っている。
お客様は賢くなっている。

「この売価で8%の消費税がかかっても大台は超えないかも…」

という売価に凄く反応している。

よって「チラシ特売売価」の変更していかねばならないのではないかと思う…。
また、店内での「魅力ある売価」も変わって来ているのかもしれない。
特に野菜などは「88円・78円・68円」と言う売価に魅力を感じ始めているように感じる。
そこでどうするか…

まずは競合店が打ち出している「最低売価」を調べる。

その「最低売価」に合わせる。
ただし、商品は絶対に合わせないこと…。
これがポイント。

「最低売価」が高いと店全体が高いと感じてしまう。
よってこの「最低売価」は意識すること。
そうすれば、店全体の「割安感」が出てくる。
このあたりをちょっと意識してみてはどうですか…。
特に「客数が減っている」企業さんは…

1.チラシ日替わり売価の検討
2.「最低売価」のMR
3.「最低売価」を合わせる。


などを行ってみてはどうでしょうか…
「客数」が伸びないことを凄く気にしている今日このごろです…。

そして「今日の一言」…。
「希望は人を成功に導く信仰である。
希望がなければ何事も成就するものではない。」
(ヘレン・ケラー)

by akindonet | 2014-06-21 18:00 | Comments(0)